【片思い男子あるある】恋してる男子のあるある?話せるだけで嬉しい

片思い男子あるある!恋してる男子あるある

片思い男子あるある1・話せるだけで嬉しい!

片思い中の男子は、とにかく彼女のことが気になっています。ちらちらと遠くから意識して、少し視線が合うたびにドキッとしていますから、ちょっと話ができるだけで大喜びしてしまいます。朝「おはよう。」と挨拶を交わせただけで、今日一日はハッピーなのです。「この動画見た?」と自分から勇気を出して話しかけることもあるでしょう。もし彼女の方から「それなあに?」と興味を持ってくれたら、有頂天になってしまいます。好きな人は、何をしていても魅力的と思うのは男性も女性も一緒です。ちょっとした言い間違いをしても、話にオチが無くても、「かわいいなあ~。」と思ってくれているはずです。共通の話題で「そうだよね~、わかる~!」と盛り上がれば、これ以上の幸せはないでしょう。

片思い男子あるある2・相手の目を見て話せない

なんだかそっけなく感じる男子っていますよね。話しても目を合わせてくれないし、女性陣は「私のこと嫌いなのかな?」と感じることもあると思います。ですが、それは大間違い。恥ずかしくて見ることができないのです!男子の中には、恋愛している自分がかっこ悪いという意識があります。こぼれ出てしまう「好き」の気持ちがばれないように必死に隠しているので、ついつい不愛想になってしまうのです。時には、用事があると言い訳して急に立ち去ったりと、わかりやすく表れます。本人は必至で隠しているのですが、実は他の人から見るとバレバレなことが多いもの。「お前、あの子のこと好きなんだろう?」と、友達からいじられるのも時間の問題かもしれませんよ!

片思い男子あるある3・ついついカッコつけがち

そもそも、男の子はカッコつけるものなのですが、好きな女子の前に来ると、それが加速します。女子が男性の前で前髪や服装をあれこれ悩むように、男子だってカッコいいと思われたいのです!今までおしゃれに興味が無かったのに、急に新しい服を買ってみたり、美容室へ行ってみたりと努力を惜しみません。見た目だけではなく、少しクールに話してみたりと行動も変わります。ですが、あまりにクールに決めすぎて、「俺、恋愛に興味ないんだよね。」という態度をとってしまうと、彼女は「わたしのこと好きじゃないんだな。」と受け取ってしまいますので、やりすぎには注意です。男性は女性ほど嘘がうまくない生き物なので、「カッコつけてるな。」と、ばれちゃってるかもしれませんけどね!

片思い男子あるある4・自分を大きく見せようとする(〇〇できるよ!など)

「彼女の前でカッコつけたい、良く思われたい!」という思いが強くなりすぎると、自分を大きく見せようとしてしまう時があります。もし彼女が年下の子ならば、「大人だな。」と尊敬の目で見てもらいたいもの。余裕があるふりをしておごってみたり、店員さんに紳士的な対応をしてみたりと、地道にアピールをします。少しでも「すごーい!」と言われようものなら、男性は嬉しくてたまらないでしょう。反対に彼女が他の人に「すごい!」と言っていると、「俺はこれができるよ。」ともっと大きなことを言ってしまい、少し空回りをしてしまうこともあるでしょう。周りが見えなくなって失敗しないように気を付けましょう。それをかわいいなと思ってくれる、器の大きい女性もいるかもしれませんけどね。

片思い男子あるある5・相手が男と話していると嫌な気持ちになる

片思い中の人が、自分以外の異性と楽しそうに話をしているのを見て、心穏やかに見ていられる人はほとんどいないでしょう。これは男性も女性も同じですね。それはつまり嫉妬しているのです。男性は特に独占欲が強い生き物です。付き合った後の「俺の女に手を出すな。」は、とてもポイントが高いですよね。ですがそんな性質があるので、まだ付き合っているわけでもないのに、「彼女に近づくな!」とか、「仲いいのかな?」と悶々としてしまうのです。男性は、悩み事(中でも恋の悩み)を人に相談するのがとても苦手です。ひとりで頭の中でぐるぐると考えて、眠れなくなっている人も多いでしょう。男性が、「○○とどっか遊び行ったの?」と、他の人との関係性を聞こうとしてきたら、嫉妬心のサインかもしれません。

片思い男子あるある6・2人になるチャンスを作ろうとする

片思いの女性がいたら、なんとしても会いたいものです。お相手が、学校や職場の人の場合、毎日会えて幸せのような気がしますが、実際にはなかなか2人きりになれるタイミングはないですよね。そんな時、男性はなんとかして2人で話せる状況を作ろうと、動き始めます。彼女が習慣的に行きそうな場所へ、出かけることもあるでしょう。図書館や行きつけのカフェへ赴いたり、休憩室や食堂を同じ時間に利用したりととても涙ぐましい努力を惜しみません。中でも、帰り道は2人きりになる最大のチャンスですから、彼女がいつも利用している電車のホームに居合わせて、「偶然だね。」なんて言うかもしれません。ストーカーみたいですが、男性の方がデリケートで不器用なのかもしれませんね。

片思い男子あるある7・相手のことを何でも知りたくて質問する

これは女性も共感できると思いますが、男性も好きな人のことは何でも知りたくなってしまうものです。趣味は?講義は?バイトは?どこに住んでる?部屋はどんな感じ?今日は元気ないけどどうしたんだろう?と、いろいろ気になってしまい、ついつい質問してしまいます。お酒が入ったりすれば、好きな男性のタイプや、過去にどんな付き合いをしたのか、元カレはどんなタイプか?と聞いてしまう人も多いでしょう。女性の方が、今仕事で悩んでいることなどを話してくれたら、「なんとか解決してあげよう!」と躍起になるかもしれませんね。恋愛の仕方や結婚観、将来の考え方などを聞いて来る人がいたら、「自分は彼女の彼氏候補に入っているのかな?」とチェックしている可能性もあるでしょう。

片思い男子あるある8・ハートマークだけで自分に気があると勘違いする

大好きな彼女とコミュニケーションを取ろうと思ったら、LINEは2人で話をするのに欠かせないツールですよね。片思い中の男性は、着信音に敏感になり、返信が来ていないかと画面のチェックを欠かさないことでしょう。恋をしている男性は、女性の何気ないほんの小さな行動でも、「自分に気があるのかも?」と思ってしまいがちです。ニコッと笑われただけで、肩にちょっと手を置かれただけで、LINEの文中に、小さなハートマークがひとつ入っていただけで大喜びして舞い上がってしまうでしょう。「わたし、パスタ大好き?」という返事が来ただけで、好意のあるメッセージだととらえて、すぐにイタリアンに誘うでしょう。
男性は、女性よりとても単純ですが、愛おしいポイントでもありますね。

片思い男子あるある9・LINEや電話の回数が増える

「あの話どうなった?」と、お休みの日にわざわざLINEが来たら、男子の「好き」のサインかもしれません。SNSにまめな男性は少ないかもしれませんが、片想いをしている女性に対しては、LINEや電話が急に増えることがあります。好きな女性にLINEをしている男性は、とてもいろいろなことを考えています。しつこくないか?と悩み、自分がスマホを開いた時に、ちょうど彼女からメッセージが来れば「運命だ。」と喜びます。彼女と少しでも長く会話を続けたくて、何度も何度も返事が必要な文章を送り、あえて今日は返事をしないで明日も会話を続けようとします。男性には、LINEの返信が遅い人などが多いですから、よほどまめな性格の人でない限り、「気になっている。」証拠と言えそうです。

片思い男子あるある10・LINEを送る前に文面を何度も見返す

片思いの女性がいる時、男性はLINEにとても繊細になっています。着信音に敏感になり、「彼女から返事だ!」とすぐスマホを見たり。来ていたのは企業の広告で落ち込んだり。既読スルー状態が続くと絶望するけど、「ごめん、バイトだったよ。」と返事が来れば一気にハッピーになります。LINEの文章を作るのも一苦労で、文面を何度も何度も見直して「失礼じゃないか?」、「好きと伝わるスタンプは?」と推敲を繰り返します。そしていつまでも送信することができずに時間が経ってしまうなんてことも。そんなに苦労して送ったメッセージに、喜んでいるスタンプが送られてくれば大歓喜です。多くの男子がこの悩みは持っていますので、女性陣はくれぐれも「OK~。」だけで終わらせないように、気を使ってあげてくださいね。

片思い男子あるある11・相手の好きなタイプの男を聞いてしまう

片思いをしている男性は、自分が彼女の好きなタイプに入っているのか知りたくて、ついつい「好きな男性のタイプは?」と聞いてしまうことがあります。少し遠回りな表現として、「好きな芸能人は誰?」や、「付き合ってる人いるんでしょう?」と言うかもしれません。好きなタイプを聞くと、多くの場合「この人、私のこと好きなのかな?」と思うでしょう。さりげなく「好き」を伝えるいい方法ではあるかもしれません。ですが、彼女のことが知りたい思いが強すぎて、過去の恋愛や元カレの特徴を聞き出すのは、まだひきずっているかもしれませんので遠慮しましょう。
もし、彼女のタイプが自分と違っていたとしても、「好きなタイプ」と「実際に好きになるタイプ」は違うものですから、気にしすぎないようにしたいですね。

片思い男子あるある12・振られたらどうしよう・・・と友人関係を続けてしまう

もし片思いのお相手が、友人の仲間から発展した彼女なら、「振られたらどうしよう…。」と、告白できずに悩んでしまうこともあるでしょう。これは、多くの場合失恋するのがこわいからに他なりません。もし思い切って告白をして失恋したら、その後、友達でいるのが気まずくなって、友人関係を壊してしまうかもしれません。同じ職場の女性ならば、今までのいい関係がくずれ、仕事がしにくくなってしまうことも考えられます。関係が悪くなるくらいならば、いっそ今の心地よい友達関係のままいる方がいいやと思ってしまうのです。もし、過去に失恋をしたトラウマのある男性なら、なおさらです。告白をあきらめて友達を貫くのも、それはそれで辛いのかもしれませんよ?

片思い男子あるある13・付き合ったあとを想像してドキドキする

男性というのは、とかく妄想が得意です。片思い中の男性は、ひとりで彼女と付き合った時の妄想などをしていることが多いものです。一般的に、「男性は理性的、女性は感情的。」という印象があると思います。想像するのは女性の特技と思われがちですね。ですが、男性は理論派ゆえに、「告白してつきあったら、次はこうなって、そしたらこうして…。」と、どんどん具体的な想像を膨らませるという特徴があります。もともと1人で黙って悩むことの多い男性ですから、妄想は得意なのかもしれませんね。彼女と付き合った時のことを妄想して、「デートではここへ行って、こんな会話をして、そしてここでキスをして、最終的には…。」と、ドキドキしながら妄想デートを楽しんでいる男性は、とても多いでしょう。

片思い男子あるある14・女心が分からず女友達に相談してしまう

片思い中の男性は、女心がわからずに悩んでしまうことがあります。食事には行ってくれたのに、付き合う気がなさそうに見えるとか、デートの誘いをしたつもりなのに「休みがあったらぜひ~。」と言われて、気があるのかないのかわからないというように、女心をつかみきれないことが多いようです。そんな時に、女友達に女心を教えてもらおうと相談する時があります。もしその女友達が、お相手と共通の知人であれば、ちょっと探ってくれたり、「彼女が本当に好きならこうすると思う。」などの貴重な意見が聞けるでしょう。ですが、あまり頻繁に相談しすぎると、その女友達の方と仲がいいと、お目当ての彼女に誤解されてしまいますので、気を付けてくださいね。

片思い男子あるある15・勉強や仕事へのモチベーションがアップする

片思い中の男性には、勉強や仕事のモチベーションがアップする場合も多いです。彼女のことを考えて、頭がウキウキしている状態ならば、心は前向きになり、どんどん取り組もうと意欲的になれるものです。少し彼女と進展のあった時には、「自分は何でもこなせるぞ!」と無敵な気持ちにもなれるでしょう。その結果、テストの成績がよかったり、契約を1つ取ったりすれば、彼女は「すごーい!」と拍手してくれ、更にやる気は満タンになってゆきますね。
実際に、恋をすると脳が活性化し健康になるという研究結果があります。恋をして男性ホルモンが多くなれば、集中力がアップし、お仕事の能率も上がります。反対に恋に悩めば仕事は滞りますから、恋愛とお仕事はいいバランスを保てると良いでしょう。

関連ページ:【片思い女子あるある】恋愛の胸キュンに思わず共感!好きな人あるある

片思いってつらい・・・。片思い男子の辛かったエピソードあるある

辛いエピソード1・好きな男の相談をされる・・・

これはありがちな話で、好きな異性から、好きな男がいるということで相談をされるという話です。片思いの男子というのは、恋愛の相談役になりがちで男性のことを聞き出す道具のように扱われることがあり、対象の男性というものが自分と言う存在にならないことが多いのです。さらに追い打ちをかけるのが、自分が好きな男性の相談をしてくる女性に対して好きであることを伝えると、何を勘違いしているの?という態度でものすごく冷たくあしらわれるということです。こうなりますと、片思いの男性は恋愛というものについて消極的になる、もしくは恋愛に参加したいとすら思わなくなりますので恐らく片思いの男性のあるあるエピソードの中で最も重いエピソードだと思われます。

辛いエピソード2・必死のアピールに気付いてもらえない・・・

このエピソードは片思いの男性の必死のアピールについて異性側が全く気が付かないというエピソードです。このケースの場合、伝え方が悪い場合がありまして、男性側がストレートに好きだという気持ちを伝えきれていないケースが多いです。なので、オブラートに包んで好きであるという印象を相手の異性に伝えるという方法を取っているので、相手はそれに対して反応しきれていません。もしくは、反応する必要性がないのでは?と考えている異性の人もいますので必死のアピールとは裏腹にアピールする側の人物の魅力が一切異性の女性に伝わっていないという問題です。この問題の結末については、相手の異性から何が言いたいと問われ、何も言えずに恋が終わるというケースが多いのでアピールの仕方において好きであると素直に言えないのは問題でしかないでしょう。

辛いエピソード3・好きな女性に距離を置かれてしまう・・・

このエピソードは、異性から気味悪がられて距離を狩れてしまうという問題です。つまり、異性に気に入られようと必死になり、異性の話す話題に割り込み距離を置かれるというパターンです。このパターンはなぜ起きるかですが、簡単に説明をすれば、急に知らない人物が会話に入り込んでくるという部分が問題で、片思いであるがゆえ、異性からすれば知らない男性が会話に入り込んでくるので気味が悪いと思う他ないわけです。よって何気なく会話に入り、場を和ませるという高度なテクニックを身に着けていたら話は変わり結末も変わっていたかもしれないんですが、そうならなかったがゆえ、気味悪がられて終わりとなるのです。

辛いエピソード4・実は彼氏持ちだったと知ってしまう・・・

このエピソードは、相手の気持ちを掴んで、いざ恋人になれると確信した際、実は異性側が彼氏がいると言って話を切り出され、恋人関係にならなかったという悲しいエピソードです。逆を返せば、相手の異性の方に対して、その恋人と別れて自分と付き合えといえるようなメンタルを持つ人物であれば、案外と片思いで終わらず恋愛に発展して成功者になった可能性もあり得るエピソードですが、片思いの男性というのはそうした強引さを持っていないがゆえ片思いの男性なのであって、強引さがあれば、片思いの人で終わらず、恋愛の伝道師となり得るかもしれないです。ただ、恋愛の伝道師になったからと言って成功者であるかはわからず、様々な異性といっぺんに付き合うことで恋愛が破綻するという結果もあり得るので一概に強引さを持ち合わせる男性が成功者になるとは言い切れません。

辛いエピソード5・LINEの既読スルーに落ち込む

このエピソードは、要は、lineで無視を決め込まれたということに対して落ち込んでしまい、消極的になり異性と距離を置いてしまうというエピソードです。この場合、そもそもが既読スルーとなった理由が重要で、単なる無視である場合と、忙しいので返事どころではないという場合がある点です。特にお仕事をしている異性の方は特に既読スルーをしてもしょうがない部分があり、クソ忙しい時にそんなlineなんかに返事をしている余裕すらありません。そもそも職場自体がそうしたラインでのおしゃべりをしている余裕すらない職場の場合、返事を貰えないという事態は当たり前なのですが、lineで返事が来ない=嫌われていると考える男性は、こうした問題については、かなり落ち込んでしまい、二度とlineとかツイッターに参加しなくなることは多いです。

辛いエピソード6・LINEのリアクションが薄くて落ち込む

このエピソードの場合、興味をあまり持たれていないという点に落ち込んでしまうというものです。ただ、lineの場合リアクションを取ろうにも文章な上、絵文字なんかを利用したところで初戦文章の延長というもので受け取り方がさまざまである絵文字を解釈するので絵文字であっても実はリアクションが薄いのでは?と感じてしまえば、リアクションが薄いことで落ち込んでしまうのです。このケースの場合、オーバーリアクションを期待しているという点が問題で、そもそも文章のやり取りにおいてオーバーなリアクションは必要なのかという点に男性が気付いていません。そこに気が付けば、リアクションが薄くとも相手が反応していることについて喜ぶべきであると解釈するのですがそこに気が付いていないのが、片思い男性の悲しい性になります。

辛いエピソード7・彼女の何気ない一言に落ち込む

このエピソードは、悪気の無い彼女の一言が男性を傷つけるというものです。このケースの場合、問題となるのは、異性である彼女と言われる人物のモラルだったり言い方です。この点について離れてしまえば気にならないということもありますが、慣れないくらいモラルが低い女性という存在もいますのでこれについては男性側が問題であるというケースもあれば、異性である女性側の言い方とかモラルが悪いというケースもあり得ます。つまり、何気ないことを簡単に口にする女性でもお付き合いをしたいのであれば、慣れるか耐えるしかないんですが、それを放棄した場合、落ち込むという選択肢しか残らず、恋愛に対して消極にならざるを得なくなるわけです。このケースは解決策については耐えるという問題しかないといえ、男性側が何気ない一言に耐えるにつきます。ただ、そこまでのメンタルがあれば、恐らく、片思いで終わるはずはないと思いますので、片思いであるということはメンタルが何気ない一言に対して耐えきれていないということです。

片思いが辛いときの対処法1・新しい出会いに目を向ける

趣味やサークルに積極的にでかける

片思いは、共通の趣味などを持つ異性とお付き合いを使用と考えていないため、失敗をしてしまうわけですから、考え方を変えて、あえて共通の趣味を持つサークルなんかに積極的に参加をしてみて新しい出会いに目を向けるという積極性を見出すのが良いでしょう。この方法の利点は、望みを持つことができる点にあり、異性に対して共通点を見出すことができるがゆえ、まだ望みを持つことができます。逆を返せば、共通点を見出せずに異性とお付き合いをするというのはよほど男性としての魅力が高くないと成立しないと考えてもよく、自分が魅力的でかつ経済的にも豊かであると周囲に公言できない限りは、趣味とかサークル活動に力を入れて共通する趣味を持つ異性とお付き合いが可能であるという方向にもっていくほうが恋愛は成功しやすいといえます。

マッチングアプリで気になる女性を見つける

気になる異性というものを見つけるためにはマッチングアプリを使用して気になる異性を探すという方法もよい方法です。この方法の利点は、自分の好みや趣味と同じ異性を探し出せるという点です。つまり、片思いの場合、趣味が相手の異性の女性と合わずに破局するという問題が多いのですが、マッチングアプリはそうした好みの問題というものを解決してくれるツールになり得るのです。逆を返せば男性と同じ趣味を持つ異性とお付き合いをしていく自信すらない場合、それまでであるという結果になり得るのですが、少なくとも恋愛に向けてのハードルは下がりますし、興味を持ってもらいやすくなるという点においても異性である女性を探しやすくなるのでマッチングアプリで気になる女性を見つけること自体は悪いことではありません。

内面や外見を磨く

片思いがつらいのは、自分に自信が見いだせていない場合が多いのでまず自分を内面から磨きつつ、外見をも整えるというのが良いでしょう。つまり、自分と言う存在を客観的に見た場合、なぜ異性に好かれないかという結論になりますが、この時、問題があるのは、外見か、内面を区別することが重要であるということです。この区別ができていないにもかかわらず、とりあえず表面だけを取り繕ったのでは即座に異性である女性に見抜かれてしまいます。異性の女性に内面や外見を見抜かれた場合、問題がある部分を指摘する女性もいればそうではない女性もいるので外見とか内面を磨いて客観的に自分の問題点を解決していこうとする姿勢は恋愛においてはとても重要なポイントになるのです。

関連ページ:【片思いが辛い男性】好きすぎて辛い・苦しい・やばい理由と対処法

関連ページ:【片想いが辛い】片想いが辛い・苦しいの対処法/好きな人がいるけどどうすればいい?

片思い男子あるある・片思いの辛いエピソードまとめ

片思いの男子がつらいと感じるのは、異性から好かれていないと思うこと、もしくは好かれていないという事実がある点です。つまり、事実好かれていない、事実において自分で好かれていないと思い込むことでつらいと感じるので、まずはそうしたつらいと思える部分を打ち消していくことが重要になります。ただ、片思いの男性は、一人の女性に固執してしまい、次の恋愛に進まないという重大すぎる欠点を持つことも多いので、次の恋愛に向けてスタートするという前向きさを持つこともかなり重要です。この部分がないと、いつまでたっても新しい出会いについて消極的になり前に進もうとしませんので、恋愛については、新しく別の異性を見つけるなりをして前に進む努力については検討していくべきでしょう。

関連ページ:【ペアーズの口コミ】マッチングアプリのpairsの出会いの評判