【銀座カラーの解約】解約方法や違約金は?返金保証やクーリングオフの方法

銀座カラーは途中解約できる?

銀座カラーは契約日から8日以内ならクーリングオフが可能

契約を行ってから数日間はクーリングオフが通販などでは可能ですが、銀座カラーでの契約でも可能です。条件をクリアすることによって、銀座カラーで契約した内容をクーリングオフによって返金してもらうことができます。適用される条件の中で特にポイントとなるのが期間で、契約日から8日間の中で解約すると返金条件をクリアします。なお契約書の日付や受け取った日を1日目として、そこから8日以内となります。そして契約期間についても1か月以上で結ばれていて、5万円以上の契約金額となっているのが条件です。銀座カラーで脱毛したいと考える際に、本当に長期間通うかどうかを最初のカウンセリングなどでしっかりと判断しましょう。少しでも遅れると返金ができないこともあるので、注意しながら申し込みましょう。

銀座カラーはいつでも簡単に途中解約が可能

どうしてもエステなどで数日間使ってすぐに解約すると違約金などが発生するところですが、銀座カラーでは途中解約を簡単に行うことができます。手続きをしたいと申し出るタイミングは様々なで、直接銀座カラーの店舗に出向いて手続きをする以外にも方法はあります。例えば電話で連絡を入れたり、会員用のページ内で手続きを行うように進めることもできます。途中解約を進める際には理由などを聞かれることもあるので、正直に答えながら手続きを進めていくといいでしょう。ただし解約時に返金される金額は、改めて計算されるので注意しなければなりません。大きく減らされることもあるので、利用磁気などを確認しておきましょう。無制限プランだと一切解約時に返金されないこともあるので、契約を結ぶ際には理解しておきましょう。

銀座カラーの解約金(手数料)や返金額について

銀座カラーの解約金(手数料)1・クーリングオフの場合は手数料は0円

もし解約する際にクーリングオフが適用される場合には、銀座カラーへ支払う解約手数料は一切かかりません。法律でも決まっていて、銀座カラーでも内容に準拠しながら対応を進めていきます。解約時には手数料も必要なのではと、不安にかられる人も少なくありません。しかし銀座カラーと契約してクーリングオフに該当する期間内だとすると、解約時の手数料は一切発生しないので問題ありません。
しかし契約からクーリングオフの対象である8日を経過した時には、途中解約する時に解約手数料を支払わなければなりません。施術を行っていない分の残額から10パーセント分、もしくは2万円のどちらかを支払うことで成立します。これ以上は銀座カラーで求めないので、安心して手続きを進めましょう。

クーリングオフの条件1・契約した日を含む8日以内

銀座カラーで脱毛に関する契約を最初のカウンセリングで内容を聞きながら、結んだところからクーリングオフの期間が始まります。法律でも決まっていますが、クーリングオフが適用される期間としては契約を結んだ日から8日以内と考えられています。銀座カラーで申し込んで契約を結んでいきますが、その時には契約日については契約書に記載されます。施術を受けていく中で注意すべき内容が多数記載されていますが、その日付が契約日となります。他にも契約書を受け取って8日以内でも考えられるので、クーリングオフを適用したいと考えている時には注意しなければなりません。郵送時は時間がかかるので、この計算が成立します。少しずれると契約がクーリングオフ対象外となるので、解約手数料を支払うこともあるので注意しなければなりません。

クーリングオフの条件2・契約金額が5万円を超える

最初のカウンセリングを終えてから、じっくり考えて銀座カラーの施術を受けようと申し込んだ時には様々なプランから選択することになります。数万円から30万円以上と幅広く、銀座カラーでの施術に関するプランで必要な費用が決まっています。その中で契約金額が5万円以上となっている時には、銀座カラーの契約を解約したい時にクーリングオフの条件に該当します。支払額がちゃんと5万円以上になっているか判断して、契約期間と併せてクーリングオフが適用されるか判断されることになります。しかし銀座カラーとの契約でローンを組んでいた時には注意が必要で、クーリングオフの条件を満たしてもローン会社にも書面を送付しなければなりません。その分の時間も考慮しながら、銀座カラーとの契約を解消するか判断しましょう。

クーリングオフの条件3・契約期間が1カ月を超える

契約を結ぶ時に短期間の契約になっていると、時にはクーリングオフの対象外になってしまうことがあります。銀座カラーとの契約で早い段階で見切って解約をしたい時に、クーリングオフ適用を検討したいならば契約期間も重要です。契約してから8日以内で5万円以上で1か月以上の契約期間がある時には適用されるので注意しなければなりません。これ以下になっているとクーリングオフの対象外になってしまうことがあり、時期が過ぎてしまうと銀座カラーに対して解約時の手数料を支払うことになってしまいます。銀座カラーにおける脱毛に関する施術内容について、契約期間は1か月以上になっていることもあります。ちゃんとクーリングオフが適用されるか、契約している期間もチェックしておきましょう。

銀座カラーの解約金(手数料)2・クーリングオフ期間以降は返金額の10%

もしも銀座カラーで契約をしていながら、どうしても解約をしたい時にクーリングオフの期間であれば無料です。しかし時期がすぎると返金される金額の10パーセント、もしくは2万円以内の解約時の手数料が発生してしまいます。銀座カラーとの契約が9日以上過ぎている場合には該当するので、時期については事前にチェックしておきましょう。
注意点としては銀座カラーが独自に展開しているショッピングローンを活用した時で、分割払いで支払うことができます。このローンを利用している時には、脱毛プランで相談している部署と異なります。ローンを組んでいる部署へ連絡を入れていく時間も必要となるので、その時間も考慮しましょう。また解約時にローン払いが残っていると、終了するまで続いてしまうこともあります。

解約手数料は最大2万円以内

クーリングオフ適用外の状況で銀座カラーとの契約を解約したい時に、手数料がいくらになるか不安になってしまう人も少なくありません。途中解約では解約手数料がクーリングオフ適用外の場合は必要となりますが、その際には契約の残っている金額の10パーセントか最大で2万円支払うことになります。特定商取引法でも定められていますが、この条件の中だと銀座カラーの契約では最大金額となる2万円を支払うケースが多くなります。支払うことによって解約を進めることができるので、しっかりと納めておくようにしましょう。ただし銀座カラーでは最大で2万円以上の手数料となるので、高額な手数料は要求しません。返金時期がここから解約後、3週間程度かかる点も注意が必要です。

クレジットやローンの場合も途中解約できる

銀座カラーでは解約時にクレジットやローンで支払っていた時にも途中で解約することができます。契約を行う時に分割払いを選択して銀座カラーの施術プランを選択した人は、支払いを進めなければなりません。契約を交わしているカード会社などとも連絡を取るため、途中解約時には銀座カラーでの契約内容がわかる書面を郵送することが必要です。いずれも契約書をチェックしながら判断する必要があるので、しっかりと必要事項が契約書にちゃんと埋まっているか事前に確認しておきましょう。そして銀座カラーから途中解約後に、まだ施術を行っていない分は返金してもらうことができます。口座情報を伝えながら、返金の手続きも進めましょう。ただしローンの支払いは残ることがあるので、注意しながら対応しましょう。

銀座カラーの返金額の計算方法

銀座カラーの返金時期は解約から3週間ほど

クーリングオフ期間もしくはそれ以外の時期に銀座カラーの施術について、途中解約を行うと返金手続きに進んでいきます。何度も施術を受けていながら、どうしても効果を実感できないこともあります。その中で銀座カラーに依頼して、解約手続きを進める人も少なくありません。ただ手続きを完全に終えたとしても、そこから施術を行っていない分の返金を受けるまでには大体3週間ほどかかってしまうので注意しなければなりません。また現金でそのまま銀座カラーから受け取るのではなく、指定した口座へ振込んでもらうことになります。返金指定を事前に銀座カラー対して行っておき、口座に振り込んでもらいましょう。遅いと感じるかもしれませんが、銀座カラーの対応は他の脱毛サロンよりも早い方です。ちゃんと待ちながら、次の施術を検討していきましょう。

銀座カラーの解約方法/解約の理由について

銀座カラーの解約方法1・店舗で解約

実際に銀座カラーの店舗へ訪れて、手続きを経て解約を行うことができます。流れとしては銀座カラーの利用している店舗でスタッフに直接相談することで手続きを進めて、問題なければ解約することが可能です。施術を行う予定がない時は、解約するために予約を入れることも重要です。インターネットや電話で予約を入れる際に、解約する旨を伝えておくといいでしょう。実際に銀座カラーの店舗へ向かう時には、契約を結んだ時に発行された書類や印鑑などを準備しましょう。他にも返金がある時には受け取るために使う口座の通帳やキャッシュカード、もしくは契約時に分割支払いとして使うことになっているクレジットカードを忘れないようにしましょう。解約理由も伝えて、スムーズに解約手続きを店舗で済ませることができます。

銀座カラーの解約方法2・電話で解約

どうしてもスケジュール調整ができずに、銀座カラーで解約をすることができないという時は電話でも可能です。電話で銀座カラーの契約を解約したい時には、状況をちゃんと確認してから返金額がいくらか弾き出してもらいましょう。実際に契約した内容が分からなかったり、どのくらい施術を受けたか確認してもらいながら返金額は決まっていきます。もし銀座カラー側から質問で色々と聞かれた時には、素直に答えていきましょう。銀座カラーでは契約後から、通っている回数などをしっかりと管理しています。履歴を保存してくれているので、いつ通ったかは質問すると堪えてくれることでしょう。明確に分からない時は、ちゃんとわからないと答えながら対応してもらいましょう。

どの解約(退会)方法でも解約の理由は聞かれる

直接来店もしくは電話で銀座カラーの契約について解約を行う時には、その理由を問われることも把握しておきましょう。銀座カラーのスタッフとしても、なぜ利用者が解約したいかを知って改善すべき内容を検討しなければなりません。解約手続きの中で色々と理由は聞かれますが、忖度なく素直に答えていきましょう。その際に銀座カラーのスタッフに解約を止められてしまうのではないかと、不安になってしまう人もいます。また怒り出すのではないかと、質問を素直に答えないケースもあります。しかし解約時に口コミなどでも怒られている情報もなく、銀座カラーのスタッフも素直に応対してくれることでしょう。しかし嫌な思い出を持っていたとしても、言葉はちゃんと選んで伝えておきましょう。

銀座カラーのユーザーに聞いた解約した理由は?

解約理由1・予約が取りにくい

銀座カラーで様々な施術を受けたくても、なかなか自分が望む時間帯に予約を入れることができないと悩む人も多いです。その中で理想的な予約が取りにくいことから、銀座カラーの契約を解約する人も少なくありません。店舗へ連絡を入れても、なかなか当日もしくは予約した日に施術を受けられないとムダ毛が生えてくる周期にも影響してきます。そこで予約が取りにくい状態が続けば、自然と解約に動く人もいることでしょう。解約を判断する前に銀座カラーのホームページなどを確認しながら、該当する店舗以外でも施術を受けられかチェックしておきましょう。時には施術可能な状況になっていて、希望する時間に予約を入れることができます。施術内容は変わらないので、予約が取りにくいと解約する前に施術ができるかは把握するといいでしょう。

解約理由2・金銭的に継続が難しい

時には銀座カラーの施術に関して、金額が高くて支払いが間に合わないと考えてしまう人もいます。そこで金銭面で継続できないとして、銀座カラーとの契約を解約したケースも少なくありません。回数を増やしたり、無制限で通えるプランに申し込むと30万円以上はかかってしまいます。何度か通っていく中で回数プランだと、なかなか支払うお金も用意できないことがあります。そこで解約したいと考える人も多いですが、無期限コースをもしも選択していると返金してくれないこともあるので注意しなければなりません。これは6回未満で解約しないと解約金だけ取られるようになっているので、内容が厳しいと判断したら早めに解約が必要です。カウンセリングなどで相談しながら、見合った予算に合うか確認しましょう。

解約理由3・効果が実感できなかった

何度か銀座カラーに通いながら、ちゃんと綺麗になる人もいれば何度も施術を受けても効果を感じない人もいます。解約した理由の中で何度も銀座カラーで施術を受けて、効果をその後実感できずに解約を決めている人もいます。数多くの解約理由がありますが、実際に銀座カラーで脱毛に関する施術を受けて効果を実感できない口コミは多いです。時間がかかってしまう点は事前にカウンセリングなどでスタッフからも紹介されることがありますが、これは銀座カラーに限ることではありません。他の脱毛サロンでも施術は時間がかかりますが、これは光脱毛で使う機器の照射力が弱いので処理に時間がかかります。数年単位で検討することが必要ですが、スピーディーにするならば医療脱毛も考えていきましょう。

解約理由4・効果に納得できた

効果を実感できない人がいる一方で、銀座カラーで施術を受けて本当に効果があったので解約を決めた人も多いです。数年通うこともありますが、ムダ毛が綺麗に処理されたならば嬉しさも増すことでしょう。ベストな施術方法を最初のカウンセリングで決めながら、定期的に通っていきながら本当に効果があれば銀座カラーを利用する必要がありません。そこで契約を全て解約する動きもありますが、銀座カラーにおいては解約だけでなく休会制度もあります。再びムダ毛が生えてきている時や、入院や妊娠といったライフイベントでやむ得ない事情があれば活用するのも方法の一つです。解約にするか休会期間を利用するかは銀座カラーのスタッフにも相談しながら、判断して申し込んでいくようにしましょう。

銀座カラーの休会制度について

銀座カラーの休会制度の期間/手続きをすれば期限の制限はない

実は、銀座カラーには休会制度においては期間というものを設けていません。なので、休会をしておけば契約内容を維持したまま凍結という形で受けるべく施術をお休みすることができます。この方法は自ら銀座カラーに訪れ、きちんと休会手続きというものを行えば、一時的に契約を維持したまま凍結という形になり、日数制限がある施術の曜日が過ぎると施術を受けることができなくなるという制限が解除されるのです。ただ、注意してほしいのは、休会はあくまで一時的な球形で長期間休憩が可能ですが、契約自体は生きていることです。なので、いずれ契約を実行して銀座カラーで契約した内容を進行させないといけないので、そのままずっと、休会という形で一時休憩を続けることは不可能です。

銀座カラーの休会方法・コールセンターに電話

銀座カラーの休会方法ですが、コールセンターに直接電話をするという方法で休会が可能ですが、ほかにも、実店舗で休会を直接申し込むという方法でも一時休会が可能です。ちなみに、無期限気休会を行うということも可能なのですが、あくまで休会はいずれ再度施術を受けに来るだろうというニュアンスでの無期限休会になるのでもう、施術を受けないという場合は、休会にはならないです。もう、施術を受けないという場合は、休会ではなく、退会という処理を行い、会員資格を返却して銀座カラーの会員ではなくなるという処置を行わなければなりません。おそらくですが、電話のほうが長期間の休会に対しても意見をしやすいと思えますので、実店舗で休会をお願いするよりも電話にてコールセンターのスタッフに休会を申し出たほうが休会をやりやすいのではないかと思われます。

銀座カラーの休会中の料金について

銀座カラーの休会中の料金ですが、休会中は料金については発生しません。銀座カラーは、施術を行うことで料金が発生するので施術を受けるか、受けずに土壇場でキャンセルということをしない限り、料金が発生しません。ただ、注意してほしい点については、支払うべきものは支払う必要性がありますので、のちに施術を開始すれば、その料金は徴収されるので6回もの施術を行えば、返金というものはなくなり、以降については、解約を申し出てもお金は変額されないです。また、この料金の支払いが起きないというのは、月額プランではなく、一括型の購入プランでのみ、支払いが起きないのでそれ以外においては、休会中においては、支払いが発生するので注意が必要です。つまり月額で支払うタイプは休会をしても支払いが続くのでお金の支払いについては継続されます。

ローンの場合は支払いが生じる

ローンにて、銀座カラーの料金を支払っている場合、銀座カラー側のローン会社を通して支払いを行うため、支払いが継続されるので休止を行ってもローンの会社を通して支払いは継続されます。この問題については規約に記載がありますので、通常であれば規約を確認していればこの問題については、ローンで支払いをしている場合、ローンの支払いを止めることができないのでローンの場合は休会の状態化にあっても支払いが生じるのです。よって、一括でプランを組んでプランをローンでくみ上げて支払いをする場合、月額性と同じような形で料金が徴収されますので支払いが難しくなってきた場合、解約という方法で銀座カラーの利用を辞めるということを検討する必要性があります。

月額制プランの休会制度はない

月額性のプランの場合、料金の支払いが月額であること、かつ支払いを辞めてしまうという選択が容易であることから、休会制度はありません。つまり、月額の場合、退会という形で利用することすらやめてしまうということが可能な点と、そもそも一か月おきの支払いを辞めればそこで脱毛が終了するため、休会制度を設ける必要性がありません。つまり、一括で何か月分もの施術料金を支払ってもらっているわけではないので休憩をとる必要性がなく、利用者側も自由に定期的に銀座カラーを利用するかやめるかを選ぶ権利が生まれるため、月額プランにおいては、そもそも休会制度がないのではなく、必要ではないのです。よって、月額性プランの場合、休会制度はそもそも存在しないうえ、必要のない制度です。

休会の理由は問わない(妊娠・仕事など)

休会をして一時的に銀座カラーの利用を中断するのには理由はそれほど重要ではないです。例えば妊娠に仕事など、理由についてはどうでもよく、解約と異なるわけですから、サービスは継続すると相手事業者はみなしていますので休会についてはそれほど相手事業者は理由を重要視しません。ですが、サービスを辞めてしまう大会になると話は別でこちらは明確な理由が必要で、理由がない場合、相手事業者は契約の継続を申し出るので退会のみ明確な理由が必要になります。ただ、退会の場合も、サービス内容と金額が合わないというシビアな意見を言えば大会が可能なので実のところ、退会についても一応テンプレートのようなものがあり、それらをネットで調べて利用すれば一応簡単に退会も可能です。

銀座カラーのクーリングオフの方法について

クーリングオフの注意点1・コールセンターに連絡後は書面でも手続きをする

銀座カラーではクーリングオフが適応可能で、契約そのものをなかったことにすることが可能です。やり方につきましては、コールセンターに連絡を入れる、その後に書面で手続きを行うのですが、解約を申し出てからこれら一連の作業を解約を申し出た8日目までに完了しなければなりません。つまり、相手事業者に書面が最低でも解約を申し出てから7日目までには到着しなければならないので解約を申し出てからの行動については迅速に解約に関する書類はがきを作成し郵送して解約を行う必要性があります。なお、万が一、クーリングオフ期間中を過ぎて解約となる場合も一応解約が可能で、手数料さえ支払えば実は解約が可能なので万が一間に合わなかった場合、手数料を払い問題を解決するという方法もあります。

クーリングオフの注意点2・クーリングオフ可能な期間中に書面で通知する

クーリングオフははがきというもので連絡を行いますので、8日という期間内にハガキにて連絡を入れないといけない点が注意点です。これを過ぎると有料で解約というクーリングオフを発生させることになるので注意をしましょう。なお、相手事業者に到着する時間までを考えてはがきを郵送してクーリングオフを適応させないといけないのでできるだけクーリングオフの作業を急ぐ必要性があります。ちなみに、クーリングオフ期間に間に合わずとも手数料を払えば、問題なく解決できるのであえて手数料を払い解約をするという方法も取れないわけではないです。ただ、この場合、最大で2万円までの解約手数料が発生する場合があるので注意が必要です。

クーリングオフの注意点3・クレジットやローンを利用している場合はクレジット会社・信販会社にも通知する

クーリングオフはクレジットやローンを利用している場合、クレジット会社と信販会社にてクーリングオフを利用したことを通知する必要性があります。これを行わないと料金が支払われた際、サービスに同意したとみなすうえ、サービスを受けていないのにもかかわらず料金が支払われた場合、銀座カラー側は、サービスに了承したと認識するため、料金の返還ができなくなるのです。よって、先に料金が支払われるという問題を解決する必要性があり、クレジットやローンを利用している場合、クレジット会社と信販会社に対して、料金の支払いを待ってもらえるようにするため、連絡を入れるのです。万が一料金が支払われていても、止めることができるのが連絡業務になりますので、まず、クレジット会社と信販会社に連絡を入れるということを忘れないようにします。

クーリングオフの注意点4・特定記録郵便や簡易書類で送る

クーリングオフはのはがきについてですが、絶対に、特定記録郵便や簡易書類で送る必要があります。この郵便システムは、いわば、依頼人が確実に郵便物を提出したという記録が残るので原則、クーリングオフを受ける場合の証拠になるのです。簡易書類も同様で相手事業者側にこちらの意思を伝え、かつ証拠となるものを郵便事業者が持つことで絶対に間違いなく、依頼人からの郵便物であると言い切れる証拠になるので簡易書類や、特定記録郵便物で送るようにしましょう。そうしないと、これは依頼人の書類ではないと相手事業者側が居直れば、それが有効になるので、そうならないためには、簡易書類か、特定記録郵便で郵便局を承認にして郵便物を送るということです。

クーリングオフの注意点5・書面のコピーや送付記録は保管しておく

クーリングオフについては、はがきの書面のコピーをして置き、かつ送付記録などは保存しておいたほうが良いです。これは、後に特定郵便物で郵送した場合に、郵便局の証拠だけでは弱いとなった場合、依頼人の証拠品が必要になり、そうした場合、書面のコピーが証拠に有効となるので、はがきの書面だったり送付記録というのを保存しておくことが望ましいです。これがないと、証拠というものにおいては、本来であれば、郵便局員の輸送したという証拠だけでも十分なんですが、まれに必要以上に証拠の提示を求められた場合、依頼人側が証拠を出せなかった場合、無効となるケースがまれにあるので依頼人側も、クーリングオフの証拠を残して置き、送付記録などは保管しておくのです。

クーリングオフの書面の書き方/記載事項

タイトル(通知書)
契約年月日
契約した脱毛プラン名
契約金額
会社名、契約した店舗名(銀座カラー〇〇店)など 担当者名
契約解除と返金を求める意向を示した文言
書面を書いた年月日
自分の住所、名前

これだけをはがきに記載してかつ書き記したはがきは、証拠になるよう写真に保存し、コピーを作ります。送付記録については、ポストに投函する様子をとり、いつ頃に送り届けるかがわかるよう日付を記した状態でポストに投かんした様子を保存しておけばよいでしょう。

銀座カラーの解約方法・解約手数料のまとめ

銀座カラーの解約は、クーリングオフ期間であれば、はがきでクーリングオフを申請し、無料で解約を行います。それがだめなら、相手のサービスを受けないという方法を選択し、手数料を支払う形で解約を行います。この方法であれば、実店舗でも可能で、手数料を払うので解約するといえばサービスを受けていないわけですから料金の支払いはないです。なお、手数料については、契約金の10パーセントが手数料になるか、最大でも2万円までの手数料になるので解約を申し出でればよいでしょう。絶対に2万円を超える手数料を請求されることは絶対にないので万が一2万円を超えているのであれば、違法となるので相手事業者をあえて訴えるという姿勢をとっても良いでしょう。

関連ページ:【銀座カラーの口コミ】脱毛サロンの予約と全身脱毛の値段について

タイトルとURLをコピーしました