【ケノンとブラウン】比較!全身脱毛とVIOとどっち?

【ケノン ブラウン】比較してみた

ケノンは、脱毛器としてみた場合、カートリッジを交換することで特殊能力を持たせるという構造になりますが、ブラウンは、カートリッジを取り外すという構造ではなく一体型カートリッジになります。なので、カートリッジの寿命とかカートリッジ自体が損傷した場合、どうしようもなくなるという問題があります。そして脱毛器自体が発する熱量については、ブラウンはきちんと熱量の記載があり6ジュールになるので、VIOとかの脱毛に適した熱量ですが、ケノンは実は熱量の記載が不明でどの程度のパワーを持つのかも変わらず、最大パワーもわかりません。しかし脱毛の間隔で機器を使用する間隔がケノンは2週間なのでケノンのほうがおそらく熱量は高いのではないかと予想します。よってケノンのほうがパワーがあり、かつモジュール交換をして新しい機能を拡張することが可能です。

【ケノン ブラウン】全身脱毛はどう?

ケノンとブラウンですが、全身脱毛を行う場合、ケノンのほうが利点があります。まず、ケノンは本体重量が約100グラムほどブラウンより軽いです。重量が軽いという利点は疲れにくさという利点に繋がりますので利点です。そして次にパワーですが、全身脱毛の場合、背中などの部位は、最大で8ジュールほどの熱量が必要でブラウンの場合、マックスパワーで6ジュールですから2ジュール熱量が不足しています。ケノンは熱量について記載はないんですが、次に施術を行う施術期間が長いこともあり恐らく6ジュール以上のパワーを持っているがゆえ、施術をあける間隔が長いのだと予想します。そしてカートリッジの交換にて新しい機能を拡張するという点がケノン側の利点でスキンケア用のカートリッジを使用して肌をきれいに整えることができるという利点をあげれば、ケノン側のほうが有利であるといえます。

【ケノン ブラウン】VIO脱毛はどう?

VIO脱毛においてであれば、ケノンでもブラウンでも十分な性能を持っています。特にブラウンはVIOに使用する場合において適切な熱量を勝者可能なので、ブラウン側は安全にVIOの脱毛ができるとみてよいです。ケノン側は、脱毛器が繰り出す熱量がはっきり分からないので何とも言えません。ブラウンは、6ジュールという熱量だと分かっていますので適切な熱量でVIOであればかなり適切な熱量を照射しています。ただ、施術期間をあけるという点においてケノンは、2週間の間をあけないといけないという点においては、ケノンのほうが強力な熱量を照射しているとみられますが、VIOはそれほど強力な熱量は不要ですからブラウンの熱量が適量であると結論付けます。





関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて

関連ページ:【ブラウン脱毛器の口コミ】評判・シルクエキスパートの自宅と一覧の情報