【即効性あり!顎ニキビ治し方】ニキビの原因/治らない・繰り返すときの対処法

顎ニキビの原因/口回り・フェイスラインのニキビの原因

顎ニキビの原因1・ホルモンバランスの乱れ

顎ニキビができる原因でも大部分を占めていると言われているのが、ホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスとは、寝不足やストレス、冷え、女性は生理周期などで常に変化します。
特に顎ニキビは、ホルモンバランスが乱れがちな大人の女性に多く発生すると言われています。
生活習慣でホルモンバランスを整えることができるので、十分な睡眠やバランスの良い食事を摂ることや、体を温める入浴や運動をすることも大切です。
冷たい飲み物やアイスなどを控えて、温かい食べ物を摂取するのも効果的です。
エストロゲン(女性ホルモン)に似た働きをするイソフラボンを含む大豆製品や腸内環境を整える食物繊維をはじめとする、なるべくたくさんの種類の食材を摂取するのが、ホルモンバランスを整える近道です。

生理前

エストロゲン(女性ホルモン)とプロゲステロン(男性ホルモン)という2種類のホルモンのバランスが乱れることによって肌荒れを引き起こします。
顎は髭が生えるところなので、男性ホルモンが優位になった時にできやすくなります。
生理前に顎ニキビができる人はホルモンバランスの影響だと考えてよさそうです。
男性ホルモンが優位になると皮脂の量が増え、顔がてかったり、毛穴が詰まったりしてニキビができやすくなります。
特に生理1週間前から男性ホルモンが増えてきます。
どうしてもニキビができやすい場合、その時期にスキンケアを変えるのもおすすめです。
大人ニキビ用のスキンケアを生理前に使うとホルモンバランスへの影響を最小限にしてくれます。
食生活や睡眠などで改善しない場合はこちらも試してみても良さそうです。

顎ニキビの原因2・雑菌

雑菌もニキビに大敵です。
原因となる微生物、プロピオバクテリウムアクネス(アクネ菌)この菌が角栓のある毛穴の中で、溜まった皮脂を餌にして増殖し、皮膚に炎症を起こします。
アクネ菌が繁殖する原因として皮脂がたくさん分泌されていることがあります。
こちらもホルモンバランスの乱れが原因になることが多いです。
また、保湿不足で乾燥しても肌を守ろうと皮脂がたくさん分泌されることもあります。
ニキビができているからといって保湿をしないのは逆効果になることがほとんどです。
油分の少ない化粧品でしっかり保湿をしましょう。
アクネ菌を増やさないためには皮脂をたくさん分泌させない、皮脂をたくさん分泌しないためにはホルモンバランスを整えて保湿をしっかりとする。
気をつけることがたくさんありますがひとつひとつ注意してみましょう。

顎を触る・頬杖をつく

ニキビを増やさないためにはなるべく顔を触らない!
これは鉄板の注意事項です。
思っているよりも顔を触っている回数は多いです。
寝ている時に無意識に触っていたりもします。
日頃からよく触るスマートフォンも雑菌だらけなのでそれを触った手で顔を触ったらもちろんにきびができそうですよね。
ニキビを予防するためにも触らないのが一番ですができてしまってからももちろん触らないでください。
特に赤ニキビはとても炎症している状態です。
少しの刺激で悪化してしまうので要注意です。
顎はもともと皮脂の分泌がそんなに多い場所ではないので触っていることがニキビの原因になっていることも十分に考えられます。
ちょっとした癖から治してみてください。

マスク

マスクも外的刺激になります。
ニキビは基本的に皮脂分泌の多いところにできやすい特徴がありますが、外的刺激でもできやすくなります。
また、マスク内は温度と湿度が高くなりやすく、これもニキビの原因になります。
温度と湿度が高くなった状態でマスクを外すと一気に乾燥します。
マスクはニキビのできやすい環境が揃っているので特に気をつけなければならないポイントです。
マスクによるニキビの対策として、擦れの気になるところにワセリンを塗ったり、低刺激の化粧品を使用したりするのが効果的です。
また、汗を掻いたらすぐに拭き取ったり、マスクの素材を天然素材に変えたり、インナーマスクを使用するのもおすすめです。
マスクとうまく付き合って少しでも原因を減らしたいですね。

顎ニキビの原因3・角栓の詰まり

先述したアクネ菌の増殖には角栓の詰まりが原因となっていることが多いです。
主な角栓の詰まる原因は皮脂の過剰分泌です。
また他にもメイクの残りや乾燥なども挙げられます。
毛穴に詰まる化粧品は角栓を生みやすいのでなるべくウォータープルーフタイプや落ちにくい化粧品を避けるのがポイントです。
仮に使った際に強力なクレンジングで落とすと、こちらも乾燥の原因となり、角栓ができやすくなります。
乾燥すると毛穴が開いた状態が続くのでどんどんメイク残りや少量の皮脂でも蓄積していってしまうのです。
角栓除去をしようと無理に取り払うのも毛穴が広がる原因になります。
あくまで角栓ができないよう、皮脂がたまらないよう、日頃からこつこつとケアしていくことが大切になってきます。
角栓は一日では改善しないので、地道なケアをがんばっていきましょう。

ターンオーバーの乱れ

肌は一定のサイクルで生まれ変わっています。
この肌の代謝をターンオーバーといいます。
ターンオーバーは通常6週の周期で起きています。
古い皮膚細胞がどんどん剥がれ落ちて、新しい皮膚細胞が上に出てきます。
この周期が乱れると、新しい皮膚が形成されにくくなります。
古い角質層が表面に溜まると、乾燥や毛穴が開いたりします。
どんどん敏感な肌になっていき、ちょっとした外部刺激でも肌荒れするようになります。
水分と油分のバランスを常に気をつけて整えたり、こまめに日焼け止めを塗り直して
紫外線からお肌を守ると、
ターンオーバーのサイクルも整いやすいです。
これが乱れると、戻すまでに時間がかかるので
日頃から注意していきたいですね。

 

即効性のある顎ニキビの治し方

即効性のある顎ニキビの治し方1・質の良い睡眠

質の良い睡眠は新しい皮膚を作ってくれます。
質の良い睡眠とは午後10時〜午前2時までのゴールデンタイムに眠ること、
身も心もゆっくりと休まった状態で眠れることを指します。
睡眠の質を高める方法をいくつか紹介します。
食事は眠る3時間前までに済ませる、温かい飲み物を飲んでから眠る、ぬるめの温度で入浴をする、ゆったりとした音楽を聴くなどです。
質の良い睡眠を摂るためにこれらのことなどに気をつけることによって、結果的にニキビの改善につながっていきます。
睡眠の前はいかにこころを落ち着かせるかが重要、これによってニキビの原因のひとつであるストレスも軽減されます。
規則正しい生活や質の良い睡眠は結果的に、ストレスも軽減してくれます。
ニキビ改善を機に生活リズムをがらっと変えて整えるのも良さそうですね。

睡眠中には成長ホルモンが分泌される

睡眠はただ体を休めているのではなく、成長ホルモンなどを分泌したり、皮膚、骨、筋肉などを作ったり修復しています。
寝る時間が短かったり、質が悪いと新しい皮膚が作られていきません。
睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が少なくなり、肌の免疫もさがり、ホルモンバランスを乱し、新しい皮膚がつくられないのでニキビができやすくなります。
ただ眠るではなく成長ホルモンを分泌するために眠る!と意気込むとしっかりと眠りにつく準備ができそうですね。
せっかく眠るならより肌に良い睡眠を心がけたいものです。
毎朝同じ時間に起きて朝日を浴びるとなお効果的なので、睡眠時間の確保が難しい方は朝日をあびることからはじめてみてはいかがでしょうか。
気分もすっきりして良い一日を迎えることができます。

即効性のある顎ニキビの治し方2・雑菌を繁殖させない(外的刺激は厳禁)

雑菌(とくにアクネ菌)を繁殖させないために、先述した顔を触らないことは絶対です。
マスクの外的刺激にプラスで顔を触ると、さらに擦れが生じます。
洗顔後にタオルでごしごし拭くのもNGです。
優しく水気を拭き取るか、ティッシュで拭き取るのもおすすめ。
洗顔の際はよく泡立てて、決して擦らないように泡で優しく洗います。
洗顔料が生え際に残るのも雑菌が繁殖する原因です。
すすぎもしっかりとしましょう。
普段のヘアスタイルも外的刺激になっている可能性があります。
特に前髪を分けている人は髪の毛先が頬などにあたりやすいこともあります。
24時間のことなので、ここを気をつけると雑菌の繁殖、外的刺激がかなり変わってきます。
家にいるときはなるべく結んでおくのがおすすめです。

即効性のある顎ニキビの治し方3・ニキビ治療薬を塗る

気をつけていてもできてしまったニキビには治療薬を使用しましょう。
治療薬と言っても市販薬から皮膚科で処方してもらう薬までたくさん種類があります。
皮膚科に行く時間がない場合は市販薬から試すのもいいでしょう。
市販薬は主にニキビに塗って治すことを目的にしていることが多いです。
角質を柔らかくしたり、炎症を抑えたりするものを選びます。
炎症が強い赤ニキビにはアクネ菌を殺菌してくれるものも効果的です。
自身のニキビの症状にあったものを選ぶのが難しい場合はドラッグストアの薬剤師さんに相談するのがおすすめです。
なかなか独断での購入は難しいのと、かえって悪化させてしまう恐れもありますので、慎重に購入、使用しましょう。

抗炎症成分でコメドの生成を抑える

ニキビは初期症状として、コメドという毛穴に角栓が形成されるところから始まります。
見た目ではほとんどわからないものもあるので、ニキビができやすい自覚のある人は、普段からコメドをいかに作らないかが大切になってきます。
コメドの生成を抑えるために日頃から抗炎症成分を含むスキンケアをこころがけるのもいいでしょう。
代表的な抗炎症成分は、グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ステアリル、アラントインなどがあります。
近年はこの成分に特化している化粧品や、ノンコメドジェニックという毛穴につまりにくい化粧品もたくさん発売されているので試しに使用してみるとニキビができにくくなるかと思います。
ぜひ試してみてください。

殺菌成分でアクネ菌の増殖を抑える

アクネ菌の増殖を抑えるために、殺菌成分の配合されている化粧品や洗顔もおすすめです。
ベンゼトニウム塩化物が含まれていたり、オイルフリー、ノンコメドジェニックの表記があるものだと安心です。
殺菌成分配合だからといって何から何まで揃えてしまうとかえって乾燥や敏感肌にしてしまう可能性もあるので注意が必要です。
まずは優しい泡洗顔から殺菌成分配合のものを使ってみてはいかがでしょうか。
アクネ菌は増殖しなければニキビには繋がらないのであくまで少量でしたらお肌に存在するものです。
過剰にアクネ菌を抑えようとすると逆効果な可能性もあります。
できればこちらも皮膚科の医師に相談するのが安心です。
アクネ菌を殺菌するだけではなくて、増えにくいphに整える機能をもつ化粧品を使うのも方法としてあります。殺菌にこだわりすぎないようにしましょう。

即効性のある顎ニキビの治し方4・早めに皮膚科を受診する

にきびを早く治したいなら一刻も早く皮膚科を受診するのが最善です。
皮膚科では塗り薬だけでなく、内服薬を処方されることも多々あります。代表的なビタミン剤や炎症度合いによっては抗生剤などを出されることもあります。
決められた時間に内服薬を飲むこと、塗り薬も決められた回数を塗布するのを忘れずに行うと
1週間で見違えるように綺麗になります。
ポイントはニキビができたらすぐに受診することです。
日にちが経ってからだとどんどん治りにくくなってしまいます。
普段からできやすい方は皮膚科医と相談のもと、
できやすいところに治ってからも塗り薬を塗布すると、
これからできるニキビを防げることもあります。
忘れずに行ないことが大切なので
受診後はより一層ニキビを治すことに重きを置きましょう。

皮膚科の塗り薬(過酸化ベンゾイル・アダバレン・抗菌薬など)

皮膚科で処方される代表的な塗り薬は、過酸化ベンゾイル、アダバレンが含まれているものが多いです。
代表的にはベピオゲル、ディフェリンゲルなどが処方されやすいです。
こちらの塗り薬は皮膚科医がニキビの状態をみて、判断し、処方されます。
自己判断で市販薬を買うよりも効率よく安く治せます!
しかし、ニキビ治療薬には副作用があることも多いです。
例えば赤み、ひりひり感、かぶれ、かゆみなど。
事前に薬の副作用を感じやすい方は相談すると安心です。
ニキビが表面上では治っていても、継続して使用するべき薬もあるので医師と薬剤師にしっかりと相談して使用ください。
初めて使用する際は注意事項の案内がついてくることもあるので、
初回は熟読しておくと、のちに副作用が出た際も慌てずに済みます。

関連ページ:【ニキビパッチのおすすめ】韓国ブランドも!薬局で買える市販の人気ニキビパッチ

皮膚科の内服薬(抗菌薬・ビタミン剤・漢方など)

皮膚科では内服薬も処方してもらえることが多いです。
代表的なものはシナール配合錠などのビタミン剤。
漢方を出してもらえることもあります。
こちらのお薬は飲む時間帯が夜のみの場合もあります。
1日3回飲むのは忘れてしまいそうになりますが、美肌を目指してなるべく飲むと、効果を感じやすいです。
抗菌薬は炎症しているときに処方されますが、ビタミン剤は出せるだけ出していただけるかと思います。
常に内服でビタミン剤を摂取していると肌艶も変わってきますので、いつでも飲みたい内服かと思います。
内服を細かく処方してもらえるのは皮膚科に通院する大きなメリットかと思います。
初期段階のにきびでもすぐに皮膚科に行く習慣をつけると悪化しにくいのでおすすめです。

皮膚科の処置(コメド圧出など)

皮膚科では内服薬と塗り薬の処方に加えて、処置も行ってくれます。
主にいろんな皮膚科で対応しているのはコメド圧出です。
こちらは特殊な器具でニキビの芯を押し出すものです。
毛穴に詰まったコメドを取り除いて、ニキビをなるべく早く綺麗に治します。
ニキビを早く治したい方や跡を残したくない、自分でニキビを潰してしまう方は
医師に任せるのがいいかもしれません。
毛穴に詰まった皮脂や膿を一気に取り除いてくれるので、ニキビの進行を抑えて、改善させていきます。
ちくっとしたお痛みは生じますがなにより早く治ってくれるのを実感できるので皮膚科に行った際にはぜひやってみてください。
もちろん圧出だけではニキビは治らないので、そのあとの内服や塗り薬もかなり重要になってきます。

美容皮膚科の処置(ケミカルピーリングなど)

美容皮膚科の自費診療だとできる処置が大幅に広がります。
常におすすめなのがケミカルピーリングで、ニキビがあってもなくても、肌の角質除去をして清潔でぷるっとした肌に保ってくれます。
新陳代謝をあげてターンオーバーが正常な周期で行われるようになります。
毛穴内部の老廃物も徐々に除去されて毛穴が綺麗になります。
毛穴に溜まった皮脂からニキビは増殖していくので、ケミカルピーリングを重ねると、根本からの改善につながります。
ニキビ跡だとレーザー治療が効果的です。
レーザーにも種類があり、フラクショナルレーザーやレーザーフェイシャルなどがあります。
合う合わないがあるかと思いますので、こちらは美容皮膚科を受診した時にお尋ねください。

治らない・繰り返す顎ニキビを予防する方法

顎ニキビの予防方法1・正しい洗顔

ニキビの予防には洗顔が一番重要になります。
正しい洗顔の仕方をご紹介します。
1・洗顔する前に手を清潔にするため、手を洗う。
2・熱すぎず、冷たすぎずのぬるま湯で顔を洗う。
3・洗顔料を良く泡立て、Tゾーン、Uゾーンを指で擦るのではなく、泡でなでるように洗う。
※洗う時間30秒ほどで終わり、長くならないようにする。
4・ぬるま湯ですすぎ残しがないように十分洗い落とす。
5・清潔なタオルで、こすらないように顔の水分をふき取る。
※手には雑菌がたくさん付いているので洗顔前には必ず手を洗いましょう。
※お湯の温度は、熱すぎず、冷たすぎずの、32℃前後をオススメします。

洗顔料の選び方についてご紹介します。
1・手の摩擦を減らせるようにある程度泡立ちが良いものを選ぶ。
2・肌に刺激になる成分が入っていないものを選ぶ。
3・肌はすごく敏感で、刺激にとても弱いので、洗浄力が強いもの選ばない。
洗顔料を選び間違えると返ってニキビが悪化してしまう恐れがあるので、しっかりケアができる自分に合った洗顔料を選びましょう!

摩擦は厳禁

洗顔をするときにやっていけない第一位は「摩擦」です!!ゴシゴシ擦ることは肌にとってかなりストレスで、角質層に傷がついてしまい、潤いが奪われ、シミや、くすみ、ニキビになる原因になります。普段マスクで摩擦が起きている中、洗顔でもずっと摩擦をかけ続けていると、肌がダメージを受けて肌荒れがひどくなってしまいます。保湿力を下げないために、擦らないように両手が隠れるくらい洗顔料をしっかり泡立てて、泡で転がすようなイメージで優しく洗うようにします。小鼻など、汚れがたまりやすい部分は丸を書くようにクルクルと洗います。洗顔後にタオルでふき取るときも顔を擦るのはNGなので、やさしく抑え込むようにふき取ります。肌に負担をかけないように、洗顔の仕方に注意していきましょう!

洗いすぎ(皮脂の取りすぎ)厳禁

ニキビを治すために、1日の間に、たくさん洗顔した方が良いように思いますが、実は肌にはとても良くありません。ニキビができる原因の一つは過剰な皮脂の分泌なので、顔を洗うと、皮脂はキレイにとることができるが、洗いすぎてしまうと保湿成分までもが取れてしまい、肌の潤いがなくなってしまうのです。洗って流れてしまった保湿成分を取り戻そうと化粧水や乳液などでスキンケアを行っても、カバーすることはなかなか難しいと言われています。かえって、ニキビをなくすどころか、増えてしまったり、シミなどの他の肌トラブルにもつながってしまいます。肌の乾燥、バリア機能を低下させないようにするため、顔の洗いすぎにならないように洗顔した方が良いでしょう。

顎ニキビの予防方法2・しっかり保湿

いつも、つるつるで、ニキビのできないキレイな肌を保つようにするには、洗顔も大事ですが、それと一緒に毎日のケアと規則正しい生活をすることが大事になってきます。肌の乾燥がニキビの一番の原因になるので、保湿ケアは怠らずにしっかりケアすることで予防することができます。しっかり、保湿するには、化粧水だけでは全然足りません!!なので、乳液や、クリームなども使用して、保湿を行いましょう。角質ケアができるグルコール酸やビタミンC は入ったものを使用してみるのもオススメです。顎は、顔の中で特に乾燥しやすい部分なので、洗顔した後はすぐに保湿する必要があります。自分の肌質にあったスキンケアの商品を見つけてしっかり保湿していきましょう!!

油分の少ないスキンケア化粧品を選ぶ

顎ニキビをできにくくするためには、日頃使用しているスキンケアアイテムを見直すことも必要になります。肌を健康にすることによってニキビはできにくくなるので、スキンケアで肌の環境を整えてあげる事がとても大切です。皮脂の分泌が多く出る部分に油分の多いクリームやオイルを使うと逆効果になり、ベタつきや毛穴つまりになる原因になってしまいます。かといって、化粧水だけだと十分に保湿ができないため、すぐに乾燥してしまいます。適度に保湿することで、皮脂の分泌のコントロールをすることができ、肌がキレイな状態でいることができます。洗顔した後に、化粧水で肌を整えた後、油分の少ないジェルや乳液などを使うことをオススメします。

ノンコメドジェニックの化粧品を選ぶ

「ノンコメドジェニック」とは、ニキビのもとになりにくいという意味になります。この表記されている化粧品は、ニキビに特化していて、ニキビのもとになりにくい成分で作られています。すべての「ノンコメドジェニック」の商品がオイルフリーとは限りませんが、ニキビ肌にはとても効果があると思います。この商品は、洗顔料、化粧水などが、様々なメーカーから販売されているので、自分に合った商品を選ぶことが大切です。
選ぶポイントとして、専門機関でテストされているか、肌に刺激的な成分が入っていないかなどを踏まえながら、選んでみると良いでしょう。
まずは、2週間お試しパックなどで、試してみて、購入を検討するのも良いかもしれませんね!

顎ニキビの予防方法3・紫外線対策を徹底する

次に顎ニキビの予防方法として、紫外線から肌を守る事も大切になってきます。紫外線は、シミ、そばかすができるだけではなく、ニキビが出来る元に悪い影響を与えてしまうので、肌にとって、最も天敵なのです。帽子や日傘で守ろうとしても、顎はなかなか守りにくいので、スキンケアの後の日焼け止めで紫外線対策を徹底していく必要があります。
日焼け止めもまた、肌に塗るもの。紫外線対策してニキビ予防をしているはずが、日焼け止めで、ニキビができたのでは意味がありません。日焼け止め選びもしっかり選んでいきましょう!低刺激で、ニキビ肌、敏感肌にも使える伸びの良いものを選ぶと良いでしょう。
紫外線は夏だけと思われがちですが、一年中降り注いでいます。天気によっても違いますが、毎日のスキンケアに日焼け止めも取り入れて、しっかりケアしていくことをオススメします。

ニキビのある肌は紫外線ダメージを受けやすい

ニキビは毛穴のつまり、過剰な皮脂、アクネ菌が増えることで、作られる原因になります。
そこに、紫外線を浴びることで、ニキビが出来たり、悪化したりしてしまうのです。弱い紫外線だと大丈夫かと思われがちですが、弱くても、ずっと浴び続けていれば、肌の内部のバリア機能が低下して、水分がなくなってしまい、乾燥してしまうことになります。どんどん乾燥していくと、角質が厚くなっていって毛穴をふさいでしまう、ニキビのもとを作り上げてしまうのです。紫外線は肌にどんどん悪影響を与え、ニキビを治らなくしてしまう悪循環にまで陥ります。紫外線は一年中あるものなので、しっかり対策をとって、なるべく当たらないようにしていくことが大切です。

ノンケミカルの日焼け止めを使う

「ノンケミカル」日焼け止めとは、紫外線散乱剤が入っている日焼け止めのことを言います。紫外線散乱剤は肌の表面で紫外線を跳ね返し、防ぐ事ができる効果があります。「ノンケミカル」の日焼け止めは、肌への刺激が一般の日焼け止めより少ないので、小さい子供や、肌の弱い人には使用しやすいと思います。でも、白浮きしやすかったり、落ちやすい所があるので、自分の目的と合っているか確かめたうえで使用した方が良いでしょう。スーッとなじむジェルタイプの物、ミルクタイプや、スプレータイプのものなど、種類が色々あります。自分に合った使いやすいものを探して使用してみてください。仕事用、お出かけ用と日焼け止めを使い分けるのも良いかもしれません。

紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを使う

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは、吸収剤を使用した日焼け止めよりは、刺激が少なく肌に優しいので敏感肌の方にはオススメです。メリットとして、肌に安定的に紫外線カット効果がある事です。紫外線吸収剤は紫外線を吸収して、熱や赤外線などの別の形に変化させて放出することができます。紫外線散乱剤よりも、UV効果が高く、塗布した時も白く浮いたりしにくく、すぐになじむので感触も良くなります。汗にも強く、夏の暑い時期にもお勧めですが、肌への刺激になりやすいため、負担は大きい可能性があります。吸収剤不使用の日焼け止めを使うことによって、肌への負担はかなりなくなる事と思います。天然成分でできているわけではない使用した後は、洗顔、スキンケアをしっかり行いましょう。

顎ニキビの予防方法4・質の良い睡眠

睡眠不足は肌にとって、とても良くないことは誰もが知っている事だと思います。もはや常識と言っても過言ではありません。睡眠不足によって、肌荒れを起こすだけでなく、ニキビを作る原因になってしまいます。日中にたくさんダメージを受けた肌を、睡眠をとっているときにケアをしているので、睡眠時間が少ないとケアする力は少なく、十分に修復することができなくなってしまいます。質の良い睡眠で、肌をいたわってあげることが大切です。かといって、ただ長く寝ればいいじゃんと思われますが、そうではなく、眠ってから、3~4時間に新陳代謝がすごく活発になると言われています。ダメージを受けた肌を一番修復してくれる「肌のゴールデンタイム」に睡眠をとって、よりよい肌質を続けていけるように努力をしていきましょう。

質の良い睡眠はホルモンバランスを整える

ホルモンのバランスがくずれると、ニキビが出来る原因になってしまうことは知っている方も多いと思います。女性ホルモンは美容の味方で、皮脂の分泌をおさえてくれたり、肌の水分を保ってくれたり、肌バリアを維持してくれたりと願ったり叶ったりのホルモンです。かといって、女性ホルモンがたくさんあっても、皮脂の分泌をおさえてしまい、乾燥肌になってしまう可能性もあるので、常に女性ホルモンを適度に増加させておく必要があります。睡眠の質が落ちるとホルモンバランスに乱れが起こり、女性ホルモンの分泌ができにくくなってしまいます。なので、ホルモンバランスの乱れが起きないように、質の良い睡眠を日頃から意識してとるように心がけましょう。

質の良い睡眠はターンオーバーを正常化する

肌のターンオーバーが活発になる眠りについてから3~4時間と言われています。この時間のことを「ゴールデンタイム」と言います。眠りにつくと、そこから約3時間の間に、肌を再生するために成長ホルモンが分泌されているそうです。成長ホルモンは肌の張りや弾力をキープするために、皮膚の必要な水分量保つことができたり、古い角質を新しい皮膚に生まれ変わらせる力を持っていて、美肌をキープするにはすごくありがたい存在です。「肌のゴールデンタイム」は入眠3~4時間としていますが、朝早起きすることも肌にとって良いことなので、質の良い睡眠をとるためになるべく、日付が変わる前に眠ることをオススメします。そして、眠りについたときに熟睡できていることがとても大切なので、体を良く温めてから眠りにつくことでさらに良い睡眠になると思います。

顎ニキビの予防方法5・バランスの良い食事

ニキビを予防するには、バランスの良い食事をとり、内側からケアをすることも大切です。食事を抜いたり、脂っこい食べ物や、お菓子などをなるべく控えるようにして、1日3回しっかり栄養を取れるように食べる事でケアをすることができます。チョコレートやケーキを食べるとニキビが出来ると言われていましたが、直接的にはニキビを悪化させることはないそうです。ですが、糖分の多いお菓子や、動物性脂肪の多い揚げ物などは皮脂の分泌を増やしてしまう可能性があります。ニキビを作らせないためになるべく抑えたほうが良いでしょう。肌にとって、良い栄養素を知り、日頃の食事に取り入れる事を意識しながら、食事を摂ることをオススメします。

ニキビに効果的な成分1・ビタミンB2

ビタミンB2は体の中で、ほとんどの栄養素の代謝を助けてくれる役割があり、この栄養素はしっかりとっておいた方が良い栄養素です。特に、油っこい物が好きで多くとりすぎてしまう方にはとても大切な栄養素です。脂質の代謝を助けて皮膚や粘膜などの細胞の再生とても役に立ちます。ビタミンB2をたくさん含む食材は、レバー、ウナギ、カレイ、卵、納豆、アーモンドなどです。また、ビタミンB6と一緒に摂ることで、たんぱく質とコラーゲン生成を促してくれるので、肌のターンオーバーを促すことを期待できると思います。不足してしまうと、皮膚が炎症を起こしてしまうことも。。。そうならないためにもしっかり摂取していくことが大事です。ビタミンB2はレバーなどの動物性食品から効率良くとることができるので不足しないようにしていきましょう!

ニキビに効果的な成分2・ビタミンB6

ビタミンB6は、女性ホルモンに含まれるエストロゲンの代謝に関わってくれるほか、ホルモンのバランスを整えてくれたりと、女性にはとてもありがたい栄養素です。免疫機能を正常に働かせてくれたり、皮膚の抵抗力を増やすことにもすごく必要です。ビタミンB6を摂りたい時は冷凍したり、加工した食べ物にしてしまうと、少なくなってしまうので、できる限り、新鮮な状態のままで摂ったほうが良いでしょう。また、サプリメント等で、たくさんの摂取してしまうとかえって病気になるリスクが出てきてしまうので、適度な量を摂るようにしましょう。ビタミンB6はバナナ、鶏肉、魚の赤身などに含まれています。新鮮な赤身魚を刺身にして食べると良いかもしれませんね!

ニキビに効果的な成分3・ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンを作る手伝いをしたり、しみ、しわを改善したり、紫外線による、光老化を防いだり、改善すると言われています。ニキビやニキビ跡を治してくれる効果も期待できるので、肌をきれいに保つには、ビタミンCは欠かせない存在です。ビタミンCはたばこを一本吸うと体内から、約25mgも失われると言われてます。ストレスをためることもビタミンCを失う原因になってしまうので注意が必要です。また、ビタミンCは体にためておくことができないので毎日コツコツと取り入れていくことをオススメします!肌の外から塗布して、ビタミンCを摂りいえると効果的ですが、内側からもしっかり、取り入れていき、外側からも、内側からも肌をキレイにしていきたいですね!

ニキビに効果的な成分4・ビタミンE

ビタミンEは酸化を防いでくれる抗酸化作用が強いので、ニキビやニキビ跡に一番効果的。活性酸素によって毛穴に詰まった皮脂を酸化します。ビタミンEはこの酸化を防いでくれるので、ニキビが出来にくくなるのです。また、肌の代謝をあげてくれるので、できてしまったニキビを薄くしてくれるとてもうれしい存在!!さらに血行も良くしてくれるので、ニキビができにくい健康的な肌を持つことができます。万が一、皮膚のバリア機能が下がり、亀裂が入ったとしても、ビタミンEはその亀裂を防いで水分を逃さないようにして、潤いとハリを戻してくれます!ビタミンCと一緒に摂ると2つの抗酸化作用が高まるので、一緒に取り入れることをオススメします。

顎ニキビに効果的なスキンケア

顎ニキビに効果的なスキンケア1・角質ケア

角質ケアというのは、必要なものは残して、古い角質だけを落とすケアの事。肌をキレイに保つには、必要なものはそのまま残しつつ、古くなったいらない角質だけを取り除いて、角質の良い状態を保つことが大切になってきます。古い角質が取れると、肌に、くすみのないキレイな肌が現れます。しかし、角質ケアは肌をキレイにする効果はあるが、肌のバリア機能を弱めてしまうと、せっかく治ったニキビをまた作ってしまう原因になってしまう可能性があります。キレイにしたいがために、毎日行ってしまうと、肌のバリア機能が低くなってしまい、ニキビが出来やすくなってしまうので、注意が必要です。1週間に1回のペースで行うくらいで良いかと思います。

酵素洗顔

酵素洗顔は、酵素が持つ「タンパク質や脂を分解する力」を洗顔で利用して、毛穴や古い角質を分解しながら、取り除いてくれる効果のある洗顔料です。そもそも、酵素は、私たちの体の中に存在していて、消化や代謝を助けてくれる役割を持っています普段のケアでは取れきれない皮脂や、古い角質のせいで毛穴の汚れや黒ずみができてしまいますが、酵素洗顔を使って、洗顔する事で溶かしだしてくれる効果があるので、毛穴ケアをしたい方には、酵素洗顔はとてもオススメな洗顔料だと言えます。販売されている酵素洗顔は大体パウダー状のものが多く、使用するときは、手のひらでしっかり泡立ててから、洗顔します。ニキビは、たくさん分泌した皮脂や角質が毛穴に詰まることでできるので、皮脂、角質を取り除いてくれる酵素洗顔はとてもオススメです。

拭き取り化粧水

ニキビなどの肌トラブルを治したいなら、一般の粧水より、ふき取り化粧水を使用することが良いでしょう。その理由として3つ挙げられます。一つ目にふき取り化粧水を使用する事で、古い角質を取り除いてくれ、透明感のある肌にしてくれることです。2つ目に、クレンジングや洗顔では取り切れなかった汚れをふき取りながら、スキンケアも行えることです。3つ目に、拭き取った肌はクリアな状態なので、乳液や、美容液がスムーズに浸透してくれることです。ニキビができるのをおさえたい方には、肌の汚れを取ってくれるので、かなり効果的を言えます。使用方法として、コットンにいっぱいの化粧水を含ませて、優しくなでるようにふき取ると良いでしょう。

ピーリングジェル

ニキビが治っても、シミのように跡になってしまい、「ニキビ跡」ができてしまいます。ニキビ跡はひどく炎症を起こしたニキビが皮膚の色素細胞から、過剰に分泌した色素が原因でできます
そこで、古い角質を取り、肌の改善を促すためにピーリングジェルを使用します。肌の色素沈着によってできたニキビをピーリングで古い角質をはがしてあげることで、約1か月かかる肌の再生を助けてくれ、ニキビ跡が薄くなっていくことが期待できます。ピーリングには、古い角質を取ってくれることだけではなく、毛穴の開きや黒ずみも取ってくれることが期待でき、ニキビにも、ニキビ跡にもメリットがあります。しかし、ピーリングは刺激が強いので、敏感肌の方には、薬剤が合わないことがあったり、ニキビが出来ているときに使用すると悪化してしまう可能性があります。使用し過ぎも肌にダメージを受けてしまうので、週一回を目安にケアをしていくことをオススメします。

顎ニキビに効果的なスキンケア2・ビタミンA配合の化粧品

ビタミンAは油に溶けやすい脂溶性のビタミンの一つ。皮膚や、粘膜の健康と成長促進をとても必要な栄養素です。
肌への効果では、紫外線によるシミや、しわ、乾燥によってできた小じわ、たるみ、毛穴などへのアプローチしてくれる成分で、クリームや、美容液に配合されています。
ビタミンAはダメージを受けないように肌の細胞を保護してくれる働きがあると言われています。ビタミンAが含まれている化粧品を使って居る時は肌がとても敏感になっていることから、日頃から、対策はしていると思いますが、紫外線を多く浴びる日中は特に注意が必要です。肌に少しでもダメージを与えないようにしっかり対策を行いましょう。ビタミンAを使用するにあたり、副作用が出て、乾燥や、ひりひり感などの症状が出たりすることがあるので、購入する際はしっかり、自分の肌に合ったものか、成分を見極めることが大切かと思います。

ビタミンAは肌のターンオーバーを正常化する

肌は、一定の新陳代謝、別名でターンオーバーを繰り返しています。
ビタミンAは古い角質を除去して皮膚の色調を整えてくれる働き、肌には欠かせないコラーゲン、ヒアルロン酸の合成を助け、皮脂がたくさん分泌することを抑え、コントロールしてくれます。そうすると、次第に表皮の厚みが増えてふっくらとしたキレイな肌に戻っていくことができます。ビタミンAをどんどん取り入れていくうちに肌のごわつきがなくなっていき、ずっと繰り返し、できていたニキビもできにくくなっていくことを実感できると思います。もし、ニキビが出来たとしてもすぐに治る事間違いなし!!しかし、体の中にあるビタミンAは太陽光に日々壊されてしまうので、毎日のスキンケアで、補うことをオススメします!

おすすめのビタミンA配合化粧水・極潤薬用ハリ化粧水/ロート製薬

商品名
会社名
容量
価格
用法
有効成分

ロート製薬、肌ラボから販売されている商品で、2021年高保湿化粧水部門「LDK Beauty オブ・ザ・イヤー」受賞をされている化粧水です。
エイジングケアに特化した化粧水で、配合されている成分にはかなりこだわっています。
保湿成分に、3種のヒアルロン酸と有効成分ナイアシンアミドが配合されています。この化粧水を使うことによって、シミ、しわ対策を同時に行うことができ、年齢を重ねたたるみのある肌にも顔全体に潤いを与えてくれます。さらに圧倒的な密着感で、潤いがずっと続かせることができ、もちもち肌で、跳ね返るほどのハリを維持することができます。
小じわが気になる、ハリがなくなってきた、乾燥しているという方は使用してみることをオススメします。

顎ニキビに効果的なスキンケア3・ビタミンC配合の化粧品

メラニンによる色素沈着によってニキビ跡が残ってしまう原因になります。ビタミンCはメラニンを無色化してくれる働きがあるので、かなり効果的です。ビタミンC配合の化粧水を選ぶにはなにをチェックしたらよいか、見極める必要があります。まず一つ目に、ビタミンCはニキビをできにくくしてくれますが、これによって肌が乾燥してしまうので、保湿成分も一緒に配合されている事確認しましょう。もう一つ、ニキビの赤みを抑えてくれますが、一緒に殺菌や、抗炎症などの成分が入ったものを選ぶとより、ニキビを予防するのに効果的と言えます。肌をキレイに保つには浸透力が大事になってくるので、肌に浸透しやすくしてくれるビタミン誘導体や、ダイレクトにアプローチしてくれるピュアビタミンが入ったものを選び、効果的なケアをしていくことできれいな肌を維持できると思います。

ビタミンCは皮脂の分泌を抑える

ビタミンCはコラーゲンを作るのには、必須の成分です。美容に関しても、すごくありがたい成分で、皮脂や、色素がたくさん作られるのを防いでくれる働きをしてくれます。皮脂の分泌が抑えられるという事は、ニキビや、毛穴の黒ずみができるのを抑えられることにつながるので、きれいな肌を維持することができるのです。皮脂の分泌が正常に整えられれば、ニキビが出来る可能性をかなり低くなります。
ビタミンCはまた抗酸化作用も高く、毛穴ケアにはとてもオススメです。自分の毛穴のトラブルの原因を理解して、自分に合ったビタミンCが配合されたスキンケア商品を使用し、毛穴ケアすることで、ニキビが出来なくなるようになるのではないでしょうか。

おすすめのビタミンC配合化粧水・VC100エッセンスローション/ドクターシーラボ

商品名
会社名
容量
価格
用法
有効成分

この化粧水は、浸透ビタミンCを高濃度で配合されているとても、人気のある商品です。使い心地の良い濃厚なとろみと、さわやかな柑橘の香りが特徴で、使用感にすごくこだわっていて、ニキビ跡を気にしている方や、潤いとキメが欲しい方、柔らかい肌が欲しい方にオススメです。摩擦レスで、肌に負担をかけることなく、なじませられるので、数日使用していくうちに、肌に変化が出てきて、手で触ってみると、柔らかさや、ふっくらとした肌触りを感じることができると思います。毛穴も、引き締めてくれる効果があるので、次第に目立たなくなり、ニキビをできにくくなることが期待できますね。皮脂の多い人には、ちょうど良い保湿力ですが、敏感肌の人には、物足りなさを感じると思うので、乳液、美容液などと一緒に使用してみると良いでしょう。

顎ニキビに効果的なスキンケア3・肌負担が少ないオールインワンジェル

ニキビケアにオールインワンジェルでケアしても大丈夫か不安な方もいるかと思いますが、数ある小尾彬の中でも、ニキビの効果的なオールインワンジェルもあります。ニキビ予防をオールインワンジェルでケアしていきたい時は、ニキビケアに特化した成分が入っている、確認する必要があります。ニキビケアをしたい方が選ぶときに、入っていると良い成分は、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸、大豆イソフラボンです。この4つが入っているとニキビを予防するのに効果的なので、良いでしょう。オールインワンは何種類もの化粧品でスキンケアをするのではなく、一度に、スキンケア、ニキビケア、保湿をすることができるので、効率も良いですし、忙しくて、肌をいたわってあげられない方には、オススメですので、試してみるのも良いでしょう。

ニキビにおすすめのオールインワンジェル・メディプラスゲル

商品名
会社名
容量
価格
用法
有効成分

できては治ってを繰り返す、ニキビなどの肌トラブルをなくすために、少しでも、肌をキレイに保つことができるのは、「メディプラスゲル」です。
「メディプラス」は濃密なゲルになっていて、高浸透、高保水タイプなので、角層まで潤いを届けることができます。ニキビケア成分のビタミンC誘導体が配合してあり、乾燥小じわやハリケアだけでなく、大人ニキビにも効果が期待できます。
「メディプラスゲル」は保湿成分にもこだわっていて、スーパーコラーゲン、ナノ型ヒアルロン酸、セラミドの他に、14種類の植物由来美容成分が配合されているので、保湿もしっかりできるほか、エイジングケアまでする事ができます。肌トラブルが解消されたという声が多く聞かれているので、一度試してみても良いでしょう。

関連ページ:【メディプラスゲルの口コミ】オールインワンジェルの悪評で解約?効果は?

即効性のある顎ニキビの治し方まとめ

顎ニキビが出来た場合、早く治す方法として、皮脂汚れをキレイに落とすために、摩擦のない優しい洗い方で、泡で洗顔し、すぐに、スキンケアをしてしっかり保湿をすることが一番大事です。
ニキビケアにビタミンCやビタミンAなど、肌のターンオーバーに効果のある成分が配合されているスキンケア化粧品を使用し、肌を乾燥させないように、毎日、潤いを与えている事で、肌の状態は良くなってくると思います。
外に出る機会があれば、自分に合った日焼け止めで、しっかり紫外線対策して、悪化させないように注意しましょう。
肌トラブルは、ストレスでも起きてしまうので、内側のケアも大切にしていくことが大切だと思います。
自分に合ったケア商品とケアの仕方で、きれいな肌を維持できるようにしていきましょう!!