【犬のシャンプーの頻度】犬のシャワーの回数・やり方/子犬のシャンプーはいつから?

犬のシャンプーの目的/ノミ・ダニの除去やきれいな被毛を保つために必要

犬のシャンプーの目的/散歩中についたノミ・ダニを除去する

犬の運動不足解消、ストレス軽減のために、散歩をさせている飼い主さんが多いです。散歩をすると、犬の体にダニやノミなどの寄生虫が発生する原因になります。定期的に動物病院で、駆除剤を購入してお手入れをしている人が多いです。犬はシャンプーをすることで、皮膚を清潔に保ち、ダニやノミなどの寄生虫を防ぐ効果があります。犬は月に1回から、2回程度の頻度でシャンプーをするのがお勧めです。犬のシャンプー剤には、被毛を美しく保つための美容効果の高い商品、ダニやノミなどを防ぐ効果のある薬用の商品が販売されています。外に散歩をさせる習慣がある場合は、薬用のシャンプー剤を使用すると良いでしょう。安全性が高く、皮膚への刺激が少ない商品がお勧めです。

犬のシャンプーの目的/皮膚疾患の予防や早期発見(健康管理)

犬は皮脂や埃、花粉、塵などで、体が汚れてしまったり、アレルゲンになるものが皮膚に付着すると皮膚疾患などの原因になってしまいます。アレルギー体質の犬は、ダニや埃、塵、花粉などが原因で、皮膚の痒みや湿疹などの皮膚疾患、脱毛、赤みなどの原因になります。定期的にシャンプーをすることで、アレルゲンを取り除いたり、皮脂による毛穴の詰まりを防ぐ効果があります。犬をシャンプーする前に、皮膚に異常がないか確認する習慣を付けることが大事です。ダニやノミなどに寄生されてしまうと、皮膚の赤み、痒みなどが見られることがあります。皮膚に疾患が見られる場合は、動物病院の獣医師に相談しましょう。皮膚に疾患があると、頻繁にシャンプーをすると悪化することがあります。

犬のシャンプーの目的/スキンシップ、信頼関係を作る

犬はシャンプーをすることで、皮膚の清潔を保ち、皮膚疾患やアレルギーなどを予防することが出来ます。シャンプーの時間は、体を清潔に保つだけでなく、犬と触れ合うことで信頼関係を築くことが可能です。最初はお風呂を嫌がることがありますが、シャンプーの時間が嫌にならないように工夫をすることが大事です。シャンプーが苦手な犬の場合は、脚だけシャワーを掛ける、脚だけ洗うなど少しずつ慣れさせると良いでしょう。幼齢の時期から、シャンプーをする習慣を付けることで、お風呂を嫌がらなくなります。犬には優しく話掛けたり、体を洗ってあげることで安心感を得ることが出来ます。シャンプーに慣れてくると、犬とのコミュニケーションの場になります。

犬がシャンプーを嫌がる!?犬はシャワー・お風呂が嫌い?

犬がシャンプーを嫌がる理由1/シャワーやドライヤーなどの音が怖い

犬がシャンプーを嫌がる時は、何らかの理由がある場合が多いです。犬は人間に比べると、聴覚が発達しているのでドライヤーやシャワーの音が苦手だと感じることがあります。ドライヤーが苦手な犬の場合は、なるべくタオルドライをして、水気を切っておきましょう。水気を切っておくことで、ドライヤーを掛ける時間を短縮出来ます。ドライヤーを選ぶ時は、音が静かで風力や温度調整がしやすい商品がお勧めです。音の静かなドライヤーを使用することで、体の負担を減らすことが出来ます。高い温度で乾かすと、火傷の原因になるので低めの温度に設定をして、ドライヤーを体から離すことで、火傷を防ぐことが出来ます。最初はシャワーの音を怖がりますが、少しずつ慣れてきます。

犬がシャンプーを嫌がる理由2/顔に水がかかるのが怖い

聴覚が敏感な犬、水が苦手な犬の場合は、シャンプーを嫌がることがあります。体を清潔に保つためには、シャンプーは欠かすことが出来ないので、少しずつ慣れさせる必要があります。水が苦手な犬の場合でも、脚やボディーなどは、シャワーをゆっくり掛けて、シャンプーをすると嫌がらないことが多いです。犬は顔に水が掛かるのを嫌がることがあります。水や薬剤が目に入らないように注意をしたり、耳を洗う時は優しく丁寧に行うことが大事です。顔に水が掛かるのを嫌う場合は、無理に洗わないことが大事です。ペット用のボディータオル、ウェットティッシュ、蒸しタオルなどで優しく顔を拭いてあげると良いでしょう。涙やけなどがある場合は、目の周囲を清潔に保つことが大事です。

犬がシャンプーを嫌がるときの対策1/水に慣れることからはじめる

洋犬に比べると、日本犬は水を嫌がることが多いため、シャンプーを嫌がるので悩んでいる人が少なくありません。水が嫌いな犬の場合は、お風呂の時間が嫌にならないように、対策をしておくことが大事です。お風呂場に入れても、すぐにシャンプーを使用とせずに、犬が落ち着くまで遊んであげるのも良いでしょう。犬と遊んであげたり、体や頭を撫でてあげることで、不安を軽減することが出来ます。優しく声を掛けたり、ほめてあげるのもお勧めです。お風呂の時間が嫌にならないように、シャンプーがうまく出来た時は、おやつなどのご褒美を与えてあげるのもお勧めです。シャンプー後におやつを与えてあげることで、お風呂の時間を嫌がらなくなります。ご褒美を与えるのもお勧めです。

犬がシャンプーを嫌がるときの対策2/足だけ洗うことからはじめる

犬は水を嫌う場合があるので、飼い主はお風呂やシャンプーの時間を嫌いにならないように、配慮をする必要があります、お風呂場に入れた時は、すぐにシャンプーをしようとはせず、愛犬に優しく声を掛けたり、体や頭を撫でてあげることも大事です。飼い主とスキンシップをすることで、安心感を得る効果があります。水を嫌がる犬の場合は、水に慣れさせるために脚だけ、シャワーを掛けるのがお勧めです。水を嫌う犬の場合でも、脚だけであれば問題ないことが多いです。最初はなるべく短時間で済ませるようにして、他の体の部位はペット用ボディータオル、蒸しタオル、ウェットティッシュなどで拭いてあげると良いでしょう。何回かすると慣れてくるので、ボディーを洗ってあげると良いでしょう。

子犬のシャンプーはいつからはじめればいい?

子犬のシャンプーをはじめる時期/1回目のワクチン完了後

子犬の1回目の混合ワクチンは生後2~3カ月に打つ

子犬の頃から、お風呂に入ってシャンプーをする習慣を付けると、水が掛かるのを嫌がらないようになります。子犬はいつ頃から、シャンプーをして良いのか知っておきたい人が増えています。基本的には、最初のワクチン接種をする生後2、3か月ぐらいがお勧めです。ワクチンは義務ではありませんが、定期的に摂取をすることで病気を予防することが出来ます。ワクチン接種をすることで、感染症などを防ぐ効果があります。ワクチン接種をしてから、2、3日後ぐらいにシャンプーをするのがお勧めです。ワクチン接種をした直後は、発熱や体調不良が見られる場合があるので、お風呂やシャンプーは避けることが大事です。初めて犬を飼育する人は、動物病院の獣医師に相談しましょう。

ワクチン当日はストレスがかかるため避ける

子犬は成犬に比べると、体が未発達で体調を崩しやすい傾向があります。感染症などの病気を予防するために、ワクチン接種を受けておきましょう。狂犬病ワクチンは義務付けられていますが、混合ワクチンは任意になっています。混合ワクチンをすることで、怖ろしい病気から愛犬を守ることが出来ます。子犬は生後2、3か月頃に1回目のワクチン接種をします。ワクチン接種をした当日は、発熱や体調不良などが見られることがあります。シャンプーやお風呂などは、ストレスになるので当日は避けることが大事です。ワクチン接種から、2、3日を過ぎた頃に、お風呂場でシャンプーをしてあげると良いでしょう。子犬の頃から、シャンプーをすることで嫌がらなくなります。

ワクチン摂取の2~3日後のシャンプーがおすすめ

子犬は成犬に比べると、体が未発達なので病気をしやすい傾向があります。離乳後は母乳の免疫が無くなるので、感染症などの病気に罹りやすくなります。混合ワクチンを接種することで、怖ろしい感染症から子犬を守ることが出来ます。1回目の混合ワクチンは、生後2、3か月頃に行うのが一般的です。ワクチン接種をした当日は、ストレスを感じたり、体調不良が見られることがあるので、お風呂やシャンプーは避けることが大事です。ワクチン接種をしてから、2、3日を過ぎると体の調子が良くなるので、シャンプーをしてあげると良いでしょう。お風呂やシャンプーを嫌がらないように、優しく声かけをしてあげたり、体を撫でてあげるなどのコミュニケーションを取ることが大事です。

犬のシャンプーの頻度/月に1~2回がベスト

頻繁に洗うと自分の匂いが消えてストレスになる

犬はシャンプーをしてあげることで、体の汚れ、皮脂、花粉、埃や塵などを落とすことが出来ます。定期的にシャンプーをすることで、皮膚を清潔に保つことが出来ます。シャンプーの適切な頻度は、月に1回から2回程度です。頻繁に体を洗ってしまうと、自分の臭いが落ちてしまうので、犬にはストレスに感じることがあります。体の臭い、汚れなどが気になる時は、シャンプー剤を使わずにお湯だけで、体の一部だけ洗ってあげると良いでしょう。シャンプー剤には薬剤が入っているので、皮膚が弱い犬は頻繁に洗ってしまうと、湿疹などの皮膚疾患、皮膚の赤み、乾燥による痒みなどの原因になります。自分の体臭がなくなると、落ち着かなくなりストレスを感じやすくなります。

頻繁に洗うと必要な皮脂を洗い流してしまい皮膚炎の原因となる

犬の皮脂は、皮膚を保護する役割をしており、バリア機能を高めることが出来ます。犬の皮膚を清潔に保つためには、シャンプーは必要ですが、あまり頻繁に行うのはよくありません。シャンプーを頻繁にすると、皮膚に必要な皮脂を落としてしまい、皮膚が乾燥してバリア機能が低下します。皮膚が乾燥すると、湿疹などの皮膚炎の原因になってしまいます。犬用のシャンプー剤は、低刺激でお肌に負担が少ないですが、薬剤が含まれているので痒みや赤みなどの原因になってしまいます。犬のシャンプーは、月に1回から、1回程度が最適な頻度です。散歩などで脚や体が汚れた時は、濡れタオルやウェットティッシュなどで拭いてあげると良いでしょう。ペット用のボディータオルなどを常備しておくのもお勧めです。

シャンプーの手順1・ブラッシング、毛のからみをほぐす

シャンプーをする時は、事前に準備をしておく必要があります。長毛の犬種はもちろんですが、短毛の場合でも毛が絡まっていることがあります。高品質で上質なブラシを使って、優しく丁寧にブラッシングをしておきましょう。ブラッシングをすることで、毛が絡んでいてもほぐすことが出来ます。毛のからみをほぐすだけでなく、埃や花粉、抜け毛などを取り除くことが出来ます。シャンプーをする前に、必ずブラッシングをしてあげることが大事です。

シャンプーの手順2・体からお湯をかけ顔は最後に濡らす

犬のシャンプーをする時は、手順が大変重要になってきます。人肌よりもやや温かい37度から、38度ぐらいが適温です。人間よりはお湯の温度はぬるめにするのがポイントです。シャンプーをする時は、脚などの体の下の部分から洗っていくのがお勧めです。シャンプーを手でしっかりと泡立ててから、脚からボディーを洗っていきます。犬は顔が濡れるのを嫌うので、最後に洗うのがポイントです。顔を洗う時は、シャンプー剤が入らないように優しく洗いましょう。

お湯の温度はぬるめ(38℃くらい)

犬を洗う時は、お湯の温度にも適温があります。水で洗ってしまうと、体が冷えてしまうので避けたほうが良いでしょう。熱いお湯は犬の体に負担になってしまうので、人肌よりもやや温かい程度の37度から、38度ぐらいが適温です。人間のお風呂の適温よりも、やや低めの温度にしてあげると良いでしょう。犬のシャンプーをする時は、屋外は避けてお風呂場で洗ってあげると良いでしょう。屋外で体を洗うと、冷えてしまうので注意が必要です。

シャンプーの手順3・泡立てたシャンプーで体から洗い最後に顔を洗う

犬は1か月に1回から、2回程度シャンプーをすることで、皮膚を清潔に保つことが出来ます。花粉やカビ、埃などのアレルゲンを取り除けるので、アレルギー疾患などの予防になります。犬を洗う時は、シャンプー剤を適量手に取り、しっかりと泡立てるのがポイントです。犬の脚からボディー全体に泡をなじませて、優しく丁寧に洗ってあげましょう。シャンプー剤を泡立てることで、皮膚への負担を減らしたり、皮脂や汚れをしっかりと落とすことが出来ます。
顔を洗うのは最後にするのがポイントです。

シャンプーが目に入らないように注意

犬のシャンプーの手順は、脚元からお湯で濡らしておき、脚からボディーを洗っていきます。顔は最後に洗うのがポイントです。顔を洗う時は、目にシャンプー剤が入らないように注意をしましょう。顔は大変デリケートな部位なので、指の腹を使って丁寧に優しく洗ってあげることが大事です。シャンプーの薬剤が目に入らないように、気を付けることが大事です。犬の目は大変デリケートなので、薬剤が入ると目の赤みなどの原因になってしまいます。犬のシャンプー剤を選ぶ時は、無添加で安全性の高い商品を選んでおくと良いでしょう。

耳の裏や内側も洗う

犬の耳は大変デリケートなので、シャンプーをする時は耳穴に水が入らないように気を配ることが大事です。耳は汚れやすい部分なので、優しく丁寧に耳の内側、裏などを洗うのがポイントです。お湯でシャンプー剤をすすぐ時は、立ち耳の場合は水が入らないように、少し前に倒すようにすると良いでしょう。顔はデリケートな部位なので、涙やけがある場合は、ガーゼなどを使って優しく汚れを落とします。耳は汚れやすい部位ですが、力を入れて洗うのは避けて下さい。

シャンプーの手順4・すすぎは顔から

犬のシャンプーは、脚からボディーなどの下半身から、しっかりと泡立ててから優しく丁寧に洗います。顔は大変デリケートな部位なので、力を入れずに優しく丁寧に洗うことが大事です。涙やけなどがある場合は、目に薬剤が入らないように慎重に洗いましょう。耳は大変デリケートな部位なので、耳穴に水が入らないように注意が必要です。皮膚に優しいタオル素材の布、脱脂綿などで耳に水が入ったら、拭いてあげると良いでしょう。犬のシャンプーは、お湯で顔からすすぐのがポイントです。

シャンプーの手順5・タイルドライ&ドライヤー

犬のシャンプーが終わったら、吸水性、速乾性に優れたオーガニックコットン素材のタオルを使って、優しく丁寧に水気を切っておきます。水気をしっかりと取り除くことで、ドライヤーで乾かす時間を短縮することが出来ます。ドライヤーの熱は、皮膚への刺激が強くなるので、低い温度で乾かすのがポイントです。高い温度で乾かしてしまうと、火傷の原因になります。犬の体とドライヤーが近すぎると、犬の体に負担が掛かるので少し話すのがポイントです。

シャンプーの手順6・ブラッシング

犬のシャンプーをする前に、長毛種はもちろんですが、短毛種の場合でもブラッシングをしておくのがポイントです。ブラッシングをすることで、毛のもつれをなおせますし、抜け毛などを取り除くことが出来ます。皮膚への刺激が少ない、良質なブラシを使用することで、埃や塵、花粉、ごみなどを取り除くことが出来ます。アレルギー疾患の原因になる、アレルゲンを取り除けるので病気を予防出来ます。シャンプーをする前に、ブラッシングを行う習慣を付けましょう。

犬のシャンプーの注意点1・犬猫専用のシャンプーを使用する

犬のシャンプー剤は、犬専用の商品を選ぶことが大事です。人間のシャンプー剤は、着色料や香料などが入っているので、犬の皮膚には刺激になることがあります。人間のシャンプーは、洗浄力が強すぎるので、皮膚疾患などの原因になってしまいます。犬用シャンプーは、着色料、香料などを使用しておらず、無添加で弱酸性の商品がお勧めです。洗浄力がマイルドな商品を選んでおくと、体に必要な皮脂は落とすぎないので安心です。薬用や美容用のシャンプーがあります。

犬のシャンプーの注意点2・室内犬でも月に1回のシャンプーをする

現在は感染症や交通事故などを防ぐために、完全室内飼いをしている飼い主さんが増えています。室内で飼育をしていても、埃やカビ、花粉などのアレルゲンが体に付着しています。犬の体を清潔に保ち、皮膚疾患を予防するためには、室内飼いの場合でも定期的なシャンプーは必要です。シャンプーは、基本的には室内のお風呂で行うのがベストです。事前にブラッシングをしておくことで、フケや抜け毛、埃、塵などを取り除くことが出来ます。

犬のシャンプーの注意点3・ペットサロンに行っていても自宅でシャンプーをする

日本犬は洋犬に比べると、水を嫌う傾向があるので、自宅でシャンプーをするのが大変だと感じる人が多いです。ペットサロンでは、専門的な知識を持ったスタッフが在籍をしているので、犬の体に負担が少なく、きれいにシャンプーをしてくれます。ペットサロンは、ある程度の費用が掛かるので、頻繁にいくのは難しいことがあります。ペットサロンに通院をしていても、自宅でもシャンプーは必要です。顔を洗う時は、耳穴に水が入らないようにしたり、目に薬剤が入らないように注意しましょう。

犬のシャンプーの注意点4・老犬は心臓に負荷がかかるため体調が良い日を選んでシャンプーする

老犬は成犬に比べると、心臓などの臓器の機能が低下しています。心臓の機能が低下していると、シャンプーは体に負担になることがあります。老犬はその日によっては、体調が優れないことがあるので、食欲が低下している時、寝てばかりいる時は避けたほうが良いでしょう。比較的体調が良く、暖かい日を選んでシャンプーをするのがお勧めです。長時間体を洗ったり、ドライヤーをかけると負担になるので、タオルドライをしておくと良いでしょう。

犬の被毛をきれいに保つ/シャンプー以外の方法や犬と一緒にお風呂に入るときの注意点

方法1・散歩後はウエットティッシュや濡れタオルで体を拭く

犬は散歩をすることで、ストレスを軽減したり、運動不足を解消することが出来ます。散歩はとても楽しいですが、外出をするとダニやノミなどの寄生虫が付着したり、塵や花粉、カビなどが付着しやすくなります。散歩をした時は、ウェットティッシュや濡れタオルなどで、優しく体を拭いてあげると良いでしょう。脚の裏は汚れやすいので、家に上げる前に拭いておくことが大事です。ウェットティッシュや濡れタオルを使用することで、体に付着した汚れを取り除けます。

方法2・ドライシャンプーを使う

犬の体を清潔に保つために、シャンプーは欠かすことが出来ませんが、子犬や老犬の場合は、その日の体調によってはシャンプーは体の負担になることがあります。お湯を使わずに体を清潔にしてあげたい場合は、市販のドライシャンプーを使用すると良いでしょう。ドライシャンプーは、ペット用品専門店、インターネット通販の専門店で購入することが出来ます。ドライシャンプーは、体を濡らす必要がないので子犬や老犬の体に負担が少ないです。

方法3・湯シャンする

犬用シャンプーは、無添加で弱酸性の商品が多いので、人間用のシャンプーに比べると皮膚への刺激が少ないのが特徴です。犬用シャンプーには、薬剤が入っているので頻繁に使用すると、皮膚が乾燥してバリア機能が低下します。皮膚の弱い犬は、皮膚の痒み、赤みなどの原因になってしまいます。犬用シャンプーは、月に1回程度にして、シャンプー剤を使わずにお湯だけでシャンプーをすると良いでしょう。お湯を体全体に掛けてあげることで、体の汚れがある程度は落ちます。

方法4・毛並みや毛艶を良くするドッグフードを選ぶ

愛犬の被毛を美しく保つために、良質なシャンプー剤を使っている人が増えています。犬の毛並みや艶を良くするためには、外側からと内側のケアの両方が必要です。犬の毛艶を良くしたり、毛並みを美しくするためには、良質なドッグフードを選ぶことが大事です。無添加で安全性の高いチキンや牛肉、魚類、玄米などを原料にした商品がお勧めです。タンパク質の含有量が多く、脂肪酸や食物繊維が入っている商品が人気です。嗜好性が高く、香りの良いドッグフードを選びましょう。

質の良いタンパク質が多く含まれているものを選ぶ

美しい被毛を作るためには、良質なドッグフードを選ぶことが大事です。犬の毛はタンパク質で作られているので、大豆や牛肉、チキンなどの良質なタンパク質が豊富に含まれている商品がお勧めです。タンパク質は、犬の体に欠かせない大事な栄養素のひとつです。老犬の場合でも、一日に適量は補う必要があります。ドッグフードを選ぶ時は、高たんぱく、低脂肪、低カロリーな無添加の商品がお勧めです。小麦アレルギーがある場合は、グレインフリーのドッグフードを選びましょう。

不要な成分が無添加のものを選ぶ

犬の健康を維持したり、毛並みを美しく保つためには、安全性が高く、消化吸収の良いドッグフードを選ぶことが大事です。合成着色料や香料、人工甘味料が含まれているドッグフードは避けることが大事です。キシリトールなどの人工甘味料、合成着色料や香料などは、犬の体に害がある可能性があります。ドッグフードを選ぶ時は、無添加で安全性に優れた商品を選びましょう。口コミで評価の高いドッグフードは、価格は高めですが、良質な原料だけを使用して製造されています。

腸内環境を整える成分配合のものを選ぶ

ドッグフードを選ぶ時は、体の健康を維持したり、美しい被毛を作るために良質な商品を選びましょう。腸は消化、吸収、排泄をするための非常に大切な臓器です。腸内環境が悪くなると、臭いの強いおならや便が出たり、軟便や下痢などの原因になります。腸内環境が悪くなると、体の免疫力が低下してしまい、被毛に艶が無くなることがあります。ドッグフードを選ぶ時は、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、善玉菌の餌になるオリゴ糖などが入っている商品がお勧めです。

注意点・犬と一緒に湯舟につかるのはNG!

犬をバスタブに入れても良いか、知っておきたい人が増えています。犬に皮膚疾患などがない場合は、基本的にはバスタブに入れても問題はありません。人間用のバスタブに犬を入れるのは、抵抗を感じる場合は、犬専用のバスタブを購入しておくと良いでしょう。超小型犬の場合は、ベビーバスなどでも対応出来ます。犬と一緒に入浴をしたい人が多いですが、人獣共通感染症のリスクが上がるので、避けたほうが良いでしょう。人間の体だけでなく、犬の体にも悪影響が出ることがあります。

パスツレラ症とは

パスツレラ症は、犬の口腔内、爪などにパスツレラ症菌が存在していますが、キスをしたり、噛まれたり、ひっかかれることで発症します。パスツレラ菌に感染すると、手がパンパンに腫れてきたり、痛みや炎症などの原因になります。肺や気管支などの呼吸器系の異常が見られることがあります。パスツレラ症を予防するためには、寝室に犬を入れないようにしたり、キスをしたり、噛まれないようにすることが大事です。皮膚科や内科、外科などを受診しましょう。

皮膚糸状菌症とは

犬は皮膚糸状菌症に罹ると、円形状の脱毛が見られたり、皮膚の痒み、赤みなどの原因になります。
皮膚糸状菌症とは、真菌が原因で罹る病気です。皮膚糸状菌症の犬を抱っこしたり、寝室などに入れていると感染してしまうことがあります。病気の疑いがある場合は、早めに動物病院の獣医師に診察をしてもらい、病気を診断してもらいましょう。皮膚糸状菌症に罹っている場合は、外用薬や内服薬で治療をします。皮膚糸状菌症は人に感染するので早めに治療をしておくことが大事です。

トキソカラ症とは

トキソカラ症とは、犬回虫などの寄生虫による病気です。発熱や咳などの原因になります。トキソカラ症は、犬の糞が入った土が、幼児の口に入ることで感染しやすくなります。病気を予防するためには、定期的に動物病院で検査をしてもらい、駆除剤を処方してもらう必要があります。早い段階で治療を始めることで、人間に感染するのを防ぐ効果があります。犬とは寝室を別にしたり、幼児の部屋に入れないようにしましょう。トイレを掃除する時は、必ず手袋をしてよく手を洗いましょう。

犬のシャンプーの頻度・やり方のまとめ

犬は定期的にシャンプーをすることで、皮膚を清潔に保ち、皮膚疾患やアレルギーなどを予防出来ます。頻繁にシャンプーをすると、体に必要な皮脂を洗い流してしまうので、皮膚のバリア機能が低下します。皮膚のバリア機能が低下すると、皮膚疾患に罹りやすくなります。月に1回から、2回ぐらいが適切な頻度です。犬の皮膚は大変デリケートなので、犬専用のシャンプー剤を選ぶ必要があります。無添加で弱酸性の商品を選んでおくと、皮膚に負担が少なくなります。犬は自分の臭いが消えてしまうと、ストレスを感じるので、頻繁に洗うのは避けましょう。散歩から帰ってきた時は、ウェットティッシュや濡れタオルで、足の裏、ボディーなどを拭いてあげることで清潔を保てます。シャンプーをする前に、毛の絡みをほぐしたり、抜け毛を取り除くためにブラッシングをしておくのがポイントです。

タイトルとURLをコピーしました