【おすすめのビタミンC誘導体化粧水】プチプラのビタミンC化粧水ランキング

ビタミンC誘導体の効果・効能

ビタミンC誘導体の効果1・皮脂分泌の抑制

ビタミンC誘導体は、皮脂分泌を抑制する効果があると言われています。
まず、ビタミンC誘導体とは、プロビタミンCともよばれ、ビタミンCの1つ前の成分のことを言います。
これを取り入れることで身体の酵素でビタミンCを作られ、ビタミンCの良い働きを発揮されるそうです。
そのビタミンCの働きの中で、皮脂分泌を抑制する効果があり、皮脂が毛穴に詰まることを防いでくれる働きが存在。
この皮脂分泌のコントロールにより、肌をなめらかにする作用が働くため、角栓をつくることを防ぎ、鼻の黒ずみを防ぐ効果があり、多くの人の肌が綺麗になることが期待されます。
ビタミンC誘導体の力によって、皮脂分泌の抑制で喜ばれる方はたくさんいることでしょう。

皮脂分泌を抑制し毛穴の開きやニキビを予防する

ビタミンCの誘導体の力によって、皮脂分泌の抑制という効果がありますが、この効果により毛穴の開きやニキビを予防することができます。
ニキビは毛穴に皮脂が詰まってしまうことにより、コメドを作ります。
そのコメドの内部でアクネ菌が繁殖してしまうことにより、ニキビが発生してしまいます。
つまり、毛穴に皮脂が詰まらなければ、ニキビを作ることを止めることができるということ。
ビタミンC誘導体の力により、皮脂分泌を抑制させることが出来るため、毛穴に皮脂が詰まることを抑制されます。
そうなることによって、ニキビを予防することができるということです。
また、毛穴に皮脂がつまらない状態が続けば、毛穴の開きも改善することでしょう。

ビタミンC誘導体の効果2・ターンオーバーの促進

ビタミンC誘導体の効果は皮脂分泌の抑制とお話してきましたが、他にターンオーバーの促進という効果も発揮することが分かっています。
ターンオーバーとは、日本語に例えると肌の新陳代謝を指し、新しい皮膚が作られ、古い皮膚が剥がれ落ちていく循環が起こることです。
このターンオーバーが乱れてしまうと、古い皮膚が剥がれ落ちず、肌の循環がうまく回りません。
常に新しい皮膚があった方が、常に綺麗な状態でいられるだろうということは安易に想像できるでしょう。
この肌のターンオーバーを促進させるために効果があるものはビタミンC誘導体です。
ターンオーバーを促進させることによって、常に綺麗な状態、美白をめざすことが出来るでしょう。

メラニンの排出を促しシミやくすみを改善する

メラニンという物質がシミやくすみの原因と言われており、ビタミンC誘導体の効果であるターンオーバーの促進により、排出が促されることが分かっています。
メラニンは日常的に紫外線を浴びるときに合成され、肌が焼けて黒くなってしまったり、シミやくすみ、そばかすの原因になります。
メラニンは肌のターンオーバーにより、古い皮膚が剥がれていくときに一緒に剥がれ落ちるのですが、
肌のターンオーバーがうまくいっていないと、メラニンがずっと溜まっている状態になってしまうことに。
そのため、ビタミンC誘導体の効果でターンオーバーを促進することによって、古い皮膚と一緒に剥がしてしまい、シミやくすみを改善していくことが大切です。

ビタミンC誘導体の効果3・コラーゲンの生成を促進

皮脂分泌の抑制、肌のターンオーバーの促進と話してきましたが、ビタミンC誘導体によりコラーゲンの生成を促進する効果もあることが分かっています。
コラーゲンは身体の中でつくられますが、加齢とともに合成量が減少してしまいます。
身体の中でタンパク質から合成されるのがコラーゲンですが、その時にビタミンC存在することによって合成されます。
加齢と共にコラーゲンの合成量が少なくなってしまうので、ビタミンCはより多く必要。
しかし、ビタミンCは身体が自分で合成することはできないので、食事などから摂取しなければなりません。
そのため、ビタミンCの良い働きを特に起こすことができる、ビタミンC誘導体の力を借りてコラーゲンの生成を促進させることが一番効果的といえるでしょう。

しわやたるみの予防

コラーゲンの生成促進にはビタミンCが重要という話はしてきましたが、コラーゲンにより何の効果を醸し出しているのでしょうか。
それは、しわやたるみの予防をする効果が発揮されることが判明しています。
因みにコラーゲンは、肌への効果だけではなく、身体に至る所に存在しており、骨、血管、内臓などと私たちの身体を支えていく上で重要な働きをしています。
その中で私たちが気になる肌への効果は、肌のハリや弾力を保つことが出来、しわやたるみの予防につながるということです。
そのため、コラーゲンの量が低下すると、ハリが不足することが分かりしわやたるみが生じやすくなることが分かるでしょう。
ビタミンC誘導体をうまく取り入れ、しわやたるみを予防していく必要があります。

ビタミンC誘導体の効果4・メラニンの生成を抑制

ビタミンC誘導体の素晴らしい効果4つ目は、メラニンの生成を抑制する働きがあることです。
ターンオーバーを促進させることで、メラニンを排出を促す働きがあることを話しましたが、それだけではなく抑制する働きもあるのだとか。
メラニンはもともとチロシンというアミノ酸で、酸化酵素チロシナーゼの働きでメラニンになってしまいます。
ビタミンCの働きによって、酸化酵素チロシナーゼの働きを阻害し、生成を抑制させることが分かっています。
また、すでに生成されたメラニンを還元させ、無色化する作用もあります。
よって、メラニンの生成を抑制、無色化をしていくためには、ビタミンC誘導体をうまく利用していくことが重要ということでしょう。

メラニンの生成を抑制しシミを予防する

メラニンの生成を抑制するということは、シミを予防することにつながります。
シミが作り出されるメカニズムをご紹介しましょう。
まず、日光から紫外線をあびることにより、「メラノサイト」とよばれるところで紫外線ダメージから皮膚を守ろうと、メラニンを作り出します。
しかし、過剰に生成されると、肌表面に蓄積され色素沈着を起こしてしまい、シミが出来てしまいます。
このメカニズムを見ると、そもそものメラニンを過剰分泌させなければ良い上に、ターンオーバーを促進させ、肌表面に蓄積させないことが大事ということがわかります。
そのため、ビタミンC誘導体を利用して、メラニンの生成を抑制したり、ターンオーバーを促進させることで、シミを予防していくべきでしょう。

ビタミンC誘導体の種類を肌タイプに合わせた選び方

ビタミンC誘導体の種類1・水溶性ビタミンCのはたらき

ビタミンC誘導体は、水に溶けやすい水溶性ビタミンC誘導体と油になじむ油溶性ビタミンC、そして両方の性質を持つ両親媒性ビタミンC誘導体の3種類があり、
その中の水溶性ビタミンC誘導体は、ビタミンCの本来の効果を発揮することができるといわれています。
水溶性ビタミンC誘導体を利用することにより、皮脂のコントロールはもちろん、ターンオーバーを促進させるはたらきが作用されます。
そのため、シミや色素沈着を予防する効果が期待できるでしょう。
しかし、本来の効果を発揮するばかりに、皮脂を抑える効果により、乾燥しすぎてしまうこともあるようです。
皮脂が出過ぎて抑制作用を強く求める、オイリー肌の方にお勧めの品と言えるでしょう。

水溶性ビタミンCの特徴

水溶性ビタミンC誘導体については、短期間で吸収することができることが最大のメリットです。
そのため、即効性が高いと言われており、化粧水やローションに活用されています。
さらっとした使用感で、気軽に使うことが出来るという嬉しい一面も。
しかし、肌の奥、つまり真皮までは浸透しないことや、持続性は低かったりと良い面ばかりではありません。
真皮まで浸透させることが目的ではなく、表皮で作用し、メラニンの排出をさせたり、肌のターンオーバーを促進させたりするのが強いのが特徴です。
また、皮脂の抑制作用による乾燥や、即効性が高いことは刺激が強いとも考えられるので、乾燥肌や敏感肌の方は注意が必要です。
よって、にきびや毛穴トラブルに悩んでいる人に向いていると言えるでしょう。

水溶性ビタミンCの成分表示名

<td>安定性が高く、美白化粧水によく配合される<td>即効性が高く、安定性も高い

成分名 特徴
リン酸アスコルビン酸ナトリウム 吸収率が優れ、最も効果があるとされる
リン酸アスコルビルマグネシウム 刺激が小さく、肌が弱い人にも使える
L-アスコルビン酸-2グルコシド
ビタミンCエチル(エチルアスコルビン酸)

ビタミンC誘導体の種類2・油溶性ビタミンCのはたらき

水溶性ビタミン誘導体は、肌内部までの浸透が難しい為、安定性が弱いことが課題です。
その課題を解決するのが、油溶性ビタミンC誘導体です。
そもそも、人の角質層には元々皮脂成分があるため、油に溶ける作用が必要としています。
油溶性ビタミンC誘導体はその皮脂成分と結合させることにより、肌に浸透しやすくするはたらきを持ちます。
これは、肌にゆっくり浸透することにより真皮まで到達し、コラーゲンの生成や新陳代謝を促進させるはたらきを得ることができるんだとか。
もちろん、表皮でも作用することができるため、メラニンの生成を抑制したり、肌のターンオーバーを促進をさせたりするはたらきも持つので汎用性が高いことがわかります。

油溶性ビタミンCの特徴

油溶性ビタミンC誘導体の最大のメリットは刺激が少なく、安定性にも優れているところです。
保湿力は高く、持続性を持つことはもちろん、皮脂成分にも作用することが出来る為、真皮まで作用することが出来ます。
しかし、メリットばかりでは無く、デメリットとしては即効性が無いことといえます。
水溶性ビタミンC誘導体については短期間で吸収することが出来ましたが、油溶性ビタミンC誘導体はどうしても持続性があるため、吸収するためには時間がかかってしまいます。
また、クリームや乳液などに使われるため少しべたつきを感じ、苦手に感じる方もいるかもしれません。
そして、皮脂成分、つまり油と結合するため、皮脂のコントロールは水溶性ビタミンの方が優れていると言えるでしょう。

油溶性ビタミンCの成分表示名

成分名 特徴
パルミチン酸アスコルビル 使用感が非常に重く、酸化しやすい
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 乾燥感や刺激がほとんどなく使用感も良い

ビタミンC誘導体の種類3・両溶性ビタミンCのはたらき

水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体、どちらもメリットとデメリットがありました。
2つのメリットを合わせ持つ両溶性ビタミンCというものも開発され、新型ビタミンC誘導体ともよばれるほど話題です。
表皮と真皮どちらも作用させることができ、水溶性ビタミンC誘導体や油溶性ビタミンC誘導体に比べ、100倍浸透するビタミンC誘導体とされています。
主なはたらきとして、皮膚浸透性が強く見られるほか、しわ改善効果、美白効果、抗アクネ効果がみられると言われており、即効性と浸透性のどちらも兼ねそろえた優秀なビタミンC誘導体と言えます。
2つの良い所取りをした両溶性ビタミンC誘導体なので、まだまだ高額ではありますが、使用すると期待できる効果が現れるでしょう。

両溶性ビタミンCの特徴

両溶性ビタミンC誘導体の最大の特徴は、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体のどちらのメリットを持ち合わせるところです。
刺激も少なく、浸透性が高いところが特徴で、吸収も水溶性ビタミンC誘導体なみに早いと言われています。
メリットがあればデメリットもあるもので、デメリットは酸化劣化が早いところです。
しかも高額な商品がまだまだ多いので、どうしてもコストパフォーマンスが高いとは言えないでしょう。
また、使用感として匂いが気になったりするため、毎日使うには抵抗感を感じる人も多いかもしれません。
しかし、肌すみずみまで、深く浸透することが出来る両溶性ビタミンC誘導体なので、魅力が高い商品ということは確かです。

両溶性ビタミンCの成分表示名

成分名 特徴
パルミチン酸アスコルビンリン酸3Na(APPS) 皮膚浸透性に優れており、低刺激
イソステアリルアスコルビンリン酸Na(FuncosC-IS APIS) 上記にくらべてビタミンCの変換効率が良い

ビタミンC誘導体化粧水の選び方1・肌タイプに合わせて選ぶ

まず1番最初に、ビタミンC誘導体化粧水は肌タイプに合わせたものを選びましょう。
化粧水に主に使われるのは水溶性ビタミンC誘導体化粧水と、両溶性ビタミンC誘導体の2種類です。
ニキビや毛穴の開きの悩みを持つ、皮脂の過剰分泌が気になっているお肌を持つ方は水溶性ビタミンC誘導体化粧水を選ぶとよいでしょう。
水溶性ビタミンC誘導体は即効性があり、皮脂を抑制する効果があるため、お悩み解決になると考えられます。
また、敏感肌の方は両溶性ビタミンC誘導体をおすすめします。
理由は水溶性ビタミンC誘導体に比べ、肌への刺激が少ないと言われています。
せっかく良いものを使っているのに関わらず効果が薄くなったり、逆に肌が荒れたりする可能性があるため、自分の肌と向き合うことが重要ですね。

シミやくすみが気になる人は美白成分(トラネキサム酸・アルブチンなど)がおすすめ

お肌の悩みが明確な人は、ビタミンC誘導体にプラスしてそれに合った成分を含まれているものを選ぶことをおすすめします。
シミやくすみが気になる人は美白成分であるトラネキサム酸やアルブチンなどが配合されたものを選ぶとお悩み解決に近づきます。
トラネキサム酸はメラニンの生成を抑制する働きがありますし、
アルブチンはメラニンの生成に関わる酸化酵素チロシナーゼを阻害する働きを持ちます。
ビタミンC誘導体にもメラニンの生成を抑制したり、ターンオーバーを促進させてメラニンを一緒に排出させるはたらきをもっていますが、
美白成分のトラネキサム酸やアルブチンをプラスすることにより、もっとよりよく効果が発揮し、改善につながることでしょう。

シワやたるみが気になる人はアンチエイジング成分(レチノール・ナイアシンアミドなど)がおすすめ

美白成分をプラスするともっとよりよい効果がでうるように、シワやたるみが気になる人はアンチエイジング成分を含むものをプラスすることにより、こちらもよりよい効果が発揮できるでしょう。
レチノールやナイアシンアミドは肌のハリをサポートする成分が含まれています。
しかし、前述の美白成分とは違い、アンチエイジング成分をプラスするには注意が必要です。
それはどちらも皮脂を抑制する効果が強く現れる為、乾燥しすぎる可能性があるからです。
肌の様子を見ながら試すか、乾燥肌や敏感肌の人は避けて通ることをおすすめします。
しかしオイリー肌や混合肌の人には向いていると言えます。
上手に2つとも取り入れることにより、シワやたるみなどのお悩み解決につながるはずでしょう。

ニキビやニキビ跡が気になる人は抗炎症成分(グリチルリチン酸・アラントインなど)がおすすめ

ニキビやニキビ跡が気になる人は、ビタミンC誘導体に加えて抗炎症成分であるグリチルリチン酸やアラントインなどを含んだものを使うと良いでしょう。
グリチルリチン酸はニキビを消炎する甘草エキスで、ニキビ予防に強く働くと言われています。
アラントインは抗炎症作用だけでなく、組織週副作用を持つ成分があり、ニキビ跡に最適といえるでしょう。
また、この2つはアレルギーの刺激を抑える力もあるので、敏感肌対策に使われることもあります。
2つとも抗炎症成分に優秀な効果がありますが、直接的な美白成分はないため、それはビタミンC誘導体の効果を頼る必要があります。
どちらの良いところ取りをすることにより、美肌に繋がっていくことでしょう。

ビタミンC誘導体化粧水の選び方2・低刺激で安全性が高いものを選ぶ

ビタミンC誘導体の濃度が高いと、刺激が高く肌が荒れてしまう可能性があります。
肌が荒れてしまうと本末転倒なので、低刺激で安全性が高いものを選ぶことも重要と言えるでしょう。
特に敏感肌の方にとっては新しい化粧水を選ぶときは怖いと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。
低刺激で安全性の高いものは、両溶性ビタミンC誘導体のものが低刺激で高い効果があると言われていますし、
安定性が低いと言われていても探すと水溶性ビタミンC誘導体のものでも低刺激のものはしっかりあります。
根気よく低刺激で安全性が高いものを探し、一度試してみましょう。
もしもその時に違和感を少しでも感じたら、肌にあっていないと考え、中止する勇気をもつことも必要ですね。

アレルギーテストとは?

化粧品パッケージに「アレルギーテスト済」と表記されているものは見たことはありますか?
せっかくの素晴らしい商品でも、私たち使い手のほとんどが肌に合わない!というものは避けたいものです。
そのため、商品もアレルギー症状がでるかどうかのテストを行っているものが多くあります。
アレルギーテストとは正式にはリピート・インサルト・パッチ法といい、18歳以上の健康なボランティアの男女を対象にテストを行い、数週間に渡ってアレルギー症状がでないかをチェックしています。
いくらアレルギーテストを通過しても、私たちが使用するときにアレルギーが引き起こされる可能性がなくなるわけではありませんが、1つの目安となることでしょう。

パッチテストとは?

何もせずに顔面全部に化粧水を使ってしまい、大きく荒れてしまうと気持ちも下がってしまいますし、なるべくならそれを避けたいところ。
アレルギーテストを通過したとはいえ、自分の肌に必ず合うとは限りません。
自分の肌に合うかどうかをチェックする方法があり、それをパッチテストといいます。
方法は上腕の内側に化粧水を少しつけて1日(24時間)経過を見るだけです。
赤みや腫れ、湿疹やかゆみの発生が無かったらその化粧水は比較的安心して使うことが出来るでしょう。
しかし、体調やストレスによっても肌に異常がでることがあるので、もしも異常がでた場合でも期間をあけてもう一度パッチテストを実施するとよいでしょう。
パッチテストも絶対大丈夫とは言い切れませんが、安心して使用するためには実施するに越したことはありません。

ビタミンC誘導体化粧水の選び方3・肌質に合わせたテクスチャーを選ぶ

「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」というテクスチャ―がありますが、具体的な違いはなに?と聞かれたら分からない人が多いと思います。
なんとなくの感覚で選ぶよりも、肌質にあわせたものを使うことで、よりよい効果が生まれるといえます。
一般的の考え方としては、乾燥肌の人はしっとりタイプ、脂性肌の人はさっぱりタイプの方が良いといわれています。
しかし、夏場や冬場のクーラーやエアコンにより肌質が変化することもあるため、季節変動には気をつかいつつ選択することが重要ともいえます。
また、突然肌質が変わることもあるので、常に自分の肌状態を知っていくことも大切ですね。
こうしてテクスチャ―を使い分けることにより、自分の肌に求める効果が得られることができるでしょう。

乾燥肌の人はしっとりタイプ

自分は乾燥肌!と即答できる人は、しっとりタイプのテクスチャ―のものを選ぶと良いでしょう。
肌内部の保水力を高めてくれる効果があるため、乾燥肌の人にピッタリのものですね。
しかし、しっとりタイプは使うだけで潤った気分になってしまうところに注意が必要です。
化粧水にも関わらず、べたつきがあるテクスチャ―なので、その後の乳液のケアが怠りがちになってしまいます。
化粧水は水分なので蒸発しやすい上に、乳液という油分を減らしてしまうことにより逆に皮脂が過剰分泌させてしまう結果になりうることがあります。
せっかくケアしているのに台無しになってしまう可能性があるということです。
化粧水だけではなく、乳液をペアで使うことにより、良い効果を発揮することが出来るでしょう。

脂性肌の人はさっぱりタイプ

乾燥肌とは逆に、脂性肌で悩んでいる方は、さっぱりタイプのテクスチャ―のものがおすすめです。
しっとりタイプのテクスチャ―ではどうしてもべたつきが気になってしまったり、逆にニキビが出来てしまう可能性もあるからです。
化粧水をたっぷり使ってあげることで保水をしっかりさせた上で、しっとりタイプと同じく必ず乳液で蓋をしてあげることが必要でしょう。
さっぱりタイプのテクスチャ―の化粧水は、しっとり成分と加えて保湿成分や油分が控えめになっています。
油分が控えめであるおかげで、皮脂のコントロールがうまくいくことができ、ニキビなどを防ぐはたらきができるということです。
また、アルコールが入っているものは清涼感を出したりすることができるので、夏場には快適かもしれませんね。

ビタミンC誘導体化粧水の選び方4・はじめての方は高濃度処方は避ける

ビタミンC誘導体の濃度が高濃度の方が、お肌のキメをなめらかにしたり、透明感をしっかり感じることができたりするため、使ってみたい!と考える方が多いと思います。
しかし、はじめて使う人は高濃度は避けた方が良いと考えられています。
そもそもビタミンC誘導体は乾燥性の物質なので、保湿性に優れているとは言えません。
高濃度ほど刺激性が高いと言われているので、濃度が高くなればなるほど炎症を起こす可能性もあります。
そのため、高濃度のものを使うときは慎重になることが必要です。
低濃度のものからはじめ、また前述したパッチテストを必ず行った上で使うようにすることが大切でしょう。
キャッチコピーに踊らされず、少しずつ自分の肌の調子に合わせて調整していきましょう。

ビタミンC濃度が高いほど肌への刺激性が高くなる

ビタミンC誘導体はメリットも多く、皮脂分泌を抑制したり肌のターンオーバーを促進してくれたりと人気の商品です。
しかし、もともと刺激の強い物質なので、濃度が高ければ高いほど、刺激が強くなってしまうことが分かっています。
小さい濃度からはじめると、使っていくうちに肌も慣れてくれるので心配する必要は少なくなりますが、
いきなり強い刺激を与えると、もちろん肌は炎症を起こします。
炎症を起こし、シミを増やしたりしてしまうとせっかく努力してスキンケアをした意味が無くなってしまいます。
ビタミンC濃度が高いものの方が効果が強く宣伝されているので使いたくなる気持ちは分かりますが、
お肌のためにも、低濃度からはじめていくようにしていきましょう。

おすすめのビタミンC美容液の人気ランキング

Cセラム/ビーグレン

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ビーグレンのCセラムは、高濃度なビタミンCを配合した美容液なので、皮膚の表面だけでなく内部にも浸透するのが特徴です。有効成分が皮膚に浸透するので、毛穴の開きや黒ずみなどを改善したり、しみやそばかすを防ぐ働きがあります。ビーグレンは、日中でも使用できる商品ですが、日焼け止めを使ってお肌を保護しておくことが大事です。ビーグレンのCセラムは、乾燥肌、普通肌、脂性肌、混合肌の人でも使用することが出来ます。皮膚が敏感な人は刺激になることがあるので、パッチテストをしてから使用することが大事です。皮膚に湿疹などの異常が見られる場合は、悪化する可能性があります。皮膚に疾患などがある場合は、皮膚科で治療をしてから使用する必要があります。

関連ページ:【ビーグレンの口コミ】悪い評判とニキビ跡への効果について

メラノCC薬用しみ集中対策美容液/ロート製薬

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ロート製薬のメラノCC薬用しみ集中対策美容液は、独自の製法で作られている活性型ビタミンC、潤い成分のアルピニアホワイトを配合している商品です。皮膚の表面だけでなく、内部にも浸透するので、優れた美白効果があります。しみやそばかす、くすみなどを予防する働きがあります。メラノCC薬用しみ集中対策美容液は、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸が含まれているので、ニキビや吹き出物が出来やすい人に向いています。メラノCC薬用しみ集中対策美容液は、リキッドタイプの形状になっており、べたつきがなく使用感の良い美容液です。メラノCC薬用しみ集中対策美容液は、1日に1回、4滴から5滴ぐらいが適量なので、朝のスキンケアの時に使用すると良いでしょう。

関連ページ:【メラノCCの口コミ】美容液・化粧水はニキビに効果ある?

オバジCセラム/ロート製薬

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ロート製薬のオバジCセラムは、水溶性、脂溶性のビタミンCを配合した美容液です。ビタミンCがたまねぎのような形状になっているので、皮膚の表面だけでなく、内部にも浸透しやすくなります。オバジCセラムは、3滴から4滴ぐらいが適量になっているため、お肌全体になじませると、皮膚が温かくなるのが特徴です。オバジCセラムは、べたつきがなく使用感が良いのが特徴です。美白効果が高い商品なので、毎日使用することでしみやそばかすを防ぐ働きがあります。優れた抗炎症作用があるので、ニキビや吹き出物で悩んでいる人にお勧めです。敏感肌の人は、刺激になることがあるので、パッチテストをしてから使用すると良いでしょう。安全性に優れており、コスパの良い商品です。

DSラインコンセントレート/キールズ

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

キールズのDSラインコンセントレートは、ピュアビタミンC、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸などを配合うした美容液です。DSラインコンセントレートは、クリーム状の美容液なので、化粧水でお肌を整えて後にお肌になじませて使用します。ピュアビタミンC、ビタミンC誘導体が皮膚に浸透しやすく、しみやそばかすを目立たなくする働きがあります。DSラインコンセントレートは、ヒアルロン酸が含まれているので、皮膚にハリや弾力を与えてしわやたるみを予防する働きがあります。べたつきなどがなく、使用感の良い美容液なので、年齢肌が気になっている人にお勧めです。DSラインコンセントレートは、毎日使用しても3か月ぐらいは使用出来るのが魅力です。

スパトリートメントEXリアルCセラム/ウェーブコーポレーション

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ウェーブコーポレーションのスパトリートメントEXリアルCセラムは、ピュアビタミンCが配合されており、整肌効果の高いアスコルビン酸が含まれている美容液です。ウェーブコーポレーションのスパトリートメントEXリアルCセラムは、有効成分が皮膚の内部に浸透しやすく、しみやそばかす、くすみなどを改善する働きがあります。口コミでも評価の高い商品なので、1日に1回使用することで、お肌の調子が整ってきて、ニキビや吹き出物が出来にくくなります。ウェーブコーポレーションのスパトリートメントEXリアルCセラムは、衛生的なボトルを使用しているので、最後の1滴まで衛生的に使用出来るのが魅力です。美白効果、抗炎症作用の高い美容液です。

Cエッセンス/EBiS(エビス)

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

EBiS(エビス)のCエッセンスは、高濃度なビタミンCを5パーセント配合している商品なので、優れた美白効果があるのが特徴です。EBiS(エビス)のCエッセンスは、安全性の高い日本製の商品なので、無香料で無添加の美容液です。EBiS(エビス)のCエッセンスは、有効成分が皮膚の内部に浸透するため、毛穴を目立たなくしたり、しみやそばかす、くすみなどを改善する働きがあります。高濃度なビタミンCが配合されているのに、低刺激でお肌に負担の少ない商品です。根気よく続けることで、お肌の調子が整ってくるので、化粧のりが良くなることが多いです。衛生的な形状のボトルになっているため、最後の1滴まで安心して使用出来る商品です。

タカミエッセンスCE/タカミ

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

タカミのタカミエッセンスCEは、ビタミンC、ビタミンEを配合している美容液です。皮膚にハリや弾力を与える働きのあるセラミドなども含まれています。タカミのタカミエッセンスCEは、洗顔後に化粧水でお肌を整えた後に3滴から4滴、皮膚全体になじませて使用します。毛穴の開きや黒ずみ、くすみなどが気になっている人は、毎日使用することでお肌の調子が良くなってきます。タカミのタカミエッセンスCEのビタミンC、ビタミンEは、皮膚に浸透しやすいので、内側から働き掛ける効果があります。皮膚の血流を促進したり、美白効果が高いので、しみやそばかす、ニキビなどを防ぐ働きがあります。タカミのタカミエッセンスCEは、安全性が高く皮膚への刺激が少ないのが魅力です。

ラボラボVCスーパーKEANAセラム/ドクターシーラボ

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ドクターシーラボラボラボのVCスーパーKEANAセラムは、スポイトが付いているので、1回に3滴から4滴ぐらいが適量です。洗顔後に化粧水でお肌を整えた後に、皮膚全体になじませて使用します。口元や目元は、皮膚が薄くて敏感な部分なので、使用しないことが大事です。ドクターシーラボラボラボのVCスーパーKEANAセラムは、高濃度なビタミンCが含まれているので、皮膚に有効成分が浸透しやすいです。ニキビ跡で皮膚がでこぼこしている人、毛穴の開きや黒ずみなどが気になっている人にお勧めの商品です。ドクターシーラボラボラボのVCスーパーKEANAセラムは、優れた美白効果のある美容液なので、しみやそばかす、くすみを改善して、透明感のある素肌を維持します。

エンリッチ&コンセントレートVCエッセンス/N.organic

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

N.organicのエンリッチ&コンセントレートVCエッセンスは、高濃度なビタミンCを配合している商品なので、毎日使用することでしみやそばかす、くすみを予防する働きがあります。N.organicのエンリッチ&コンセントレートVCエッセンスは、人工香料を使用していないので、優しい香りが心身を癒す効果があります。N.organicのエンリッチ&コンセントレートVCエッセンスは、低刺激で安全性の高いビタミンC美容液なので、皮膚に疾患などがない場合は問題なく使用出来ます。N.organicのエンリッチ&コンセントレートVCエッセンスは、ニキビ跡を改善したり、ニキビや吹き出物が出来にくくなるので、根気よく使用すると良いでしょう。

ビタミンC美容液のよくある質問

よくある質問

ビタミンCの濃度が高い方が効果が早く出ますか?

高濃度なビタミンC美容液は、ビタミンCが豊富に含まれているので、美白効果が高いのが特徴です。皮膚が弱く敏感な人は、念のためにパッチテストをしてから使用すると良いでしょう。皮膚が弱い人は、刺激を感じることがありますが、普通肌の人、皮膚に疾患がない人は問題なく使用することが出来ます。独自製法で作られている高濃度ビタミンC美容液は、皮膚の内部に有効成分が浸透しやすく、しみやそばかす、くすみなどを改善する働きがあります。健康な皮膚の場合は、高濃度な5パーセントの美容液がお勧めです。皮膚のターンオーバーを促進する働きがあるので、毎日使用すると透明感のある素肌を維持出来ます。壊れにくいビタミンCを配合している商品がお勧めです。

高濃度のビタミンCは刺激が強いのはどうして?

高濃度なビタミンC美容液は、皮脂の分泌を抑える働きがあるので、乾燥肌や敏感肌の人は皮膚に塗った時に刺激を感じることがあります。皮脂分泌を抑えてしまうと、皮膚が乾燥しやすくなり、ビタミンC美容液を塗るとピリピリしたり、皮膚の痒み、赤みなどが出ることがあります。皮膚に湿疹などの疾患がある場合は、症状が悪化する可能性があるので、使用しないほうが良いでしょう。敏感肌の人は、皮膚科医の許可を得てから使用することが大事です。生理中や生理前は、黄体ホルモンの影響で皮膚が乾燥しやすく、敏感になっているため、ビタミンC美容液を使用すると肌荒れをしやすくなります。生理中や生理前は、高濃度なビタミンC美容液を使用するのは控えることが大事です。

朝のスキンケアにビタミンC美容液を使っても良いですか?

ビタミンC美容液は、皮膚に湿疹などの疾患がなく、健康な状態であれば、朝のスキンケアに使用することが出来ます。ビタミンC美容液は、3滴から5滴ぐらいが適量になっているため、化粧水でお肌を整えた後に使用すると良いでしょう。強い紫外線を浴びてしまうと、肌荒れなどの原因になるため、外出をする前は日焼け止めを使用したり、UVカット効果の高いファンデーションを塗っておくことが大事です。ビタミンC美容液は、セラミドやビタミンE、ヒアルロン酸などが含まれているので、毎日使用することで皮膚にハリや弾力が出てきて、血流が良くなってきます。ビタミンCは、基本的には朝使用することが出来ますが、皮膚の敏感な人は皮膚科医の許可を得ておくことが大事です。

医薬部外品の美容液の方が効果が高いですか?

医薬部外品のビタミンC美容液は、安全性の高い製法で作られているので、乾燥肌や敏感肌、混合肌の人でも使用することが可能です。皮膚に疾患がある場合は、治療をして完治をしてから使用することが大事です。医薬部外品のビタミンC美容液は、ピュアビタミンC、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、セラミドなどが含まれているので、安全性に優れており、低刺激でお肌に負担が少ないのが特徴です。高濃度なビタミンCを配合している商品が揃っているので、美白効果、抗炎症作用が高いのが特徴です、医薬部外品のビタミンC美容液は、衛生管理や品質管理を徹底している環境で作られているので、安心して購入することが出来ます。信頼できる会社の商品を選びましょう。

複数の種類のビタミンC配合の方が効果が期待できますか?

ビタミンCはライン使いした方が効果を実感できますか?

しみやそばかす、くすみなどで悩んでいる人は、複数のビタミンCが配合されているビタミンC美容液がお勧めです。純度の高いピュアビタミンC、ビタミンCなどが配合されている商品は、優れた美白、抗炎症作用があるので毛穴の開きや黒ずみ、ニキビなどが気になっている人に向いています。複数のビタミンCを配合している美容液は、皮膚の内部に有効成分が浸透しやすく、皮膚のターンオーバーを促進する働きがあります。高濃度なビタミンCが含まれている商品は、しみやそばかす、くすみなどを改善して、透明感のある素肌を維持しやすいです。口コミでも評価の高い商品を選んでおくと、複数のビタミンCが配合されており、お肌を整える効果があります。

ビタミンCを使わない方が良い人はいますか?

高濃度なビタミンC美容液は、皮膚への刺激が強い傾向があるので、皮膚が乾燥しやすく、敏感な人は使用出来ないことがあります。ビタミンC美容液は、皮脂の分泌を抑える働きがあるので、皮膚が乾燥しやすくなります。皮膚が乾燥すると、塗った時にひりひりしたり、皮膚の赤み、痒みなどのトラブルが発生することがあります。顔に塗る前に、二の腕などでパッチテストをしますが、皮膚に異常が見られる場合は使用しないほうが良いでしょう。皮膚に湿疹などの疾患がある場合は、ビタミンC美容液を使用すると、症状が悪化する可能性があるので、完治するまでは使用しないことが大事です。皮膚が弱くて敏感な人は、皮膚科医の許可が必要なので診察を受けておきましょう。

おすすめのビタミンC美容液ランキングまとめ

高濃度なビタミンCが配合されている美容液は、優れた美白、抗炎症作用があるので、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビやしみ、そばかすなどで悩んでいる人にお勧めです。口コミでも評価の高い会社の商品は、純度の高いピュアビタミンC、ビタミンC誘導体、セラミド、ヒアルロン酸などが含まれているので、毎日使用することで皮膚にハリや弾力を与えて、毛穴やニキビ跡を目立たなくする働きがあります。信頼できる会社の商品は、独自の製法で作られているので、皮膚の内部に有効成分が浸透しやすくなっています。1日に1回、3滴から5滴ぐらい使用することで、皮膚に透明感が出てきます。皮膚のターンオーバーを促進する働きがあるので、年齢肌が気になっている人に向いています。

 

タイトルとURLをコピーしました