【ケノンの公式はどれ?】偽物とメーカー名と怪しい類似品

【ケノン 公式 どれ】偽物の見分け方は?

ケノンは人気の脱毛器。そのため、多くの偽物や海賊品が販売されています。見分け方としては、外箱を確認する方法が最も素早く簡単にチェック出来る方法と言えるでしょう。「外箱のダンボールに開封されたあとがある」、「シールが貼られていない」ものは偽物の可能性が高いです。中身をすでに確認された形跡が残っていると考えられます。加えて、「箱の中身の梱包が乱雑」「付属品がバラバラ」である場合も、偽物と言えます。脱毛器は精密機器です。だからこそ、本来であれば梱包は丁寧に行われています。さらに、外箱の下面は必ずチェックすべきポイントです。実は裏面にはシールが貼られています。これが「剥げている」「無い」「汚れている」場合、偽物の可能性が高いのです。シリアルナンバーが剥がされているものも、同様に偽物と言えます。

関連ページ:【ケノン カートリッジ 種類】ピンクの違いと購入方法とバージョン

【ケノン 公式 どれ】メーカー名は?

公式にケノンを製造しているのは、「株式会社エムテック」という長野県の健康機器製造企業です。実店舗を持たず、この「株式会社エムテック」が独自に通販サイトを持ち、ケノンの販売を行っています。他にも、「株式会社エムテック」と提携している企業があり、「株式会社アローエイト」の名前がよくケノン関連では聞かれるものです。「株式会社アローエイト」は、Eコマース事業を手掛けている会社で、インターネットショップ事業を展開しています。この「株式会社アローエイト」は、「株式会社エムテック」と提携しているため、公式のケノン製品を取り扱うことが出来るのです。つまり、ケノンのメーカー名は「株式会社エムテック」となります。ただし、公式として販売しているのは「株式会社エムテック」もしくは「株式会社アローエイト」です。この2つ以外の会社で販売されているものは、公式の製品ではないので注意しましょう。

【ケノン 公式 どれ】公式サイトが怪しいけど大丈夫?

ケノン公式サイトは、実は複数存在します。販売サイトの中には公式でないものも存在するので、怪しいと判断する人が多いのは当然です。ですが、見分け方を知っておけば偽物を購入することは回避出来ます。まず、正しいケノン販売店は「株式会社アローエイト直営店」と「株式会社エムロックが提携するサイト」だけです。
会社エムテックは自社通販サイトを2店保有しています。さらに楽天市場なども出店しているので、判断が難しい場合もあるでしょう。そもそもサイトデザインがわかりにくいという意見もあります。公式サイト自体が色がカラフルで、商品説明が長いという特徴があり、一見すると海賊版販売サイトに見えるものです。ですが、きちんとサイト運営が「株式会社エムテック」か「株式会社アローエイト」であれば、正規品のケノンを手に入れることが出来る公式サイトと言えます。中には、「良い口コミだらけであやしい」、「画像のクオリティが低い」といった点から、一般人が作ったサイトに思われやすい意見も聞かれており実際のサイトを閲覧すると、無理もないといった印象を受けるでしょう。しかし、デザインが問題であっても、メーカーと販売元があっていれば間違いありません。安心して購入することが出来ます。

関連ページ:【ケノンはどこで買う?】おすすめ・脱毛の公式とブログで購入

【ケノン 公式 どれ】類似品は?

ケノンの人気にあやかった類似品・海賊品は多く存在します。明らかな模造品や類似品の場合は、機械そのものの性能に難があるケースが多いです。たとえば、「照射面積が狭い」、「光の出力バランスが悪い」、「連射照射の効果がない」、「カートリッジの負担が大きく、変更回数を増やそうとする」といった不具合を感じることが多いのであれば、偽物と見て間違いありません。ただし、有名家電企業メーカーから発売されているものであれば問題なくケノンとは別の脱毛器として安全に使用が出来る商品もあります。その場合は、肌質に合わせてケノンかその商品を使い続けるか、検討すれば問題ありません。一方で、誇大広告では「ケノン以上の効果」という言葉や「ケノンと同じ工場で製造された」という言葉が使われるケースが多々見られます。実際、このようなことはあり得ないので要注意しましょう。





関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて

関連ページ:【ケノンの修理】故障は?自分で修理?代金と保証期間

関連ページ:【ケノンを3日おき】毎日、2日おき、5日おき、週一