【ブッチの口コミ】ドッグフードの量・食べない?評判は?

【ドッグフード】ブッチの口コミ・評判/おすすめ3つのポイント

ブッチのおすすめポイント1・良質な材料を使っている安全なドッグフード

ブッチのドックフードがおすすめされる理由ですが、ブッチのドックフードは実は、人間が食べることも可能なドックフードで良質な材料を用いてドックフードを作り上げています。なので、新鮮さと材料自体の品質はお墨付きで添加物においても生き物に影響がない物を添加物に使用しているため、安全なドックフードであるといえます。と言いますのも、実は、食材の安全というものは、野菜などであれば、実は農薬を使用したもののほうが実は安全であるケースがあり、安全が確認されている分量の農薬を使用して野菜を作った方が寄生虫などが寄り付かず、人体に影響を及ぼしません。ブッチには、トウモロコシのような野菜も成分に含まれていますので食材の安全性については厳格であるといえますので人間とペットのワンちゃんの両方が食べても安全なドックフードがブッチになります。

ブッチのおすすめポイント2・食いつきが良いという口コミが多い

ブッチがおすすめされ利理由ですが、ワンちゃんの食いつきが良いという評判が多く口コミに挙げられています。まず、ブッチのドックフードは、甘味料というものを使用していません。そのため、人工的に味付けをしてあるドックフードと比較した場合、素材のうまみの身を追求したドックフードになるため食いつきがとても良いのです。逆に、人工甘味料も使用しておらず、素材もそれほど新鮮ではないものを使用した場合、素材のうまみがなくなるため、ワンちゃんはドックフードに食いつかないというわけです。ここで注意してほしいのは、実は、ドックフードの中には、食いつきをよくするために人工甘味料とか調味料を使用してワンちゃんの下をマヒさせ中毒にすることで進んでドックフードを食べさせるという商品もあり、そうした商品と比較した場合、ブッチは純粋にワンちゃんが求めた味であるドックフードだといえます。

ブッチのおすすめポイント3・定期コースなら10%オフで購入できる

ブッチは、定期コースという通販購入であれば、10パーセント割引で購入できるというポイントがおすすめされています。これは、ブッチは、通販のみでの購入商品なので、他の通販、つまりはブッチの公式と異なる通販においては、割引サービスというものが適応されません。そのうえ、ブッチ自体はドックフードの中では高級で割高な部類に入るドックフードになりますので、定期コースであれば、10パーセント物割引を受けることができるというのは大きいのです。また、公式サイトで購入する利点は何も定期コースによる10パーセントの割引だけではなく、正規品であることが約束されているという利点があります。つまり、高級なドックフードは偽物の存在があり、間違いなく本物を購入できるのはブッチの定期コースであるということです。

【ドッグフード】ブッチの良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

ブッチの良い口コミ・評判1

とてもワンちゃんの食いつきが良く、残さずに食べるという口コミがあります。この口コミからわかる点は、ワンちゃんによっては野菜が含まれているドックフードを好まないワンチャンもいる中、野菜が含まれているドックフードを食べても残さない犬種が割と多いということです。ご存じかと思いますが、本来犬という生き物は、野菜というものを食すことはほぼありません。なぜなら、野菜という食物繊維は、あくまで体内に詰まった便を排出するためにやむなく食べる物なので犬自体はそれほど野菜を栄養であると認識しておらず、ましてや生きるために食べるものという認識すら薄いのです。そうしたものを食べるということは、野菜の調理法などにおいてペットが食べやすいよう何か工夫をしているとみてよいでしょう。

ブッチの良い口コミ・評判2

太り気味だった、ワンちゃんに与えたところ以前の様にスマートになったという口コミがあります。この口コミについては、おそらく食物繊維をある程度含んだペットフードである点、カロリーを抑えに抑えた商品である点が有効に働いたと思われます。逆を返しますと普段与えていたドックフードのカロリーが高すぎていた可能性も否定できないので、このケースの場合、飼い主が与えていたペットフードのカロリーが実は自分のペットにあったものではなかったケースも考えられます。と言いますのも、ペットフードは、商品寿命を延ばすためにドライフードという形で商品を提供するんですが、ブッチの場合、ドライフードではありませんので飼い主側が調整することで栄養をコントロールすることが可能です。無論、カリカリタイプのドックフードも同じなんですが、問題はカロリー計算を間違いやすい点が通常のドックフードでブッチの場合は、何回に分けて与えるようにと指示がありますので指示さえ守れば、ダイエット食品になり得るということです。

ブッチの良い口コミ・評判3

口コミの中には便が臭くなくなったというものがありました。これはおそらくですが、以前のペットフードは、臭いが強く発生するものを原料にしていたがゆえ、便のにおいが強くなったのだと思われます。つまり、ペットフードは食いつきを重視した場合、犬が生きるためのエサである肉というものばかりを取り入れることになるんですが、これをしてしまうとおのずと便が臭くなるのです。逆に、ペットの栄養バランスを考え野菜を炒れたりすると肉の量が減りますので、便のにおいはおのずと薄れるというわけです。よって、ブッチを与えたら、便のにおいが臭くなくなったということはあり得る話で、以前のペットフードの成分が肉オンリーだったものから野菜が入ることで臭いが軽減したのだと思われます。

ブッチの良い口コミ・評判まとめ

ブッチの口コミの良い評判のまとめについては食いつきの良さとカロリーの低さが評判として挙がっています。食いつきの良さについては、ブッチ自体がカリカリフードではないがゆえ、食いつきが肉の食感があるがゆえ、食いつきが良いのだと予想します。そのうえでカロリーが低いという点は、ブッチは、ペットフードの中に野菜も配合しているため、おのずとカロリーは減少し、高カロリーなドックフードではない上、餌自体の与えか他も細かく設定されているがゆえ、太りにくい低カロリーなドックフードであるということです。そして、便のにおいが薄くなるのも、ドックフードの中に野菜が入っているからで、野菜が入っているがゆえ、肉特有の便のにおいが薄れたのだということになります。

悪い口コミ

ブッチの悪い口コミ・評判1

ブッチの悪い口コミについては、値段が高いという率直な意見が多いです。これについては、5キロでも5000円を超えるうえ、800グラムにおいても1000円を超えるペットフードである点が口コミにおいて不評となっています。ただ、完全なウェットフードと比較した場合、案外と安い金額で半ウェットであるということを考えた場合、あながち高額すぎるペットフードであるというわけではありません。ただ、保存期間の短さとドライフードのように安易に保存できず冷暗所で保存を必要とすることを考えた場合、飼い主の負担が増えるというのは事実なので、飼い主がペットフードの保存を考えた際の手間を考えますと評価は悪くなるのは当然であるといえます。

ブッチの悪い口コミ・評判2

ブッチの悪い口コミにおいて、えさを食べないというものがあります。この問題については、ペットであるワンちゃんが人間と同じものを食べていた場合、まず、どのような餌も食べなくなるケースが多いです。つまり、舌が肥えるというもので、ワンちゃん側もよりスパイシーで刺激がある物を餌であると認識しますので、ブッチのように自然由来の食材をそのまま調理して味付けなどをしていないドックフードは物足りないがゆえ食べないということです。このケースの場合、残念ですが、どのような餌も食べなくなり、よほど空腹にならない限り、肥えた舌を強制することは難しいと思われます。それ以外で食べない場合、単純に臭いが好みでないという問題があり、ドライフードのにおいになれている場合、半ウェットのドックフードの臭いについて好き嫌いが出ることもあり得ます。

ブッチの悪い口コミ・評判3

ブッチの悪い口コミにおいて保存が面倒だという意見があります。と言いますのも、この商品は実は、半ウェットなので半分生ものなので冷蔵庫で保存が必要ということで管理が面倒であるという意見もあります。しかも、保存料が含まれていないため、実質人間が食べる冷蔵庫に入っている食材と同じような日持ちしかしないので、開けてしまうと途端に劣化することを考えた場合、食べきりというものを考えなければならず、その日のうちに全部消費できなかった場合廃棄するということも考えねばならないのです。そのため、廃棄することと保存することの両方を買主は考えなければならないため、通常のドックフードと比較した場合飼い主にかかる負担が増加するという問題があります。

ブッチの悪い口コミ・評判まとめ

ブッチの悪い口コミについては値段と、食べないという点、そして保存が面倒であるという点です。まず、値段については、ドライフードと、ウェットフードの中間なので、高いという点においては仕方がない部分があります。問題は、食べないという点が問題で、半ウェットフードは比較的食べやすいドックフードであるに対して食べないわけですからこれは、ペット側が人間と同じものを食べているケースもあり得ます。そうした場合、どのようなドックフードも食べないのでこの問題も比較的、解決法はありません。そして最後の保存が面倒であるという部分は仕方がない部分が多く、生ものの商品ですから、開封したら食べきること、そのうえで、長期保存はあまりできないことを考えた場合、飼い主側に負担がかかる点については仕方がないということを考えた場合、面倒である、ドックフードであるということになります。

【ドッグフード】ブッチの成分・どんな効果が期待できる?

効果

ブラック・レーベル

ブラックレーベルは、ラム肉や牛肉にとりなどが主原料なペットフードになります。これは、食いつきを重視したペットフードで、肉が大好きなワンちゃん用のエサになります。反面に、動物系の肉があまり好みではないタイプのワンちゃんの場合、ブルーレーベルという魚の肉が主なドックフードのほうがおおすすめです。なおブラックレーベルであっても野菜は含まれており、排便において有効に左右するお野菜が含まれていますので、よくありがちな、肉の食べ過ぎにより、腸がうまく動かず排便がうまくいかないという問題はありません。なお、この商品はどちらかというと、成犬用で老犬の場合は消化の良いものが豊富なホワイトレーベルのほうがおすすめになります。

ホワイト・レーベル

ホワイトレーベルは赤身ではない肉類を使用した消化を重視したワンチャン用のペットフードです。豚肉や鶏肉のように消化に良いものが重視されたモデルのエサになり、こちらの商品についてはどちらかというと、成犬から年を取り、食べる量が少なくなったワンちゃん用のペットフードになります。なお、この商品は、半ウェットフードになりますので、硬くなく、老犬と言える年齢のワンちゃんでも十分に食べることができるかたさなうえ、人間でも食べることが可能なので、硬さについては、人間でも十分に髪切れるかたさになりますので硬い部類には入らないペットフードになります。なお、消化を重視していますが、それと同時に排便のことについても考えられており、野菜を含ませることで排便を促すよう設計しています。

ブルー・レーベル

主原料が魚な半ウェットフードです。魚を主原料としているため、低カロリーでかつ肉特有のにおいを嫌うワンちゃん用です。反面、栄養価が低すぎるという問題が出そうに見えますが、そのようなことはなく、高い栄養価がある魚を成分にペットフードを作っているため、魚であっても十分な栄養を秘めたペットフードになります。なお、こちらの製品も野菜を含んでいるため、排便を促すことを目的にしており、肉類を多く含んだペットフードにありがちな排便がうまくスムーズにいかないという問題を解決している商品になります。こちらは、ブラックレーベルの肉類よりも若干ながらカロリーが低いので、太り気味なワンちゃんのダイエット用のドックフードとして使用してみてもよいのではないかと思われる商品になります。

【ドッグフード】定期コースの解約方法

解約方法

ブッチの解約

ブッチの解約は、公式サイト上から解約を申し出て解約です。そのうえで、発送済みの商品については解約をしても商品はお届けになりますので注意しましょう。ブッチでは、商品のお届け10日前であれば、商品をお届けすることなく解約が可能です。なおブッチでは、解約につきましては手数料などの支払いはありません。また、ブッチの解約につきましては、公式サイトから商品を購入したお客様のみが有効で他社の通販サイトにおいては、他者の通販サイトで解約をする必要性はありません。無論、他者の通販サイトの利用を注視して他者の通販サイトを解約したい場合は、他者の通販サイトのサービスセンターで解約を申し出れば通販サイトの利用者情報を抹消後解約となります。

【ドッグフード】ブッチの購入方法と価格

お得な購入方法

ブッチの店舗と値段

ブッチは、店舗というものにおいては、大型のショッピングセンターであれば商品を海外から輸入して取り扱っています。代表的な店舗においてはイオンなどがまさに取り扱っている店舗になります。他にもペットウィズというペットショップでも取り扱っていますが限定的でイオンにおいても実は限定的ですべてのお店で購入できるわけではありません。なので、実店舗での購入においてはイオンを探してみてなければ、ペットショップという流れになりますが、ペットショップでも取り扱ってない場合取り寄せという形で取り寄せるしか購入するすべはないでしょう。なお取り寄せる場合、ネット通販での取り寄せになりますので、自分で公式サイトから購入して取り寄せるという方法が手っ取り早い方法でしょう。

【ドッグフード】ブッチの安全性

副作用や安全性

ブッチの賞味期限

ブッチの賞味期限は未開封であれば、9か月です。一年ではありませんので注意しましょう。また開封後は、その日のうちに使用するのが望ましく、冷蔵庫にて保存です。なので、直射日光が当たる場所や常温での保存はブッチはできません。なぜなら、ブッチは生ものになりますので、冷蔵庫に入れて保存しないと劣化してしまうペットフードです。しかも人間も一緒に食べることができる商品になりますので実質、この商品は人間が食べるハムやソーセージに近い商品になります。よって、保存については、9か月が目安でそれ以降については食用には向かない商品になります。

【ドッグフード】ブッチの与える量

ブッチの給餌量

ブッチは成犬であれば、一日に4回に分けて○○一本を使い切る形で使用するとよいでしょう。逆にシニア犬の場合、一割程度が残るように与えるのが望ましい方法です。そして、妊娠しているペットの場合は、一割増で与えるのが望ましいので、1本と本の数量を合わせて与えるというのが良いでしょう。なお、幼犬場合は、食べることができることを確認してから、回数を分けて与えるのが望ましく、○○一本か半分程度を与えるという形で与えるとよいでしょう。なお、一応余ったブッチについては冷蔵庫で保管すれば2から3日程度であれば日持ちすると言われていますがその日のうちにすべてを使い切った方が望ましいので、余ったものは別のワンちゃんにおやつとして与えるという考え方でもよいでしょう。

ブッチのドッグフードの口コミまとめ

ブッチのドックフードは、いわばドライフードとウェットフードの中間のエサになります。だから、一応製品寿命は未開封であれば、長いんですが、問題は冷蔵庫で保管する点にあり、これを怠ると劣化が早まりますので注意です。食いつきについてはより自然な肉に近いのがこの商品の特徴になりますので食いつきに関してはお肉が好きなワンちゃんであれば、高い食いつきを示すドックフードです。ただ、それでもワンちゃん自体に好き嫌いがあることは承知の上になりますので、ブッチでは、どのお肉が好きなのかということで、ブラックレーベルやホワイトレーベルに、ブルーレーベルという形でお肉の好み分けをしているのです。この見分けをしていますので飼い主側でワンチャンの好みに応じたブッチのペットフードを与えてあげるとよいでしょう。