【犬の去勢手術】費用・時期・デメリット・手術後の性格は?去勢後はおとなしくなる?

犬の去勢手術の費用について

小型犬・中型件の去勢手術の相場/15,000~20,000円

犬の去勢手術を考えているけれど、費用はどれぐらい必要なのか知っておくことが大事です。小型犬や中型犬の場合は、住んでいる地域によっても多少は違いますが、1万5千円から2万円前後です。これは手術だけの費用なので、術前検査費用、薬代、入院のための費用が必要になります。去勢手術は基本的には、日帰りできるケースが多いですが、術後の状態によっては入院が必要になることがあります。地元の動物病院で、去勢手術の費用はどれぐらいなのか聞いておくと安心です。

大型犬の去勢手術の相場/30,000円

大型犬を飼育している人は、去勢手術の費用がどれぐらい必要なのか、知っておきたい人が増えています。大型犬は、小型犬、中型犬に比べると体が大きいので、使用する麻酔の量が多くなります。大型犬の去勢手術費用は、3万円ぐらいが相場になっています。住んでいる地域によっても、多少は違ってくるので、地元の動物病院に問い合わせをしておくと良いでしょう。大型犬は、体が少しずつ成長するので、小型犬、中型犬に比べると去勢手術を行うのは遅い傾向があります。

手術前に必要な検査/血液検査の項目や目的について

オスの去勢手術は、メスの避妊手術に比べると短時間で終わるので体の負担が少ない傾向があります。オスの健康状態を確認するために、術前検査を行うのが一般的です。動物病院の獣医師は、血液検査を行い、臓器に異常がないか確認をしてくれます。肝臓や腎臓などに疾患がある場合は、去勢手術が出来ないケースがあります。手術前の検査に必要な項目があります。安全性が高く、犬の体に負担の少ない手術を行うためには、血液検査を行うことが大事です。血液検査を行うことで、犬の健康状態が良好であるかわかるので安心です。犬の体に負担の少ない手術を行うためには、健康状態が良好であることが大事です。

手術前の血液検査は必須ではないがやっておいたほうが安心

動物病院では、安全性の高い去勢手術を行う前に術前検査を行っています。動物病院によっては、血液検査が必須ではない場合がありますが、年のために検査を受けておいたほうが安心です。去勢手術は、基本的には健康状態が良好な成犬に行うのが一般的です。幼犬や高齢のオスは、体調面を考慮して去勢手術を行わないことがあります。去勢手術を行うのは、性成熟をする前の生後7か月から8か月ぐらいがベストです。血液検査は受けておくと安心です。

血友犬の病について

血友病は、血液凝固異常症の一種のひとつで遺伝性の病気です。生まれつき、血液を止めるためのタンパク質が少ないので、出血をすると止まりにくくなります。犬の血友病は、現在はまだ有効な治療法がないので、怪我をしないように注意をする必要があります。犬の去勢手術を検討している人が多いですが、生まれつき血友病に罹っている場合は、手術が出来ないケースがあります。血友病は血液が止まりにくい病気なので、まずは獣医師に相談しましょう。

犬の去勢手術の費用に含まれるもの/点滴・術前検査・麻酔管理・薬・保護具(エリザベスカラーなど)

犬の去勢手術の費用は、小型犬や中型犬の場合は1万5千円から2万円、大型犬の場合は3万円ぐらいが相場になっています。住んでいる地域によっても、多少は違っているので、友人や知人、獣医師などに聞いておくと良いでしょう。点滴・術前検査・麻酔管理・薬・保護具(エリザベスカラーなど)などが必要ですが、手術代に含まれておらず、別途で費用が必要になる場合があります。エリザベスカラーなどの保護具、薬代などは必要になります。去勢手術をした後は、傷が治るのに数日は掛かることが多いので、エリザベスカラーを付けたり、手術服などを着用させる必要があります。エリザベスカラーは、動物病院はもちろんですが、インターネット通販でも購入出来ます。

犬の去勢手術に適した時期について

犬の去勢手術に適した時期/生後6か月~12ヵ月未満

犬の去勢手術には、適した時期があるので知っておくことが大事です。犬の去勢手術に適した時期は、生後6か月~12ヵ月未満がベストです。生後6か月から8か月ぐらいは、オスの性成熟の前なのでこの時期に行うことが多いです。1歳を過ぎて成犬になると、テストステロンの影響で攻撃性が高まったり、マーキングを始めることがあります。マーキングは、去勢手術をしても改善しないことがあります。なるべく性成熟をしていない時期に去勢手術を行うのがベストです。

犬の生殖能力が成熟する前(生後6か月~12ヵ月未満)の手術がおすすめ

オス犬には精巣があるので、男性ホルモンの影響で攻撃性が高まり、他の犬と喧嘩をしやすくなります。去勢手術を行うことで、性的欲求が少なくなるので、性格が穏やかになるなどのメリットがあります。犬の去勢手術を行うのにベストな時期は、生殖機能が成長する前の、生後6か月から8か月ぐらいがベストです。成長の遅い大型犬の場合は、生後10か月ぐらいに行うことがあります。生後6か月から8か月ぐらいの時期は、マーキングをする習慣がまだありません。

去勢手術が早すぎると骨・関節の発達に悪影響がある

望まない妊娠を避けるためには、犬の去勢手術を行う必要があります。繁殖を希望していない場合は、去勢手術を行うのが一般的です。去勢手術には適した時期があるので、理解しておくことが大事です。体が未発達な幼犬の場合は、去勢手術を行うと骨や関節の成長に影響が出る可能性があります。動物病院の獣医師は、年齢が5か月ぐらいの場合は去勢手術を断ることが多いです。骨や関節の成長に影響が出てしまったり、麻酔などで体に負担が大きくなります。

1歳以上の犬を飼った場合は「できるだけ早く」去勢手術をしましょう

去勢手術をしていない成犬は、内分泌疾患・停留睾丸・精巣疾患・前立腺疾患などの病気のリスクが上がってしまいます。1歳以上の成犬の場合は、体が成熟しているので病気に罹りやすくなります。1歳を過ぎたら、なるべく早い段階で去勢手術を受けることが大事です。去勢手術をしていないオスは、攻撃性が高まったり、マーキングなどの問題行動を起こしやすくなります。性的欲求が満たせないと精神的なストレスも罹るため、早めに獣医師に相談しましょう。

去勢手術が遅いデメリット/内分泌疾患・停留睾丸・精巣疾患・前立腺疾患など

去勢手術はメリットとデメリットの両方があるので、理解しておくことが大事です。去勢手術をしていないオスは、男性ホルモンのテストステロンの影響で、攻撃性が高まったり、マーキング、無駄吠えなどの原因になってしまいます。発情をしている犬を妊娠させてしまったり、内分泌疾患・停留睾丸・精巣疾患・前立腺疾患などの病気に罹りやすくなります。望まない妊娠を避けるため、病気を予防するために1歳を過ぎたら、早めに去勢手術を行うことが大事です。

去勢手術のメリット1・生殖に関するストレスから解放される/生殖器系の疾患

犬の去勢手術を行うことで、多くのメリットがあります。停留睾丸・精巣疾患・前立腺疾患などの生殖機能の病気に罹るリスクが下がります。去勢手術は陰嚢の中の、2つの睾丸を取り除く手術なので、男性ホルモンの分泌を抑えることが出来ます。去勢手術を行うことで、繁殖をすることは出来なくなりますが、生殖機能の病気に罹らないなどのメリットがあります。去勢手術は生殖機能が発達していない、6か月から8か月ぐらいがベストと言えるでしょう。。去勢手術を行うことで、性的な欲求が少なくなり、ストレスから解放されるなどのメリットがあります。無駄吠えなどが少なくなるので、近隣とのトラブルを避けることが出来ます。ドッグランなどで、発情期のメスを妊娠させるリスクがなくなります。

去勢手術のメリット2・他の犬とのトラブルが回避できる(攻撃性の低下)

去勢手術をしていないオスは、発情をしているメスのホルモンの臭いを嗅ぐと興奮してしまいます。精巣から分泌されるテストステロンの影響で、攻撃性が高まってしまう可能性があります。他のオスと喧嘩をしやすくなったり、怪我などで負傷をしてしまうことがあります。なるべく1歳になる前に、去勢手術を行うことで性格が穏やかになり、他のオスとのトラブルを避けることが出来ます。自宅で多頭飼いをしていたり、ドッグランなどで他の犬と遭遇をした時は、去勢手術をしていないと望まない妊娠をしてしまうことがあります。トラブルを避けるためには、去勢手術をしておくことが大事です。繁殖を希望しない場合は、1歳までに去勢手術を行うのが基本的なマナーです。

去勢手術のメリット3・マーキングをしなくなる

去勢手術をしていないオスは、成犬になると縄張りを主張するために、マーキングを行うようになります。室内で飼育をしている場合は、家具や家電などに尿をかけられてしまい、壊れてしまったり、臭いなどで悩むようになります。マーキングを防ぐためには、なるべく1歳になる前に去勢手術をしておくことが大事です。去勢手術を行うことで、マーキングを防ぐ効果があります。すでに手術前にマーキングをしていた場合は、手術をしても改善しにくいケースがあります。去勢手術には、デメリットもありますが、メリットが大きいのが特徴です。他のオスと喧嘩をしにくくなったり、マーキングによる臭いなどを防ぐ効果があります。問題行動に悩む前に去勢手術を行うことが大事です。

去勢手術のメリット4・無駄吠えが減る

去勢をしていないオスは、発情をしているメスのホルモンの臭いに反応してしまい、無駄吠えが多くなる原因になります。マンションなどの集合住宅はもちろんですが、住宅が密集している地域では、犬が無駄吠えをすると騒音などが発生してしまいます。近隣とのトラブルを未然に避けるためには、去勢手術を早めに行うことが大事です。性的な欲求が満たされないと無駄吠えが増えるので、去勢手術をして睾丸を摘出することで、性質がおとなしくなり、無駄吠えが減るなどの効果があります。騒音問題は大きな社会問題になっているため、トラブルを回避するために、犬を飼育している人は基本的なマナーとして、去勢手術をしておくことが大事です。犬のストレスも軽減出来ます。

去勢手術のメリット5・望まない妊娠の防止

多頭飼いをしていたり、定期的にドッグランを利用している場合は、望まない妊娠を避けるために去勢手術をしておくことが大事です。発情をしているメスが近くにいると、妊娠させてしまう可能性があります。望まない妊娠を避けるためには去勢手術をしておく必要があります。オスは生後1年を過ぎると、性成熟をしてしまうので、発情しているメスが近くにいると妊娠させてしまいます。他の家で飼育をしているメスを、妊娠さsてしまうリスクが上がってしまいます。トラブルを未然に避けるためには、去勢手術をしておくのは基本的なマナーです。メスに比べると、オスの去勢手術は遅れがちな人が多いですが、なるべく1歳になる前に手術を受けておきましょう。

犬の去勢手術のデメリットについて

去勢手術のデメリット1・太りやすくなる

去勢手術にはメリットだけでなく、デメリットがあるので理解しておきましょう。去勢手術を受けたオス犬は、メスに関心が乏しくなるので、食欲が増進する傾向があります。去勢手術を受ける前よりも、太りやすくなり体重が増加することがあります。テストステロンの分泌量が減るので、筋肉量が減ってしまい、脂肪が多くなる傾向があります。運動不足を避けるために、散歩などの適度な運動を行うようにしましょう。ドッグフードを選ぶ時は、低カロリーで栄養価の高い商品を選ぶことが大事です。低カロリーで脂肪分が少なく、栄養バランスの良いドッグフードがお勧めです。去勢手術を受けた後は、太りやすくなるので糖尿病や高血圧、心臓病などの病気に注意しましょう。

去勢手術のデメリット2・ホルモン反応性尿失禁

去勢手術を受けた後は、ホルモン量が低下するのでホルモン性尿失禁などが見られることがあります。尿失禁は、犬が意識していなくても尿が漏れてしまう病気です。去勢手術を受けた後は、ホルモンの分泌量が低下するので尿漏れをしやすくなります。去勢手術を受けた後に、尿失禁が増えた場合は、動物病院の獣医師に相談をすると良いでしょう。動物病院の獣医師は診察や検査に時間を掛けてくれるので、最適な内服薬を処方してくれます。去勢手術を受けたオス犬は、尿漏れや尿失禁が見られないケースが多いですが、気になる症状が続く場合は獣医師に相談をしましょう。ホルモン性尿失禁は、大変ポピュラーな病気なので、内服薬を服用することで改善することがあります

去勢手術のデメリット3・麻酔によりリスク(死亡リスクもある)

去勢手術は、望まない妊娠を避けたり、生殖機能の病気を予防できるなどのメリットがあります。マンションなどの集合住宅、住宅が密集している地域などでは、無駄吠えによる近隣トラブルが発生しやすくなります。基本的なマナーとして、繁殖を望まない場合は去勢手術を行うのがマナーです。去勢手術は、比較的安全性の高い手術ですが、多少のリスクがあります。・麻酔によりリスク(死亡リスクもある)は、麻酔による体の影響、まれにですが、死亡リスクもあるので理解しておきましょう。基本的には、健康状態が良好である成犬に行う手術です。高齢になってから、去勢手術を行うことで、麻酔によりリスク(死亡リスクもある)があります。血液検査などの術前検査は必要です。

去勢手術のデメリット4・子孫を残すことができない

純血種の血統の良い犬の場合は、繁殖を望んでいる人が少なくありません。繁殖をさせるためには、健康なオスであることが大事です。去勢手術のデメリットは、妊娠に影響のある2つの睾丸を取り除いてしまう必要があります。去勢手術を行うことで、犬の繁殖能力が無くなってしまい、子孫を残すことは出来なくなります。子孫を残したい場合は、子犬を出産してから、去勢手術を行う必要があります。去勢をしていないオスは、無駄吠えが多くなったり、マーキングなどの問題行動を起こしやすくなります。去勢手術を行うことで、子孫は残せなくなりますが、マーキングや無駄吠えを少なくしたり、他のオスとの喧嘩による怪我、交通事故などを防ぐことが出来ます。

犬の去勢手術前の注意点/手術の時間

去勢手術の時間/約20~30分

犬を飼育している人は、繁殖を望まない場合は去勢手術を行う必要があります。去勢手術のメリットは、発情を抑えたり、性ホルモンの影響でマーキングや無駄吠えなどの問題行動を抑える効果があります。犬の去勢手術は、犬種にも多少の違いがありますが、生後6か月から10か月ぐらいに行うことが多いです。犬の去勢手術は、どれぐらいの時間が掛かるのか、知っておきたい人が増えています。去勢手術は、雌の避妊手術に比べると短時間で終わります。全身麻酔をしてから、陰嚢内に留まっている2つの睾丸を皮膚を切除して、取り除く必要があります。鎮痛剤などを投与してから、全身麻酔を行う必要があるので、去勢手術の時間は20分から30分ぐらいです。

オスの場合は日帰りのクリニックが多い

犬の去勢手術は全身麻酔が必要ですが、比較的簡易的な手術と言われているので、基本的には日帰りが可能です。健康状態が良好な場合は、獣医師が術後の注意点などを説明してくれます。去勢手術は日帰りの動物病院が多いですが、犬の健康状態や術後の状態によっては、入院が必要なケースがあります。雌の避妊手術に比べると短時間で終わりますが、抜糸が終わるまでは自宅で注意深く、犬の体調や傷の状態を確認してあげることが大事です。抜糸が終わるまでは、お風呂に入れて傷口を水で濡らしたり、散歩などの運動は控えることが大事です。

全身麻酔による術後経過の観察のため朝~夕方まで預けるのが一般的

犬の去勢手術は、雌の避妊手術に比べると開腹をする必要がなく、陰嚢の皮膚を切除して、2つの睾丸を取り除く手術です。比較的短時間で終わりますが、全身麻酔が必要なので、術前検査を行う必要があります。術前検査で経過観察をする必要があるため、手術の当日は、午前中から夕方までに動物病院に預けておくことが大事です。去勢手術を行うためには、飼い主の同意書が必要なので、印鑑を忘れずに準備をしておきましょう。安全性の高い手術ですが、術前検査は大変重要です。術前検査は血液検査、視診、問診、触診などを行いますが、健康状態によっては、心臓のエコー撮影をしたり、尿検査などが必要になることがあります。手術前検査をすることで、犬の健康状態や病気の有無がわかるので安心です。安全性の高い去勢手術を行うためには、術前検査は大変重要です。

去勢手術の当日は朝食は与えない

去勢手術を受ける前に、獣医師からいくつかの注意点を説明されるので、きちんと話を聞いておくことが大事です。比較的安全性の高い手術ですが、全身麻酔を行う必要があるので、当日は絶食をさせる必要があります。うっかりとフードを食べてしまわないように、当日はドッグフードを片付けておくことが大事です。基本的には水は飲ませても問題はありません。手術の当日は、絶食をさせておき、動物病院に行く前に排便、排尿はなるべく済ませておきましょう。動物病院に連れていく前に、排便や排尿をしていない場合は、動物病院の医療スタッフ、獣医師に必ず伝えておきましょう。

去勢手術の前にはワクチン接種を終わらせておく

大切な愛犬を感染症などの病気から、予防するためにワクチン接種をしている飼い主さんが増えています。ウィルスが原因で感染する病気が多いので、動物病院の獣医師はワクチン接種を推奨しています。ワクチン接種をすることで、病気のリスクを下げることが出来ます。去勢手術を希望している人は、事前にワクチン接種を終わらせておく必要があります。去勢手術は、性成熟をする前の生後6か月から、10か月ぐらいに行うのが一般的です。幼齢期にワクチン接種を受けておくと安心です。小型犬、中型犬の場合は6か月から8か月ぐらい、体の成長が遅い大型犬の場合は、生後10か月ぐらいがベストな時期です。生後1歳を超えてしまうと、性成熟をしてしまうので、なるべく早めに手術をすることが大事です。

幼犬の場合は狂犬病ワクチン(義務)

狂犬病は非常に怖ろしい病気なので、病気を予防するために日本では、ワクチン接種を義務付けています。犬を飼育している人は、必ず狂犬病ワクチンを接種させる必要があります。犬の去勢手術を希望している人は、幼齢期に狂犬病ワクチンを済ませておくことが大事です。去勢手術は生後6か月から10か月ぐらいに行うことが多いので、集団接種の時に狂犬病ワクチンを受けておくと良いでしょう。去勢手術を受ける前は、ワクチン接種を済ませておくことが大事です。

混合ワクチン(任意)

犬の混合ワクチンは、義務付けられていませんが、様々な病気のリスクを下げることが出来ます。動物病院では幼齢期に混合ワクチン接種を推奨しています。犬の繁殖を希望していない場合は、性ホルモンによる問題行動を避けるために、去勢手術をするのが基本的なマナーです。去勢手術は生後1歳になる前に、行うのがベストだと言われています。去勢手術を受けたい場合は、混合ワクチン接種を幼齢期に済ませておくことが大事です。去勢手術をすることでマーキングや無駄吠えなどを防げます。

犬の去勢手術後の注意点/手術後は性格が変わる?

手術後の注意点1・点滴により食欲がないことが多い

去勢手術は動物病院では、比較的簡易的な手術と言われていますが、全身麻酔が必要になるため、手術後はいくつかの注意点があります。去勢手術は、陰嚢の皮膚を切除する必要があるため、術後は点滴を行う必要があります。点滴をすることで、痛みを軽減したり、傷口が化膿するのを防ぐ効果があります。去勢手術の後は、点滴をする必要があるので、いつもよりは元気がないと感じることが多くなります。基本的には日帰りが可能ですが、術後の状態によっては入院が必要になるケースがあります。

ムリにたべさせなくても大丈夫

去勢手術は全身麻酔を行う必要があるので、術後は普段よりも元気がないと感じることがあります。麻酔が切れると多少の痛みを感じることがあり、普段よりも食欲がないことがあります。去勢手術をした後は、痛みを軽減したり、傷口が膿んでしまうのを防ぐために、点滴を行う必要があります。全身麻酔や点滴、痛みなどの影響で食欲がないことが多いですが、当日は無理に食べさせる必要はありません。ゲージなどに入れて安静にさせてあげましょう。

点滴で十分に水分が取れている

犬の去勢手術は、基本的には日帰り手術が可能です。手術が終わった後は、痛みを軽減したり、傷口が膿むのを防ぐために点滴を行います。手術を受けた当日は、麻酔や点滴の影響で食欲や元気がないと感じることが多いです。犬の去勢手術をした後は、点滴をするので十分水分を補うことが出来ます。去勢手術後は、すぐに水が飲めなくても大丈夫です。数時間を経過すると喉が渇いてくるので、水を飲んでも問題はありません。水分はしっかりと補うことが出来ます。

手術後の注意点2・麻酔の影響により元気がないことが多い

犬の去勢手術は全身麻酔を行う必要があるので、術後は麻酔の影響で元気がないと感じることがあります。動物病院の獣医師は、健康面や術後の状態に問題がない場合は、基本的には日帰りが可能です。麻酔の影響で普段よりも元気がなかったり、食欲がないことが多いです。食欲がなくても、手術当日は点滴で十分な量の水分を補うことが出来ます。食欲がない場合は、無理に食べさせる必要はありません。翌日になると痛みが軽減されて食べることが出来ます。

手術後の注意点3・傷口を舐めないようにする

犬の去勢手術は、20分から30分ぐらいで完了することが多く、術後の状態が良好な場合は日帰りが可能です。去勢手術後の注意点のひとつには、傷口を舐めないようにする必要があります。動物病院の獣医師は、傷が治るまでエリザベスカラーを装着させたり、手術服を着用させるなどの対策をしています。雌犬の場合は、手術服を着用させることが多いですが、オス犬の場合はエリザベスカラーで対応が出来ます。動物病院やインターネット通販で購入できることが多いです。

感染症や化膿の予防

去勢手術が終わったら、傷口を舐めないようにしなければなりません。傷口を舐めてしまうと、雑菌が増殖してしまうので感染症や傷口が膿む原因になってしまいます。化膿をしたり、感染症を予防するためにはエリザベスカラーを装着させるのがお勧めです。エリザベスカラーは、えりまきのような形状になっており、首に装着させることで傷口を舐めるのを防ぐことが出来ます。動物病院やインターネット通販などで、販売しているので購入しておくと良いでしょう。エリザベスカラーを嫌がる場合は、手術服を着せてあげることで化膿や感染症を防げます。

エリザベスカラーの装着

去勢手術の後は、いくつかの注意点があるので理解しておくことが大事です。傷口が膿んでしまったり、感染症などの病気を防ぐためには、エリザベスカラーを装着させるのがお勧めです。エリザベスカラーは、えりまきのような形状になっており、首で固定することが出来ます。エリザベスカラーを首に装着させることで、傷口を舐めるのを防ぐ効果があります。インターネット通販の専門店では、豊富なサイズやカラーが揃っているので、犬種に応じた商品を選んでおくと良いでしょう。エリザベスカラーは、軽量で体に負担が少ない商品がお勧めです。

手術後の注意点4・抜糸までは散歩やお風呂は控える

去勢手術をした後は、傷が膿んでしまわないように細心の注意を払う必要があります。抜糸をするまでは、お風呂に入れないようにしましょう。お風呂に入れてしまうと、傷口に水が入ってしまうので避けることが大事です。去勢手術をした後は、傷口に雑菌が入ってしまうと膿んでしまうことがあります。去勢手術後は、抜糸までは散歩も控えることが大事です。去勢手術の後は、獣医師から散歩やお風呂についての説明があるので、疑問点などがある場合は聞いておくと良いでしょう。

傷口が開くのを予防する

去勢手術を行い皮膚を縫合した後は、傷が開かないように注意をする必要があります。去勢手術を受けた後は、数日後に抜糸が必要です。犬が傷口を舐めないようにするためには、エリザベスカラーを装着させたり、手術服などを着せてあげると良いでしょう。手術服を選ぶ時は、体のサイズに合っており、締め付けがなく通気性の高い素材を選んであげることが大事です。傷が開かないようにするためには、激しい運動を控えることが大事なので、抜糸までは散歩はさせないようにしましょう。

1週間ほどで抜糸するのが一般的

去勢手術は、陰嚢の皮膚を切除する必要があるので、縫合をするのが一般的です。去勢手術後は、基本的には1週間後に抜糸が必要になります。傷が膿んでしまったり、感染症などの病気を予防するためには、傷口を舐めさせないことが大事です。エリザベスカラーを装着させたり、手術服を着用させることで、傷口が開くのを防ぐ効果があります。手術をして1週間が経過すると、獣医師が抜糸をしてくれます。傷がきれいに治っている場合は、翌日から軽い運動は大丈夫です。

手術後の注意点5・肥満

去勢手術は、陰嚢の皮膚を切除する必要があるので、縫合をするのが一般的です。去勢手術後は、基本的には1週間後に抜糸が必要になります。傷が膿んでしまったり、感染症などの病気を予防するためには、傷口を舐めさせないことが大事です。エリザベスカラーを装着させたり、手術服を着用させることで、傷口が開くのを防ぐ効果があります。手術をして1週間が経過すると、獣医師が抜糸をしてくれます。傷がきれいに治っている場合は、翌日から軽い運動は大丈夫です。

去勢前と比べて約2倍の肥満リスクがある

去勢前のオス犬は、男性ホルモンのテストステロンの影響で筋肉量が多く、脂肪が少ないので太りにくい傾向があります。去勢手術後は、ホルモンバランスの崩れや食欲増進などの影響で、肥満のリスクが2倍に上がってしまいます。去勢手術を行うことで発情しなくなり、性的な欲求が少なくなるので、食欲が増進する傾向があります。筋肉量が減ってしまうので、肥満のリスクが上がってしまいます。艇カロリーでたんぱく量の多いドッグフードを与えてあげましょう。

ホルモンの影響で食欲旺盛になる

去勢手術後は、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が低下してしまいます。ホルモンバランスの崩れが原因で、筋肉量が低下してしまい、代謝が下がってしまいます。ホルモンの影響で食欲が増進したり、代謝が下がってしまいます。肥満を予防するためには、散歩などで適度な運動をしたり、低カロリーで栄養バランスの良い良質なドッグフードを与えてあげることが大事です。無添加で安全性の高いドッグフードを購入したり、栄養バランスの良い手作りご飯を作ってあげるのも良いでしょう。

去勢手術後は性格が大人しくなる?

去勢手術後は、発情をしなくなるので性ホルモンの影響が少なくなります。性ホルモンの影響で、性的欲求が満たされない時は、無駄吠えやマーキング、縄張り意識などの問題行動の原因になってしまいます。他の犬と喧嘩をしたり、騒音で近隣に迷惑を掛けることがあります。去勢手術をした後は、性ホルモンによるストレスが軽減されるので、性格がおとなしくなり、扱いやすくなることが多いです。無駄な喧嘩を防いだり、望まない妊娠を避けることが出来ます。

性ホルモンによる問題行動が表れにくくなる(マーキング・無駄吠え・縄張り意識など)

去勢手術をすることで、繁殖は出来なくなりますが、性ホルモンによる問題行動を減らせるなどのメリットがあります。性ホルモンの影響でマーキング・無駄吠え・縄張り意識などがありますが、去勢手術をすることで発情しなくなり、ストレスを軽減することが出来ます。室内で飼育をしている人が増えているので、室内でマーキングをされてしまうと、臭いなどの問題が発生します。無駄吠えや縄張り意識などの問題行動が減ることで飼育しやすくなります。

手術により性格が変わることはない

去勢手術をすると、犬の性格が変わってしまわないか、心配をしている飼い主さんも存在します。去勢手術をすることで、性的欲求が満たされないストレスから解放されるので、大人しくなることが多いです。基本的には、犬の性格は変わることはないので安心です。活発で明るい性格の場合でも、去勢手術後は性格が変わることはないので安心です。無駄吠えやマーキングなどの、問題行動なども減るので飼育がしやすくなります。性格が変わることはないので安心です。

犬の去勢手術後は専用のドッグフードがおすすめ

去勢後におすすめのドッグフード1・ロイヤルカナン/ミニステアライズド(避妊・去勢犬用)

避妊や去勢をした犬は、必要なエネルギー量が以前よりも減ります。しかし、食欲は増えるので太りやすくなる傾向にあります。ロイヤルカナン/ミニステアライズドは、低カロリーでも満腹感を得られるように作られているドッグフードです。高タンパク質が30%で、低脂肪が13%というバランスになっています。腹持ちを良くするための食物繊維も配合されており、愛犬の食欲を満たしてあげるのに効果的です。それから脂肪を燃焼させる効果が高いL₋カルニチンという栄養素も配合されています。脂肪燃焼を促進することで、肥満を防ぐ効果が期待できます。原材料には糖の吸収が緩やかなものが使われており、太りにくくする効果のあるドッグフードです。

関連ページ:【ロイヤルカナンの口コミ】ドッグフードの評判・評価は?食べてはいけない!?

去勢後におすすめのドッグフード2・モグワン/ドッグフード(低脂肪)

モグワンは、良質で低脂肪なチキンとサーモンを原料に使っているドッグフードです。タンパク質の量が50%以上と多いのに、低脂肪という理想的なバランスになっています。チキンにはビタミンAやビタミンB群といった栄養素が豊富ですし、サーモンにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。リンゴやカボチャなど野菜や果物も原料に使っているためポリフェノールや食物繊維も豊富です。体のコンディションを整える効果があります。また、穀物不使用のグレインフリーのドッグフードです。犬には元々穀物を食べる習慣はないので、グレインフリーにすることで体への負担が抑えられます。できるだけ自然に近い食材を使うことにこだわっていて、着色料や香料なども使用していないので安心です。

関連ページ:【モグワンの口コミ】ドッグフードの公式は怪しい?だめ?

去勢後におすすめのドッグフード3・ニュートロ/ナチュラルチョイス (避妊・去勢犬用)

肥満になりやすい避妊・去勢後に適した設計になっているドッグフードです。脂質を控えめにしてあり、低カロリーになっているのが特徴です。通常のドッグフードよりもカロリーは約5%、脂質は25%程カットしてあります。そのため万病の元ともいわれる肥満を防ぐのに効果的です。原料には高品質のチキンを使用しており、味にもこだわっています。犬が食いつく美味しさを実現してあります。また、玄米やオートミールといった食物繊維も組み合わせており、腸内のコンディションを整える効果が期待できます。また、ミネラルのバランスにもこだわっていて、ストルバイト結石やシュウ酸カルシウム結石ができにくいように調整しています。愛犬の健康維持に役立つドッグフードです。

関連ページ:【ニュートロの口コミ】ドッグフードの評価と評判と問題

去勢後におすすめのドッグフード4・ヒルズ/サイエンスダイエット

ヒルズ/サイエンスダイエットは、避妊・去勢後の体重管理に役立つドッグフードです。最先端の遺伝子栄養学の基づき、科学的に証明された栄養とカロリーのバランスになっています。通常よりもカロリーが10~14%オフになっていて、タンパク質と脂肪、食物繊維が含まれる原材料をバランス良く配合してあります。カロリーを抑えながらも美味しさにもこだわっているので、無理なく体重管理を行えるのが特徴です。タンパク源には高品質なチキンやターキーを使用しており、健康的な筋肉の維持をサポートしてくれます。ヒルズ/サイエンスダイエットには小型犬用や室内犬用など幾つか種類があるので、それぞれに適した栄養バランスになっています。

去勢後におすすめのドッグフード5・プロマネージ/避妊・去勢している犬用

避妊・去勢している犬にぴったりの成分配合になっているドッグフードです。肥満になりやすい体重をケアするため、低カロリー・低脂肪設計になっています。獣医学や栄養学、動物行動学などの専門家と共に開発したドッグフードになります。食物繊維と特殊な製法を導入しているので、1粒当たりのボリュームがアップしています。そのため食べ応えがあり、満腹感を得やすいのが大きな特徴です。体重をコントロールするのに役立ちます。それから尿石の構成成分となるマグネシウムやカルシウム、リンなどの栄養素も調整しているので、尿石ができにくくなる効果もあります。パッケージもジッパータイプになっているので、風味を長持ちさせることもできます。

犬の去勢手術/費用・時期・デメリット・手術後の性格などまとめ

犬の去勢手術は、性的に成熟する前が良いといわれています。そのため1歳になる前に行うのが良いとされ、大体生後半年から8か月頃までに行うことが多いです。術後は穏やかな性格になる傾向があり、費用は15,000円から30,000円程度かかります。去勢手術のデメリットとしては、ホルモンバランスの変化によって太りやすくなってしまうことです。そのため避妊・去勢手術を行った後は、体重が増え過ぎないように体重管理に注意する必要があります。ロイヤルカナン/ミニステアライズドやモグワン、ニュートロ/ナチュラルチョイス、ヒルズ/サイエンスダイエットは、低カロリー・低脂肪に設計されているドッグフードです。また、ビタミンやミネラル、食物繊維などもバランス良く配合されています。そのため体重管理や健康維持に役立つドッグフードになります。