【犬にぶどうは大丈夫?】犬が葡萄を食べてしまったときの対処法/症状や危険性

犬にぶどうは危険!中毒のリスクあり/中毒症状はどのようなもの?

犬にぶどうがNGな理由・中毒のリスクがある

犬にとってぶどうは危険な食べ物です。犬がぶどうを食べると中毒症状を起こしてしまいます。今では愛犬家の多くの人が、犬にぶどうを食べさせてはいけないと認知しています。この情報は比較的新しく、2001年ころから情報として発信されて来ました。今では世界各国の共通認識として知られています。犬にぶどうを与えてはいけない理由は、犬にぶどうを与えると、急性腎不全を引き起こしてしまいます。人間が与えるケースばかりではなく、犬が散歩のときに、拾い食いをしてしまうなど、飼い主が気がつかないうちにすでに重篤な症状に陥ってしまうこともあります。人間がしっかり認識し、注意してあげないと犬は中毒を引き起こす原因を知りません。

NGな葡萄の種類は?デラウェア・シャインマスカット・巨峰・レーズンなど全てNG!

犬が中毒を引き起こす原因とされている葡萄ですが、種類や加工してある葡萄は問題ないのかと言った疑問があります。現在のところでは、まだ詳しいところは分かっていません。例えば、皮がついている葡萄と皮なしの場合なども、まだ明らかではありません。ただ、今の所は、加工品にも注意する必要があります。葡萄ジュースやレーズンパン、レーズンサンドなどにも注意をしなくてはいけません。実際に葡萄ジュースでも中毒の報告があるのです。とくに、干し葡萄は水分が抜けている分、葡萄の成分は凝縮され、生の葡萄より成分が強く残り危険だとされています。犬にぶどうを与えるのは、とても危険とされています。愛犬のためにも、葡萄は加工品も含めて与えないでください。

ぶどうによる中毒が疑われる症状/嘔吐・乏尿・ぐったりする・意識混濁・痛そうに丸くなる

犬がぶどうを食べてしまったときに、多く見られる症状があります。
例えば、急に元気がなくなり、食欲も失せてしまいます。または、嘔吐することもあります。口臭からアンモニアのような匂いがしたり、尿の量が少ないとか、まったく出ていないなど、特有のポイントがあります。背中を丸くしてうずくまり、じっと動かないとないのは、腎臓が痛いのかもしれません。このような状況を見たらすぐに獣医師の元に連れて行って上げてください。意識がすでに薄らいでいる場合は、吐瀉物が詰まらないように顔の向きなど、気配りを怠らないようにしましょう。急性腎不全を疑って、とにかく病院に急ぐ必要があります。日頃から近くに、信頼できるかかり付け医師を見つけておきましょう。

ぶどうによる中毒症状がでるまでの時間/2~5時間ほどで症状が現れる

ぶどうによる中毒症状は、2時間から5時間くらいでなんらかの症状が出るようです。ぶどうを食べたことが明らかなら、すぐに獣医師に相談を仰ぎます。ぶどうのどんな成分が影響するのか、症状を引き起こすのかは、まだ分かっていません。わずかな症状でも飼い主さんには分かる筈です。ぶどうを食べたあとに、いつもとちがう行動や症状に注意して、できれば医師に伝えられるように時系列の記録をとって報告します。ちなみに、舐めた程度では問題がなく『食べた』場合ですが、2g程度でも中毒の症状が出ることがあります。食べたことがはっきりしているなら、症状が出てなくても、病院に行ってください。下痢や嘔吐は顕著な症状です。元気がなく、うずくまった状況ならいち早く医師の指示を仰ぎます。

レーズンや葡萄を一粒でも食べてしまったら早めに受診をしましょう

具体的には、犬の体重1kgに対し4g、干し葡萄であれば1kgあたり2.8gで食中毒を起こしたと記録されています。しかし、中毒症状には、個体差があり、体力の違いもあります。また、成分による判断も現在ではできません。つまり、摂取量では、判断はできないことになります。ちなみに、ぶどう1粒の重さのデータがありました。
マスカットは10gから15g
デラウェアでは、1gから2g
干し葡萄は0.5g程です。
上記から、体重3kgの小型犬の場合は、マスカットのような大粒のぶどうでは1粒でも中毒を引き起こす可能性はあります。干し葡萄なら17.8粒食べると中毒症状を引き起こす要因になります。あくまでも過去のデータによる参考にしてください。

犬にぶどうがNGな理由について/致死量は?

犬がぶどうで中毒症状(急性腎不全)を起こす理由は解明されていない

犬がぶどうを食べると食中毒を起こす事は、すでに知られていますが、なぜ中毒症状を起こすのか、その原因は不明です。まだ解明されていないので、ネットで情報を探しても、なかなかはっきりしたデーターないのです。ぶどうによる中毒症状のひとつに、腎不全があげられています。急性腎不全となれば、高窒素血症、および尿毒症症状が出ている状態です。急激に体調が悪くなるため、見逃してしまうことはありません。急性腎不全は回復までにかなり時間がかかるとされています。更に、また回復が難しい状態になってしまいます。レーズンクッキーなどは保管場所に注意する必要があります。犬に禁止事項を言葉で伝えることができればいいのですがね。今は注意するしかないようです。

ぶどうやレーズンを大量に食べることでシュウ酸カルシウムが形成されやすくなる

人間が何気なく食べている食べ物でも、犬には命に関わってしまう食べ物があります。ぶどうや干しぶどうの他にも、チョコレートや玉ねぎ、香辛料が上げられています。それでは、ぶどうやレーズンを大量に食べるとシュウサンカルシウムが形成されやすくなると言われています。シュウカルシウムは急性、慢性腎臓病を引き起こします。尿路結石の危険因子とされています。犬にとってはとても辛い病気です。急性腎不全を避けるためにも、ぶどうや干しぶどうを大量に与えるのはやめてください。慢性、急性の腎臓病が疑われたら、速やかに医師の診断を仰ぐことをお勧めします。
尿路結石症にかかる原因の80%以上がストルバイトとシュウ酸カルシウムとされています。

急性腎不全とは/どのような状態?

病気の進行速度により、急性腎障害と、慢性腎臓病に分かれます。どちらも進行すると腎不全となり、尿毒症の症状が出てきます。尿毒症は老廃物を充分に排泄できない状況におかれています。急性腎臓病はわずか、数時間から数日と短期間で腎臓の働きが弱り、乏尿や無尿の状況がでます。食欲が落ち、下痢や嘔吐を繰り返すうちに脱水症状を起こします。状態が重くなると、痙攣を起こしたり、体温低下、ナトリウムやカリウム異常を起こします。死んでしまう可能性もあります。
慢性の腎臓病は、長い期間をかけて、腎臓の働きが低下します。水を飲む量が増え、尿量が増します。やがて症状が進むと、嘔吐や痙攣、元気もなくなります。腎不全は早期発見、早期に治療してあげましょう。

中毒は食物アレルギーとは異なる

食物アレルギーは免疫に関係する病気です。食物の成分であるタンパク質が原因となっています。食中毒とはまったく違います。食中毒はウィルスや細菌によるものと、毒きのこなどの毒によるものもあります。こちらは免疫とはまったく関係ないのです。つまり、食中毒と食物アレルギーはまったく別のものです。
犬がぶどうによる食中毒を起こすメカニズムはまだ解明されていませんが、症例は世界中から上がっています。いずれにしろ、ぶどうが食中毒の原因とされていることは間違いないようなので、食べさせないようにしてください。散歩の途中の拾い食いなど、目を配らないといけないですね。愛犬の食べるものは、飼い主がしっかり管理してください。犬は美味しければ、食べてしまいます。飼い主の責任は大きいですね。

関連ページ:【ロイヤルカナンの口コミ】ドッグフードの評判・評価は?食べてはいけない!?

犬にはぶどう・ぶどうを原料にしたジュースやジャムなど全てNG!

「ほんの少しなら」と与えることは、犬の警戒レベルを下げてしまいます。日頃からぶどうやぶどうを原料とする食べものは与えないようにします。食中毒の理由は分かっていませんが、まだ解明されていないと言うことです。食中毒を起こさないと言うことではありません。ぶどうのジュースで食中毒を起こした例は上がっていますし、レーズンを食べた後で発症したケースもあります。どのぶどうが、より強い中毒になるかも、まだ解明されていません。ぶどうのジャムやぶどうを原料としたものも、今の段階ではすべて危険と判断されています。食べることができないなら、味を覚えさせないほうがいいのです。したがって「ほんの少しなら」とは考えないほうが犬にとっては良いのです。

皮つき・皮なしにかかわらずNG

野菜や果物は、皮と身の間に栄養分が詰まっているとなんとなく認識していませんか。犬がぶどうによる食中毒を起こすことは、最近では広く認知されていますが、実際はそのメカニズムはまだ解明されていないのです。ぶどうはマスカットや巨峰などの区別もなく、すべて犬に食べさせてはいけません。今のところ、食中毒を起こすという事実があげられているのです。ぶどうの種類や皮付き、皮なしの区別により、食中毒になんらかの影響はあるかも知れませが、こちらも解明されてあいません。つまり、今のところはぶどうを犬に与えることがNGです。ぶどうが食べられないと、嘆く犬はいません。はじめから味を覚えさせなければ良いのです。ドックフードはたくさんありますから。

レーズンはぶどうの成分が凝縮されているため、ぶどうより危険性が高い

レーズンバターサンド、レーズンパン、犬も好きそうですね。人間のおやつの時間になると、犬もちゃっかり寄って来て、横でハアハアと息を弾ませます。そんな姿にほだされて、つい一口くらいならと、与えたくなります。レーズンなら大丈夫? これはNGです。むしろぶどうの水分が抜けて、なにか、いけない成分が凝縮されて、かえって良くないかも知れないのです。まだ原因が解明されてない以上、当然レーズンも与えないでください。つい少しだけ与えたレーズンパンが犬が好きになったとしたら、食べさせられないことが、とても可愛そうに思えてきます。つまり、分からない以上はレーズンも食べさせてはいけません。食中毒は犬にとっては大きな負担を体にかけてしまいます。レーズンもぶどうも犬にとっては危険な食べ物なのです。

ぶどうジュース・ぶどうジャムなども与えないように注意しましょう

ぶどうジュースは死亡例があります。ぶどうジャムやぶどうジュースのような加工品でも、食中毒に対するリスクは同じようにあるのです。もしかしたら、犬の体質そのものに理由があるかも知れません。無理に食べさせる必要がある食べ物でもないので、ぶどうが食中毒の原因だとされているなら、ぶどうは犬の食べ物から排除しても、問題はありませんよね。犬のために、リスクを犯して食べさせる必要性を感じません。欲しがるようなら、食べているところを見せないでください。また犬が取りやすいところに、ぶどうやぶどうの加工品は置かないことです。犬は空きあらば、人間が食べているものに興味を持ちます。盗み食いで、生命が危険に晒されてしまいます。

ぶどうの中毒症状のリスク/致死量について

犬の体重 巨峰 デラウェア
小型犬(5㎏以下)
中型犬(6~15㎏以下)
大型犬(20㎏以上)

関連ページ:【犬にバナナをあげて大丈夫?】食べてもいい量や正しい与え方

関連ページ:

」犬がぶどうを誤って食べないために飼い主ができること

ぶどうの中毒症状が報告されるようになったのは2001年頃から/多くの飼い主がぶどうがNGだと理解している

2001年ごろから、飼い犬が誤ってぶどうを食べたことによるぶどうの中毒症状が確認されるようになってきています。犬がぶどうを食べてしまうと、食べて数時間で下痢や嘔吐を繰り返してしまいます。その後、急性腎不全を発症するケースもあります。急性腎不全は数時間〜数日で急激に腎臓の濾過機能が低下する病気です。腎不全の初期症状には、体重の減少、食欲の低下などがありますが、急性腎不全は早急に治療をしないと命を落とすリスクが高くなります。最悪の場合、たった1日で命を落としてしまう可能性があります。
チョコレートなどと同じように、多くの飼い主さんは、飼い犬がぶどうを誤食しないように気をつけて生活していると思います。

犬の手がとどく場所にぶどうやレーズンを置かない

ぶどうを誤って食べるのを防ぐために出来ること➀
それは、「犬の手が届くところにぶどうやレーズンを置かない」!
当たり前のことじゃないかと思うかもしれませんが、犬は意外と高いところまで手が届きます。
私も柴犬を飼っているのですが、我が家の柴犬はジャンプ力がものすごく高く、以前ケージの屋根を開けっぱなしにしていたら、1mほどの高さがあったはずなのにもかかわらず、そこから飛び出してきたことがありました笑 犬ってかなり高くジャンプしますよね笑
小型犬でしたらそこまでの心配はないのかもしれませんが、大型犬は立ち上がったら私たちと同じくらいまで手が届きますし、念には念をということでぶどうを机に出しっぱなしなどはしないようにしましょう。

子犬は好奇心が旺盛なため要注意

子犬は特に好奇心が旺盛です。なので要注意しましょう。
子犬はぶどうやレーズンの誤食の他にも色々騒動を起こしませんか?
ちょっと目を離したら大切な書類がぐちゃぐちゃにされていたり、大事な本やぬいぐるみがボロボロにされていたり、、、笑
わたしも何度も経験があります。
でも子犬って自分がダメなことをした自覚があると思うんですよね。怒ろうとしたらすっごく申し訳なさそうな顔でこっちを見てきませんか?
書類や本、ぬいぐるみは仕方ないと諦めることができますが、ぶどうの中毒症状で子犬が命を失ってしまったら、辛いですよね。
そういった悲しい事故を起こさないようにするためにも、飼い主であるわたしたちがしっかり注意して事故を防ぎましょう。

丸呑みすると窒息の危険性がある

ぶどうの誤食によって招かれる事故は、中毒症状だけではありません。
丸呑みすることによって、窒息する危険性があります。
これはぶどうだけではないですよね。ペットボトルのキャップなど、気をつけていらっしゃる方多いと思います。我が家の柴犬も、ペットボトルの蓋を噛むのが大好きなのですが、誤飲してしまったら危ないので絶対に!ペットボトルの蓋を噛むことがないように気をつけています。
余談ですが、ペットボトルの蓋は噛み続けていると尖ってきて、犬の歯茎に刺さって出血してしまうことがあります。出血はすぐに止まりますが、傷口から細菌が入って重体な病気の原因になる可能性もあるので、ペットボトルの蓋には気をつけてください。

飼い主が床に落としたものを食べてしまう

飼い主が誤って床に落としてしまったものを、食べてしまうこともあると思います。ぶどうを食べる際には十分に気をつけてください。
我が家でも、飼い犬の反応速度の速さにはいつもびっくりしています。飼い犬は夕食の時など家族が食事をしているときはいつもダイニングテーブルの下で待機しているのですが、家族がご飯を落としたときに飛んでくる速さはとんでもないです。
我が家で落とすものは白米やブロッコリーなど、犬が食べても大丈夫なものばかりなのですが、犬が食べてはいけないものを落としてしまったらとっても心配です。
味の濃いものなどを食べてしまった際はとても不安な気持ちになります。
なるべく食べ物を誤って床に落とすことがないように、気をつけていきましょう。

デラウェアの皮にも注意

デラウェアの皮にも注意してください!デラウェアとは、俗に言う種無しぶどうのことです。
ぶどうの皮にも、犬がぶどうの中毒症状を発症するには十分な物質が含まれています。
デラウェアは実が小さいので皮の集め忘れなどがあると思います。それを犬が食べてしまったら恐ろしいですよね。デラウェアを食べるときは皮を食べ散らかすことがないように気をつけましょう。犬はどんな些細な皮でも虎視眈々と狙ってきます。
デラウェアは種がなく、小さい子でも食べやすいのでお子様のデザートやおやつなどに出すこともあると思います。お子様が食べたあとの皮にも注意してください。お子様が食べ終わったら、皮を床に落としてないか、しっかり確認してください。デラウェアの皮は暗めなので影に紛れがちです。気をつけてください。

お皿の上で食べる

私たちにとって、アレルギー症状が出る人以外は食べ物はどこに置いておいてもよいでしょう。腐らない限り、私たちはモグモグとできますから。布団の上にポテトチップスを並べるもよし、お風呂の中にゆで卵を浮かべてもよし。私たちはそれらを食べてもすぐに死んでしまうことは、恐らくありません。ですが、飼い犬たちは口にしてはいけない食べ物がありますよね。このご時世に、床の上にブドウを並べてそれを這いずりながら食べる、という異次元の嗜好をお持ちの方がいるとは思えませんが、文明がある以上、私たちは「皿」という利器にブドウを入れ、それを「机」という素敵な家具の上に置くことで、愛犬を不慮の事故から救うことができるのです。

犬がいないときに食べる

そしてもう一つの対処法とすれば、「鬼の居ぬ間に洗濯」ならぬ「犬の居ぬ間にブドウ摘み」です。いくら皿の上に乗せ、飼い犬の届かない場所にブドウを置いたとしても私たちが見ていないところで、あなたの愛犬はオリンピアも驚愕のジャンピングをしてしまうかもしれません。室内犬であったとはしても、本来ならば野を越え山を越える脚力を保持しているものですから、あなたの愛犬たる、例えチワワであったとしても私たちの想像をはるかに超える動きを見せてくるかもしれません。だから私たちは、愛犬の前で罪深きブドウを出さないということが大切になってくるのでしょう。ですが、一番大切なことはブドウを隠れて食べるという事ではなく、愛犬を想う、という事に尽きると思います。

ぶどうを庭で育てている/目を離さないようにする

犬を自分の家の庭に放して遊ばせてあげている人も多いのではないでしょうか。ぶどうを庭で育てている人は要注意です!
飼い犬はぶどうを食べるとぶどう中毒になってしまうことはもうご存知ですよね?
庭に生えているぶどうを飼い犬が勝手に食べてしまう可能性もあります。目を離さないように注意してください。
ぶどうは高いところになるから大丈夫だと思う方もいると思いますが、犬という生き物はどんなことをしでかすかわからない生き物です。飼っている方なら痛いほどわかりますよね。笑
犬を飼う上で1番大切なのは念には念をいれることだと思っています。わたしたち飼い主がしっかり責任を持って飼い犬を見守り、飼い犬を危険から守りましょう。

犬と一緒にぶどう狩りにいく/ぶどう畑には犬を入れない方が安心

いちご狩りやぶどう狩り、行く方も多いんじゃないでしょうか。息子と娘を連れて、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に行くなんて光景をよく目にしました。その時、飼い犬も一緒に連れて行こうと考えている方はいませんか?飼い犬を1人でお留守番させるのが可哀想な気持ちはとってもよくわかります。我が家の柴犬も、家族で家を出るときに「お留守番よろしくね」と声をかけるとものすごく悲しそうな顔をします。笑
飼い犬も連れて行って一緒にぶどう狩りを楽しませてあげたいという気持ちはわかります。しかしぶどう畑には飼い犬を入れない方がいいでしょう。何度も言いますが、犬を飼う上で大切なことは、”念には念を入れること”です!!!飼い犬と幸せに生活していくためにも、私たち飼い主には飼い犬を守る義務があるのです。

犬にぶどうはNGな理由/食べてしまった時の対処法についてまとめ

ぶどうに限らず、犬には人間は問題なく食べられても中毒になったり、お腹をこわしてしまう食べ物がたくさんあります。

最悪の場合、死に至ることもありますので、やはりドッグフードのみを与えることが良いと思います。

人間が食べているものを欲しそうにしていても、ぐっとこらえてあげない選択をするのも飼い主の役割かもしれませんね。