【育毛剤と発毛剤の効果】どっちがいい?育毛剤・発毛剤の違いと選び方

育毛剤と発毛剤の違いについて

発毛剤は医薬品(第一類)医薬品/医薬品とは?

医薬品は、医師の処方せんがないと購入できない医療用医薬品と、一般のドラッグストアでも購入できる医薬品とに分けられます。一般のドラッグストアにて販売されている医薬品は、副作用のリスクの高い順から、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品とに分けられます。第一類医薬品は、薬剤師さんがいるところ、および薬剤師さんのいる時間帯でないと販売できないと、薬事法により定められています。そのため、薬剤師さんがいる時間を把握しないといけないといけないので、大変です。第一類医薬品の例は、発毛剤の他、以前は調剤薬局でしか買えなかったロキソニン、花粉の時期によくコマーシャルされる、久光製薬の「アレグラ」が該当します。また、第二類医薬品と第三類医薬品は、薬剤師さんがいなくても、専門の資格である「登録販売者」を持った方がいれば、販売することが可能です。発毛剤は、育毛剤と比べて効果が高い一方、副作用のリスクも高いことから、第一類医薬品に分類されています。

育毛剤は医薬部外品/医薬部外品とは?

医薬部外品とは、薬事法の分類のひとつであり、医薬品よりも副作用が比較的緩やかな感じのものです。化粧品と薬品の中間のようなものです。代表例は、POLAから販売されている美容液のホワイトショットやリンクルショット、マウスウォッシュ、殺虫剤などがこれにあたります。また、のど飴のヴィックスも、これに当たります。医薬部外品は、比較的副作用が少なく、コンビニや、普通のドラッグストアでも購入が可能ですが、医薬部外品と言えども、育毛剤による副作用はゼロとは言えず、お肌の弱い方、およびお肌に合わない方は湿疹などが起こることもあります。化粧品で負けてしまうケースと同じです。そのため、自分の肌にあわない場合は、ご使用を控えていただいた方がいいかと思います。

発毛剤は発毛成分を配合/薄毛や抜け毛の改善が期待できる

発毛剤には、発毛を促進すると厚生労働省から認められた成分である「ミノキシジル」が含まれています。ミノキシジルとは、元々血管拡張薬の一種であり、高血圧を治療するためのお薬でしたが、体毛が濃くなるという副作用があり、その副作用を応用して発毛剤に使われるようになったという歴史があります。仕組みとしては、ミノキシジルを服用したり頭皮に塗ったりすることにより、血管が拡張し、より多くの栄養分が頭皮や毛根に行き渡るようになり、その結果発毛するという仕組みです。医療用医薬品に使用されている成分であり、副作用のリスクは育毛剤より高いものの、発毛剤は、育毛剤より効果が高く、薄毛はもちろん、抜け毛も改善が期待できそうです。

育毛剤は頭皮環境を整える成分を配合/抜け毛の予防が期待できる

育毛剤は、頭皮を爽快にしたり、毛根に栄養を与えて健康な髪の毛が育ちやすいように手助けをしてくれるものです。つまり、まだ薄毛になったり、禿げたりしていない段階から、将来的にハゲや薄毛を予防するためにつけていくものだと思っていいかもしれません。将来、ガンにならないように、まだ無症状の段階から検査をしたり、予防したりするのと同じ感じです。育毛剤は、主に一般のドラッグストアにて手に入れることができます。代表的なものは、花王から発売されている「サクセス」シリーズやかアンファーの「スカルプD」シリーズの他、白髪染めメーカーのホーユーさんからも発売されています。また、シャンプータイプの育毛剤もあり、自分にあったものを探してみるのもいいかもしれませんね。

育毛剤と発毛剤は何が違うの?【発毛剤】の特徴について

発毛剤とは、ミノキシジルという、厚生労働省から認可された発毛を促進するための成分が入っている外用薬のことをさします。ミノキシジルは、元々医療用医薬品ですが、医療用医薬品よりも副作用のリスクが低くなっているものが市販されています。育毛剤に比べて効果が高い反面、副作用のリスクも高いということから、薬事法では、第一類医薬品に該当します。よく、大正製薬の「リアップ」や、アンファーの「スカルプDメディカルミノキ5」が、よく市販され、テレビでもしきりにコマーシャルされています。普通のドラッグストアにも売ってありますが、第一類医薬品のため、薬剤師さんがいる場所、および薬剤師さんがいる時間帯でないと、販売することができません。違反すると、薬事法違反になってしまいます。

発毛成分ミノキシジルの効果1・血行促進(血管拡張)

前の方で述べたように、ミノキシジルは、元々血管拡張薬であり、高血圧の治療のためのお薬でした。ただ、服用することで、体毛が濃くなるという副作用があったようです。その副作用を応用して、禿げている方の発毛のために使われるようになったという歴史があります。なんだか、漫画みたいで面白いですね。ミノキシジルは、内服薬と外用薬の二種類あり、服用したり、頭皮に塗布したりすることによって血行がよくなって、より多くの栄養分が頭皮や毛根に届いて、より発毛しやすくなるというしくみのようです。ただ、血管を拡張させる働きがあるため、心臓の持病がある方は、お医者さんや薬剤師さんに相談してから、使った方がいいのかもしれませんよ。

発毛成分ミノキシジルの効果2・髪の成長因子の産生(毛乳頭細胞の増殖)

前項にて、ミノキシジルの血行促進についてお伝えしました。ミノキシジルという成分が、毛乳頭という、髪の根元にある成分に働きかけ、髪の毛をつくる場所である毛母細胞を活発にして、髪を成長させる役割をもつ毛乳頭細胞を増やしてくれる働きがあります。毛乳頭細胞が増えると、当然髪の成長も活発になり、薄毛を改善することにつながっていくものと期待されます。トレンディエンジェルの斎藤さん、学生の時の恩師、ザビエルのような髪型ぢった知人も、ミノキシジルに早く出会っていたらどうなっていたことでしょう。余談ですが、ミノキシジルとは、薬品ではなく成分のことで、製薬会社のジョンソンアンドジョンソンが開発したものであることには、大変驚きました。

毛乳頭細胞とは?

髪の毛の構造について、まず簡単に説明させていただきます。髪の毛は、外に出ている毛の部分である「毛幹」と、頭皮の中に埋もれている「毛根」に分けられます。毛根の中でも、毛細血管に近く、球状になっている部分を「毛球」といいます。この「毛球」の中に埋もれていて、毛細血管が通っている部分を「毛乳頭」といいます。「毛乳頭」という言葉は、以前花王の育毛剤のコマーシャルにて、耳にされた方も多いと思います。毛乳頭細胞とは、髪の毛を成長させる役割をもつ細胞のことをいいます。この「毛乳頭細胞」は、髪の毛が成長するために必要なビタミンやミネラルなどの栄養分を吸収し、吸収した栄養分を、次項にて述べる「毛母細胞」へ受け渡しをしてくれる働きがあります。

発毛成分ミノキシジルの効果3・毛母細胞のアポトーシス(死滅)の抑制

ミノキシジルによる毛髪に対する効果の三番目は、毛母細胞を活性化し、毛母細胞が死んでしまうことを抑えてくれる役割です。毛乳頭細胞が、ミノキシジルという成分により活性化します。すると、毛髪を生産する工場である毛母細胞がより活性化し、強く太い髪の毛になるのに加え、毛母細胞の死滅を防ぐという仕組みです。毛母細胞の詳細については、次のところでお話ししたいと思います。ただ、頭髪以外の皮膚に塗ったら、どうなるんだろうと想像しただけで、かなりワクワクというより、恐ろしいと思います。例えば、脛毛に塗ったら、かなり脛毛がボウボウになるのではないかと。また、仮に全身に塗ったと仮定すれば、全身の毛母細胞が活性化し、原始人のようになるのかなとも。

毛母細胞とは?

毛母細胞とは、簡単に言えば、毛髪を生産する工場のようなものです。毛乳頭から、髪をつくるための栄養分を受け取り、毛母細胞に「髪を作れ」という指令が行きます。すると、毛母細胞は、細胞分裂を繰り返しながら毛髪を作っていきます。毛母細胞が死んでしまうと、髪の毛が作られなくなってしまいます。これが、禿げてしまう原因です。これは、髪の毛のみならず、ワキ毛や脛毛など、他の毛も同じです。今流行りの脱毛サロンは、脛の毛やワキ毛に特殊な光やレーザーを当てて、毛母細胞を死滅させることにより脱毛を促進させるという仕組みです。私も、脱毛サロンに通っていますが、髪の毛はなくなっては困るものの、脛毛などはなくなっていいかなと思っています。

ミノキシジルは内服薬・外用薬の2種類がある

ミノキシジルは、内服薬と外用薬の二種類があります。内服薬の方は、医療用医薬品のため、医師の処方箋がなければ購入することはできません。ミノキシジルタブレットの先発品は、今コロナのワクチンで有名なファイザー社さんのようです。一方、外用薬の方のミノキシジルは、美容皮膚科にて処方される医療用医薬品と、一般のドラッグストアでも購入できるものの二種類があります。一般のドラッグストアにて購入できる外用薬のミノキシジルは、医療用医薬品よりも副作用がやや少ないようです。保険適用になるのは、円形脱毛症の治療のために処方される時のみで、それ以外の男性型脱毛症、いわゆるAGAの治療については、自由診療となるため、全額自己負担になります。なお、通販でも購入できるようですが、副作用のリスクがあるため、まずはお医者さんに相談してから買うのがいいでしょう。

ミノキシジルの内服薬・外用薬では副作用が異なる

ミノキシジルは、元々高血圧の治療のためのお薬でしたが、体毛が濃くなるという副作用から、発毛のために改良されたお薬です。それで、ミノキシジルは、内服薬と外用薬とで、副作用が異なります。まず、内服薬の方の副作用は、頭痛、めまい、動悸、息切れ、心疾患、肝臓の疾患です。そのため、心臓病などの持病がある方、肝臓の弱い方は、まず、使用前に医師に相談するか、控えていただくことを強くおすすめいたします。次に、外用薬の方の副作用は、治療開始の初期段階にて、脱毛が起こることです。また、湿疹やかゆみなどの皮膚トラブルも起こることがあります。副作用の確率は、厚生労働省のデータでは、ごくわずかなものらしいですが、念のために持病のある方が使用される場合は、医師に相談した方が無難かもしれません。

ミノキシジル(外用薬)の副作用1・初期脱毛

ミノキシジルの副作用の一つ目は、治療の初期段階にて、脱毛が起こってしまうことです。だいたい、治療開始から2週間後に起こると言われています。原因としては、我々人間のヘアサイクルが関係しており、これまで休止期に入っていた細胞が成長期になり、古い髪の毛が押し出されるために起こるとされています。一見、「効果が見られないのではないか。逆効果なのではないか。」と、悲観的になってしまう方も多いとは思いますが、これは、髪の毛の成長が進んでいる証拠なので、あまり心配する必要はありません。逆に、治療をやめてしまうことで、かえって逆効果になってしまうので、あまり心配せず、治療をやめることなく、根気よく続けていった方がいいでしょう。

ミノキシジル(外用薬)の副作用2・皮膚炎(発赤・かゆみなど)

ミノキシジルの副作用の二つ目は、湿疹やかゆみ、フケなどの皮膚トラブルが起こることです。これは、発毛剤のみならず、お肌の弱い方は育毛剤にも起こりうるトラブルと考えられます。原因としては、お肌が弱いことが第一に考えられます。例えば、お肌のバリア機能が弱く、ちょっとした刺激に過剰に反応してしまうことで起こりうるものです。私も、発毛剤ではないですが、あるものがきっかけで肌が負けてしまったことがあります。そのため、注意書にも書いてありますが、お肌の弱い方は使用をやめていただくか、症状を記録しておいて使用した発毛剤を持参して医師に相談することをおすすめいたします。ちなみに、ミノキシジルは、濃度が薄いものが市販薬として出回っており、濃度の濃いものは医療用医薬品として出回っています。

育毛剤と発毛剤は何が違うの?【育毛剤】の特徴について

育毛剤に期待される効果1・頭皮の血行促進(頭皮を健やかに保つ)

育毛剤の効果の一つ目は、頭皮の血行をよくするという効果です。これは、発毛剤の効果でもありますが、発毛剤と違ってミノキシジルが含まれておらず、成分としては天然由来の成分など、さまざまです。持病がある方は、育毛剤を使うのが安心だと考えます。具体的には、天然由来の成分であるセンブリエキスや、ナイアシンアミドが、血行促進に効果があるとされています。頭皮の血行を促進することにより、頭皮や毛根、毛乳頭に栄養分が十分行き渡るようになり、健康で太い髪が育つという仕組みです。実際、頭皮の血行がよければよいほど、髪が太いという傾向があります。ただ、発毛剤に比べて即効性は期待できないため、根気よく長く続けていかないといけません。

育毛剤に期待される効果2・頭皮トラブル(フケ・かゆみなど)を抑える

育毛剤の効果の二つ目は、フケやかゆみを抑えてくれることです。フケやかゆみを抑えてくれる成分としては、花王から発売されているシャンプーの「メリット」にも含まれているジンクピリチオンや、リデンシル、また天然由来の成分として冬虫夏草エキスやノコギリヤシ、ヒオウギエキス、コラーゲンといったものが挙げられます。シャンプーにも入っている成分が配合されているなんて、すごくびっくりしました。ちなみに、育毛シャンプーという名目のものもありますが、効果については頭皮環境を健やかにする効果があるようです。ここまで調べてみたら、育毛剤には天然由来の成分も、結構入ってますね。これなら、心臓病などの持病がある方でも、安心して使用できそうな感じがします。頭皮のトラブルを抑えることで、爽快な気分にさせる。これは、一石二鳥ですね。育毛剤も色んな種類があるため、自分にあったものを選ぶといいでしょう。

育毛剤に期待される効果3・発毛サイクルの正常化

育毛剤の効果の三つ目は、頭皮の血行をよくし、頭皮環境を整えることで、発毛サイクルを正常にしてくれることです。ハゲやAGAといった毛髪のトラブルは、成長期、退行期、休止期という発毛サイクルが乱れてしまうことによって起こります。具体的には、ストレスなどにより、頭皮への血流が滞って、その結果成長期が一年もしくは一年未満になったり、髪が抜け落ちる時期である休止期が長くなったりして、薄毛や抜け毛につながると言われています。ちなみに、発毛サイクルについては、次項にてお話ししたいと思いますが、実際、ヘアサイクルの中で、「成長期」が2年~6年ともっとも長く、次いで退行期が三週間ほど、また休止期が数ヵ月、というのが普通です。

発毛サイクルとは?

発毛サイクルのことについて、私が耳にしたのは、私が現在通っている脱毛サロンにおいて聞きました。我々人間の髪の毛は、いや、髪の毛のみならず、発毛と脱毛を繰り返しています。伸びている以外はなにもないように見えますが、実は一定の周期で髪が生え変わるようになっています。これを、「発毛サイクル」といいます。発毛サイクル、つまり発毛周期はおおまかに、成長期、進行期、休止期とに分けられます。まず、成長期とは、毛髪の細胞分裂が活発になる時期です。成長期はさらに、早期、中期、後期とに分けられ、早期はまだ細胞分裂の段階、中期は産毛、後期は毛髪の段階です。次に、退行期とは、髪の細胞分裂のスピードが、緩やかになる時期です。退行期の場合は、シャンプーなどで髪が抜け落ちやすいという特徴があります。最後に、休止期は、髪の毛が成長を終え、抜け落ちる時期です。あっ、今思い付きましたが、私の主治医の先生が若白髪なので、知的好奇心の強い私は、白髪のメカニズムについても、詳しく調べてみたいですね。

育毛剤に含まれる成分1・発毛促進成分(ペンタデカン酸グリセリド、ステモキシジンなど)

育毛剤に含まれる成分の一つ目は、発毛を促進する成分です。具体的には、ペンタデカン酸グリセリドや、ステモキシジンといったものが挙げられます。まず、ペンタデカン酸グリセリドとは、毛乳頭に刺激を与えることで、発毛を促進するという効果がある成分です。次に、ステモキシジンとは、毛母細胞に直接働きかけることて、発毛を促進するという効果がある成分です。ステモキシジンは、フランスの化粧品メーカーであるロレアルが独自に開発した成分です。いずれも、天然由来の成分ではありません。ちなみに、こちらも含め、次項以降に述べる成分は、いずれも有効成分であり、これは、医薬部外品である育毛剤が、その効果や効能に対して、法律に基づいて承認を受けた有効な成分のことをさします。

育毛剤に含まれる成分2・血行促進成分(センブリエキス、イチョウ葉エキス、ナイアシンアミドなど)

育毛剤に含まれる成分の二つ目は、頭皮の血行をよくする成分です。例えば、天然由来のセンブリエキス、イチョウ葉エキスの他、ナイアシンアミドといったものが挙げられます。まず、センブリエキスとは、センブリ茶という、よくバラエティー番組の罰ゲームにて飲まされるものすごく苦いお茶でお馴染みですが、これは日本の野草であるセンブリという草から抽出されるエキスのことをいいます。干してお茶にすると、ものすごく苦いと有名ですが、髪や胃腸にいいとされており、老化の原因物質である活性酸素を抑制し、結構をよくして健康な髪を育てるという効果があります。次に、イチョウ葉エキスは、センブリエキスと同様、血行をよくする働きがあります。サプリメントも販売されていますが、血行をよくすることにより、認知症にもよいとされています。

育毛剤に含まれる成分3・DHT、5-αリダクターゼ抑制成分(ヒオウギエキス、冬虫夏草エキスなど)

育毛剤に含まれる成分の三つ目は、薄毛の原因となる5aリアクターゼの生産を抑えてくれる働きがあります。代表例は、天然由来の成分であるヒオウギエキスや、冬虫夏草から抽出される冬虫夏草エキスといったものが挙げられます。まず、ヒオウギエキスとは、ヒオウギという鑑賞用の植物の根から抽出されるエキスのことで、女性ホルモンのエストロゲンによく似た成分が含まれています。そこで、女性用育毛剤によく用いられています。次に、冬虫夏草エキスとは、昆虫などに取りついて生える、草のようなキノコ、いわゆる冬虫夏草から抽出されるエキスのことで、体の巡りをよくして、薄毛を改善する働きがあります。また、冬虫夏草には、βグルカンも含まれていて、ガン予防にもいいかもしれませんね。

育毛剤に含まれる成分4・皮脂抑制成分(アスコルビン酸など)

育毛剤に含まれる成分の四つ目は、皮脂を抑えてくれる働きのある成分です。具体的には、アスコルピン酸が挙げられます。代表的なものは、アスコルピン酸です。アスコルピン酸とは、いわゆるビタミンCの一種であり、サプリメントとしても販売されています。これは、頭皮の皮脂を抑え、頭皮を健やかにしてくれる役割があります。また、頭皮や髪をしっかり結びつけてくれる役割もあり、一石二鳥ですね。私も、時々頭皮が油っぽくなることがあって、気持ち悪くなることがあります。そんなとき、育毛剤ではなくドライシャンプーを使うことがありますが、どうやら一部のドライシャンプーには、アスコルピン酸が含まれているようです。皮脂を抑える、これはすごく大事だと思います。

育毛剤に含まれる成分5・保湿成分(加水分解フコダイン、コメヌカエキスなど)

育毛剤に含まれる成分の五つ目は、頭皮を保湿してくれる成分です。例えば、天然由来の成分である米ぬかエキスの他、加水分解フコダインなどが挙げられます。まず、米ぬかエキスとは、文字通り漬け物に使われる米ぬかから抽出されるエキスのことをいいます。肌や髪がにいいことから、昔はシャンプーとしてはもちろん、洗顔に使われていました。今は化粧品やシャンプーなどにも使われています。次に、加水分解フコイダンとは、もずくに含まれる栄養素のひとつです。サプリメントとしても販売されています。効果は、ガンの抑制にきくと言われている一方、育毛の方では、高い保湿力を発揮すると言われています。頭皮が乾燥すると、フケの発生や血行が悪くなる原因になり、健康な髪が育ちにくくなります。フコイダンで、頭皮をしっかり保湿し、健康な髪を育てることは重要ですね。

市販のおすすめ発毛剤3選

おすすめ発毛剤1・リアップX5プラスネオ/大正製薬

商品名
会社名
価格
容量
使い方
イチオシ成分
有効成分

大正製薬のリアップX5プラスネオは、第一類医薬品に分類されるので、薬剤師の許可を得てから購入する必要があります。専門クリニックでも、使用されているミノキシジルが5パーセント配合された商品です。ミノキシジルは、血管を拡張する働きがあるので、頭皮に適量をなじませてマッサージをすると、血流が促進されます。大正製薬のリアップX5プラスネオは、成人男性向けの発毛剤なので、20歳未満の未成年者、女性は使用することは出来ません。大正製薬のリアップX5プラスネオは、優れた抗炎症作用のあるグリチルリチン酸、ヒノキチオール、メントールなどの爽快感のある成分が含まれています。頭皮を清潔に保つ効果があるので、一度試してみると良いでしょう。

おすすめ発毛剤2・スカルプDメディカルミノキ5/アンファー

商品名
会社名
価格
容量
使い方
イチオシ成分
有効成分

アンファーのスカルプDメディカルミノキ5は、信頼できる会社野医薬部外品の育毛トニックです。ジェットノズルタイプになっているため、頭皮全体に育毛剤が浸透しやすくなっています。頭皮の炎症を抑えたり、皮脂分泌を抑える働きがあります。グリチルリチン酸などの成分が含まれており、低刺激で頭皮に優しいのが特徴です。アンファーのスカルプDメディカルミノキ5は、成人男性向けの育毛トニックなので、未成年者は使わないことが大事です。アンファーのスカルプDメディカルミノキ5は、有効成分が頭皮に浸透しやすく、毛周期のサイクルを整える働きがあります。即効性はありませんが、根気よく続けることで、薄毛や抜け毛を改善しやすくなります。

おすすめ発毛剤3・LABOMO ヘアグロウ ミノキシ5/アートネイチャー

商品名
会社名
価格
容量
使い方
イチオシ成分
有効成分

アートネイチャーのLABOMO ヘアグロウ ミノキシ5は、専門クリニックでも使われているミノキシジルを5パーセント配合した育毛剤です。第一類医薬品に分類されるので、薬剤師の許可を得てから購入する必要があります。アートネイチャーのLABOMO ヘアグロウ ミノキシ5は、ミノキシジルが毛包に直接働くので、頭皮の血流を促進して、太くて固い毛を育てる働きがあります。アートネイチャーのLABOMO ヘアグロウ ミノキシ5は、公式サイトでは、数本まとめて注文をすることでお得な割引が利用出来ます。アートネイチャーのLABOMO ヘアグロウ ミノキシ5は、即効性はありませんが、6か月以上使用することで抜け毛が減ってきたり、フケや痒みを抑える働きがあります。

市販のおすすめ育毛剤3選

おすすめ育毛剤1・チャップアップ/ソーシャルテック

商品名
会社名
価格
容量
使い方
イチオシ成分
有効成分

ソーシャルテックのチャップアップは、ローションタイプの育毛剤なので、頭皮全体につけやすいのが特徴です。チャップアップは、頭皮の血流を促進したり、皮脂分泌を抑える働きがあるので、毎日使用することで頭皮環境が整ってきて、フケや痒みを抑える働きがあります。チャップアップは、安全性の高い植物由来成分などが含まれており、低刺激で頭皮に優しい商品です。洗髪後の清潔になった頭皮に適量を塗ることで、有効成分が浸透しやすくなります。ソーシャルテックのチャップアップは、壮年期の脱毛で悩んでいる男性向けの商品です。未成年者は念のために使用しないことが大事です。チャップアップは、インターネットの公式サイト、大手通販サイトなどで購入出来ます。

おすすめ育毛剤2・イクオスEXプラス/キーリー

商品名
会社名
価格
容量
使い方
イチオシ成分
有効成分

キーリーのイクオスEXプラスは、信頼できる会社の商品なので、独自成分が含まれており、頭皮環境を整えて薄毛や抜け毛を改善する働きがあります。キーリーのイクオスEXプラスは、高品質で安全性の高い成分で作られているので、低刺激で頭皮に優しいのが特徴です。キーリーのイクオスEXプラスは、無添加で安全性の高い成分で作られているので、頭皮が弱くデリケートな人も使用出来ます。湿疹などの頭皮に異常が見られる場合は、念のために使用しないことが大事です。キーリーのイクオスEXプラスは、皮脂分泌を抑えたり、血流を促進する働きがあるので、根気よく使用することで頭皮の状態が良くなってきます。毎日使用することで、脱毛の進行を遅らせることが可能です。

関連ページ:【イクオスの口コミ】育毛剤・IQOS EX Plusの効果は?

おすすめ育毛剤3・プランテルEX/ユーピーエス

商品名
会社名
価格
容量
使い方
イチオシ成分
有効成分

ユーピーエスのプランテルEXは、公式サイトから購入するとお得な価格で購入出来たり、30日間の返金保証が付いているので気軽に試すことが出来ます。ユーピーエスのプランテルEXは、安全性の高い医薬部外品の育毛剤なので、低刺激で頭皮に優しいのが特徴です。有効成分が頭皮に浸透しやすく、スカルプケアをしたい人に向いています。毎日使用することで、頭皮環境が整ってくるので、炎症を抑えたり、フケや痒みを抑える働きがあります。ユーピーエスのプランテルEXは、頭皮に付けやすい形状になっており、液だれがしにくいのが魅力です。インターネットの公式サイトから、購入すると自宅に届けてくれます。
ユーピーエスのプランテルEXは、薄毛の進行を遅らせる働きがあります。

育毛剤・発毛剤を使用するときの注意点やポイント

シャンプー後の清潔な頭皮に使用する

育毛剤、発毛剤は即効性はありませんが、正しく使用することで頭皮環境を整えて、薄毛や抜け毛を改善する働きがあります。育毛剤、発毛剤は、シャンプー後の清潔になった頭皮に、塗るのがポイントです。入浴後は血流が良くなっているので、育毛剤、発毛剤の有効成分が浸透しやすくなっています。男性は女性に比べると、皮脂の分泌量が多いので、毛穴の詰まりなどの原因になってしまいます。シャンプー後は、皮脂や汚れが落ちている状態なので、育毛剤、発毛剤を使用するのに適しています。低刺激で頭皮に優しく、抗炎症作用のある商品を選ぶと良いでしょう。薄毛や抜け毛に悩んでいる人は、頭皮環境を整えることで、発毛しやすくなります。生活習慣、食生活を見直す努力も大切です。

塗布後は頭皮マッサージを行う

育毛剤、発毛剤は、シャンプー後の清潔になった頭皮に適量を塗っておくことが大事です。育毛剤や発毛剤は、液だれがしにくく、頭皮に付けやすい形状の商品がお勧めです。適量を頭皮に塗ったら、指の腹を使って優しくマッサージをすると良いでしょう。マッサージをすることで、固くなった頭皮が柔らかくなります。血流が促進されるので、頭皮環境が良くなり、抜け毛や薄毛を改善する働きがあります。髪の毛には毛周期のサイクルがあるので、3か月から6か月ぐらいは続けることが大事です。すぐに効果は実感出来なくても、頭皮環境が整ってくると、抜け毛が少しずつ減ってきます。抗炎症作用、皮脂を抑制する働きのある育毛剤、発毛剤を選んでおくと、頭皮が弱くデリケートな人も使用出来ます。

頭皮に異常(痒み・赤みなど)があるときは休止する

育毛剤、発毛剤は根気よく使用することで、頭皮環境を整えたり、毛周期のサイクルを整える働きがあります。育毛剤、発毛剤を使用する時は、いくつかの注意点があります。頭皮に湿疹などの皮膚疾患があり、痒みや赤み、フケなどの異常がある時は、育毛剤、発毛剤の使用を中止する必要があります。頭皮の状態が悪かったり、皮膚疾患があると、育毛剤、発毛剤の成分で症状が悪化することがあります。頭皮に痒みや赤み、湿疹などがある場合は、早めに皮膚科を受診することが大事です。皮膚科では、内服薬や外用薬を処方してくれるので、根気よく続けることが大事です。頭皮に湿疹などがあっても、治療をして完治をすると育毛剤、発毛剤を使用することが可能です。

初期脱毛があっても使用を続ける

育毛剤、発毛剤は、安全性の高い成分で作られていますが、使い始めの頃は初期脱毛が見られることがあります。初期脱毛は、一時的に抜け毛が増えることがありますが、しばらく続けていると、抜け毛が少しずつ減ってきます。初期脱毛がある場合でも、しばらくは根気よく続けることが大事です。インターネット通販の専門店、ドラッグストアなどでは、抗炎症作用、皮脂抑制作用、血流促進効果のある育毛剤、発毛剤が販売されています。抜け毛が増えてくると、不安を感じることが多いですが、すぐに改善してきます。頭皮環境が整ってくると、毛周期のサイクルが活発になり、細い毛や短い毛も抜けにくくなります。毛周期のサイクルがあるので、6か月以上は続けることが大事です。

6か月程度は継続して使用する

育毛剤、発毛剤は、頭皮環境を整えたり、抗炎症作用があり、フケや痒みなどを抑える働きがあります。優れた成分が含まれていますが、即効性はないので根気よく続ける必要があります。髪の毛には、毛周期のサイクルがあるので、すぐに育毛効果を得るのは難しいです。毎日入浴後に適量を塗って、頭皮をマッサージすることで太くて、健康な髪の毛を育てる働きがあります。髪の毛や頭皮の状態、年齢、体質によっても多少の違いがありますが、6か月以上は続けることが大事です。すぐに使用をやめてしまうと、十分な効果を得るのは難しいです。6か月以上続けても、効果を実感しにくい場合は、使用を中断すると良いでしょう。あまり効果が出ない場合は、専門クリニックの医師に相談することが大事です。

育毛剤と発毛剤の違いまとめ

薄毛や抜け毛は少しずつ進行するので、なるべく早い段階から、発毛剤、育毛剤を使用することが大事です。発毛剤、育毛剤は正しく使用することで、頭皮環境を整えたり、毛周期のサイクルを促進する働きがあります。数多くの商品が販売されているので、低刺激でお肌に優しく、有効成分が豊富に含まれている商品がお勧めです。育毛剤や発毛剤は、使い始めの頃は、初期脱毛が見られることがあり、一時的に抜け毛が増えることがあります。初期脱毛は改善するので、根気よく使用することで抜け毛が減ってきたり、フケや痒みを抑える働きがあります。育毛剤、発毛剤などは即効性がないので、6か月以上は続けることが大事です。根気よく続けることで発毛しやすい環境を整えてくれます。