【ケノンの返金保証】返品とキャンセルの条件と料金

【ケノンの返金保証】返品する方法

ケノンは、実は返金保証というものを行っておらず、返品については不可能となっています。つまり、購入した意志を示して商品が送り届けられるともう返金や返品はできません。唯一ケノンで許されるのが注文した商品が到着時に壊れていた場合のみ交換という扱いになり、保証期間内に壊れたものについては修理交換という扱いになり、返品や返金はできないのです。よって、ケノンで許される返品は、購入した商品が初めから壊れていた場合、保証期間内に壊れた場合のみ交換という方法で相手会社アローエイト株式会社に郵送で交換申請のために品物を返品します。なので、アローエイト株式会社側のカスタマーサービスに連絡して指示を仰ぎ、アローエイト株式会社に商品を郵送で送るという流れが返品法です。

【ケノンの返金保証】条件に付いて

ケノンは、実質返金というものは行いません。ですが、お金を返してもらう方法というものはありまして、商品のキャンセルを行う方法で注文をキャンセルすればお金は帰ってきます。ですが、商品が発送された場合、商品到着後の7日以内に商品をあけずにカスタマーサポートに連絡して商品のキャンセルを申し出れば返金が可能です。これはクーリングオフができ、この条件については、別途キャンセル料が発生することを条件に返金ができます。もちろん商品が発送されていて未到着の場合も同様にキャンセル料を支払えば、返金が可能です。ですが、一週間を過ぎたり、中身を開封して使用してしまうと残念ながら商品を使用する意思を見せたということになり、クーリングオフは適応されず、返金できなくなります。これは通販の特約でも明記されていることが多く、使う意志を示せば、7日間という期間に限らず、返金の保証が無効になり、使うことを決定した事実の方が優先されます。

【ケノンの返金保証】開封後は可能?

開封後の返金は不可能です。なぜなら、使う意志を示している場合、意思表示側が優先されるため、それを無効とした場合、ビジネスが成り立たなくなるがゆえ、新品の商品を第3者に提供できなくなるがゆえ開封後は返金できないです。と言いますのも、開封後の商品を新品と称して使い回すという方法をせざるを得なくなりますので、開封後の商品は原則返金と返品はケノンではしないという方針になります。通販番組なんかでは、30日以内なら返金と返品が可能で使った商品でもよいというのは言い方が悪いんですが、使い回しをしているためで、要は第3者が使って返品した物をさらに第3者に提供しているがゆえ、成り立つ仕組みでケノンはそれを良しとしていないため、開封すると使用したとみなし返金と返品を許さないとなるのです。

【ケノンの返金保証】料金について

これは、ケノンで商品をキャンセルした際のキャンセル料と送料の話で、キャンセル料金は3000円で他に送料が必要となります。なお送料につきましては、その時の事情により異なるうえ自費でケノンを箱ごと梱包して輸送しますので、運送会社の規定の料金での輸送量となります。なお、商品の発送が決まっておらず、かつ商品の注文も確定してない場合、キャンセルしたのであれば、事務手数料のキャンセル料は発生しないので、商品を注文して即座にキャンセルに入れば、これらキャンセル料と、商品の輸送費用である送料というものの計算をする必要性は皆無です。あくまで、ケノンの返金に対する料金は、69800円から、送料を差し引きして3000円を差し引きし、残った金額が返金されたお金になるため、全額返金は事実不可能です。




関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて