【犬が散歩で歩かない!】わがまま!?散歩が嫌い・拒否する理由や解決方法について

犬が散歩で歩かない理由とは?

犬が散歩で歩かない理由1・苦手なもの、怖いものがある

犬が苦手、怖いもの1・大きな音

花火の音や工事の音がすると、怖いと感じる方も多くいます。人間と同じように、犬も大きな音が鳴ったときに恐怖を感じて動けなくなってしまうことがあります。大きな音を怖がってしまうのは、犬の本能的な部分もあるので仕方がないことです。特に大きな音が出る工事現場には注意して散歩をするようにしましょう。また大きな音を怖がるといっても、どのような音が嫌かは犬によって異なります。工事の音がダメな犬もいれば、車の音や踏切の音を苦手とするケースも見られます。飼い犬の様子を観察しながら、どのような音を怖がっているのか確認していくようにしましょう。犬が苦手としている音が理解できれば、どのような対処が必要になるのか考えていきやすくなります。

犬が苦手、怖いもの2・人混み(子供の集団など)

大勢の人が集まるところに行くのは苦手という方も多くいます。それと同じように、犬も人混みを苦手として散歩に行きたくないと感じるケースも見られます。実際にどのくらいの人混みから怖いと感じるかは、犬によっても異なります。大勢の人が集まるエリアでなくても、数人の人がいるだけで怖いと感じる場合もあります。また子供の集団を苦手とすることも多く、子供が遊んでいるエリアには近づきたがらない犬も見られます。人混みや子供の集団にどのくらい近づけるかは、犬によって異なるので様子を観察することが大切です。人がいても話し声がしなければOKな犬もいれば、遠くから話し声が聞こえるだけで立ち止まってしまう犬もいます。犬の状況に合わせて散歩をしましょう。

犬が苦手、怖いもの3・凶暴な犬(吠える、追いかけてくる)

他の犬に吠えられて怖い思いをした経験がある犬の場合、散歩中に出会う犬に対して恐怖を感じていることがあります。おとなしい犬なら恐怖を感じることは少なくても、すれ違いざまに吠えてくる犬や近づいてくるもしくは追いかけてくる犬がいると、どのように対処したらいいのかわからず固まってしまう犬もいます。また他の犬を見たら、怖くなって逃げだす犬もいるので、散歩中は犬が走り出さないようにリードをしっかりと持つことも忘れないようにしましょう。すべての犬が苦手なわけではなく、凶暴な一部の犬に対してだけ恐怖心を持っていることも多くあります。そこで犬が苦手としている他所の犬を把握し、注意しながら散歩することで犬の不安を和らげていく工夫も必要です。

犬が不安や恐怖を感じたときは尻尾が下がる、耳が後ろに傾くなどの変化がある

不安や恐怖で散歩中に歩かなくなっているかどうかは、犬の様子を観察すれば判断できます。実は不安や恐怖を抱えているときには、尻尾が下がるもしくは耳が後ろに傾くなどの変化が見られます。表情も硬くなっていることが多いので、散歩中に犬の様子を注意深く観察することで、何らかの不安があって歩けなくなっているのかどうか確かめられます。また散歩中ずっと不安そうなのか、特定の場所にだけおびえているのかなどの点を様子を観察しながら確かめましょう。様子を観察することで、何が怖いのか確かめて、犬が散歩するためにどのような対策が必要になるのか考えていきやすくなります。まずは原因を確かめたうえで、適切に対処できるように考えていくことが大切です。

苦手なもの、怖いものがあり歩かない場合の対策/散歩のルートを変更する

苦手なものや怖いものが原因で犬が散歩をしないなら、散歩のルートを変更するのも1つの手です。例えば大きな音が怖くて散歩ができないなら、工事中のエリアや踏切の近くなど、犬が怖がる音があるルートを避けることで、歩けるようになる可能性があります。また人混みや子供が苦手な犬であれば、人が少ないエリアを選んだり、公園などの子供が多くいるエリアを避けたりすることが大切です。ほかにも特定の犬に対してだけ怖がっているなら、怖がっている犬の家の前を通らない、怖がる犬と散歩の時間をずらすなどの対策によって、散歩ができないと思っていた犬でも歩けるようになることがあります。ルートや時間帯などを工夫しながら、犬が不安がることなく散歩できるようにしましょう。

犬が散歩で歩かない理由2・わがまま、飼い主に構ってほしい

散歩中に犬が歩かないのは、飼い主に構ってほしいというわがままの可能性もあります。特に甘やかされて育った犬やわがままな性格の犬の場合には、歩かなければ構ってもらえると思って歩かない場合も多くあるので注意しましょう。実際に犬が散歩中に歩かないとき、立ち止まって構ったりおやつを与えて気を引いたりしたことはありませんか。このような経験がある場合、歩かなければ構ってもらえたりおやつがもらえたりすると学習してしまった可能性があります。つまり歩かないことで自分の要求が通ると犬が学習していると、飼い主が舐められて散歩が整理しないケースも多く見られます。過去の犬との関係を見直してみて、わがままな性格な部分がないか考えてみましょう。

わがままで歩かない場合の対策/声をかけない、軽くリードを引っ張る

歩かない犬がいると、つい声をかけたくなってしまう方も多くいます。しかしわがままで歩かない場合、声をかけてしまうと、立ち止まれば構ってもらえるという犬の認識が変わりません。そこでわがままで歩かない場合には、犬が立ち止まったとしても声をかけないことが大切です。そしてリードを軽く引っ張って歩くように促します。リードを引っ張るとき、強く犬を引きずるようにして引っ張ってしまうと、肉球が傷ついてしまうことがあります。肉球を傷つけることがないように、軽く引っ張ることがコツです。また少し引っ張っても歩かないとき、構ってしまうと状況は改善されません。時間はかかってもいいので、リードを軽く引っ張って歩くように促し、散歩が成立させられるようにしましょう。

犬が散歩で歩かない理由3・暑い

散歩が大好きな犬が、夏の時期だけ歩きたがらないという経験はありませんか。もしも夏だけ散歩に行きたがらない場合であれば、暑さに参っている可能性があります。夏の暑い日に注意が必要な点の1つが、犬は人よりも暑さを感じやすいという点です。気温が上がった日であれば、アスファルトが40~50度近くにまで上がっていることもあります。人間は靴があるからアスファルトの暑さを感じることはありませんが、地面に足をつけている犬にとっては、40~50度のアスファルトはやけどするリスクもあります。夏の暑い日に散歩をしたいという場合には、地面の温度が上がっていないか確認し、犬散歩ができる状態かよく考えてから散歩することが大切です。

小型犬は地面との距離が近いため熱中症になりやすい

中・大型犬と比較して、小型犬は夏の暑さに弱い傾向が見られます。小型犬は、中・大型犬と比較すると地面との距離が近いので、アスファルトの温度が上がっている影響を受けやすいのです。そしてアスファルトとの距離が近いと、照り返しの影響で暑さを感じやすくなります。そのため小型犬の場合には、散歩中に熱中症となってしまうリスクが高くなります。人間の場合にも、地面との距離が近い子供やベビーカーに載せた赤ちゃんが、照り返しなどの影響で熱中症になってしまうリスクが大人より高い傾向が見られます。人間と同じように犬も照り返しの影響で暑い思いをしているという点を理解して、散歩中の熱中症には注意することを忘れないようにしましょう。

暑くて歩かない場合の対策/涼しい時間帯を選ぶ、木陰が多い公園を選ぶ

真夏の散歩では、できる限り暑い時間帯を避けることが大切です。特に昼間は日が高く、アスファルトの温度が上がって犬が熱中症になるリスクが高くなります。そこで真夏の犬散歩では、朝の涼しい時間帯や日が暮れた夜に散歩をして、少しでも犬が暑さの影響を受けないようにすることが大切です。また涼しい朝や日が暮れた夜の散歩が難しい場合でも、日が当たっている道ではなく、できる限り日陰を歩くなどの工夫が必要です。散歩する場所も地面の温度が上がりやすいアスファルトではなく、芝生などを選ぶことが大切です。例えば木陰の多い公園などのスポットなら、アスファルトの道を歩くよりも犬が快適に散歩できるかもしれません。時間帯やコースに気をつけて、少しでも快適に散歩ができるようにしましょう。

犬が散歩で歩かない理由4・首輪や洋服などが不快

首輪や洋服を新しいものに変えたとき、歩かなくなってしまう犬も見られます。特に首輪や洋服などを変えたときに歩かないのなら、首輪や洋服が不快で散歩に行きたくないと感じているのかもしれません。人間の場合でも、外出時に靴擦れで足が痛いと歩きたくないと感じることがあるでしょう。また洋服の肌触りが悪いと、着替えてから出かけようと感じることがあります。同じように犬も身につけているもので不快な思いをすることがあるという点を理解して、散歩に行きたくない理由について考えてみましょう。また子犬の頃から首輪をつけていなかったなどの場合には、すぐには首輪の感覚に慣れないケースも見られます。1度首輪を外してみて、問題なく歩くなら歩かない原因は首輪と判断できます。

首輪が嫌で歩かない場合の対策/ハーネスを試してみる

もしも首輪を嫌がって散歩に行かないなら、首輪をせずに散歩するのも1つの手です。例えば首輪ではなく、ハーネスを付けることで散歩ができるケースも見られます。また洋服が気に入らない場合も、色々な服を試しに着せてみて、犬が違和感なく散歩できるものを見つけましょう。実際にどのような首輪や服なら問題なく散歩できるかは、犬によって異なります。犬の様子を飼い主が観察しながら、嫌がらずに散歩ができる首輪もしくはハーネス、洋服などを見つけることが大切です。また子犬の頃から首輪やハーネスなどに慣れさせておくことで、新しいものに切り替えたときに嫌がりにくくなります。また首輪やハーネスはきつくて動きたくないという場合もあるので、長さを調節しながら試してみることも大切です。

犬が散歩で歩かない理由はわがままだけではない!子犬が歩かない理由は?

子犬が散歩で歩かない理由・外の世界に慣れていない(恐怖心がある)

子犬が散歩であるか無い理由ですが、実は子犬の場合歩かないのではなく、歩けないというほうが正確の場合があります。と言いますのも、犬はものすごく視力が弱く、色の認識というものができません。よって、物体が遠くにあるか、近くにあるかすらわからず、臭いだったり、その他の五感に頼って一応正確な位置を把握します。子犬の場合、外の世界になれておらず、自動車だったり大きな音を出す広告宣伝用のモニュメントなどがあると、まだ、成人した犬と比べると自動車やモニュメントの位置を正確に測り物体の位置がつかめないがゆえ、恐怖心が生まれ、足がすくんでしまうのです。なので、子犬が歩けないと判断した場合、お散歩を中止して飼い犬用のお出かけケージに子犬を移し自宅に戻るなり、お出かけを継続するとよいです。つまり、いっぺんに外の世界に出すのではなく、徐々に出せば、お隣刺激になれるので、最初はケージからスタートして刺激に慣れさせるのが良いでしょう。

子犬が歩かない場合の対策/ムリに歩かせない、その場で立ち止まる、ムリに引っ張らない

子犬が歩かない場合、絶対にしてはいけないのが無理に歩かせることです。無理に子犬を歩かせた場合、外からの刺激で恐怖している物に対して無理強いを強いるため、トラウマになり、成犬した際に今度は外に出ることにものすごく恐怖を覚えるので絶対に無理に歩かせてはいけません。このケースにおいては、なぜ、犬が立ち止まるかが重要で、無理に引っ張る行為を行った場合、それでも断固として動かないということになれば、もはや完全に犬は恐怖を覚えており、飼い主にかみつくことさえいとわないでしょう。よって、最初に子犬が歩かないと分かった際、どうにも子犬が動かないという場合はあえて飼い主が子犬を抱っこして連れ帰るというのが良い方法でしょう。この方法の利点は、ペットである子犬側に対して、飼い主が助け舟を出しているため、子犬側は、無理強いをされていると踏みません。

犬が散歩で歩かない理由・病気、調子が悪い、脚が痛いなど

成人した犬が散歩で歩かない場合、幼犬の時に無理に散歩に連れてい垂れたというトラウマが無いにもかかわらずに散歩で歩かないという場合、おそらく考えられるのは、病気だったり、犬自体の体調不良が考えられます。特に、脚部に対して痛みがある場合、犬は、散歩に行くこと自体に対して足を引きずるなどの不断と異なる状況にあるケースがありますので、まず、散歩に消極的であると判断した場合、普段のペットの歩き方と同じであるかどうかを確認することが重要です。この時、足を引きずっていたり、普段とどう見ても歩き方がおかしいと分かれば、獣医師の方に相談して対処を仰ぐこともできますので、まずは、ペットが散歩に行きたがらないとき、普段と歩き方は同じであるかどうかを確認してから、病気や体調不良などを見るとよいです。なお、体調不良については、ペットの便で判断が可能で、消化不良だったり下痢だったりした場合は、自宅で安静にしたうえで、えさを普段と異なる消化の良いものに変更するとよいでしょう。

老犬で歩くのを嫌がる場合はゆっくりペースでムリに歩かない

老犬の場合、散歩にて無理に歩かせるのはご法度です。なぜなら、歩きたくとも歩けない状況にあるのが老いというものなので、これは人間においても同様に歩けない状況下にありつつあるものを無理やり歩かせるのは虐待でしかありません。この場合、老犬のペースというものを掴み、犬側に飼い主が歩調を合わせて散歩をさせるのが重要になります。でも、歩けなくなりつつあるんだから、老犬は歩かせないでもよいのでは?という声がありますが、これは間違いで、歩けるうちに歩かせないと、残念ながら、老犬であれ何であれ生物は歩けるうちに筋肉を使わないとかなりの速さで筋肉が萎縮してしまい、歩けなくなります。逆に若い成人した犬であれば、少々散歩をサボっても大丈夫なのですが、老犬の場合、残念ながら散歩をサボってしまうと筋肉が萎縮してしまうと筋肉を再び作り上げるまで時間を有し、筋肉が出来上がらずにそのまま歩けなくなるケースも多いのです。

普段は元気なのに急に歩かなくなった場合は脚のケガなどないか観察する

普段は元気なのに急に歩けなくなった、もしくは、自宅では歩けるのに外に出ると歩けなくなる場合、脚を怪我しているケースが考えられます。では、なぜ自宅では歩けるかですが、これは、地面の硬さが異なるがゆえ、歩けるのです。お外の世界はアスファルトの道なので、脚に対しての負担はかなり大きいです。逆におうちの場合フローリングだったり畳だったりじゅうたんだったりと地面が柔らかいので足を怪我していても歩けるというわけです。なので、お外でなぜか歩かない、もしくは自宅でも歩けない状況下にある場合まず足のけがを疑って観察してみて、異常がある場合、獣医さんに速やかに相談し治療を行いましょう。

普段と様子が異なる場合は早めに受診しましょう

ペットの様子が普段と異なると判断した場合、できるだけ早めに獣医さんに相談し、病院を受診するのが良いでしょう。犬の病気については、簡単な足の傷から発生するものもあり、普段気を付けてみていてもわからないことが多いです。獣医さんであれば、そうしたちょっとした傷から原因を特定したり、血液検査などで原因を特定し病気を治療することが可能なので、普段とペットの様子が異なるという場合、できるだけ早くに病院を受診して治療を行うのが良いでしょう。なお、歩けなくなるケガは、別に犬という生物だけに限らず猫も同じように病気になりやすく、その原因は猫本人が自分で傷をなめて治療しようと試みて失敗するケースがあり病気であることを周囲に悟られることを嫌って病気が悪化してしまうこともありますので、犬に限らず、すべての生き物は普段と様子が異なる場合、獣医さんに相談できるのであれば相談をするべきです。

犬の散歩後のケアについて

散歩後のケア1・足拭き

犬の散歩後のケアにおいて重要なのは、足ふきでこれは足に付着した菌を取り払うことが目的です。通常の野生の犬の場合、このようなことをする必要性はありません。なぜなら自然界で過ごしているがゆえ、菌に対する耐性があるため、少々の菌が足に付着しても問題ないがゆえです。しかし、飼い犬の場合衛生環境が整いすぎているためペット自体が金に対しての体制が低いがゆえ、足ふきをする必要性があるのです。特に足は、ちょっとした傷でも飼い犬の場合、菌に対するが低いのでちょっとした雑菌でも可能してしまうケースが多いのでできれば足ふきをきちんとしてから、自宅に入れるようにします。なお、足ふきをしている際に傷がある場合、犬が嫌がらないのであれば傷を消毒してあげて傷をテーピングするのもよい方法になり、これを行っておくと雑菌が内部に入り込むことは無いでしょう。

足を拭いた後は濡れたままにしない!指間炎の原因となる

足さえきれいにすればそれでよしで別に足は濡れたままで大丈夫だろうという考えは実はいけません。なぜなら、体毛に付着した菌が繁殖して、し足の指が炎症を起こす原因になるがゆえです。よって、脚をきれいに洗浄した後は、綺麗に拭いてあげるまでを行うとよいでしょう。足をきれいに拭いてあげることで菌が繁殖するだけの水分がなくなるうえ菌自体が吹いたタオルのほうに移りますのでペット側の足は清潔な状態になります。そのうえで、注意してほしい点としては、体毛が少ないペットほど案外と足を清潔にしていないと雑菌が簡単に皮膚に付着して繁殖し、炎症を起こす点です。炎症を起こした場合、抗生物質などで治療を行いますが、炎症に気が付かなかった場合、まったく歩けない状態になりますのでできるだけ足を濡れたままにしないであげてください。

散歩後のケア2・ブラッシング

散歩後においては、ブラッシングは重要で、ブラッシングを行うのは、ペットの毛に絡みつく不穏分子を取り去るためにブラッシングを行います。たとえば、土などが付着している場合、土には様々な生物だったり、微生物がおり、あまり良い生物でないケースも多いです。たとえばノミに微生物であれば、アメーバーのような生物はペット側に足しいて悪影響を及ぼします。ダニはペットの皮膚をかじり、皮膚病の現認になりますし、アメーバーという生物においては、まれに脳に侵入したりして脳を解かしたりもしますので一応ブラッシングをして不順なる生物を取り去るというのが良いでしょう。なおアメーバーの場合、水分が含まれた環境下でしか生きることができないので、ペットが濡れている場合は、生存できますが、ペットの体毛が乾けば、死滅するのでブラッシング時にペットの体毛が渇いた状況下にあり、かつ体毛自体はシャンプーなどで一度洗浄しているのであれば気にする必要はありません。

散歩後は埃や土などで汚れている!ノミ・ダニ予防のためにもブラッシングをしましょう

散歩後はペットは土で汚れいているケースが多く、ノミがダニ体毛に付着しているケースが多いです。なので、ノミやダニを予防するためにもブラッシングをしてペットをきれいな状態にしておくことが重要です。これを怠るとノミがペットの皮膚をかじったりして皮膚病になるケースも多く、ノミ自体がペットの皮膚の下に入り込んで卵を産んで繁殖することも考えられます。こうなりますと、ノミを駆除する薬剤を使用して体内に入り込んだノミまでを退治しつくさないと皮膚の治療ができないので、そうならないためにも、まずはブラッシングという方法でのみを除去していくわけです。最初にブラッシングでノミやダニを除去しておけば万が一ノミの被害を受けてもペットのノミの被害は軽微になるのです。

関連ページ:【犬のシャンプーの頻度】犬のシャワーの回数・やり方/子犬のシャンプーはいつから?

散歩後のケア3・水分補給

散歩後においては、水分を補給するということはかなり重要です。犬は、体にたまった熱を舌から放出しますが、それでも放出しきれない熱は、水分を取ることで放熱を行い体温を下げます。また、水分を取るという行動は、のどを潤すという行動でもあるので暑さによりのどが渇くという人間の生理現象と同じ現象がペットの犬にも起きているので水分を与えるということはとても重要な行為になります。では、水分を与えないとどうなるかですが、熱射病という熱で体温調節ができなくなる病気になるケースも多く、特に真夏においては、熱のコントロールができずに、そのまま亡くなってしまうペットもいますので、生物においては散歩後であろうと散歩中であろうと水分を補給することは重要です。

散歩後のケア4・栄養補給

散歩後のケアにおいて重要なのは栄養補給で消費したカロリー分の栄養を補給することが重要です。そのうえで注意すべくは、消費したカロリーの量以上の栄養を与えた場合、肥満という原因になる点が注意点です。ではなぜ、そのようなことになるかですが、実は犬という生き物は、猫やフクロウという生物と異なり、えさを別の時間に食べたり、貯蔵するという考えはありません。つまり、その場にある物すべてが今日の食糧であると考えるので、飼い主が必要以上の量を与えた場合、ペットである犬は、その餌をすべて必要なものだと認識します。これが肥満の原因で、飼い主側が食事をコントロールしてあげることも重要になるのです。

犬の状態(年齢・犬種・疾患など)に合ったドッグフードを選びましょう

ペットにドックフードを与える場合、年齢や、犬種のほか病気を持っているかどうかで実はペットフードは変わります。たとえば、肥満気味、もしくは肥満である場合、ペットに与えるべきエサは、カロリーが少ないうえで、よく噛まないといけないペットフードなどを与えますが、完全に病気である場合、疾患にあったペットフードを与えないといけません。たとえば、心臓に病気がある場合、実は心臓病用のペット用のペットフードというものがあり、心臓に負荷をかけることなく食べることができる物があり、そうしたものを与えるとよいでしょう。そして、年齢と犬種も重要なドックフード選びのポイントで、犬種は、えさの大きさに影響を及ぼし、年齢はあごの強さを年齢から計算してエサが作られるので餌自体の硬さという形で反映されます。年齢、犬種、病気の在りなし、この3つがペットにとってベストなコンディションを作り出す餌となります。

犬が散歩で歩かないのはわがまま?原因と対策のまとめ

犬が歩かないのは、歩かないのではなく、歩けないというほうが正しいです。子犬は、まだ視力が弱い上、外の情報に敏感なので、外の世界は恐怖でしかないわけです。そこに人間が介入して無理やり歩かせようとした場合、おそらく子犬はトラウマを抱えるだけで以後散歩に行こうとすら思わないでしょう。よって、歩かない場合、無理に歩かせるのではなく、徐々に外の刺激に慣れさせて歩かせていくという方針を取るほうが良いです。なお、老犬になりますと今度は歩きたくとも歩けない老いとの戦いになるので、こちらについては飼い主さんができるだけ老犬のペースに合わせて老犬の老いと戦いつつ、散歩をさせて、筋肉が弱らないようサポートしてあげる感じで付き合っていくのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました