【ケノン 冷やさない】保冷剤で冷却する効果と脱毛

【ケノン/冷やさない?】保冷材は必要?

ケノンは冷却機能を備えていない家庭用脱毛器です。そのため、ケノンを使用して脱毛をする際は、光を照射する前と照射した後の両方での冷却が必要です。
冷却には保冷剤を使用しますが、ケノンを正規販売店から購入すると冷却用の保冷剤が2個ついてきます。付属の保冷剤は脱毛用の特別仕様のものではないため、市販されている保冷剤を使用しても構いません。

もしご自身で保冷剤を用意する場合は、保冷剤の大きさに注意してください。付属している保冷剤は小さめのサイズです。大きい保冷剤を使用すると広範囲を冷やせますが、光を照射する前に体温で冷却効果が失われ火傷してしまう恐れがあります。そのため、ご自身で用意する場合は、付属している保冷剤を参考に小さいサイズの保冷剤を用意しましょう。

【ケノン/冷やさない】冷却する方法

ケノンを使用して脱毛する場合は、光の照射前と照射後に冷却が必要です。照射前は脱毛したい部分に保冷剤をあてて約10秒間冷却し、感覚がなくなるまでしっかり冷やしたら間を置かずにすぐ光を照射します。この時少しでも時間を置いてしまうと痛みが強く出てしまう可能性があるため、素早く行うのがおすすめです。
そして光を照射した後も素早く冷却します。照射前と同様に約10間保冷剤を当て続け、感覚がなくなる位までしっかり冷やしましょう。

このように、光を照射する前後に肌を冷やす必要があることから、保冷剤の使用頻度は高いです。加えて体温や脱毛後の熱で保冷剤の保冷効果が失われやすいため、必ず保冷剤のストックを用意しておくのがおすすめです。体の中でも大きな部位の脱毛をする場合は、付属してくる保冷剤とは別に数個用意しておくと安心でしょう。

【ケノン/冷やさない】効果は?

ケノンを使用して脱毛をする際に、保冷剤による効果は欠かせません。
最も重要視される効果は、肌へのダメージ緩和です。脱毛器から放たれる光は、メラニン色素に反応して熱による強い刺激で毛根にダメージを与えるとされています。この熱と強い刺激を和らげられる手段の1つが冷却であり、熱による腫れや刺激による黒ずみなどの肌トラブルを防ぎやすくしてくれます。
もう1つ重要な効果は、痛みの緩和です。家庭用脱毛器を使用した光脱毛は比較的痛みを感じにくいとされていますが、痛みが全くないわけではありません。保冷剤の冷却効果によって痛みを抑えられるため、安全にそして安心して自分で脱毛処理を進めることができます。

冷やさないで脱毛をすると火傷といった重大な肌トラブルが起きやすいほか、脱毛を繰り返せない肌の状態になってしまうかもしれません。ケノンで脱毛する際は必ず冷却するのがおすすめです。

【ケノン/冷やさない】どこの部位の脱毛でやる?

ケノンを使って脱毛をする場合は、どこの部位においても冷やさないという選択肢はありません。痛みを感じにくいとされる部位でも、火傷を負うリスクを少なくするために冷却するのがおすすめです。

脱毛をすすめる中で痛みを感じやすい部位は、上半身の場合はワキや手の指、手の甲と言われています。
下半身の場合は、骨が近いひざ周りやすねを脱毛する際に痛みを感じやすいとされています。
そしてVIOも痛みを感じやすい部位です。中でもVラインとIラインは皮膚が薄い点に加えて太い毛が密集しているため、痛みが強く出やすい部分です。

上記で取り上げた部位は肌面積が小さかったり凹凸があったりと、保冷剤を使用しにくい部位でもあります。より小さな保冷剤を使用したり数個組み合わせたりして十分に冷却し、安全に脱毛を進めてください。





関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて