【脱毛中に生理きたら?】生理前・生理中・終わりかけは脱毛できる?どうすればいい?

脱毛前に生理がきたらどうすればいい?

脱毛中 生理きた

生理中は脱毛は可能ですがVIOの施術はできません

生理中は脱毛の施術自体が受けられないというイメージを持っている方もいるでしょう。ですが生理中だからといって、脱毛の施術自体が受けられないということはありません。長い期間で定期的に施術を受けにサロンへ行くことを考えたら、予約日と生理の日付がかぶってしまう可能性もあります。日付がかぶってしまった場合でも、基本的には脱毛の施術を受けられるという点を押さえておきましょう。ただし基本的に生理中でも施術が受けられるといっても、VIOの施術だけは受けられません。生理中の場合、VIOは衛生面の観点だけではなく、ベッドや脱毛器に経血がついてしまうなどの理由から施術ができないのです。さらに生理中はホルモンバランスが崩れるという意味でも、刺激に敏感なVIOの脱毛には向いていません。

施術に不安がある場合はサロンやクリニックに問い合わせをしてみましょう

生理中にVIO以外の部位なら脱毛の施術が受けられるといっても、施術を受けることに対して不安を感じているという方もいるでしょう。もしも何らかの不安を感じているのであれば、1人で考えるのではなく、施術を受けるサロンやクリニックに問い合わせしてみるのも1つの手です。不安な思いをサロンやクリニック側に相談することで、どのような対応が適しているのか一緒に考えてもらえます。また施術を受ける部位や施術の内容によっては、生理中の施術が適していないというケースも見られます。生理中に無理に施術を受けて何らかの悪影響が出ることがないようにするためにも、施術日が生理と重なってしまったときには、できる限りサロンやクリニックに相談することを忘れないようにしましょう。

生理中は肌が敏感になったり体調が不安定なため予約をキャンセルすることも検討しましょう

生理中の脱毛で特に注意が必要なポイントとなるのが、生理中は肌が敏感になるもしくは体調が不安定になる方もいるという点です。自分では体調の変化もないので問題ないと思っていても、実際に施術を受けたら、普段より肌が敏感になっていて肌トラブルにつながってしまったという方もいます。そのため予約日と生理が重なってしまった場合には、肌トラブルや体調の変化を防ぐために、予約のキャンセルを利用するのも1つの手です。予約をキャンセルするとキャンセル料が発生するので、生理中でも施術を受けたいという方もいます。ですが体調に変化が出てからでは遅いので、臨機応変な対応が必要です。キャンセル料が不安なら、当日でもキャンセル料が無料、もしくは前日までのキャンセルならキャンセル料が無料のサロンを選びましょう。

生理中に脱毛するリスクは?生理中に脱毛すると脱毛効果が低くなる?

生理中の脱毛のリスク1・肌が敏感でトラブルを起こすリスクがある

生理中の脱毛におけるリスクの1つが、通常時と比較して肌が敏感になっている場合が多いという点です。脱毛の施術を受ける場合、少なからず肌に刺激を与えることになります。普段の状態なら脱毛の刺激を受けても痛みを感じたり赤くなったりすることがない方であっても、生理中で肌が敏感になっている場合、肌トラブルが起きるリスクがあります。トラブルがあってから後悔することがないように、肌が敏感になっていて不安なら、予約のキャンセルも含めた対応を検討することが大切です。比較的予約が取りやすいサロンやクリニックであれば、生理の期間と重なったことによる急な予定変更であっても、スムーズに対応してもらえる可能性が高くなります。少しでもリスクを避けるようにしましょう。

生理中の脱毛のリスク2・ホルモンバランスの影響で毛周期のサイクルが乱れ脱毛効果が得にくい

脱毛の香を得るために施術を受けに行っているにも関わらず、生理中に脱毛の施術を受ける場合には、脱毛の効果が得られにくくなってしまうこともあります。実は生理中の場合には、ホルモンバランスが普段とは異なる状態になっているため、毛周期が乱れてしまうかもしれません。基本的に脱毛の施術というのは、毛周期に合わせて施術をすることで効果を感じられるものです。そのため毛周期が乱れた状態で施術を受けると、脱毛効果が得にくくなってしまうケースも見られます。せっかく施術を受けても、脱毛の効果があまり感じられなければ、無駄な費用を支払ったと感じる原因にもなります。少しでも高い効果を得たいなら、生理中の脱毛は避けるのも1つの手です。

生理中の脱毛のリスク3・生理中は体調が不安定で痛みを強く感じることがある

生理中に腹痛や頭痛を感じるなど、普段と比較すると体調が不安定になってしまうという方も多くいます。体調が不安定になりやすいという場合には、生理中の脱毛の施術には注意する必要があります。実は体調が不安定な生理中に施術を受けると、普段は痛みをあまり感じない方であっても、痛みを強く感じるケースも見られます。普段より痛みを感じてしまうと、脱毛部位が気になる、もしくは腫れや赤みなどの原因になるかもしれません。少しでも痛みを感じるリスクを避けたいなら、生理中の脱毛を避けるのも選択肢の1つです。自分の体調の変化などを考慮しながら、生理中でも施術を受けるかどうか決めましょう。無理をしないで行動することが大切ということも忘れてはいけません。

生理前・生理中・終わりかけでも脱毛はできる?バレない方法や注意点は?

生理前は脱毛可能ですが肌が敏感でトラブルを起こすリスクが高くなる

生理中だけではなく、生理前に脱毛の施術を受けたいという場合にも注意が必要です。基本的に生理前といっても、生理が来ていない段階になるので、脱毛の施術自体は問題なく受けられます。しかし人によっては、生理前であったとしても肌が敏感になってしまう方もいます。生理前から肌が敏感になってしまうという方であれば、生理中ではなく生理前の段階であっても、脱毛の施術を受けることで肌トラブルを受けるリスクが高くなります。実際に生理前で肌がどのくらい敏感になるのかという点には、人によって個人差が存在しています。そのため生理前に脱毛の施術を受けるかどうかは、自分の体調の変化を見ながら考えていくことが大切です。少しでも不安がある場合には、予約の変更も含めて検討するようにしましょう。

生理中に生理がきた時の対応は?

紙ショーツで対応してくれます

脱毛の期間中に生理が来てしまった場合、施術を受ける部位によっては自分の下着をつけたままでは施術が受けられません。そのような場合でも施術を断られるのではなく、紙ショーツで対応してもらうことが可能です。紙ショーツの対応が必要になるという場合であれば、事前に利用するサロンやクリニック側に確認しておくことも忘れないようにしましょう。生理中であることを事前に伝えておくことで、サロンやクリニック側から注意点などを伝えてもらえます。

VIOの施術はできません

生理中でも脱毛の施術を受けられるといっても、全ての場合で施術が受けられるというわけではありません。経血している状態になるため、VIOの施術は生理中だと受けられないという点を理解しておきましょう。もしもVIOの施術の予約日が生理とかぶってしまった場合には、早めにサロンやクリニック側に連絡することが必要です。早めに連絡することで、別の部位の施術への変更や予約の変更などの対応を行ってもらえます。また当日の予約キャンセルはキャンセル料が発生するサロンやクリニックもあるため、早めの連絡を忘れないようにしましょう。

脱毛中に生理になってしまう事もあるのでスタッフは慣れているので安心してください

脱毛を受けている最中に生理が来て焦ってしまう方もいるでしょう。そのような場合にはどうしたらいいかわからず困ってしまう方もいますが、脱毛サロンもしくはクリニック側のスタッフは、脱毛中に生理になってしまうというトラブルにも慣れています。スタッフ側が慣れているので、焦ることなく、どのように対応したらいいのか相談して指示に従いましょう。紙ショーツでの対応など臨機応変に対応してもらうことが可能という点を理解して、慌てずに対応することが大切です。

生理中に脱毛したい!バレない方法は?

VIOの施術がある場合はバレてしまう

生理中といっても体調に変化はないため、バレずに施術が受けられると考えている方もいるでしょう。ですがVIOの施術を受けるという場合には、生理中だとバレずに施術を受けるのは不可能です。そもそも生理中だとVIOの施術は受けられないため、隠そうとするのではなく、事前に相談することが大切です。生理の日とかぶって予約変更するのは、脱毛サロンやクリニックでは珍しいことではありません。そのためVIOの施術を受ける予約をしているなら、予約のキャンセルや変更を検討するのも1つの手です。

VIOの施術がない場合はナプキンやタンポンを使用して施術台を汚さないようにしましょう

生理中だとバレずに脱毛の施術を受けたいという場合、VIOの施術がない場合であれば、生理中であることを申告しなくてもそのまま施術を受けられるケースもあります。ですが経血で施術台を汚してしまったら、サロンやクリニック側に迷惑がかかります。ナプキンやタンポンを適切に利用して、経血による汚れで迷惑をかけないように注意しましょう。また生理中の場合、肌が敏感になって痛みを感じやすい、肌トラブルに発展しやすいなどのリスクがあることも忘れてはいけません。

生理の終わりかけに脱毛したい!バレずにできる?

VIOの施術は足を広げるのでバレます

生理が始まったばかりではなく、終わりかけのタイミングであれば、サロンやクリニック側に生理中だとバレることなく施術が受けられると考えている方もいます。しかし生理の終わりかけのタイミングであったとしても、VIOの施術の場合には、足を広げることになるので生理中だとバレてしまいます。生理中だとバレるとVIOの施術がその日は受けられず、キャンセル扱いになるケースも見られます。キャンセル扱いで1回分の料金が消化などの対応とならないように、生理の終わりかけでもキャンセルや予約変更などの対応をしましょう。

経血がつくと衛生的に良くないので生理であることを伝えましょう

脱毛サロンやクリニックにとって大切なポイントの1つが、衛生管理に気を使うという点です。特に生理中の場合、経血が施術台についてしまうと、衛生的に良くないので注意が必要です。自分だけ気を付けていればいいと考えるのではなく、迷惑をかけないようにするためにも、生理であることをサロンやクリニック側にしっかりと伝えるようにしましょう。生理中は肌が敏感になって刺激を受けやすい状態だからこそ、衛生面だけではなく、自分の身体を守るためにも生理中だと伝えることが大切です。

生理周期を把握して脱毛の予定を立てましょう

生理周期をしっかりと把握してスケジュールを立てましょう

VIO以外の部位であれば、生理中であっても脱毛の施術を受けること自体は可能です。ですが生理中は肌が普段より敏感になっている、体調の変化が出やすいなどの理由から、普段とは痛みの感じ方が異なるなどのリスクが存在しています。それらのリスクを避けるために大切なポイントとなるのが、脱毛のサロンもしくはクリニックの予約日に注意するという点です。普段から生理周期をしっかりと把握できていれば、生理周期に注意して脱毛のスケジュールを立てられます。生理周期に合わせて脱毛のスケジュールにすることで、生理の日と脱毛の施術の日がかぶるリスクを避けられます。予約前に生理周期をよく確認して、どのような日程なら問題がないか考えることを忘れないようにしましょう。

生理不順な方は当日キャンセルなどの枠を狙うのがおすすめ

生理周期を元に脱毛のスケジュールを決めたいと考えていても、生理不順のため生理周期に合わせて計画を立てるのが難しいという方もいるでしょう。生理周期に合わせた計画が難しいという場合であれば、当日キャンセルなどの枠を狙うのも1つの手です。当日キャンセルの枠を狙う方法であれば、生理が来ていなくて仕事などのスケジュールにも予約があるタイミングを狙って予約を入れやすくなります。急な仕事で予定の変更が多い方であっても、当日キャンセル枠を狙う方法なら都合がいいタイミングをピンポイントで狙って予約が可能です。生理不順だから脱毛の施術を受けるのが難しいと考えるのではなく、生理不順という場合であっても、問題なく施術が受けられるタイミングを狙う方法を考えていくことが大切です。

キャンセル可能期限やキャンセル料の有無を事前に確認しましょう

脱毛の予約日に生理が重なってしまうのは、誰にでも起こる可能性があります。大切なのは生理が来てしまうことではなく、脱毛の予約と生理期間がかぶったときに、どのように対応するべきかという点です。実際に脱毛の予約日と生理のタイミングが同じになってしまった場合、予約自体をキャンセルするという選択肢があります。そこでキャンセルする場合に備えて、脱毛サロンやクリニックを利用する場合には、事前にキャンセル可能期限やキャンセル料の有無の確認をしておきましょう。いつまでにキャンセルが可能かという点は、利用するサロンやクリニックによって異なります。またキャンセル料についても、当日の予約2時間前などのところもあれば、前日までのキャンセルでキャンセル料が無料のところもあるなど対応が異なるため、個別の確認が欠かせません。

生理後6日間は脱毛による肌トラブルのリスクが少ない

生理前や生理中は脱毛の施術で肌トラブルなどが起きるリスクが高いと聞くと、どのようなタイミングを狙って脱毛の予約をとったらいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。実際に生理前や生理中は、脱毛による肌トラブルが起きやすい方も多くいますが、生理後6日間であれば、脱毛による肌トラブルのリスクが少ないという特徴があげられます。そのため少しでも肌トラブルが起きるリスクを減らしたいなら、自分の生理周期を確認しながら、生理後6日間のタイミングを狙って予約を取るのも1つの手です。ですが生理周期は、体調の変化やストレスなどによって多少変化する可能性もあります。そのため生理周期が多少前後する可能性があるという点も理解したうえで、生理周期に合わせた形で予約を取ることを忘れないようにしましょう。

脱毛中に生理きた/生理前・生理中・終わりかけの脱毛についてまとめ

脱毛中に生理が来てしまった場合でも、紙ショーツなどで対応してもらうことが可能なので、問題なく施術を続けてもらうことが可能です。また生理の期間と脱毛の予約日がかぶってしまったという場合であっても、予約の変更をせずにそのまま施術を受けることが可能です。ただしVIOの施術の場合、生理中は施術が受けられないので注意しましょう。また生理前や生理中のタイミングでは、肌が通常時より敏感になっていて、施術を受けると肌トラブルが起きやすいというリスクが存在しています。肌トラブルが起きるリスクを少しでも減らしたいなら、予約のキャンセルや変更を検討するのも1つの手です。当日の予約キャンセルでもキャンセル料が無料のサロンやクリニックもあるため、キャンセルの可能性があるなら、キャンセル可能期間やキャンセル料の有無も事前に確認しておきましょう。

関連ページ:【銀座カラーの全身脱毛料金】仕組みは?料金プランや料金総額はいくら?