【彼女いたことない】男性の特徴と年齢の本音や見つける方法

【彼女 いたことない】男性

日本の30代前半の未婚男性のうち、3人に1人はこれまでに交際経験が一度もない。そのようなニュースを聞いたことがある、という人は多いのではないでしょうか。なお、同世代の女性はデート経験がないのは5人に1人となっており、その差は明らかです。また、初めて性的な関係を経験する年齢に目を向けても、女性は10代後半が圧倒的に多い一方で、男性は20歳を超えてからが多いという状態です。そこでここからは、人生を通して彼女がいない、いわゆる年齢イコール男子といわれる彼女がいたことがない男性におすすめの恋人の見つけ方や特徴、周囲から向けられる本音などを徹底解説します。人になかなか聞けないその実態を知るためにもぜひ本記事を参考にしてみてください。

【彼女 いたことない】年齢

前述した通り、30代前半の未婚男性の内3人に1人は交際経験がありません。また、30代前半以外のさらに若年層に目を向けても、10代後半は5割弱、20代前半で4割弱、20代後半で35%前後の人に交際経験がないという調査結果が出ています。この数字からも、交際経験のない男性が世の中にいかに多くいるか、その顕著な傾向がわかります。その事実は、高齢化が急激に進む日本社会の将来を憂いる情報としてもよく使われるなど、さまざまな視点から問題視されています。また、近年のコロナ禍がその傾向に拍車をかける、この先この割合はさらに上がる可能性すらあります。そうなると、結婚しない男性が増え、少子化がさらに進んでしまうかもしれません。

【彼女 いたことない】見つける方法

家の中でじっとしているだけでは、なかなか恋に落ちることはできません。そのため、恋人が欲しいという気持ちがあるなら、このご時世、オンラインを活用するのがおすすめです。特におすすめなのは、「マッチングアプリ」。少し前々ではややネガティブなイメージを抱かれがちだったマッチングアプリですが、近年ではマッチングアプリを通して出会った人と結婚する人も多いです。実際に身近にそのようなカップルがいるという人も多いことでしょう。マッチングアプリに搭載された最新技術を使えば、最初からある程度自分に合うことが保証されている人と出会うことができるのもメリットです。
また、飲み会や合コンに積極的に参加するのも大切です。なお、参加したらすぐに恋人ができるほど世の中単純ではありません。多くの場合成果は得られません。ただ、うまくいかなくても落ち込む必要はなく、異性と関わる練習という意味でも参加の意義はあります。

【彼女 いたことない】特徴

彼女がいたことがない男性は、大きく2つのタイプに分けられます。ひとつめのタイプは、そもそも恋愛に興味がないタイプです。1990年代までは一定の年齢になったら男女とも結婚するのが当たり前という風潮が世の中にありました。ただ、その考え方は今や古いものとなりつつあり、その価値観は確実に変化しています。結婚というものの必要性と同時に恋愛以外に興味があるため、交際の経験がないまま年齢を重ねてしまったというケースです。
一方で、本当は恋をしたいのになかなか恋人ができないタイプの男性も確実に存在します。その手のタイプの男性に共通するのは、理想が高すぎる、というものです。また、お金に余裕がなく、なかなか交際に積極的になれないことも多いと言われています。

【彼女 いたことない】本音

多様性が叫ばれる現代社会において、彼女がいたことがないこと自体はそれほど問題ではありません。本人自身そこまで気にしていないことも多く、その場合深く考える必要はありません。自分の時間やお金を趣味や仕事に注ぎ込むなど、なにかに熱中している状態であれば、その人が選んだ生き方として本人はもちろん周囲も自然とその人を尊重してくれるためです。ただ、そのことに大いなるコンプレックスを感じている人がいるのも事実です。その手のタイプは、悩むのは一度やめて、すぐに行動を開始すべきです。なお、その際に気になる人ができた際、相手にこれまでに交際歴がないことを無理にカミングアウトする必要はありません。気になるならさらっと言えばよいですが、「そこまで経験はない」くらいで濁せばOKです。





関連ページ:【ペアーズの口コミ】マッチングアプリのpairsの出会いの評判