【ケノンのバージョン】最新とVIOと全身脱毛と昔のバージョン

【ケノン バージョン】最新バージョン

家庭用脱毛器で有名なケノンですが、最新バージョンは、2022年9月現在、バージョン8.5となります。
ケノンは、一番古いもので2012年のバージョン3.0から販売されてり、3.1、4.0、4.1、~などと続き、
現在までで18回バージョンアップがなされています。
つまり、約半年に一度はバージョンアップされている、と言う事になります。
なぜそんなにバージョンアップしているのかと言うと、お客様からの声を反映し、常に良い商品、お客様の求める商品に
近いものを作り続け、改良を重ねているからです。
また、大きく分けてバージョン3から8まであるのですが、小数点第一位が増えた場合は小改良、1の位が増えた場合は
大改良との意味があるそうです。
ですので、約10年間で3~8まで、5回は大幅な改良がされている、という事です。

【ケノン バージョン】VIOの効果について

ただし、自分で照射しづらい箇所なだけに、十分に気を付けながら行う必要があります。
まず、カートリッジですが、通常の腕や脚などとは別のストロングカートリッジがおすすめです。なぜなら、VIOは通常の毛よりも
濃く太いので、それだけ照射のパワーも必要になるからです。
また、粘膜には使用不可となります。特にIOラインの処理は、鏡を下に置いてしゃがみ込んで行うか、脚を大きく広げて前に鏡を置いて行うか、
どちらかの体制で行う事をおすすめします。
℣ラインは、1年間24回行えば、ツルツルまではいかなくても目立たない程度まで減らすことができますが、しぶとく太い毛は残るようです。
IOラインは、1年間24回行えば、産毛程度までなくなるようです。

【ケノン バージョン】全身脱毛できる?

ケノンで全身脱毛は可能です。
手足や脇はもちろん、背中や顔、VIOも施術してOKです。
手足はそれほど毛が太くないので、15回程度処理すれば自己処理が不要になるまで毛がなくなります。
脇は20回程度で毛がなくなりますし、気になるポツポツとした黒ずみもなくなります。
背中は15回程度ですっきりと毛がなくなります。
ただし、VIOは毛が濃くて太いので、少し時間がかかるようです。30回程度で毛は少なくなりますが、
全く毛がなくなるまでにはもう少しかかります。
さらに℣ラインはしぶとく毛が生えてくる傾向があるので、根気よく続けないとツルツルまでにはならないようです。
また、毛が濃くて太い箇所は痛みも強く出ます。照射パワーを強くしていたらなおさらです。保冷剤で常時
冷やしながら施術することをおすすめします。

【ケノン バージョン】昔のバージョンとの違い

ケノンの最新バージョンと旧バージョンとの主な違いは、照射出力の違いと、照射回数があげられます。
照射出力ですが、バージョン7.1と比較しても出力パワーが20%もアップしています。つまり、同じ条件、同じ期間、
同じ照射レベルで施術した場合、効果が出るまで約20%上がる、と言う事です。
ただ単に照射パワーが強くなっただけなら、肌を傷めそう、、と思いがちですが、最新の特殊技術(極短発光テクノロジー)により
、照射パワーは強くなっても肌への負担が大幅に少なくなっているのでとても安心・安全です。
照射回数ですが、一番古いバージョン3では照射出力にもよりますが1万~4万発、全身脱毛では24回分程度でした。ですが最新バージョン8では、
50万~300万発、全身脱毛では1216回分程度と桁違いに増えているます。
そのほかにも、消費電力は安くなっているし、照射スピードもアップしています。
つまり、コスパがとてもよくなっている、と言えます。





関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて

関連ページ:【ケノンで顔脱毛】顔脱毛に使えるカートリッジは?顔の産毛・毛穴・小鼻の黒ずみに効果的なやり方