【胸の成長はいつまで】小中学生(思春期)の女の子の胸が大きくなる時期/いつまで成長する?

胸の成長はいつまで?思春期の女の子の胸の成長はいつまで?

離れ乳におすすめのナイトブラ

胸が成長しはじめる時期/初潮の1年ほど前からはじまる

女の子は、思春期になると子供の体から、少しずつ大人の体に変化してきます。思春期になると、性器以外体の部位が成長をしてきます。胸の成長には個人差があるため、10歳を過ぎると友達と比較をしてしまい、悩んでいる人が少なくありません。胸の成長が始まるのは、初潮が始まる1年前ぐらいです。最初は乳頭が目立ってきて、少しずつ乳腺が発達して胸お膨らみが見られるようになります。胸が膨らみ始めたら、初潮が近いと考える必要があります。体の成長には個人差がありますが、10歳から14歳までに初潮が始まることが多いです。思春期の女の子は、胸が成長する時期になると乳腺が発達してくれるので、痛みを感じることがあります。胸の膨らみが目立ってきたら、ブラジャーを装着させる必要があります。

3~4年ほどかけて大人の体に成長する

思春期の年代になると、10歳から14歳ぐらいに初潮が見られることが多いため、初潮の1年前ぐらいから、胸が少しずつ発達してきます。胸の成長には個人差があるため、10歳前後で初潮がきた人は、胸の発育が早い場合は自分のサイズに合ったブラジャーを装着させる必要があります。思春期の女性は、初潮が始まってから、3年から4年ぐらいは胸が少しずつ大きくなるので、ふっくらとした女性らしいバストになります。バストの成長は、3年から4年ぐらい掛かります。胸の成長には、女性ホルモンが大きく影響をしているため、内分泌系の病気に罹っている場合は、バストの成長が遅れることがあります。バストの成長が遅いと感じる場合は、専門クリニックを受診しましょう。

初潮の平均年齢は10~15歳

女性は卵巣や子宮などの大切な臓器があり、思春期になると生殖器が少しずつ成長してきます。生理は排卵があり、妊娠しないと子宮内膜が剥がれおちて、経血として体内から出てくる状態です。日本の女児の場合は、平均初潮年齢が10歳から14歳前後です。第二次性徴は個人差がありますが、12歳から13歳ぐらいに初潮が訪れる人が多いです。体が大きく発育の良い人は、痩せ型の体型で小柄な人に比べるとやや初潮年齢が早い傾向があります。学校や家庭などでは、初潮についての知識を指導しておく必要があります。乳頭が目立ってきたり、乳房に膨らみが出てくると初潮が近いので、ナプキンの使い方などを指導しておくことが大事です。大人の体に変化する時は、女児は複雑な心境になることがあります。

胸が成長する時期は10歳前後~17歳前後まで

思春期の女性は、初潮を経験すると女性ホルモンの分泌が活発になってきます。初潮が始まったばかりの頃は、排卵がなかったり、生理周期が安定しないことがよくあります。思春期の女性は、大人に比べると体が未発達なので、体調が優れないことが少なくありません。経血が多い時、生理痛が強い時は無理をせずに、ゆっくりと休養や睡眠を取ることが大事です。思春期になって初潮を経験したら、3年から4年ぐらい掛けて、少しずつ胸が発達してきて、大人の体になってきます。10歳から17歳ぐらいまで、胸が少しずつ成長します。20歳ぐらいになると、女性ホルモンの分泌量がピークになるので、それ以降はあまり大きくならないことが多いです。思春期を過ぎても、バストが成長することもあります。

胸が大きくなり始めたらブラジャーを着用しよう

女性の胸は、ほとんどが脂肪になっており、乳腺などで形成されています。初潮を経験すると、少しずつ胸が成長して、3年から4年ぐらいかけて大人の女性のような大きさになります。乳頭が目立ってきたり、バストの膨らみが気になってきたら、ブラジャーを装着することが大事です。初めてブラジャーを使用する場合は、ワイヤーなどが付いておらず、締め付けの少ないスポーツブラやナイトブラのような形状がお勧めです。スポーツブラは、ホックやワイヤーが付いていないのに、しっかりとバストを包むことが出来ます。スポーツ時に激しく動いても、痛みを軽減したり、胸が揺れるのを防ぐ効果があります。きちんと採寸をして、自分のサイズに合ったブラジャーを装着することが大事です。

ナイトブラなら無理なく付けられる

思春期の女性は、初潮を経験する少し前から、少しずつ胸が成長してくるので、ある程度の大きさになったり、痛みを感じたら、ブラジャーを装着することが大事です。初めてブラジャーを購入する場合は、スポーツブラやナイトブラのような形状の商品がお勧めです。ナイトブラは、ワイヤーや留め具などが付いておらず、締め付けが少ないので、子供の体に負担が少ないです。体育の授業や部活などで、激しい運動をしても、ナイトブラやスポーツブラを装着することで、バストが揺れるのを防ぐ効果があります。ナイトブラやスポーツブラは、肩紐がずれにくく、しっかりとバストを包むことが出来る形状になっています。信頼できる会社の商品は、装着感が良いのが魅力です。

関連ページ:【Viageの口コミ】ヴィアージュのビューティアップナイトブラの評価やサイズ

思春期を過ぎると胸は大きくならないの?

思春期の年代になると、女性は友人と体の成長の違いなどを感じており、コンプレックスを感じることがあります。同じ年齢の友人に比べると、バストの成長が遅かったり、サイズが小さいので悩んでいる人が少なくありません。高校生になっても胸の成長が遅いと、不安を感じている人が多いです。思春期を過ぎると胸は大きくならないのか、心配をしている人は専門クリニックに相談をしてみると良いでしょう。初潮が来るのが遅かったり、内分泌系の病気の可能性がある場合は、医師に相談することが大事です。17歳を過ぎても、少しずつ胸が成長する人もあります。女性ホルモンの分泌量が少なかったり、内分泌系の病気の場合は、胸の成長が遅くなることがあります。

女性ホルモンが増加をすれば思春期を過ぎても胸は大きくなる

思春期の女性は、初潮が始まる1年ぐらい前から、少しずつ胸が成長してくるので、3年から4年ぐらいで、大人と同じぐらいの大きさになる人が多いです。女性ホルモンの分泌量が少なかったり、内分泌系の病気に罹っている場合は、胸の成長が遅れてしまうことがあります。女性ホルモンが増加をすれば、思春期を過ぎても胸は大きくなる可能性があります。月経不順を改善するためには、専門クリニックを受診して治療を受けることも大事です。栄養バランスの良い食事を心掛けたり、夜更かしは避けて朝型の規則正しい生活を送ることも大事です。女性ホルモンの分泌量が増えると、月経周期が安定してくるので、思春期を過ぎても胸が成長することがあります。

女性ホルモンの分泌ピークは20歳/20歳を過ぎると胸が成長するのは難しい

女性の体はとてもデリケートなので、ホルモンバランスの崩れなどが原因で胸の成長が遅れることがあります。思春期の女性は、自分の容姿が気になることが多く、無理なダイエットを実践してしまい、栄養不足が原因で卵巣機能が低下することが少なくありません。無理なダイエット、偏った食生活、夜更かしなどの悪い習慣があると、胸の成長が遅れてしまったり、月経不順の原因になってしまいます。女性ホルモンの分泌ピークは20歳なので、20歳を過ぎると胸が成長するのは難しくなります。豊かでハリのある美しいバストに憧れている場合は、食生活や生活習慣を見直して、健康を維持する努力が必要です。女性ホルモンの分泌ピークは20歳なので、20歳を過ぎると胸が成長するのは難しいため、思春期の時期が大切です。

30~40歳以上でもバストマッサージや筋トレなどで胸を大きくすることは可能

30~40歳以上でもバストマッサージや筋トレなどで、胸を大きくすることは可能なのか知りたい人が増えています。30歳以降の年齢になると、少しずつ女性ホルモンの分泌量が減ってきて、バストが下垂気味になったり、以前よりもボリュームが少なくなったと感じることがあります。豊かでハリのあるバストを維持するためには、バストマッサージや大胸筋を鍛えるための筋トレがお勧めです。インターネット通販の専門店では、安全性の高いバストアップクリームが販売されています。バストアップクリームは、入浴後の血流が良くなっている時にマッサージをすることで、バストにハリや弾力を与える働きがあります。筋トレをすることで、バストの下垂を防ぐ効果があります。

関連ページ:【40代のバストアップ】筋トレ・マッサージでバストケア/40代から胸が大きくなる方法

女性ホルモンを増やす方法1・質の良い睡眠

女性の体には、卵巣や子宮などの大切な生殖器があります。ホルモンバランスが崩れてしまうと、体調不良の原因になったり、胸の成長が遅れてしまうことがあります。質の良い睡眠を取ることで、卵巣や子宮の機能を向上させて、女性ホルモンの分泌を促進する働きがあるのが特徴です。ストレスや疲労などが原因で、睡眠不足が続いてしまうと、自律神経の働きが乱れてしまい、生理不順や無月経などの原因になってしまいます。就寝をする前は、パソコンやスマートフォンの操作を控えたり、カフェインを含んでいる飲料などは避けることが大事です。質の良い寝具や枕を使用して、なるべく午後の11時までに就寝をする習慣を付けると良いでしょう。質の良い睡眠を得ることで、バストの成長を促す効果があります。

女性ホルモンを増やす方法2・ストレスの緩和

学校や職場、家庭などでも、人間関係や仕事、学業などの悩みを持っており、ストレスや疲労を感じている人が少なくありません。ストレスや疲労などが溜まってくると、卵巣機能が低下したり、自律神経の交感神経の働きが活発になり、月経不順や無月経になることがあります。月経不順や無月経になると、胸の成長が遅れたり、将来の妊娠に影響が出てしまうことがあります。強いストレスを受け続けていると、女性ホルモンの分泌量が低下して、体の不調の原因になってしまいます。日常の生活では、適度に娯楽や趣味を楽しんだり、質の良い睡眠を得たり、休息を取ることが大事です。胸の成長のためには、ストレスを緩和する工夫が大切です。

女性ホルモンを増やす方法3・バランスの良い食事

女性であれば豊かでハリのあるバストに憧れています。女性ホルモンの分泌量を促すためには、毎日の食事は大変重要です。納豆や豆腐、味噌、豆乳などの大豆食品は、イソフラボンが豊富に含まれており、女性ホルモンと似た働きがあるので、積極的に食べるようにしましょう。キャベツやざくろ、鶏肉などの食材には、卵巣や子宮などの生殖機能を向上させるための成分が豊富です。無理なダイエットをしてしまうと、胸の成長に欠かせない栄養素が不足してしまいます。アーモンドやくるみなどのナッツ類は、血流を促進するビタミンEが豊富に含まれているので、甘いお菓子の代わりに食べるのが良いでしょう。栄養バランスの良い献立を続けることで、胸の成長を促進する働きがあります。

女性ホルモンを増やす方法4・バストマッサージ

思春期の年代はもちろんですが、大人の女性もバストのしぼみ、下垂などが原因でバストアップをしたい人が増えています。豊かでハリのある形の良いバストは、女性の憧れですが、誰でも胸の悩みを持っています。入浴後は体の血流が良くなっているので、バストマッサージをすると良いでしょう。インターネット通販の専門店、ドラッグストアなどでは、信頼できる国産メーカーのバストアップクリームが販売されています。適量を胸に付けて、優しく丁寧にマッサージをすることで、バストアップ効果が期待出来ます。バストアップクリームはべたつきなどがなく、美容成分が豊富に含まれている商品がお勧めです。加齢によるバストの崩れが気になっている人にお勧めです。

女性ホルモンを増やす方法5・バストマッサージ

思春期の年代はもちろんですが、大人の女性もバストのしぼみ、下垂などが原因でバストアップをしたい人が増えています。豊かでハリのある形の良いバストは、女性の憧れですが、誰でも胸の悩みを持っています。入浴後は体の血流が良くなっているので、バストマッサージをすると良いでしょう。インターネット通販の専門店、ドラッグストアなどでは、信頼できる国産メーカーのバストアップクリームが販売されています。適量を胸に付けて、優しく丁寧にマッサージをすることで、バストアップ効果が期待出来ます。バストアップクリームはべたつきなどがなく、美容成分が豊富に含まれている商品がお勧めです。加齢によるバストの崩れが気になっている人は続けてみると良いでしょう。

関連ページ:【バストアップするマッサージ】確実!?おっぱいが大きくなる簡単なマッサージ方法

女性ホルモンを増やす方法5・バストアップのツボ押し

女性は男性とは違って、月経があるので貧血や冷え性などで悩んでいる人が少なくありません。体の血流が悪くなると、胸の成長にも悪栄養が出てしまいます。冷え性や貧血などで悩んでいる人は、バストアップ効果の高い体のツボをマッサージするのがお勧めです。ツボの部分は体の血流が悪くなりやすい部位なので、マッサージをしたり、ハリ治療をすることで、体の血流を促進して、バストの成長を促す働きがあります。冷え性でむくみやすく、疲れやすい体質の人はツボのマッサージを実践すると良いでしょう。通勤や通学をしている人は、鍼灸の治療院に足を運んでみると良いでしょう。鍼灸は安全性の高い施術になっているため、虚弱体質で悩んでいる人にお勧めです。

関連ページ:【バストアップのツボ】胸が大きくなる?乳腺を発達させる?短期間でバストアップする簡単な方法

女性ホルモンを増やす方法6・適度な筋トレ

女性は男性に比べると、筋肉量が少なく脂肪が多い傾向があります。30代を過ぎると筋力が低下してきて、バストの位置が下がってきたり、しぼんでくるので悩んでいる人が少なくありません。胸の位置が下がってしまうと、老けた印象を与えてしまいます。バストアップ効果を高めたい場合は、大胸筋を鍛える筋トレを実践すると良いでしょう。ペットボトルやダンベルなどの持って、筋トレをするとバストアップ効果が期待出来ます。適度に筋トレをすることで姿勢が良くなったり、バストの位置を高くする効果があります。大胸筋を鍛えることで、バストの下垂を防ぐことが可能です。週に2回程度筋トレをすることで、ハリのあるバストを維持しやすくなります。

関連ページ:【バストアップ筋トレの効果】女性が大胸筋の筋トレで簡単に胸が大きくなる方法

バストの健康のためにサイズの合ったブラジャーを着用しましょう

バストの下垂、型崩れなどを防ぐためには、自分のサイズに合ったブラジャーを購入する必要があります。下着専門店でサイズを測定してもらったり、思春期の女性は胸の成長に応じて、ブラジャーを買い替えることが大事です。自分のサイズよりも小さいブラジャーは、胸を締め付けてしまうので血流が悪くなってしまいます。小さいブラジャーを付けていると、バストが潰れてしまったり、きれいなラインが出来ないので注意が必要です。バストの健康のためにサイズの合ったブラジャーを着用することが大事です。思春期の年代の場合は、頻繁にブラジャーを買い替える必要があるので、サイズが小さくなったら、親御さんに相談すると良いでしょう。サイズに合ったブラジャーを装着することで、バストの成長を促します。

就寝時のバストへの負担軽減にはナイトブラがおすすめ

大人の女性はもちろんですが、成長期の思春期の女性も、ナイトブラを着用するのがお勧めです。就寝時は、昼間と同じブラジャーを装着すると、締め付けが強くなり、睡眠を妨げてしまいます。ナイトブラは、肩紐が太くずれにくいので、肩こりや首の痛みを軽減する効果があります。ナイトブラは、ノンワイヤーでフックが付いていない形状になっているため、就寝時でも締め付けがなく、装着感が良いのが魅力です。通気性に優れており、蒸れにくい素材を選んでおくと、暑い時期でも快適に装着が出来ます。自分のサイズに合ったナイトブラを装着することで、横流れや下垂などを防ぐことが出来ます。通気性の高いコットン素材の商品を選んでおくと、お肌の弱い人も安心です。

関連ページ:【ふんわりルームブラの口コミ】効果あり?悪い評判や評価も

胸が成長する時期は胸が張ったり・痛みが出る?胸が大きくなるタイミングでの変化

離れ乳の原因

胸が成長を続ける思春期(成長期)は胸が張ったり痛みが出るケースが多い

思春期の女性は、10歳から13歳頃に初潮が始まるので、胸が少しずつ成長してきて、子供から大人の体に変化してきます。胸の成長は、初潮の1年ぐらい前から始まります。最初は乳頭が発達してきて、少し経過するとふっくらと胸が膨らんできます。思春期に入ると二次性徴が始まるので、性器以外の体の部位は女性らしく変化します。思春期の女性は、胸が成長する時期にチクチク、ジンジンなどの胸の痛みを感じることがあります。胸の痛みには個人差がありますが、ほとんどの場合は成長痛なので問題ないことが多いです。胸の成長には個人差があるので、成長が早い人、遅い人などがあります。9歳頃から成長が始まり、17歳から18歳頃まで少しずつ発達します。

痛みの強さは個人差が大きい/ズキズキと強い痛みを感じるケースもある

思春期の女性は、多少の個人差がありますが、初潮が始まる1年ぐらい前から、胸が少しずつ成長してきます。女性の胸は1割は乳腺、9割は脂肪で形成されており、最初は乳頭が成長してきて、乳腺が発達してきて、その周囲に脂肪が付いてきます。胸が成長する時は、成長痛を感じることが多くなります。胸がジンジンと強い痛みを感じる人があるので、病気ではないか不安を感じている人が多いです。まれに病気の可能性があるので、痛みが強すぎる場合は、専門クリニックを受診すると良いでしょう。胸に脂肪が付いてきたら、ブラジャーを装着するのがお勧めです。最初はワイヤーやホックなどが付いていない、スポーツブラがお勧めです。スポーツブラを付けることで、運動時でも胸の痛みを軽減出来ます。

胸の痛みが続く期間は個人差が大きい/数か月~3,4年続くケースもある

思春期に入ると、9歳から10歳ぐらいから胸の成長が始まってきます。初潮が始まると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増えてくるので、乳腺や乳頭が発達してきます。乳腺の周囲に脂肪が付いてくると、女性らしくふっくらとしてきます。胸が成長する時は、成長痛という特有の痛みを感じることがあります。チクチクしたり、ジンジンなどの強い痛みを感じることが少なくありません。胸の痛みはどれぐらいで止まるのか、知っておきたい人が増えています。胸の痛みは3か月から、4か月ぐらいで止まる人、3年から4年ぐらい続く人などがあります。胸の痛みの長さは個人差がありますが、成長痛が原因のことが多いので、ほとんどの場合は問題ないケースが多いです。

思春期の胸の痛みは胸の成長痛であることがほとんど

思春期に入ると多少の個人差がありますが、9歳から10歳頃から胸の成長が少しずつ始まります。二次性徴が始まると、胸が発達してきたり、脇や性器などに体毛が生えてきたり、体に脂肪が付いて、女性らしく丸みのある体になってきます。10歳から17歳頃まで胸の成長が続きますが、チクチクしたり、ジンジンする、胸にしこりがある、胸が張るなどの変化が見られます。胸に痛みを感じる時は、成長痛であることが多いので、ほとんどの場合は問題ないことが多いです。4か月から5か月ぐらいで成長痛が治まる時もありますが、長い人は3年から4年ぐらい続くことがあります。胸の成長には個人差があるので、胸の痛みが続く期間も多少は違ってきます。痛みが強い時は、専門クリニックを受診しましょう。

胸の成長期に乳輪周辺にしこりができることがある

胸の成長期に乳輪周辺にしこりができることがあるので、不安を感じている人が少なくありません。思春期の年代の胸のしこりは、成長に伴うことが原因なので問題ないことが多いです。乳輪周辺を触るとしこりを感じることが多いです。思春期に入ると10歳から、12歳ごろになると、胸の成長に伴って、胸がはったり、しこりを感じることがあります。チクチクした痛みがあったり、ジンジンなどの強い痛みを伴うことがあります。胸が成長してきたら、早めにブラジャーを付けるのがお勧めです。スポーツ時や歩行時などに、胸が揺れると痛みを強く感じることがあります。スポーツブラは、通気性、吸汗性に優れたコットン素材を使用しており、ワイヤーやホックなどが付いていないので、初めてブラジャーを付ける人にお勧めです。

成長の過程で自然としこりができることが多い

思春期に入ると、乳腺が発達してきて、その周囲に脂肪が付いてきます。胸の成長には個人差があるので、誰もが豊かなバストになるわけではありません。9歳から18歳頃まで胸の成長が続きますが、20歳頃には成長が止まることが多いです。胸が発達する時期は、成長が原因で乳輪の周囲にしこりを感じることがあります。基本的には、未成年の胸のしこりは病気ではなく、成長に伴うことが原因の可能性が高いです。思春期の時期を過ぎると、自然にしこりがなくなることが多いです。胸のしこりが大きかったり、痛みが強い時は専門クリニックや乳腺外来などを受診すると良いでしょう。まれに病気の可能性があるので、診察をしてもらうことが大事です。ほとんどの場合は問題ないことが多いです。

成長の過程でできたしこりは自然となくなることが多い

思春期に入り、初潮が始まると胸の成長が進んでくるので、多少の個人差はありますが、胸に丸みが出てきてふっくらとした印象になります。胸の成長に伴い、成長痛を感じたり、乳輪の周囲にしこりが出来ることがあります。胸のしこりは成長に伴うことが原因の可能性が高いので、胸の成長が止まったり、思春期を過ぎると自然にしこりがなくなることが多いです。胸が成長する時期は、しこりはもちろんですが、胸の痛み、張りなどを感じることがあります。胸の痛みは個人差があるので、弱い痛みしか感じない人、ジンジンした強い痛みを感じることがあります。成長痛を感じる時に、しこりが出来ることがありますが、思春期の年代を過ぎるとしこりが自然になくなることが多いです。

しこりが不安な場合は産婦人科や乳腺外来を受診すると安心

思春期の時期になると、早い人は9歳ぐらい、遅い人でも12歳ぐらいから胸が膨らんでくることが多いです。乳腺が発達してきたり、胸に脂肪が付いてくる時期は、チクチク、ジンジンなどの成長痛を感じたり、乳輪周囲にしこりを感じることがあります。手で触れるとしこりを感じたり、痛みを伴う時は不安を感じている人が少なくありません。思春期の時期のしこりは、胸の成長に伴うことが原因なので、ほとんどの場合は問題ないことが多いです。胸のしこりが大きかったり、痛みが長く続く時は、乳腺外来や専門クリニックを受診して、まずは診察を受けてみると良いでしょう。まれに病気の可能性があるので、気になる時は放置をしないことが大事です。成長に伴うしこりの場合は、自然に改善することが多いです。

小中学生の胸が成長しない原因は?成長期に胸が大きくならない理由について

ナイトブラの選び方

病気が原因で胸が大きくならないケース1・内分泌系(ホルモン分泌)の病気

小学生や中学生は、少しずつ胸が成長する時期ですが、同級生に比べると成長が遅いので不安を感じている人が少なくありません。胸の膨らみがほとんどない場合は、内分泌系の病気が隠れている可能性があります。初潮が始まると胸が膨らんできたり、脇や性器に体毛が生えてきたり、ヒップに脂肪が付いてきて、女性らしい体に変化してきます。内分泌系の病気に罹っていると、ヒップや体に脂肪が付いてこないで、いつまでも子供っぽい体のままになることがあります。内分泌系の病気に罹っていると、二次性徴が遅れることがあるので、他の子供に比べると胸の成長が遅い場合は、専門クリニックを受診して、精密検査や診察を受けることをお勧めします。病気が改善してくると、体の発育が促進されてきます。

お尻がふくらなまない、体がふっくらしないなど大人の体に変化しない

思春期に入ると初潮が始まるので、女性ホルモンの分泌が活発になってきます。まだ体は未発達ですが、卵巣や子宮などの大切な臓器が成長してきます。初潮が始まるとホルモンの影響を受けるため、胸が膨らんできたり、ヒップなどに脂肪が付いてきて、女性らしい体になってきます。小学校高学年から、中学生になっても子供の体のままで、二次性徴が遅れていると感じることがあります。同級生などの他の子供に比べると、体の成長が遅い場合は、内分泌系などの病気が隠れている可能性があります。胸がほとんど膨らんでこない、体に皮下脂肪が付いてこない場合は、病気を疑う必要があります。体の成長が遅いと感じている時は、小児科や産婦人科などを受診すると良いでしょう。

心配な場合は内科、小児科、産婦人科などを受診すると安心

小学校高学年、中学生ぐらいの時期になると、二次性徴が始まるので子供の体から、大人の体に少しずつ変化してきます。同級生に比べて、胸の成長が遅い、初潮がなかなか始まらない場合は、内分泌系などの病気が隠れている可能性があります。子供のままの幼い体付きだったり、15歳を過ぎても初潮が始まらない時は、内分泌系の病気の可能性があります。他の子供に比べると体の成長が遅すぎる場合は、内科や小児科、産婦人科などを受診することで、病気の診断が付くことが多いです。病気の症状に応じて、内服薬などを服用することで症状が改善することがあります。内分泌系などのホルモン関係の病気に罹ると、二次性徴が遅れてしまい、胸の発育に悪影響が見られることがあります。

病気が原因で胸が大きくならないケース2・漏斗協(ろうときょう)

小学生、中学生ぐらいの年齢になると、胸の成長が促進されてきますが、病気が原因で発育が遅れてしまうことがあります。漏斗協(ろうときょう)は、200人から300人ぐらいに1人ぐらいが罹る病気ですが、その名の通り漏斗のように胸が背中側に凹んでしまっている状態です。漏斗協(ろうときょう)は、決して珍しい病気ではなく、学校の健康診断などで指摘されることがあります。漏斗協(ろうときょう)は、病的な状態ですが、思春期の時期は特に治療はせずに、経過観察をすることが多いです。漏斗協(ろうときょう)は、胸の筋肉量が少ない、肋骨などが弱いなどが原因で起こることが多いです。思春期の年代を過ぎても改善しない時は、外科手術を行い治療をすることがあります。

生活習慣の乱れにより胸が大きくならないケース1・無理なダイエット

小学生、中学生ぐらいの子供は、自分の容姿にコンプレックスを持つことが多く、体重が増えてくるとダイエットをしている人が少なくありません。食事を制限するダイエットをしていると、胸の成長に必要な栄養素が不足してしまうので、胸の成長が遅れてしまうことがあります。胸は脂肪や乳腺で形成されているので、体にある程度の脂肪が付いていないと、女性らしく胸がふっくらとしてこないことがあります。過度はダイエットをしてしまうと、栄養不足や貧血などの原因になり、胸の血流が悪くなってしまい、胸の成長が遅くなることがあります。小学生、中学生ぐらいの時期に、生理が始まりますが、まだ生殖機能が未発達なので無理なダイエットをすると生理不順、無月経などの原因になります。

関連ページ:【ダイエットで胸が痩せる?】胸を残して痩せたい!胸を落とさずダイエットする方法

生活習慣の乱れにより胸が大きくならないケース2・睡眠不足

小学生、中学生ぐらいの子供は、受験などを控えており、学業や塾通いなどで忙しくなります。成績を上げるために遅くまで勉強をしている人が増えています。現在はスマートフォンやタブレット、ゲーム機などが普及をしているので、夜更かしをしてしまう人が少なくありません。胸の成長を促進するためには、質の良い睡眠は欠かすことが出来ません。睡眠不足が続いてしまうと、卵巣や子宮の機能が低下したり、胸の血流が悪くなることがあります。夜更かしや睡眠不足が原因で、ホルモンバランスが崩れてしまい、無月経や月経不順などの原因になってしまいます。夜更かしなどの悪い習慣がある場合は、早寝早起きを心掛けることが大事です。勉強が忙しくても、午後11時までには就寝しましょう。

生活習慣の乱れにより胸が大きくならないケース3・ストレス

かつての日本とは違って、ライフスタイルが大きく変化しているため、小学生、中学生などの子供はストレスを感じやすくなっています。専業主婦が少なくなっており、働く女性が増えているので、子供との時間が少なくなり、不安や悩みを抱えていても、話を聞いてあげる時間が取れないと感じている人が多いです。子供は学校や塾などで、友人や先輩、教師などの人間関係で悩んでいたり、学業の不振などでストレスを感じていることがあります。強いストレスを受け続けていると、ホルモンバランスが乱れやすくなり、生理不順や無月経などになりやすくなります。強いストレスが原因で、胸の成長が遅れてしまうことがあります。不登校や暴力などの問題行動が見られる時は、心療内科を受診しましょう。

胸の成長に欠かせない栄養素

胸の成長に欠かせない栄養素1・ビタミンEのはたらき

ビタミンEは、脂溶性ビタミンの1つですが、体の血流を促進したり、LDLコレステロールの上昇を抑える働きがあります。脂質異常症などの病気を予防したり、胸の成長などの二次性徴を促進する働きがあります。ビタミンEは、アーモンドやくるみ、落花生などのナッツ類に豊富に含まれています。ごま油や亜麻仁油、オリーブ油などの油脂類にも含まれているので、適量を食べる習慣を付けると良いでしょう。ビタミンEは、脂溶性ビタミンなので過剰に摂取するのは良くないですが、食品で補う場合は過剰になることはないので安心です。ビタミンEは、胸の血流を促進する働きがあるので、胸の成長を促進する働きがあります。血液の流れを良くする働きがあるので、冷え性や肩こりで悩んでいる子供にお勧めです。

ビタミンEを多く含む食品

胸の成長に欠かせない栄養素2・葉酸のはたらき

思春期の年代に入ると、二次性徴が始まるので胸の成長のためには、欠かすことが出来ない栄養素があります。葉酸はビタミンB群の一種ですが、ほうれん草や小松菜、ブロッコリー、キャベツなどの野菜、鶏肉や牛肉、レバーなどの肉類に多く含まれています。葉酸は、細胞分裂やDNAの合成などに必要とされているので、女性の体に欠かすことが出来ません。葉酸は水に溶けやすい性質を持っているので、調理の工程などで壊れやすい傾向があります。野菜や肉類などをバランスよく食べたり、サプリメントなどで補うのがお勧めです。小学生、中学生などの子供には、葉酸は欠かすことが出来ない栄養素です。一日に適量を摂取することで、胸の成長を促進する効果があります。

葉酸を多く含む食品

胸の成長に欠かせない栄養素3・タンパク質(アミノ酸)のはたらき

思春期の年代は、まだ体が未発達なので、アミノ酸やタンパク質などは、欠かすことが出来ない栄養素です。必須アミノ酸は、食品のみで摂取が出来るので、栄養バランスの良い食事を心掛けることが大事です。骨や内臓、筋肉などの成長には、アミノ酸やタンパク質は欠かすことが出来ません。卵や乳製品、牛肉、鶏肉、青魚などをバランスよく食べることが大事です。体重などが気になっている人は、赤みの多い肉類、脂身の少ない胸肉、ささみなどを食べるのがお勧めです。アミノ酸やタンパク質は、血液を作ったり、筋肉を作るのに非常に大切な役割をしています。胸の成長にも欠かすことが出来ない栄養素なので、しっかりとタンパク質を補うようにしましょう。栄養バランスの良い食事がお勧めです。

タンパク質を多く含む食品

胸の成長に欠かせない栄養素4・大豆イソフラボンのはたらき

豆乳や豆腐、納豆、味噌、醤油などの大豆食品には、女性ホルモンと似た働きのある大豆イソフラボンが豊富に含まれています。小学生、中学生ぐらいの時期は、胸の成長を促進するために、大豆食品を積極的に食べると良いでしょう。豆腐や納豆などは、スーパーマーケット、ドラッグストアなどで、安価で購入出来ますし、低カロリーで栄養価が高いのが魅力です。小学生、中学生ぐらいの子供は、食品で補う分には、大豆イソフラボンを過剰に摂取することはないので、適量を食べる習慣を付けると良いでしょう。牛乳の代わりに豆乳を飲んだり、豆腐サラダやお味噌汁などの料理を食べると良いでしょう。大豆イソフラボンを摂取することで、胸の成長を促進させる働きがあります。

大豆イソフラボンを多く含む食品

胸の成長に欠かせない栄養素5・ボロン(ミネラル)のはたらき

ボロンは女性ホルモンの1種ですが、キャベツやとろろ昆布などに豊富に含まれています。緑黄色野菜の中でも、キャベツに多く含まれています。小学生、中学生ぐらいの時期になると、生理が始まって体が大人の体に変化します。同級生に比べると胸の成長が遅いと感じている場合は、ボロンを含んでいる食品を積極的に食べると良いでしょう。ボロンは、女性ホルモンの分泌を促進する働きがあるので、胸の成長に欠かすことが出来ません。女性の胸は17歳から18歳ぐらいに成長が止まることが多いですが、20歳ぐらいまで成長することがあります。栄養バランスの良い食事を心掛けることで、二次性徴を促す働きがあります。ボロンを適量摂取することで胸の成長に役立てられます。

ボロンを多く含む食品

胸の成長はいつまで・胸の成長や発達についてまとめ

思春期に入ると、10歳から13歳ぐらいに初潮が始まるので、その1年ぐらい前から少しずつ胸が成長してきます。胸が成長するためには、タンパク質やビタミン、葉酸、ボロンなどの栄養素は欠かすことが出来なくなっています。無理なダイエットをしていたり、内分泌系の病気に罹っていると、胸の成長に悪影響が出ることがあります。他の子供に比べて胸の成長が遅いと感じる時は、小児科や内科、産婦人科などを受診すると良いでしょう。思春期になるとチクチク、ジンジンなどの胸の痛みを感じることがあります。胸の痛みは成長痛なので、ほとんどの場合は問題ないことが多いです。胸のしこりを感じることがありますが、成長に伴う場合が多いので、大人になると改善します。

タイトルとURLをコピーしました