【ケノンは何歳から?】幼児・小学生・中学生・高校生

【ケノンは何歳から?】幼児は?

脱毛と聞くと大人がするイメージがあります。では、子供も脱毛してもいいのか?と思います。ですが、子供が脱毛するのは世間的にあまりいいイメージではございません。
実際ケノンでも20歳以上の使用を推奨しております。「推奨」と記されているのは完全に禁止にしていないということです。つまり「自己責任」になります。これはケノンに限らずどのメーカーもそうだと思います。
ケノン利用者の口コミを確認する限りでは幼児のケノンの使用はありませんでした。これは大人と比べて子供の皮膚が脱毛の光に耐えられないのではないのかと思われます。また子供、特に幼児は気にしていない、毛は薄くて柔らかいのでそもそも脱毛する必要はないと思います。

【ケノンは何歳から?】小学生は?

ケノンを利用し出すのが小学生からもちらほら確認できました。小学生からムダ毛を意識し出すことがあるからです。ただ、子供だけではなく大人にも該当することですが「光を見てはいけない」「照射前後は冷やす」「終わったらクリームを塗る」の三つはきちんと確認しましょう。特に「光を見てはいけない」は視力低下に繋がり、最悪の場合、失明する可能性があります。子供は興味本位で見てしまうこともありますが脱毛する際は絶対に見せないようにしましょう。
ケノンで脱毛を行う際、照射レベルは低く設定しましょう。これは子供の皮膚が大人と比べて弱いことが挙げられます。そこから徐々に上げて行ってもいいでしょう。また、脱毛を行なって肌に異常が出始めましたら即中止しましょう。

【ケノンは何歳から?】中学生は?

中学生になってから思春期でムダ毛処理に敏感になってくるかもしれません。なので脱毛したいと考え出す頃でもあります。でも値段高いから中々できないと思います。?そこでケノンが登場したことによって効果が出てきたという口コミもあります。子供というのもありますが照射レベルが低くても毛が生えるスピードが遅くなることもあります。これは大人の場合、レベルが低いと脱毛の効果が弱いというのに対し、子供はレベルが低くてもツルツルになるスピードが速いということを意味しています。しかし、個人差にもよりますが光脱毛の痛みがあります。大人のような脱毛の仕方では無理があると思われます。また照射レベルが低くても肌の炎症を引き起こすこともあるのでその際は中止しましょう。

【ケノンは何歳から?】高校生は?

高校生になってくると大人と同様に脱毛を行うことができるのかもしれません。中学生に引き続き思春期でもあるのでムダ毛を気にします。もうこの頃になりますと照射レベルは大人とほぼ同じレベルで脱毛を行なっているのかもしれません。大人とは違い、若いこともあってか毛が生えなくなるスピードは早いと思われます。
しかし、小・中・高校生と未成年の使用で注意しなければならないこととしてホルモンバランスが挙げられます。これは体の成長期に伴うことが挙げられます。女子の場合は月経もありますのでホルモンバランスが不安定な時があります。その際は中止する、期間を空けるなどの対策を行なってください。
以上のことからケノンで脱毛するのは自己責任になりますのでしっかり確認してください。




関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて