【ケノンの埋没毛】原因と効果とやり方と注意点

【ケノン/埋没毛】効果は?

埋没毛になってしまって自己処理をしても黒いブツブツが残って困っているという方は多いのではないでしょうか。自己処理は埋没毛になる原因になります。そのため、埋没毛を処理しようと自己処理を繰り返すと悪循環になります。ケノンであれば埋没毛を脱毛することは可能です。ケノンは毛の黒いメラニン色素に光を反応させ、その光が毛根にダメージを与えることで脱毛効果を示します。そのため、ケノンは毛が埋没してしまっていても脱毛することが可能になります。ケノンで脱毛するこのにより自己処理の回数も減っていきます。ケノンを使用することで既にある埋没毛を脱毛しながら、埋没毛の原因となる自己処理の回数を減らすことができます。埋没毛にお困りの方はケノンでの脱毛をおすすめします。

【ケノン/埋没毛】何回ぐらい?

埋没毛の脱毛にも効果のあるケノン。ケノンを何回ぐらい使用すれば効果が出るのか気になりますよね。ツルツルになるまでに必要な脱毛回数は、約20回前後となっています。これは脱毛したい部位や個人によって差があるので参考程度にしてくださいね。また、ケノンを使用する際は、毎日使用してはいけません。毎日使用すると肌を痛める原因となってしまいます。早く効果を実感したいという気持ちも分かりますが、肌を守るためには焦らずに間隔を空けて使用しましょう。使用間隔は脱毛部位の毛が生え変わる周期によっても異なりますが、1〜2週間以上は間隔を空けて使用するようにしてください。使用間隔を守りながら、ケノンでツルツルな肌を目指しましょう。

【ケノン/埋没毛】やり方は?

ケノンは回数を重ねるうちに脱毛効果を得ることができます。使い方が分からないという方のために使用方法を解説します。まず始めに脱毛したい部位をシェービングします。シェービングした直後は肌が敏感な状態のため、できれば前日までに済ませておくことをおすすめします。次に電源コードを接続し、カートリッジを装着します。その後、本体の電源を入れ、照射レベルを調節します。痛みや刺激を感じる場合があるので、まずは低いレベルから使用してみましょう。照射レベルを調節した後は、痛みや刺激を和らげるために脱毛部位に保冷剤を10秒程度押し当てて冷やしてください。しっかり冷やした後、脱毛したい部位に照射します。照射が終わった後も、照射部位を忘れずに冷やしましょう。

【ケノン/埋没毛】注意点は?

ケノンの使用方法は簡単ですね。使用方法の次は、注意点について解説します。注意点に気を付けながら、正しく使用しましょう。まず1つ目は、シェービングする場合は必ず1〜2mmの毛を残すようにすることです。毛抜きなどを使用して完全に抜く必要はありません。先程説明したようにケノンは毛のメラニン色素に光を反応させて、毛根にダメージを与えます。そのため、完全に抜いてしまうと脱毛効果を得ることができません。次に2つ目は、照射レベルは低いレベルから始めるようにすることです。高いレベルになればなる程、脱毛効果はありますが、肌への負担も大きくなります。まずは低いレベルから使用してみて、問題なければ徐々に上げていくようにしましょう。




関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて