【妊娠で胸が大きくなる?】妊娠によるおっぱいの変化/妊婦のマタニティブラの選び方

妊娠すると胸が大きくなる理由/妊娠によるおっぱいの変化について

離れ乳におすすめのナイトブラ

妊娠により胸が大きくなる理由1・女性ホルモン(エストロゲン)の増加

妊娠した時に胸が自然と大きいと感じることがありますが、様々な要因の中に女性ホルモンであるエストロゲンが体内で増加しているケースがあります。急に大きくなったと感じますが、体内ではちゃんとメカニズムがあります。それは妊娠してから7週までは初期段階として、卵巣より女性ホルモンのエストロゲンによって体調を維持していきます。妊娠している状態を維持しながら、8週目以降は胎盤を構成しなければなりません。胎盤となる絨毛細胞がエストロゲンを生産していきながら、妊娠末期まで増えていきます。そして分娩が開始される前に、体内でエストロゲンの濃度は最も大きくなります。これが子宮に作用していき、子宮頸管も次第に柔らかくしていきます。

エストロゲンは乳腺を増殖させる

女性ホルモンであるエストロゲンが乳腺を増殖することによって、妊娠時に胸が大きくなると感じます。出産するにあたって女性ホルモンで妊娠中に大切なエストロゲンが増えていきながら、安定していくことになります。エストロゲンは女性ホルモンの一種ですが出産した後の準備にともなって、徐々に乳腺を妊娠中から育てていくことができます。これが発達していくと授乳に関して準備が整っていきますが、妊娠から出産するまでの間でエストロゲンは大切な役割を持っています。胎盤からHCGという刺激のあるホルモンが排出されていき、エストロゲンは増えていきます。これが乳腺を体内で細かく分岐させたり腺房などを促していていきます。出産が成立して成熟するとともに、エストロゲンも最大となります。

妊娠により胸が大きくなる理由2・女性ホルモン(プロゲステロン)の増加

エストロゲン以外にも、プロゲステロンという女性ホルモンが増加することで妊娠中に胸が大きくなっていきます。新たな命が徐々に体内で育っていく妊娠中は、次第に女性ホルモンが増えていきます。主には卵巣で形成されるエストロゲンや、プロゲステロンが代表的です。初産だと不安やストレスなどによって、徐々に妊娠うつとなってしまうこともあります。これはエストロゲンやプロゲステロンを生み出すのに大きな影響を与えることもあるので、妊娠中に精神的なバランスを崩してしまうこともあります。胸が大きくなっていきながらストレスを感じることもありますが、プロゲステロンがないと乳腺葉が発達せずに出産後の授乳時に効果を発揮しません。胸を大きくしていくとともに、ストレスなどを解消しながら着実に新生児に授乳できるようにプロゲステロンは増加していくようにしましょう。

プロゲステロンは乳腺葉を発達させる

女性ホルモンの一種であるプロゲステロンによって、乳腺葉が発達していきます。女性ホルモンの中で胸に影響を与えるのがエストロゲンやプロゲステロンですが、プロゲステロンは特に日常生活で胸の張りを感じる時に分泌されている女性ホルモンです。主にエストロゲンによって乳腺が育っていきますが、過剰になると乳腺症となってしまいます。その中でプロゲステロンは乳腺葉に効果をもたらして、より母乳がしっかりと出るように配慮されています。妊娠時にプロゲステロンによって乳腺組織が増えていくので、より授乳がしやすい状態になっていきます。そして閉経時に乳腺葉が育ってきたところで女性ホルモンも減少しながら、乳腺が脂肪へ変わります。その間は乳腺葉をプロゲステロンが育て、より出産に整えていけるようになります。

乳腺葉が発達すると周囲に脂肪がつきやすくなる

胸を育てていく中で脂肪が必要ですが、プロゲステロンなどで乳腺葉が徐々に発達していくと脂肪がつきやすい状態になります。最初は出産までに様々な女性ホルモンが分泌されていき、胸が大きくなっていると実感します。そもそも胸は皮下脂肪や乳腺から形成されていて、エストロゲンやプロゲステロンが着実に働いています。着実に膨らみ始める時に分泌されているエストロゲンが、乳腺を育てていきます。そして乳頭にある乳腺葉を育てるのがプロゲステロンで、発達しながら出産に備えていきます。プロゲステロンによって育っていった乳腺葉は放射線状に育ち続けて、出産を終えて閉経時に乳腺が対して脂肪がつきやすくなります。授乳を終えるまではしばらく胸が大きくなると感じますが、脂肪が周囲についていることで実感します。

妊娠によるおっぱいの変化1・サイズや胸囲の変化

妊娠中にブラジャーのサイズが大きくなったと実感する人も多いですが、胸囲の変化も気になることでしょう。ホルモンバランスによって体は変化しますが、妊娠した時にも大きく変わっていきます。主に乳腺を育てていく時に分泌されている女性ホルモンはエストロゲンやプロゲステロンで、これらの分泌量が出産まで増えていきます。それぞれの女性ホルモンが分泌されていくことによって、次第に胸が大きくなっていくことでしょう。プロゲステロンが乳腺の先端にある乳腺を放射線状に広げていく乳腺葉へと働きかけていき、胸を大きくするために組織を発達させていきます。そしてエストロゲンによって乳腺も育ち、補うように胸もサイズが大きくなっていきます。

胸囲は20㎝、サイズは2~3カップ大きくなるケースが多い

実際に妊娠して胸が大きくなったと感じた時に、実際に計測してみると一般的に胸囲が20センチ程度増加していることがあります。そしてブラジャーのサイズでみてみると、2カップから3カップ大きくなっているケースが多いので嬉しさを感じる人もいることでしょう。妊娠で徐々に胸が大きくなりますが、気づいてくるのが妊娠してから大体2ヶ月目あたりとなります。個人差はありますが女性ホルモンによって、分泌されていくことで少しずつ胸が張っていきます。これが出産まで少しずつ胸が大きくなっていくので、出産する頃には普段から2カップから3カップほど大きくなっているケースが少なくありません。その後出産して授乳を終えるまでは、このサイズが維持されることになります。

妊娠によるおっぱいの変化2・乳首が黒くなる

妊娠中の胸の変化を見ていくと大きさだけでなく、乳首が黒くなっていくことも実感していきます。これには原因があり、出産後には改善されることもあります。不安に駆られる人も多いですが、女性ホルモンの影響で乳首が黒くなっていきます。妊娠中特有の現象でもあるので、出産した後で徐々に改善することもあります。ホルモンバランスで妊娠していくと変化はありますが、メラニン色素が主に乳首が黒くなっていく原因となります。紫外線でシミを生み出す時に多く出てくるのがメラニン色素ですが、決して全てが悪いものではありません。メラニン色素は時に体を守ってくれる働きを持っており、この場合も乳腺を育っていく中で黒くなっていきます。

女性ホルモンの増殖によるもの

乳首が黒くなってしまう時には病気などではなく、女性ホルモンが体内で増殖しているものです。乳腺を育てていく時に分泌されていくのがエストロゲンやプロゲステロンで、それぞれが妊娠中に多く出て乳腺を育てていくことになります。メラニン色素によって色素沈着ができてしまうこともありますが、女性ホルモンの影響で乳首が黒ずんでいくことでしょう。しかし妊娠中は女性ホルモンが過剰に分泌されている状態なので、一時的に黒くなってしまうことがあります。どうしても気になってしまうこともありますが、女性ホルモンが一時的に過剰に分泌されていると捉えておきましょう。出産してから現象は収まっていくので、乳首に蓄積していたメラニン色素も薄れていきます。

妊娠によるおっぱいの変化3・乳輪にブツブツができる

時折妊娠中に乳輪に細かいブツブツができていることがあり、何かしらの病気にかかってしまったのではと不安になる人もいます。しかし妊娠中に起こるブツブツは意味合いがあり、乳輪線ともいわれるモンゴメリー腺が影響しています。乳首にできているモンゴメリー腺はしっかりと役割を持っており、乳首や乳輪を外部からの細菌の侵入を防いだり乾燥していくのを守っていきます。皮脂を適度に分泌する働きを持つモンゴメリー腺が表面に出てきて、乳輪にブツブツができるように見えます。しかし皮脂によって乳首や乳輪を乾燥から日常生活で守っていくので、必要不可欠といえるでしょう。弱酸性にも保たれるので、外部から入ってくる細菌を防いでいきます。皮脂が出ていると認識して、無理やり改善しない方が賢明と言えるでしょう。

モンゴメリー腺の発達によるもの

モンゴメリー腺が発達していくことによって、乳輪にブツブツができるように見えてしまいます。妊娠初期である15週目あたりまでは、ヒリヒリと痛みを感じてしまうことがあります。これは妊娠した時に女性ホルモンが活発に分泌されている時で、その影響や乳房内にある乳腺などの構造が変化しています。これで乳首と乳房に対して敏感になっていき、刺激によって痛みを感じてしまうことがあります。そして乳輪の部分では大きくなったり色濃くなっていくだけでなく、モンゴメリー腺による小さなブツブツが見えてきます。モンゴメリー腺より保湿オイルのように皮脂が出て、乳輪などを守っていきます。出産まで徐々に発達していくので、それに伴って痛みもありますが感染症などからちゃんと守ってくれます。

妊娠によるおっぱいの変化4・胸の血管が浮き出る

お風呂に入ろうとした時に服を脱いでみると、妊娠中の体において驚くのが胸の血管が浮き出ていることです。朝になると戻ることもありますが、妊娠中では起こり得ることです。これは乳腺が次第に発達している証拠で、妊娠する時に見られる現象です。変化に怖くなってしまう人もいますが、出産してから状況は戻っていくので安心して生活を送るといいでしょう。乳腺が発達しながら脂肪が蓄積されていくとともに、血流も増えていきます。これで乳房が次第に大きくなっていくので、血管系も着実に併せて発達していきます。皮膚の表面にある静脈を見ていくと、膨らんで青い筋が生まれていくことでしょう。次第に盛り上がっていくこともありますが、妊娠中特有と言える減少となっています。

胸部への血流の増加によるもの

血管が浮き出ているのは胸部に対して、体の中で血流が着実に増えている証拠です。妊娠中は女性ホルモンも分泌されていく中で、乳腺が育っていきます。脂肪も自然とついていく中で、血流を増やして礎を作っていかなければなりません。そこで妊娠してから中期から後期にかけて、体が耐えられるように血流が活発になっていきます。これは不安になってしまう人もいますが、全く問題はないので普段通りに生活しても構いません。静脈瘤が乳房に生まれることもあり、不安になってしまう人もいることでしょう。これは乳房が大きくなって血管を圧迫していき、循環が悪くなった時に静脈に血液がたまった時に起こります。この現象は乳腺の発達によって血管が浮き出ているので、さほど心配はありません。

妊娠で胸が大きくなる時期/おっぱいが変化する時期

妊娠2カ月ごろの変化/胸が張って大きくなる

妊娠が発覚してから2ヶ月あたりまでは、胸が徐々に張って大きくなっていることを実感することでしょう。時折痛みを生じることもありますが、着実に妊娠していると気づく状況になっていきます。体の変化を感じ取ることも増えて乳房が張ったり、おしっこが近くなる現象も増えていきます。また状態によっては体にだるさを感じたり便秘、疲労感をより覚えることもあります。どうしても体調が厳しいと感じる時は、無理せずに休ませることも必要になります。もしも生理が来なかったら、妊娠が発覚していくのもこの時期となります。グレープフルーツくらいに子宮も大きくなりますが、胸の大きさも変わっていきます。体調管理に注意しながら、妊娠初期を進めていくことでしょう。

サイズが1~2カップ大きくなるケースが多い

妊娠して時期がある程度過ぎてくると、普段から着けているブラジャーが合わないと感じることがあります。実際に確認してみるとブラジャーのサイズが1カップから2カップ大きくなっていることもあり、着実に育っていると実感することがあります。なかなか妊娠初期だとつわりが多くなってしまうこともあり、体調は厳しいと感じることでしょう。加えて服や下着で体がきつく締め付けられていると感じることもあり、体調不良になってしまうこともあります。カップ数が大きくなってきた時にはマタニティウェアなどを着用するだけでなく、ワイヤーがついていないブラジャーも活用していきましょう。胸囲も20センチほど増えることがあるので、余裕を見ながら購入するのもポイントです。

授乳が終わるまで胸が大きい状態が続く

出産してから授乳を行っていく中で、胸の張りをずっと感じることでしょう。ただ授乳を終えたところで、胸が徐々にしぼんでいくのを感じることでしょう。胸が大きい状態は授乳が続いている時には感じますが、徐々にしぼむと寂しさを感じてしまうかもしれません。胸が大きくなるのは妊娠初期から進んでいきますが、産後初期では授乳を何度も行うことになります。出産してから1ヶ月から~2ヶ月後になると、女性ホルモンも一段落して分泌が収まっていきます。これが乳腺脂肪も減っていく要因になるので、妊娠中に大きくなっていた胸は少しずつ小さくなってきます。そして半年程度経過すると妊娠中に大きくなった胸もホルモンバランスによって、しぼんでいくのを実感することでしょう。

授乳を辞めると元のサイズに戻る

授乳を続けていく中で胸の大きさも変化していると実感する人は多く、本来のサイズに授乳を止めると変わっていくことでしょう。産後後期は出産してから半年から1年以内といわれていますが、急激に胸がしぼんでいくのを実感することでしょう。授乳を止めるとホルモンバランスも正常な状態に戻っていくので、妊娠初期に感じた育っていく時に生じる痛みなども感じなくなっていきます。最も注意したいのが胸が垂れやすい時期となっているので、女性ホルモンの分泌が止まってきた時には注意しなければなりません。その中でもクーパー靭帯には注意が必要で、胸が元のサイズに戻った時には垂れてしまうことがあります。授乳後のケアも考えながら、元のサイズに戻った時の対応策を事前に検討しておきましょう。

授乳中は胸が大きい状態が保たれている

出産してから定期的に授乳を行うこともありますが、一般的に授乳中は胸が大きい状態が保たれている状態となります。出産してから乳腺組織が次第に発達していき、胸が大きくなっていきます。その後に授乳を行っている時には、ホルモンバランスも維持されているので大きい状態をキープしています。ホルモンバランスが徐々に落ち着いてくるのは授乳を終えた後で、次第に乳腺組織も衰えていきます。すると萎縮して胸が小さくなっていき、元のサイズに戻っていくことでしょう。ある程度維持している授乳中の間に、元に戻っていく際の対応を考えておくといいでしょう。特にクーパー靭帯が胸を支えていますが、筋肉とともに衰えてしまうと垂れてしまいます。

授乳中は女性ホルモンの分泌量は減っている

授乳中や終えた後で徐々に胸がしぼんでいくのは、女性ホルモンの分泌について体内で変化しているのが原因となっています。たとえ授乳を行っていたとしても、妊娠中とは異なって緩やかに体内で分泌される女性ホルモンが抑えられていきます。授乳を終える前でも、ホルモンバランスによっては胸が小さくなって元のサイズに戻っていくことでしょう。授乳していく時に女性ホルモンは妊娠中とは異なって、役目を一通り終えていることもあり減っていきます。その間に胸に影響を与える習慣が、時には元のサイズに戻った時に胸が垂れるなどの悪影響が出てしまいます。例えば授乳中に前かがみになってしまうので、姿勢が悪化してしまうことがあります。授乳中も姿勢などをキープしながら、垂れないように対応しておきましょう。

授乳を辞めると乳腺が元の大きさに戻るため胸のサイズも元に戻る

ホルモンバランスによって乳腺が妊娠中に育っていき、黒ずんでいくこともあれば皮脂を分泌させるためにぶつぶつになることもあります。そして出産してから授乳していくと状態は維持しながらも、ホルモンバランスは落ち着いていきます。その後で出産から半年程度経過して授乳を止めることもあり、そこで乳腺が次第に元に戻っていきます。元のサイズに戻ったところで落ち込んでしまうこともありますが、授乳を辞めたら元に戻るのは当たり前と思っておきましょう。完全に元に戻った時に注意したいのが、胸が筋肉などが衰えて垂れてしまうことです。これはホルモンバランスによって改善されるものではないので、日頃からケアを怠ってはいけません。

授乳後はプロラクチンの影響がなくなり月経が再開する

授乳している時には感じませんが、ある程度落ち着いてくると生理が再び始まっていきます。月経も再開しますが、妊娠中はプロラクチンという女性ホルモンの影響で月経は行われないケースが多いです。授乳を行うために必要な女性ホルモンですが、これは脳の下垂体より分泌されています。妊娠中はプロラクチンが過剰に分泌されていくので、乳腺も成長していきます。そして乳汁産生を行いながら、生理を起こさないようにホルモンバランスを調節していきます。授乳している期間でも生理の再開が遅らせていくので、さほど感じることはありません。授乳を終えてから1ヶ月程度で、徐々に生理が始まっていきます。周期も次第に整っていくので、月経も再開していくことでしょう。

妊娠中の大きくなった胸のケア方法/マタニティブラの選び方

おすすめの家庭用脱毛器

妊娠中のバストケア1・マタニティブラジャーを着用する

妊娠中はマタニティブラジャーを着用しましょう。妊娠中の女性の体は様々な変化があります。お腹が大きくなってくるのはもちろんですが、胸も母乳を作るための準備を始めるため乳腺が活動しはじめはり、胸自体も大きくなり重量も増えてきます。そんな急激な体の変化に普通のブラジャーでは対応しきれません。普通のブラジャーでは大きくなる胸を潰す形になってしまうので、胸の形がきれいでなくなってしまったり、垂れてしまう原因にもつながってしまいます。マタニティブラジャーではカップ部分が横に広く作られているものが多く、そのような心配も少ないです。
そして妊娠中は乳頭や肌も普段よりも敏感になってきてヒリヒリとした痛みを感じる人もいます。マタニティブラジャーは、内側が綿でできているものが多く刺激も少ない作りになっています。
これ以外にもマタニティブラジャーは妊娠中の女性のためにいろいろな工夫がなされているブラジャーです。あなたのためにも胸のためにもマタニティブラジャーを使用するのがオススメです。

マタニティブラジャーの選び方1・ハーフトップのメリット

そんなマタニティブラジャーでもいくつかの種類があります。 まずはハーフトップのメリットについて説明します。ハーフトップとは基本的にワイヤーもホックもない上からかぶって着用するタイプのことです。ワイヤーもホックもないので締め付け感が少なく、包みこんでくれる部分も広くしっかりと胸を支えてくれます。そして一番伸縮性に優れたタイプです。アンダー部分もゴム素材なのでお腹が大きくなってきても長く対応できます。
このように、一番着けることに対するストレスが少ないブラジャーだと思います。妊娠中は体の変化があると共に、精神的にも多くの変化がありストレスを感じる人も多いでしょう。そんな中でできるだけストレスを与えずにリラックスをしたい方にオススメしたいです。

圧迫感がなくつわり時期にも楽につけられる

上記のような特徴からハーフトップはつわり時期にもオススメしたいタイプです。つわりにもいろいろな症状があり、人によっても違いがありますが、食欲不振や吐き気などの症状がでる人が多いです。食欲不振であってもお腹の子供のため、自分のため少しでも食べなければと考えはしますが、なかなか食べ物が喉を通らない人も多いでしょう。そんな時に胸やお腹に圧迫感があれば余計に食欲は湧かないでしょう。
また吐き気に襲われている時なども圧迫感があるとより不快になってしまいますよね。しかしブラジャーをとってしまうと乳頭への不快感があったりなによりブラジャーをとれる場所にいなかったり、そんな時にもハーフトップは楽に着用していられるブラジャーと言えるでしょう。

バストの形をきれいに見せる効果は低い

しかし、いいところばかりに思えるハーフトップですが、バストの形をきれいに保つためのワイヤーもホックもついていないので当たり前なのですが、普通のブラジャーより圧迫感、締め付け感がない変わりにバストの形をきれいに見せる効果は低いです。寄せて上げて谷間を作ることや、体が大きく動いた時に揺れを防ぐことは胸を支える機能しかないハーフトップには難しいでしょう。
どちらかというと楽さ、リラックスするための機能に重点をおいているブラジャーですので、つわりがひどい時や体がだるい時、家でのんびりとリラックスしたい時に使用する。そして外出時などでバストの形をきれいにキープしておきたい時には他のブラジャーを使用するなどと、その時の状況や自分の体調を考慮し使い分けをしていくことでとても良いブラジャーとして使っていけるはずです。

マタニティブラジャーの選び方2・ワイヤー入りのメリット

次にワイヤータイプのもののメリットを紹介していきます。
ワイヤータイプは見た目もホールド力も一番普通のブラジャーに近いマタニティブラジャーです。そして妊娠により大きく、重さも増えている胸をワイヤーによりしっかりと支えてくれます。そのためにマタニティブラジャーに変えても今まで通りの安心感があります。
急にワイヤーがないものを使うとなんだか胸が動いて集中できない、安心感がないと逆にそのことばかり気になりストレスを感じる人もいます。臨月まで働きたい人やギリギリまで今のライフスタイルを変えたくない人など、出来るだけ今と同じ感覚で生活していきたいと考えている人は数多くいます。
そのような人にはやはりワイヤータイプがおすすめです。

バストの形をきれいに見せる効果が高い

そしてワイヤータイプのものの一番のメリットはやはりバストの形をきれいに見せる効果が高いことです。妊娠中であってもやはり出来るだけ見た目もきれいに見せたいものです。ハーフトップでは出来ない寄せて上げて谷間を作ることも出来ますし、大きく胸が動く心配もなくきれいな形を保ってくれます。これはやはりワイヤーが入っていることによるメリットだと言えるでしょう。
バストの形がきれいに見えれば洋服を着た時のシルエットもきれいに見えます。そうするときっと気持ちも良くなり外出もしたくなるでしょう。妊娠中の外出でも体型などが気になり外出がストレスになる人も少なくありません。そんなことを少しでも減らせるかもしれないのがワイヤータイプのマタニティブラジャーです。

ホールド力は高いが締め付け感が気になる

ワイヤータイプのメリットを説明しましたが、やはりバストの形をきれい保つ機能が優れている分締め付け感は気になります。つわりがひどい時や妊娠後期になり胸やお腹が大きくなっている頃などにはその締め付け感はとても不快に感じることもあるでしょう。家の中やリラックスしたい時など締め付け感があるのを気にしたくない時や体調が良くない時にはこのブラジャーは向きません。なのでハーフトップとは逆に、仕事などフォーマルな場で使用するのがおすすめです。気をはり続けていたら疲れてしまいます。ですが気がはらなすぎてもダラダラと時間だけが過ぎてしまいます。ブラジャーを使い分けることで気持ちが切り替わるきっかけを作り、メリハリのある生活を送っていきましょう。

マタニティブラジャーの選び方3・ノンワイヤーのメリット

次にメリットを説明するのはノンワイヤータイプのものです。ノンワイヤータイプとは文字の通りワイヤーが入ってないタイプのものを言います。このノンワイヤータイプはハーフトップとワイヤー入りのものの中間の着け心地のブラジャーです。ハーフトップよりもしっかりと胸を支ええてくれバストの形をきれいに見せることができ、しっかりとした安心感もあります。そしてワイヤータイプよりも締め付け感、圧迫感が少ないので長時間着用していても疲れづらいという攻守を兼ね備えたブラジャーと言えるでしょう。仕事や外出で長時間ブラジャーを着けていなければいけないけど、形もきれいに保ちたいという時にはとても重宝してくれるブラジャーでしょう。

楽な付け心地

そしてこのノンワイヤータイプのものは見た目は普通のブラジャーのようなものも多くあります。ですが見た目に反してとても楽な着け心地ですので、可愛いブラジャーを気楽に着けたいという女性にはもってこいです。機能は良くても可愛くないブラジャーを妥協で着けるよりも可愛いものの方が気分も良いはずです。ワイヤーによる痛みもワイヤーがないためありませんし、アンダーも締め付けが少ないので、ワイヤータイプだとよくついてしまうブラジャーの跡もつきづらいです。またワイヤータイプに比べて柔軟性が高いので、体を動かした時の不快感が少なくフィットしてくれるのもありがたい点です。このようにノンワイヤーの一番のメリットは着け心地の楽さも、見た目のきれいさも両立してくれることにあるでしょう。

出産間近や産後すぐでもつけられる

このようなノンワイヤータイプの特徴から出産間近や産後すぐにでも無理なく着けられるブラジャーです。出産間近になるとお腹も胸もとても大きくなっています。そうなってくるとブラジャーによる締め付けや圧迫感も大きくなってきます。特にアンダーがきつく感じ痛みを感じる人も多くなってきます。そんな時にでもノンワイヤータイプであればストレスが少なく使っていけるでしょう。そして産後になるとお腹は引っ込みますが、母乳がでるようになり妊娠中以上に胸が大きくなる人もいます。そしてはり過ぎて痛みがでたり、胸がとても固くなったりと日々胸の状況は変化していきます。伸縮性の高いノンワイヤーであればそんな大きな変化にも充分に対応していってくれるでしょう。

マタニティブラジャーの選び方4・授乳兼用タイプのメリット

さて次は、授乳兼用タイプのメリットを説明していきます。妊娠期間を経て出産を終えると、授乳が始まります。赤ちゃんは胃がとても小さいのでこまめに授乳が必要になってきます。多い時には1日10回以上になることもあり、1日のとても多くの時間を費やす大変なことです。そんな授乳の大変さを少しでも楽にしようと作られているのがこの授乳兼用タイプです。
基本的に胸が片方づつ簡単に出せる作りになっており、授乳時にわざわざブラジャーを外す手間がありません。そしてもちろん赤ちゃんを傷付けることがないような作り、素材になっているので安心して授乳をすることができます。赤ちゃんが授乳時期の間母乳で育てたいという人には必需品と言っても過言ではないのがこの授乳兼用ブラジャーです。

妊娠中から産後まで長く使える

そんな授乳兼用タイプのブラジャーですが、産後の授乳専用と考えている人もいますが、そんなことはありません。妊娠中から産後、授乳が終わるまでととても長い期間に渡って使うことができるとても優れた作りになっています。そしてハーフトップ、ワイヤー、ノンワイヤーとどのタイプのマタニティブラジャーにも授乳兼用タイプはあります。それぞれのタイプの特徴はそのままに授乳のしやすさの機能が追加されたようなものなので、妊娠が分かりマタニティブラジャーの購入の検討を考えている人や、他のタイプのマタニティブラジャーの購入を考えている人は授乳兼用タイプにしておけば産後にわざわざ買い換える手間もお金もかからないので授乳兼用タイプの購入がとてもオススメです。

妊娠中のバストケア2・妊娠線のケア

さて、ここまではブラジャーについての書いてきましたが、合うブラジャーを着けているだけではバストケアは充分とは言えません、急激に胸が大きくなるため胸に妊娠線ができてしまう人もいるんです。妊娠線といえばお腹にできるイメージが多いと思いますがお腹だけではなく二の腕や太ももなどいろいろなところにできてしまうんです。妊娠線は皮下組織が大きくなる体についていけずに裂けてしまい線として残ってしまう現象です。なので特に胸は妊娠によりお腹の次に変化が大きいところなので妊娠線ができやすいところなのです。そしてこの妊娠線一回できてしまうとなかなか消すことが難しいです。なので妊娠線ができてしまう前から予防のケアを早い段階から始めることが重要になっていきます。

妊娠線の予防にボディクリームやオイルでしっかり保湿をする

では、バストケアについて書いていきたいと思います。先ほど書いたように妊娠線は固い皮下組織が伸びることが出来ずに裂けてできてしまいます。なので皮下組織の柔軟性を保っていれば裂けずに伸びてくれるのです。そのためには肌の保湿が重要です、乾燥すると皮下組織は柔軟性が失われてしまいます。ですので保湿クリームやオイルで保湿をしてあげると効果的なのです。乾燥肌の人や乾燥しやすい時期は特に注意が必要でよりこまめに保湿してあげると良いでしょう。そして、保湿クリームやオイルを塗る時には優しく肌をほぐしてあげるようにマッサージをしながら塗ってあげることで皮下組織の柔軟性を保つのにより効果的になります。このようなケアを体が大きな変化がする前から行うことで、変化に対応しやすい体になっていきます。

妊娠中のバストケア2・ナイトブラの併用

バストケアといえば、妊娠中であってもナイトブラもおすすめしておきたいです。妊娠中に大きくなり重くなった胸が垂れてきたように感じる人も少なくないと思います。そんな時にはナイトブラも併用してみましょう。胸というのはほぼ脂肪の固まりなんです。脂肪は柔らかく流れやすいものです。特に睡眠時は仰向けになったり横向きになったりするのですぐに胸の脂肪は背中や脇などに流されてしまいます。そんな胸の脂肪を寝ている間もきれいな位置に保ち、定着させる効果があるのがナイトブラです。しかし注意も必要で、妊娠前に買ったものなどを使用するとサイズが合わずに逆効果になったりきつく圧迫感を感じることもあるので、妊娠中もナイトブラを着けたい人はその時に合ったものを買い直すようにするのが良いでしょう。

普段のサイズよりも2~3カップ大きいサイズを選ぶ

ではナイトブラを買い直す時の注意点もここで紹介したいと思います。
まずはサイズですが、個人差もあるとは思いますがおおむねいつも使用しているサイズの2~3サイズ大きなものを購入することがおすすめです。妊娠中は何度も言いますが胸は非常に大きくなる人が多いのです。そんなに大きくはならないだろうと1サイズだけ大きなものを買ったらすぐにきつくなってしまうということもあり得ますし、きつかったり胸が窮屈であるとナイトブラの効果である胸をきれいな形に保つことができません、なにより母子の体に良い影響は与えません。睡眠は妊娠中の体にとってとても重要であり、それを妨げるようではなんの意味もありません。サイズ選びはとても重要な要素と考えて下さい。

伸縮性の高いものを選ぶ

次に重要になってくるのは伸縮性です。伸縮性が低いものですとサイズが小さいものと同じようにきつく感じたり、体の変化についていけません。そして睡眠時というのは自分が思っている以上に寝返りなどで体が動いています。妊娠中ではお腹も大きく体が重く寝返りをうつのにも妊娠していない時よりも多くの体力がいります。伸縮性が低いとそれをさらに妨げ体の凝りなどにもつながり胸にも影響を与えてきます。伸縮性が高いものであればきつさも圧迫感も感じづらく、寝返りをうつさいも抵抗なく動けリラックスして睡眠の妨げになることも少なく胸にとっても効果的な睡眠をとることができるはずです。伸縮性が高いものはデザイン的には単調になってしまいますが、睡眠時ぐらいは体にも胸にも優しいものを選ぶことをおすすめします。

通気性、吸湿性の良い素材を選ぶ

最後にナイトブラの素材についてです。これはずばり通気性、吸湿性に優れた綿のものが良いでしょう。睡眠時には人はとても多く汗をかきます。その上ナイトブラは機能面から比較的に胸を被う面積が広くなりますし谷間も出来やすくなります。そのために通気性、吸湿性が悪いと汗をかいても吸ってくれずに蒸れてしまったり、なかなか乾かずに胸にあせもが出来てしまうなんてこともありますし、ナイトブラの部分が暑くて寝苦しいなんてこともあります。そのようなことにならないためにもナイトブラには通気性、吸湿性に優れた綿素材のものを使うのがおすすめです。
睡眠時には睡眠時用に作られているナイトブラを活用して心地良い眠りを、そして形の整った胸を手に入れてみて下さい。

関連ページ:【viageの口コミ】ヴィアージュのナイトブラと効果とサイズ

妊娠中に胸が大きくなる理由・妊娠中のバストケアまとめ

さて妊娠中のバストケアやブラジャーについていろいろと説明しましたが、なぜそこまでのことが必要かと言うと何度も言いますが胸が大きくなるためです。その変化は女性ホルモンの分泌量が増えることによりおこります。そしてそれは産まれてくる赤ちゃんのための変化なんです。なければならない嬉しい変化なんです。大変なことが多い妊娠ですが、過ぎてしまえばあっという間だったと感じるでしょう。しかし過ぎた時に胸が垂れてしまったり、妊娠線ができたりしてしまうとどうしてもいい気分ではありません。妊娠、出産とはとてもおめでたいことです。なので嫌な気分、後悔はない方が良いに決まっています。そんな気分にならない後悔しないためにも早くからのバストケア、その時の自分に合ったブラジャー選びをすることがとても重要なんです。
ぜひとも実践してストレスも後悔もないマタニティライフを送ってみてみませんか?

関連ページ:【胸の成長はいつまで】小中学生(思春期)の女の子の胸が大きくなる時期/いつまで成長する?

タイトルとURLをコピーしました