【ニュートロの口コミ】ドッグフードの評価と評判と問題

【ドッグフード】ニュートロの口コミ・評判/おすすめ3つのポイント

ニュートロのおすすめポイント1・第一主原料が動物性タンパク質でおすすめ

ニュートロがおすすめな理由ですが、ニュートロは、鶏肉が主原料なので、主な栄養素は動物性のたんぱく質です。この栄養素は資質のような脂肪と比較した場合、栄養エネルギー自体は少ないのですが、反面にワンチャン自体に過剰に栄養を供給せず、必要最低限の栄養素として体内にとどまります。つまり、野菜であれお肉であれ、栄養素の中には、体内に残らず、栄養にならないものもあるのに対して、ニュートロのドックフードは体内にとどまり栄養になるたんぱく質を思としているのです。この栄養素は過剰に摂取した場合、体外に排出されますが、まず過剰に摂取するにはよほどの量をワンちゃんが食べないといけない上、脂肪という栄養と比較した場合、量を多く食べても病気になりにくい栄養素なので、お勧めのドックフードです。

ニュートロのおすすめポイント2・価格は高くなく無理なく続けられる

ニュートロは、ワンちゃんに対して、100グラムあたりを一色として食べさせた場合、おおよそ、172円程度の単価になります。この価格帯は、それほど高額でない上、乾燥チキンと生肉の混合タイプのエサにしてはお得な価格帯なので、無理なく購入を続けることが可能です。と言いますのも、ニュートロの製品は、実は大型のショッピングセンターやペットショップなどの実店舗で販売されているケースもあれば、販売されていないケースもあります。これは、ニュートロ自体が海外のペット用のドックフードになりますので、海外のペットフードを扱っているお店でないと購入できないということです。なので、通販という形で商品を購入する場合においても最低グラム数の1300円から最高グラム数である5000円という形で豊富な量が販売されています。

ニュートロのおすすめポイント3・小麦やとうもろこしを使用していなくて安全

ニュートロは、小麦粉やトウモロコシという消化を阻害するが、ペット自体が満腹になりやすい食材を使用していません。小麦粉やトウモロコシという食材は、ワンちゃんにとっては、消化には悪いのですが、実は満腹に陥りやすいということから、ダイエット系のワンちゃん用のドックフードに使用されています。ですが、トウモロコシや小麦は消化不良の原因になるうえ、実は犬自体は、小麦とかトウモロコシの消化が苦手なので、適した餌ではありません。では、ワンちゃんが消化を得意とするものは何かですが、ずばり、肉が消化を得意とする食材で、肉であれば、栄養価が高くエネルギーが豊富な鶏肉がまさにニュートロが使用している食材になり、安全な食材になるのです。

【ドッグフード】ニュートロの良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

ニュートロの良い口コミ・評判1

ニュートロは、餌自体が嫌なにおいがせず、ペット自体が嫌がらずに食べたという評価があります。この評価については、主原料が鶏肉であるがゆえ、臭いの発生が緩やかでかつ、ドックフード自体が保存をする際にジッパー付きのチャックを採用しているため、空気をうまく輩出して保存したりすれば餌が劣化しないよう工夫をしていることからえさの食いつきが良いのだと推測します。つまり、他者のエサは、購入してから食べきる前に既に劣化が急速に始まっていて食べきる前に餌が劣化してしまっているがゆえ、食べなくなってしまっているといってよいです。逆にニュートロは保存を考えたワンちゃん用のペットフードなので保存さえしっかりしていれば食べきることが可能ということです。

ニュートロの良い口コミ・評判2

ペットの排便がスムーズになって排便時に苦しそうではなくなったという声があります。これについては、ニュートロのシリーズの中には、シュプレモのように排便を促しやすい植物を使用して商品を作り上げている物があります。たとえば、ひまわりという植物が、シュプレモには配合されていますが、実は、ひまわりは植物においては品質の良い油を含み、鳥の卵が詰まった際の治療薬にも使用される物質でワンチャンの場合、排便をスムーズにする潤滑剤になるのです。つまり便秘という現象をニワトリなどの卵つまりと同じだと考えた場合、ひまわりの油分ではいしゅつしようというのがシュプレモシリーズになり、排便がスムーズになったという話はあり得る話です。

ニュートロの良い口コミ・評判3

太り気味だったワンちゃんが痩せてスマートになったという口コミがあります。これについては、ニュートロ自体が栄養価を極力抑え、栄養の吸収率を追求したため、必要以上の栄養をワンちゃんが吸収しなかったがゆえ、痩せたのだと推測します。つまり、前のエサはワンチャンが食べた際、過剰に栄養を補給してしまっていたがゆえ、太ってしまったと考えます。しかも、ワンちゃんによっては室内犬で運動不足気味のワンちゃんもいますので、そうした場合、過剰に栄養が供給された場合、当然ワンちゃんは太ってしまいます。しかし、ワンちゃんは、飼い主が与えたエサを食べますので、自分が痩せようと思っても飼い主が高栄養価のエサを与えた場合まず痩せることはないわけです。なので、このケースはちょうどニュートロの栄養素がワンチャンにマッチした結果痩せたといってよいでしょう。

ニュートロの良い口コミ・評判まとめ

ニュートロの良い口コミについては、栄養価のバランスが良く、餌自体の臭いが悪くないという意見があります。まず栄養価については、過剰に栄養が摂取されてないので、肥満気味のワンちゃんが痩せるという結果が口コミにおいてよい評価です。そして、えさの臭いについては、与える側と食べるワンちゃん側が嫌がらない臭いであることから進んでワンチャン自体がえさを食べるという話です。そして最後に排便がスムーズになったという話については、おそらく、ひまわりを原料としているシュプレモシリーズとの相性が良く、ワンちゃんが痩せるという結果になったのだと推測します。

悪い口コミ

ニュートロの悪い口コミ・評判1

悪い口コミの中には、ワンちゃん自体がえさを吐き出したという意見があります。この点については、ワンちゃん側が鶏肉というものをお肉で主食であると認識しているかが重要です。つまり、ワンちゃん自体が実は、肉食ではない場合、昔の柴犬に多いのですが、人間が食べる白米を餌だと認識していた場合、実は肉を食べることを嫌います。なので、この問題については、まず、ワンちゃん側が実は鶏肉を餌と認識しているかが重要になり、餌だと認識していない場合吐き出すということは当たり前であると言い切れます。そのうえで、餌だと認識していて吐き出す場合、単純に味が悪いというのが率直な意見になるでしょうが鶏肉というものを好まないワンチャンもいますので難しい点です。

ニュートロの悪い口コミ・評判2

悪い口コミの中に、価格がそもそも高いという意見があります。この点については、少量の割には高いといえますが、このフードは、半生とドライフードの両方を混合させた餌なのであながち高額であると言い切れません。と言いますのも、ドライフードでも高額なものもあれば、安価なものもあり、高額である物でも実は添加物などを含んでいることを考えた場合、ニュートロのようにビタミンという成分でペットフードの劣化を抑えようとしているドックフードはそれほど高額ではないのでは?と考えることも可能です。この高いのでは?という意見は、重要なポイントですがもっと重要なのは、食べるかな?という問題のほうが重要なので、高額かもしれないというのはそれほど重要ではないように見えます。

ニュートロの悪い口コミ・評判3

悪い口コミには、餌自体に見向きもしないとか、食べないという意見があり、吐きだす以前の問題だという意見があります。この点については、ワンちゃん側がなぜ餌を認識しないかが重要でつまり、食べたことが無い原料があるから餌と認識しない場合、これは食べてもらうまで待つかあきらめるという選択しかないです。つまり、飼い主側がペットフードを与えれば、即座にペットフードを食べると考えすぎている点が問題のケースがあり、まさに、えさに見向きもしない吐き出しすらしないというのは、えさを餌だと認識してない可能性が高いです。なので、一応根気強く待つ姿勢が望ましいんですが、そうならない場合、食べないという事実はあり得ることで、食べない理由については、餌だと思ってないがゆえです。

ニュートロの悪い口コミ・評判まとめ

ニュートロの悪い口コミですが、食べないというものがあり、えさを認識していないのでは?という問題から、吐きだすというものもあり、好みに合ってないという意見もあります。この点については、ワンちゃん自体があ神の肉が好きだったりした場合、鶏肉ではまず満足しないでしょう。なので、牛肉が好きなワンちゃんであれば、残念ながら、ニュートロはまず食べないとみてよいです。ニュートロは低脂肪で高たんぱくなワンちゃん用のフードなので、ワンちゃんによってはもっと脂肪分があるえさのほうが好みである可能性もあります。つまり、食べないからと言ってなんで食べないかを追求しない限り、ワンちゃん用のドックフードの評価は低いものになりがちなのです。

【ドッグフード】ニュートロの成分・どんな効果が期待できる?

効果

シュプレモ

シュプレモもは小分けタイプのワンちゃん用のドックフードで主成分は鶏肉を主成分にしつつあえて、野菜をふんだんに使用したワンチャン用のドックフードです。ですが、野菜って、消化に悪いといったのでは?という意見があるでしょうが、確かに野菜は消化には悪いのですが、役割がありまして、便通を整えるという重要な役割があるのです。なので、便秘気味なワンちゃんにおいては野菜を摂取することで便を排出するという方法が望ましく、小麦とか、トウモロコシのように著しく消化が難しいもの以外であれば、実はワンチャンは案外と野菜を食べても便通を整えることが可能で、体調不良にならないわけです。無論シュプレモは、小麦やトウモロコシは、避けて他の人参とかトマトにひまわりという植物を使用することで便通を整えるドックフードとなっています。

ナチュラルチョイス

ナチュラルチョイスは、鶏肉を主原料にしたワンちゃん用のドックフードです。この商品はあえて野菜というものをふんだんには使用せず、玄米というお米を鶏肉の主原料に配合したものです。ワンちゃんに玄米を与える理由ですが、これは、アレルギーが出ないワンちゃんが食べることができる食材でかつ消化はあまり良いものではないんですが、便通を整える力があるがゆえ、使用されている食材です。でも、それだったら小麦でもよいのでは?という意見が出るでしょうが、確かに小麦でも問題はないんですが、小麦の場合、アレルギーを引き起こす物質である点、さらにワンチャン自体が消化できない物質が多すぎる点を考えた場合、小麦やトウモロコシのような消化が難題すぎるものと、それほど難題ではない、玄米のどちらが安全であるかを考えた場合玄米のほうが安全なので、ナチュラルチョイスは玄米を使用しているのです。

ワイルドレシピ

ワイルドレシピは、鶏肉が主原料であるニュートロドックフードシリーズにあえて鶏肉のほか、赤身の牛肉などを混ぜ合わせた肉食のワンちゃん用のペットフードです。この商品の特徴は、ずばり、お肉が好きなワンちゃん用に追及された商品である点で穀物を一切含みません。したがって野菜という食物繊維も含まないという徹底したお肉オンリーのドックフードです。でも、お肉ばっかりって良いの?という意見ですが、犬はもともとは肉食なので、肉の消化が得意で逆に野菜を食べないといけないのは、便が詰まった時くらいなのでこの商品は運動量が多いワンちゃん向けの栄養食でもあるのです。なので、栄養価重視でワンちゃんの食事の満足度を追求したのがこの商品になります。

おやつ

ニュートロのおやつとは、ミニジャーキーやクッキーという商品でワンチャンの満足度が高い商品群です。なぜ満足度が高いかですが、一つは商品の品質が高く、ミニジャーキーにおいては食感を重視することで肉のうまみをおやつという形で提供するなどの工夫をしているためです。逆を返しますと、おやつという商品はワンちゃんや猫ちゃんの場合、満足できない商品であれば、食べることを拒否しおやつになりません。逆に中毒になるくらいがおやつと言ってよい商品になるんですが、中毒になられると困るのは飼い主なので、おやつという商品群はご褒美に挙げるというのがペットを飼う人物たちの常識になります。

【ドッグフード】ニュートロの通販と購入価格

お得な購入方法

ニュートロの通販と取扱店

ニュートロはネット通販から購入が可能で、公式サイトから購入すればお得に商品を購入可能です。また、ニュートロの製品は実は公式サイトから代理で販売しているお店を検索可能なので、大阪や東京エリアでニュートロの商品が欲しいと感じた場合は、まず、公式サイトから検索するとよいでしょう。なお、公式サイトにつきましては、https://nutro.jp/が公式サイトで通販サイトは、https://marspetcare.jp/が公式の通販ショップサイトになります。あくまで公式サイトは、どのような商品を販売しているかとどこで購入できるかが検索可能で、自分の住んでいるエリアでは商品を購入できそうにない場合は、https://marspetcare.jp/の通販サイトにて購入という流れになります。

【ドッグフード】ニュートロの安全性

副作用や安全性

ニュートロの添加物

ニュートロの添加物ですが、ビタミンEを保存用の添加物としているため安全であるといえます。と言いますのもビタミンは人間や動物が摂取する栄養素の中では安全でかつ副作用もありません。そうしたものを添加物に使用しているので安全であるといえます。他にも添加物には、植物性由来の植物を保護用の油にして使用しておりヒマワリなどがまさに餌自体のコーティング剤にもなりますし、排便を促す栄養素にもなります。なお、グルテンのようなものはフリーなので、消化に極端に悪い食材は添加物に含まれていません。よってワンちゃんの健康を害すであろう成分はニュートロの製品すべてにおいて配合されておらず、消化不良となる要素はないといってよいでしょう。

【ドッグフード】ニュートロの給餌量

ニュートロの給餌量

ニュートロの給餌量は、幼犬であれば、体重の2パーセント程度が与えるべきエサの量で、それを5回に分けて与えるとよいでしょう。そこから成人した犬になりますと、2パーセントから増やしたり少なくしたりして対応をします。この時、ペットが太りすぎであると判断した場合は餌を2パーセントよりも減らして5回に分けて与えるということを行い、老犬になりますと2パーセントという分量から減らすか増やすかを行うんですが、老犬になりますと食べたくとも食べれないという老衰状態に陥ることもあり得るので、そうなっている場合、ドックフードをふやかすなりしてとりあえず、2パーセントの量を5回に分けて与えるという方向でよいでしょう。老犬の場合、食べる量が減少することが大半なので、無理に2パーセントという分量にこだわってはいけません。

ニュートロのドッグフードの口コミまとめ

ニュートロは、主要な栄養素が鶏肉ですが、鶏肉ではないワイルドレシピというものもあり、ワンちゃんの満足度を重視した餌というものもあります。そのうえで、このドックフードの強みは、グルテンフリーである点で、ワンちゃんの消化を阻害してしまう要素が無い点です。と言いますのもあえて消化に悪いものを与えて時間をかけて消化をさせるという方法のほうが実は、ワンちゃん自体はおなかが減りにくくなり、飼い主もえさを与える回数が減らせるのでありがたいんですが、反面に、下痢になりやすくなったりするのでそうした問題を考えた場合、ニュートロの製品はグルテンフリーなので下痢の心配をする必要もないですし、便秘対策のペットフードもありラインナップは豊富であるといえます。

タイトルとURLをコピーしました