【色白になる方法】地黒から肌を白くする方法/地黒は美白で治る?

地黒は遺伝?色黒の原因について

地黒の原因1・遺伝的な要因

真っ白なお肌の友達を見て、「ああ、私とはそもそも生まれが違うのね。」と、少しがっかりしている人もいるのではないでしょうか?海外などでは健康的な小麦色の肌は人気がありますが、日本はというと、ホワイトニング商品・SPF付き商品が多い事でもわかるように、「白さ」が綺麗な人の条件とも言うような考え方が、根強くあるようです。いわゆる地黒な人達には、悩みの種とも言えますね。でも、ふと思いませんか?お肌の真っ白な友人も、子供の頃から同じようにプールに行ったり、運動部で活躍したりしていたはずです。なぜ、私は白くないんだろう?と。それはつまり、いわゆる地黒の人の原因のひとつには、遺伝があるからなのです。いろんな色の人種がいるように、お肌の色は遺伝して当然ですよね。

生まれつきメラニン色素の量が多い

あなたのご両親のお肌はどうでしょうか?2人とも地黒だったら、遺伝の可能性が高いかもしれません。つまりそれは、「生まれつきメラニン色素の量が多い人」ということです。メラニン色素というと、紫外線を浴びた時、日焼けやシミ・ソバカスの原因となる憎いヤツという印象ではありませんか?ですが実は、メラニン色素はもともとお肌の中にある成分です。メラニン色素の本当の役割は、お肌のトラブルや刺激が来た時に、奥の細胞まで届かせないようにバリアを張って守ること。なんともありがたい成分だったのです。肌が白い人が紫外線を浴びて、赤く炎症を起こしているのを見たことがあると思います。地黒の人が日焼けに強いのはこのためなのですね。地黒も悪いばかりじゃないなと、少し思いますよね。

地黒の原因2・日焼けしやすい体質

「でも、わたしの家の家系は特に地黒というわけじゃないんだけど…。」と思う方もいると思います。地黒の原因は、遺伝だけではありません。そもそも、日焼けしやすい体質という場合もあるようです。例えば海などに行った時、一気にまっ黒になる人とならない人がいますよね。あなたはどちらでしょうか?日焼けというのは、お肌が紫外線などを大量に浴びた時、お肌の奥の細胞へその刺激が届かないようにメラニン色素がバリアを張ることで起きます。この体質も生まれつきのこともありますが、多くの場合、何かの原因で紫外線に過敏になっており、日焼け反応をしやすくなっているようなのです。子供の頃は別に日焼けしなかったのに、最近は結構早いなあと感じる人は、このタイプかもしれませんね。

紫外線を浴びる時間が長い

今まで一度も色黒になりたいなんて思ったことはないのに、いつのまに日焼けしやすい体質になってしまったのでしょうか?もしかしたら、紫外線を浴びる時間が長かった時があったのかもしれません。例えば学生時代、運動部で炎天下に一日中動いていたとか、お仕事で外にいることが多いとか、そういうことはありませんか?紫外線を浴びると、お肌の表面が「危険だぞ!」と電気信号を出します。その信号はお肌の奥にあるメラノサイトへ到達し、そこからメラニン色素を大量に作り出し放出するのです。つまり、長時間紫外線を浴び続ける生活をしてしまうと、このメラノサイトへの信号が多くなり、とても過敏な状態になってしまうのです。紫外線を浴びるとすぐに反応してしまうから、日焼けをしやすくなっているということなのですね。

地黒の原因3・色素沈着やくすみ

遺伝などであれば回復は大変そうですが、実は毎日のケアで改善できる地黒もあります。わたしは地黒だと信じている人の中には、ただお肌の状態が悪いだけという人もいます。お肌の色というのは、お肌のコンディションととても大きな関係があります。血行が悪いと顔全体の色みは悪くなりますし、保湿などを怠ると、乾燥して細胞と細胞の間に隙間ができ、紫外線表皮の奥まで入って刺激してしまい、メラニンの生成が進んでしまいます。また、大した日焼けじゃないと、日々のケアを放っておいてお肌に元気がなくなると、知らない間に黒ずみは進み、取り戻すのにとても時間がかかるという大変な事態になってしまいます。ですがじっくり肌改善をしていけば、このタイプは取り戻すことができますよ。

血行不良によるくすみ

寒い冬のシーズンや疲れている時などに鏡を見て、顔の黒ずみが増しているように感じたことのある人は、血行不良のために顔色が悪くなり、地黒だと思い込んでいる場合があります。元気ではつらつとした人の顔を、「血色のいい顔」なんてよく言いますよね。お肌の色というのは、メラニン色素と血行に大きく影響されるのです。表皮には、日常の中で作られたメラニン色素たちが存在しています。そしてその近くにたくさんの毛細血管が張り巡らされているのです。血液が明るくめぐりが良いと、その赤さのおかげで顔全体が明るく見えます。反対に血流が悪いと、赤さはあまり表面に現れず、表皮にあるメラニン色素だけが目立ってしまい、顔は黒く、暗く見えてしまうのです。

紫外線ダメージによる色素沈着

今、あなたのお顔が暗めに見えるのは、もしかしたら昨日今日の問題ではないかもしれません。これは、過去に紫外線をたっぷり浴びてそのまま日焼け対策をせず、お肌のケアを十分にしないで血行不良などが続いた場合に起こります。いわゆる色素沈着というものです。紫外線を浴びてできたメラニン色素は表皮の中に溜まり、通常であればターンオーバーと共に外に排出されます。ですがスキンケアが不十分で放置されると、そのまま表皮の中に溜まり色素沈着となります。まだそれまでならば良いのですが、更に表皮・基底層の下の真皮にまでメラニン色素が落ちて行って色素沈着となると、回復するまでには数年かかることも。今見えている顔の暗さは、何年か前から積み重ねたものなのかもしれませんよ。

地黒の原因4・ターンオーバーの乱れ

メラニン色素は体を守ってくれる大切な成分なのですが、お肌のターンオーバーがうまくいかず、表皮内に残ってしまうと地黒の原因となってしまうことがあります。お肌のターンオーバー、良く聞きますね。お肌の一番外は表皮と言います。表皮は外側から角層(かくそう)、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層(きていそう)と4層が重なってできています。その一番下の基底層から新しい肌細胞が生まれ、徐々に表面へと押し上げられていきます。角層まで上がると垢となって排出します。お肌は4週間ほどのサイクルで、この生まれ変わりを繰り返しています。生成されたメラニン色素も、この流れで一緒に排出されて行きますが、ターンオーバーが滞れば肌に溜まり、黒ずんでいってしまうのです。

古い角質によるくすみ

「歳をとってきたらお肌がくすんできたわ…。」よく聞きますよね。くすみは顔色を大きく左右します。実は自分を地黒だと思っている人の中には、くすんでいるだけという人も。ではくすみってなぜ起きるのでしょう。そもそもくすみとは、ターンオーバーがうまくできなくなり、お肌の表面に排出できない古い角質がたまって、分厚くなることで起きます。表皮が重なっているのですから、透明感がなくなって当然ですよね。原因は加齢による水分不足や、生活習慣(煙草・睡眠・ストレスなど)による血行不良などが多いと言われています。血行が悪いと酸素が運べず、更に代謝が悪くなり悪循環となるのです。強すぎるマッサージなどで刺激を与えるのも角質を固めてしまうので気を付けましょう。

地黒の原因5・似合わないヘアカラーやメイク

これは意外なことですが、ヘアカラーやメイクが自分に合っていないということも、地黒に見える原因になります。自分ではいつもと変わらないつもりなのに、「調子悪いの?」と聞かれたことがある人などは、少し気にしてみましょう。地黒かもと悩んでいる人は、そんなに真っ白な肌ではないことが多いですよね。ファンデーションはオークル系などの健康的な肌用が似合うはずなのに、深く考えずにピンク系を選んだり下地を白くしすぎたりすると、もちろん顔は白く浮いて首回りの黒さが目立つ印象になります。それで「ああ、やっぱり自分は地黒なんだな」って思っちゃうわけです。人によってお肌の色は違います。自分のお肌に一番合っているものをひとつひとつ選んでみると、顔の印象も変わるかもしれませんよ。

地黒から色白になる方法/地黒は美白ケアで治る?

地黒から色白になる方法1・遺伝的な要因は変えられない

まず、遺伝的な要因は、残念ながら変えることはできません。なぜなら、ご両親のどちらかが地黒の場合、メラニン色素は、遺伝的に多いということになるからです。しかし、遺伝的な部分は変えられませんが、これから述べていくあらゆる対策により、色白になることは可能です。私も、大学生の頃までは、自転車での行動がすこく多くて、日焼けを全く気にせず、日焼けがすごい感じでしたが、大人になって社会人になってから、日焼け止めを塗ったり、適宜日傘を使ったりするようになった結果、だんだん色白になっていきました。また、エステの人の勧めにより、私はオールシーズン、日焼け止めを塗っています。つまり、今は地黒であっても、今後の努力や工夫次第で、色白になっていくことが可能だということです。

生まれつきのメラニンの量は変えられない

前の項でも述べたように、両親のどちらかが地黒の場合、遺伝的にメラニン色素の量が多い傾向があり、メラニン色素が多ければ多いほど、地黒になりやすい傾向があります。我々人間のメラニン量は、生まれつき決まっていて、これは変えることができません。私も、幼い頃から腕が黒かったりしましたが、これは恐らく遺伝によるものかなと、今では思います。ちなみに、高校生の頃も、地黒の状態で、色白な同級生がすごく羨ましかったのを覚えています。メラニン色素は、紫外線を浴びるこ増加する特性があり、またシミやシワの原因にもなります。そのため、紫外線を浴びないようにすることが大切かなと思います。紫外線カットの方法については、次の次の項にてお話ししたいと思います。

体で一番白い部分の肌色までは白くなれる

体で一番白い部分は、私の場合はお腹回りや腕かなという感じです。これは、言うまでもなく、普段洋服を着用しているため、紫外線に当たることがないからかなという理由が挙げられます。そのことを応用して、私は外出する際に必ずストッキングを履く、洗濯物干しの際もあなどらずに紫外線対策をする、サプリメントに頼る、背中にも忘れず日焼け止めを塗る、また、運転の時のドライブ手袋を着用するなどといった工夫をするようにしました。すると、私はもういい年をしていますが、学生のときよりも色白になってきました。特に、デコルテのところは、エステにも通うようになったせいか、見違えるような感じになったと我ながら思います。今の自分の肌が、すごく気に入っています。

地黒から色白になる方法2・紫外線対策

色白になるために必要な方法として、まずは、紫外線対策が欠かせないと思います。紫外線をあまり浴びすぎると、日焼けはもとより、皮膚がんの原因にもなってしまいます。また、眼に紫外線が当たると、体が錆びる原因の活性酸素が発生し、白内障の原因にもなってしまいます。そのため、紫外線対策のために、運転の時にサングラスを着用する、日傘や腕カバーを持参する、また、オールシーズン日焼け止めをこまめに塗ることを、おすすめいたします。これは、エステの人からも教えていただいた方法です。また、紫外線カットをしてくれる車を選ぶことも大事かなと思います。最近の車の窓はUVカットを十分にしてくれる傾向であり、私が乗っている車の窓も紫外線カットがすごくいいです。

1年を通して紫外線対策をする

私の実体験から、年間紫外線対策が必要だと感じています。これは、私が今通っているエステのエステティシャンの方から教えていただいたことです。冬場であっても、微量に紫外線が発生しているそうです。その紫外線により、メラニンの生産量が増え、シミやシワの原因になってしまうそうです。私もそのことを聞いて、大変驚き、きちんと対策をしなければた思いました。それ以降、私はオールシーズン、日焼け止めをきちんと塗るようにしました。また、手の甲はなかなか塗りにくいですが、日焼け止めを常備しておき、こまめに塗るようにしました。後、これを聞いたら皆さん驚かれると思いますが、私は年中、日傘やサングラスを使用しています。将来的に、白内障になったりするのも怖いからです。紫外線対策をすることにより、将来の自分が喜ぶだけでなく、結果色白になることにつながるのですね。

外出をしない日も日焼け止めを塗る

外出しない日も日焼け止めを塗ることは、欠かせないと思います。特に、外に出ていなくとも、窓から紫外線が入ってきます。私も、職場は比較的室内にいることが多いですが、それでも窓から結構日差しが強く、紫外線も多いです。どれほど夏場は紫外線が強いか、すごく痛感しています。また、お休みの日、私は洗濯物や布団を干したりしますが、そのときも紫外線が多いと実感しています。そのため、洗濯物を干すときは、必ず長袖のTシャツを着るようにしています。ちなみに、私の出身校である高校では、私が2年生の頃から長袖Tシャツの体操服が導入されました。後、夏服は七分袖のセーラーと、半袖のセーラーの二種類ありましたが、私は日焼けがすごく嫌なので、長袖のものを着ていたことを覚えています。後、あの頃は日焼け止めが禁止になっていましたが、日焼け止めくらい、許してくれてもいいのにと今は思います。

帽子・日傘・サングラスなどで紫外線を予防

私は、外出するときは必ず帽子を着用し、日傘を差すようにしています。また、運転時は、白内障予防も兼ねて、サングラスを必ず着用するようにしています。後、運転する時は、ドライブ手袋もおすすめかなと思います。日傘で思い出したことですが、昔は日傘はおばあさん方が使うという印象でした。今は、おしゃれな日傘が多いのに加え、晴雨兼用のものも結構流通していますね。私も、日傘兼雨傘を、7本ほど持っています。うち3本は、職場に置き傘をしていて、万が一雨が降ったときのために置いています。また、サングラスは、POLAさんからも発売されており、POLAさんのものは、メガネの上からかけられるオーバーグラスタイプのものもあります。POLAさんのものは、紫外線カットをよくしてくれるのに加え、おしゃれですごく気に入っています。もう、三年以上も愛用しています。

飲む日焼け止めなどインナーケアを併用する

私は毎日、POLAさんから販売されている「ホワイトショット インナーロック」のドリンクとタブレットを、毎日服用しています。こちらの2種類は、すごく効果があり、とてもおすすめです。私も、以前は背中のにきびがひどくて、自分の背中を鏡に映して見てみると、背中にきびの跡がものすごい感じでした。そんな時、エステの人から勧められて、タブレットとドリンクを服用するようになりました。ちなみに、タブレットは一日2錠が目安です。すると、背中にきびの跡がおどろくほど薄くなりました。また、デコルテも驚くほど白くなりました。これなら、ブライダルエステにいかなくてもいいくらいです。ちなみに、POLAさんのホワイトショットシリーズは、タブレットなども含め、併用することでより高い効果が得られます。

地黒から色白になる方法3・全身の血行を改善する

全身の血行をよくすることも、色白になるための方法の一つです。具体的な方法としては、湯船に浸かることと、適宜マッサージを受けることなどが挙げられますが、私は、白米から雑穀米に変更しただけでも、血行がよくなるのではと実感しています。というのは、健康診断の結果が芳しくなかったのに加え、週に一回はマッサージ屋さんにいかないといけないほど肩凝りがすごくひどい状況だったため、雑穀米を意識して食べるようにしました。その結果、血行がよくなったせいか、あれほどひどかった肩凝りも収まりました。また、血行が悪いことにより、肌のくすみの原因にもなっていると思われます。そのため、血行がよくなることにより、肌もより白くなりました。

半身浴

半身浴も、リンパの流れがよくなり、色白につながることが期待されます。私は、よくシャワーで済ませてしまいがちですが、できれば湯船につかって半身浴でもした方がいいようです。これも、私が痩身エステの人から聞いた話ですが、リンパの流れがよくなると、セルライトがつきにくくなり、結果ダイエットにつながるのだそうです。また、半身浴により、体の中の老廃物が出て、吹き出物やにきびができにくくなる効果もあります。まさに、一石二鳥ですね。ちなみに、最近の湯船は、半身浴ができるように湯船の底が2段になっているものもあります。自宅のやつがそうです。二段になっていない浴槽の場合は、座高の低いプラスチック製の椅子を入れて、やってみるのもいいかもしれません。

軽いウォーキングなど全身運動

軽いウォーキングなどが、色白になるためには必要かと思います。私は、職業柄、歩き回ることが最近特に多く、一日一万歩を越すこともザラではありません。また、エレベータがある商業施設でも、意識的に階段を使うなど、運動量をふやす工夫をしています。実は、運動することで、お肌の新陳代謝がより活発になり、お肌の生まれ変わりも早くなるそうです。ということは、これまでにできたにきび跡も、より早く消えていくことになりますね。ましてや、シミやそばかすもしかりです。それを聞いて、私はとても嬉しくなりました。これからも、運動を続けていきたいものです。そういえば、過去の顔のにきび跡は、最近はほとんど見当たりません。また、大人になってからは首回りのにきびが異様に増えた時期がありましたが、それもありません。いったいどこにいったのやら。

ストレッチ

ストレッチも、色白になるために効果的だと考えられます。ストレッチは、一見美肌や色白と関係なさそうな感じです。しかし、ストレッチをすることにより、関節の詰まりが改善され、結果リンパの流れがよくなっていくそうです。私もこれを知って、すごくびっくりしました。これからは、ストレッチも取り入れてみようかなと思います。余談ですが、私は学生の頃、体育がすごく苦手で、評定が2ばかりでした。また、体も硬く、前屈の時も下まで曲がらないのに加え、持久走もビリでした。ストレッチも、無理のない範囲で、できればなと思います。具体的には、まずは軽い運動から始めていき、それから徐々に負荷をかけていくような感じにしようかなと、今は計画を立てています。

頭皮や顔のマッサージ

頭皮や顔をマッサージすることにより、顔のリンパの流れがよくなり、色白につながることが期待されます。これは、エステにおけるマッサージでも行われています。私も、よくフェイシャルのエステを受けたり、マッサージクリームを使ったりしています。そのため、以前と比べて顔がくすみにくくなってきた感じです。私が使っているマッサージクリームでおすすめなのは、洗顔とマッサージがこれ一本で可能な、POLAさんから発売の「B.A.ディープクリアライザー」です。これは、乾いた手でマッサージをすることがおすすめです。塗った感じがとても暖かい感じで、きもちよくマッサージできるほどです。しばらくこのくりでマッサージをしていると、だんだんクリームが柔らかくなってきて、毛穴の汚れも落ちると共に、マッサージもできてきます。

地黒から色白になる方法4・角質ケア

地黒から色白になる方法の一つとして、角質のケアがあります。私の場合、膝のところの黒ずみによく悩まされているのに加え、かかとの角質がすごく硬いです。特に、膝の部分は、圧迫されやすいため、角質ができやすい傾向のようです。具体的に申し上げれば、これから後述するピーリングや、保湿が効果的であると考えられます。ちなみに、私はピーリングジェルを、お試しで膝につけてみたこともあります。効果は、すごく絶大でした。また、POLAさんから販売されている「ホワイトショット」を、膝の色素沈着した部分にもつけてみたことがあります。すると、以前と比べて黒ずみが薄くなってきた気がします。角質のケアは人それぞれ、自分に合ったものを選んでみるといいでしょう。

ピーリング

ピーリングも、色白になるためには大事だと思います。ピーリングのためには、市販のピーリングジェルがベストだと思います。私も、ある高級ホテルの大浴場にて、自由に使っていいピーリングジェルが置いてあったので、お試しで使ってみました。すると、消しゴムのように、古い角質がボロボロと。かなり、面白い感じでした。また、これだけ角質が自分の頬にあったんだと思うと、恐ろしい感じでした。また、過去にできたにきび跡が薄くなっていくという効果も期待されます。私は、学生の頃にいっぱい顔ににきびができて、しかも潰していたため、にきび跡がすごい状態でした。ただ、あんまりやり過ぎると、肌荒れの原因になることも予測されるため、間隔を空けてやってみることをおすすめいたします。

酵素洗顔

エステなどで行われている酵素洗顔も、色白には効果的かなと思います。私も、POLAのエステはもちろん、シーボンというエステサロンのトライアルにて行ったことがあります。また、酵素洗顔用の洗顔料も、通販にて売ってあるため、ご自宅でもすることができます。酵素洗顔の効果としては、洗顔料に含まれている酵素により、クレンジングでは落としきれない毛穴の汚れが落ちるという効果があります。具体的には、小鼻はいちごのように黒ずみやすいですが、そのような汚れもきれいにしてくれるとのことです。酵素洗顔の洗顔料の代表例は、パパウォッシュ、ロート製薬から発売されている「メラノCC酵素洗顔」、などが挙げられます。ただ、お肌に弱い人は、ドクターに相談してから使うのがいいでしょう。

しっかり保湿でターンオーバーを改善

保湿をすることも、色白になるためには必要かと思います。我々人間の肌は、ターンオーバーをよくすることで、シミやにきび跡をも改善していきます。私も、ここ数年は入浴の後、ボディクリームをオールシーズンつけています。というのが、以前体中ががさがさになって、色素沈着が起こってしまったことがあるからです。十分な保湿をすることで、色素沈着を防ぐだけでなく、お肌のターンオーバーを助けてくれる働きがあります。私は最近、頭皮が痒くなりやすいため、頭皮の保湿までできないかなと思っています。最近は、髪にも使えるスプレータイプの日焼け止めがあるくらいなので、スプレータイプの保湿剤も、あればいいなと思っています。ちなみに、もし販売されていたら、申し訳ないです。

軽い運動でストレス発散

軽い運動も、色白になるためには効果的だと思われます。私は主に、ジムなど特別な運動をするのではなく、商業施設にてエレベータではなく階段を使うなど、普段できることからやっています。また、スマホにヘルスケアアプリをインストールしていて、歩数も毎日チェックしています。軽い運動をすることにより、血液中に流れる糖分の量が少なくなり、皮膚のコラーゲンと糖分が結び付く「糖化」もなくなるようです。糖化は、黄色くすみの原因になるものです。ただ、激しい運動は、かえってメラニンを増やしてしまう原因になるので、適度な運動がポイントです。私も、昔と比べたら色白になってきた方ですが、黄色くすみがきになるので、黄色くすみを改善できればなと思います。

質の高い睡眠でストレス発散

質の高い睡眠も、色白になるためには必要かと思います。まず、睡眠は、お肌のターンオーバーを促してくれる働きがあります。また、我々人間の睡眠時は、メラトニンというホルモンが分泌し、メラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。メラトニンを増やして良質な睡眠を得るには、寝る前にスマホを見ない、入浴は就寝の三時間前に済ませる、寝る前に物を食べない、寝る前にカフェインの含まれているコーヒーや緑茶などを控える、メラトニンを含むものを食べる、などです。たなみに、メラトニンの生成を助けてくれる食物は、ゴールドキウイの他、大豆、納豆、豆腐、たまごなどです。ゴールドキウイで有名なのは、CMでお馴染みのゼスプリゴールドです。

地黒から色白になる方法5・似合うヘアカラーやメイクをする

これは、後述する「パーソナルカラー」とも関わりのあるところだと思います。色白になる、というよりは、色白に見せるための手法かと思いますが、後述するパーソナルカラーを踏まえた上で、メイクやカラーリングをした方が、よりきれいにみえるのかなと思います。ちなみに、私は髪をやや明るい色に染めているのに加え、紫色のアイシャドー、ピンクのアイシャドウを愛用しています。すごく気に入っているのに加え、「お似合いです。」と、周囲からよく言われるからです。ちなみに、パーソナルカラーの診断をしたことはありませんが、色々試行錯誤しながら、パーソナルカラーを見つけていくのもいいかもしれません。ただ、一回はパーソナルカラーの診断を受けてみたいな、とも思います。

パーソナルカラーを知る

色白になるためには、自分自身のパーソナルカラーを知ることも必要かなと思います。パーソナルカラーとは、肌や瞳の色、髪色など、その人の持って生まれた色に合う色のことをさします。メイクの色や髪色など、自分に合った色を見つけることを、「パーソナルカラー診断」といいます。例えば、自分に合ったカラー、つまりパーソナルカラーを選ぶことにより、パーソナルカラーに対比されて、自分の肌の色が色白に見えるということです。実際、私はパーソナルカラー診断をしたことはありませんが、個人的には、ワインレッドがパーソナルカラーではないかなと思っています。というのが、私はワインレッドのワンピースを持っており、それにより肌が明るく見えるからです。

 

色黒でも肌が白く見える!色白になるためには肌の透明感が大事

肌の透明感をアップする方法1・しっかり保湿

肌の透明感をアップさせるにはしっかりと保湿を行い、肌のきめの細かさを維持することが重要です。なぜなら、肌は、肌の表面が荒れると光を肌が反射した際、ボロボロの肌を投影して見せてしまうがゆえぼろぼろの肌が浮き上がって目に見えてしまい、透明感が無い肌が強調されるがゆえです。この現象は、映画館のスクリーンで考えるとわかりやすく、映画館のスクリーンは表面がつるつるした垂れ幕に光を当てて造営物を投影しますが、この垂れ幕がしわくちゃだと、東映物はいびつに見え、ボロボロな状態で浮き上がって見えてしまうのです。したがって、肌の透明感をアップさせるには保湿をして肌の表面をきれいに整え潤いがあるきれいな肌を維持しないといけないということになります。なお、肌がぼろぼろになると困ることは、透明感が失われること以外に、肌の細胞の復活に時間がかかることも挙げられ、ボロボロの肌を再生するにエネルギーを無駄使いしてしまうことも問題になります。

おすすめの美白オールインワンジェル・シミウス薬用ホワイトニングジェル

シミウス薬用ホワイトニングジェルは、シミの原因である紫外線を防ぐことと、メラニン色素の構築を阻害する効果があり、肌あれによる肌のうるおい不足を補うことができ、お勧めの美白ジェルになります。このジェルの利点は、肌の保湿を行う点にあり、保湿を行うことで肌の表面がぼろぼろにならないように仕上げることができる点です。肌はボロボロになっても一応、再生という形で古いボロボロになった肌が再生することで新しいものへと生まれ変わりますが、年齢とともに生まれ変わりが遅くなりますので保湿という形で肌を守る必要があります、よって保湿力が高いこの製品がおすすめで、肌の黒ずみを生むメラニンという成分の合成を阻害するこの商品がおすすめの商品になるのです。

肌の透明感をアップする方法2・ビタミンC配合の化粧品を使う

肌の透明感をアップさせるのであれば、ビタミンを配合している化粧品を使うという方法がおすすめです。なぜなら、ビタミンは、肌の再生を助ける栄養素になり、今現在の化粧水においては大抵配合されている主成分だからです。そのうえで最もおすすめなのが、ビタミン誘導体という成分でこれは従来のビタミンより小さい粒のビタミンのことになります。つまり、小さいビタミンを肌から吸収して肌の再生の手助けをさせようというのがビタミンC群の誘導体の力で、ビタミンCを配合している化粧品を使用して肌のメラニン色素の抑制を手助けしてもらうのが望ましい化粧品選びであるということです。なお、ビタミンは、ビタミンC以外のビタミンを含むものもおすすめで、ほかのビタミンも肌の保湿を助けたり、細胞を活性化させて修復を早めるという効果がありますので、ビタミンCだけではなく他のビタミンを欲張って配合している化粧品を使用するのも一つの手段です。

おすすめの美白化粧水・メラノCCしみ対策美白化粧水

ビタミンCの誘導体、つまりものすごく小さいビタミンが肌細胞に入り込み、メラニンの生成を抑制するというのがこの商品の特徴です。ビタミンCは、メラニンの生成を抑制するため黒積みの原因を抑えることができる栄養素です。化粧水の場合、重要になるのが誘導体という自由に動き回れるくらい小さい粒子のビタミンになり、大きすぎるビタミンは残念ながら、効果が期待できず、メラニンの抑制効果も薄いといえます。なので、この商品は、メラニンの抑制においてとても小さいビタミンCを含んでいるため、メラニンの生成を抑制したゆえで保湿までを行える製品でおすすめの商品であるといえます。近年ではこうしたビタミンの誘導体を利用して化粧水を作ることが多くなっており、この方法で生成した化粧水が効果が高いということでスタンダードな化粧水の在り方になってきています。

肌の透明感をアップする方法3・インナーケア

肌の透明感をアップさせる方法ですが、インナーケアという方法があります。インナーケアとは、体の内からきれいにしていこうという考え方で、栄養素を口から摂取して体を作っていこうという考え方です。たとえば、サプリメントを摂取して体の中の栄養を整え、肌荒れの原因であるビタミンの不足を補おうというのがインナーケアで食べることや、錠剤などを飲むことで体の中を作り変えていこうというのがインナーケアになります。この考え方の利点は、体の表面から吸収できない栄養素を体内で吸収し、胎内から皮膚の栄養にしていくという考えです。そのうえで、即効性がないというデメリットがありますが、体の表面から吸収する栄養と異なり一時的な効果でないという点が利点で、継続的に栄養を摂取し続けると効果が持続し、短期間の効果で終わらないという利点があるのです。

美白成分・ビタミンA

ビタミンAは、脂肪性の栄養素で、ニンジンに多く含まれた栄養素で、皮膚の粘膜を作り出し、皮膚を保護する重要な栄養素になります。つまり、保湿に関係する栄養素であり、体に蓄積が容易な栄養素であるんですが、とりすぎると、体の中に不必要なまでに貯蓄されほかの臓器に悪影響を与えるので取りすぎは注意しましょう。この栄養素は、不足した場合においては、角質が硬くなるという問題があり、皮膚自体が硬く硬化する原因になります。これは、簡単に言えば、お餅をついてお餅を作った際、お餅から水分が抜けだすとどうなるかを考えてもらうとわかりやすいです。お餅は水分が完全に抜けた場合、表面が割れてしまいます。これを皮膚に置き換えると皮膚も表面から水分が抜け落ちるとひび割れを起こしてしまい角質が硬くなったがゆえ、皮膚が硬くなってしまっているわけです。

美白成分・ビタミンC

ビタミンCはメラニンの働きを抑制する効果があります。この栄養素は不足した場合は、メラニンが大量に生成されやすくなるため、日光を皮膚が受けた場合、シミという形で皮膚の表面に大量に作られてしまいます。逆を返すとビタミンCが大量に体内に貯蓄されていれば、メラニンは分解され肌の表面にシミができにくくなるのですが、問題もあり、この栄養素も過剰に摂取した場合、腎臓などにダメージが入るため過剰摂取することはお勧めされません。また、臓器に与えるダメージは、消化器官へのダメージが特に大きく下痢という形でダメージが入りますので、過剰に摂取した場合下痢になったのであれば、ビタミンCを取りすぎたと考えてもらえればよいでしょう。

美白成分・ビタミンE

ビタミンEは、脂肪性の栄養素で、ウナギなどにたくさん含まれている栄養素です。この栄養素は、肌の参加を防ぐ効果があり、簡単に言えば、紫外線などで肌がぼろぼろになる現象お抑える効果があります。しかしながら、この栄養素も大量に体内に貯蓄されることで、問題となり、臓器に影響を与えるのですが、実はこの栄養素、案外と退社されやすい上、そもそももっとも栄養を含むウナギなどの植物でも実は少ないということもあり、サプリメントなどで過剰摂取しない限りは肝臓に対してダメージが入ることはありません。ただし、肝臓にダメージが入った場合、栄養をうまく処理できなくなりますので、急速に栄養吸収率が悪くなり体のすべての機能がうまく機能しなくなるので過剰摂取だけは防ぐのが望ましい栄養素です。

おすすめの美白ドリンク・ハイチオールコラーゲンブライト

このドリンクは、美白用のドリンクで、低カロリーな大豆ペプチドドリンクです。ビタミンの配合率のバランスが良いのが最大の利点になり、動物性のコラーゲンよりも吸収しやすく安価な栄養素である点が売りです。なお、味はマスカット味で飲みやすさを重視した健康ドリンクになるので、飲みにくいタイプの栄養素ドリンクと比較した場合、飲みやすく、飲む量も適量なので、一度にたくさんの量を飲まなくとも十分な栄養を体内に放り込めます。なお、他のハイチオールシリーズと相性が良く、他のシリーズと一緒に飲んでも体に対して悪い影響を与えないという利点がある商品です。カロリーが高すぎる栄養ドリンクは、利点においては栄養をたくさん吸収できる点ですが、あまりにも栄養が過多の場合、かえって体内の臓器に悪い影響を与えますので、栄養バランスを考え、あえて低カロリーで必要な栄養のみを厳選しているこの商品はお勧めになります。

おすすめの美白サプリメント・チョコラBBルーセントC

シミやそばかすを防ぐサプリメントで、ビタミンCによるメラニンの抑制効果とシステインによる効果で肌細胞を守りつつメラニンの生成を抑制する効果があるサプリメントです。ビタミンのパワーで細胞の生成を助け、太陽による紫外線の影響でダメージを受けた肌の修復を助ける効果が期待できます。なお、この商品はビタミン薬になるので、尿が黄色くなりますがこれは不要なビタミンが排出された結果になるので正常の反応で、体の販社により不要と判断されたものが排出された結果です。これは、ビタミンを通常より多く取り入れても体が反応して不要な分を排出しているため、正常な範囲で体は吸収していて、尿が黄色くならない人も存在します。よって、尿が黄色くならないからといって以上であるというわけではなく、むしろ必要な栄養を体内で吸収した場合、尿は黄色くなりませんので安心して利用できるサプリメントです。

地黒から色白になる方法まとめ

色白になるためには、いかにメラニンを作り出さずに肌で言うシミを作らないかと、肌の修復力を維持することです。方法としては経口摂取のサプリメントや飲み薬のほか、飲料というもので体内に直接栄養素を放り込んでメラニンの生成を抑制するという方法と、化粧水によって肌の表面から栄養を体内に取り入れるという方法があり両方の方法を取り入れて対策をするというのが有効です。なぜなら、両者は、片方は速攻で肌の表面を保湿可能ですが、経口摂取によっての保湿は即座に効果を示さないですが、経口摂取側は一度摂取して体内で貯蓄されることで体の内から改善することを考えた場合、両方の方法を試してより効果を持続させるという方法が望ましい方法であると結論付けます。

タイトルとURLをコピーしました