【美肌にいい食べ物ランキング】ニキビや肌荒れに効く飲み物

美肌にいい飲み物ランキング

美肌にいい飲み物ランキング・ミネラルウォーター

美肌を作るために必要不可欠なものの1つが水分です。カサカサ乾燥している肌よりも、水分たっぷりの潤いのある肌の方が美しく見えますよね。人間の体の半分以上を水分が占めています。高価で美肌効果の高い化粧水を使用しただけでは、体の内側から必要な量の水分を完全に補給することはできません。
水には様々な種類がありますが、中でもミネラル成分を含んでいることが多いミネラルウォーターは美肌づくりに効果的です。ミネラルウォーターに多く含まれているマグネシウムは便秘を解消してくれる効果が期待でき、美肌の大敵とも言える肌荒れを防いでくれます。ただしミネラルウォーターは多くの ミネラル成分を含んでいるため、過剰に飲みすぎると下痢や腹痛などの症状が現れる場合があるためご注意ください。

1日に2ℓの水を飲みましょう

毎日の食事から摂取できる水分量を考慮して1日に飲むべき水の量を考えると、一般的には1日2Lが目安と言われています。食べ物や飲み物で体内に水分を取り入れても、トイレに行く度便や尿と一緒に大量の水分が排出されてしまいます。そのためこまめに水分を摂取しなければ、体内の水分量を保ち続けることはできません。
ただし2Lという数字は目安であり、年齢や体型によっては2Lよりも少ない水分量が適している場合があります。体重が重い人ほど1日に多くの水分が必要です。さらに年齢を重ねるごとに、元々人間の体に備わっている水分保持力が低下してしまうことにも注意しましょう。年齢を重ねるごとに1日に必要な水分の摂取量は増えていきます。

美肌にいい飲み物ランキング・白湯

白湯には体を温めると同時に、血液を温めて体内の動脈や毛細血管を血の巡りを良くする効果が期待できます。さらに白湯は胃腸など内臓機能も温めてくれるので、白湯を飲んだ後体の中が温まっていくことを実感できますよ。内臓の温度が一度上がるごとに、同時に基礎代謝も上昇していきます。基礎代謝が上がると脂肪燃焼率が良くなるので、より痩せやすい体質へと改善していくことができるのです。中国では伝統的な医療法や美容法として、昔から白湯を美容や健康のために活用していたようです。
起床直後のように体温が低い状態の時には、白湯のように温かい飲み物を飲むようにしましょう。冷えが原因で起こる肌のターンオーバー周期の乱れは、肌の乾燥を招いてしまいます。

50℃ていどに冷まして飲みましょう

水道水から白湯を作る際には、やかんや鍋に水を入れて沸騰させた後、およそ50°程度に冷めるまで待ってください。ただし水道水には不純物や塩素が含まれているため、消毒のため10分から15分程度火にかけ続ける必要があるのでご注意ください。白湯を飲みたいけどあまり時間をかけられないという時には、不純物や塩素の含まれていないミネラルウォーターを使用するのがおすすめです。
瞬時に熱湯など温かい水を用意できるウォーターサーバーがある場合は、冷たい水と温水を混ぜて温度を調整して白湯を作るのもいいでしょう。頻繁に白湯を作る場合は、ウォーターサーバーの購入を検討するのもいいですね。水道水のように沸騰させ続ける必要がないため、いつでも簡単に白湯を用意できます。

美肌にいい飲み物ランキング・トマトジュース

トマトジュースの材料であるトマトにはコラーゲンの生成を促したり、紫外線が原因で生成されるメラニンを抑制したりする効果が期待できます。コラーゲンが減少すると、肌のハリを保てなくなります。
さらにトマトジュースの材料となるトマトには、リラックス効果を促してくれるギャバも含まれています。トマトをそのまま食べた時と同じようにトマトの栄養素をしっかり吸収できるので、トマトの食感が苦手な方でも飲み物としてトマトの栄養素を摂取できます。
トマトジュースの種類は2種類添加物を使用せずに作られたストレート製法のものと、搾り汁を作成して水分を飛ばし真空状態で保存するなどの作業を必要とする濃縮還元製法で作られたものに分けられます。どちらのトマトジュースもに栄養成分量には大きな違いはありません。ただし無添加であるストレート製法のトマトジュースは、鮮度がいい分日持ちしないためご注意ください。

リコピンの美肌効果

トマトには、カロテンの1種で美肌効果を期待できる栄養成分のリコピンが豊富に含まれています。美肌に効果的な栄養成分リコピンは細胞の中に存在しているため、細胞をしっかりと壊した状態で摂取した方が体内に吸収しやすくなります。トマトをミキサーで液体にして飲むトマトジュースは、リコピンの摂取に最適なトマトの調理法です。
リコピンの1日の摂取量の目安は、15mgから20mg。リコピンの含有量はトマトの色や品種によって異なります。生食用トマト、料理用トマト、加工用トマトの3種類の中だと、最も多くリコピンを含んでいるのは加工用トマトです。加工用トマトは夏の時期にだけ収穫され、ケチャップやトマトジュースなどのトマト加工品に使用されます。

美肌にいい飲み物ランキング・緑茶

お茶にはさまざまな種類がありますが、美肌効果を期待する場合はカテキンを豊富に含んでいる緑茶を選択するのがおすすめです。緑茶って口に含んだ時に独特の苦味を感じますよね。この苦味は、カテキンと呼ばれる栄養成分です。緑茶に含まれているカテキンには、老化の原因となる活性酸素を取り除く効果を期待できます。カテキンにより活性酸素を除去することで、体の老化を防ぐことができるのです。さらにカテキンには脂肪の吸収を抑える効果が期待できるため、ダイエット中の飲み物にもぴったりです。
緑茶と一言で言っても、ほうじ茶、煎茶などいろんな種類に分けることができます。緑茶の中で最も多くカテキンを含んでいるお茶は、煎茶です。美肌効果を目的として緑茶を選ぶ場合には、煎茶を手に取るようにしましょう。

緑茶に含まれる栄養素(カテキン・ビタミンC・ビタミンEなど)の美肌効果

先述したように、緑茶には体内のサビと言われることもある活性酸素を除去してくれるカテキンが含まれています。カテキンの他に緑茶に含まれている美肌効果を期待できる栄養成分が、ビタミンCです。ビタミン Cってレモンのような酸っぱい果実に多く含まれているイメージが強いですが、実は緑茶にはレモンのおよそ3倍から5倍ほどのビタミンCが含まれているのです。
緑茶に含まれているビタミンcが不足すると、シミやそばかすが濃くなったり肌が乾燥したりしてしまいます。またニキビが悪化してしまうといった症状が出る場合もあるため注意しましょう。美肌のためにも健康のためにも、ビタミンCは大切です。さらに緑茶はビタミンEも含んでいて、ビタミンEには肌の水分の蒸発を防いで乾燥から守ってくれる効果も期待できます。

美肌にいい飲み物ランキング・豆乳

牛乳の代わりの乳製品飲料として使用されやすい豆乳は、オリゴ糖と呼ばれる乳酸菌のエサとなる成分を含んでいます。そのため腸内環境を整えて、便秘を解消する効果が期待できるのです。便秘になると腸内細菌のバランスが崩れて腸内環境が悪くなってしまい、肌トラブルに繋がりやすくなります。
さらに豆乳には、抗酸化作用を持つビタミンEが含まれています。ビタミンEの効果により肌や髪を綺麗に保つことを期待できるのです。食前に豆乳を飲むと満腹中枢を刺激してくれ食べ過ぎの防止もできるので、ダイエットをしながら美肌効果を目的に豆乳を飲む場合には、飲むタイミングとして食前を選ぶようにしましょう。豆乳は牛乳の代わりになるので、料理やお菓子づくりに使用するのもおすすめです。

豆乳に含まれる栄養素(大豆イソフラボン・タンパク質など)の美肌効果

豆乳に含まれている大豆イソフラボンには、肌にハリをもたせてくれるエストロゲンという女性ホルモンの働きを助ける効果を期待できます。豆乳を飲む場合は、砂糖や塩などが加えられていない大豆でつくられた無調整豆乳を選ぶのがおすすめです。余分な成分が入っている調整豆乳は糖質が多く、美肌効果を期待できる大豆由来の成分が少ないのです。せっかく豆乳を飲むのなら、少しでも必要な栄養成分を多く取り入れられる豆乳を選びたいですよね。
またタンパク質を含む豆乳は、新陳代謝を促して肌のターンオーバーを活性化してくれます。さらにタンパク質は美肌だけでなく、ダイエットにも役立つ栄養成分です。タンパク質を摂取すると筋肉を増やすことができ、基礎代謝の向上にも繋がります。

美肌にいい飲み物ランキング・青汁

いろんな種類の野菜の栄養素をギュッとまとめてある青汁は、健康だけでなく美肌にも効果的です。特にビタミンやミネラルなどの美肌効果を期待できる栄養成分が豊富に含まれている青汁を飲むことをおすすめします。青汁に含まれている栄養成分は商品ごとに異なるため、青汁の購入時には商品パッケージに記載されている栄養成分表示をチェックするようにしましょう。
特におすすめなのが、特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品と記載されている商品です。肌の調子を整える、ビタミンcを含むなど、特定の効果を国に認められている商品です。どの青汁を選んだらいいかわからない時は、特定保健用食品(トクホ)、機能性表示食品という記載を探してみてください。

美肌にいい飲み物ランキング・グリーンスムージー

青汁と似たようなイメージがあるグリーンスムージーですが、グリーンスムージーと青汁では材料が大きく違います。グリーンスムージーの材料は生野菜と果物ですが、青汁の主な材料は生の緑葉野菜のみです。青汁の主原料として挙げられるのが大麦若葉、ケール、明日葉などです。これら主原料が独特の苦味を持っているため、青汁に飲みにくいという印象を持っている人も多いです。
グリーンスムージーの材料には特別な決まりはありません。糖分の多い果物が使用されることも多く、青汁に比べると甘味を感じるものが多く、飲みやすく作られています。美肌効果を目的としてグリーンスムージーを作る際には、ビタミンCなど美肌に効果的な栄養成分を含む材料を選ぶようにしましょう。

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点1・水は常温で飲みましょう

しっかりとした水分摂取は美肌に効果的ですが、水を飲む際には水の温度に注意しましょう。冷たい水を飲むよりも、およそ20℃から35℃程度の常温の水を飲むのがおすすめです。普段冷たい水を飲んでいる人からすると、ぬるいと感じる温度かもしれません。しかし常温のお水は胃や腸などを冷やしません。特に寒い冬の時期に冷たい水を飲んでしまうと、体を冷やし体調不良を招いてしまう危険性があるので注意しましょう。
基本的には常温のお水を飲むのがおすすめですが、運動後など体温が上昇している状態の時には冷たいお水がおすすめです。飲み慣れていない常温のお水だと、必要な量の水分を摂取しきれないことがあります。就寝前に温かいお水を飲むと、体が温まり副交感神経が優位になることで良質な睡眠をとれるようになりますよ。

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点2・水分は小まめに取りましょう

1日に2 L の水分を摂取すると言っても、一度にたくさんの水を飲むことはおすすめできません。水は30分おきにこまめに飲むのが理想です。一度に飲む水分量はコップ一杯程度に留めておき、回数を分けて1日に合計2Lの水分を摂取するようにしましょう。
特におすすめな水分摂取のタイミングは朝起きた後です。朝一番の水分摂取は胃腸を刺激して便秘解消を促してくれますし、血の巡りを良くして全身の機能を活発化してくれます。ただし起床後すぐは最も体温が低い時間帯なので、冷たい水よりも常温の水や温水を選びましょう。またお風呂上がりも水分摂取におすすめのタイミングです。お風呂上りは全身が温まっている状態なので、発汗や血流が促されて美肌効果を期待できます。

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点3・過剰な水分は浮腫みの原因となる

水分摂取は基本的には美肌に効果的と言われています。しかし1日に必要としている量以上の水分を摂取してしまうと、細胞間に余分な水分がたまってしまい、浮腫みの原因となるため注意が必要です。水分不足が浮腫みの原因となる一方で、過剰な水分摂取も浮腫みの原因となってしまいます。
また1日の水分摂取量だけでなく、一度に飲む水の量にも気をつけましょう。大量の水を一度にまとめて飲んでしまうと、これもまた浮腫みの原因となってしまいます。特に食事中や食後のタイミングは水を飲みすぎると胃液が薄められ、体内に取り入れた食べ物が消化されにくくなってしまうので注意してください。水はこまめに少しずつタイミングを分けて飲むのがおすすめです。

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点4・カフェインは適量にしましょう

コーヒー、紅茶などに含まれているカフェインには、体外に水分を排出させる利尿作用があります。そのため美肌づくりのために水分を摂取する際には、カフェインを含む飲み物は控えるようにしましょう。ハーブティーや麦茶ルイボスティーには、カフェインが含まれていません。コーヒーを飲むとしても、デカフェやカフェインレスなどカフェインの含有量が少ないコーヒーを選ぶのがおすすめです。
さらにカフェインには、ニキビの原因となるストレスホルモンを放出する危険性もあります。コルチゾルと呼ばれるストレスホルモンです。コーヒーを完全に避ける必要はありませんが、美肌のためには可能な限りカフェインの摂取を控えるようすることをおすすめします。

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点5・アルコールは適量にしましょう

ビールやチューハイなどアルコール飲料には、多くの糖分が含まれています。そのため糖分を摂取したことで皮脂の過剰分泌が促され、毛穴が詰まってニキビができやすくなってしまうことがあるので注意が必要です。さらに飲料は毛細血管を拡張するため皮脂腺を刺激し、より活発に皮脂を分泌してしまうがあります。特に肌荒れが気になる時には、アルコール飲料を飲むのを控えるようにしましょう。
その他アルコール飲料には、利尿作用もあります。体内から水分を排出しすぎて脱水状態になってしまうことがあるため、アルコール飲料の飲み過ぎには注意してください。アルコール飲料で水分を摂取しようと考えず、アルコール飲料と一緒に水を飲むのがおすすめです。アルコール飲料を飲む際に時々水を飲むと、アルコールの摂取量を控えられるメリットもあります。

美肌にいい飲み物を摂るときの注意点6・起床時にゆっくりと白湯を飲みましょう

起床時には白湯をゆっくりと飲むのがおすすめです。白湯は内臓を温め、食べ物を消化しやすい状態にしてくれます。起床後朝食のおよそ30分前ぐらいまでに白湯を飲んでおくと、朝食をしっかりと消化できますよ。
さらに白湯は寝起きの体を目覚めさせてくれます。温かい白湯は水よりも人間の体温に近いため、胃腸に与える刺激が少ないです。就寝中に体温調節を行っている人間の体は、なんとコップ一杯分ほどの汗をかいています。汗を書いた分失われた水分を、起床後の白湯でしっかりと補いましょう。ただし温かい白湯の一気飲みは、火傷の危険性があるためご注意ください。白湯はデトックス効果が高いため、飲み過ぎると体に必要な栄養素まで排出してしまう恐れもあります。

美肌にいい食べ物/美肌をつくるおすすめの栄養素ランキング

美肌をつくる栄養素1・ビタミンAのはたらき

ビタミンAは最近はアンチエンジングに効果的なレチノールクリームでも人気になり注目された栄養素です。
肌への主な働きは次の4つです。
1つ目はターンオーバーの促進です。
不要な角質を取りの除いて滑らかな肌に整えます。
2つ目はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成を促すことです。
肌の弾力に必要なコラーゲン、潤いに欠かせないヒアルロン酸やエラスチンを肌が自ら作る力をサポートします。
3つ目は紫外線からのダメージを修復することです。
紫外線を受けて損傷してしまった細胞を修復してくれます。
そのため細胞が損傷そると起こるシワやシミを予防します。
4つ目は皮脂のコントロールです。
皮脂が多く出てしまうとニキビの原因になり少なすぎても乾燥してしまいます。
その皮脂を適量になるように調整してきれます。

美肌をつくる栄養素2・ビタミンB群のはたらき

肌荒れにはビタミンBがよいことは多くの方がご存知かと思います。
ビタミンB群は8種類のビタミンの総称です。
ビタミンB群の主な肌への働きは次の4つです。
1つ目は肌の炎症を防ぎ肌を正常に保つことです。
出来てしまったニキビを早く治してくれたり、ニキビが出来にくい肌にしてくれます。
2つ目は肌の再生を促すことです。
肌を構成する成分であるタンパク質の生成に大きく関わるビタミンです。
質のいいタンパク質が合成出来るよう手助けし艷やかな肌に導きます。
3つ目は女性ホルモンを活性化することです。
女性ホルモンであるエストロゲンは美しく女性らしい肌には欠かせないホルモンです。
そのエストロゲンの力を発揮するために欠かせないビタミンです。

美肌をつくる栄養素3・ビタミンCのはたらき

美肌によい栄養素といば真っ先に思いつくのがビタミンCなのではないでしょうか。
ビタミンCの肌への主な働きは次の3つです。
1つ目はメラニン色素にアプローチすることです。
新たにメラニン色素が出来ることを抑制してくれます。
さらに出来てしまったメラニン色素の色を薄くする働きもあります。
そのためシミの予防だけでなく、出来てしまったシミにも効果的です。
2つ目はコラーゲンの生成の促進です。
コラーゲンはビタミンCがなくては生成することが出来ません。
ハリのある肌に導きシワやたるみなどを防ぎます。
3つ目は活性酸素を取り除くことです。
ビタミンCには強い抗酸化作用があります。
肌細胞を傷つける活性酸素を取り除くことでシワやシミを防ぎアンチエンジング効果があります。

美肌をつくる栄養素4・ビタミンEのはたらき

若返りのビタミンとも呼ばえるビタミンEは美肌にも大変効果的です。
ビタミンEの主な肌への働きは次の3つです。
1つ目は血行促進です。
血行が良くなると新鮮な酸素や栄養が肌に沢山届くようになります。
それにより肌の新陳代謝がよくなりターンオーバー促され古い角質が排除されるため、シミやくすみなどを予防することが出来ます。
2つ目は肌のバリア機能を高めることです。
肌を刺激や紫外線などから守る皮脂膜を正常に保つはたらきがあります。
また皮脂膜は肌の潤いも守るため乾燥肌の予防にも関与しています。
3つ目は抗酸化作用です。
活性酸素から肌を守ってくれます。
肌の細胞を傷つけてシワやシミの原因を作ってしまう活性酸素から肌を守ってくれます。
そのためアンチエンジングにも効果的です。

美肌をつくる栄養素5・たんぱく質のはたらき

タンパク質は肌を構成する主要成分です。
たんぱく質を作るアミノ酸は体内で作れるものもありますが、必須アミノ酸と呼ばれる9種類は体内で作ることができません。
しっかりと食事で取ることが大切です。
たんぱく質の肌への働きは次の2つです。
1つ目は肌のターンオーバーを促進することです。
たんぱく質は肌の原料のためたんぱく質がなけらば肌は作れません。
しっかりとたんぱく質をとることで新しい細胞を速やかに作ることが出来ます。
2つ目はコラーゲンの生成を促すことです。
コラーゲンもたんぱく質でできています。
たんぱく質をしっかりと取ることでコラーゲンを作ることが出来るためハリのある肌を目指す事が出来ます。
また私達の身体はたんぱく質が約15%も占めており、水に続いて第2位になります。
そのためたんぱく質を摂取してもまず生命維持に大切な臓器などから使われます。
肌のコラーゲンなどは後回しにされがちのため、美肌のためにはしっかりと必要な量を取ることが大切です。

美肌にいい食べ物ランキング/ニキビや肌荒れに効果的な栄養素は?

