【銀座カラーの電話】問い合わせ・予約とコールセンターの詳細

銀座カラーのコールセンターの電話番号/電話で予約はできる?

銀座カラーのコールセンターの電話番号と営業時間

銀座カラーのコールセンターの電話番号は、0120-360-286がコールセンターへの直通の電話番号になります。そのうえで、コールセンターへの電話が可能な時刻は、平日と休日を含めて朝の10時から夜の19時までがコールセンターへの電話を受け付けている時刻になります。なお、朝の10時から夜の19時以外についてはコールセンターは開設されておらず、閉設という流れになるため電話をかけてもつながりません。また、銀座カラーのコールセンターへのフリーコールについては、0120-360-286の局番が電話予約用やカウンセリング予約用の電話番号になりますのでコールセンターへの直通の電話は一回線しかありません。つまり、電話予約とカウンセリングの予約も0120-360-286の一回線で予約となりますので混雑時においては電話は繋がりにくくなりますので注意です。

銀座カラーは電話(コールセンター)での予約が可能

銀座カラーはフリーコール0120-360-286の局番から電話をかけることで利用者側は脱毛の施術の予約、カウンセリングの予約が可能です。注意すべく点としては、銀座カラーは、カウンセリングの予約もフリーコールである0120-360-286のコールセンターに直通する回線で電話に応じるため、施術の電話予約とカウンセリングの予約において同じ回線を利用することです。なので銀座カラーは利用者側は電話予約にて脱毛の施術の予約を可能ですが、それと同時に、銀座カラーを利用してみたいと望むお客様側の電話に対しても同じ回線を使用するため、場合によっては電話回線が混雑するという問題がある点が注意すべき点でしょう。なお、電話予約においては、朝の10時から夜の19時までを電話予約可能時刻としており、平日及び休日においても同様の時刻までを電話予約可能時刻とします。

電話予約の方がリアルタイムの予約枠で予約が取りやすいことがある

電話予約の利点においてはリアルタイムでの予約枠において予約が取りやすいという利点があります。これは、インターネット予約の場合、タイムラグというものが発生している可能性があるのですが、リアルタイム予約に近い、電話予約であれば、その場で予約数の確認が可能なため予約で空いている時刻の確認が容易です。反面に、電話予約は、自分が望む時間帯を希望したいという場合においては弱い予約法で、時間がかかっても自分が望む時間帯で予約を取りたいと望む場合、インターネットのほうが望しい予約システムになります。しかもインターネット予約は、会員ログインにてログインして予約に入るのですが、予約システムにアクセスするまでにおいてインターネット上で予約システムを見つけにくいというデメリットもあるため、電話予約のほうが確実に予約ができ、かつ予約失敗というリスクも少ないです。

初回カウンセリングの際に6回分をまとめて予約できる

銀座カラーでは、初回のカウンセリングの際においては、6回分までであればまとめて初回カウンセリング時に予約が可能です。これは、銀座カラーが提供している予約システムとは別で店頭にて予約を6つまで予約をすることが可能であるという意味で、実質店頭での予約になります。なので、利点においては間違いなく、6回分の予約が可能であるという点ですが、デメリットにおいては予約を無効、キャンセルする場合においてキャンセルが容易ではないということです。無論、インターネット予約のほか電話予約においても予約日が近づくにつれキャンセルをするということが難しくなりますので、店頭でのカウンセリング後の予約についてはデメリットはさほどないとも言えます。

銀座カラーのコールセンター(電話)のサービス内容は?

コールセンター(電話)のサービス内容1・次回予約を取ることができる

コールセンターでの電話サービスの内容は、次回の予約を取ることが可能です。つまり、初回予約においてはカウンセリング時に6回まで予約を取ることができますがそれ以降については、電話で予約するか、店頭での予約、もしくはインターネットでの予約です。銀座カラーではいずれかの予約方法で予約をすれば予約を取ることができ、電話予約はフリーコールにてコールセンターに電話という形で次回以降の予約を取ります。ただし、コールセンターへの電話は、朝の10時から夜の19時までの営業時間があり、この時間を過ぎたりこの時刻前であればコールセンターは機能しないので予約機能は機能しません。よって、電話予約は、いつでも利用できる予約ではなく、時間による制限があります。

コールセンター(電話)のサービス内容2・予約のキャンセルや変更ができる

予約前日の19時以降にキャンセルする場合はコールセンターへの連絡が必要

予約前日の19時以降にキャンセルを申し込む場合、緊急という形でコールセンターへ連絡をして予約をキャンセルします。ただし、この方法はコールセンターの営業が終了となる時間帯になるため、繋がるかどうかについては未知数です。なので本当に緊急で予約をキャンセルしたいと願う場合、電話をしてキャンセルを行います。なお、電話が通じずにキャンセルができず、銀座カラーに行くことを放棄した場合、一回分の施術を受けたという扱いになりますので注意しましょう。ただ、一回分の施術を無駄にしてよいという考えに至った場合、あえてコールセンターに電話をせず、本人は施術を受けに店舗に行かずに施術回数だけを消化するという考え方もあります。この方法であれば、コールセンターへの連絡を放棄するという形で連絡を不要とします。

コールセンターへの連絡をしないと無断キャンセルとなり1回分が消化される

コールセンターへの連絡をすることなく、自分勝手に施術を一回分受けることを放棄した場合、施術回数は一回分消化されてしまいます。逆を返せば、一回分の施術を消化するだけでペナルティーが終わるとも考えられますが、ペナルティで施術回数を無駄にしないためには、銀座カラーでは電話予約を入れるのが望ましいです。なお、コールセンターへの連絡は、朝の10時から夜の19時までで一応19時を過ぎても電話が通じる可能性が高いのですが、業務時間としているのは夜の19時までになるので電話がつながらない場合、残念ながらコールセンターへの連絡は後日という流れになります。しかし、コールセンターへの連絡は、予約が施工される翌日までにどうにかキャンセルを行えばよいので日数がある場合慌てずにコールセンターにキャンセルの電話を入れるとよいでしょう。

コールセンター(電話)のサービス内容3・解約手続きができる

銀座カラーでは、コールセンターから電話にて解約の手続きが可能です。電話にての手続きの利点は、店舗を訪れることなく、契約を打ち切ることができるという点です。通常、脱毛系のサロンでは、実店舗にて契約書を破棄する書類にサインをしてから契約を解除して解約となるのですが、銀座カラーでは、コールセンターへの電話で解約ができます。ただし、コールセンターが機能している時間帯というものがあるので、コールセンターが営業を取りやめている時間帯はコールセンターの利用ができず、解約もできません。なお、コールセンターの営業時間については朝の10時から夜の19時がコールセンターの営業時間になります。この時刻に該当しない時間帯はコールセンターは機能していないため、原則解約ができないことが多いです。

以上

銀座カラーの解約は書面でも行うことができる

銀座カラーは書面という方法でも解約が可能です。この方法は、簡単に言えば、郵送で本人が解約を申し出たいと銀座カラー側に申し出て意思表示をすることで解約という流れになります。この方法の利点は、実店舗を訪れる必要性が無いという点が利点ですが、問題においては時間がかかりすぎる点、かつ解約に必要な情報を記載する必要性がある点があり、解約に必要な情報をインターネット上で集めてはがきで郵送して解約せねばなりません。しかも、この方法、クレジットカード決済なんかをしている場合、クレジットカード会社の情報を記載して支払いを止める必要性もありかなり面倒でかつ情報の漏洩も心配せねばならないです。なので、実店舗に本人が言って解約したいという流れのほうが一番安全であるといえます。

コールセンター(電話)のサービス内容4・初回カウンセリングの予約ができる

銀座カラーのコールセンターのサービスですが、初回のカウンセリングの予約が可能です。これは実店舗を訪れることなく、電話で初回の銀座カラーのサービスを受けるための準備であるカウンセリングを受けることができるというもので、実は、銀座カラーのweb予約からも予約ができたりします。ただし、電話のほうが利点としては、即座に予約の空きが確認できる点にあり、web予約のシステムと比較した場合、予約の満杯などのラグが無いというのが利点です。なので電話での初回カウンセリング予約がおすすめでこの方法であれば、ラグによる予約が不可能という問題はまず起きません。この初回カウンセリング後に6回まで施術の予約を可能としますので、初回カウンセリングの予約というのは今後の予約において重要です。

初回カウンセリングの予約はWEBからも可能

初回カウンセリングの予約については、web上でも予約が可能です。ただし、web予約についてはタイムラグというものがあると言われており、タイミングが合わない、もしくは、システムのバグなどの問題で予約システムがうまく機能せず、空きが出ないのか空というものが繁栄されていないとも言われています。なので、電話予約のほうが銀座カラーの予約システムの中では優れているとも言われていて電話での予約のほうが確実です。また、初回以降であれば、実店舗で予約の空いている枠を確保するという方法がありますので、初回を過ぎているのであれば実店舗で利用の予約を入れるというのが望ましいです。ちなみに、銀座カラーは、予約システムが連動していないため、電話の予約のキャンセルは電話からになり、webからの予約はwebからのキャンセルになりますので注意しましょう。

コールセンター(電話)で初回カウンセリングを予約したら変更やキャンセルも電話で行う必要がある

銀座カラーのコールセンターでは、初回カウンセリングを電話で予約をした場合キャンセルをする場合も電話である必要があります。これは、webシステムの予約システムと連動していないため、予約の取り消しについてはそれぞれ予約を入れた端末からしかできないと言われています。なので電話のケースは電話で再度キャンセルの電話を入れてwebの場合初回カウンセリングの予約を webで入れてから、キャンセルも同様にwebで行います。別々の端末は連動していないらしく、銀座カラーの初回の予約や次回の予約についてはそれぞれ利用した端末からになりますので注意です。店頭での予約についても同様で、店頭で予約をした場合、次の予約のキャンセルについてwebシステムや電話システムに残らないと言われているため、各々のシステムに切り替える場合、一度予約をキャンセルしてから別の端末での予約に移行となります。

コールセンター(電話)のサービス内容5・質問、クレームなど

コールセンターでは、質問のほかクレームも受け付けています。特にクレームについては健康被害なんかも受け付けており、例えば施術後の肌トラブルなんかも受け付けています。そのうえで、医療系のトラブルになる場合も電話での対応という形になり、店頭にて対応となるケースもありますコールセンターを利用してクレームや質問を入れる利点は、実店舗の店員さんに対して問題を述べるのではない点です、つまり、別枠で電話の相手に対して問題を定義するため、店頭で働いている人物たちにクレームを直接言わないという利点があります。ただ、直接お店の人に対してクレームを述べたいという意見もありますので、この方法については個人の方がどこに利点を置くかが重要なポイントで店員と顔を合わせないことを利点とするか店員と顔を合わせてクレームを言うほうが良いと思うかがコールセンターを利用する利点になります。

コールセンター(電話)のサービス内容6・脱毛後のトラブルなど(肌トラブルなど)

コールセンターでは、脱毛後のトラブルに関しても電話で対応をしております。なので、脱毛後の肌トラブルにおいて問題があるか否かを相談することが可能です。もちろん問題がある場合、医療という形で問題の解決を図る場合もあればそうではない場合もありお客様側で対応できる場合はお客様側に対応を任せる場合も多いです。たとえば、一時的な肌の赤身であれば、お客様側で対応できるので問題においては電話相談で解決法を支持し解決という流れになります。問題は、どう見ても危険な状態にある場合は、医療いよる治療という流れになるのでそうした場合においては電話相談でしっかりとトラブルに対して把握したのち処置という流れになります。なお、銀座カラー側が処置を放棄するということはあり得ませんので問題がある場合しっかりと問題について報告をするのが良いです。

銀座カラーのコールセンター(電話)以外の問い合わせ方法

コールセンター(電話)の営業時間外は問い合わせフォームからメールを送信する

営業時間以外であれば、お問い合わせフォーラムからメール送信という形で問い合わせが可能ですが、メール送信のお問い合わせ方法は原則、予約のキャンセルや解約はできません。お問い合わせフォーラムからのメール送信で可能なのは、疑問を相手側に訪ねることのみになるため、銀座カラーを利用するうえでの疑問やこれから銀座カラーを利用しようかなと考えている人物の疑問の身を相手企業に問うことができます。なので、契約を破棄したいというお願いは不可能で、契約をして銀座カラーで施術を受けるという約束をこぎつけることもできません。他にも、銀座カラーのフォーラムは、初回カウンセリングの予約をすることも不可能なので原則として分からないことの質問の身を受け付けるというスタンスであるため注意しましょう。

解約やクレームなど言いにくい内容の際は電話ではなく問い合わせフォームからメールしてみましょう

解約に関する質問であれば、お問い合わせフォーラムから連絡をすることで解約のやり方などを説明してもらえるのでお問い合わせフォーラムを使用するという手法も一つの手段です。ただし、注意してほしい点は、お問い合わせフォーラムはあくまでどうしたらいいの?という疑問を解決するための物なので、お問い合わせフォーラムから解約はできません。あくまでフォーラムは方法を教えてくれるので教えてもらった方法で解約を申し出なければ解約ができないので注意しましょう。なお、解約ではなく、クレームを言いたい場合もこのフォーラムが機能し、クレームの場合は純粋に銀座カラーの問題点を疑問としてぶつけるので問題なく、フォーラムからクレームを受け付けています。

関連ページ:【銀座カラーの解約】電話・面倒な返金額と可能な期間について

かならず返信を確認しましょう

フォーラムからは、返事というものが必ず帰ってきますので返事の確認をするというのはかなり重要です。返事は間違いなく、銀座カラーから返ってきた返事ですので、疑問であれば疑問の解決の糸口になります。なお、返事に再度質問をすることもできますのでわからないことがある場合、相手側に再度質問をすることが許されます。逆に返事を確認しなかった場合、どうなるかですが、相手側はそれ以上の質問が来なかったとみなし返事を待つスタンスを崩すと思われます。そのうえで返事の確認をする利点は本人の為なので、本人が必要ないと判断した場合、返信は確認する必要性は無いでしょう。ただ、返信に重要な答えがあってそれを見過ごして責任というものが発生する場合は本人の確認不足による責任なので、恐らく、銀座カラー側は責任を取るスタンスを示さないでしょう。

解約は問い合わせフォームからはできません

解約は、メールなどで連絡を取り合うものやお問い合わせフォームからは受け付けていません。お問い合わせフォーラムはあくまで疑問点を解決するために存在するもので、契約を破棄したり契約をするために存在している物ではありません。つまり、契約の破棄については契約者の本人の意思表示が重要で、お問い合わせフォーラムの場合、本人かどうかが分からないことから電話よりも信頼が置けないということで契約の破棄ができないのです。逆に電話は、利用者本人であることが声からわかるという点、実店舗で書類を再度書き上げて解約をするなどはとても本人であることが断定されているため、絶対に相手側は解約に従うのです。逆を返せば、お問い合わせフォーラムは、本人でない人物でも簡単に解約を本人に代わって行える特性が生まれるため、大抵のサロンではお問い合わせフォーラムからの解約は行ってないです。

銀座カラーのコールセンター(電話)のサービス内容などまとめ

銀座カラーの電話でのサービスは、電話予約のほか初回のカウンセリングの予約又は、解約です。銀座カラーでは本人確認という手法において電話での本人の確認を取るという選択をしているため、電話でも本人が確認できれば解約を可能とします。大抵の脱毛サロンでは、解約において電話での解約を望まないという場合がありますが銀座カラーでは電話での予約が可能なので電話で解約を申し出ることもできます。ただ、コールセンターには営業時間があり、営業時間については朝の10時から夜の19時までです。その時刻を過ぎた場合、電話がつながらないという問題が生じ、営業を終了したとみなすので、時間帯を過ぎれば、コールセンターは利用できなくなりますので注意が必要です。そうなりますと後日に解約なりなんなりを行うという流れになり、予約の前日までに何とかキャンセルという流れに持ち込むのが理想です。

関連ページ:【銀座カラーの口コミ】評判・全身脱毛と脱毛の効果について

関連ページ:【銀座カラーの全身脱毛料金】仕組みは?料金プランや料金総額はいくら?