【ケノンうなじ】襟足の脱毛効果/やり方と注意点

【ケノン うなじ】脱毛のやり方

うなじは手の届きやすい場所ですが、直接目視ができない部位なので三面鏡や角度を調節しやすい合わせ鏡を用意するのがおすすめです。鏡が用意できたら、脱毛をする前日までにケノンで処理したい部分の毛をシェーバーで剃っておきます。
実際に光を照射して脱毛を進めていく際は、うなじから離れている部分から光を照射し始めるのがおすすめです。右肩、左肩、背中肩側から襟足に向かって少しずつ近づきながら照射し、襟足付近は慎重に行うと良いでしょう。
この流れで脱毛を進めることで、毛の生え際から照射し始めるよりリラックスして脱毛をすすめられます。

もし自分でうなじの脱毛をするのが不安な人は、友人や家族などにしてもらうという方法を選ぶのもおすすめです。

【ケノン うなじ】襟足の脱毛との違い

うなじと呼ばれる部位に詳しく触れておくと、首の後ろ側全体の下方にあたる広い部分です。そして合わせて使われることの多い襟足と呼ばれる部位は、うなじの上部にあたる髪の毛の生え際のことを指しています。

脱毛では「うなじ・襟足」とセット表記されているケースが多いため、うなじ=襟足と捉えてしまう人も多いようですが、実際には違います。ケノンを使用して自分で脱毛を行う際に言葉を細かく使い分ける必要はありませんが、脱毛に関する情報を集める際に混同していると謝った情報を参考にしてしまう可能性があります。
首の後ろ側を脱毛したい場合はうなじと襟足をしっかり使い分けて情報収集し、それぞれ推奨されている脱毛方法を参考にするのがおすすめです。

【ケノン うなじ】注意点

うなじの脱毛を進める際に、まず注意しておきたいのは脱毛前の処理方法です。カミソリや除毛クリームなどは肌を傷つけてしまいやすいため、シェーバーを使用するのがおすすめです。産毛が残っていると火傷のリスクが高くなるため、三面鏡などでうなじを確認しながら剃り残しのないよう丁寧に行います。

実際にうなじの脱毛を始める際の注意点は、あせらず慎重に行うことです。剃毛していない部分や襟足に光が照射されると火傷してしまう恐れがあるため、剃毛の時と同様に三面鏡を使用し、脱毛したい部分にヘッドをあてて少しずつずらしながら進めていきます。髪の毛が長い方は束ね、短髪の人は手で毛をしっかり抑えて脱毛を進めると、安全にうなじの脱毛を進めやすいでしょう。

肌へのダメージを和らげるため、脱毛後のうなじのアフターケアを丁寧に行うことにも注意してください。

【ケノン うなじ】効果

脱毛効果には個人差がありますが、ケノンを使用したうなじ脱毛は2か月経過したころから効果を感じ始めるようです。
ケノンは2週間に1度の照射が推奨されているため、回数で言えば4~5回ケノンを使用した時点から毛が生えてくるスピードが遅くなり始め、6~8回目にもなるとムダ毛が生えにくくなってきたと感じるようです。

ほとんど処理が必要なくなるほどうなじの毛が少なく感じられるのは、10回目が終わることからとされています。見た目が良くなるのはもちろん、ケノン家庭用脱毛器の魅力の1つとされる、毛穴の引き締まった透明感ある肌の実現も期待できるタイミングでもあります。
家庭用脱毛器では永久脱毛ほどの効果が得られないため月1回程の脱毛処理は必要ですが、自己処理回数はグンと減るためボディメンテナンスがとても楽になるでしょう。





関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて