【ドッグフードのふやかし方】子犬・老犬のドライフードをふやかすコツ・注意点やデメリット

子犬・老犬のドッグフードをふやかす時のコツ/温度・注意点

注意点1・熱湯でふやかさない

「ふやかす」という言葉は、熱湯を入れると勘違いされがちですが、ドッグフードを熱湯でふやかすのはデメリットが多いのできちんと把握しておくことが重要です。
熱湯でふやかした場合は、確かにふやけるまでの時間は短縮出来るかもしれませんが、そのまま犬に与えてしまうと火傷をしてしまったり、冷めるための時間も掛かってしまうため、結果的に与えるまでの時間が余計に掛かってしまいます。
またドッグフードは総合栄養食のため、様々な栄養素が含まれています。
その栄養素の中には、もちろん熱に弱い栄養素もたくさん含まれているため、熱湯でふやかすことによりその栄養素が壊れてしまう危険性があります。

熱に弱い栄養素が壊れてしまう/ビタミン・ミネラル・酵素・乳酸菌など

身体を作る上で必要な栄養素として、ビタミンやミネラル等が上げられます。
こちらの2つは特に熱に弱く、40℃以上に熱した場合は、その殆どが壊れてしまいます。
また酵素や乳酸菌など、消化に重要な栄養素も熱に弱く、50度以上に熱した場合は壊れてしまいます。
それぞれの栄養素が壊れず、効率的に吸収出来る温度に保つ必要がありますので、ふやかす場合はそちらに注意する必要があります。
特に乳酸菌は40℃前後で活性化するため、このくらいの温度でふやかすのが最も効率の良いふやかし方と言えるでしょう。

30~40℃のぬるま湯(白湯)でふやかす

ドッグフードをふやかす際に、一番適した温度だと言われているのが30~40℃のぬるま湯です。
熱に弱い栄養素が壊れてしまうのを防ぐため、40℃以上のお湯ではふやかさないようにしましょう。
これはぬるま湯だけでなく、電子レンジでふやかす場合も同様です。
40℃前後でふやかす事により必要な栄養素は壊れず、またドッグフード毎にふやかす時間の比較にもなります。
色んなサイトやブログ等で「○○分ふやかす」と表記されている場合は、その殆どが30~40℃のぬるま湯でふやかした場合の参考時間である事が多いです。

注意点2・冷水でふやかさない

夏場や暑い日などは、冷たい水でふやかしたほうが良いのでは?と勘違いされがちですが、ドッグフードを冷水でふやかすのはオススメできません。
犬は冷たい食べ物に弱いのです。
中にはアイスクリームや、凍らせたヨーグルト等を与えている方もいらっしゃると思いますが、与える量を間違えると体調を崩してしまう危険性があります。
人間もたくさんの冷たい飲み物や食べ物を摂取した際に、下痢や腹痛になる事があります。
それと同じ現象が犬にも起こるのです。

下痢や腹痛の原因となる

身体に合わないものを摂取した場合に、下痢や腹痛になる事がありますが、冷たいものを過剰摂取した場合にも同じようなことが起こる場合があります。
これは身体が冷えることによって胃腸が刺激され、自律神経に乱れが生じる事により引き起こされます。
エアコンが効きすぎた部屋に長時間いることでも同じような症状が出る場合もあります。
対策としては、出来るだけ体温に近い状態のものを与え、胃腸の温度が急激に下がらないようにするという事です。
もし、冷たいものを与える際は、40℃前後の暖かい飲み物を一緒に与えるようにするといいでしょう。

注意点3・ふやかした水分も一緒に与える

入れた水分が全てドッグフードに吸収されている場合はそのまま与えると思いますが、少し水分の量が多いなと感じた際にドッグフードをふやかした水分をどうしたら良いのか、迷ってしまうかもしれません。
その場合はその水分を捨てずに犬に与えるようにしましょう。
体重によって一日の必要水分量は決まってますが、水分を捨てない事で食事と一緒に水分も摂取できます。
脱水気味で水分が多く必要な場合や、病気で食事制限がある場合も満腹感を与えてくれるので効果的と言えます。
ふやかした水分を捨ててしまう事で、いくつかのデメリットが生じます。

水分には溶けだした栄養素が含まれている

ドッグフードの中には、水に流れやすい栄養素も含まれています。
ふやかした水分を捨ててしまうという事は、流れ出た栄養素も一緒に捨てる事に繋がります。
水溶性の栄養素としては、ビタミン(B1・B2・B6・B12)、ペクチン(水溶性食物繊維)、葉酸、パントテン酸などが上げられます。
折角食べやすいようにふやかしても、必要な栄養素が取れていないのでは意味がありません。
水溶性の栄養素もきちんと摂取出来るように、ふやかした水分も一緒に与える事がいいでしょう。

注意点4・1回量をふやかす

ドッグフードをふやかすにはそれなりに時間がかかります。
なのでまとめてふやかしてしまおうと考える方もおられると思いますが、それは控えたほうがいいでしょう。
ドッグフードをふやかす場合は「作り置きはしない」ようにしてください。
ドライフードは固くて日持ちしますが、ウェットフードは日持ちせず、すぐに消費しない場合は腐ってしまいます。
これと同じく、ふやかしたドライフードも日持ちせず、腐りやすくなってしまっているのです。
これらを元に数日分をまとめてふやかした場合のデメリットを紹介していきます。

水分の多い食べ物は雑菌が繁殖しやすく痛みやすい

空気に触れていると、食べ物に限らず酸化現象というものが起こります。
特に、食べ物が酸化してしまうと風味も落ち、更に酸化が進むと腐ってしまいます。
また、水分を多く含んでいる食べ物は酸化が非常に早く進行します。
カンパン等の乾燥保存食品は日持ちしますが、食パンなどの水分が多く含まれているものはカビが生えやすいです。
ウェットフードが日持ちしないのはこれらが原因です。
ドライフードをふやかして与えるという事は、消化器官が未発達だったり異常があったりする場合が殆どだと思います。
つまり健常な犬と比べて雑菌やウイルスにも抵抗が弱くなっている可能性があるので、それらを防ぐためにも与える量を毎回ふやかすようにしてください。

子犬・老犬のドッグフードをふやかす方法/いつまで・どのくらいふやかす?

ドッグフードをふやかす時間について

5分ふやかす/やや固さが残る

指で潰した際に、少しコリコリとした感触が残っている状態になります。
短い時間でもドライフードをふやかす事によって風味が増し、消化の手助けをしてくれます。
ドライフードへの食いつきが悪い時や、少し体調が悪い時に与える場合は5分程度ふやかす事で効果が期待できます。
水分をあまり取らない場合にも同様に効果があります。
また、ダイエット中や食事制限をしている場合もこのくらいの固さがいいでしょう。
適度な固さがあるので食べ応えがあります。
水分を一緒に摂取することにより満腹感も同時に得られるので、効果的と言えます。
子犬や老犬などの消化器官が弱い犬に与える場合は、もう少し時間を置き、完全に柔らかくして与える必要がありますので注意が必要です。

10分ふやかす/指で潰せる固さ(子犬はこのくらいが良い)

指で簡単に潰せてしまうくらいの固さになります。
消化器官が未発達な子犬に与えるのは、このくらいの固さが良いと言われています。
また、食べやすいように細かく砕いた場合は、ふやかす時間の短縮が出来ます。
子犬に与える場合は成長によって少しずつ水分量やふやかす時間を短くしていき、下痢や嘔吐がないように調整していく必要があります。
子犬の場合は最終的にふやかさないでも食べられるようにするのが目標となりますので、成長の具合によって少しずつ調整していきましょう。
逆に消化器官に異常がある犬や、歯のない老犬などに与えるにはまだ少し固めになるので、もう少しふやかす時間を伸ばしたほうがいいでしょう。
ペースト状にして与える際は、この時間より5~10分長めにふやかすといいでしょう。

15分ふやかす/ペースト状になる(噛む力が弱い・歯がない犬にはこれくらいが良い)

指で摘むと簡単に潰れペースト状になります。
ドッグフードの種類にもよりますが、殆どのドライフードが15分程でこの状態になります。
ペースト状にして与えたい場合は15分以上ふやかして下さい。
老犬で噛む力が衰えていたり、怪我や虫歯で歯が抜けてしまっている犬に与える際に適した固さと言えるでしょう。
ほとんど噛む必要がなく飲み込むのも容易になるため、喉に腫瘍やしこりのある犬にもこれくらいの固さが良いと言えます。
特に、喉の付近に腫瘍がある場合は、飲み込む際に痛みが発生する場合もあるので食事を取らなくなる事があります。
始めに少量を与えてみて、問題なく飲み込めるようでしたら与える量を増やし、その固さを基準にふやかしていくと良いでしょう。
大粒のフードや、肉の含有量が多いものは、この状態にするためにはもう少し時間がかかります。
その場合は細かく砕くか、ふやかす時間を長くしてみるといいでしょう。

20分ふやかす/肉の含有量が多いドッグフードは時間を多めに置いたほうが良い

肉の含有量が多いフードはふやけにくくなっているので、他のフードより5~10分程長めにふやかす必要があります。
肉に含まれているたんぱく質、L-カルニチン等が水に溶けにいため起こる現象です。
特にラム肉は豚肉や鶏肉と比べるとふやけにくいため、更に時間がかかります。
フードの形を残したい場合は時間をかけてふやかすしかありませんが、ペースト状にしたい場合は細かく砕いてからふやかすといいでしょう。
また、ふやけづらいと感じた際には電子レンジを使用してふやかす方法もあります。
この場合もぬるま湯でふやかす時と同様に、フードの温度が40℃以上にならないように調整して温める必要があります。
電子レンジで温めてからぬるま湯を入れる方法と、水を入れてから電子レンジで温める方法があります。

ドッグフードを電子レンジでふやかす方法

ドッグフードは、お湯からふやかす方法もありますが、電子レンジでふやかす方がカリカリのドッグフードを素早くふやかすことができて手間がかかりません。
①電子レンジ対応の耐熱容器に1食分だけ入れ、全体が浸るだけの水を注ぐ。
*電子レンジでの加熱は人肌程度(40度)が適切です。加熱しすぎないよう気をつけましょう。
②ラップをして加熱する。(500Wで25秒、600Wで15秒ほどが目安です)
③全体がふやけているか確認してから、冷めるのを待つ。
以上で、とてもシンプルで簡単ですが、一度に何食分ものドッグフードをふやかし、たくさん作り置きするようなことは避けましょう。
また、電子レンジによってはふやけ具合が異なってくるので、ふやけ具合を見て加熱時間を調整したり、熱くなり過ぎないように気をつけましょう。

子犬の場合のふやかし方について

生後1カ月/指で潰せる固さにふやかし犬用ミルクを混ぜる

環境省発行による「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」によると、子犬は生後30日程度までが「哺乳期」であると記載されています。
人間の赤ちゃんの授乳期と同様、この時期に子犬の体の基本的な部分が成長するため、しっかりミルクからの栄養を取ることが必要です。
生後20日頃までは子犬用ミルクのみを与えますが、生後20日~1カ月程度からは、少量のドッグフードを指で潰せる固さにふやかした後、それに子犬用ミルクを混ぜてあげるようにしましょう。
*この際、必ず子犬用のミルクを使用するよう注意しましょう。
子犬用ミルクと人の飲む牛乳とでは含まれる成分が異なります。牛乳を子犬に与えてしまうと、消化ができず下痢をしてしまったり、成長を阻害することになったりしてしまいます。
ペットショップで市販されている、カルシウムを強化し、栄養バランスが考慮された母乳成分に近い子犬用のミルクを選んであげてください。

生後2~3カ月/犬用ミルクをやめて指で潰せる固さにふやかす

上記「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」によると、生後20~60日間程度までが「離乳期」とされています。
「離乳期」とは、少しずつ離乳食を食べられるようになる時期のことです。生後20日頃には、乳歯が生え始め、少しずつ固形のドッグフードも噛んで食べようとし始めます。そのため、柔らかいものから少しずつ食べる練習をしていきます。
生後50日程経つと、「成長期」に入り、少しずつミルクを飲まなくなります。この頃から、少しずつミルクをやめ、ふやかした子犬用のドッグフードを中心にした食事に切り替えていきましょう。
*この時期の子犬は、消化器官がまだまだ未発達なため、子犬用のドッグフードを使用するよう、注意しましょう。

生後4か月以降/徐々に水分量を減らし2歳頃までには完全にドライフードへ移行する

この時期は、乳歯が抜けかわる時期に入り、周囲にあるものを何でもかじるようになります。
ペットショップで市販されている、子犬用のガムやおもちゃを与えてもよいでしょう。
その後、乳歯が完全に抜け永久歯に生え変わると、歯もしっかりと丈夫なものになり、ふやかさなくても、カリカリとしたドライタイプのドッグフードをそのまま食べることができるようになります。
食事時の様子や便を毎日観察しながら、少しずつ水分量を減らし、2歳頃までには完全にドライフードへ移行するようにしましょう。
*小型犬は8カ月程度、中型犬は12カ月程度、大型犬は18カ月程度、超大型犬は24カ月程度で成犬になります。その時期に合わせて、ペットフードを子犬用から成犬用のものに変えていくとよいでしょう。

老犬の場合のふやかし方について

ドライフードを問題なく食べられている場合はふやかす必要はない

高齢犬になると、人間と同様少しずつ噛む力が衰えていきます。ですが、それぞれの高齢犬の健康状態や食事の様子を観察し、まだドライフードを問題なく食べられている場合は、ふやかす必要はありません。
それぞれの高齢犬ごとに今までの生活や食事環境が違うのと同時に、犬種やサイズによっても発症しやすい病気の傾向や健康問題を引き起こしやすい部分が異なってきます。年齢ではなく、それぞれの犬の健康状態をもとに、ふやかしたドッグフードに切り替えるべきかどうかを決めてあげましょう。
*まだ、健康な状態の老犬に対して、年齢により一律ふやかしたドライフードを与えてしまうと、ドライフードを食べることでできていた歯石の除去ができなくなるなど、問題も起こり得るので注意しましょう。

むせる・吐き戻すなどの場合はふやかしたドッグフードまたはウェットフードに切り替える

日々の健康状態や食事時の観察の結果、以下のような状態が多く見られるようになってきたら、ドライフードからふやかしたドッグフードまたはウェットフードに切り替えるタイミングの目安になります。
・ドライドフードを食べるとむせてしまう。
・しっかり噛み切ることができず、消化不良で下痢や嘔吐などのトラブルが起きる。
・虫歯や歯周病など歯茎のトラブルにより、硬いものを噛んで食べることが難しい。
これらのような様子が見られる場合は、少しずつドライフードからウェットフード切り替えていきましょう。
無理にドライフードを与え続けると、消化不良によるトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
切り替えの判断が難しい場合は、獣医師に相談してみると適切な回答が得られるでしょう。

飲み込む力に問題がない場合はドライフードを与えた方が健康な歯を保つことができる

カリカリしたドライフードを食べている間は、噛む力を保ち、歯石の除去もできているので、健康な歯の状態を保つことができます。
高齢だからといって、まだまだ噛む力も残っていてドライフードも食べることができている健康な高齢犬に対して、ふやかしたドッグフードやウェットフードを早くから与えてしまうのは要注意です。
固いものを噛むことがなくなり、噛む力が衰えてしまう危険性があるからです。
また、ふやかしたドッグフードやウェットフードでは歯に汚れが付きやすく、歯周病などになるリスクも高まるため、食後の歯磨き等のケアが必要になります。
健康な歯を保つためにも、飲み込む力に問題がない場合は、ドライフードを与えて健康な歯を保つようにしましょう。

飲み込む力や噛む力は個体差が大きいため老犬の健康状態に合わせて対応する

犬も高齢期になるにつれて、人間の老化と同様の段階的変化をたどりながら老化現象が起きてきます。
高齢期の初期に入ると、以前より活動性が全体的に低下し、睡眠時間が長くなる傾向が見られます。
大型犬の場合は8歳頃から、小型の犬の場合は12歳頃から高齢期に差し掛かりますが、人間も個人によって異なること同様、犬種やサイズによって老化現象にも個体差があります。
よって、飲む力や噛む力もそれぞれの犬によって違うため、それぞれの犬の健康状態に合わせて対応するよう心がけましょう。
愛犬が高齢期を迎えているかどうかわからない場合は、獣医師に判断してもらうと良いでしょう。
また、高齢になるにつれ、食事の量を調整すると共に、定期的な健康診断を受けさせることも大切です。

ふやかしたドッグフードを与えた方が良い場合について

ダイエット中の犬はふやかしたドッグフードの方が少量で満腹感を得られるためおすすめ

人間と同じく、肥満は犬にとっても健康を害するものであるため、適正体重より増加の見られる犬にはダイエットが必要になります。
愛犬がほしがる食事を減らしたり間食を減らしたりすることは飼い主にとっても難しいものですが、そのような時はドッグフードを水でふやかすことで食事のかさを増すことができます。水分でふやかされた食事の方がドライフードの状態より少量でも満腹感が得られやすくなるというメリットがあります。それにより、食事量を大幅に変えることなくダイエットを進めることが可能です。
また、水でドッグフードをふやかすことで、体内への吸収が通常より緩やかになり、血糖値の上昇を抑えることができます。血糖値の上昇を抑えることが肥満予防につながります。

夏バテの時など食欲がないときは水分を多く摂れるためおすすめ

人間と同じく、犬も夏の暑い日には夏バテを起こしやすく、普段と比べて食べ残しが増えるなど、食欲がなくなる様子が見られることがあります。
バテにより噛むこと自体が億劫になったり、体が渇いて唾液が出にくくなったりすることもあります。
食欲がないからといって、そのまま食事量を減らすのではなく、夏の暑い日でも水分と栄養分をしっかり摂らせてあげることが必要です。
そのような時にも、ふやかした食事はおすすめです。ふやかされたドッグフードは風味が増すので、食欲が刺激されやすくなります。 ドライフードよりも食べやすくなり、同時に食事で接種できる水分量も増やすことが可能です。また、いつもより少し涼しい場所で食べさせてあげるなどの工夫もしてあげると良いでしょう。

ドッグフードをふやかすデメリットはある!?メリット・デメリットまとめ

メリット1・消化吸収が良くたくさんの栄養素を摂取できる

ふやかしたドッグフードは、ドッグフードに含まれている水溶性の栄養素がぬるま湯に含まれていることで、消化吸収の力が高くなり、たくさんの栄養素を一度に摂取することができるのもメリットです。
水分を含んでいると消化酵素が働きやすくなり、効率的に消化が進みます。三大栄養素がアミノ酸や脂肪酸、単糖やグリセリンにまで分解されると吸収が早くなるのです。
特に、子犬の場合は噛まずに飲み込んでしまうことも多いので、ふやかしたドッグフードの方がしっかり栄養素を摂取することができます。
*ただし、ビタミンCやビタミンB1,B2、カリウムなど、熱に弱い栄養素もあるので、電子レンジを使ってふやかす際には40度以上にならないように気をつけましょう。

子犬や胃腸が弱っている犬でも安心

犬は、胃が横向きになっていて胃液が濃いため、吐きやすい動物です。そのため、成長期の子犬や老犬は嘔吐が多く、食事に気をつける必要があります。また、人間も、体調が悪い時には胃腸に負担がかかりやすい食事を避け、温かいおかゆを食べたりするのと同様、犬も成長段階や健康状態に合わせて食事を調整することが大切です。
ふやかしたドッグフードは、柔らかくなったドッグフードが優しく吸収され、消化吸収も良くなるため、消化器官が未発達でしっかり噛む力が弱い子犬や、胃腸が弱っている犬や高齢犬にも、安心して食べさせることができます。
子犬がしっかり噛まずにそのままドッグフードを飲み込み、喉を詰まらせてしまう危険性や、胃腸が弱っている犬や高齢犬が、ドライフードをしっかり消化することができず、下痢や嘔吐をしてしまうといった健康被害を事前に防ぐことも可能になるからです。

関連ページ:【犬がドッグフードを吐く】茶色・黄色・透明・未消化の嘔吐の原因と対策

メリット2・水分も一緒に摂取できるため食欲がない犬でも安心

日頃からウェットフードや手作りの水分多めの食事を食べている犬は、その食事から水分を補給することができていますが、ドライフードだけを食べている犬は比較的水分補給量が少なくなりがちです。
そのような犬に対しても、水分量の調節のために、数回に一度ふやかしたドッグフードに切り替えることで水分補給量を増やすことが可能です。
また、それと同様、体調や年齢で食欲が少なくなりがちな犬にとっても、ふやかしたドッグフードは食事と一緒に水分を補給することができるので安心です。
特に、高齢犬の場合、老化によって食が細くなるのと同時に、水を飲むこと自体も辛くなりがちな犬もいるので、そのような場合は、ふやかしたドッグフードで水分補給をさせてあげましょう。

夏バテや食欲不振の時でも安心

人間でも夏バテで体調不良を起こしてしまうのと同じで、犬も夏バテを引き起こし、体調不良を引き起こしがちです。高温多湿の日本の夏がストレスになって、ぐったりしたり食欲不振になってしまうのは犬も同じなのです。
特に、犬は熱を発散することが苦手なため、身体に熱がこもりやすく、だるさも感じやすいという特徴があります。
そして人間と同じく、夏バテで食欲がないからといって、食べない状態を続けていると、必要な栄養分やエネルギーを摂取することができず、体重が減少したり、病気の原因になったりもするので注意が必要です。
そのような、夏バテや食欲不振の時にも、ふやかしたドッグフードを食事にすると、栄養と水分が同時に摂れるので安心です。

関連ページ:【子犬がごはん食べない!】2カ月・3カ月・4か月/食欲がない・ドッグフード食べないときの対策

メリット3・食感や風味が変ることで食欲増進につながる

人間は、熱いものも冷たいものも同様に好み、冷蔵庫から出したものを即そのまま食べるようなこともしますが、犬と人間の食性はその点においては違っていて、犬は冷たい食べ物をあまり好みません。
犬にとっては冷たい野菜や肉や魚ではあまり味を感じることができません。また、目の前にある食べ物が冷たかったり熱すぎたりすると、犬本来の野生の習性より、それを危険なものと捉える傾向があるのです。
犬は、食べ物の温度を感知することで、その食べ物の鮮度を確かめ、食べても良い安全な物であるかどうかを判断しているのです。
なので、あまり食事が進まない犬には、ふやかした温かいドッグフードを与えてみましょう。食感が柔らかくなり、風味も増すので、食欲増進につながります。

関連ページ:【犬がドッグフードは食べないのにおやつは食べる】ご飯を食べない理由と対策

メリット4・少量で満腹感が得られるためダイエット効果がえられる

肥満傾向のある犬は、人間同様健康維持のためにダイエットが必要です。しかし、犬にとっても、普段より食事量を減らされるダイエットはストレスになりがちです。突然に食事量が減らされると、餌や間食を欲しがり家の中の食べ物を漁ってしまったり、おかしや間食を欲しがり、普段より吠える回数が増えることもあるかもしれません。
そのようなダイエット時にも、ふやかしたドッグフードを与えてあげることが有効です。ふやかすことでかさが増し、見た目のボリュームも増えることで、あからさまな減量は感じにくくなります。また、水分を含んでいることで、少量でも満腹感を得られやすくなるのです。
ダイエット中の犬のストレスを軽減してあげるためにも、ドッグフードをふやかしてみることをおすすめします。

デメリット1・準備に手間がかかる

このように、ふやかしたドッグフードを与えることにはメリットもたくさんありますが、反面デメリットもあります。それは、やはり、食事のたびにふやかす手間がかり、面倒に感じやすいということでしょう。
一日3回、食事のたびにドッグフードをふやかすことは、カリカリのドライフードをそのまま与えることに比べ一手間がかかります。
特に、子犬のうちは消化器官がしっかり発達していないため、食事の回数を一日に3回から4回に分ける必要があり、そのたびふやかしていると手間も感じやすいでしょう。
しかし、お湯を沸かしお湯からふやかす方法に比べ、電子レンジで温めてふやかす方法は少し手間が軽減されるので、ぜひ電子レンジを使ってみてください。

デメリット2・作り置きができない

ふやかすことは手間がかかるので、一度にまとめてふやかして、作り置きしようと考える方もいるかもしれません。しかし、作り置きはせず、毎回の食事ごとに一食分のドッグフードをふやかすようにしましょう。
ふやかして水分が含まれたドッグフードは、保存性が低く、少しの雑菌が入るだけで腐ってしまいやすくなるからです。ドライタイプのドッグフードの保存期間が長いのは、乾燥しているため、雑菌が繁殖しにくくなっているためです。
腐ってしまうと、適切な栄養分が摂れないどころか、犬がお腹を壊して下痢や嘔吐を引き起こしたり、病気の原因になったりもするので気を付けましょう。
特に夏の暑い日は、時間が経つとリスクが高くなるので、与える直前ににふやかすことが大切です。

デメリット3・嚙む力や飲み込む力がよわくなる

人間が、筋力を維持するには毎日しっかり運動や筋トレを続けることが必要なのと同様に、犬があごの筋肉を発達させるためにも、犬も毎日の食事をしっかり噛んで食べることが必要です。まだドライフードを噛んで食べることができている老犬の場合、まだ、噛んで食べるだけのあごの筋力が維持されていると言えます。
そのため、健全な筋肉の発達を阻害したり、筋力の低下を早いうちから引き起こさないためにも、ふやかしたドッグフードを与えるタイミングはしっかり観察の上決めてあげる必要があります。
カリカリのドッグフードが食べられるうちからふやかしたドッグフードを与えていると、噛む力や飲み込む力が弱くなってしまう危険性もあります。
判断が難しい場合は獣医に相談すると良いでしょう。

健康な成犬にはドライフードが必要

健康な成犬に対しては、一般的にはふやかしたドッグフードを与える必要はありません。
成犬になると歯もしっかり発達していて噛む力も丈夫です。消化器官が未発達な子犬や衰えの見られる高齢犬に比べ、消化器官も発達して安定しているため、カリカリのドッグフードも負担にならず、噛んで飲み込み、しっかり消化吸収することができるからです。
なので、この時期には、できるだけ固いドライフードを与え、歯の健康を長く維持できるよう心がけましょう。
健康な犬にウェットフードやふやかしたドッグフードを与え続けていると、噛む力が弱まると共に、歯茎も弱まってしまうので注意しましょう。人間と同様に噛んで食事をすることが、様々な身体の器官や能力の維持につながります。

デメリット4・歯周病になりやすくなる

カリカリとしたドライフードは、一粒一粒にしっかりとした硬さがあるため、それをしっかりと噛んで食べることで、同時に歯石の除去ができるとういうメリットがあります。
一方、ウェットフードやふやかしたドライフードの場合、水分と一緒に食べかすが歯にこびりつきやすく、それが原因で歯石ができたり、歯周病を引き起こすことがあります。時に、柔らかな食事は歯のトラブルを引き起こす原因にもなるのです。
人間同様、犬も虫歯や歯周病、歯肉炎などの口腔トラブルにより、高齢になると歯が抜けてしまい、噛んで食事をすることができなくなることもあります。そのようなトラブルを防ぎ、高齢になっても健康を維持できるよう、気をつけてあげましょう。

歯磨きは丁寧に行いましょう

人間と同じく、犬にとっても歯は健康を維持するための基本です。
愛犬の歯の健康を守ることが、愛犬の健康を守り、健康に長生きすることを促進します。
なので、毎日の食事に気を配ること同様、一日に一回は歯磨きも丁寧に行ってあげるよう心がけてあげてください。特に、ウェットフードやふやかしたドッグフード食べている犬にとっては、歯磨きは大切です。
市販されている犬用の歯磨きと歯ブラシを使って磨いてあげましょう。
慣れない間は歯磨きを嫌がることも多いので、小さいころから歯磨きの習慣をつけておくことが大切です。
その際、人間の歯磨き粉にはキシリトールが含まれているものが多く、それは犬にとって毒性が強くなるので、使用は厳禁です。

ドッグフードのふやかし方/いつまで・温度などまとめ

ドッグフードのふやかし方、温度の注意点
・毎回の食事、一食分のみを水と一緒に電子レンジでふやかす。
*温度は人肌程度(40度)が目安。それ以上すると栄養素がなくなるので注意。
作り置きも厳禁。
ふやかしたドッグフードを食べた方が良いのは、どんな犬?
・生後20日から4ヶ月頃までの子犬。
その後は徐々に水分量を減らし、2歳頃までにはドライフードに移行しましょう。
・噛む力や飲み込む力、消化器官等が老化で弱まってきている高齢犬。
・夏バテや体調不良により、食欲不振をおこし、通常分量食べることができない犬。
・肥満によりダイエットが必要で、食事量を管理する必要がある犬。
何よりも、毎日の食事や活動の様子をしっかり観察してあげることが大切です。
愛犬が長く健やかに過ごせるよう、適切な食事を与えてあげましょう!

タイトルとURLをコピーしました