【首のイボ取りクリームランキング】自分で取る/おすすめの市販薬

首イボにおすすめ/首イボ取りクリームの選び方

首イボクリームの選び方1・首イボにピンポイントで使うなら医薬部外品がおすすめ

気づいたら首の周りに、ぽつんとイボがあった。気になり始めると取りたくて仕方がないけれど、自分ではどうしたらよいのかわからない。本当は皮膚科などで見てもらうのが良いのですが、数も少ないし、コストのことも考えると、市販の塗り薬でなんとかなったらそんなにありがたいことはありませんよね。首イボクリームは医薬部外品類と化粧品類の製品に分かれます。医薬部外品は、角質に直接アプローチする有効成分が含まれているのが特徴です。首イボをピンポイントに狙えるので、できるだけ早く効果が欲しい方には、医薬部外品がおすすめと言えるでしょう。反対に化粧品類の製品は、お肌を整えることで改善していくタイプなので、少しお時間はかかりますが、根本的な肌改善から取り組もうという方にはおすすめです。

角質粒とは?

イボにはいくつか種類がありますが、首や顔にポツポツと出来る膨れ上がった丸いイボは、角質粒(かくしつりゅう)であることが多いようです。皮膚の表面は表皮と言います。表皮は層に分かれていて、一番外に出ている層を角質層といいます。その角質の一部だけが異様に増えてしまい、ポコッととび出ているのが、いわゆる角質粒・首イボと言われています。形は様々で、丸い物から楕円のものまで、サイズは大きくても3mm程度です。比較的女性に多く、主に加齢による症状と思われていましたが、最近では肌の状態によっては、30代以下の方にもみられる、一般的な皮膚症状です。皮膚の問題なので、ウイルス性のように他の部分に移ることもありません。見た目は気になりますが、安心してよいものとは言われています。

角質粒の原因はターンオーバーの乱れ

角質粒のできる原因は、主に加齢と言われています。つまり、年齢を重ねることで、お肌のターンオーバーや新陳代謝が遅くなることによります。お肌の表皮は4層に分かれて重なっています。一番奥の層で新しい細胞を常に産み出し、少しずつ上へと上がってゆきます。古い肌細胞は新しい細胞に押され、一番外側の角質層側へ上がって行きます。普通ならばそのまま角質が垢となってはがれ、排出されてゆきます。このターンオーバーと言われる作業は、大体28日間で行われると言われています。しかし、年齢を重ねるごとにそのサイクルは長くなってゆき、50代では75日程度になってしまいます。排出されずにたまってしまった角質が、塊となって角質粒となるのです。お肌が弱くなれば、30代以下でも起こる症状なので、注意が必要です。

首イボにおすすめの有効成分1・グリチルリチン酸ジカリウムの作用

首イボ対策として医薬部外品を選ぶなら、グリチルリチン酸ジカリウム配合のものがおすすめです。この成分は、古くから生薬として使われてきた信頼できる成分です。とても抗炎症効果が高いことから、現在も多くのスキンケア・ヘアケア用品を始め、風邪薬、鼻炎薬、目薬などの医薬品に、幅広く使われています。名前はなんだか科学的ですが、もともとは甘草(カンゾウ)という植物の根から摂りだした植物由来の成分です。副作用がほとんどなく、敏感肌の方でも安心して使えると言われています。お肌のトラブルを抑え、正常な状態へと導いてくれるので、お肌のターンオーバーが乱れた方の首イボ改善に、大きな効果を発揮してくれます。成分表には、グリチルリチン酸2Kと表記されることもあります。

首イボにおすすめの有効成分2・アラントインの作用

アラントインという成分に聞きなじみのない方も多いと思いますが、こちらは、羊のお母さんのお腹の中の、赤ちゃんを包んでいる膜から見つかった成分です。とても抗炎症作用が高く、お肌のトラブルを改善してくれる効果があります。現在市販されているリップクリームややけどなどのお肌の薬にも頻繁に使われている、安全な成分です。アラントインの大きな特徴は、角質の細胞に直接働きかけ、新しい細胞が生まれるのをサポートすることにあります。角質粒の古くなった細胞を除去し、新しい細胞をどんどん作りお肌の状態を安定させてくれるので、首イボにはとても有効な成分です。他のアレルギー成分を抑える効果もあるので、お肌の弱い人も安心。医薬部外品を選ぶ時には、ぜひチェックしてみてください。

首イボクリームの選び方2・整肌成分配合のものを選ぶ

一般的に首イボと言われるものは、加齢などにより、お肌のターンオーバーが乱れたことが原因であるようです。首イボクリームを選ぶ際には、イボに直接働きかけるものだけでなく、整肌作用もある製品を選ぶのも良いでしょう。イボのできにくい健康的なお肌へと導かれますので、イボ改善効果が更にアップします。お肌を整える成分は様々ですが、消炎効果、抗酸化効果、保湿ケアが高いものを選ぶと良いでしょう。ターンオーバーは、炎症などの肌荒れや、肌細胞内の活性酸素の増加などで、妨げられます。また、お肌が水分を失うと外部刺激を受けやすくなり、改善が滞ることに。お肌のコンディションを整えることが、イボ改善にもつながりますので、首イボクリームを選ぶときには少し気を付けましょう。

消炎効果が期待できる成分(ヨクイニン・ハトムギエキスなど)

ヨクイニンという成分の名前を聞いたことがあるでしょうか?ヨクイニンとは、ハトムギの種の成分で、古くからイボや肌荒れに効果があると言われ、生薬や民間療法に使われてきた成分です。ヨクイニンまたはハトムギエキスは、肌にアプローチして、体の中の古い水分をどんどん排出してくれます。新陳代謝がアップして、たまった老廃物が流れてゆくのでとてもめぐりが良くなり、ターンオーバーが改善します。抗炎症効果がとても高く、肌トラブルをおさえ修復機能をサポートしてくれるので、イボのできやすい荒れたお肌の改善に、大変大きな効果があります。ヨクイニンの効果はイボだけでなく、ニキビやシミなど、様々なお肌のトラブルをカバーしてくれる、本質的にお肌を改善してくれる成分と言えます。

抗酸化効果が期待できる成分(ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなど)

茶色くなって膨らんでいる首イボは、年齢によるお肌の老化が原因のことがとても多いため、抗酸化力の高いビタミン成分を配合しているものは、とてもおすすめと言えます。中でも、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEはとても有効です。ビタミンAに含まれるβカロテンは、活性酸素抑え、取り除く効果があります。ビタミンEは、お肌の中の酸化してしまった脂肪を抑えます。更にビタミンCを一緒に摂ると、ビタミンEは抗酸化力を回復し、更に効力を高めてくれます。つまりこれらのビタミンはすべて、体の中がさび付くのを止めてくれる成分なのです。首イボクリームを選ぶ時は、成分表を見て、チェックしてみてください。食事に取り入れるのも有効ですよ。

保湿効果が期待できる成分(セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタなど)

首イボの多くは、お肌の老化が原因のことが多く、保湿がしっかりしていてターンオーバーがさかんなお肌にはできにくいものです。乾燥しているとバリア機能が弱くなり、刺激に負けて炎症や肌荒れなどを引き起こし、肌環境が悪くなってしまうからです。お肌の保湿成分としておすすめなのは、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ、エラスチン、スクワランなどです。よく聞く成分も多いですね。特にセラミドは、角質層の中で水分を蓄えておく、バリア機能の主役の様な成分なので、配合されているものを選ぶとお肌改善に効果バツグンです。イボのケアをしているついでに、くすみやシミ、シワのケアまでできてしまいます。化粧品類として販売されているものを選ぶと、保湿性の高いものが多いようですよ。

首イボクリームの選び方3・低刺激処方のものを選ぶ

首の周りは目立つ場所ですから、やはり首イボはきれいにとりたいものですよね。特にイボは、お肌の弱いところにできるものなので、炎症を起こして跡になったら大変です。もともと敏感肌の人などは、やはり化学物質の少ない優しい成分のものを選ぶのがおすすめです。近年販売されている首イボクリームには、優しい天然由来成分で角質を改善するものがとても多いです。ハトムギ・あんず・ヒメコウジなど和漢植物エキスを主成分とする製品では、パラベン・香料・着色料・防腐剤・界面活性剤・アルコール・鉱物油などがフリーのものなども多く、自分に合った優しいものを選択することができます。敏感肌の人や、年齢的に優しいものを求めている人などは、少し成分に注意して選んでみましょう。

首イボクリームの選び方4・テクスチャーで選ぶ

首イボクリームはどの製品でも、塗ってすぐポロリと首イボが取れるわけではありません。何日か継続して使い続ける必要がありますので、製品のテクスチャーも大きなポイントになります。現在市販されている首イボクリームには、みずみずしいジェルから、ぺったりとした重い軟膏の様なクリーム、首回りがべたつかないさっぱりタイプなどいろいろありますので、自分の好きなタイプを選んでみましょう。使用法にこだわるならば、パック使用のものや、お風呂で濡れた肌にも使えるもの、化粧水・乳液・美容液・クリームなどの効果も兼ね備えるオールインワンゲルタイプのものなども販売されていますので、生活に合わせて取り入れやすいものをチョイスしても、快適にケアできるかもしれませんね。

首の乾燥が気になる方は重めのクリームがおすすめ

首イボクリームを選ぶ時には、それぞれのお肌の状態にあっているテクスチャーを選ぶのも、大きなポイントです。年齢やタイプによって、大きくお肌の状態は違います。たとえば特にトラブルのない普通肌やオイリー肌の人、まだ20代くらいの方などは、さっぱりとした仕上がりになるオールインワンゲルのようなタイプのものを選ぶと良いでしょう。反対に乾燥肌や年齢肌の方などは、ゲルでは少しかさつくと思いますので、しっとり仕上がるオイリーなクリームタイプなどにするとよいでしょう。オイリーなものは伸びも良く、少し張りを失ったお肌でも、滑らかに肌になじんでくれるでしょう。首イボは年齢を重ねた女性に多いものなので、首イボケアで更に肌荒れを起こさないように、少し気を付けて選びましょう。

首イボクリームの選び方5・続けやすい香りで選ぶ

首イボクリームは毎日使うものですから、香りも大切な要素です。ましてや首回りに使うものですから、ぷーんと薬剤の匂いがしてくるのは、少しテンションが下がりますし、周りに気づかれないかなと気になってしまうもの。近年販売されている市販の首イボクリームには、比較的香料の入っていない、匂いが目立たないものが多いようです。天然成分の優しい香りがついたものもあります。ハトムギなどで効果を発揮する、自然派の首イボクリームには、合成香料フリーなものも多いので、お肌が敏感な人などは、天然由来で無香料なものを選ぶと良いでしょう。首イボを見ると少しがっかりした気持ちになるものですが、優しい香りに包まれて、気分をアップしてケアを続けましょう。

首のイボ取りクリームランキング/おすすめの市販薬

首イボにおすすめのクリーム・わらびはだ

わらびはだは顔から体全身にかけて使用可能なクリームでオーガニックな首イボにお勧めのクリームです。スキンケアを目的に作られたのが蕨肌になり、クリーム自体の特徴は、シイクアーサーや、アセロラという人間が口にしても問題がない成分で構成されていて、植物由来成分でクリーム自体が構成されている点が最大の特徴です。使用されている主成分が天然由来の植物で人間が口にするものなので安全が確立されており、添加物においても植物由来の成分で補い保存料としているため極めて安全性が高いのが特徴です。ただし、主成分が植物でかつ人間が口にする食べ物であるため、食物アレルギーという問題はあり、アレルギー反応については、パッチチェックを行ったうえでの利用が望ましいです。

商品名
会社名
容量
価格
用法
有効成分

首イボにおすすめのクリーム・薬用ピーリングスムーサーEX

薬用ピーリングスムーサーEXは、ハト麦エキスが肌を柔らかくし、不純物の塊である、肌のぶつぶつであるイボを除去しやすくするクリームです。濡れた状態の肌でも使用することが可能で、使用する場所について選ばないというのが最大の特徴で、顔や目元という部分にも使用できるイボ取りクリームになります。この製品はクリームというよりかはジェルになり、ジェルが広がりやすく、べたつきを抑えた製品であるため、クリーム型のイボ取りクリームと比較した場合主成分が固まってしまい、利用できなくなるという問題が起きないです。主成分においても、クエン酸やアミノ酸のようなものを成分にしており、ハト麦エキスが肌を柔らかくしてイボを取るという構造であるため、アレルギーに関しては植物に対するアレルギー反応が出る可能性があります。内容量は25グラムなので決して量は多くはありませんが、使い切りを意識した量となっています。

商品名
会社名
容量
価格
用法
有効成分

首イボにおすすめのクリーム・SU-BE(スーベ)EX

SU-BE(スーベ)EXは、アンニンやハト麦のような天然由来成分で皮脂汚れを分解してイボの構築を阻止するタイプのクリームです。この商品の特徴は、温める成分が配合されており、首イボクリームにおいては熱を加えて主成分が広がりやすくする、浸透しやすくするという利点があります。逆を返すと、このクリームは浸透するに際して熱が加わらないと浸透力が弱いということになりますが、通常使用で十分熱が伝わりクリームが浸透して溶け出していくように設計されていますので肌に塗布した際に感じる熱はわずかです。よって、やけどをするくらい熱くなるというわけではなく、ほんのりと温かい程度に肌が温まるというのがこの製品の特長です。

商品名
会社名
容量
価格
用法
有効成分

首イボにおすすめのクリーム・ツブナイトK

水溶性コラーゲンを含んでおり、肌への浸透力が強いというのが特徴です。肌への浸透力が強い分肌に合わなかったときのダメージが大きいという特徴があり、お肌に合わなかった場合は使用を即刻中止して様子を見ることも推奨されている製品になります。肌への浸透力が高すぎるタイプは、アレルギー反応が出やすいため、こちらの製品については、会う人にはとことん合う製品ですが会わない人には残念ながら利用を中止しないといけない商品であると言えます。なお、こうした製品については割と存在が認められており、肌へのパッチテストをしてみてから利用することが推奨されていますので利用に関してはまずパッチチェックをしたのちに本製品のツブナイトKを利用となります。

商品名
会社名
容量
価格
用法
有効成分

首イボにおすすめのクリーム・イポロンG

イポロンGは角質を取り除くクリームで、ゲル状のクリームです。ゲル状のクリームは利点においては肌への浸透力よりも広がりやすさが重視されていて、摩擦により熱を生まないため、主成分が摩擦熱でつぶれるということが起こりません。反面に、ゲル状のクリームは、浸透力については成分の形が維持されたままなので成分が大きすぎる場合、いつまでも肌の表面にとどまるという点が挙げられています。しかしながら、熱を生み出さないという利点においては肌に塗った際の不快感が無い上、痛みなどが起きにくいという特性があり、擦り込み型というクリームタイプよりかは肌に対してダメージが入ることが少ないです。

商品名
会社名
容量
価格
用法
有効成分

首イボにおすすめのクリーム・クリアポロン

クリアポロンは、摩擦によって生まれるイボを防ぐクリームです。主成分は自然由来成分でかつ、浸透性が高いクリームになりますので浸透力が高いです。この製品の特長については、摩擦により生まれた刺激性のイボに対して有効である点で、角質を取り除きイボを取り除くということについては不明確である点です。つまり、摩擦で生まれた自然発生のイボは除去可能かもしれませんが、そうではない、蓄積型の皮脂汚れなどのイボについては除去できないということです。ただ、自然発生型のイボの場合、本当にイボなのか、生理現象によって生まれたものなのではという疑問があるため、単なる首イボだということで片付けてしまうのは早々になります。

商品名
会社名
容量
価格
用法
有効成分

首イボにおすすめのクリーム・ツブナイン53

ツブナイン53は、乳液型の首イボクリームで漢方薬型の首イボクリームです。なので主成分は漢方薬になり、漢方薬で皮膚に良い影響を与える者52種類を配合させています。この商品の利点は、乳液という方法で漢方薬の主成分を肌に塗布することで炎症などを抑えることができる点ですが、欠点においては、浸透性については不明でかつ、炎症を抑える効果があっても、他にイボを除去する角質を分解する効果などについては不明である点です。なので、美容液としては高価が高くとも、イボを取るという明確な目的においては機能するのかな?という問題があります。なお保存料においては化学薬品の配合もみられますので自然由来の漢方薬を使用している割には実は化学薬品も配合されている首イボクリームです。

商品名
会社名
容量
価格
用法
有効成分

首のイボ取りクリームの効果的な使い方/首イボの予防法

定期的に角質ケアをしましょう

首イボクリームを最も効果的に使用するのは定期的にクリームを使用して角質を柔らかくして、古い角質をマッサージで取り除くことです。角質は古くなると剥がれ落ちるという特性があるのですが、あくまで角質が剥がれ落ちるのは柔らかくなってからになり、角質自体を柔らかくするには、首イボクリームのようなスキンケア用品を使用するしかありません。なので、定期的に使用して角質をできるだけ柔らかな状態にしておくことが重要で、一度角質が硬くなると柔らかくするまでに時間がかかりますので定期的に角質ケアを行うのはとても重要です。なお、角質が取れないという場合においてはあえて角質を削るという方法も有効ですがこの方法は体の皮膚に対して痛みを伴いますのでできる限り避けたほうがよいでしょう。

首イボにも酵素洗顔を取り入れる

首イボの場合、イボが構築される際に蓄積するものがたんぱく質や皮脂汚れになるため、これらを除去するには、酵素洗顔を取り入れるのが望ましいです。酵素を利用する利点は、たんぱく質と皮脂の汚れを分解することにあり、これらを取り除くことができれば、イボの構築を抑え込むことが可能で体に余分なできものができなくなります。逆を返せば、きちんと皮脂汚れやたんぱく質をある程度皮膚から取り除かないと体にはイボという形でできものができてしまうのででき物を抑えるには、たんぱく質と皮脂の汚れを分解することが重要になります。なお、酵素はたんぱく質と皮脂の汚れを分解するという方法でイボの原因を取り除くため、痛みが伴いません。なので、痛みを伴う、角質を削るという方法より安全でかつ出血などもしないので日頃からのケアにおいては、酵素洗顔という方法で首イボの原因になる皮脂の汚れとたんぱく質を分解することが望ましいです。

拭き取り化粧水で古い角質を取り除く

首イボを作らないようにするには、抜き取り化粧水というものを使用して古い角質を分解するという方法もあります。これは、たんぱく質と皮脂の汚れをアルコールなどで分解して汚れをタオルに移すという方法です。この方法であれば、タオルが皮脂やたんぱく質で汚れるだけで痛みを伴わずに首イボの原因となる汚れを取り去ることが可能です。首イボはいかに汚れの原因を肌に付着させないかが重要で、抜き取り化粧水は汚れを抜き取り、抜き取った素材に移すことに特化しています。なので、タオルであれば、タオル側が汚れはしますが、痛み自体は伴わないのです。無論アルコールで汚れを分解しますので、顔に傷がある場合痛みが生まれますが、アルコール自体は殺菌作用がありますので一応痛みがあっても雑菌が繁殖することはないわけです。

首もしっかり保湿をしてターンオーバーを整える

首イボは、保湿というものが重要で保湿を怠ると肌は乾燥を引き起こし、乾燥はかゆみの原因になります。かゆみが生まれると問題になるのがひっかき傷で、ひっかいた部分は大きく傷がつき損傷するのですが、皮膚の傷つく速さと修復の速さが合わなくなります。なので、乾燥を防ぎ、肌が傷つくことを防ぐことが重要で、皮膚の表面に万が一菌が付着しても保湿をしておけば簡単に皮膚をこすれば菌が付着していても別の何かに移すことが可能なので保湿をしておくことがとても重要なのです。乾燥はかなり皮膚にとってはダメージを与え、修復の速さが勝つか、かゆい皮膚をひっかき、皮膚の損傷度合いが増すのが先になるかという問題で、大抵が修復の速さが負けてしまい、皮膚の損傷度合いが増すことが多くなりますので乾燥から守るために皮膚を保湿することはとても重要で首回りもしっかりと保湿するように心がけましょう。

ハイネックやネックレスなど首元への刺激は避ける

首への負担はかなり首イボができる原因になり、特に金属などの刺激物はアレルギーの原因になったり、ハイネックなども繊維による刺激でアレルギーが出てしまうなど問題です。なので、首元への刺激はできるだけ避けたうえで、保湿をして首回りを守るのが重要で、保湿クリームなどは使用してもよいのですが、首の周りに金属を身にまとうのは望ましいことではありません。金属のアレルギーにつきましては、原因が分かっているうえ、金属自体が劣化していようとしていまいとアレルギーになるため、かなり厄介で、慣れというものがありません。なので、長時間身に着けた場合、常にアレルギー反応が付きまとい、最悪、首回りの皮膚を傷めてしまうのです。逆を返せば、慢性化しない限り、わずかな時間であれば、金属を身に纏えるのですがあくまで短時間のみしか許さないので結論としましては、金属を首には身に纏わないという方法が望ましいでしょう。

クリームは手のひらで温めると浸透しやすくなる

首イボクリームは植物性もしくは動物性の油脂を含ませたものが多いので、実のところ、手のひらで温めると主成分が溶け出し、浸透力が上がります。これは、食パンに塗るバターだと考えてもらえるとわかりやすく、バターは冷蔵庫から出てきた際にはまだ固形ですか、暖かいパンの上では溶け出しパンの内部に浸透します。これと同じことが首イボクリームでもいえるため、手のひらで温めてから首イボクリームを使用するのは、クリームの浸透力を挙げる結果になります。なお、温めすぎると劣化するのではないかという問題ですが、人間の肌の温度はそれほど高い温度ではないため、主成分が急速に劣化するということはまずないです。無論人間の体温が100度以上である場合は問題ですが、まずそのような人物はいませんので人間の肌の温度程度では、化粧水は急速に劣化することは無いと言えます。

摩擦はイボの原因となるため手のひらでプレスするように塗る

よくありがちなのは、刷り込むように首イボクリームを塗れば効果が増すのでは?ということを考える方がいますが実はあれは間違いです。摩擦は首イボの原因になりやすくその理由は摩擦によって熱が生まれる点と必要以上に肌に刺激を与えてしまい、逆にイボが形成されるという問題が起こりますので望ましい方法ではないのです。もちろん、熱が生まれるとありますが、これは首イボクリームによっては摩擦力を軽減する主成分が低いがゆえ、熱を帯びてしまい、発汗という形で首イボクリームの効果が半減する点と熱で主成分が壊れてしまい肌に刺激だけを与えてしまいイボが作りやすくなる環境を逆に整えるという意味です。なので、首イボの現認にならないよう手のひらで主成分が浸透するように塗るのが正しいのです。

首元は常に清潔に・発汗がある時はタオルで優しく抑える

首イボクリームは常に清潔な首元に塗るのが望ましく、雑菌がある場合クリームの効果が薄れるので注意です。そのうえで、発汗がある場合、汗の力でクリームが剥がれ落ち、浸透力が薄まるため、クリーム自体の効果が浸透しません。首イボクリームは、浸透することで肌を柔らかくして余分な角質を取ることなのでどうしても汗というものに弱いです。そして清潔性が薄い場合、雑菌がクリームの効果を邪魔するので雑菌を抑えるということをきちんと考えたうえで使用します。特に汗はタオルで汗を吸い取るだけでも十分首イボクリームが機能する条件を作り出すことができますのでタオルで首回りの汗を吸い取るということは、首イボクリームの効果が期待できると言えます。

首のイボ取りクリームランキングまとめ

首イボクリームは自然由来成分やジェルタイプにクリームタイプがあります。そのうえでクリームタイプは油分で滑らせることで主成分が熱で損壊しないよう作り出されており、ジェルタイプは水分が蒸発する形で消滅するがゆえクリーム自体の熱を奪い、主成分が損傷しないようにしています。逆を返すと首イボクリームは熱にものすごく弱いと言えるのですが、まず人間の体が発する熱程度では効果が失われることはないのでよほど激しく首イボクリームを塗りこみ、肌が熱いと感じるまで刷り込まない限り熱は持たないです。よって、ジェルタイプやクリームタイプのどちらが良いかについては、どちらが広がりやすいかが重要で、メーカーによって評価が異なるのでクリームだろうとジェルだろうと自分が使いやすいほうを使用するのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました