【鼻の黒ずみを取る方法】簡単!家にあるものでいちご鼻を治す

鼻のくろずみ・いちご鼻の原因は?治す前に原因を知ろう!

いちご鼻の種類1・詰まり毛穴とは?

鼻の上にポツポツと黒い点が出るいちご鼻、気になって洗顔をこまめにしたり、保湿をしてもそう簡単にはなくなりません。隠したいばかりに更にファンデーションの厚ぬりをしてしまうなんてことも。そんないちご鼻の人は、つまり毛穴タイプかもしれません。人間の皮膚には、毛の生える穴、つまり毛穴が無数にあります。ですが何かの理由でその穴に角栓が詰まってしまい放置すると、もともと白かった角栓が紫外線などを浴びて酸化し黒くなり、黒い点々ができたように見えてしまうのです。このタイプのいちご鼻の人は、触ると肌がぼこぼこしている感じがあり、脂性が強いためお肌はべたつきがち、また、落とすのが大変なファンデーションを使っているなどの特徴がありますので、チェックしてみましょう。

角栓とは?

毛穴つまりタイプのいちご鼻は、毛穴に角栓が詰まることで出来てしまいますが、では、よく耳にする角栓というのは、一体何なのでしょうか。お肌にたくさんある毛穴とは、もちろん毛の生えている穴ですが、毛穴の奥には皮脂腺、つまり皮脂を出す器官がついています。皮脂はお肌のバリアする働きがあるので、通常であればなにも問題ありませんが、過剰に分泌してしまうとうまく排泄できなくなります。そして徐々に毛穴に皮脂が溜まり始め、そこへ汚れや古い角質、残った産毛などが混ざってかたまりになってしまうことがあります。それが、角栓と言われるものです。角栓ができたまま時間がたってしまうと、酸化して黒ずみます。落とし忘れたファンデーションなども角質の原因になりますので、毎日の洗顔も、しっかり行いましょう。

いちご鼻の種類2・メラニン毛穴とは?

もしあなたがいちご鼻に悩んでいて、いろいろな毛穴ケアをためしてみても効果がないというのであれば、それは、メラニン毛穴かもしれません。このタイプであれば、毛穴ケアは効果がないでしょう。なぜならば、その黒ずみはメラン色素の沈着だからです。つまりシミなのです。紫外線などの刺激を受けると、メラニン色素がお肌の中で発生します。通常であれば、ターンオーバーという自然な肌細胞の入れ替わりで、一定の期間で排出されるのですが、何かの理由でそのターンオーバーが滞ってしまうと、メラニン色素がいつまでも残り、毛穴の周辺にたまり黒ずんで見えるようになってしまうのです。黒ずみの周りを触ってもポコポコした感じがない人や、毛穴の中心ではなく周りが黒い感じがする人などがメラニン毛穴タイプです。専用の対策をすれば、改善できますよ。

メラニン色素とは?

メラニン色素という名前を聞いたことがないという人は、少ないと思いますが、「日焼けのもとになる悪いヤツ」というイメージがあるだけで、詳しく知らない場合もあるのではないでしょうか。メラニン色素とは、肌が刺激を受けた時に、その刺激からお肌を守るために分泌する色素のことです。紫外線などをたくさん浴びると、お肌は刺激を受けた!と感知します。紫外線を浴び続けるとダメージを受け、病気などの元となる場合があります。その時に角質層の下の方にあるメラノサイトから、黒いメラニン色素が分泌され、その刺激から守ってくれるのです。ですが、そのまま排泄されずに残り色素沈着をすると、シミなどの原因となってしまうのです。メラニン色素は、紫外線だけでなく摩擦などの刺激にも反応して分泌します。いろいろなものから体を守ってくれているのですね。

鼻の黒ずみ・いちご鼻の原因1・角栓が毛穴に詰まる

鼻の黒ずみやいちご鼻の大きな原因のひとつは、毛穴に角栓が詰まってしまうことです。顔にはたくさんの毛穴がありますが、鼻回りの毛穴ばかりが目立つことが多いですよね。それは、顔のTゾーン(おでこから鼻)は、毛穴の中の皮脂腺が発達しているからなのです。さらに、肌のバランスが悪い人の場合、発達した皮脂腺からは過剰な皮脂分泌があり、毛穴にたまってしまいます。そこへ、古い角質層や、こびりついたファンデーションの残りなどの汚れがたまり、塊となって毛穴をふさぎ、角栓となります。角栓も初めは白く目立ちませんが、角質ケアなどを怠って放っておいてしまうと、徐々に酸化して黒ずみ、いちごの種のような点々に見えてしまうというわけです。

過剰な皮脂分泌

黒ずみやいちご鼻の原因となる皮脂分泌、「私はもう思春期ではないけど…?」と思っている人も多いと思います。どうして皮脂は過剰になってしまうのでしょうか?原因の多くは、ホルモンバランスの乱れと言われています。男性の鼻がテカリがちと思ったことはありませんか?それもそのはず、皮脂分泌は男性ホルモンと関係があります。ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモン優位になると、皮脂分泌が増える傾向があるようです。もちろん、脂性の高いものを食べすぎるのもNGです。加工食品の中に含まれる油を摂ることが多い人は、皮脂分泌が過剰になる傾向があります。また、スキンケアやコスメ用品が合わないという場合もあります。もともと皮脂は悪いものではなく、お肌を守るバリア機能がありますから、バランスをとった状態でうまく付き合っていくのが大切ですね。

鼻の黒ずみ・いちご鼻の原因2・ターンオーバーの乱れ

鼻の黒ずみの大きな原因は、肌の中で生まれたメラニン色素が、排出されずに残っていることだと思われます。お肌は毎日の生活の中で、刺激を感じてメラニン色素を生成しています。通常であればお肌のターンオーバーで徐々に体の外へ排出されてゆくのですが、何かの理由でターンオーバーが乱れると、うまくメラニン色素を排出できなくなり、肌の中にたまってゆきます。その残った色素が沈着したものがシミです。毛穴の周りに見える黒ずみはその排出されなかったメラニン色素が、毛穴の周りにたまってしまったものということなのです。ターンオーバーの乱れは、睡眠、栄養、ストレス、タバコ、アルコール、ダイエットなどの生活習慣や、洗顔不足、または強く洗顔しすぎなどの間違ったスキンケアでも起こるものなので、一度生活を見直してみるのも良いでしょう。

ターンオーバーとは?

お肌のターンオーバーという言葉は、スキンケアが気になる女性なら一度は耳にしたことがあると思います。ターンオーバーとは、つまり肌細胞の新陳代謝のことです。お肌の表面の角質層は、4層構造になっています。下から基底層、有棘層(ゆうきょくそう)、顆粒層(かりゅうそう)、角質層と重なっており、一番下の基底層で、常に新しい細胞が生まれています。新しく生まれた細胞は、徐々に表面へと押し上げられ、最終的に角質層から垢となって外へと排出されます。お肌は、このサイクルを自然と行って状態を保っているのです。顔のお肌ならば、表面に押し上げるのに2週間、表面で皮膚を守るのに2週間、通常28日間程度で入れ替わります。このサイクルが乱れると、お肌はうまく再生できなくなり、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

鼻の黒ずみ・いちご鼻の原因3・肌の乾燥

いちご鼻の大きな原因は皮脂の過剰分泌、と聞くと「私は乾燥肌のはずなのになぜ…?」と疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。まず、お肌が乾燥するとターンオーバーが順調に行われなくなります。これはメラニン色素をお肌にためこみ、黒ずむ原因となります。そして、乾燥しているお肌は、バリア機能が弱くなっているものです。皮膚はお肌を守ろうとしますから、どんどん角質を厚く固くしていきます。それも、毛穴のつまりの原因となってしまうのです。更に、水分の足りないお肌は、これ以上水分を蒸発させないようにと、カバー作用として皮脂をたくさん分泌してしまうということもあげられます。皮脂の多い若い人だけでなく、年齢肌でもいちご鼻になってしまうのは、こんな理由なのですね。

鼻の黒ずみを家にあるもので簡単に取る方法

NGな方法1・食べ物パック(ヨーグルト、バナナなど)

身近な食べ物で毛穴ケアができるなら、そんなにありがたいことはありませんね。ましてやヨーグルトなら、100円程度でコスパも最強です。ですが、食べ物のパックには、少し注意も必要です。ヨーグルトパックが毛穴に効果があると言われているのは、プロテアーゼという酵素が、角質のタンパク質を分解してくれるからです。毛穴の中の汚れが溶け出し、落としやすくなるようです。ヨーグルトに含まれる乳酸(フルーツ酸)はお肌のターンオーバーを改善、さらに美白、保湿効果、抗菌作用もあるのでニキビにもよいというから驚きです。ですが、フルーツ酸は、ピーリング効果もある成分です。やりすぎると本来必要な皮脂も落としてしまい、乾燥肌になる場合があります。週1回程度におさえるのがおすすめです。

NGな方法2・オロナイン毛穴パック

SNSで話題となったオロナイン毛穴パック。毛穴の汚れがごっそり取れると一時期人気が出ましたが、実は悪化したという声も多く、あまりおすすめできる方法ではありません。そもそもオロナイン毛穴パックというのは、洗顔の後、オロナインを白くなるほどたっぷりと塗り、10分ほど置きます。その後もう一度洗顔、更に通常の毛穴パックをするときれいになる!というものです。オロナインはもともと火傷やけがなどの傷に塗る薬です。非常に強い殺菌力の成分が含まれており、もともとお肌に必要な細菌や皮脂、角質までも取り去ってしまいます。毛穴が広がって傷つき、その傷を守るために角質がさらに固くなるという悪影響が出てしまうのです。発売元の大塚製薬さんも、毛穴パック効果はないと言っているようなので、周りに惑わされずに、正しい肌ケアをしましょう。

NGな方法3・オリーブオイルパック

こちらもSNSなどでとても話題になった、オリーブオイルのパックです。毛穴が綺麗になった!という声が多いようですが、実は毛穴対策には不向きと言われています。このパックはオリーブオイルをお肌にのせて、優しくマッサージして流すだけという簡単なものです。オリーブオイルはオレイン酸が豊富で、体に良い油です。お肌とのなじみも良く汚れが浮いて、きれいになったような気がしてしまいます。ですが、オリーブオイルには、細胞の形成を妨げる作用があると言われており、新しく生まれた肌細胞が、きちんとできあがらないまま角質層へ出てきてしまうことがあります。一瞬綺麗になるかもしれませんが、お肌に根本的なダメージを与えてしまうので、おすすめできないのです。また、オレイン酸は、アクネ菌のエサにもなるので、ニキビ肌の人は特に要注意です!

NGな方法4・剥がすタイプの毛穴パック(市販)

「こんなにとれた!」という画像が印象的な、いわゆるピールオフパックという剥がすタイプのパックでは、自分では取り除くことのできない毛穴の奥の汚れをごっそりと抜き取れるので、爽快感もありますよね。ですが、ピールオフパックは、毛穴を広げる原因になってしまうと言われています。このタイプは、お肌に塗り広げて汚れと吸着し、パックと一緒に剥がすことで毛穴の汚れを引き抜くので、確かに効果はあります。ですが、その際に、一緒に本来必要な角質まで引きはがしてしまい、お肌がダメージを受けてしまいます。反対に毛穴は広がり、汚れが入りやすくなって悪化してしまいます。取った瞬間は嬉しいかもしれませんが、長い目で見ると、ダメージになってしまうのでやめましょう。

NGな方法5・ピンセットでつまむ

家にあるもので出来る、一番簡単な角質除去方法と言えそうですが、安易にピンセットでつまむのは、注意が必要です。角栓は、固くなった角質の塊とは言いますが、金属ではさんで耐えられるほど、固いものではありません。お家によくある、子供の頃、よくとげ抜きに使ったような、先端が平らになっている爪切りのような形のピンセットを使って、角栓を抜こうとすると、うまく挟んだつもりでも角栓が潰れたり、抜けずに引きちぎれて中に残ってしまったりと、なかなかうまくできないものです。取れたとしても、がら空きになったデリケートな状態の毛穴を放置して乾燥を招いてしまったり、ピンセットの刃先で、お肌を傷つけてしまう危険もありますので、気を付けましょう。それでももし挑戦したい場合は、角質除去用の専用ピンセットなどならば安心かもしれませんね。

NGな方法6・過剰な酵素洗顔

酵素洗顔というのは、酵素の入った洗顔料で洗うことです。いつもは落とせない汚れや、毛穴の角質除去に特に効果があると言われています。角栓となった古い角質は、ほとんどがお肌のカスなので、成分はタンパク質です。酵素はこのタンパク質や脂質を分解することができるので、効果的に洗浄できるのです。この酵素洗顔、時々スキンケアに取り入れる程度ならば問題ないのですが、毛穴の汚れを取り除きたい思いが強すぎて毎日毎日行うと、乾燥肌になってしまいます。酵素洗顔は洗浄力がとても強く、お肌に必要な脂質まで剥がすので、バリア機能が低下。水分を保つことができなくなり、乾燥肌になってしまうのです。もちろん、通常の使用をする分には問題ありませんが、お肌に刺激を感じるようならば中止して、様子を見るようにしてください。

NGな方法7・ワセリンパック

ワセリンは唇や指先などの乾燥にとても効果があり、確かにお肌にはとてもよさそうですね。果たして毛穴には効果があるのでしょうか?毛穴にいいと評判が高いのは、ワセリンが角質を溶かしてくれるから、そして肌とのなじみが良く、汚れを巻き込んで洗い流せるからという理由のようです。実はこれは大きな誤解なのです。そもそも毛穴に詰まった角栓は、70%が角質で出来ています。皮脂や汚れは残りの30%、つまり角栓のほとんどは皮膚、つまりタンパク質なのです。ワセリンは石油でできておりほぼ脂質ですので、なじんで溶け出すということは、ほとんど考えられません。また、ワセリンが毛穴に入り込むことで、余分に脂質が増えてしまい、ニキビなどの炎症も引き起こしかねないので、絶対にやめましょう。

おすすめな方法1・ベビーオイル+綿棒で取り除く

ベビーオイル洗顔という言葉を聞いたことがありますか?SNSでは「角質ポロリ」と話題になっているほどの、いちご鼻が気になる人におすすめの洗顔法です。多くの人は一生懸命毛穴の汚れを落とそうとするあまり、界面活性剤入りの刺激の強い洗顔料をごしごしと使い、残念ながら更にお肌を傷めている可能性があります。ベビーオイルは洗顔料ではありませんが、ベビーも使える優しいオイルです。お肌に刺激もありませんし、固い角栓の表面をふやかしてくれる効果があります。角栓を周りから徐々に溶かしていき、最終的にはぽろっと外れて抜け落ちてゆきます。更に、綿棒にオイルをしみこませてマッサージをしながら押し出すと、お肌も傷めず、つるんと取ることができますよ。

ベビーオイル+綿棒を使った除去方法について

ベビーオイルと綿棒を使った角栓除去法は、お肌に優しい上に簡単です。まず、お肌に蒸しタオルなどを当てて温め、毛穴を開いてあげましょう。そして、ベビーオイルをたっぷりしみこませた綿棒を毛穴にあて、くるくると円を描きながらマッサージするように塗り込んでいきます。必死にこすらなくても大丈夫です。綿棒が滑らなくなってきたら、少しベビーオイルを足して続けましょう。ベビーオイルが毛穴に行き渡って浸透してくると、徐々に角栓が緩んできますので、後は優しく押し出してあげるだけです。出てきた汚れはふき取り、その後はいつもの洗顔でしっかりとオイルを洗い流し、保湿をします。ベビーオイルは800円程度で買えるものも多いので、こんなに簡単に毛穴が綺麗にできるのは嬉しいですね。

おすすめな方法2・蒸しタオルパック

本当にお家にあるものだけで手軽に毛穴のケアができるのが、蒸しタオルパックになります。フェイスタオルがないお家というのは珍しいのではないでしょうか。このパックの準備は、水に濡らしたタオルを電子レンジで1分程度温めるだけです。ほかほかになったタオルを、顔の上に広げ、包み込みます。毛穴には古い角質がいっぱいに詰まっています。角質の成分はほとんどタンパク質なので、とても固くなっています。そこへタオルで温めてあげることで、角質周辺の皮脂が緩み隙間ができて、角質が取れやすくなるというわけなのです。タオルは強くぐいぐいと押し当てる必要も、長時間続ける必要もありません。じんわり温めてあげるだけで十分です。一番お手軽な方法かもしれませんね。

洗顔前に行う

毛穴の汚れの中でも一番気になるのが、毎日のメイク汚れですよね。クレンジングの際にも、蒸しタオルパックは効果を発揮します。それには少しコツがあります。まず、リップや、マスカラなどの落とすのが大変な部分は、先に専用の化粧品でオフしておきます。電子レンジで蒸しタオルを作ります。お肌にクレンジング剤を塗って綺麗になじませせたら、その上から思い切って蒸しタオルをのせます。そしてそのまま冷めるまで、待ちましょう。タオルをとったらクレンジングを落とし、いつもの洗顔料で洗います。しっかり保湿もしましょう。クレンジング洗顔の前に温めることで、毛穴が開き、メイクの汚れも落ちやすくなりますよ。いつもより化粧水が染み渡っているのがわかるでしょう。

入浴中に行うと効果倍増

蒸しタオルパックを更に効果的に利用するには、お風呂の中がおすすめです!まず電子レンジで蒸しタオルを作ります。そして、湯船につかったタイミングで、顔に蒸しタオルをのせてゆきます。温かいタオルにお風呂の湯気で、更に毛穴が開きやすい状態になるのです。十分温めたら、そのあとで洗顔をしましょう。毛穴がゆるんで、すっきりと洗い流せますよ。お湯につかりながら顔を温めれば、全身の血行が良くなり、代謝もアップします。もし、先に体や髪を洗うのであれば、蒸しタオルはラップなどでくるんでおくと、冷めにくく使いやすいですよ。お風呂で蒸しタオルパックをすると完全に毛穴が開いてしまいますので、入浴後の保湿は絶対に欠かさないでくださいね。化粧水の染み込みが良く、肌の調子が変わって来るのがわかるでしょう。

おすすめな方法3・スチーマーを使ったマッサージ

自分で蒸しタオルを作るのが少し面倒だという方におすすめな手軽な毛穴ケアとしては、スチーマーがあります。スチーマーはコンパクトな機械で、温かい蒸気が噴射できる仕組みになっています。美容成分の染み込んだフェイスマスクなどを顔にのせた状態でスチームを浴びれば、徐々に毛穴が開いてゆき、美容成分も染み込みやすくなります。毛穴に詰まった皮脂も柔らかくなるので、汚れが落ちやすくなります。更にマッサージも加えると、血行が良くなり代謝もアップし、効果バツグンですよ。現在各社から、様々なスチーマーが販売されており、お値段は4,000~50,000円程度までと様々。置き型・ハンディタイプ、温冷スチーム・美顔スチーム、水道水が使えるか、洗浄方法は簡単かなどいろいろ個性がありますので、お好みのものを選びましょう。

スチーマーがない場合の方法について

高額のスチーマーに美顔効果があるのはわかりますが、どれもある程度のお値段がするものです。だれでも気軽に、いちご鼻のためだけに買えるわけではありませよね。そんな場合は、もちろん蒸しタオルパックで十分です。濡らしたタオルを500?600Wの電子レンジで1分程度温めるだけで、スチーマーと同じ効果を得ることができます。蒸しタオルにもスチーマーと同じように、温かい湯気と水分がありますので、角栓を柔らかくして汚れと皮脂の落ちをよくする作用があり、しつこいいちご鼻改善に効果を発揮します。更に、血流をアップして新陳代謝を上げることができるのでターンオーバーも順調に。タオルは首や肩などにも使うことができるので、一緒に眼精疲労や肩こりケアもでき、一石二鳥です。素敵なリラックスタイムとして継続しましょう。

おすすめな方法4・毛穴ブラシ

毎日の手で洗う洗顔で、「なんだか毛穴の汚れが落ちきれていない気がする…。」と感じる方は、洗顔用の毛穴ブラシを使ってみましょう。指で洗うと毛穴の奥までもちろん届きませんが、ブラシを使えば毛穴の奥まで入り込み、メイク残りなどの汚れもかき出してくれますよ。毛が細いタイプを選べば、もちろん奥まで届きやすく、小回りの利く小鼻専用選べば、いちご鼻のケアはもちろんおでこまで洗いやすいでしょう。毛穴を綺麗にしたい気持ちが強いのはわかりますが、ブラシはあくまで優しく、泡立てた洗顔料の上から使いましょう。長時間使う必要もありません。ブラシのやりすぎはお肌の炎症、皮脂の取りすぎとなり、乾燥肌につながりますので、ほどほどにして使用後は必ず保湿をしましょう。きっとすっきりとした気持ちになれますよ。

密度があるカブキブラシなどがおすすめ

洗顔ブラシは確かに毛穴の奥まで届くのはわかるのですが、数回とはいえブラシで肌をこするのに抵抗があるという人もいるでしょう。メイク用品を選ぶ際に、カブキブラシというシリーズの名前を聞いたことがありませんか?濃密な優しい毛が、ぽわっとたっぷりついていて、ファンデーションやチークを自然な色みでのせることができる、有名なコスメブランドです。実は、この優しいカブキブラシの中にも、洗顔ブラシとして使えるものがあります。毛の密度がとても高いので、お肌にしっかりフィット、細かい毛穴にももれなく入り込みます。素材は特殊ポリエステル毛で、肌触りが優しいから敏感肌の方でも安心です。汚れたら普通の石けんで洗うだけでいいので、ケアも簡単ですよ。

ニキビがひどい時にはNG

「ニキビは皮脂が原因なのだから、毛穴の汚れを取ったほうがいいよね?!」と思って、ニキビのお肌をブラシで一生懸命ケアしている人は、少なくないと思います。洗顔ブラシは毛穴の洗浄にとても効果がありますが、実はニキビの炎症がひどい時には、絶対に使用してはいけないものなのです。ニキビができる肌は、とても不安定な状態です。ただでさえ炎症があり、ターンオーバーなどの肌コンディションも悪い時に毛穴ブラシでこすってしまうと、傷ができ、更なる炎症を引き起こすことになります。傷からバイキンが入るとひどいニキビ跡や、別の大きい肌トラブルを引き起こす可能性も。毛穴ブラシは、ニキビのできにくいお肌つくるものと思って、炎症中はさけてくださいね。

おすすめの方法5・ピーリング

いちご鼻や鼻の黒ずみの改善は、毛穴の古い角質を取り除くことが一番です。クリニックやエステなどでピーリングを受けられたらいいけれど、そんなにお金はかけられない。そんな方は、お家でできるピーリンググッズを購入して、古い角質をしっかりとオフしましょう。ピーリングとは、角質を溶かして流す方法です。現在では、とても多くの自宅用ピーリンググッズが販売されています。ペースト状のものやパウダータイプ、ジェルタイプなど使用は様々、敏感肌用、毎日使えるもの、ニキビ防止効果があるものなどもあるので、自分お肌悩みに合わせて購入してみましょう。1,000~2,000円程度のものも多く、とてもお手頃です。きっと透明感のある、すっきりとしたお肌になれますよ。

鼻の黒ずみ・いちご鼻を作らせない・予防や対策

予防方法1・質の高い睡眠

鼻の黒ずみやいちご鼻に悩んでいる人は、睡眠不足の可能性があります。睡眠不足が肌に良くないというのは有名ですが、もちろん毛穴にも良くないのです。
また、睡眠中には美肌に良いとされるホルモンが分泌するとされているので、しっかりと質の良い睡眠を取ることが重要なのです。
人が眠りについて最初の90分で成長ホルモンが分泌されるのですが、この成長ホルモンは美肌に良いと言われています。
他にも、寝ている間に分泌されるメラトニンには、成長成分を促す働きがあり、また強い抗酸化作用も持っています。
眠り始めの90分で、いかにリラックスしてしっかり眠れるかは、ホルモンの分泌に大きく関わってくることでしょう。しっかりと質の良い睡眠を取って、鼻の黒ずみやいちご鼻を改善していきましょう。

成長ホルモンの分泌で美肌に導く

人が眠っている間には成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンは肌の細胞分裂や細胞の再生といったことに必要不可欠なホルモンです。
成長ホルモンと聞くと成長期のお子さんに必要なものかと勘違いしがちですが、大人にも重要なものなのです。
また、成長ホルモンには肌のターンオーバーを促進する働きを持っています。肌のターンオーバーが乱れることで、毛穴詰まりなどの原因にもなってしまいます。人の肌は古い細胞を追い出して新しい細胞に生まれ変わるというターンオーバーを繰り返すことで、健康な状態を保っているのです。
質の良い睡眠を取ってしっかりと成長ホルモンの分泌を促してあげ、肌のターンオーバーが正常に機能するように心がけることが、鼻の黒ずみやいちご鼻の改善へとつながるのです。
また、寝ている間には成長ホルモン以外にも女性ホルモンが分泌されます。女性ホルモンはコラーゲンやヒアルロン酸の合成をサポートしてくれるので、しっかりと睡眠を取って分泌を促してあげるといいですね。

予防方法2・食生活の改善

スキンケアをしっかりとしているのに、なかなか鼻の黒ずみやいちご鼻が改善しないと悩んでいる人もいるかもしれません。そんな人は、もしかしたら食生活を見直す必要があるかもしれませんよ。
どんなに丁寧にスキンケアをしても、毎日の食生活が乱れていては、毛穴のトラブルを招いてしまうのです。
とは言え、何かひとつ食べれば鼻の黒ずみやいちご鼻が改善するというものではありません。毎日の正しいスキンケアに加え、バランスの取れた食生活というものも大事なのです。
脂っこい食事の食べ過ぎを避け、ビタミン類といった肌に効果的な栄養素を持った食品を積極的に摂取することによって、きれいな肌をめざしていくと良いでしょう。
肌に良い物を食べたからといって、即効性があるわけではありませんが、将来的には肌がきれいになることが期待できるのです。

脂質・糖質の多い食事はNG

甘い物や脂っこいものが好きで、毎日のように食べているという人もいるかもしれません。こういった食べ物の食べ過ぎは体に良くないということは有名ですが、肌にも良くないのです。
脂質や糖質の取りすぎは、皮脂の分泌量を多くする原因となります。皮脂が多く分泌されて毛穴が詰まり、いちご鼻が悪化してしまうことにもつながるのです。
からあげやピザといった明らかに脂質の多い食べ物だけでなく、パンやパスタ、ご飯といった炭水化物は糖質なので、取り過ぎはいけません。一人暮らしだと手軽に済まそうと、パンだけ、丼物だけ、といった食事をすることもあるでしょう。しかし糖質を取り過ぎては毛穴の詰まりにつながりますから、バランスの良い食事をする必要があります。
また、ファストフードは脂質や糖質が多いだけでなく塩分も多いので、食べ過ぎると体内の水分量が減り、肌の水分量の減少にもつながり、毛穴が固くなって角栓が詰まりやすくなってしまうのです。
ごくたまに偏った食事をしてしまうことはあっても、毎日の生活ではなるべくバランス良く食べるよう心がけましょう。

過剰なアルコールなNG

お酒が大好きで毎日飲んでいるという人もいるかもしれません。お酒の飲みすぎは体に良くないとされていますが、実は肌にも良くないのです。
毎日2杯お酒を飲むと、肌の水分が失われてしまうそうです。すると老化や色素沈着などの原因にもなってしまうとされています。
ビタミンB群やビタミンCは肌に良いとされている成分ですが、アルコールはこれらの成分の働きを阻害してしまうのです。
もちろんまったくお酒を飲んではいけないというわけではありません。しかし、毎日のようにたくさんお酒を飲んでいるような人は、一度生活習慣の見直しをするといいでしょう。
ちなみに、ビール、梅酒、日本酒、女性が好きな甘いカクテルといった物には、糖質が多く含まれています。糖質の取り過ぎは皮脂の過剰分泌につながってしまうのです。

角栓詰まりを予防する栄養素1・タンパク質(アミノ酸)のはたらき

脂質の多いお肉を食べ過ぎると皮脂分泌が過剰になります。そのため、タンパク質は毛穴に良くないというイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
まず、タンパク質とはアミノ酸によって構成された高分子化合物です。人の肌には水分を保持する力があるのですが、それはアミノ酸による働きも関係しているのです。
アミノ酸には20種類があり、そのうち11種類は人の体内で合成できるのですが、残り9種類は体内で合成できないので、食品から摂取する必要があります。アミノ酸を含んだ食べ物を摂取することで、肌の乾燥を防ぐことができ、結果として鼻の黒ずみやいちご鼻の改善へとつながるのです。
角栓詰まりの改善につながるアミノ酸を含んだ食べ物は、海苔、鰹節、乳製品、えび、豚肉、レバー、枝豆、鶏肉、うなぎ、にんいく等です。

角栓詰まりを予防する栄養素2・ビタミンB群のはたらき

ビタミンB群には、角栓詰まりを改善する働きが期待できます。
まずビタミンB1です。ビタミンB1には、皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあります。ビタミンB1が多く含まれる食べ物には豚肉、大豆、たらこ、牡蠣、うなぎ、玄米、ごま等があります。
次にビタミンB2です。ビタミンB2にも皮脂の分泌を抑制し、毛穴詰まりを防ぐ働きがあります。ビタミンB2を多く含む食べ物はレバー、うなぎ、かれい、乳製品、納豆、たまご、きのこ等です。
続いてビタミンB6です。ビタミンB6には脂肪分解をコントロールする働きがあり、角栓ができるのを予防してくれます。ビタミンB6を多く含む食べ物はレバー、さんま、まぐろ、かつお、鮭、モロヘイヤ、ほうれん草、にんじん、パプリカ、かぼちゃ、にら等です。

角栓詰まりを予防する栄養素3・ナイアシンのはたらき

ナイアシンという名前は聞いたことがあっても、どういった成分なのか良く知らないという人は多いことでしょう。
ナイアシンは水溶性ビタミンで、ビタミンB3の一つです。肌の炎症を防いだり皮脂の分泌を抑制したり、コラーゲンやセラミドの生成を促進する働きがあります。
ナイアシンを多く含む食べ物はかつお、まぐろ、レバー、ささみ、きのこ、豆類等です。しかしナイアシンは熱に弱く、栄養分が流れてしまうので、スープなどにして食べることで無駄なく取り込むことができるでしょう。
もちろんナイアシンだけを摂取することを考えず、他のタンパク質やビタミンなども一緒にバランス良く食べることを心がけることで、より美肌を目指すことができるでしょう。

角栓詰まりを予防する栄養素4・ビタミンCのはたらき

ビタミンCはシミ対策になるなど、肌に良いと言われる有名な栄養素ですね。ビタミンCと聞くと、レモンなどの柑橘類に多く含まれているイメージがあるかもしれません。しかし、レモンをたくさん食べるのは難しそうですよね。
実はビタミンCは野菜にも多く含まれているので、普段の食事に取り入れやすいのです。ビタミンCには抗酸化作用があり、コラーゲンの生成をサポートする働きもあるので、積極的に摂取したい成分でもあります。また、ビタミンCは体内で作られないので、食事から摂取しないといけません。
ビタミンCが多い食べ物はブロッコリー、カリフラワー、パプリカ、モロヘイヤ、イモ類、ゴーヤ、パセリ、いちご、キウイフルーツ、緑茶等です。

角栓詰まりを予防する栄養素5・ミネラルのはたらき

ミネラルは知っていても、ついつい見落としがちになる栄養素ではないでしょうか。実はカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分などもミネラルなんです。ミネラルにはエイジングケアの効果や肌の健康維持、くすみ対策といった効果があり、角栓詰まりの予防も期待できるのです。
ミネラルを多く含む食べ物は昆布、わかめといった海藻です。海藻に含まれるミネラルは人体と相性が良く、体内に吸収されやすいのです。
また、名前からもわかるとおり、ミネラルウォーターにもミネラルは多く含まれています。ミネラルは人体が吸収しにくい栄養素なのですが、ミネラルウォーターは水の中にミネラルが溶けているので、吸収しやすいのです。普段の水分補給として飲むのはもちろんのこと、料理をする際に使う水をミネラルウォーターにすることで、効率よく摂取することができるでしょう。

関連ページ:【美肌にいい食べ物ランキング】ニキビや肌荒れに効く飲み物

予防方法3・定期的な角質ケア

毎日丁寧に洗顔しても、鼻の黒ずみやいちご鼻ができてしまって悩んでいるという人は多いことでしょう。
自分では正しいスキンケアができているつもりでも、実は方法が間違っていたり、不十分だったりする可能性があります。定期的に正しい方法で角質ケアをしてあげることで、鼻の黒ずみやいちご鼻を改善していきましょう。
毛穴の詰まりが気になるからといって、ピンセットでひっぱたり、指で押して出そうとしている人がいたら、絶対にやめてください。毛穴がダメージを受けて、症状を悪化させてしまいます。
また、シートタイプのパックは人気がありますが、毛穴周りの肌を傷つける原因にもなるので、これも使ってはいけません。
規則正しい生活をししっかりと睡眠を取って、食事にも気を遣った上で正しいスキンケアをすれば、肌もきれいになっていくことでしょう。

酵素洗顔

毛穴に良いとされている洗顔料の一つに、酵素洗顔があります。酵素洗顔は名前の通り、酵素による洗顔です。酵素には角栓の原因であるタンパク質や古い角質、毛穴に詰まった皮脂汚れを落としてくれる働きがあるのです。
ただし、酵素洗顔は一般的な洗顔料と違い、毎日使うと必要な皮脂まで落としてしまうことにつながります。そのため、週に1~2回使うのが理想的です。
また、一般的な洗顔料がクリームタイプが多いのに対し、酵素洗顔はパウダーが多いです。少し泡立ちにくいので、ついついごしごしと肌をこすってしまうかもしれませんが、そうすると摩擦で肌にダメージを与えてしまいます。なるべく優しく、気になる鼻などは指先でくるくるとそっと洗うようにしましょう。

ビタミンC配合の化粧品

ビタミンCが配合された化粧水が毛穴に効果的というのは、知っている人も多いことでしょう。ビタミンCには、毛穴を引き締める効果があるのです。
毛穴の汚れをしっかりと取り除いてからビタミンCが配合された化粧水を使うことで、開いた毛穴を引き締めて目立ちにくくしてくれるのです。
ビタミンCが配合された化粧水には、実に様々な種類があります。自分の肌に合った物を選ぶようにしましょう。敏感肌用、乾燥肌用、オイリー肌用などがあるので、しっかりと確認してから購入するといいですね。ビタミンC以外にもどんな美容成分が含まれているか確認するのも良いですね。
もし自分の肌タイプがわからないという人は、肌診断をしてくれるコスメカウンターなどに行けば、無料で診断してもらうことができますよ。

高保湿の化粧品

スキンケアにおいて、保湿はとても大切です。保湿がしっかりできておらず肌が乾燥することで、皮脂が過剰に分泌され毛穴トラブルを引き起こすこともあるからです。オイリー肌だと思っていたら、実は乾燥肌で保湿が足りずに皮脂が過剰に分泌されていたということもあるのです。
鼻の黒ずみやいちご鼻を改善したいなら、とにかく保湿はしっかりとする必要があります。高保湿の化粧水で保湿をすることで、これらの悩みの改善へとつながることでしょう。
高保湿の化粧水には、デパートでしか買えない高額な物から、ドラッグストアでも買える手ごろな物まで、実に様々です。安いからといって必ずしも高いものにかなわないというわけではないので、自分の肌に合った良い化粧水を見つけられるといいですね。

摩擦は厳禁・おすすめのオールインワンジェル/メディプラスゲル

メディプラスゲルは、乾燥予防という発想から生み出されたオールインワンゲルです。
ミネラルも豊富で肌のバリア機能を助けてくれる玉造温泉水を使ったポンプ式のゲルで、これ一本で手軽にスキンケアができます。
5種類のヒト型セラミド。4種類のヒアルロン酸、2種類のコラーゲン、13種類のアミノ酸、ビタミンCなど、64種類もの美容成分を配合しており、長時間肌を保湿することができるのです。
パラベン、アルコール、石油系界面活性剤、合成着色料、シリコンといった成分を含んでいないため肌にも優しく、ポンプ式なので衛生的に使うことができます。
朝使うだけで1日中乾燥を防いでくれる、高保湿なオールインワンゲルです。
使い方は簡単で、洗顔後に適量を手に取り、優しくマッサージするように伸ばすだけです。

関連ページ:【メディプラスゲルの口コミ】オールインワンジェルの悪評で解約?効果は?

家にあるもので簡単に鼻の黒ずみを取る方法まとめ

鼻の黒ずみやいちご鼻を改善していくためには、質の良い睡眠を取って、バランスの取れた食事を続けていくことがとても大切です。揚げ物やスイーツなどといった脂質や糖質の取り過ぎには気を付け、アルコールの過剰摂取も控えましょう。
また、肌に良いとされる成分を含んだ食べ物を取ることを意識するのも大切です。一つの栄養素だけでなく、様々な栄養素を取ることを心がけましょう。
他にも、定期的に正しい角質ケアをしてあげることで、毛穴トラブルを防ぐことにもつながります。酵素洗顔やビタミンCが配合された化粧水を使うことで、角質ケアができますよ。化粧水はなるべく自分の肌質に合ったタイプの物を選び、高保湿の物を使うことで、美肌を目指すことができるでしょう。