【犬にバナナをあげて大丈夫?】食べてもいい量や正しい与え方

犬にバナナをあげても大丈夫?正しく与えれば大丈夫です!

犬にバナナをあげても大丈夫!バナナはビタミン・ミネラルを豊富に含む健康食

バナナは犬に与えてもいい食べ物なのか判断に迷ってしまいますが、基本的に犬にあげることは問題ありません。主食にするようなものではありませんが、おやつとして与えている人も多いです。バナナには甘味があるので、好んで食べたがる犬もいます。また、バナナはビタミンやミネラルといった栄養素が豊富で、健康食にもなります。ビタミンやミネラルは犬にとって、体の調子を整えるのに欠かせない栄養素です。ビタミンやミネラルが不足すると、体に不調が生じることもあります。バナナはスーパーマーケットなどで手軽に購入することができますし、価格もリーズナブルです。手で皮をむけばいいので、包丁などを使う必要もないので手軽に与えることができます。

犬にバナナを与える際の注意点1・フルーツアレルギーの症状に注意

フルーツアレルギーの症状とは/皮膚のかゆみ・唇・舌・口内が腫れるなど

犬にバナナを与える時には、フルーツアレルギーの症状が出ていないか気を付ける必要があります。フルーツアレルギーの症状には、第一に皮膚にかゆみが生じることが挙げられます。皮膚をかゆがる仕草を見せた時には、注意深く観察する必要があります。それから唇や舌など口内が腫れてしまったり、くしゃみを何度もしているとか目が充血している等もフルーツアレルギーの症状であることが考えられます。また、下痢や嘔吐といった症状が出ることもあります。特に初めてバナナを与える場合には、一度に沢山あげるのではなく少量を与えるようにします。アレルギーを引き起こす原因となるアレルゲンを摂取する量が多いと、アレルギー症状も強く出てしまうからです。

犬にバナナを与える際の注意点2・ダイエット中や太りやすい犬は注意しましょう

バナナは糖分が多い

バナナは果物の中でも、糖分が多い果物です。そのためエネルギーを補給するのには最適で、スポーツをした後にバナナを食べるという人もいます。バナナは消化吸収がしやすいので、失ってしまったエネルギーを体に素早く摂り入れられるからです。ただし、糖分が多いということは糖分を過剰に摂取してしまいがちです。特に運動するのがあまり好きではないという犬の場合、バナナを与えることで糖分が過剰になってしまうことが考えられます。

バナナは高カロリー

バナナは他の果物と比較すると、高カロリーでもあります。バナナ1本のカロリーは86キロカロリーとされており、ご飯に換算するとお茶碗半分くらいのカロリーになります。あまり大したことないと思われるかもしれませんが、人間よりも体が小さい犬にとってはかなりの高カロリーになります。特に小型犬の場合には、カロリーの摂取し過ぎには特に注意する必要があります。バナナは甘くて食べたがる犬も多いので、ついつい与えすぎてしまうという飼い主も多いです。

体重増加がみられないか注意して見ましょう

バナナは糖分が多く高カロリーな食べ物なので、バナナを与える時は体重が増えていないかをチェックする必要があります。バナナを与えても体重が増えていなければ、特に問題がないということです。その反対に体重が増えてしまっているようであれば、カロリーの摂取しすぎということになります。その場合には、バナナを与えることを控えた方がいいでしょう。太ったかどうかは見た目でも判断できますが、やはり体重計などで計った方が確実です。

犬にバナナを与える際の注意点3・糖尿病の犬は獣医に相談してから決めよう

犬の中には、糖尿病を患っているということもあると思います。糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンが不足し、血糖値が上がって白内障や腎不全などを引き起こすこともある病気です。人間でもよく知られていますが、犬にも糖尿病は存在します。糖尿病になる理由としては遺伝的な要因も挙げられますが、生活習慣病なので肥満や食生活が大きく影響します。バナナは糖分が多く高カロリーなので、自己判断でこれくらいなら大丈夫だろうと与えてしまうのは危険です。そのため糖尿病の犬にバナナを与えたいと思ったら、まず動物病院で獣医師に相談してみるようにしましょう。獣医師は犬の状態を把握した上で、食事や運動についてアドバイスをくれます。

犬にバナナを与える際の注意点4・食事の一部として少量ずつ与える

犬にバナナを与える際には、食事の一部として少量ずる与えることが重要です。まず与える量を調整し、肥満にならない程度にあげるようにします。量が多すぎると糖尿病になる恐れもあるので、沢山食べたがっても少量にしておきます。また、そのまま与えると喉に詰まらせてしまうことがあるので、小さくカットして食べやすいようにしてから与える必要もあります。特に小型犬の場合には、喉に詰まらせるリスクが高いです。バナナをすりつぶしてあげると、消化や吸収しやすくなります。それから注意が必要なのは、バナナの皮を誤飲しないようにすることです。バナナの皮は硬いので、胃腸などで詰まってしまうことがあります。そのため必ず皮をむいてから与えるようにしましょう。

犬にバナナを与えるメリット・デメリット

バナナを与えるメリット1・栄養素が豊富

犬にバナナを与えるメリットとしては、栄養素が豊富に含まれていることがあります。不足しがちな栄養素を手軽に補うことができます。バナナには、糖質やアミノ酸、食物繊維、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどの栄養素がバランスよく豊富に含まれています。一口にビタミンといっても一種類ではなく、ビタミンB1やビタミンB2、ナイアシン、葉酸、ビタミンB6等色々な種類が含まれています。バナナの栄養素の特徴はバランスが良いことで、犬だけではなく人間にも人気の高いフルーツです。沢山ある果物の中でも、バナナは最も消費量が多いと言われています。朝食にバナナを食べるという人も多いですし、おやつとして食べている人も多いです。

バナナの栄養素1・カリウムのはたらきについて

バナナに含まれるミネラルの一つにカリウムがあります。バナナにはカリウムが豊富に含まれています。カリウムは塩分であるナトリウムとセットで働く栄養素です。カリウムには、ナトリウムを排せつする働きがあります。それにより血流を良くして血液をサラサラにする効果が期待できます。そのためむくみの解消につながったり、運動中に筋肉がけいれんしたりするのを防ぐ効果もあります。バナナを食事に取り入れることで、体の調子を整えるのに役立ちます。

バナナの栄養素2・食物繊維のはたらきについて

バナナには、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には水溶性と不溶性があり、それぞれ異なる働きを持っています。水溶性の食物繊維は、水に溶けてドロドロの状態になり腸内で糖質などの吸収を緩やかにします。不溶性の食物繊維は、腸の内容物を吸着して便のかさを増やす働きがあります。排せつを促します。どちらも排せつを促すことには変わりがなく、便通を良くして便秘を解消するのに役立ちます。バナナには不溶性食物繊維の方が多く含まれますが、水溶性食物繊維も含まれています。そのためどちらの食物繊維も摂取することができます。

食物繊維は腸内環境を整え被毛を美しく保つ・体臭を抑える・涙やけを予防するなどの効果がある

バナナに含まれる食物繊維には、腸内環境を整える効果があります。腸内環境が良くなることでお通じが良くなりますし、被毛を美しく保つ効果もあります。体に老廃物が溜まっている状態だと、被毛に艶がなくなってパサついたりすることもあるかです。それから腸内環境が良くなれば、気になる体臭が抑えられるという効果もあります。また、涙やけを予防する効果もあるとされます。涙やけは、涙が過剰に分泌されることで被毛の色が変わることをいいます。

関連ページ:【涙やけドッグフードランキング】涙やけの原因・改善方法や対策/おすすめのドッグフード

関連ページ:【犬のおしりが臭い!?】オナラ・おしり・涙・目やにが匂う原因と対策

関連ページ:【ロイヤルカナンの口コミ】ドッグフードの評判・評価は?食べてはいけない!?

バナナの栄養素3・糖質(ブドウ糖・果糖・ショ糖など)のはたらき

バナナには糖質が含まれますが、ブドウ糖・果糖・ショ糖といった種類があります。種類によってどう違う働きが違うのかというと、消化吸収されるスピードが違います。消化されやすいのはブドウ糖や果糖で、すぐにエネルギーに変換されます。ショ糖は、ブドウ糖や果糖よりも消化吸収されるスピードが遅く、エネルギーに変わるまでに時間がかかります。そのためエネルギーの補給に関しては、即効性と持続性を併せ持っている果物といえるでしょう。

バナナの栄養素4・ビタミン類(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB3・ビタミンB6・葉酸)のはたらき

バナナには、複数のビタミン類が豊富に含まれています。ビタミンB1は、糖質の代謝をサポートする栄養素です。エネルギーに素早く変換するのを助けてくれます。ビタミンB2は、脂質の代謝をサポートしてくれる栄養素です。毛や皮膚、爪などの形成にも関わっています。それからビタミンB3はナイアシンとも呼ばれており、糖質やアミノ酸の代謝に影響を与えます。皮膚や粘膜の健康を維持するのに必要な栄養素です。ビタミンB6はタンパク質の代謝に関わる栄養素で、葉酸は血液を作るのに欠かせない栄養素になります。

関連ページ:【ブッチの口コミ】ドッグフードの量・食べない?評判は?

バナナの栄養素5・アミノ酸のはたらき

関連ページ:【ドギーマンの口コミ】評判とドッグフードのおやつは危ない?

バナナを与えるメリット2・少量で十分にカロリーが摂れる

犬にバナナを与えるメリットには、少量でも十分にカロリーが摂れることが挙げられます。犬の食欲は様々で、ドッグフードを沢山食べてももっと欲しがる犬もいますし色が細いという犬もいます。食が細い犬の場合、ドッグフードを与えてもあまり食べてくれなくて必要な栄養が摂れていないのではないかと心配になってしまうこともあります。そういった時にバナナは、少しだけでも十分なカロリーが摂取できる便利な食べ物です。甘味があるので犬の方から食べたがることも多く、ドッグフードをあまり食べてくれないという時に重宝します。それから子犬で成長が著しい時期など沢山栄養を取って欲しいという場合にも役立ちます。ドッグフードだと食べる量は限られるけれど、バナナだったら食べてくれるということもあります。

食欲低下の際に少量でカロリー補給ができる

犬にバナナを与えるメリットには、食欲が低下している時に少量でカロリー補給ができることが挙げられます。食欲が低下する原因は色々考えられますが、シニアになると食欲は落ちやすいです。年齢と共に食べられる量が少なくなってしまうので、十分な栄養を補給できないこともあります。そういった時にバナナを普通のドッグフードに加えることで、カロリーを補給しやすくなります。また、体調が悪い時などに食欲が落ちてしまうこともあります。病気などを患った後にはあまり食べられなくなることもありますし、環境の変化などストレスが原因で食欲が落ちてしまうこともあります。そういった時にバナナは手軽に栄養補給ができる食べ物なので、何かと重宝します。

関連ページ:【子犬のご飯の量】食事量・回数など餌のあげ方・いつまでふやかす?

バナナを与えるメリット3・腸内環境を整える

腸内環境が悪化したときの症状1・便秘や下痢

犬の腸は、非常に大切な役割をしている臓器です。消化吸収を促進したり、老廃物や便などを排出する働きがあります。ストレスや疲労、食事などの影響で腸内環境が悪くなると、消化吸収がスムーズに出来なくなります。犬は腸内環境が悪くなると下痢や軟便が続いたり、便秘気味で排便がスムーズにいかなくなることがあります。日頃から便の形状や臭い、色などをチェックする習慣を付けることが大事です。お腹の調子が良くない時は、生活習慣の見直しやドッグフードを変えることも大事です。

腸内環境が悪化したときの症状2・アレルギー

現在はかつての日本とは違って、犬を飼育する環境が大きく変化しています。食生活や生活環境、自然環境なども変化しているので、ストレスやアレルゲンなどの原因で花粉症や喘息、皮膚炎などのアレルギー疾患で悩んでいる飼い主さんが増えています。腸内の環境が良い時は、皮膚の痒み、くしゃみ、咳、鼻水などの症状が改善されていることが多いです。腸内の悪玉菌が増殖していると、体の免疫力が低下してしまい、皮膚の痒み、湿疹などが再発しやすくなります。

腸内環境が悪化したときの症状3・免疫力の低下(風邪を引きやすいなど)

犬の腸内環境が悪くなると、消化吸収がうまくいかなくなったり、老廃物や水分、便なども体内に留まってしまいます。腸内の悪玉菌が増殖すると、代謝が下がったり、体の免疫機能が低下してしまいます。体の免疫機能が低下すると、風邪などの感染症に罹りやすくなります。健康な時は体の免疫力が高まっているので、風邪などの病気に罹りにくいです。体の免疫力が低下すると、花粉症や皮膚炎、喘息などのアレルギー疾患の症状が悪化することがあります。

腸内環境が悪化したときの症状4・おならやうんちが臭くなる

犬の体は大変デリケートなので、ストレスや運動不足、栄養バランスの悪い食事などが原因で、腸内環境が悪くなります。腸内環境が悪くなると、善玉菌よりも悪玉菌のほうが優勢になってしまいます。悪玉菌が増殖すると、臭いの強いおならや便などの原因になります。普段よりも便やおならの臭いが強烈な時は、腸内環境が悪くなっています。安価なドッグフードは、合成着色料や香料などが使われており、脂肪分が多い傾向があります。良質なドッグフードに変えてみるのがお勧めです。

腸内環境が悪化したときの症状5・口が臭くなる

犬はストレスや運動不足、疲労などが原因で、腸内環境が悪くなることがあります。腸は全身の健康、寿命などに関係している大切な臓器です。腸内の悪玉菌が増殖をしており、老廃物や便などが留まっていると、口腔内の環境が悪くなってしまいます。臭いの強いおならや便が出やすくなったり、口腔内に細菌が増殖しやすくなり、ひどい口臭がします。犬は高齢になると、体の免疫力が低下して、虫歯や歯肉炎などの歯の疾患に罹りやすくなります。

バナナを与えるデメリット1・高カロリーのため肥満につながる

バナナは、基本的には犬の体には悪影響のない安全な果物だと言われています。適量であればエネルギー元になったり、ビタミンやミネラル成分、食物繊維が豊富に含まれているので、健康な犬の場合は問題ありません。バナナは、ややカロリーが高めなので、肥満気味の犬、血糖値が高めの犬には、与えすぎは厳禁です。犬の体の大きさによっても、適量が違ってきます。普段の生活では、ドッグフード中心の食生活がお勧めです。バナナを主食にしてしまうと、体に必要な栄養素が不足してしまいます。バナナは、食事に変化を付けたり、健康維持にために適量を食べさせることが大事です。食物アレルギーがある場合は、バナナを食べると良くないので与えないようにしましょう。

ダイエット中や去勢後は注意が必要

犬は去勢、避妊手術後は、ホルモンバランスが崩れやすくなり、性的な衝動が無くなるので、食欲が増進する傾向があります。去勢、避妊手術後は肥満のリスクが上がるので、低カロリーで栄養バランスの良いドッグフードを与えることが大事です。バナナは犬の体に良くないものは、含まれていませんが、カロリーが高いので与えすぎは避ける必要があります。糖尿病や高血圧などの持病があり、ダイエットが必要な犬、去勢、避妊後の犬は、バナナを与えすぎると体重が増加しやすくなります。バナナは糖分が多く含まれているので、食べすぎると血糖値が上がりやすくなります。健康な犬の場合は、適量であれば問題ないですが、ダイエット中や去勢避妊後の犬には注意が必要です。

バナナを与えるデメリット2・食べ過ぎると便秘になる

バナナは不溶性食物繊維、水溶性食物繊維の2種類が含まれています。適量であれば、腸内の環境を整えたり、便のかさを増やしたり、柔らかくする働きがあります。バナナは食べすぎると、逆に便通が悪くなり、便秘気味になることがあります。犬の体質や年齢、体調によっても、腸内の環境が変わってくるのでバナナの与えすぎは良くなりません。お腹の調子が優れず、便秘気味の場合は乳酸菌などの善玉菌が豊富に含まれているドッグフード、サプリメントなどを与えたほうが良いケースがあります。バナナを食べると便秘気味になる場合は、獣医師に相談をすると良いでしょう。バナナを食べると便秘気味になる場合は、体質に合っていない可能性があります。お腹の調子が優れない時は、食べさせないことが大事です。

バナナを与えるデメリット3・皮は与えない

バナナの果実は、適量であれば犬に与えても良いですが、皮は与えないようにしましょう。皮は中毒の原因になる成分は含まれていませんが、消化が良くないので、犬の胃腸に負担が掛かってしまいます。バナナを与える時は、皮ごとは与えずに果実だけを食べさせることが大事です。バナナの皮は、消化が悪いので場合によっては、腸閉塞などを起こす可能性があります。バナナの果実は、基本的には離乳をしている子犬、老犬にも与えることが出来ます。バナナの果実は、安全性に優れていますが、皮膚が痒くなったり、赤くなるなどのアレルギー症状が見られる場合は、与えないほうが良いでしょう。バナナの皮は、犬には食べさせないことが大事です。バナナの果実は去勢、避妊後の犬には与えすぎると肥満の原因になります。

バナナの皮は消化が悪いため与えない

バナナの皮バナナの果実は、犬の体に良くない成分は含まれておらず、ビタミンやミネラル、食物繊維、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。ビタミンCやビタミンB群、葉酸などは、犬の体に欠かせない栄養素なので、適量を食べることで体の調子を整える働きがあります。バナナの皮には、中毒の原因になる成分は含まれていませんが、犬には食べさせないことが大事です。バナナの皮は消化が悪く、固いので窒息などの原因になってしまいます。窒息などの原因になったり、腸閉塞を起こすことがあるので、動物病院の獣医師も与えないように指導をしています。バナナをカットする時は、皮をきちんと取り除いて、果実だけ与えてあげることが大事です。すり潰してあげると食べやすくなります。は消化が悪いため与えない

固く窒息の可能性がある

バナナは基本的には、犬が食べても良い果物なので、健康な犬に適量を与えている人が多いです。ヨーグルトにトッピングをしたり、ドッグフードにトッピングをすることで、食欲が増進させる効果があります。バナナの果実は、離乳後の子犬、老齢の犬でも食べさせても良いですが、バナナの皮は与えないことが大事です。バナナの皮は固いので、犬が窒息をしてしまう可能性があります。バナナを剥いた後は、皮はすぐに片づけておくことが大事です。バナナの皮を置いたままにしておくと、犬がうっかりと食べてしまうことがあります。犬が窒息をしたり、腸閉塞などを起こすことがあるので、皮を食べさせてはいけません。皮は消化が良くないので、食べさせないことが大事です。

皮は犬の手が届かない場所に処理しましょう

バナナはスーパーマーケット、デパートなどでも、1年中購入することが出来ます。ビタミンやミネラル成分、糖分、カリウムなどが豊富に含まれており、栄養価の高い果物です。犬の健康維持、食事に変化を与えるためにバナナを与えている飼い主さんが増えています。バナナは安全性に優れていますが、皮は消化が悪く固いので、犬には食べさせないことが大事です。バナナを剥いた後は、皮はきちんと片付けておき、犬の口に入らない場所に置いておくことが大事です。犬がうっかり皮を食べてしまうと、消化不良や窒息、腸閉塞などの原因になってしまいます。バナナを剥いた後は、皮はすぐに片づける習慣を付けましょう。バナナを与える時の注意点を知っておくことが大事です。

犬にバナナをおいしく食べてもらうコツ/与えてもよいバナナの量は?

犬にあげても良いバナナの量について

超小型犬の場合/バナナの1/4本量(約30g)

バナナは食物繊維、ビタミンC、葉酸、糖質、カリウムなどが豊富に含まれています。犬の体には毒になるものは含まれていないので、適量を食べても問題はありません。バナナは脂肪分が少なく、エネルギーとなる糖質が豊富に含まれています。超小型犬の場合は、バナナの1/4本量30g程度が適量になっています。超小型犬は、体や口が小さいので、バナナは潰して与えてあげると良いでしょう。バナナは適量であれば、健康維持に役立てられます。

小型犬の場合/バナナの1/2~1本(約80~150g)

バナナはエネルギーになる糖質を含んでおり、食物繊維が豊富に含まれているので、便のかさを増やしたり、便秘を改善する働きがあります。基本的には犬に食べさせても良い果物ですが、適量を守って与えることが大事です。小型犬の場合は1/2~1本(約80~150g)が適量なので、それ以上は食べさせないことが大事です。バナナを多く与えてしまうと、お腹が緩くなったり、体重増加などの原因になってしまいます。適量であれば問題はありません。

中型犬の場合/バナナ2本まで

中型犬は、超小型犬、小型犬に比べると体が大きく、筋肉量が多いので体力があります。中型犬の健康を維持するために、適量のバナナを与えてあげるのがお勧めです。食物アレルギー、糖尿病などの病気に罹っていない場合は、バナナ2本ぐらいが適量になっています。初めてバナナを食べさせる時は、少し少なめの量から与えてあげると良いでしょう。バナナはカリウムや食物繊維、ビタミンなどが豊富に含まれているので、適量を食べることで健康維持に役立てられます。

大型犬の場合/バナナ2~3本まで

大型犬は、中型犬、小型犬に比べると体が大きいので、腸内環境を整えたり、健康維持のためにバナナを与えたい人が増えています。バナナはカリウム、ミネラル成分、ビタミン、糖質、食物繊維などの、犬に欠かせない栄養素が含まれています。食べすぎるのは良くないですが、適量であればお腹の調子を整えたり、体の免疫力を高めることが出来ます。大型犬の場合は、バナナ2、3本程度が適量になっています。バナナは優しい甘みが特徴なので、犬が好んで食べることが多いです。

はじめてバナナを与えるときは少量からにしましょう

バナナは栄養価が高く、エネルギーの元になる糖質を多く含んでいるのが特徴です。基本的には、犬の体に害のある成分は含まれていないので、健康な犬には与えることが出来ます。日頃は栄養バランスの良いドッグフード、ウェットフードを中心に与えることが大事です。バナナは健康維持に役立てることが出来ますが、主食の代わりにするのは良くありません。初めてバナナを与える時は、少ない量から始めると良いでしょう。バナナは食物繊維が多く含まれているので、胃腸の弱い犬は食べすぎてしまうと、下痢や軟便などの原因になります。体や口の小さい犬には、バナナをすり潰して、少ない量から与えてあげると良いでしょう。健康面に問題がなければ、少し量を増やしてあげると良いでしょう。

定期的に体重の増加を確認しましょう

犬の体は大変デリケートなので、食事や運動不足、ストレスなどが原因で体調を崩しやすい傾向があります。現在は交通事故、感染症などの病気、怪我などを予防するために、完全室内飼いをしている人が増えています。運動不足気味の犬、去勢手術、避妊手術済みの犬は、手術前に比べると太りやすくなります。肥満を予防するためには、食べすぎは厳禁です。1日に適量のドッグフードを与えるようにしたり、定期的に体重を測定する習慣を付けて下さい。バナナは栄養バランスの良い果物ですが、ややカロリーが高く、糖質を多く含んでいるので食べすぎは厳禁です。犬の体の大きさ、年齢によっても与える量が違っているので、適量を守って与えることが大事です。

フードの代わりに与えるのはやめましょう

バナナはエネルギーの元になる糖質を含んでおり、脂肪分が少ないので、犬の体には安全な果物のひとつです。普段の生活では、低カロリーで高タンパク質、低脂肪の良質なドッグフードを主食にすることが大事です。バナナはドッグフードに比べると、足りない栄養素が多いので、主食の代わりに与えるのは良いことではありません。食欲が落ちている時、食事に変化を付けてあげたい時などに、バナナを適量与えることが大事です。バナナを食べて体重が増加してしまったり、血糖値が上がってしまうことがあります。無添加で安全性の高いドッグフードを中心に与えることが大事です。糖尿病や食物アレルギー、皮膚炎、腸の病気に罹っている犬には食べさせないようにしましょう。

普段のフードのトッピングとして与える

バナナはカリウムやビタミン、ミネラル、マグネシウムなどの、犬の体に必要な栄養素が豊富に含まれています。愛犬の健康を維持するためには、良質で安全性の高い食材を原料にしたドッグフード中心の食生活がお勧めです。犬は体がデリケートなので、暑い時期は食欲が低下しやすくなります。普段食べているドッグフードに、適量のバナナをトッピングしてあげると、食欲が増進しやすくなります。超小型犬、小型犬などはバナナをすり潰して与えてあげると良いでしょう。中型犬、大型犬の場合は、歯が鋭く、口が大きいので食べやすい大きさに切っておくと良いでしょう。バナナはエネルギーになる糖質が含まれているので、夏バテを予防したり、腸内環境を整える働きがあります。

ヨーグルトのトッピングとして与える

ヨーグルトは、牛乳を原料にして作られていますが、発酵させる工程で乳糖が分解されています。犬の体に悪影響のある乳糖が少ないので、安全性に優れており、害のある成分は含まれていません。胃腸の弱い犬、乳製品アレルギーのある犬には、与えないほうが良いですが、健康な犬の場合は適量を与えてあげると良いでしょう。犬の食べさせてはいけない果物もありますが、バナナは基本的には栄養価が高く、犬の体に悪いものは含まれていないです。犬の食欲が低下している時は、ヨーグルトに適量のバナナをトッピングすることで、お腹の調子が整ってきます。ヨーグルトには乳酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれているので、腸内環境を整える働きがあります。

犬にバナナを食べさせて大丈夫?

犬には食べさせてはいけない果物、適量であれば与えても良い果物があります。バナナは、エネルギー元になる糖質を多く含んでおり、脂肪分が少ないのが特徴です。ややカロリーが高いので、与えすぎるのは良くないですが、適量であれば腸内環境を整えたり、健康維持に役立てることが出来ます。初めて犬にバナナを与える時は、適量よりもやや少なめの量にしておくのがポイントです。食物アレルギーがある場合は、皮膚の痒み、赤み、皮膚炎などの原因になるので与えないほうが良いでしょう。健康な犬の場合は、適量であれば、便の傘を増やしたり、腸内環境を整える働きがあります。バナナには、ビタミンCやビタミンB群、葉酸、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれています。