【犬にヨーグルトは大丈夫?】老犬・子犬は?おすすめの種類や量について

犬にヨーグルトを食べさせて大丈夫?老犬や子犬にあげてもいい?

犬にヨーグルトを食べさせても大丈夫!全く問題ありません

ヨーグルトは牛乳で作られているので、犬に与えてもよいか知りたい人が増えています。牛乳は乳糖が含まれているので、うまく消化できず軟便や下痢などの原因になってしまいます。ヨーグルトは、牛乳を発酵させているので乳糖が分解されており、犬に与えても問題ないケースが多いです。乳酸菌などの善玉菌、ビタミンなどが豊富に含まれているので、適量を食べさせてあげると、お腹の調子が整ってきたり、体の免疫力を向上させる働きがあります。基本的には犬に与えても良いですが、下痢や軟便などでお腹の調子が良くない時、アレルギー疾患などがある場合は、ヨーグルトは与えないほうが良いでしょう。健康な犬の場合は、適量であればヨーグルトを食べるのは問題ありません。

ヨーグルトは乳糖(ラクトース)の含有量が少ない

ヨーグルトは、牛乳を発酵させて作られているので、乳糖が分解されており、乳糖(ラクトース)の量が少ないのが特徴です。犬は乳糖(ラクトース)は、うまく消化できないので、牛乳を飲んでしまうと下痢や軟便、腹痛などの原因になってしまいます。老犬や子犬には、牛乳は与えないようにしましょう。ヨーグルトは、乳糖(ラクトース)が分解されているので、安全性が高いのが特徴です。犬に与える時は、プレーンヨーグルトだけを与えるようにして下さい。果実などが入っているヨーグルトは、犬が食べてはいけない果物がありますし、糖分が多いので肥満などの原因になってしまいます。犬に与える時は、砂糖が入っていないプレーンヨーグルトを選びましょう。

牛乳は乳糖(ラクトース)の含有量が多いためNG

牛乳はヨーグルトとは違って、乳糖が多く含まれているため、犬に飲ませてしまうと下痢や軟便、腹痛などの原因になってしまいます。スーパーマーケットやドラッグストアなどで、販売されている牛乳は与えないことが大事です。体の免疫力が低下している老犬や、体の成長が未発達な子犬には、牛乳を与えると重い症状が見られる場合があります。ヨーグルトは牛乳を発酵させて作られているので、安全性に優れていますが、アレルギー体質の犬には与えないほうが良いでしょう。人間とは違って、犬は牛乳に含まれている乳糖は健康面に悪影響が出てしまいます。犬の飼育が初めての人は、犬に与えて良い食べ物、与えてはいけない食べ物などを知っておくことが大事です。

与えすぎると下痢や腹痛の原因に!あげすぎは注意しましょう

ヨーグルトは牛乳が原料になっていますが、発酵させて作られているので、乳糖の量が少なく安全性が高いのが特徴です。基本的には、プレーンヨーグルトは犬に与えても良いですが、適量を知っておく必要があります。体の小さい超小型犬、小型犬などは大量に食べさせてしまうと、下痢や軟便、腹痛などの原因になってしまいます。中型犬や大型犬の場合でも、適量を超えて与えてしまうと、下痢や軟便、腹痛などの原因になるので注意が必要です。アレルギー体質の犬は、健康な犬に比べると体が弱くデリケートなので、なるべくヨーグルトは与えないことが大事です。ヨーグルトは体の免疫力を高めたり、腸内環境を整える働きがありますが、適量を知っておく必要があります。

犬にヨーグルトを与えるときの注意点/種類・量・アレルギーなど

注意点1・犬に与えても大丈夫なヨーグルトの量について

小型犬

ヨーグルトは、体の免疫力を向上させたり、腸内環境を整える働きがあります。適量であれば、犬に与えてあげると夏バテを予防したり、健康維持に役立てることが出来ます。小型犬は、体が小さいのでヨーグルトは、スプーン1杯分ぐらいが適量です。食欲不振の時にヨーグルトを食べさせてあげると、体の免疫力を高めることが出来ます。小型犬は体が弱くデリケートなので、ヨーグルトを与えすぎると下痢や軟便、腹痛の原因になるので適量を覚えておくことが大事です。

中型犬

中型犬は小型犬に比べると体格があり、比較的体力があるのが特徴です。ヨーグルトは、基本的には犬が食べても問題のない食べ物です。中型犬の場合は、スプーン2杯分ぐらいが適量になっています。暑い時期で食欲がない時、いつも与えているおやつの代わりなどに与えてあげると良いでしょう。ヨーグルトは、乳糖が少ないのが特徴ですが、食べすぎるとお腹を壊してしまうので注意が必要です。ヨーグルトを食べてから、お腹が緩くなった時は量が多すぎる可能性があります。

大型犬

大型犬は、小型犬、中型犬に比べると筋肉量が多く、体重が重いのが特徴です。大型犬の健康維持のためにヨーグルトを与えている人が多いです。大型犬もヨーグルトを食べすぎると、お腹が緩くなったり、痛くなることがあります。大型犬の場合は、スプーン4杯から5杯ぐらいが適量です。それ以上だと多すぎるのできちんと計量をしてから、与えてあげることが大事です。ヨーグルトを食べても、お腹が緩くならない場合は適量だと言えます。

便が柔らかくなる場合は量を減らしましょう

基本的には犬には、ヨーグルトを食べさせても問題ないケースが多いですが、いくつかの注意点があります。ヨーグルトは牛乳を原料にして作られているので、犬の体質によっては、乳糖をうまく分解できないケースがあります。体の免疫力が低下している老犬の場合は、うまく乳糖を分解することが出来ず、便が緩くなってしまうことがあります。持病を持っている老犬には、ヨーグルトは与えないほうが良いでしょう。子犬は消化器官が未発達なので、少量のヨーグルトでも、便が緩くなってしまうことがあります。子犬の場合は下痢をして、脱水をしてしまうと命を脅かすことがあるので、なるべく与えないことが大事です。ヨーグルトを食べて便が緩くなった時は、獣医師に相談しましょう。

注意点2・乳腺品アレルギーがある場合は控えましょう

犬は犬種が多いのが特徴になっており、体の大きさにも違いがあるので、ヨーグルトなどの乳製品が体質に合わないことがあります。乳腺品アレルギーがある場合は、動物病院の獣医師に相談をしたり、なるべく与えないことが大事です。乳腺品アレルギーがある場合は、ヨーグルトを与えてしまうと健康面に悪影響が出てしまうことがあります。犬を飼育する前に、動物病院の獣医師に相談をしたり、犬の飼育歴が長い友人などにアドバイスを受けておくと良いでしょう。ヨーグルトは、安全性の高い製法で作られており、乳糖の量が少ないのが特徴です。健康な犬の場合は、適量は与えても問題ないことが多いですが、乳腺品アレルギーがある場合は注意が必要になります。

乳製品アレルギーの症状/下痢、嘔吐、湿疹

犬にヨーグルトを与える点では、いくつかの注意点があるので理解しておくことが大事です。乳製品アレルギーの犬にヨーグルトを与えてしまうと、下痢や軟便、お腹から音がする、湿疹や蕁麻疹、体の震えなどの異常が見られることがあります。気になる症状が見られる場合は、ヨーグルトを与えるのを中断して、動物病院の獣医師に診察を受けることが大事です。乳製品は基本的には、犬の体に害のあるものは含まれていませんが、乳製品アレルギーの犬の場合は、様々な症状が見られることがあります。犬の個体によっても、乳糖による感受性は違ってくるので、乳製品アレルギーを診断された時はヨーグルトを与えるのは、避けたほうが無難です。健康な犬の場合は適量であれば、問題ないことが多いです。

注意点3・乳糖(ラクトース)を受け付けない犬もいます

チーズは塩分が含まれているので、犬に与えないほうが良いですが、ヨーグルトは基本的には犬の体には害がないことが多いです。乳糖(ラクトース)を受け付けない犬もいるので、ヨーグルトを与える時は注意しなければならないことがあります。乳糖(ラクトース)を受け付けない犬は、少量のヨーグルトでも下痢や軟便、腹痛、湿疹、蕁麻疹などの原因になってしまいます。健康維持のためにヨーグルトを与えている人が多いですが、乳糖を受け付けない犬の場合は、様々な症状が見られることがあります。気になる症状が見られる場合は、動物病院の獣医師の診察を受けたり、適切なアドバイスを受けておくことが大事です。健康な犬の場合は問題はなくても、乳糖(ラクトース)を受け付けない犬もいます。

老犬は乳糖(ラクトース)の分解する力が弱くなる

老犬は成犬に比べると、体の免疫力が低下していたり、胃腸などの消化器官がデリケートになっている可能性があります。健康な成犬にヨーグルトを与えても、問題ないことが多いですが、老犬に与える場合は注意が必要です。老犬は乳糖を分解する能力が低下しているので、少量のヨーグルトを与えても、消化不良や軟便、下痢、腹痛などの原因になることがあります。胃腸などの消化器官が弱っている時、病中病後などはヨーグルトは与えないほうが良いでしょう。老犬は、持病が原因で体の免疫力が低下していたり、消化、吸収がうまく出来なくなっていることがあります。なるべく老犬には、ヨーグルトは与えないことが大事です。下痢で脱水をしてしまう原因になります。

体質的に乳糖(ラクトース)を分解しにくい犬もいる

健康な犬の場合は、適量のヨーグルトは健康維持に役立てることが出来ます。牛乳とは違って、基本的には安全性に優れています。ヨーグルトは乳糖を分解していますが、ある程度の量は含まれています。犬は個体差があるので、乳糖を分解したり、消化しにくい体質の場合があります。乳製品アレルギーがある場合、胃腸が弱く下痢や軟便になりやすい場合は、ヨーグルトは体質に合っていない可能性があります。少量でもお腹が緩くなったり、蕁麻疹や湿疹などの皮膚の異常が出る場合は、ヨーグルトは与えないことが大事です。下痢が続いてしまうと、脱水をしてしまうので診察を受けることが大事です。乳糖を分解しにくい体質の犬の場合は、プレーンヨーグルトでも与えないほうが良いです。

注意点4・冷蔵庫から出したばかりのヨーグルトを与えない

ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれています。ヨーグルトを犬に与える時は、いくつかの注意点があります。冷蔵庫から出したばかりのヨーグルトを与えないことが大事です。冷蔵庫から、出したばかりのヨーグルトは、冷えているので、お腹の弱い犬は下痢や軟便、腹痛などの原因になってしまいます。電子レンジなどで、ヨーグルトを加熱してしまうと、善玉菌が熱で壊れてしまうので避けたほうが良いでしょう。ヨーグルトを犬に与える時は、冷蔵庫から出しておき、常温になってから与えてあげると胃腸の負担を減らすことが出来ます。冷蔵庫から出したばかりのヨーグルトを与えないようにしましょう。老犬や子犬は冷たいヨーグルトは厳禁です。

注意点5・無糖、低脂肪(または無糖)のプレーンヨーグルトを与えましょう

犬にヨーグルトを与える上での注意点を理解しておくことが大事です。無糖、低脂肪(または無糖)のプレーンヨーグルトを与ることが大事です。脂肪分の多いヨーグルトは、肥満の原因になるので避けることが大事です。低脂肪で無糖タイプのプレーンヨーグルトがお勧めです。低脂肪タイプのプレーンヨーグルトは、安全性に優れているのでお勧めです。果物が入っている甘いヨーグルト、プレーンタイプでも加糖タイプの商品は避けることが大事です。糖分が入っていると、肥満の原因になるので与えないようにしましょう。果物が入っているヨーグルトは、犬が食べてはいけない、果物が入っている可能性があります。プレーンタイプの安全性の高い商品を選んであげることが大事です。

添加物(甘味料・香料・着色料など)が含まれているものはNG

ヨーグルトは安全性の高い食べ物ですが、いくつかの注意点があるので理解しておきましょう。添加物(甘味料・香料・着色料など)が含まれている商品は、犬には与えないことが大事です。キシリトールなどの人工甘味料が含まれている商品は、インスリンの分泌量を増やして低血糖を起こす可能性があります。人工香料や着色料などの添加物が入っていない、プレーンタイプのヨーグルトを選ぶことが大事です。プレーンタイプのヨーグルトを選ぶ時は、無添加で安全性の高い商品を選ぶことが大事です。脂肪が多く含まれているヨーグルトは、肥満の原因になるので低脂肪タイプ、無糖タイプのヨーグルトがお勧めです。購入する時は、ヨーグルトの成分を知っておくことが大事です。

人工甘味料(キシリトール)は犬にとって危険!

キシリトールは、キシロースという成分から合成された糖アルコールの一種ですが、人工甘味料として使われています。人間の体には影響がないですが、犬にキシリトールを与えるのは、危険なので避けることが大事です。ヨーグルトはプレーンタイプを選んで、人工甘味料が入っている商品は避ける必要があります。犬と人間は体質や唾液の種類などが違っているため、キシリトールは犬の体に悪影響が出てしまいます。キシリトールなどの人工甘味料を摂取すると、インスリンの分泌量が増えてしまうため、犬が低血糖を起こしてしまい重篤な症状が見られることがあります。犬にキシリトールを与えてしまうと、低血糖を起こしてしまい、命を脅かすことがあります。

ブルガリアヨーグルトのプレーンがおすすめ

犬にヨーグルトを与える時は、プレーンタイプのブルガリアヨーグルトがお勧めです。ブルガリアヨーグルトは、低脂肪で無糖なので安心して与えることが出来ます。乳製品アレルギーの犬、乳糖を分解しにくい体質の犬には与えないことが大事です。健康な犬の場合は、プレーンタイプのブルガリアヨーグルトであれば、適量を与えても問題ないことが多いです。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が豊富に含まれているので、便通を整えたり、便の臭いを軽減する働きがあります。腸内の環境が良くなると、体の免疫力が向上して、健康維持に役立てることが出来ます。果糖が含まれている商品、キシリトールなどの人工甘味料が含まれているヨーグルトは与えないようにしましょう。

注意点6・空腹時には与えない

犬にヨーグルトを与える時は、いくつかの注意点があるので、理解しておかないと犬の体に悪影響が出ることがあります。空腹時にヨーグルトを与えてしまうと、胃腸に刺激があるので注意が必要です。ヨーグルトを与える時は、少量のドッグフードを与えてから、食べさせることが大事です。空腹時にヨーグルトを与えてしまうと、下痢や軟便、腹痛などの原因になってしまいます。冷蔵庫から出したばかりのヨーグルトは、冷たすぎるので犬の胃腸に負担が掛かってしまいます。ヨーグルトは冷蔵庫から出しておき、常温にしてから与えてあげると犬の体に負担が少なくなります。犬にヨーグルトを与える時は、胃腸に刺激を与えてしまうので、理解しておくことが大事です。

胃酸により乳酸菌が壊れてしまう

ヨーグルトはビタミン、カルシウム、乳酸菌が豊富に含まれています。基本的には犬の体に害のあるものは含まれておらず、健康維持に役立てることが出来ます。ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、熱や酸に弱い性質があります。犬の体に入ると、胃酸の影響で善玉菌が壊れやすくなります。ヨーグルトは、体内に入っても胃酸や熱の影響で壊れやすい傾向があります。ヨーグルトに含まれている成分は、胃酸に弱い性質があるので理解しておくことが大事です。ヨーグルトを犬に与える上での注意点があるので、獣医師にアドバイスを受けておくと良いでしょう。犬の飼育歴が長い友人、獣医師などに相談をするのがお勧めです。乳糖が分解しにくい個体には注意が必要です。

口臭や便秘に効果的?犬にヨーグルトをあげるメリットについて

メリット1・腸内環境の改善

ヨーグルトは、牛乳を原料に作られていますが、じっくりと発酵させるので乳糖が分解されており、安全性に優れています。乳糖を分解しにくい体質の犬、乳製品アレルギーの場合は、ヨーグルトを与えると健康面に悪影響が出てしまう可能性があります。健康状態が良好な成犬の場合は、ヨーグルトを与えることで健康維持に役立てることが出来ます。ヨーグルトにはカルシウム、ビタミン類、善玉菌が豊富に含まれているので、腸内環境を整える働きがあります。腸内の善玉菌が増えると、便通が良くなったり、便の臭いを軽減する効果があります。腸内環境が整ってくると、体の免疫力が高まり、病気に罹りにくくなります。犬に与える時はプレーンヨーグルトがお勧めです。

免疫力アップ

犬は腸内環境が悪くなると、便秘や下痢、軟便、腹痛などの原因になり、お腹の調子が悪くなってしまいます。お腹の調子が良くないと、体の免疫力が低下してしまい、毛艶が悪くなったり、他の病気に罹りやすくなります。犬の健康を維持するために、ヨーグルトを食べさせている人が増えています。ヨーグルトは、乳糖の量が少ないので、適量であれば健康維持に役立てることが出来ます。犬の体重に応じた適量を覚えておくことで、お腹が緩くなるのを防ぐ効果があります。プレーンタイプのヨーグルトは、糖分が含まれておらず、脂肪分が少ないのでお勧めです。糖分が入っておらず、脂肪分が少ないヨーグルトを選んでおくと、肥満や糖尿病などの病気を予防することが出来ます。

乳酸菌・オリゴ糖入りのドッグフードもおすすめ

愛犬の健康を維持するために、ヨーグルトを与えたい飼い主が増えています。健康な犬の場合は問題ないですが、老犬や子犬、乳酸菌アレルギーの個体の場合は、ヨーグルトを与えると下痢や軟便、腹痛、湿疹などの原因になってしまいます。オリゴ糖や善玉菌が含まれているドッグフードを与えてあげるのがお勧めです。ドッグフードは、乳糖を分解しにくい体質の場合でも、安全性に優れているのでお勧めです。数多くの商品が販売されていますが、無添加で安全性が高く、栄養価の高いドッグフードがお勧めです。ヨーグルトを食べることが難しい場合は、ドッグフードでオリゴ糖や善玉菌を補うことが出来ます。ヨーグルトを食べると、お腹が緩くなりやすい場合はドッグフードがお勧めです。

関連ページ:【ロイヤルカナンの口コミ】ドッグフードの評判・評価は?食べてはいけない!?

関連ページ:【ブッチの口コミ】ドッグフードの量・食べない?評判は?

メリット2・便通の改善(下痢・便秘など)

犬は腸内の悪玉菌が増えてくると、腸内環境が悪くなるため、便秘や下痢、軟便などの体調不良が見られることがあります。腸内環境が悪くなると、おならや便の臭いが強くなるので、気づく飼い主さんが多いです。普段から便の形状や臭いなどをチェックすることが大事です。ヨーグルトは牛乳とは違って、乳糖が多く含まれていないので、安全性に優れています。基本的には犬の体には影響がない成分なので、健康な成犬の場合は問題なく与えることが出来ます。超小型犬、小型犬は体が小さいので、ティースプーン1杯ぐらいが適量です。多くの量を与えてしまうとお腹が緩くなったり、腹痛の原因になってしまいます。適量のヨーグルトは、便秘や下痢を予防出来ます。

おならの匂いも改善する

犬は腸内の悪玉菌が増殖してくると、おならや便の臭いが強くなる傾向があります。犬が排泄をしたら、便の形状や色、臭いなどをチェックする習慣を付けて下さい。おならや便の臭いが強くなり、悪臭を発している場合は、腸内環境が悪くなっています。腸内環境が悪くなると、全身の健康に悪影響を与えてしまいます。ヨーグルトは、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれているので、適量を食べることでお腹の調子が整ってきます。腸内の環境が良くなってくると、おならや便の臭いが軽減されてきます。便秘が続いていたり、下痢や軟便などで悩んでいる人は、獣医師に相談をしましょう。ヨーグルトを食べても、体に異常が見られない場合は続けてあげると良いでしょう。

関連ページ:【犬のおしりが臭い!?】オナラ・おしり・涙・目やにが匂う原因と対策

メリット3・口臭の改善

犬は高齢になると、口腔内の環境が悪くなってしまい、虫歯や歯周病、口内炎などの病気に罹りやすくなります。日頃から口臭がしていないか、食べる時に痛がっていないか、チェックすることが大事です。腸内環境が悪くなると、悪玉菌が増殖してくるので、体臭や口臭が強くなることが多いです。ヨーグルトは、腸内の善玉菌を増やす働きがあるので、適量を食べさせることで口腔内の環境が良くなり、口臭や体臭が改善されることがあります。犬は年齢を重ねると歯石が付きやすくなりますが、ヨーグルトを食べることで歯石が付きにくくなります。腸は全身の健康に影響が出てくるので、日頃から便やおならの臭い、形状、色などをチェックする習慣を付けることが大事です。

虫歯の予防

犬は高齢になると歯石や歯垢などが付きやすくなり、虫歯や歯周病などの歯の病気に罹りやすくなります。虫歯が進行してくると、口臭が強くなったり、ドッグフードを食べた時に痛がるようになります。犬は7歳を超えるとシニアになるので、歯石や歯垢などが付きやすくなります。ヨーグルトは善玉菌が豊富に含まれているので、腸内環境を整えたり、口腔内の衛生を保つ働きがあります。乳糖を分解しにくい体質、乳製品アレルギーの場合は、ヨーグルトは与えないほうが良いでしょう。健康な犬の場合は、適量のヨーグルトを食べさせることで歯石や歯垢が付きにくくなり、虫歯を予防する効果があります。虫歯は大切な歯を失う原因になるだけでなく、全身の健康に悪影響が出てしまいます。

歯石の予防

ヨーグルトは、乳糖の分量が少ないので犬の体に負担が少ないのが特徴です。牛乳は乳糖が多く含まれているので、与えると下痢や軟便などの原因になってしまいます。牛乳は犬に与えないことが大事です。ヨーグルトは善玉菌が豊富に含まれているので、適量を食べることで口腔内の環境を整えることが出来ます。虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑えて、歯石や歯垢が付くのを防ぐ働きがあります。歯石や歯垢が付着することで、歯周病や虫歯などの歯の疾患に罹りやすくなります。大切な歯を失う原因になるだけでなく、認知症や生活習慣病に罹りやすくなります。日頃から口臭がしていないか、ドッグフードを食べる時に痛がっていないか、確認をしてあげることが大事です。

小型犬は歯石がつきやすい

小型犬は、中型犬や大型犬に比べると口が小さいので、歯石や歯垢が付着しやすい傾向があります。犬の歯は42本生えていますが、口が小さいと歯が密集しているため、虫歯菌や歯周病菌が増殖しやすい傾向があります。口が小さいと咀嚼力が弱いため、唾液の分泌量が少なくなってしまい、歯石や歯垢が付きやすくなります。小型犬の中でも、パグやフレンチブルドッグなどの短頭種は、歯石や歯垢が付きやすくなります。口が小さいと咀嚼力が弱いため、しっかりと食べ物を咀嚼出来る犬種よりも、歯石や歯垢が付きやすい傾向があります。ヨーグルトを小型犬に食べさせてあげることで、口腔内の環境を整える働きがあります。歯周病や虫歯を予防するために与えてあげると良いでしょう。

メリット4・バランスのよい栄養がとれる

ヨーグルトは基本的には、犬の健康に悪影響が出る成分は含まれていないので、安全性に優れています。乳糖に耐性がない体質、乳酸菌アレルギーの場合は、食べさせることが出来ないことがあります。一部の犬の体質に合っていないことがありますが、健康な犬の場合は適量であれば、体に必要な栄養素をバランスよく補うことが出来ます。ヨーグルトには、骨の成長に欠かせないカルシウム、体の調子を整えるビタミン類、腸内環境を整える善玉菌が豊富に含まれています。適量を守って与えてあげることで、不足しがちな栄養素を補うことが出来ます。冷蔵庫で出したばかりの冷たいヨーグルトは良くないので、常温にしたヨーグルトを少量だけ与えてあげるのがお勧めです。

ヨーグルトの主な栄養素の働き/タンパク質・カルシウム・ビタミンA・ビタミンB群

ヨーグルトは牛乳を原料にして、発酵させた食品なので、良質なたんぱく質が豊富に含まれています。犬は高齢になると、筋肉量が低下してくるので、転倒によるケガをしやすくなります。ヨーグルトを食べることで、たんぱく質を補うことが出来ます。タンパク質は骨や筋肉、内臓などを作る役割をしているので、欠かせない栄養素のひとつです。ヨーグルトは、骨や歯の成長に欠かすことが出来ないカルシウムが豊富に含まれています。犬の体調を整えるために、非常に大切な役割をしているビタミンA、ビタミンB群が豊富に含まれています。ドッグフードにヨーグルトをトッピングしてあげたり、電子レンジで10秒程度だけ、加熱をして与えてあげるのがお勧めです。

メリット5・消化機能の改善

犬の消化器官は大変デリケートなので、食べすぎなどが原因で吐き気や下痢、便秘、軟便などの原因になってしまいます。下痢が長く続くと脱水をしてしまい、子犬や老犬などは命を脅かすことがあります。消化吸収がうまく出来ないと、体の不調の原因になってしまいます。ヨーグルトは、腸内環境を整えるために大切な役割をしています。乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれているので、腸内の悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。プレーンヨーグルトは、糖分が含まれておらず、脂肪分が少ないので犬の体に適しています。プレーンヨーグルトを食べさせてあげることで、腸内環境が良くなり、体臭や口臭、便、おならの臭いを軽減することが可能です。

栄養素を吸収しやすくなる

犬の腸は、消化、吸収、排泄などの大切な役割をしています。全身の健康に影響が出てくるので、腸の健康を維持する努力が必要です。ヨーグルトは、腸内環境を整えるための、乳酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌が多く含まれています。犬に適量のヨーグルトを与えることで、体に必要な栄養素を吸収しやすくなります。消化吸収を促進して、健康を維持する働きがあります。便やおならの臭いが強くなったり、体臭や口臭が強くなった時は、腸内の悪玉菌が増殖している可能性があります。腸の病気の原因になるので、ヨーグルトを適量食べるのがお勧めです。ヨーグルトは善玉菌が豊富に含まれているので、適量を食べることで消化吸収が促進されて、栄養価の高い食事が出来ます。

ヨーグルトの与え方/犬がよろこぶヨーグルトを使ったご飯の作り方

与え方1・普段のフードにトッピングする

小食の犬や老犬は、食が細いのであまりドッグフードを食べてくれないので悩んでいる人が少なくありません。食べる量が少なすぎると、体に必要な栄養素を補うのが難しいので、悩んでいる飼い主さんは多いです。ヨーグルトは、善玉菌やビタミン、カルシウムが豊富に含まれており、腸内環境を整えたり、体の免疫力を高めることが可能です。毎日与えているドッグフードに、適量のヨーグルトをトッピングしてあげることで、良く食べるようになります。老犬や成犬の食欲不振で悩んでいる人は、適量のヨーグルトをドッグフードに掛けてあげるのがお勧めです。プレーンタイプのヨーグルトは、安全性に優れているので、適量であれば健康維持に役立てることが出来ます。

与え方2・デザート(フルーツ)にトッピング

犬の健康維持にヨーグルトを与えたいけれど、プレーンヨーグルトに変化を付けてあげたい人が増えています。犬に与えても良い果物、良くない果物があるので知識として身に付けておくことが大事です。ビタミンCが豊富に含まれているいちご、カリウムが豊富に含まれているバナナ、桃やりんごなどは食べても問題のない果物です。プレーンヨーグルトに適量のフルーツを入れてあげることで、味に変化を付けることが出来ます。基本的には糖分の少ない果物を選んであげると良いでしょう。犬は猫とは違って、完全肉食動物ではないので、食べても良い果物があります。適量であれば問題ないので、犬の好きなフルーツをトッピングしてあげると良いでしょう。食欲増進効果も期待出来ます。

犬にNGなフルーツ/ぶどう・いちじく・ドライフルーツなど

犬にヨーグルトを与える時は、食べても良い果物だけを選ぶことが大事です。犬が食べてはいけない果物があるので、種類を知っておくと良いでしょう。ぶどうやいちじく、ドライフルーツなどは犬には、与えてはいけない果物です。みかんは食べても問題ないですが、グレープフルーツやレモンなどは、犬に食べさせてはいけないので知っておくことが大事です。ヨーグルトに犬が食べてはいけないフルーツを入れてしまうと、健康面に悪影響が出るので注意が必要です。ぶどうやいちじく、ドライフルーツなどは、人間の健康維持に役立てることが出来ますが、犬とは体質が違っているので理解しておきましょう。動物病院の獣医師に、食べてはいけない食品を聞いておくのもお勧めです。

関連ページ:【犬にぶどうは大丈夫?】犬が葡萄を食べてしまったときの対処法/症状や危険性

犬にOKなフルーツ/いちご・りんご・バナナ・キウイ・オレンジ・すいか・桃・梨など

犬には食べさせても良い果物があるので、種類を知っておくと良いでしょう。いちご・りんご・バナナ・キウイ・オレンジ・すいか・桃・梨などは、食物繊維やビタミン、カリウムなどが含まれており、お腹の調子を整えたり、エネルギーにすることが出来ます。適量を食べることで、夏バテなどを防ぐことが可能です。プレーンヨーグルトに変化を付けたい場合は、いちご・りんご・バナナ・キウイ・オレンジ・すいか・桃・梨などの果物を適量だけ入れてあげると良いでしょう。プレーンヨーグルトは、基本的には無糖ですが、果物を入れることで味がまろやかになり、食欲が増進することが多いです。普段はプレーンヨーグルトのほうが良いですが、たまには果物を入れてあげるのがお勧めです。

関連ページ:【犬にバナナをあげて大丈夫?】食べてもいい量や正しい与え方

与え方3・あたためて与える

ヨーグルトは安全性の高い食品ですが、冷蔵庫から出したばかりの冷たい状態で与えるのはよくありません。冷たい状態のヨーグルトは、お腹が冷える原因になるので避けたほうが良いでしょう。犬に与える時は、冷蔵庫から出しておき、常温にしてから与えてあげるのがお勧めです。胃腸の負担を軽減するためには、食前よりも食後に与えてあげることが大事です。ヨーグルトは、温めて食べる方法があります。ヨーグルトは、50度以上で加熱をすると、善玉菌が死滅してしまいます。電子レンジで10秒ぐらい温めることで、体の負担を減らしたり、善玉菌が体内に吸収しやすくなります。ヨーグルトは基本的には、加熱をしないほうが良いですが、少しだけ温めるのは問題ありません。

温かいヨーグルトは胃腸の働きを活性化し影響の吸収を良くする

冷蔵庫から出したばかりの冷たいヨーグルトは、胃腸に負担が掛かってしまうのでお腹が冷える原因になってしまいます。犬に与える時は、冷たい状態で与えないことが大事です。ホットヨーグルトは、胃腸の働きを活性化し影響の吸収を良くする働きがあります。低い温度で温めることで、胃腸の働きを活性化したり、体内への吸収を良くする働きがあります。基本的にはヨーグルトを加熱すると、50度を超えると善玉菌が死滅してしまうので知識として知っておくことが大事です。電子レンジで10秒ぐらい温めるのがお勧めです。少しぬるいぐらいに温めることで、胃腸の負担を減らすことが出来ます。寒い時期などは、電子レンジで温めてから与えてあげると良いでしょう。

乳酸菌は50℃以上になると死滅するので注意/レンジで10秒ほど

犬にホットヨーグルトを与える時は、いくつかの注意点があります。ヨーグルトは加熱をして、50度を超えてしまうと乳酸菌が死滅してしまいます。ホットヨーグルトを与える時は、電子レンジで10秒ぐらい加熱する程度にしましょう。人肌ぐらいの温度にすることで、善玉菌の吸収が良くなりますし、胃腸の負担を減らすことが出来ます。ヨーグルトを加熱しすぎないのがポイントです。気温が高い時期は、冷蔵庫から出しておくことで常温になるので問題はありません。暑い時期は常温のプレーンヨーグルトを与えてあげると良いでしょう。寒い時期はヨーグルトは、犬の体に負担が掛かることがあります。寒い時期は、電子レンジで温めてから食べさせてあげるのがお勧めです。

与え方4・焼いて与える/焼きヨーグルトの作り方

愛犬にヨーグルトを与える時に、焼きヨーグルトを作ってみたい人が多いです。焼きヨーグルトを作る時は、キッチンペーパーやコーヒーフィルターを使って、水気をしっかりと濾しておくことが大事です。水気が切れたヨーグルトは、オーブントースターや電子レンジなどを使って加熱します。焼きヨーグルトの作り方のポイントは、加熱をしすぎるとカッテージチーズのように、固くなってしまいます。電子レンジの場合は、3分ぐらい加熱をするのがポイントです。オーブントースターを使う時は、2分から3分ぐらい加熱をすると良いlでしょう。電子レンジやオーブントースターがない場合は、フライパンでも焼きヨーグルトを作ることが出来ます。水気をしっかりと切ってから、両面を焼くと出来上がりです。

与え方5・犬用クッキーやケーキの作り方

愛犬のために、ヨーグルトが入ったケーキやクッキーの作り方を知りたい人が増えています。犬用のケーキは、オーブンが無くても、オーブントースターやフライパンがあれば調理が可能です。無糖のプレーンヨーグルトと、さつまいもを使ったケーキがお勧めです。さつまいもは、2センチ角にカットをして、電子レンジで加熱をしておきます。さつまいもとプレーンヨーグルトを混ぜてから、フライパンで両面を焼いたり、オーブントースターで加熱すると、おいしい犬用ケーキを作ることが出来ます。愛犬が喜ぶ、ヨーグルトが入ったクッキーはりんごがお勧めです。カットしたりんごと、ヨーグルト、薄力粉を混ぜ合わせてから、成型をしてからオーブントースター、オーブンなどで加熱をすると出来上がりです。

犬にヨーグルトを食べさせて大丈夫?量やおすすめの種類などまとめ

ヨーグルトは、牛乳を発酵させて作られているので、良質なたんぱく質、ビタミンB群、ビタミンA、カルシウムなどの豊富な栄養素が含まれています。乳糖が分解されているので、牛乳に比べると量が少ないので、下痢や軟便になりにくい傾向があります。乳製品アレルギーがある場合、乳糖に耐性のないタイプは、与えないほうが良いですが、健康な犬の場合は、適量を守ってヨーグルトを与えることで、歯石が付きにくくなったり、口臭や便臭、おならの臭いを軽減する効果があります。ヨーグルトは、食べる量が多すぎるとお腹が緩くなることが多いです。小型犬の場合は、ティースプーン一杯程度、中型犬の場合は、ティースプーン2杯から、3杯程度、大型犬の場合は、ティースプーン4杯から、5杯程度が適量です。

関連ページ:【モグワンの口コミ】ドッグフードの公式は怪しい?だめ?