【ケノン ほくろ】ホクロシールの使い方/消える?とれる?

【ケノン ほくろ】使い方

ケノンで脱毛が出来るなら、ほくろはメラニンの塊だから照射すれば消えてなくなるんじゃない?と思いますよね。
実はその考えは間違いです。
ほくろに照射しても消えてなくなりません。
ケノンは光脱毛方式ですので、照射した箇所にあるメラニン色素に反応するという性質があります。ですので、
黒い色の毛根などに反応し、発毛を抑制して毛が抜けるという訳です。
ではなぜメラニンの塊であるほくろに照射してはいけないのかというと、メラニンが濃すぎてパワーを過剰に吸収してしまい、
火傷の恐れがあるからなんです。
ですので、ほくろは避けて照射しなければいけないのです。
少々面倒ですが、通常のエステサロンや医療クリニックなどでもほくろに対しての照射は行っていないはずです。

【ケノン ほくろ】ほくろシールでカバー

では、ほくろがある部位はどうやって照射すればよいのでしょうか。
おすすめは、ほくろをシールでカバーする方法です。
100円ショップには白い丸いシールが売られています。大きさも様々なので、ほくろに合った大きさのものを貼るとよいと思います。
決して黒いシールは買わないでくださいね。
また、スポーツ選手などがサポーター代わりに使っているサージカルテープやスポーツテーピングを使う事もできます。
必要な大きさにはさみでカットし、ほくろをカバーしてください。
人によっては、修正液を使う、という人もいるようですが、これはおすすめできません。
もともと修正液は肌に塗るものではありませんので、皮膚内に入り込んだ場合、肌を傷めることになるからです。

【ケノン ほくろ】消える?

口コミでは、ケノンを使ってほくろが消えた、という人も少なからずいるようです。
ですが、ケノンを使って本当にほくろが消えたという訳ではないと思います。
なぜなら、ケノンは光脱毛器であり、しみやほくろを消す機器ではないからです。ほくろを消すという目的はケノンの
光脱毛器には含まれないのです。
もし、ほくろが消えた、という人がいたなら、ケノンによってほくろが消えたのではなく、ケノンを使ってほくろが一時的に
火傷のような状態になり、かさぶたになってそれがはがれたものだと思われます。
ですので、消えたのではなく薄くなった、が正しい言い方かもしれません。
実際、ほくろを除去するには光脱毛ではなく、医療クリニックなどでほくろを切開して取り除くか、
レーザーで焼くという行為が必要となります。

【ケノン ほくろ】とれる?

上記でも述べたように、もしケノンの光脱毛器でほくろに照射を行っても取れる事はありません。
こちらも同じく、ケノンでほくろが取れた!という人がいるようですが、おそらくかさぶたになってそれがポロンと取れたために、
ほくろが取れたと勘違いされているようです。
光脱毛器は確かに、メラニンなどの黒い組織に反応します。
ですので、メラニンの塊であるほくろも照射していいのかと思われがちですよね。ですが、熱を過剰に吸収するため火傷の原因に
なるので絶対にやめてください。
しかも、毛根よりも大きいほくろは、その分熱を吸収しやすく、痛みもかなり大きくなると予想されます。
通常ではパチンとコムで弾かれたような痛み、と表現されますが、それの何倍もの痛みがあるものと思われます。
とにかく、お肌に取って良い事はありませんので、ほくろへの照射は絶対にやめましょう。




関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて

関連ページ:【ケノンで顔脱毛】顔脱毛に使えるカートリッジは?顔の産毛・毛穴・小鼻の黒ずみに効果的なやり方