【おすすめのビタミンC美容液】ドラッグストアで買えるビタミンC誘導体配合の美容液

ビタミンC誘導体の種類・特徴/ビタミンCの効果について

水溶性ビタミンの特徴

主にビタミンでは水溶性と脂溶性がありますが、日常生活ではそれぞれを摂取しながら健康を維持することができます。血中濃度が高くなることで尿で排出される水溶性ビタミンは、野菜などに多く含まれています。ビタミンB群やビタミンCなどが該当しますが、不要分を体外へ排出されることによってバランス良く摂取していれば体内に残っています。そして体内で必要な代謝だけでなく、健康を維持できる酵素の働きをサポートしています。野菜などに含まれている時には、素早く洗うことによって水に溶けずに取り入れることができます。そして水溶性ビタミンは水だけでなく熱にも弱いので、配合されている野菜などを食べる時には加熱しない方が栄養価はアップします。

水溶性ビタミンの成分表示名

名称 食品中の性質 代表的な食品
ビタミンB1 加熱したものは水に簡単に溶ける 豚肉やピーナッツ、大豆などの豆類、魚など
ビタミンB2 光に対して不安定だが、安定して酸や熱に耐えられる しじみ、卵、牛乳など
ビタミンB6 酸性で少し安定し、紫外線で分解されることがある 肉類や玄米、馬鈴薯など
ビタミンB12 弱酸性で安定し、アルカリ性や光で分解される 卵やチーズなどの乳製品、牡蠣やにしんなどの魚類
ビタミンC 熱や空気に対して不安定だが、低温もしくは酸に対しては安定する ブロッコリーや大根などの野菜、いちごや柿などの果物

油溶性ビタミンの特徴

水溶性ビタミンと同じように重要な油溶性ビタミンは生の状態では体内へ入っていくことがほぼなく、脂質と一緒に摂取することによって体内へ吸収されていきます。油溶性ビタミンは油に馴染んでいき、油とともに調理していくと吸収されやすくなります。炒め物や揚げ物を食べることによって、油溶性ビタミンは体内へ吸収されていくことでしょう。水溶性ビタミンと比較すると、油溶性ビタミンは熱を加えても状態はほぼ変わらず、体内でしっかりと働いていきます。ただし油溶性ビタミンは摂取しすぎると体内に存在する脂質へ溶けていくので、徐々に蓄積されていきます。過剰に摂取すると嘔吐などを引き起こすことがあるので、日々適度に摂取することが重要です。

油溶性ビタミンの成分表示名

名称 食品中の性質 食品
ビタミンA 動物性食品に多く含まれるが、熱に不安定 卵や内臓類、小松菜などの野菜
ビタミンB 熱や光に不安定で簡単に分解され、添加物に配合されていることがある マグロやイワシなどの魚類、バターや卵黄などの乳製品
ビタミンE 熱や酸で分解されない アーモンド、大豆、しじみなど
ビタミンK 熱や空気に不安定、新生児にも効果あり 納豆、ほうれん草、キャベツ、母乳など

両溶性ビタミンの特徴

水溶性ビタミンだけでなく脂溶性ともいわれる油溶性ビタミン、それぞれを含んでいるのが両溶性ビタミンです。このビタミンは水性と油性それぞれのメリットを併せ持っていて、栄養などに活用できる新しい成分となります。両溶性ビタミンは新型のビタミンC誘導体ともいわれており、様々な美容液などに配合されています。代表的な両溶性ビタミンとしてAPPSがありますが、これは肌の奥で生成されるシミの原因となってしまうメラニン色素をしっかりと体外へ出ないように強力に塞いでいきます。そして肌の表面で受けてしまう紫外線によって黒ずんでいく、活性酸素を両溶性ビタミンであるAPPSが着実に除去していきます。これがメラニンに効果的ということで、即効性もある成分と含めて化粧品などに配合されています。

両溶性ビタミンの成分表示名

名称 略称 内容
パルミチン酸アスコルビルリン酸 APPS 刺激が低く浸透力が強いビタミンC、進化系ビタミンC誘導体といわれている
(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K EPC ビタミンCとEがリン酸と組み合わさって活性酸素などを除去する
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na APIS 数多くのビタミンCの弱点を改善した成分、吸収力と安定性を持っている
カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸 GO-VC ニキビを生みづらくする美肌成分と保湿性が優れたグリセリンなどを配合している

ビタミンCの効果1・皮脂の分泌を抑制する

ニキビなどを生み出してしまう原因の一つに、皮脂が過剰に分泌してしまうことがあります。特に10代だと成長ホルモンによって皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあり、フェイスラインを見ると赤い大きなニキビが生まれてしまうことがあります。皮脂が過剰に分泌されてしまうのはホルモンバランスだけでなく、不規則な生活を送ったりストレスを蓄積することで生じていきます。肌の状態を健康に保つために、ビタミンCは体内で働いていきます。皮脂の過剰な分泌を抑制する作用があるビタミンCは、活性酵素の働きも防ぐので生活習慣病なども改善していきます。そこに皮脂の過剰な分泌も防いでいき、肌を着実に引き締めていきます。これでニキビや角栓を防ぎ、肌質が徐々に改善されていきます。

ニキビや毛穴の開きを予防・改善する

ニキビで生じた肌の赤みや毛穴が開いてしまっている状態を放置していると、フェイスラインなどの見栄えにも影響していきます。基本的に毛穴が開いていれば保湿も必要ですが、肌トラブルを回避するためにターンオーバーを正常な状態へ戻していくビタミンCが効果を発揮していきます。どうしてもニキビなどで皮脂が過剰に分泌するといった状況の悪化は、肌のターンオーバーも悪化していきます。そこでビタミンCを利用しますが、どうしても体内で作れない成分です。定期的に摂り入れることによってニキビを改善したり、毛穴が開くのを予防します。保湿と一緒にビタミンCを定期的に摂り入れることによって、着実にスキンケアを期待することができます。

ビタミンCの効果2・メラニンの生成を抑制する

メラニンを抑制する働きもビタミンCでは期待することができますが、体内に定期的に摂り入れることでフェイスラインなどで効果を確認できることでしょう。ビタミンCは既にできているメラニンを他の成分とともに制御していきながら、肌のターンオーバーを正常な状態へ戻していくことができます。メラニンは一回合成されることによって、酸化していた黒いメラニンを淡い色へ変えていくこともできます。黒いメラニンを抑制しながら、ビタミンCは脱色していく効果も期待できることでしょう。こうしてビタミンCによってメラニンの動きが活性化するのをブロックしていきながら、肌が徐々に元の状態に戻っていきます。普段からビタミンCを適度に摂取することで、綺麗になっていくことでしょう。

シミやくすみを予防する

ビタミンCはシミやくすみに対して効果があり、黒ずんだ状態を除去しながら肌のターンオーバーを正常な状態へと戻していくことができます。メラニンの進行を促進することがあるチロシナーゼという成分を抑え込んでいきながら、体内でメラニンの生成を防ぎながらシミを生み出さないように働いていきます。他にもビタミンCはメラニンが黒ずんで濃くなってしまった時にも、徐々に還元していく作用を持っています。くすみに対しても肌の状態を改善していきながら、フェイスラインからも見えなくなるように働いていきます。紫外線の吸収もビタミンCでは期待することができるので、シミの原因を除去できるビタミンCは定期的に活用するといいでしょう。化粧水などで配合されているので、朝に活用していくと効果的です。

ビタミンCの効果3・ターンオーバーを促進する

乾燥すると肌は循環が早くなっていき、新たな肌を形成していこうとします。これによって角質が徐々に毛穴につまり、ニキビなどを生じてしまうことがあります。これは表皮の最下部に存在している基底層のケラチノサイトという物質が徐々に形を変えていき、角質になっていきます。そして乾燥とともに角質も古くなってしまい、自然とアカとなる剥がれ落ちていきます。このような異常なターンオーバーについて、ビタミンCが効果を発揮していきます。適度なスピードでないと肌の状態が正常でないので、速くても遅くても改善することが重要です。日常生活でもクレンジングなどでターンオーバーを改善できないので、ビタミンCを適度に摂取することが重要です。

できてしまったシミを薄くする

シミの原因となっているメラニンを抑えていくビタミンCが、シミを徐々に薄くしていくことができます。最初に生成阻害といわれるメラニンを体内で生成する状態を改善していきながら、黒くなっていったメラニンを綺麗にしていく還元作用が働いていきます。これがフェイスラインでも徐々に見えてきて、シミを薄くしていくことができます。そして抗酸化作用によって体内で悪影響を与える活性炭素を除去していくことができます。これらの働きを体内でビタミンCが働くことによって期待することができ、着実にシミを薄くすることができます。蓄積しているメラニンもちゃんと無色化して還元していくことができて、透明感がある肌を作り出していくことができます。

ビタミンCの効果4・コラーゲンの産生を促進する

美容に対してビタミンCが活躍すると言われていますが、コラーゲンを作り出していくのをサポートすることができます。シミなどの状況を改善していくだけでなく、毛穴が締まっている肌はコラーゲンが必要不可欠です。徐々にビタミンCを摂取していくことによって、コラーゲンが作られて肌に反映されていきます。肌に適度なコラーゲンが行き渡っていくとハリも生まれて、綺麗になっていくことでしょう。コラーゲンは元来体内にありますが、たんぱく質の一種として存在しています。これが皮膚に半分近くありますが、適度に肌にハリを出すためにコラーゲンが活躍しています。しかし日常生活の中で失っていくコラーゲンを、ビタミンCなどで生成していきます。これが美白効果も期待できるので、紫外線などで生まれたシミなどにも効果が出てきます。

シワ・たるみを予防する

エイジングケアをしっかりと改善していきたいと考えた時に、様々な美容成分に注目することでしょう。その中でビタミンCが効果を発揮していき、シミを薄くしたりたるみを予防することができます。ビタミンCが慢性的に普段から不足していると、老化スピードがアップしていき命を落としかねない状況も出てきます。また抗酸化作用も持っていて、老化の原因となってしまう活性酸素を取り除いていきます。睡眠不足や食生活の偏りによって活性酸素が多くなってきてしまうので、普段から注意しなければなりません。酷くなるとシミだけでなく、しわやたるみなどを生み出していくことでしょう。それをビタミンCが改善していき、シワやたるみを着実に防いでいくことができます。

ビタミンC美容液の選び方【肌質・肌悩み別】

ビタミンC美容液の選び方1・敏感肌の人は低い濃度からはじめよう

様々なビタミンC美容液が出回っていますが、各商品でビタミンCの配合度合いが大きく異なります。じっくりと選んで購入しないと、敏感肌の人は肌にダメージを受けてしまうことがあります。高濃度のビタミンCが肌に働いても、耐えきれない肌の状態だと痛み出すこともあります。そこでビタミンC美容液の正しい選び方として、敏感肌かどうかを事前にチェックしておきましょう。そして低濃度のビタミンC美容液を購入してから、自分に合うか試していくようにしましょう。ある程度ビタミンCの配合度合いが薄ければ、敏感肌でも効果的に働くことでしょう。ビタミンC美容液の価格帯などで選ばずに、敏感肌の人はどのくらいビタミンCの各成分が配合されているかチェックしていきましょう。

ビタミンC美容液の選び方2・シワ・たるみ予防(エイジングケア)は高濃度がおすすめ

顔に目立ってしまうほどのシミやたるみが出てきたときに、エイジングケアを行いたいと考える人は少なくありません。そこで様々な化粧品を選んでいく中で、豊富にエイジングケアに効果的なビタミンC美容液も確認していきましょう。濃度も高いものがおすすめですが、エイジングケアに活かしたいからと肌の状態を確認しないで活用するのは危険です。ビタミンC美容液は低濃度から高濃度まであるので、敏感肌の人は高濃度のビタミンC美容液を利用すると痛み出すこともあります。どうしても高濃度のビタミンC美容液を使いたい時には油溶性ビタミンC誘導体が配合されている美容液を選択すれば、刺激が少なく効果も長続きします。

ビタミンC美容液の選び方3・即効性を求めるならピュアビタミンC配合のものを選ぼう

少しでも早くビタミンC美容液を利用して効果を実感したい時には、様々なビタミンC美容液の中でも即効性がある成分を選択するといいでしょう。その中でビタミンC美容液の中でも、ピュアビタミンC配合の商品を購入すると効果を期待することができます。抗酸化力を持っているので、肌へ必要なビタミンCをスピーディーに届けてくれることでしょう。ピュアビタミンCというのは酸化しづらく、なかなか肌に浸透しない性質を持っています。しかしビタミンC美容液では昨今、オバジCなど様々な成分を配合させながら活用できるピュアビタミンCを配合したビタミンC美容液が販売されています。安定して肌に浸透するので、即効性を実感することでしょう。

ビタミンC美容液の選び方4・即効性・持続性など複数のビタミンC誘導体配合のものを選ぼう

すぐに効果を引き出すだけでなく、長期間効果を持続させたいと考えている時には配合成分に注目です。基本的にビタミンCは肌をちゃんと配合されることで引き締めていき、皮脂分泌を着実に抑えてくれます。この作用を活かしたい時に、ビタミンC美容液の中にハリが出したり毛穴を縮小させるといった効果が期待できるビタミンC誘導体が複数配合されている美容液を選択するのもいいでしょう。ビタミンC誘導体は従来のビタミンCが持っている様々な弱点を補って、よりパワーのある成分に進化しています。それを複数配合しているので、実際に美容液を利用すると効果を長期間期待できることでしょう。ただし価格帯や肌質などをちゃんとチェックしていき、適切なビタミンC美容液を購入しましょう。

ビタミンC美容液の選び方5・ニキビやニキビ跡には抗炎症成分配合のものを選ぼう

思春期などでフェイスラインに生じるニキビは、時折表情に明確に出てきてしまいます。それ故に日頃から化粧水などでスキンケアを忘れずに行いながら、何とかニキビを除去したいところでしょう。その中でビタミンC美容液を利用してニキビ対策をしたい人もいますが、ニキビに対して効果のある抗炎症成分を配合しているものを選択するといいでしょう。抗炎症作用は解熱で使うアスピリンやイブプロフェンだけでなく、美容効果を期待できる塩化リゾチームやトラネキサム酸などがあります。様々な抗炎症成分を含んだビタミンC美容液がドラッグストアなどで販売されているので、成分をじっくりと見ながら肌に合うものを選択しましょう。効果を発揮しながら、徐々にターンオーバーも正常化していくことでしょう。

抗炎症成分(グリチルリチン酸ジカリウム・アラントインなど)のはたらき

様々な抗炎症成分があり、肌に染み入ることによって効果が出てきます。その中でも美容液などで活用できる成分が多々あり、様々な商品に配合されています。例えばグリチルリチン酸ジカリウムというのはスキンケアやシャンプーなどで利用されていますが、甘草より抽出されています。この植物由来の成分は刺激が低く、胃腸薬などにも活用されています。消炎効果も優れているので、しっかりとなじんでいくことでしょう。そしてアラントインも代表的な抗炎症作用を持っている成分ですが、これは皮膚や粘膜を修復していきます。ニキビにも効果を発揮し、赤くなった皮膚を徐々に正常な状態へ修復していきます。そして美容に関して、着実に効果を発揮することでしょう。

ビタミンC誘導体の選び方6・シミやくすみには美白有効成分配合のものを選ぼう

シミやくすみに普段から悩んでいる人は、日頃からスキンケアなどで化粧水を活用していくことでしょう。ビタミンC誘導体が配合されている化粧水などを購入する時に注意したいのが、シミやくすみに対して効果を発揮する美白に有効な成分を含んでいるかどうかをチェックしましょう。美白有効成分というのは肌に生まれるシミやくすみを着実に除去していきながら、美白効果を期待することができます。国の認可も受けており美白効果を明記することが認められているので、選びやすいことでしょう。シミやくすみだけでなく、数多くの美白有効成分によって様々な効果も期待できます。きめ細かい白い肌をキープしたい時には、この美白有効成分はしっかりと把握しておきましょう。

医薬部外品とは?

様々な医薬部外品がドラッグストアなどで販売されていますが、定義としては人体に対して穏やかに作用するものとなります。不快感などを感じる時や臭いを防ぐもの、脱毛や育毛などを主体とする成分が主に配合されている商品を指します。商品については国が認可し、効果がある有効成分がちゃんと配合されていれば販売することができます。例えば肌荒れやにきびを防ぐ、皮膚を雑菌するといった効果を商品とともに明記することも可能です。実際にドラッグストアなどで購入する時にも手に取りやすく、薬剤師などのアドバイスも受けずに購入することができます。ただし医薬品と異なって、効果は緩やかに働くので即効性は期待できないことは理解しておきましょう。

美白有効成分(トラネキサム酸・アルブチンなど)のはたらき

美白有効成分は様々な化粧品に配合されており、肌に馴染みながら効果を発揮していきます。その中でも肌が抱える問題の一つであるシミに関して、トラネキサム酸は効果を発揮します。アミノ酸の一種であるトラネキサム酸は、シミなどの黒ずみに効果が出てきます。黒い色素に反応しながら除去していくので、美容液などでトラネキサム酸は大きな期待ができます。
またアルブチンは紫外線などで生じるメラニンの黒ずみを防いでいき、美白を維持できるように働いていきます。メラニンは最大で3日程度で黒ずんでいきますが、アルブチンが配合された化粧品を極力早く使うことによって改善できるようになります。それぞれの美白に効果的な成分を利用して、日々の肌状態をキープしましょう。

ビタミンC美容液の選び方5・続けやすいテクスチャーや香りのものを選ぼう

理想的なビタミンC美容液を選択したい時に、どうしても長続きしないものを選択する訳にはいきません。日頃から活用している他の化粧水と同じように、テクスチャーや香りが自分に合ったものを選択しなければなりません。そこからビタミンC美容液を長い間活用していくことができるので、その点も選択肢の一つとなります。香りについてはビタミンC美容液を実際に試しながら、自分が刺激にならない香りになっているかどうかをチェックしましょう。そしてテクスチャーもビタミンC美容液を選択する時に重要で、実際に付けた時に伸ばしていく際の触り心地を確認していきます。肌に乗せて自分にしっくり来るかどうかで、長くビタミンC美容液を利用できるか判断できます。理想的なビタミンC美容液をテスターを通じて、ポイントを押さえながら判断していきましょう。

【シミ・美白】におすすめのビタミンC誘導体化粧水ランキング

VC100エッセンスローションX/ドクターシーラボ

ドクターシーラボVC100エッセンスローションは、高浸透型ビタミンCを配合した化粧水なので、優れた保湿、美白効果があるのが特徴です。従来の化粧水に比べると、ビタミンCが2倍含まれており、長時間美白、保湿効果が持続するのが特徴です。ドクターシーラボVC100エッセンスローションは、豊富な美容成分が含まれているので、皮膚の乾燥を抑えて、ニキビやしみ、そばかすを防ぐ効果があります。ドクターシーラボVC100エッセンスローションは、容量が150ml含まれており、6千円前後の価格なので、コストパフォーマンスが良いのが魅力です。ドクターシーラボVC100エッセンスローションは、美容液のような潤いのある化粧水なので、乾燥肌で悩んでいる人にお勧めです。

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

肌ラボ 白潤薬用美白化粧水/ロート製薬

ロート製薬の肌ラボ 白潤薬用美白化粧水は、美白効果の高いトラネキサム酸、ヒアルロン酸、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸などが含まれている美白化粧水です。ロート製薬の肌ラボ 白潤薬用美白化粧水は、容量が170ml含まれており、1000円前後のリーズナブルな価格なので、お財布の負担が少ないです。美白、保湿効果の高いビタミンC誘導体が含まれており、メラニンの生成を抑える働きがあります。ロート製薬の肌ラボ 白潤薬用美白化粧水は、強い紫外線でダメージを受けたお肌に、洗顔後に適量を皮膚になじませることで、美容成分が角質層に浸透します。ロート製薬の肌ラボ 白潤薬用美白化粧水は、しみやそばかす、くすみなどで悩んでいる人向けの商品です。

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

アクアフォースホワイトローション/オルビス

オルビスのアクアフォースホワイトローションは、毛穴の開き、黒ずみ、しみ、そばかす、繰り返すニキビなどで悩んでいる人にお勧めの美白化粧水です。オルビスのアクアフォースホワイトローションは、優れた保湿、美白効果があるため、乾燥肌や普通肌に適している商品です。高品質で上質な美容成分が含まれているので、角質層に浸透しやすくなっています。オルビスのアクアフォースホワイトローションは、洗顔後に適量を皮膚になじませることで、くすみやニキビ、しみ、そばかすなどを予防する働きがあります。オルビスのアクアフォースホワイトローションは、アルコールを使用しておらず、着色料や香料などを使用していないので、皮膚が弱い人でも使用出来ます。

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ホワイトニング化粧液Ⅱ/FANCL

FANCLホワイトニング化粧液Ⅱは、優れた抗炎症作用のあるグリチルリチン酸、クエン酸、ビタミンC誘導体などが含まれている美白化粧水です。FANCLホワイトニング化粧液Ⅱは、たっぷりと容量が入っており、2千円前後の価格なのでお財布の負担が少ないです。FANCLホワイトニング化粧液Ⅱは、有効成分が角質層に浸透して、メラニンの生成を抑えたり、皮膚の乾燥を防ぐ効果があります。FANCLホワイトニング化粧液Ⅱは、しっとりタイプ、さっぱりタイプなどがあるので、乾燥肌から脂性肌でも使用できる商品です。FANCLホワイトニング化粧液Ⅱは、安全性の高い成分で作られているので、長時間潤いが持続するのが特徴です。1回に2プッシュぐらいが適量です。

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ケシミン浸透化粧水/小林製薬

小林製薬のケシミン浸透化粧水は、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸、クエン酸、アスコルビン酸、ビタミンCなどが配合されている高浸透型化粧水です。小林製薬のケシミン浸透化粧水は、たっぷりと160ml入っており、価格が1000円前後なのでコストパフォーマンスが良く、お財布の負担を減らすことが出来ます。小林製薬のケシミン浸透化粧水は、安全性の高い医薬部外品なので、皮膚が弱い人でも使用できる商品です。強い紫外線のダメージを受けた後、しみやそばかすを予防したい人は、洗顔後や入浴後に適量を使用すると良いでしょう。毎日使用することで、優れた美白、保湿効果が期待出来ます。低刺激で安全性に優れており、根気よく使用することでニキビ跡を目立たなくします。

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ビタミンC誘導体化粧水のよくある質問

よくある質問

ビタミンCは朝に使用するとシミになるって本当?

ビタミンC化粧水は朝に使用するとシミになるって本当なのか、知っておきたい人が増えています。ビタミンC化粧水は、レモン果汁やグレープフルーツ果汁などが含まれている商品があるので、外出をする前は使用しないほうが良いでしょう。ビタミンC化粧品は、信頼できる製薬会社が製造、開発をしている商品なので、日焼けの原因になる成分、しみやそばかすなどの原因になる成分は、取り除いているので安全性に優れています。しみやそばかすが出来やすい体質の人、日焼けをしている人は、念のために朝は使用しないほうが良いでしょう。ビタミンC美容液は、入浴後に洗顔をして清潔になった皮膚に使用するのがお勧めです。使用前に取り扱い説明書に目を通しておきましょう。

ビタミンC化粧水をつけるとヒリヒリしますがどうすれば良いですか?

ビタミンC化粧水をつけるとヒリヒリしますがどうすれば良いか、知っておきたい人が増えています。高濃度なビタミンC誘導体が含まれている、化粧水を皮膚に塗ると、乾燥肌、敏感肌の人は皮膚がひりひりして、刺激を感じることがあります。皮膚がひりひりする場合は、保湿効果の高い化粧水を事前に塗ってから、ビタミンC化粧水を塗ることで、成分が中和されるのでひりひりしなくなることがあります。別の化粧水を塗っても、皮膚に刺激を感じたり、皮膚の赤み、痒みなどの異常が見られる場合は、使用を中断したほうが良いでしょう。皮膚がひりひりする場合は、化粧水がお肌に合っていない可能性があります。使用を中断すると、皮膚がひりひりしなくなることが多いです。

ニキビがある場合は乳液は併用しないほうがいい?

繰り返すニキビで悩んでいる人、ニキビ跡が気になっている人は、信頼できる化粧品会社のビタミンC化粧水を使用している人が増えています。高濃度なビタミンC誘導体が含まれている商品は、優れた美白、保湿効果があるため、皮膚の乾燥を防いで、ニキビを目立たなくする働きがあります。脂性肌の人、ニキビが出来ている肌の人は、ビタミンC化粧水の後に乳液を使ってはいけないのか、知りたい人が増えています。油分を多く含んでいる乳液は、使用しないほうが良いですが、油分をあまり含んでおらず、さっぱりした乳液であれば使用しても問題ないことが多いです。ニキビが出来やすい肌質の人は、皮膚が乾燥しやすいので、さっぱりタイプの乳液を使用すると良いでしょう。

ビタミンC化粧水とビタミンC美容液を併用しても良いですか?

ビタミンC化粧水とビタミンC美容液を併用しても良いか、知っておきたい人が増えています。信頼できる化粧品会社のビタミンC化粧水、ビタミンC美容液は併用して使用するのを目的に作られています。同じ化粧品会社の化粧水や美容液は、併用して使用することで、優れた保湿、美白効果が期待出来ます。同じラインの商品を使用することで、しみやそばかすを予防したり、ニキビ跡や毛穴の開き、黒ずみなどを防ぐ働きがあります。口コミやレビューなどで評価の高い商品は、高濃度なビタミンCが配合されているので、幅広い年代にお勧めです。皮膚がひりひりしたり、皮膚の赤み、痒みなどが見られる場合は、使用を中断して、皮膚科医に相談すると良いでしょう。

ビタミンC化粧水はライン使いしないと効果がなくなりますか?

ビタミンC化粧水はライン使いしないと効果がなくなるのか、知っておきたい人が増えています。ビタミンC化粧水や美容液は、高濃度なビタミンC誘導体、ビタミン類、グリチルリチン酸、アスコルビン酸などが含まれています。自分の肌質や年齢に応じた商品をライン使いすることで、ニキビ跡を目立たなくしたり、しみやそばかす、くすみ、毛穴の開きなどを改善する働きがあります。ビタミンC化粧水、美容液を使用する時は、同じラインの商品を選ぶことで、相乗効果が期待出来ます。違う会社の商品を併用すると、皮膚がひりひりしたり、皮膚の赤み、痒みなどの原因になることがあります。なるべく同じ会社の商品を使用することで、肌トラブルを未然に防ぐことが出来ます。

敏感肌ですがビタミンC化粧水を使用しても大丈夫ですか?

敏感肌ですがビタミンC化粧水を使用しても大丈夫なのか、知っておきたい人が増えています。敏感肌の人は、皮膚が乾燥してバリア機能が低下している状態です。ビタミンC化粧水を使用して、皮膚がひりひりしたり、痒みが出た経験のある人が少なくありません。ビタミンC化粧水の種類によっては、敏感肌の人でも使用することが出来ます。ビタミンC配合の商品よりも、ビタミンC誘導体を使用した化粧水のほうが、お肌に刺激が少ないので、敏感肌の人でも使用が可能です。数多くの商品が販売されているので、自分の肌質や年齢に合った商品を選ぶことが大事です。水溶性と脂溶性の両方を兼ね備えている、ビタミンC誘導体化粧水は安全性に優れており、皮膚への刺激が少ないです。

おすすめのビタミンC誘導体化粧水まとめ

ビタミンC化粧水は、ニキビ跡やしみ、そばかす、くすみなどを予防する働きがあるので、幅広い年代の人が使用しています。数多くの化粧品会社が販売をしているので、自分の肌質や年齢に合った商品を選ぶことが大事です。ビタミンCを原料にしている商品に比べると、ビタミンC誘導体を使用した商品のほうが、低刺激でお肌に負担が少なく、敏感肌、乾燥肌の人でも使用が可能です。高濃度なビタミンCが配合されている商品は、優れた美白、保湿効果が高いので人気があります。信頼できる化粧品会社の商品は、日焼けやしみ、そばかすなどの原因になる成分は、取り除いてあるので安心して購入出来ます。コストパフォーマンスが良く、無理なく続けられる価格の商品が人気です。

タイトルとURLをコピーしました