【ケノン 眉毛】使い方と毛抜きとボタンが反応しないアトピー

【ケノン 眉毛】使い方

ケノンの眉毛脱毛器の使い方ですが、脱毛したい眉毛の部分を温めてから眉毛をつまみ、ケノンの眉毛脱毛器を当てて高周波を当てます。この時にインジケーターに眉毛の脱毛をしていると表示が出ますのでゲージがいっぱいになり電子音で合図が出れば眉毛を自分で引っ張って抜きます。ちなみに、眉毛を掴む際、毛抜きを使用するのが望ましく、絶対に高周波を流している最中に毛抜きを離してはいけません。毛抜きを話してしまった場合、再度高周波を眉毛に充てるという作業を繰り返す必要があるので、毛抜きを話した場合、やり直しという過程になりますので注意しましょう。なお、眉毛を抜くときのコツは、毛の生え際に逆らわずにまっすぐと抜くことがポイントで無理に生え際に逆らって引き抜くと痛みを感じるので注意しましょう。

【ケノン 眉毛】毛抜きの使い方

ケノンのなので、眉毛処理にて毛抜きの使い方ですが、眉毛の根元を抑えて超音波を根元に充てるために毛抜きを使用します。なので、毛抜きはあくまで眉毛の根元を支えて超音波が浸透するようにするために使用し、抜く際にも使用します。抜く場合はケノンの眉毛脱毛器側が電子音で眉毛を抜いてよいという合図を出した場合においてのみ毛抜きで抑えていた眉毛の根元をもってそのまま垂直に引き抜きます。この時、毛抜きが垂直に毛を引き抜かなかった場合、毛の生え方に逆らって毛を抜いたということになるため、痛みが生じてしまうので注意です。逆に流れに沿って毛を抜いた場合、弱った毛根を垂直にきれいに引き抜くことになるため、痛みを感じることなく眉毛を抜くことが可能です。

【ケノン 眉毛】反応しない場合は?

ケノンの眉毛脱毛器が反応しない場合ですが、電源を入れなおすかカートリッジをきちんとはめなおす、もしくは眉毛用カートリッジを新しく購入するという方法があります。なお、本体が故障している場合もあるため、新しいカートリッジを取り付けても反応しない場合もあり得ます。よって最初に試すべき行為は、電源を入れなおすということを試してみるのが望ましいです。後、雷などが鳴っている際にケノンの脱毛カートリッジを取り付けて本気を使用した場合、雷の影響で誤作動を起こすこともあり得るため、雷が鳴っている場合、使用しないという方向で調整し、雷が収まってから機械を使用して様子を見てみるのも正しいケノンの機器の使用法になります。この雷による誤作動については割とあるらしく、本体が故障する原因にもなるので雷が鳴っている場合、使用は中止とします。

【ケノン 眉毛】アトピー

ケノンの製品は、アトピーの人は実は使用禁止であり、本体にも明記されています。なので、眉毛用のカートリッジを使用した場合も同様にアトピーの方は仕様はNGです。おそらくですが、この商品は音波で部位を温めて眉毛を弱らせて抜くという方針なので、肌にトラブルを持っている方は、超音波振動でさらに肌トラブルが悪化するがゆえ、使用してはならないとなっていると予想します。なので、アトピーとか肌虎物をお持ちの方は原則ケノンの商品は使用できず、症状が現れた場合使用を中断するように指導があります。これを守らないとアトピーが悪化すると思われるので、アトピーでも使用できるという声はおそらく間違った認識で、超音波機器とか、光エネルギー照射機器の特性を理解せずに使用していると思われます。





関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて

関連ページ:【ケノンで顔脱毛】顔脱毛に使えるカートリッジは?顔の産毛・毛穴・小鼻の黒ずみに効果的なやり方

関連ページ:【ケノンは全身だと何発?】回数と毛深い効果とカートリッジについて