【モグワンの口コミ】ドッグフードの公式は怪しい?だめ?

【ドッグフード】モグワンの口コミ・評判/おすすめ3つのポイント

モグワンのおすすめポイント1・穀物のアレルギーや消化の心配がない

モグワンのオススメポイント一つ目は『穀物のアレルギーや消化の心配がない』ことです。犬はもともと肉食でしたので、穀物が多量に含まれていると消化管に負担がかかってしまい消化不良を引き起こしてしまいます。モグワンは穀物を一切使用していないグレインフリーのため、小麦などの穀物アレルギーを引き起こす心配もありませんし、消化不良を引き起こす心配もしなくて済みます。ただし、タンパク質、炭水化物、脂質は3大栄養素と言われ、これらをバランスよくとらなくては健康な体は作られません。穀物の代わりの炭水化物として、モグワンでは、サツマイモ、レンズ豆、ひよこ豆、エンドウ豆が原材料として使用されています。さらにミネラルや乳酸菌がバランスよく配合されており、腸内環境を整えることからアレルギーの発症や消化不良を抑制してくれます。

モグワンのおすすめポイント2・小粒タイプなので小型犬やシニア犬でも安心

モグワンのオススメポイント二つ目は『小粒タイプなので小型犬やシニア犬でも安心』なことです。粒の直径は8㎜~10㎜で厚みは3㎜程度と小粒タイプとなっています。また、真ん中に穴が開いているドーナツの形状をしているため、かみ砕きやすいという特徴を持っています。この大きさ及び形状により、顎の小さな犬種、顎の筋肉が発達していない子犬や老化により噛む力が弱くなった老犬も、食べやすくなっています。また、消化不良等で食欲がなかったり下痢をしている場合は、ドライタイプのドッグフードをふやかして与えることがありますが、モグワンは小粒でドーナツ形のため、すぐにふやかすことができます。すぐにふやけるということは、丸飲みした場合でもお腹の中ですぐにふやけ消化吸収しやすいことにもつながります。

モグワンのおすすめポイント3・無添加グレインフリーフードの中では価格が安い

モグワンのオススメポイント三つ目は『無添加グレインフリーフードの中では価格が安い』ことです。グレインフリーのドッグフードについて、3㎏の成犬1日あたりの価格を計算すると、モグワン:約100円、カナガン:約83円、ナチュロル:約135円、アカナアダルトスモール:約120円、オリジン:約116円、リガロ:約165円、シュプレモ:約114円、ナチュラルバランス:約106円となります。ただし、一袋当たりの量にバリエーションがある場合は、一袋を45日以内に食べきれる量のものを採用して計算しています。このように見ると、モグワンは無添加のグレインフリーフードの中では、カナガンの次に価格が安いことが分かります。価格が安くとも、モグワンはヒューマングレードの原材料を使用しており安心と言えます。

【ドッグフード】モグワンの良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

モグワンの良い口コミ・評判1

モグワンの良い評判として『原材料が安心できる』ことが挙げられます。モグワンはヒューマングレードの原材料を使用しており、粗悪な原材料は使用されていないため、安心です。タンパク質には、アレルゲンになりにくい鶏肉やサーモンを使用しており、グレインフリーの代わりに、炭水化物としてサツマイモや豆類がふくまれているため、穀物アレルギーを心配する必要がありません。また、トマト、アスパラガス、しょうが、バナナ、リンゴ、クランベリーなどの野菜や果物がたくさん含まれ、自然のものからビタミンやミネラルが摂取できることも安心できる要素となっています。更に、乳酸菌が配合されていることから、腸内環境の改善が期待でき、免疫機能がアップしアレルギー疾患や胃腸疾患に強くなります。

モグワンの良い口コミ・評判2

モグワンの良い評判として『サポートが充実している』ことが挙げられます。モグワンの販売会社であるレティシアンでは、ペット栄養管理士などの専門家に気軽に相談することができます。電話またはメールにて問い合わせすることが可能です。問い合わせ先は、電話番号は、0570-200-012(平日11時~18時)、お問い合わせフォームのURLは、https://www.laetitienpet.com/contact です。また、通常コースでももちろん購入可能ですが、定期コースで購入すると最大20%割引になったり、3個以上まとめて購入すると送料無料や代引き料金無料になる上に、モグワンの定期コースはいつでも解約することができます。時期によっては、半額キャンペーンをしていることもありますので、気軽にお試しすることが可能です。

モグワンの良い口コミ・評判3

モグワンの良い評判として『涙やけがなくなった』ことが挙げられます。涙やけの原因は、目の周りの毛やまつ毛が目を刺激することで涙の量が増え、涙が溢れて起こる場合と、涙が目から鼻に抜ける道(涙点→涙嚢→鼻涙管→鼻涙点)のいずれかが閉塞したり、詰まることで目から涙が溢れて起こる場合の2つがあります。前者の場合は、目を刺激するものに対する対応となります。後者の場合は、閉塞した場所の処置が必要ですが、食べ物に気を付けることで予防できることがあります。なぜなら、詰まりの原因が、食べ物にある可能性が高いからです。腸内環境が乱れ、消化吸収が悪くなると、体内に不要な物質がたまり、それが詰まりの原因となります。そのため、体にとってよい素材を使用し、添加物をなるべく含まないもの、さらには腸内環境を整える乳酸菌や食物繊維、オメガ3脂肪酸当を含むモグワンは、涙やけの改善・予防に効果的なドッグフードだと言えます。

モグワンの良い口コミ・評判まとめ

モグワンの良い評判として、『原材料が安心できる』、『サポートが充実している』、『涙やけがなくなった』等が挙げられました。グレインフリーで無添加、ヒューマングレードの高品質素材を使用していることは、ワンちゃんの健康を人間と同様に考えるようになった現代においては、ドッグフードを選ぶ際に重要な項目となってきています。その分もちろん価格も上がりますが、グレインフリードッグフードの中では、モグワンは価格が安くコストパフォーマンスの良い製品だと言えます。また、涙やけの症状は意外と多くの飼い主さんが悩まれていますが、モグワンは腸内環境を整え涙やけに効果的という口コミもあることから、涙やけに悩まれている飼い主さんは一度試してみてもよいかもしれません。また、ペットフードのあげ方を気軽に相談できるところは意外と少ないものです。モグワンの販売会社であるレティシアンには気軽に相談できるため、その点もモグワンが評価されることに繋がっていると思われます。

悪い口コミ

モグワンの悪い口コミ・評判1

モグワンの悪い評判として『グレインフリーである』ことが挙げられます。グレインフリーとは穀物を全く使用していないということで、穀物アレルギーのワンちゃんも安心して食べられるものです。しかし、穀物アレルギーでなければグレインフリーのドッグフードを食べさせる必要はありません。グレインフリーを否定している意見はおそらく、穀物を抜くことによって栄養バランスが崩れたドッグフードになっていることを心配しているものと思われます。確かに体を健康に保つためには、タンパク質、炭水化物、脂質の3大栄養素をバランスよく摂取する必要があります。モグワンの場合は、グレインフリーなので炭水化物がないのではないかと誤解されてしまいがちですが、穀物の代わりにサツマイモや豆類が炭水化物として入っているため、3大栄養素のバランスはしっかりとれており安心して大丈夫です。

モグワンの悪い口コミ・評判2

モグワンの悪い評判として『食いつきが悪い』ことが挙げられます。ワンちゃんは少しの変化にも敏感でストレスを感じてしまいます。ドッグフードを変えると、始めからガツガツ食べてくれる子ももちろんいますが、恐る恐る確認しながら食べる子もいます。初めてのものを食べてお腹を壊してしまう子もいます。モグワンは、タンパク質として鶏肉とサーモンが使用されています。栄養面としては、高タンパク・低脂肪の鶏肉と、DHAやEPAが豊富に含まれたサーモンの組み合わせはとても良いと思いますが、風味や匂いの好みはワンちゃん次第ですので、いつまでも食いつきが悪い場合は、もったいないですが他のフードに切り替えてあげましょう。また、小さな形状が逆に大型犬にとっては食べにくそうだという意見もありました。

モグワンの悪い口コミ・評判3

モグワンの悪い評判として『価格が高い』ことが挙げられます。ホームセンターなどで売られている一般的なドッグフードと比べると、確かに価格は高いです。しかし、グレインフリーや無添加、ヒューマングレード、国産素材などといった高品質のドッグフードの中では、モグワンは価格が安い方で、コストパフォーマンスのよい製品だと言えるでしょう。あまり安すぎるドッグフードには、安いなりの理由があります。栄養バランスが偏っていたり、粗悪な原材料を使用していたり、添加物がたくさん含まれていたりします。人間と同様、犬も、健康の基本は毎日の食事です。しかも犬の場合は、色々なものを食べるわけではなく、毎日、毎回同じドッグフードを基本的に食べます。ですので、偏った栄養のドッグフードを与え続けると、改善されることはなく、いつしか必ず体に不調を及ぼしてしまいます。高いドッグフードが全て良いわけではありませんが、ドッグフードの袋に記載してある成分表を見てみて、栄養の偏りがないか気にしてあげるようにしましょう。

モグワンの悪い口コミ・評判まとめ

モグワンの悪い評判として『グレインフリーである』、『食いつきが悪い』、『価格が高い』ことが挙げられました。食いつきに対しては、ワンちゃんによって嗜好性が異なるため一概には言えませんし、中には添加物で風味を増強させ、ワンちゃんの食欲をそそるドッグフードもあることから、そんな添加物を使用していない点は逆に評価できるのではないでしょうか。ただ、ワンちゃんが食べてくれないと意味がありませんので、食べない場合は他のドッグフードに変えてあげましょう。グレインフリーであることは、良い面もあり悪い面もあると感じる人がいるようです。たしかに穀物アレルギーでなければグレインフリーのものを選ぶ必要はありませんが、モグワンでは、穀物が含まれなくても変わりの炭水化物をきちんと含んでいますので、安心して大丈夫です。価格については、高品質のものの割には価格は安い方ではありますが、誰でもこの価格のものを与え続けられるわけではありません。自分のお財布と相談して、モグワンでなくてもせめて栄養バランスの良いドッグフードを選んであげましょう。

【ドッグフード】モグワンの成分・どんな効果が期待できる?

効果

チキン

チキンは鶏肉のことです。鶏肉は皮の部分に脂肪が集中しているため、鶏肉自体は高タンパクで低脂肪と言えます。また、エネルギー源となる飽和脂肪酸とコレステロールを減少させる不飽和脂肪酸がバランスよく含まれており、牛肉や豚肉よりも不飽和脂肪酸量が多いため、コレステロール減少効果が高いです。他にも皮膚や粘膜を健康に維持するビタミンAを豊富に含んでおり、その量は、牛肉の10倍、豚肉の3倍と言われています。更にビタミンB群も豊富に含み、代謝機能の亢進、精神安定効果や疲労回復効果が高いです。

サーモン

サーモンは肉と同様タンパク源としてドッグフードに含まれます。タンパク質はアレルギー源になりやすく、肉でアレルギーを発症している場合は、魚をタンパク源としたドッグフードにするとよいでしょう。サーモンには、悪玉コレステロールを減少させたり、動脈硬化を抑制する抗酸化作用をもつアスタキサンチンが豊富に含まれています。また、魚に多く含まれるDHA、EPAはオメガ3不飽和脂肪酸です。DHAは、老化による脳機能の低下や視力の低下を抑制することができます。EPAは、アレルギーを抑制する効果や抗炎症作用があります。

ココナッツオイル

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸という脂肪酸がたくさん含まれています。中鎖脂肪酸は栄養の吸収を良くして新陳代謝を活発にさせ、体に蓄積した脂肪の燃焼を促進します。また、ココナッツオイルには、免疫機能を高めたり、抗炎症作用のあるラウリン酸も多く含まれます。ラウリン酸の抗炎症作用によって、痒みなどの皮膚トラブルの改善が期待できます。またココナッツオイルは善玉コレステロール(HDL)を増やすため、心臓病のリスク軽減につながります。

リンゴ

リンゴには、リンゴ酸、クエン酸、ポリフェノール、ペクチンが含まれます。リンゴ酸やクエン酸は、体の疲労の原因となる乳酸を分解する働きがあり、また鉄の吸収を促進する働きもあります。ポリフェノールには抗酸化力があり、体を酸化から守る役割があります。例えば、脂質の酸化を防ぐことで、血流が改善され、動脈硬化を防ぎます。ペクチンは、腸内で善玉菌を増やし腸の働きを整えてくれます。またリンゴはカリウムを多く含むため、高血圧を予防・改善する効果もあります。

かぼちゃ

かぼちゃには、β-カロテン、α-トコフェロール(ビタミンE)、ビタミンCが含まれます。β-カロテンは粘膜を保護する機能があり、ウイルスや細菌から体を守ってくれます。α-トコフェロール(ビタミンE)には細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、血流を改善することから動脈硬化を抑制します。ビタミンCは鉄の吸収を高めたり皮膚トラブルの改善、免疫機能をあげる効果がみられます。またかぼちゃには、水に溶けやすい水溶性食物繊維と水に溶けにくい不溶性食物繊維がバランスよく含まれており、便秘の改善、整腸作用を促します。

海藻

海藻には、食物繊維、EPA、カルシウム等のミネラルが多く含まれます。水に溶けやすい水溶性食物繊維は、腸内環境を改善させお腹の調子を整える効果があるほか、コレステロールや糖の吸収を和らげる効果もあります。不溶性食物繊維も含むため、便秘改善効果も期待できます。また、EPAというオメガ3不飽和脂肪酸には抗炎症効果があります。海藻にはカルシウム、マグネシウム、リンも多く含まれ、健康的な骨や歯を保つ効果もあります。カリウムは塩分の摂りすぎを抑制してくれ、高血圧を防いでくれます。

【ドッグフード】モグワンの解約

解約方法

モグワンの解約方法

モグワンには定期コースがあり、好きな間隔で好きな個数を選択することができます。定期購入にすることで、最大20%割引されたり、また3個以上まとめて購入することで送料・代引き料金が無料になるなどの特典があります。この定期コースを解約するには、平日11時から18時までに専用電話窓口に電話して解約を申し込むか、またはモグワンのホームページで会員ページにログインして解約手続きをすればすぐに解約ができます。専用電話窓口の番号は、『0570-200-012』です。注意すべきことは、発送の7日前までに解約の手続きが完了しないと、その分は発送されてしまうということです。土日祝を挟む場合は特に注意が必要であり、解約する場合は早めに連絡をすることが重要です。

【ドッグフード】モグワンの販売店と最安値

お得な購入方法

モグワンが半額?

2022年5月現在、モグワンが半額で購入できるサイトは『ドッグフードの神様』のみです。半額になるには4つの条件があります。①ドッグフードの神様から公式サイトにアクセスすること、②定期コースで申し込むこと、③半額購入できるのは一日1000人まで、④半額購入できるのは、一人につき初回の一袋のみ、です。①のURLは、モグワン|手作り食レシピから生まれたグレインフリードッグフード (mogwandogfood.co.jp)です。②の定期コースですが、周期及び個数を自分で選択することができ、さらに解約はいつでもできますので安心です。ただ、解約する場合は、次回発送日の7日前までとなっているため、気を付けましょう。モグワンは、1袋1.8㎏が通常税込み4356円といいお値段がしますので、お試しとして半年で購入できるのはとてもありがたいことです。条件をしっかり守り、是非試してみてください。

【ドッグフード】モグワンの安全性

副作用や安全性

モグワンの賞味期限

モグワンの賞味期限は、パッケージ裏面の左下に記載されています。『BBD 日/月/年』と記載されています。例えば、『BBD 03/08/22』であれば、2022年8月3日が賞味期限となります。通常、正規ルートで購入していれば賞味期限は1年以上先のものが送られてきます。モグワンは人工保存剤や酸化防止剤が使用されていないため、開封後は2~3か月以内に使い切るようにしましょう。また、保存方法は、空気に触れさせないようジッパーをしっかりしめ、乾燥剤を入れるとより良いでしょう。また、光湿気でも酸化が進んでしまうことから、冷暗所に常温保存します。冷蔵保存すると、結露によりカビがはえてしまうことがありますので、基本的に常温保存です。しかし、梅雨時期など湿気が高い時期が続く場合は、小分けにして冷蔵保存をしてもよいでしょう。

【ドッグフード】モグワンの給餌量

モグワンの給餌量

モグワンの給餌量は、一日あたりの給餌量が、子犬(2~15か月)、成犬(1~7歳)、老犬(7歳~)の3つに分け体重を目安に表に記載されています。ワンちゃんのごはんの回数は、一日2回としている人が多数ですが、2回にこだわる必要はありません。子犬は消化吸収能が低く、食事間隔が空くとすぐに低血糖を引き起こしてしまう可能性があるので、一日3~4回ご飯をあげることをおススメします。また、子犬に限らず、食の細いワンちゃんや老犬も、一回に食べられる量が少ないので、その場合はご飯の頻度を増やしてあげます。表に記載されている量は、一日あたりの給餌量であるため、例えば、一日2回ご飯を与えているワンちゃんの一日あたりの給餌量が100gである場合は、一回あたり50gずつ与えます。

モグワンのドッグフードの口コミまとめ

モグワンのドッグフードは、グレインフリー、無添加、ヒューマングレードと高品質なドッグフードです。その分価格は高いですが、同品質のものと比べると、コストパフォーマンスは良い製品であると言えます。アレルギーの原因の多くはタンパク質ですが、タンパク質としては、牛肉と比較するとアレルゲンになりにくい鶏肉とサーモンが使用されています。穀物の代わりにサツマイモや豆類が炭水化物として使用されており、他にも果物や野菜が含まれることから、素材由来のビタミンやミネラルが含まれ安心できるドッグフードとなっています。インターネットでの購入ですが、定期コースでは割引もあり、またすぐに解約もできるため、気軽にお試しすることができます。

タイトルとURLをコピーしました