【ケノン 妊娠中】VIOと授乳中と正中線と生理中

【ケノン/妊娠中】VIO脱毛は?

ケノンは妊娠中は、VIO脱毛などを行うことについては推奨していません。なぜなら、妊娠中は退治を守るために体毛を発達させるホルモンが出てしまうため、脱毛処理をしても効果が期待できないがゆえです。そのうえで、ケノンの脱毛器の施術自体は、皮膚にしか影響を与えませんので退治については影響を与えません。しかし、ホルモンの影響が強いがゆえ、体毛が濃くなり続けケノンの効果が全く期待できないため、妊娠を終えない限り、ケノンは効果を示さないことから、ケノンの脱毛器は妊娠中の仕様は無駄であることから使用することを推奨していません。逆を返すと妊娠を終えるとホルモンのバランスが正常に戻るのでVIO脱毛は再度効果を示すようになりますのでまずは、妊娠を終えて出産してからVIO脱毛という流れになります。

【ケノン/妊娠中】授乳中は?

授乳中は、ホルモンのバランスが一極に偏ってしまっているため、何が起きるかわからないことから、ケノン公式サイトでは、授乳中はケノンの仕様は自己責任であるとしています。というのも、ケノンに限らず、光脱毛器の安全性について、妊娠や授乳時において安全であるかという実証実験が少ないため、分からないということから自己責任としています。なので安全を鑑みた場合、授乳中は使用しないというのが安全でケノン側はその点においては公式で告知していますので授乳中にトラブルが起きた場合、ケノン側は一切責任を負いません。よって無難な考えとしては授乳中は使用せずにおいてある程度子供が成長してから再度使用という流れが望ましいでしょう。ケノンの脱毛器自体は別に生物のように消費期限がありませんので、しばらく使用を中断しても壊れない限り大丈夫です。

【ケノン/妊娠中】生理中は?

生理中は痛みを感じやすくなる点と、ホルモンのバランスが崩れるのでケノンの脱毛器自体の効果が薄まるか効果が期待できなくなるのでケノン公式では使用は中止するようにとのことです。これはエステも同様に妊娠中や生理中は肌が痛みを感じやすくなる点、発疹や赤みという肌のバリア機能が過敏に反応することから脱毛どころではなくなるという理由から、生理中および妊娠中は施術をしないことが多いです。ケノンもそうした赤みとか発疹という症状が現れることから妊娠中及び生理中の仕様は望ましくないことから中止としています。なお、生理中に使用した場合、自己責任となりますので、ケノン側は、妊娠中に使用した場合、責任を負う立場にない上、責任を負わないとしていますので使用しないほうが無難でしょう。

【ケノン/妊娠中】正中線について

正中線はおへそのくぼみにできる毛根による線です。妊娠中において発達しやすい毛根が作り出す一本の曲線になります。なお、妊娠中はケノンを使用することは推奨されていませんので、安全にこの部位の毛根をきれいにするとなると、かみそりで剃る、という方法が一番無難です。もしくは、妊娠を終えて安定期に入ってから正中線をきれいにケノンを使用して処理すればよいので焦らずにまずは妊娠を終えて安定期に入ってからケノンを使用して脱毛処理という流れが一番安全です。無論、自己責任を覚悟して正中線の処理をケノンを使用して行っても構いませんが、ケノン公式は妊娠中の仕様は望ましくないとしているので何か起きた場合、公式が警告したことをしていますので完全に自己責任です。





関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて