【銀座カラーの痛み】解説・脱毛の料金の対応について

銀座カラーの脱毛は痛い?IPL脱毛の痛みについて

光脱毛はレーザー脱毛と比べて照射パワーが低いため痛みを感じにくい

綺麗になるための脱毛。でも痛みがあっては施術に躊躇してしまいますよね。実は脱毛は、痛みを感じやすい施術と痛みを感じにくい施術があるんです。
一般的に光脱毛は、レーザー脱毛よりも痛みの度合は低いとされています。
それはなぜでしょうか。
まず、レーザー脱毛は、強力ななレーザー光線を肌に当てて毛根にある毛母細胞を破壊する事で脱毛を行います。このレーザー脱毛は医療行為に当たりますので、
いわゆる病院またはクリニックなど医師の監修の元で行う必要があります。
一方、光脱毛は、施術方法はレーザー脱毛とほぼ同じですが、扱う光はレーザー脱毛とは異なります。この光脱毛では毛根に直接は働きかけ、毛根を弱らせ、
毛が生えてくるのを妨げます。
照射の出力はレーザー脱毛より低いので、痛みを感じにくいのが特徴です。

VIOは他の部位よりも痛みを感じやすい

脱毛は、少なからず痛みは伴うものですが、今流行りのVIO脱毛は、一般的に他の部位より、より痛みを感じると言われています。
男性では、よく髭脱毛の施術はとても痛いと言う人がいますが、それは髭がとても太くしっかりした毛だからです。
女性の脚や腕などは、しっかりした太い毛はないはずなので、強烈な痛みを感じる事は多くありません。
ですが、VIO脱毛はそうではありません。なぜなら、皮膚の薄さが関係しているからです。脚や腕とは違い、露出する事がないVIO部位は、
皮膚がとても薄いのです。
皮膚が薄いと、皮膚の下にある神経にも作用し、血管にも近いことから痛みを感じやすくなるのです。
また、VIO部位は毛が太く密集しているので。施術の際熱を吸収する事も痛みを感じる原因にもなっています。

IPL式脱毛の痛みや脱毛効果について

IPL脱毛は毛が太い、毛が濃い部位(ワキやVIO)に効果を発揮する

銀座カラーで採用しているIPL 脱毛とは、Intense Pulsed Light(インテンスパルスイト)と言われるものです。
このIPL脱毛は、皮膚に直接照射すると黒い色素(メラニン)に反応してタンパク質を変性させる、という特徴があります。
この特徴を生かして施術を行えば、皮膚に埋もれている毛根に反応し、その毛根を弱らせて発毛促進を阻止することになるのです。
毛根を破壊するわけではないので、一度で毛が抜けるとか、全く生えなくなる、というわけではありませんが、確実に毛が生えにくい環境にしていきます。
毛が生えにい環境が続き、徐々に毛がなくなっていくのです。
つまり、IPL脱毛は、黒い部分に反応するので、脇やVIOなど、毛が太く濃い部分にはとっても効果を発揮します。

メラニンに反応するため他の光脱毛器よりも痛みを感じやすい

このようにIPL脱毛は、皮膚のメラニンに反応するので、太い毛や濃い毛などに効果を発揮する事はお分かりいただけたかと思いますが、
他の光脱毛より痛みが強く出るという特徴もあります。
例えば、光脱毛の一種であるSmooth Skin Control(スムーススキンコントロール)と呼ばれるSSC脱毛では、特殊なジェルを患部に塗ます。
そしてこのSSC脱毛を行うと、塗ったジェルに反応して毛根を弱らせ、発毛促進を低下させます。
つまり、ジェルに反応する施術では皮膚の表面から、メラニンに反応する施術では皮膚の内部からアプローチされる事になります。
どちらが痛みが強いかというと、毛根や毛母細胞など皮膚内部にアプローチされる施術の方が痛みが強いと言えます。

日焼けした肌では痛みを感じやすい

IPL脱毛は、メラニンに反応して毛根を弱らせ、発毛促進を阻止する脱毛方法です。
ですので日焼けした肌にこのIPL脱毛の施術を行う事はおすすめできません。
なぜなら、日焼けした肌はメラニンが豊富に含まれおり、IPL脱毛の施術ではそのメラニンに過剰に反応してしまいます。
すると痛みが強く出る可能性があるからです。
また、日焼けした肌は乾燥している事が多く、その上でさらにIPL脱毛の施術を行うとさらに乾燥は加速してしまい、しみやしわなどの
皮膚トラブルの原因になる事も考えられます。
日焼けした肌は、一種の「やけど」を負ってる事と同じですので、日焼けが落ち着いて元の肌の状態に戻ってから施術を行った方がよいでしょう。

銀座カラーの痛みに関する口コミ/痛い?痛くない?

銀座カラーの痛くない人の口コミ1・以前通っていたときよりも痛みを感じなかった

脱毛を行うと決めて、まず心配だったのが痛みです。
医療脱毛は綺麗になるけど、値段が高いし痛みも強いという印象があったので、通い放題コースがあった銀座カラーに申し込みしました。
通ってみて思ったのが、痛みはあまり感じないという事です。お値段も手が出しやすくとても安心して通う事ができました。
痛みに関しては、正確には、痛みを感じなくなった、という事です。最初はやはり多少は痛みはありますが、私は10年通っていて、
だいぶ腕や脚の毛は減ってきました。
10年というととても長いですが、その分、痛みは少ないので痛みに弱い人にはおすすめだと思います。
早く脱毛を終わらせてツルツルになりたい、という人は医療脱毛の施術の方が合ってるかもしれません。

銀座カラーの痛くない人の口コミ2・クリニックの脱毛に比べると痛みはほとんど感じない

初めて銀座カラーで施術しました。痛みはどれくらいなのか不安で聞きまくっていましたが、スタッフの方が丁寧に説明してくれたので少し安心しました。
施術は「我慢できる痛み」くらいでした。多分、その人の毛量とか体質によると言われましたが、私は十分に我慢できたので、とてもよかったと思っています。
以前、某クリニックで医療脱毛をやったことがあるのですが、我慢できないくらいの痛みで、回数を残したままもったいないけど通うのを辞めてしまった事があるんです。
その時の痛みに比べたら、今回の施術は比べ物にならないくらい痛みを感じませんでした。
医療脱毛とそうでない脱毛の差はあるのかな、と思いますが、まだ初回しか通っていないので今後の結果に期待したいと思っています。

銀座カラーの痛くない人の口コミ3・Iラインは最初は痛いけど、慣れたら大丈夫!

銀座カラーで施術してみた感想です。別の脱毛クリニックに通っていた友達から、VIOの脱毛は痛いので覚悟した方がいいと言われていたので、
ドキドキしながら施術を受けました。
確かに、最初は痛みはあります。ですが。施術担当の女性が、痛みがあるなら言ってくださいね、とか、部位ごとに照射する際に声をかけてくれたので、
こっちも心の準備ができたのでなんとか痛みで中断する事はありませんでした。
担当の人の話によると、やはり毛が太くて濃い人は痛みが強いそうです。逆に毛が薄い箇所はメラニンが少ないので効果が出にくいと言っていました。
VIOは普通、太くて濃い毛だと思うので、施術する人はやっぱり痛みは伴うものなんだな、と納得しました。
ですが何回か施術を受ければ慣れてきました。

銀座カラーの痛い人の口コミ1・VIOは我慢できない痛みです

VIOは痛いものは痛い!です。
スタッフは丁寧なんですが、痛い時は言ってくださいね、と言ってくれるのですが、「痛いです」と言うと、「痛いですか?」と言っていったんは
中断してくれるのですが、やっぱり「頑張りましょうか。。。」と言ってまた開始します。
その繰り返しでした。丁寧だけど、痛みに耐えられないです。他の人の口コミで、痛みはほとんどないと書いてあったのですが、私の場合はとても痛いです。
毛が濃いからだと思います。痛いというか、熱いです。熱さなのか痛みなのか分からない感じになってしまって、通うのが苦痛だと感じるほどです。
医療脱毛じゃないのにこんなに痛いんだから、医療脱毛はどんなに痛いんだろうと想像しただけで怖いです。

銀座カラーの痛い人の口コミ2・ミュ〇に比べて痛みが強く感じた

痛みは比較できないので、何とも言えませんがミュゼの方が痛みが少なかったように感じます。
私は、最初ミュゼに通っていて、ある程度結果は出たと思っていたし、ちょうど回数も終わりにしようと思っていたので通うのを辞めました。
それから数年たってから、また通いたいな、と思い始め今度は職場に近い銀座カラーに行く事にしました。
両方通ってみて思ったのが、銀座カラーは少し痛みが強い?という事です。一度脱毛しているから毛は薄くなっているので痛みも弱くなるのかな、
と思っていましたがそうではなかったです。
久しぶりに脱毛の施術を受けたからかもしれません。その時の体調にもよるのかもしれません。
いずれにしても、どちがどうと比べると、銀座カラーの方が私は痛みは感じました。

銀座カラーの痛い人の口コミ3・うなじなど背面は怖さからか痛みを強く感じた

私は、仕事で髪を上げていなければいけないので、日頃えり足部分をすっきりとさせたいのですが、なかなか思うようにキレイにならなくて悩んでいました。
合わせ鏡で自分のえり足を見ることはできても、処理する事は自分では不可能なので、思い切って脱毛しようと決意しました。
でも、脇や腕と違って首の後ろの部分なんて脱毛しようと思った事がないので、痛いのではないかとすごく怖かったです。
銀座カラーの評判を見ると、IPL脱毛という毛根を処理する施術で、痛みはほとんどない、という口コミを多数見ました。
人によって感じ方は変わるかもしれませんが、私は背術前はすごく怖かったので体が硬直してしまいました。リラックスしてください、と言われても無理でした。
その結果、バチンと輪ゴムで弾かれたような痛みがありました。我慢できないほどではありませんが、どちらかと言えば痛かったです。

銀座カラーの脱毛の痛みを軽減することはできる?対策方法について

痛みの軽減方法1・脱毛の前後はしっかり保湿をしましょう

施術による痛みを少しでも少なくしたい、という方のために、対処方法をご紹介します。
まず第一に、施術する前後で保湿をしっかりとする事です。
銀座カラーでは、痛みが少ない光脱毛と言われるIPL脱毛を取り入れていますが、肌へ直接光を当てるのでダメージは大きいものです。
肌が乾燥していたり、日焼けしていたり、傷が出来ていたりすると、その部分にも光が過剰に反応し、大きなダメージとなります。
できるだけ肌は健康的で保湿されている事がベストです。肌に水分が十分にある状態、つまり細胞の一つ一つに水分が蓄積されている状態で施術すれば、
光によるダメージを軽減できるのです。
また、施術後にも保湿を十分に行うことで、肌が乾燥したり、しわになったりする事を防ぐ効果もあるのです。

痛みの軽減方法2・脱毛部位のシェービングは丁寧に行いましょう

施術による痛みを少なくしたい、という方のための対処法その2をご紹介しましょう。
それは、脱毛する部位のシェービングをしっかりと行う事です。
では、なぜしっかりとしたシェービングが必要なのでしょうか。
光脱毛は、通常、皮膚内部のメラニンに反応して毛根や毛母細胞を弱らせます。それによって発毛促進を低下させるのです。
もし、仮に毛がシェービングされていない伸びている状態で光脱毛を行った場合、皮膚から出ている毛に反応してしまいます。
ですので出ている毛は照射されても、本来届くべき毛根まで光が届かないので、毛が生えてこなくなったり、毛が抜けることはありません。
しかも、余計な部分(生えてる毛)にスポットが当たってしまうのでその分、痛みも感じてしまいます。痛みを少なくしたい、という人は、
施術前にしっかりとシェービングを行いましょう。

痛みの軽減方法3・生理直前や生理中の施術は避けましょう

施術による痛みを少なくしたい、という方のための対処法その3をご紹介しましょう。
それは、生理直前や生理中の施術を避けることです。
銀座カラーでは、予約日に生理が当たっても、VIOとヒップ周辺以外なら施術はOKです。
ですが、生理中はホルモンバランスが崩れるので、肌荒れが起こりやすいと言われています。
肌荒れが起こると、光脱毛の施術で痛みは当然感じやすくなります。
しかも、生理中は肌のバリア機能も低下するので炎症を起こす可能性もありますし、
もしそうなれば、光脱毛の施術で痛みを感じやすくなってしまう他、脱毛そのものの効果も薄れてしまうのです。
さらに、お腹が痛くても鎮痛剤を飲むと施術は受けられません。薬と光で副作用が起こる可能性があるからです。
このような理由から、生理直前や生理中の施術は避けた方が良いと言えます。

痛みの軽減方法4・生理後6日間は痛みを感じにくい

上記でご説明したように、生理中は肌荒れを起こしたり肌のバリア機能が落ちるため、痛みを感じやすくなります。
ですので、できるだけその期間は施術は避けた方が無難だと言えます。
生理が終わった直後からはホルモンバランスも正常に戻りますし、肌の状態も元通りになります。
健康的な理想的なお肌であれば痛みは感じにくいと言われているので、痛みに弱いという人はわざわざお肌が敏感になっている生理中に施術を受けなくても、
生理が終わった6日間くらいに施術を受けることをおすすめします。
銀座カラーでは、生理中は施術が不可能ではありませんが、自前の生理用ショーツを履かなければいけない、鎮痛剤が飲めないなど制約もあるので無理は禁物です。

痛みの軽減方法5・脱毛中はしっかり日焼け対策をしましょう

多くの脱毛サロンでは、日焼けには気を付けてください、と言われるはずです。銀座カラーでも例外ではありません。
なぜなら、光脱毛はメラニン色素に反応する性質があるため、日焼けした肌に施術すると肌そのものにも反応してしまい、痛みや火傷が起こる可能性があるからです。
日焼けは夏だけだと思いがちですが、紫外線は年中降り注いでいますので一年中注意が必要です。
特に、手の甲やうなじは、常に出ている部分ですし、知らず知らずのうちに日焼けしてしまう事があります。
日焼けしてしまった、と思ったら施術はキャンセルした方がよさそうです。
日焼けして黒くなる前だから大丈夫、と思っている人も、肌はかなりのダメージを負っているので無理せず施術はやめる方がよいでしょう。

銀座カラーの脱毛の痛みについてまとめ

銀座カラーでは、痛みが少ないと言われているIPL脱毛を取り入れているので、施術で痛みがすごく強かった、耐えられない痛みだった、
などの口コミは見られませんでした。
痛みは人それぞれですが、多くの人の場合、あまり痛くなかったと感じているようです。
ただし、毛が太く濃い部分の施術の場合は、輪ゴムでバチンと弾いたような痛みはあるようで、VIO部位はすごく痛い、という人も見られました。
スタッフがとても親切で丁寧なので、施術の際、部位を変えるごとに声をかけてくれるので不安ではなかったし、心構えができるので痛みもなかった、
という声もありました。
施術前後では保湿をしっかりとしてくれるようですし、アフターケアも万全で、肌の調子を整えてくれるので、肌トラブルとは無縁です。

関連ページ:【銀座カラーの口コミ】評判・全身脱毛と脱毛の効果について

関連ページ:【銀座カラーの全身脱毛料金】仕組みは?料金プランや料金総額はいくら?