【ケノンを3日おき】毎日、2日おき、5日おき、週一

【ケノン/3日おき】毎日とどう違う?

ケノンで脱毛を行う際にどのくらい期間を開けるかの問題があります。エステサロンなどでは自分の肌質や体調面などの調整から2ヶ月くらい空けることが多いです。これは毛のサイクルで生え変わる期間でもある為でもあります。
ではケノンではどうなるのか?というよりケノンを含めた自宅でできる光脱毛の場合はどうなるのか?
公式サイトでは約1週間と記されておりました。これも先程の毛が生え変わるサイクルの問題があるからでしょう。ちなみに同じ部位に当てる場合ですので様子を見て行う必要があります。
そして部位によっては毎日照射しているところもありますがこれも肌質、体調面などに影響しますので慎重に行う必要があります。もし炎症が発生した場合は直ちに中止しましょう。

【ケノン/3日おき】2日おきとどう違う?

まず肌質・体調面での炎症は起きづらいのではないのかと思われます。ここは個人差があらわれると思います。そして毛量・毛深さもありますが照射レベルによっては打っても問題なさそうな部分は打ってもいいと思います。その際は自分の肌質・体調との問題になりますので注意してください。また、毎日とか2日開けるのように脱毛の間隔を短くしても効果が早く出たりはしませんのでそこも注意してください。?うぶ毛、脱毛する範囲が狭い、照射レベルが低いのであれば2日開けても特に問題はなさそうだと思われます。ただ間隔が短ければ短いほど肌トラブルが起きる可能性は高くなるのでその際は中止してください。
基本的に2日おきに脱毛できる体の部位も限られてくるので慎重に行ってください。

【ケノン/3日おき】5日おきとどう違う?

まず個人差はあると思われます。少し短い間隔ではありますがケノンなどの光脱毛で通常に脱毛を行っても問題はないと思われます。毛深い部位とされているワキやVIO、すね毛なども脱毛しても可能だと思います。ただ照射レベルを強過ぎたりしますと炎症を起こすことがありますので通常通りの脱毛を行ってください。3日おきと比べますと5日の方がスムーズに脱毛することができますし効果を実感するのではないのかと思われます。またケノンで脱毛した後に行う自己処理の回数も早ければこの頃から少なくなっていきます。その際にカミソリとかで傷つけてしまうとその傷が癒えるまで脱毛することができなくなるので脱毛前の毛の自己処理は慎重に行うようにしてください。

【ケノン/3日おき】週一回とどう違う?

先程も仰いました通り、ケノンの公式サイトでは約1週間開けてくださいと記されている。これが本来の間隔ではあります。体の同じ部分を打つ時はこのくらい上げといた方がよろしいでしょう。短い間隔で脱毛を行ったのとでは肌質に炎症が起きるのかどうなのかによると思われます。
ケノンだけではなく家庭用の光脱毛で脱毛する際、毛のサイクルに合わせて1週間に1回程度の脱毛がおすすめです。効果を実感してきましたら徐々に脱毛する頻度を下げてください。上手くいけば最終的には毛はほぼ全て脱毛完了することになります。ただし、永久脱毛とは違うので完全に毛をなくしたい場合は医療での永久脱毛になりますのでエステサロンに行く必要があります。





関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて

関連ページ:【ケノン 1週間おき】家庭用脱毛の頻度は?効果がでるまではやりすぎ?