毛穴に効果的な食べ物【開き毛穴】

開き毛穴にの主なな原因は過剰な皮脂の分泌です。
毛穴には皮脂を出す皮脂腺というものが付いています。
皮脂の量が増えてしまうと毛穴が皮脂の量に耐えきれず押し広げられてしまったり、毛穴に角質がたまり開いて見えてしまいます。
この場合はまず揚げ物やファーストフードなどの脂っこいものや甘いものを控えるのが大切です。
さらに皮脂の分泌をコントロールするビタミンB群、その中でも特にビタミンB2やビタミンB6がおすすめです。
またいきなり甘いものや脂っこいものを控えるのがストレスになる方もいるかもしれません。
そんな方はビタミンB2やB6と合わせて食べた脂質や糖質の吸収を穏やかにしてくれる食物繊維が豊富な食べ物を意識して食べるのもおすすめです。

ビタミンB2が豊富な食べ物

ビタミンB2は比較的に肉や魚、乳製品や卵などの動物性の食品に多く含まれる傾向にあります。
一番含有量が多いのはレバーです。
豚レバーが生の状態で100gあたり3.60mg、牛レバーが3.00mg、鶏レバーが1.80mgとつづきます。
魚ではうなぎに多く含まれ100gあたり蒲焼の状態で含有量は0・74mgです。
他にも全卵では生の状態で0.43mgとなります。
植物性の食品でビタミンB2が多く含まれるのは焼きのりです。
100gあたり2.33mgになります。
続きて干し椎茸が1.40mg、アーモンドが煎った状態で1.04mg、納豆が0・56mgとづづきます。
焼きのりなどは含有用が多い気がしますが食品自体の重さが軽いため大量に食べなくてはいけません。
一番効率的に取れるのはレバーですが苦手な方も多い方思いますので色々な商品を組み合わせて取るのがおすすめです。

ビタミンB6が豊富な食べ物

ビタミンB6は比較的に脂が少ない動物性食品に含まれている傾向にあります。
魚類ではミナミマグロの赤身が生の状態で100gあたり1.08mg、ビンチョウマグロが0.94mg、カツオが0・76mg、鮭が0.64mgです。
肉類は牛のレバーが生の状態で100gあたり0.89mg、鶏のささみが0.66mg、鶏レバーが0・65mg、鶏むね肉が皮なしの状態で0・64mgです。
植物性の食品ではにんにくが生の状態で100gあたり1.53mg、ピスタチオが煎った状態で1.22mg、玄米が生の状態で0.45mgになります。
比較的にダイエットにもよいとされる食品が上位あります。
また普段食べている白米を玄米に変えるなど、食事に取り入れやすい食品が多いのも特徴です。

開き毛穴におすすめの化粧品・メルライン

あごニキビケア薬用化粧品で売上が日本一になったプルプルなジェルクリームです。
炎症を抑える成分でしっかりと出来てしまったニキビに働きかけながら、肌トラブルの元となるインナードライを予防してニキビが出来にくい肌へと導きます。
それを叶えるのがこの3つの成分です。
1つ目はグリチルリチン酸ジカリウムです。
漢方にも使われている甘草に由来する成分です。
高い抗炎症効果があります。
2つ目はビタミンCエチルです。
メラニン色素に働きかけニキビあとの肌のくすみを予防します。
3つ目は浸透性プラセンタエキスです。
通常のプラセンタより肌なじみがよく、肌が自ら美肌になる力を引き出します。
他にも加水分解ヒアルロン酸など10種類の保湿成分が配合されています。
さらに肌への優しさにもこだわりがあり合成香料や着色料など8つの無添加になっています。

商品名
会社名
容量
価格
用法
美肌成分

関連ページ:

毛穴に効果的な食べ物【黒ずみ毛穴】

黒ずみ毛穴の原因は毛穴に詰まった角栓が紫外線や空気によって酸化して黒ずんでしまうことです。
この場合は抗酸化作用が高く、さらに皮脂のバランスをとってくれる食品を取るのが良いでしょう。
そのためビタミンCやビタミンA、そしてビタミンEが多い食品がおすすめです。
とり方にも注意があります。
ビタミンCは水溶性ビタミンです。
そのため3・4時間すれば身体の外に出てしまいます。
だから一日の中でこまめに数回に分けて取るのがおすすめです。
逆にビタミンAやビタミンEは脂溶性ビタミンです。
身体に溜まりやすいためサプリなどでは過剰摂取を気を付けなくてはいけません。
食事で取る場合は心配いらないためなるべく食品からとりたいビタミンです。

ビタミンAが豊富な食べ物

ビタミンAは比較的に動物性の食品に多く含まれている傾向にあります。
肉類では鶏レバーは生の状態で100gあたり14,000μg、豚レバーは13,000μg、豚レバーは1,100μgです。
魚類ではうなぎが生の状態で100gあたり2,400μg、ホタルイカが1,900μg、銀鱈が1,500μg、クロマグロの赤身が840μgです。
さらに乳製品にも多く含まれており、食塩不使用バターが100gあたり800μg、ホイップクリームが350μgです。
植物性食品は干し海苔が100gあたり3,600μg、モロヘイヤが880μg、にんじんが720μgになります。
ビタミンAが含まれている食品はカロリーが高いものが多いです。
カロリーにも気を付けてバランスよく食べましょう。

ビタミンCが豊富な食べ物

ビタミンCは比較的に植物性の食品に多く含まれている傾向にあります。
果物類ではアセロラが生の状態で100gあたり1700mg、ゆずが皮も合わせて800mg、ゴールデンキュウイフルーツが140mg、
レモンの果汁が53mgです。
野菜類では赤ピーマンが炒めた状態で100gあたり180mg、ブロッコリーが生状態で140mg、じゃがいもが生の状態で28mgです。
ビタミンCは酸っぱいものに入っているイメージがあるかもしれませんがピーマンやイモ類など酸味がないものにも多く含まています。

ビタミンEが豊富な食べ物

ビタミンEは比較的にナッツ類や油脂類、野菜類や魚類など多くの食品に含まれていいます。
植物性の食品ではナッツ類が一番多く、アーモンドが炒った状態で100gあたり29.0mg、ヘーゼルナッツが18.0mg、落花生が10.0mgです。
野菜類ではカボチャが生の状態で100gあたりの4.9mgほうれん草が2.6mgです。
また豆類は大豆が乾燥の状態で2.3mgです。
動物性の食品ではすじこが11.0mg、ツナ缶が100gあたり8.3mg、うなぎが生で7.4mg、たらこが7.1mg、卵黄が生で4.5mgです。

油脂類ではひまわり油が100gあたりの含硫量が39.0mg、綿実油が29.8mg、紅花油が27.4mgです。
ビタミンEを手軽に取りたりならおやつにナッツ類を食べたり、食事にツナ缶を使ったり料理の油を変えてみるのもおすすめです。

毛穴に効果的な食べ物【たるみ毛穴】

たるみ毛穴の原因は様々あります。
まずは年齢によるコラーゲンの減少です。
他にも紫外線による肌の酸化や血中の余分な糖が身体のたんぱく質とくっついてしまう糖化などにより肌の弾力が無くなることが原因になります。
この場合はそれぞれ原因に合わせた食品を取ることがおすすめです。
まずコラーゲンの減少にはコラーゲンの元となるたんぱく質が多い食品を取ることがおすすめです。
また体内でコラーゲンが生成されるために必要なビタミンCが豊富な食品も忘れずに取りましょう。
紫外線による酸化には抗酸化作用が豊富な食品がおすすめです。
ビタミンCやビタミンA、ビタミンEが豊富な食品がおすすめです。
糖化には糖の代謝を促すビタミンB1が豊富な食品がおすすめです。
自分のタイプに合った食品で対策してみましょう。

ビタミンB1が豊富な食べ物

ビタミンB1は動物性の食品である肉類や魚介類、植物性の食品である穀物や豆類などに含まれています。
動物性の食品の肉類では豚ヒレ肉が生の状態で100gあたり1.32mg、豚モモ肉が0・96mg、ボンレスハムが0・90mg、豚ロース肉が0・80mgなどです。
魚介類はうなぎが蒲焼の状態で100gあたり0・75mg、たらこが生の状態で0・71mg、鰹節が0.38mgなどになります。
植物性の食品ではごまが乾燥の状態で100gあたり0・95mg、大豆が0.71mg、玄米が0・16mg、ライ麦パンが0.16mgなどです。
一番効率的に取れるのはやはり肉類です。
普段肉をあまり食べていない方は特に意識して肉を取るようにしましょう。

タンパク質が豊富な食べ物

効率的にたんぱく質を取るためには良質なタンパク質を取るのが大切です。
良質なタンパク質は動物性の食品である肉類や魚介類、卵や乳製品、植物性の食品である豆類に多く含まれています。
動物性の食品の肉類ではささみが生の状態で100gあたり24.6g、鴨肉が23.6g、鶏むね肉の皮なしが23.3g、牛のサーロインが22.0gなどです。
魚介類はスルメが乾燥の状態で100gあたり69.2g、煮干しが64.5g、カツオが生の状態で25.8g、クロマグロの赤身が24.8gなどです。
乳製品や卵ではパルメザンチーズが100gあたりの含有量が44.0g、カマンベールチーズが19.1g、全卵が12.2g、牛乳が3.3g
です。
植物性の食品である豆類は油揚げが生の状態で100gあたり23.4g、納豆が16.5g、ひよこ豆が9.5g、木綿豆腐が7.0gなどです。
やはり一番効率がいいのは料理のメインにもなりやすく含有量も多い肉や魚です。
肉や魚が多く食べれない時は卵や乳製品、豆類などでカバーしていくといいでしょう。

シミに効果的な食べ物・L-システインが豊富な食べ物

Lシステインは皮膚にあるチロシンとうい物質が紫外線などの刺激によってシミの原因となるメラニン色素になるのを防ぐ働きがあります。
さらに肌のターンオーバーを促す効果もあります。出来てしまったメラニン色素を早く外に排除するように導きます。
シミが出来る前に予防し、出来てしまったシミにも効果的のため美白効果にすぐれた成分です。
Lシステインが含まれている食品は高野豆腐や卵、小麦胚芽などです。
しかし含まれていはいるのですが身体に取り入れることが出来るのはごくわずかです。
ですがLシステインは必須アミノ酸であるメチオニンを材料に体内で作ることもできます。
そのためメチオニンを取ることで間接的に体内にLシステインを増やすことが出来ます。
メチオニンが多く含まている食品は動物性ではマグロやカツオ、鶏肉や牛乳などです。
植物性の食品では納豆や豆腐、カシューナッツなどです。
さらにビタミンCと一緒に取ることでより美白に効果的になるでしょう。

しわ・たるみに効果的な食べ物・コラーゲンが豊富な食べ物

コラーゲンは皮膚の70%を占めているため美肌には欠かせないものです。
さらに肌をしっかりと支えて弾力のあるピンと張った肌を保つ働きがあります。
そのため肌のシミやたるみに効果的です。
コラーゲンは比較的に動物性食品と魚介類に多く含まれている傾向にあります。
動物性食品では豚モツが100gあたり3,080mg、牛すじが4,980mg、手羽先が1,550mgです。
魚介類ではエビが100gあたり1,150mg、カレイが300〜1,800mg、フカヒレが9,920mg、うなぎが5,530mgです。
コラーゲンは身体に入ると一度アミノ酸に分解されます。
体内でもう一度コラーゲンとして生成出来るようにビタミンCなども忘れず一緒にとるようにして下さい。

美肌におすすめの食べ物・飲み物とサプリやドリンクを併用する

美肌の栄養素はバランスの良い食事から摂るのがベスト

女性であればいくつになっても美しい肌でいたいと思うものです。しかし加齢と共に肌の状態は変化していきます。
美肌に効くといわれるサプリメントを摂取すれば手軽に効果がでると思いがちですが、そうとは限りません。
本来であれば、日々の食生活を改善することで必要な栄養素を摂取し、結果的に美肌に繋がるのがベストといえます。
美肌に掻かせないといわれている栄養素とは「動物性たんぱく質」や「ビタミン」、「ミネラル」などがよく知られています。肉や魚、卵に含まれる動物性たんぱく質は、健康な肌を作り出したり、肌の再生のために必要な栄養素です。また野菜やキノコ類に多く含まれるビタミンにはビタミンA、B、C、Eと種類があって、いずれも抗酸化作用や新陳代謝の活性化など、美肌には欠かせない栄養素です。そして亜鉛や鉄分などのミネラルは海藻に含まれていて、肌の健康をキープしたり、くすみに効果的に作用するといわれています。
さらに飲み物であれば、カテキンを多く含む緑茶やリコピンの豊富なトマトジュース、大豆イソフラボンの代表でもある豆乳などがおすすめです。

食事で補えない栄養素はサプリで摂るのがおすすめ

理想は食事から必要な栄養素を全て賄えることですが、現実的には難しいといえます。それは昔に比べても、食品に含まれる栄養素の量が減っているせいもあります。昔と同じ量の食品を食べていても、昔ほど体内に摂取できていないのが現状です。
また現代人の忙しい生活を考えると、食事だけで賄うほど調理に時間をかけていられないことも理由のひとつです。
だからこそ、食事だけで全ての栄養素を摂取しようとするのではなく、上手にサプリメントを摂取して必要な栄養素を補うことが重要です。
サプリメントと一言にいっても、錠剤タイプやドリンクタイプ、ゼリータイプなど様々な種類があります。それぞれに飲みやすさや吸収性の高さなども異なるため、自分に合ったものを見つけることが大切です。

美肌におすすめのドリンク・ザ コラーゲン/資生堂

資生堂からでている「ザ コラーゲン」の一番の特徴は、その厳選された美容成分と飲みやすさにあります。その一方で、女性にとって気になるカフェインや脂質、保存料は使われていません。
美容特許成分であるコケモモ、アムラ果実の成分や、イチゴ種エキスや温州ミカンエキスなどの天然成分を配合しています。また、コラーゲンやヒアルロン酸をはじめとする美容をサポートする成分を8種類配合したドリンクです。
1本50mlと飲みきりやすい量で、味も飲みやすいミックスフルーツ風味です。甘過ぎずさっぱりとして飲みやすいので毎日の日課にしても負担になりません。
またこれだけ豊富な美容成分が含まれているにもかかわらず、1本当たり8.2kcalと低カロリーなので、カロリー摂取を気にするひとにもおすすめです。

商品名
会社名
容量
価格
用法
美肌成分

美肌におすすめのドリンク・ディフェンセラ/オルビス

オルビスが販売している「ディフェンセラ」は、日本で初めて特定保健用食品に認定されています。
有効成分としては米胚芽由来のグルコシルセラミドが、肌の水分をキープしてくれて潤いのある肌を実現するといわれています。
このドリンクには、僅かしか採れない希少性の高いグルコシルセラミドの純度をさらに高めた「高純度グルコシルセラミド」を配合、肌の内側から働きかけます。
フレーバーはもともとあったゆず風味の他、マスカット風味とピーチ風味の2種類が新しく加わりました。3種類とも控えめな甘さと後味の良さが特徴です。顆粒タイプですが口どけがよいため、水がなくてもそのまま飲むことができます。
高純度グルコシルセラミドを体の内側から摂取することで美容成分の吸収力を高め、肌の水分量をキープする働きがあるという新感覚の商品です。

商品名
会社名
容量
価格
用法
美肌成分

美肌におすすめのドリンク・ホワイトフォース/ファンケル

ファンケルが販売している「ホワイトフォース」は別名「飲む日焼け止め」とも呼ばれています。これは機能性表示食品のドリンクです。
ホワイトフォースは機能性関与成分であり抗酸化作用にも優れたアスタキチンサン配合で、紫外線の刺激から肌を保護したり、肌の乾燥を防ぎ潤いを保つ働きが期待できます。
またアスタキチンサンの他にも、ファンケルの特許成分であるヒドロキシチロソール&L-シスチン、ビタミンCやナイアシンを含むハス胚芽エキスなどを豊富に配合しています。
またドリンクタイプは特に集中ケアや速効性に優れているといわれ、飲みやすいブラッドオレンジ風味なのも人気の秘密です。

商品名
会社名
容量
価格
用法
美肌成分

美肌におすすめのドリンク・ヘリオホワイト/ロート製薬

ロート製薬が販売している「ヘリオホワイト」は、スペインの製薬会社であるカンタブリアラボ社のファーンブロック(シダ植物由来)の他、美容成分のハトムギエキスやビタミンB6、ビタミンB2配合の美容補助食品です。
ヘリオホワイトは錠剤タイプのサプリメントで、1日2粒程度を継続的に摂取します。錠剤のサイズは1㎝程度と、サプリメントが苦手なひとにも飲みやすい大きさです。
ヘリオホワイトにはファーンブロック240mg以外にも、ハトムギエキスに含まれるたんぱく質や鉄分、食物繊維やカルシウムなど美肌をサポートしてくれる有効成分が多く含まれています。
持ち運びにも便利なシートタイプは全部で24粒入り、また60粒入りの大容量ボトルタイプもあります。

商品名
会社名
容量
価格
用法
美肌成分

美肌にいい食べ物・飲み物ランキングまとめ

美肌になるために最も必要なのは、必要な栄養素をバランスのよい食事から摂ることです。肉や魚から摂ることのできる動物性たんぱく質の他、野菜やキノコに含まれるビタミンや海藻に含まれるミネラルなどが美肌には欠かせません。しかし食事だけでは不足してしまうのが現実です。
そのため食事では不足している栄養素を補うために、サプリメントを摂取することも美肌への近道です。サプリメントにはドリンクタイプや顆粒、錠剤など様々な種類があります。
資生堂が販売している「ザ コラーゲン」は独自の果物由来の美容成分や、セラミドやヒアルロン酸などの8種類の有効成分を配合しています。保存料無添加の飲みやすいミックスフルーツ風味です。
またオルビスのディフェンセラは日本初の特定保健用食品の美容ドリンクです。米胚芽由来の高純度グルコシルセラミドが肌の水分が減ってしまうのを防ぎ、潤いのある肌を保ちます。顆粒タイプで水がなくても摂取でき、外出先などでも重宝します。
ファンケルのホワイトフォースは「飲む日焼け止め」とも呼ばれていて、紫外線による刺激から肌を守る働きが期待できます。機能性関与成分のアスタキチンサンの抗酸化作用が肌を守り、乾燥するのを防いでくれます。
またロート製薬のヘリオホワイトはファーンブロックというシダ植物由来の成分を配合している他、ハトムギエキスやビタミンなど美肌に有効な成分を豊富に含んでいます。
いずれのサプリメントも飲みやすく、美肌に必要な成分を豊富に含んでいるため、食事では摂取しきれない栄養素を補うことができます。

タイトルとURLをコピーしました