【ニキビ跡に効く美容液】ニキビ・ニキビ跡に効く美容液おすすめランキング

ニキビ・ニキビ跡はどうしてできるの?

ニキビの原因1・過剰な皮脂分泌

ニキビの原因の代表格とも言えるのが、皆さんご存じの過剰な皮脂分泌です。思春期ニキビの多くが、出すぎた皮脂が溜まって酸化したことでできています。皮脂はニキビの大敵!と思っている人も多いと思いますが、実はそうとばかりも言えません。お肌の表面には、汗や皮脂を分泌するための腺がたくさんあります。そこから出た皮脂や汗は、そのまま膜を作り、お肌を外敵から守るバリアの働きをしてくれているのです。適量ならば、心強いお肌の味方なのです。皮脂分泌は成長ホルモン・男性ホルモン・黄体ホルモンに影響されて増加しますので、成長期、生理中などに多くなるのもわかりますね。皮脂腺は、おでこ、鼻回り、あご、首、背中などに多いので、そのあたりにニキビができやすいというわけなのです。

ニキビの原因2・毛穴の詰まり

皮脂の過剰分泌と並んで、ニキビの大きな原因となるのが、毛穴のつまりです。通常の毛穴は、毛根から伸びる毛が外へ出る穴が開いています。ですが過剰に皮脂分泌が起きると、その穴に古くなった皮脂や汚れがこびりついて、蓋をされてしまいます。中では悪い菌が増えやすくなり、ニキビが出やすい肌へと向かってしまうというわけです。毛穴のつまりは、皮脂が原因だけではありません。お肌は常に自分でターンオーバー(肌細胞の生まれかわり)を繰り返しています。生活習慣の乱れなどでターンオーバーのサイクルが乱れていると、新しい細胞が生まれず、古い角質が表にたまってゆき、毛穴をふさいでしまうのです。ニキビケアには、基本的なスキンケアも欠かせないのですね。

ニキビの原因3・アクネ菌の増殖

「ニキビの原因は?」と聞くと、多くの方が「アクネ菌!」と答えるでしょう。確かにアクネ菌はニキビ炎症の元となりますが、実はこちらも、本来はそんなに悪者でもないのです。アクネ菌は外から入ったバイキンのようなイメージがあるかもしれませんが、実は健康なお肌にも存在する、常在菌の一種です。適量であれば、全く問題はありません。ですが毛穴のつまりが起き蓋をされてしまうと、中は酸素不足に。酸素のあるところでは生きにくいアクネ菌にとっては、最高に増殖しやすい環境となってしまいます。アクネ菌は皮脂を分解して脂肪酸を作り出しますが、この脂肪酸が炎症の元となってしまうのです。炎症の強い赤ニキビや黄ニキビは、主にアクネ菌が原因となって発生しています。

ニキビ跡の原因1・メラニンによる色素沈着

ひどいニキビを頑張って治したのに、茶色く跡が残ってしまった…、ショックですよね。この跡は、実はメラニンの色素沈着によるものなのです。「え?メラニンって、紫外線で出るものじゃないの?」と思った方もいると思います。確かにメラニンは、紫外線の刺激を感じると、お肌の奥のメラノサイトから放出されます。これは紫外線などの外敵からお肌を守る、バリア機能の役割をしているのです。メラニンは、本来お肌を守ることが使命なので、ニキビによる炎症を感知すると、「強い刺激」と判断してしまい、ここでもメラニンを生成してしまうのです。そしてそのままお肌の中に残ってしまっているメラニンが、色素沈着を起こし、ニキビ跡となってしまうのです。ニキビ跡は、お肌を守った跡なのですね。

ニキビ跡の原因2・ターンオーバーの乱れ

ニキビが治ってからずいぶん経つのに、消えないニキビ跡。それはお肌のターンオーバーが悪いせいかもしれません。お肌は、自分で定期的に肌細胞を生まれ変わらせています。これをお肌のターンオーバーと言い、顔ならば28日程度で入れ替わります。通常、発生したメラニン色素は、このサイクルの中で自然と外へ排出され、新しい細胞と生まれ変わることで消えていきます。夏場に紫外線を浴びて一時的に日焼けをしても、冬になるころには元の肌に戻っていますよね。それと同じ仕組みです。本来はニキビ跡も数カ月で消えますが、お肌のコンディションが悪くターンオーバーが乱れていると、いつまでもメラニン色素が排出されずにお肌にとどまり、色素沈着となってしまうのです。だから、ニキビケアには、お肌の改善も大切なのですね。

ニキビ跡の原因3・真皮層の破壊によりクレーターができる

激しい炎症のニキビが治った後、ポコッと潰れた、いわゆるクレーター跡ができる場合があります。クレーター跡には、茶色跡とは少し違った理由があります。お肌は一番外側が4層の表皮層、その奥に真皮層と続いています。ほとんどのニキビ跡は、この表皮層の中で起き、28日間のターンオーバーで生まれ変わります。ですが、ニキビを潰したり、そのまま治療せずに放置した場合、どんどん奥まで炎症が広がり、真皮層まで到達してしまう時があります。もちろん真皮層もターンオーバーをするのですが、その速度は表皮層に比べてとても遅く、3~5年と言われています。傷ついた真皮層は再生しきることができずに、そのまま穴となってしまいます。ニキビケアは、早いに越したことはありませんね。

ニキビ跡が残る可能性が高いニキビ・赤ニキビの特徴

ニキビには、赤・黄・白・黒ニキビと主に4種類あります。中でもニキビ跡を作らないために気を付けたいのは、赤ニキビになります。赤ニキビというのは、アクネ菌が原因となっている炎症系のニキビです。皮脂や汚れでふさがってしまった毛穴の中では、アクネ菌が増殖し始めます。アクネ菌は酸素があると活動しにくい性質があります。つまり蓋をされた毛穴の中はアクネ菌にとっては好都合。どんどん増殖をしてしまうのです。増えたアクネ菌は古くなって酸化した皮脂から遊離脂肪酸を作り出します。これが炎症を起こすのです。激しい炎症が起きれば、メラニン色素が発生してしまいます。結果として、ニキビ跡になってしまう可能性がありますので、赤ニキビには要注意です!

ニキビ跡が残る可能性が高いニキビ・黄ニキビの特徴

4種類のニキビの中で、もう1つ、ニキビ跡に注意すべきニキビがあります。それが黄ニキビです。黄ニキビというのは、表面から見るとぷくっと丸くなり、中が膿んでいるように見えるタイプです。黄ニキビは急にできるものではなく、赤ニキビの延長としてできます。赤ニキビがさらに悪化すると、なんとか炎症をおさめようと、全身から白血球が集まってきます。白血球が菌を退治し、その残骸がたまったものが膿となるのです。炎症が広がると、毛包の周りだけにとどまらず周辺組織も壊してしまいます。その状態になってしまうと、メラニンによる赤や茶色の色素沈着だけではなく、傷ついて修復しきれず凹んだ跡ができてしまうのです。黄ニキビには特に注意が必要ですよ!

ニキビ・ニキビ跡におすすめの美容液の選び方

選び方1・ビタミンC誘導体配合の美容液を選ぼう

ビタミンCが「美肌ビタミン」と言われるほどお肌に良いのは、みなさんご存じかと思います。ビタミンCの変化形・ビタミンC誘導体は、ニキビにも効果のある成分ですので、美容液を選ぶときには是非チェックしてみてください。そもそも誘導体というのは何でしょうか?ビタミンはもともと、そのままの状態ではとても不安定で、化粧品などには使いづらいものです。そのため少し科学的に手を加えて水溶性・油溶性・両溶性の3種類の誘導体という形にし、吸収しやすくしたものになります。それぞれの特性を生かして、メラニンの生成を抑えたり、皮脂の酸化防止、皮脂分泌量のバランスをとるなど、ニキビにはとても嬉しい効果があります。ニキビケアと同時に、ハリやシワなどの肌改善も一緒にできる優秀な成分なのです。

水溶性ビタミンC誘導体とは?

水溶性ビタミンC誘導体は、ビタミンCを水に溶けやすい形に変化させた誘導体です。本来のビタミンCよりも状態が安定しており、吸収力がとても良く、即効性が特徴の成分です。3種類の誘導体の中では浸透力は浅めですが、それでも通常のビタミンCの約8倍の深さまで到達することができます。成分の持続力は大体12時間と、かなり効果を発揮することがわかります。水に溶けやすく吸収が早い特性を生かして、主にローションや美容液に使われていることが多いようです。水溶性ビタミンCは、毛穴詰まりなどの皮脂コントロールをするのが上手なので、ニキビケアには最適の成分です。もちろんニキビケア以外のスキンケアも有効で、保湿・美白ケアにも効果大です。

水溶性ビタミンC誘導体の成分表示名

水溶性ビタミンC誘導体は水に溶けやすいため、化粧水や美容液など、主に水分の多めの製品に配合されていることが多いようです。これらの製品を購入する場合、成分表示欄には「水溶性ビタミンC」とは記載されていませんので、注意が必要です。例えば、リン酸アスコビル(3Na)、アスコルビン酸グルコシド、3-0-エチルアスコルビン酸、リン酸アスコビルマグネシウムなどの名前が成分表にあれば、水溶性ビタミンCが配合されていると言えます。即効性があり、効果を感じるのが早いのですが、少しさっぱりとした使い心地のものが多いため、乾燥肌や敏感肌の方は少し注意をして選ぶと良いでしょう。脂性ニキビで悩むオイリー肌の方にはおすすめの成分と言えます。

油溶性ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCを、脂に溶けやすい性質に変化させたものが、油溶性ビタミンC誘導体になります。この成分の一番の特徴は、高い浸透力です。油溶性は分解されにくいので、奥の奥まで届くことができ、その浸透力は従来のビタミンCのなんと20倍と言われています。3種類の誘導体の中では即効性は低いですが、じっくりと時間をかけて効果を発揮するので、持続力は24時間というとても安定した成分です。お肌の奥の奥まで届くので、たるみ、毛穴、小じわ対策など、表面上ではできない根本的なエイジングケアなどにも使われる、有能な成分です。油溶性ビタミンC誘導体は、主にクリーム、乳液、ジェルなどに配合されていますので、購入時は少し気を付けてチェックしてみましょう。

油溶性ビタミンC誘導体の成分表示名

油溶性ビタミンC誘導体は脂に溶けやすい性質を持っているため、主にクリームや乳液、ジェルなどに配合されていることが多い成分です。こちらも製品には、「油溶性ビタミンC」とは記載されておりませんので、購入時には注意したいところです。成分表示に、テトライソパルチミン酸アスコビル、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸アスコルビル、テトラヘキシルデカン酸アスコビルなどの名前が記載されていれば、油溶性ビタミンC配合と言えるでしょう。大人ニキビに悩む乾燥肌や敏感肌の方や、長いニキビ跡のある方、根本的な肌改善をしたい方などにおすすめです。反対に、皮脂分泌の高い思春期ニキビの方などは、使用前に一度よく検討してみた方が良いでしょう。

両溶性ビタミンC誘導体とは?

両溶性ビタミンC誘導体というのは、その名の通り水溶性と油溶性の両方の性質を持つ新しい誘導体で、新型ビタミンC誘導体とも言われます。即効力と、真皮まで到達するほどの浸透力をあわせもつところが、一番の特徴と言えます。もともとお肌の表面は、水と油が混ざっている構造をしているので、両溶性が一番肌に合っていると言えるでしょう。表皮層の下の真皮層まで届き、コラーゲンやエラスチンを増やすので、ニキビ跡をはじめとするホワイトニング、ハリ、弾力アップなどのエイジングケアなど、根本的な肌改善にも最適です。化粧水として使われることが多いです。効能は非常に高いのですが、状態が少し不安定で、お値段も少し張るという一面もあります。

両溶性ビタミンC誘導体の成分表示名

両溶性ビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性をあわせもつため化粧水などに使われることが多いです。こちらも、成分表示には油溶性ビタミンCとは記載していないので、注意が必要です。成分表示欄には、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS:アプレシエと書いてある場合もあります。)、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、アスコルビル(またはトコフェリル)リン酸K、カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸などの表記があったら、両溶性ビタミンC配合ということになります。少し難しい名前が多いですが、浸透力の高い、アンチエイジングなどにもとても効果のある有効成分なので、是非チェックしてみてください。

選び方2・肌悩みに適した成分が配合されているものを選ぼう

ニキビ用美容液を購入しようと決めてみたものの、「さて
、いっぱいありすぎてどれを選んでいいのかわからない…。」と悩んでいる人は、意外と多いと思います。ニキビにも思春期ニキビ、大人ニキビと種類がいろいろあります。肌の状態によっても、乾燥肌、オイリー肌、荒れと、ニキビができている原因も違います。それぞれのお肌に合った最適の製品を選ぶのが、一番効率よく効果を感じる方法と言えますよね。現在は様々なニキビ用美容液が販売されており、その成分、処方、タイプも充実しています。自分の肌悩みはニキビの原因ともなっている可能性がありますから、ニキビ効果に合わせて、しっかりお肌のトラブルも改善してくれる、自分にぴったりの一本を選びましょう。

ニキビ肌には抗炎症成分(グリチルリチン酸ジカリウム・アラントインなど)配合のものがおすすめ

ニキビ用美容液選びで悩んでいる人は、まず、ニキビ対策に有効な成分の入っているものを選びましょう。グリチルリチン酸ジカリウムやアラントインなどの成分は、とても抗炎症作用が強く、肌荒れも改善できる優秀な成分です。赤や黄の炎症してしまっているニキビの人や、肌荒れが原因となっている大人ニキビの人などにもとてもおすすめです。グリチルリチン酸ジカリウムは、マメ科の植物甘草(カンゾウ)の根から抽出された成分で、優しい天然由来成分のため、敏感肌の方でも安心。アラントインも、羊の羊膜から抽出された成分で、やけどや肌荒れの医薬品、化粧品、あかちゃんのかぶれ防止剤としても使われるほどのとても優しい成分なので、安心して使用できますよ。

ニキビ跡には高保湿成分(セラミド・ヒアルロン酸・プラセンタ・コラーゲンなど)配合のものがおすすめ

ニキビケア美容液を選ぶ際には、高保湿成分もチェックしましょう。大人ニキビは乾燥が原因のことも。保湿で、ニキビのできない健康なお肌の土台を作ることがとても大切です。セラミド、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなどが配合されているものを選びましょう。セラミドは、角質層の重要な保湿因子です。肌バリアを作り、刺激から守ってくれます。ヒアルロン酸は、1gで6ℓの水を含むという超強力ゲル状保湿成分です。真皮のコラーゲンを支えています。プラセンタは胎盤由来の成分になります。アミノ酸などの栄養が豊富で細胞を作る元となるので、アンチエイジングにも最適です。最後にコラーゲンは、表皮の奥、真皮の70%を構成しているたんぱく質の成分です。歳と共に減って行くので、しっかり補充しましょう。

選び方3・低刺激処方のものを選ぼう

ニキビケア美容液は個性が様々で、ものによっては使用後にピリピリした、刺激があったなどの声も多いものです。敏感肌の方や、ニキビの炎症や肌荒れがひどい人は、低刺激処方のものを選ぶと良いでしょう。アレルギーテスト済みやスティンギングテスト(かゆみやひりひり感のチェック)済みの製品、更には「ノンコメドジェニック処方」の製品を選ぶと安心です。こちらは、毛穴をふさぐコメド(皮脂や角栓、汚れの固まったもの)をできにくくする美容液です。多くのニキビケア用品の油は、時折ニキビを悪化させてしまいます。この処方は、アクネ菌を増やしにくい成分で作られており、とても低刺激。ニキビの悪化を心配している人には最適の処方なのです。ノンコメドジェニックテスト済みと表記される場合もあります。

選び方4・使い続けられるテクスチャー、香りのものを選ぼう

ニキビケア美容液は、一定期間継続して使うものですから、香りやテクスチャーが自分のお気に入りであることも大切です。現在様々なニキビケア美容液が販売されています。オイリーなお肌の方だったら、さっぱりした使い心地のローションタイプのもの、乾燥肌の方ならミルク乳液状のものやクリームタイプなどが合うかもしれません。他にも、なめらかなジェル状のもの、とろっとしたリキッドなどいろいろありますので、お肌と好みに相談して選びましょう。また、使う範囲が広い人はジェルやローション、ポイント使いの人はチューブタイプのクリームなどもおすすめです。ビタミンC配合のものは柑橘系の香りのものが多いですが、ニキビケア用品の中には、エタノール臭のような、薬っぽい印象のものも多いので、気になる人は注意してみてください。

ニキビ・ニキビ跡に効く美容液のおすすめランキング

オバジC/ロート製薬

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ロート製薬のオバジCは、高濃度なビタミンCを配合している美容液です。オバジCは毛穴の開き、黒ずみ、ニキビ跡などを改善する働きがあります。洗顔をして化粧水でお肌を整えた後に、3滴から4滴ぐらい皮膚に塗ることでターンオーバーを促進する働きがあります。朝晩のスキンケアにオバジCを使用することで、古い角質を取り除く働きがあります。皮膚が乾燥しやすく、敏感な人は皮膚に塗るとピリピリすることがありますが、しばらくすると治まる場合は問題なく使用出来ます。ロート製薬のオバジCは、安全性の高い成分で作られているので、皮膚に疾患などがない場合は特に問題はありません。皮膚が敏感な人は、念のためにパッチテストをしてから使用すると良いでしょう。

メラノCC薬用しみ集中対策美容液/ロート製薬

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ロート製薬のメラノCC薬用しみ集中対策美容液は、活性型ビタミンC、アスコルビン酸、グレープフルーツエキスなどが配合されている商品です。ドラッグストアやインターネット通販などで販売されており、比較的リーズナブルな価格で購入出来ます。繰り返すニキビやニキビ跡で悩んでいる人は、洗顔後に化粧水でお肌を整えた後に、3滴から4滴ぐらいお肌になじませると良いでしょう。メラノCC薬用しみ集中対策美容液は、ビタミンCの働きで、皮膚のターンオーバーを促進するため、ニキビ跡を目立たなくする働きがあります。毛穴の黒ずみ、開き、皮膚のざらつきなどで悩んでいる人は、しばらく続けてみると良いでしょう。メラノCC薬用しみ集中対策美容液は、毎日使用しても1か月ぐらいは持ちます。

詳細はコチラ → 【メラノCCの口コミ】ニキビ美容液の効果とレビューについて

ホワイトニングエッセンス/オルビス

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

オルビスのホワイトニングエッセンスは、独自の美白成分m-ピクセノールが含まれているので、皮膚のターンオーバーを促進して、ニキビやニキビ跡を改善する働きがあります。安全性の高い植物由来成分が配合されているので、皮膚への刺激が少なく、毛穴の開きや黒ずみ、ざらつきなどを改善する働きがあります。オルビスのホワイトニングエッセンスは、乳液のような形状になっており、べたつきなどがなく使用感が良いのが特徴です。毎日使用しても1か月以上は持つので、コストパフォーマンスが良いのが魅力です。オルビスのホワイトニングエッセンスは、洗顔をして化粧水で整えた後に、3滴から4滴ぐらい使用します。皮膚の新陳代謝を促進して、透明感のある素肌を維持出来ます。

薬用ホワイトニングクリアセラム/エトヴォス

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

エトヴォスの薬用ホワイトニングクリアセラムは、美白成分のトラネキサム酸が含まれている薬用美容液です。たっぷりと50ml入っているので、コストパフォーマンスの良い商品です。エトヴォスの薬用ホワイトニングクリアセラムは、合成界面活性剤、着色料、香料、アルコールなどが含まれていないので、低刺激でお肌に負担が少ない商品です。普通肌の人はもちろんですが、乾燥肌、敏感肌の人でも使用できる商品です。皮膚が弱くデリケートな人は、念のためにパッチテストをしてから使用すると良いでしょう。薬用ホワイトニングクリアセラムは、有効成分の働きでメラニンの生成を抑える働きがあります。しみやそばかすを予防したり、ニキビ跡を改善する働きがあります。

タカミエッセンスCE/タカミ

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

タカミのタカミエッセンスCEは、美白効果、血流を促進効果のあるビタミンCとビタミンが配合されている美白美容液です。タカミエッセンスCEはべたつきがなく、使用感が良いのが特徴になっており、保湿効果の高い美容液なので乾燥肌、敏感肌の人も使用出来ます。タカミエッセンスCEは、皮膚の内部に浸透しやすいビタミンC誘導体が含まれているので、洗顔後に化粧水で整えた後に適量を塗っておくと良いでしょう。タカミエッセンスCEは、毎日使用することでメラニンの生成を抑えて、ニキビやニキビ跡を改善する働きがあります。低刺激でお肌に負担の少ない商品ですが、皮膚が弱くて敏感な人は、パッチテストをしてから使用すると良いでしょう。

Cセラム美容液/ビーグレン

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ビーグレンのCセラムは、極小のカプセル粒子になったピュアビタミンCを配合した美白美容液です。低刺激でお肌に負担が少ないですが、皮膚が敏感な人はパッチテストをしてから、少量から始めると良いでしょう。ビーグレンのCセラムは、洗顔後に化粧水で整えてから、適量を肌になじませると皮膚が温かく感じます。ビーグレンのCセラムは、ピュアビタミンCの働きで、皮膚のターンオーバーを促進したり、メラニンの生成を抑える働きがあります。根気よくお手入れを続けることで、ニキビやニキビ跡を改善する働きがあります。しみやそばかすが気になっている場合は、優れた美白、保湿効果が期待できる商品です。皮膚のくすみ、黒ずみ、皮膚のざらつきが気になっている人にお勧めです。

関連ページ:【ビーグレンの口コミ】悪い評判とニキビ跡への効果について

CエッセンスVC5/EBiS(エビス)

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

EBiS(エビス)のCエッセンスVC5は、高濃度なビタミンCが配合されており、クエン酸が含まれている美白美容液です。EBiS(エビス)のCエッセンスVC5は、ビタミンCやクエン酸の働きで毛穴の黒ずみ、ざらつき、ニキビ跡、しみなどを改善する働きがあります。EBiS(エビス)のCエッセンスVC5は、美顔器を使用して皮膚に浸透させることで、美白、保湿効果を高める働きがあります。信頼できる会社の商品なので、安全性に優れており、あらゆる肌質の人が使用出来ます。敏感肌の人は刺激を感じることがあるので、最初は少ない量から始めると良いでしょう。皮膚の内部に有効成分が浸透するので、ターンオーバーを促進して、メラニンの生成を抑える働きがあります。

VC100エンリッチセラム/ドクターシーラボ

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ドクターシーラボのVC100エンリッチセラムは、浸透型ビタミンC、コエンザイムQ10、プラセンタなどの成分が含まれている薬用美白美容液です。ドクターシーラボのVC100エンリッチセラムは、洗顔後にローションで整えた後に適量を皮膚になじませることで、皮膚に内部に有効成分が浸透します。べたつきなどがなく、保湿効果、美白効果の高い商品です。毎日スキンケアに使用することで、ニキビやニキビ跡を改善したり、メラニンの生成を抑える働きがあります。ドクターシーラボのVC100エンリッチセラムは、敏感肌の人は刺激になることがあるので、パッチテストをしてから使用すると良いでしょう。たっぷりと容量が入っており、コストパフォーマンスの良い商品です。

ホワイトニングエッセンス/ファンケル

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ファンケルのホワイトニングエッセンスは、美白効果の高いビタミンC、サクラ葉エキスなどが配合されている商品です。合成着色料、アルコール、合成界面活性剤、パラペンなどが含まれておらず、無添加で安全性の高い美白美容液です。低刺激でお肌に負担が少ないので、敏感肌、乾燥肌の人でも使用することが出来ます。ファンケルのホワイトニングエッセンスは、洗顔後にローションでお肌を整えてから、適量を塗ることでメラニンの生成を抑える働きがあります。繰り返すニキビやニキビ跡、しみ、そばかすなどで悩んでいる人にお勧めです。ファンケルの公式サイトから、購入すると30日間の返金保証が付いているので、気軽に試すことが出来ます。毎日使用することで、お肌に透明感が出てきます。

HAKUメラノフォーカスZ/資生堂

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

資生堂のHAKUメラノフォーカスZは、優れた美白成分のあるトラネキサム酸が配合されている薬用美白美容液です。安全性の高い製法で作られているので、低刺激でお肌に負担が少なく、敏感肌や乾燥肌の人も使用出来ます。敏感肌の人は刺激を感じることがあるので、事前にパッチテストが必要です。資生堂のHAKUメラノフォーカスZは、皮膚のターンオーバーを促進して、メラニンの生成を抑える働きがあります。口コミでも評価の高い商品なので、有効成分が皮膚の内部に浸透しやすくなっています。べたつきがなく、皮膚になじみやすいです。ニキビ跡で悩んでいる人、毛穴の開きや黒ずみなどが気になっている人は、しばらく続けてみると良いでしょう。無添加で安全性の高い商品です。

スパトリートメントEXリアルCセラム/ウェーブコーポレーション

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ウェーブコーポレーションスパトリートメントEXリアルCセラムは、お肌を整える働きのあるアスコルビン酸、美白効果の高いピュアビタミンCが配合されている、薬用美白美容液です。皮膚に内部にピュアビタミンC、アスコルビン酸などの成分が浸透するので、ニキビ跡を改善したり、毛穴の黒ずみや皮膚のざらつきを改善します。ウェーブコーポレーションスパトリートメントEXリアルCセラムは、優れた保湿、美白効果があるので、皮膚のターンオーバーを促進します。ピュアビタミンCは、皮膚に浸透しやすいので、しみやそばかすを予防したい人にお勧めです。ウェーブコーポレーションスパトリートメントEXリアルCセラムは、低刺激でお肌に優しい商品です。

Cコンセントレートオイルセラム/ドクターケイ

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

ドクターケイのCコンセントレートオイルセラムは、高濃度なビタミンC、ビタミンA、ビタミンB群などが含まれている美白美容液です。ドクターケイのCコンセントレートオイルセラムは、スクワランやホホバ種子エキスなどが含まれているため、保湿、美白効果が高いのが特徴です。安全性の高いボタニカル成分で作られているため、お肌が弱く敏感な人でも使用出来ます。ドクターケイのCコンセントレートオイルセラムは、洗顔後に適量を皮膚になじませることで、ニキビやニキビ跡を改善する働きがあります。有効成分が皮膚に浸透しやすく、根気よく続けることでしみやそばかすを予防します。ドクターケイのCコンセントレートオイルセラムは、優しい香りが心身を癒す効果があります。

DSラインコンセントレートビタミンC美容液/キールズ

商品名
会社名
容量
価格
用法
おすすめ成分

キールズのDSラインコンセントレートビタミンC美容液は、純度の高いビタミンCの含有量が多く、ヒアルロン酸などの美容成分が豊富に含まれている美白美容液です。キールズのDSラインコンセントレートビタミンC美容液は、シトラス系の優しい香りが心身を癒す働きがあり、皮膚の内部に有効成分が浸透して、皮膚のターンオーバーを促進する効果があります。キールズのDSラインコンセントレートビタミンC美容液は、洗顔後に適量お肌全体になじませることで、優れた保湿、美白効果が期待出来ます。キールズのDSラインコンセントレートビタミンC美容液は、安全性の高い成分で作られており、ニキビやニキビ跡を改善しやすくなります。皮膚が弱い人は、パッチテストをしましょう。

ニキビ・ニキビ跡に効くおすすめ美容液ランキングまとめ

繰り返すニキビやニキビ、しみなどで悩んでいる人は、口コミでも評価の高い美白美容液を使用することで、皮膚のターンオーバーを促進したり、メラニンの生成を抑える働きがあります。高濃度やビタミンCを配合している商品、美白効果の高いトラネキサム酸などが含まれている商品が人気です。ビタミンCやビタミンEは、優れた美白、保湿効果があるのが特徴です。薬用美容液は、洗顔後に化粧水で整えた後に適量を塗ることで、ニキビやニキビ跡を目立たなくします。敏感肌や乾燥肌の人でも、刺激が少ない商品が揃っています。皮膚が弱く敏感な人は、多少は刺激を感じることがありますが、時間を経過すると問題ないことが多いです。根気よく使用することでお肌の調子が整ってきます。