【離婚のメリット・デメリット】離婚するとどうなる?離婚するべきかチェック方法

離婚するメリットは?離婚することで得られること

離婚のメリット1・相手に対する不満やストレスから解放される

 

離婚におけるメリットは、相手側がこちら側に向ける不満やストレスから解放され相手側の敵意と受け取れるストレス攻撃から解放される点です。つまり、ストレス攻撃において受け身を取り続けている人物であれば、離婚を申し出るということは相手からストレス攻撃を受ける要因をなくすことが可能なため、大きなメリットになります。さらに、暴言や暴力というものを受けている場合、暴言と暴力というストレスから解放されることになるため、多大なストレス攻撃から解放されると同時に慰謝料の請求という方向に話を持っていくことが可能です。特に暴力を受けて、ストレスに思っていたという場合においては相手を訴え、慰謝料を請求するということで相手から受けるストレスを開放すると同時に相手に対して報いを受けさせることも離婚のメリットなのです。

離婚のメリット2・事由に恋愛ができる

 

離婚のメリットは、恋愛においては自由が利くという利点があります。無論、所帯持ちでも浮気という方向で恋愛を楽しむことが可能ですが、浮気という方向で恋愛をした場合、デメリットとなるのは、双方からの慰謝料です。つまり、家族側の夫や妻から慰謝料の請求があり得るうえ、浮気相手からも慰謝料の請求があり得るので、離婚をしておいた方が自由度がかなり高いわけです。もっと言えば、離婚をして離婚相手との間に子供がいない場合、養育という問題も発生しませんので離婚のメリットは恋愛が自由であると同時に離婚相手との間に子供がいなければ、養育費の支払いも発生しないため新しい家族を作ることが容易です。無論、バツイチであるというデメリットが生まれますがそれを踏まえても恋愛だけを楽しむことが可能なので離婚はメリットにおいて恋愛だけを楽しむことが可能という点があります。

離婚のメリット3・時間的な余裕ができる

 

時間的な余裕は、離婚に置けるメリットで簡単に言えば、自由に使える時間が増えるということです。なので趣味に時間を費やしたり、収入を増やすために努力してもよいわけですから離婚において拘束されていた無駄と言える時間を自由に使えるようになるのは利点であるといえます。さらに言うと、使える時間が増えるということは新しいことに挑戦する気持ちを生み出すので、新しい才能を発揮させるチャンスだったりします。これは、若さに関係なく、やってみようという気持ちがあれば即座にチャレンジするという流れであれば、新しい才能を発揮できるかもしれないという話で、高齢であっても離婚後に新しい才能を発揮することは多々あります。だから、熟年離婚後に奥さん化旦那さんだった人が新しい才能を見出すのは時間というものを手にしたがゆえになります。

離婚のメリット4・他人の前で仲の良い夫婦を演じる必要がなくなる

 

離婚のメリットですが、他人の前で前の夫や妻の悪口を言うことが許されます。つまり、仲が良い夫婦を演じる必要性が無くなるため、大勢の前で悪口を言えるようになるわけです。ただし、前の夫や妻から悪口について訴えを起こされる可能性があり得ますので、何を言っても許されるというわけではありません。あくまで他人の前で夫婦であることを演じる必要性が無くなるというのが離婚のメリットなのでわざわざ新しい火種になるようなことをする必要はないということになります。この利点については、他人に慣れるという点が利点でどちらかが問題行動を起こしても他人であると言い切れるため、他者の問題行動という形で前のパートナーの処理が可能であるということです。

 

離婚のメリット5・配偶者に関連する悩みから解放される(将来の悩み・お金の悩みなど)

離婚のメリットは、事故の家族が減るという利点から家族に関する悩みから解放されます。たとえば、自分の息子やほかの兄弟が結婚した際、結婚費用を支払うのはだれかという問題からも解放され、特にお金が絡む問題から解放されるのです。つまり、配偶者がいた場合、お金という問題が多くに挙げられ、どの程度の出費が必要となるかというシビアな問題があるわけです。無論この問題はお金持ちであればどうでもよい問題になるでしょうが、お金とか将来子供がどう育つかを心配する必要性が無くなるというのは精神的に利点となるわけです。これは、離婚をすることで、考える必要性が無くなるということなので、離婚をしない場合、子供が清涼するにつれ問題としてお金がどの程度必要になるかということが重荷になってくるということでもあります。

離婚のメリット6・義家族の介護などの世話から解放される

離婚におけるメリットにおいては、義家族の介護を放棄できるという利点があります。これは、家族関係が解放されたことで相手の家族の介護という面倒を見る必要が無くなるということです。もっと言えば、本来介護をすべく人物が忙しいという理由で介護を放棄していた場合、離婚を機に介護をせざる環境を作ることができるのです。つまり、嫌がらせという方向で相手側に足しいて本来すべく介護を押し付けるという方向に合法的に持っていくことができるのが離婚という方法です。よって、離婚は相手側に対して本来すべく介護という問題を再認識してもらい、かつ放棄できない義務を与えることができるため、相手側の自由を拘束できる可能性を生み出すのです。

離婚のメリット7・DVやモラハラの場合は子供にとってプラス面が大きい

暴力などを受けていた場合、子供に対しては両親の暴力から解放されるため、プラスになることが多いです。これは両親から子供が暴力を受ける場合において離婚が有効になるという意味もあれば、パートナー側のどちらかが暴力を受けることで子供に対して親同士が暴力をふるうという事態から解放されることで子供の成長にプラスとなるということです。子供の成長において問題となるのは、暴力で、両親が暴力をふるい暴力で問題を解決する場合子供も同様の方法が有効手段であると学習をしてしまいます。こうなりますと暴力という方法が最高の手段であると錯覚するため、社会生活において問題を抱えた人物として子供は処理されるので子供の成長において暴力はプラスにならないのです。

離婚のメリット8・子供がいる場合は公的支援制度が利用できる

 

児童手当とは

児童手当は児童を保護して育て上げるために国がお金を支給するというものです。なので、里親という血縁関係に無い人も対象になり国からお金をもらって児童を育てるためにお金を使用します。なお、この手当は、児童に使用することを前提に国が与える資金ですが、それを確認するすべは申告や密告からきちんと児童に使用しているかどうかを確認するため、第3者が密告し足り、自分から自己申告で児童以外に使用したと言い出さない限り打ち切られることがない手当てになります。

児童扶養手当とは

児童扶養手当は、児童手当の改良型で、児童の両親のどちらかが自分の子供を育て上げると宣言したことで国が児童の成長を守るという方針で支払う手当になります。ただっし、この手当は収入が多いともらえなくなり、所得が30万円を超えていた場合もらえない手当てになります。反対に所得が30万円以下で一年の収入が160万以下であれば申請が可能な手当てがこの児童扶養手当です。なので、誰でも申請が可能で申請が通るという手当ではないのがこの児童扶養手当になり、上限が設けてあるため、条件をクリアしないともらえません。

母子福祉賃金貸付金とは

この制度は母子家庭にある世帯が入学が必要となった際のお金について市町村からお金を貸してもらうという制度です。注意してほしいのは、貸付金であるため、給付金と異なりプレゼントしますというお金ではない点です。つまり、お金を借りるというのがこの制度で貸したものを返さないといけないため、ただでお金を貰える制度ではないという点が注意すべく点です。しかも、現在の収入であれば、余裕で入学できるだろうと判断された場合、この制度は機能しないため、十分に収入がある人は利用できない制度です。

生活福祉賃金貸付金とは

生活福祉賃金貸付金は、低所得者や障害を持つ方に対してお金を貸し付けるという制度です。この制度は、お金を貸し付けるという点がポイントで給付金ではありません。つまり、お金を市町村から借りると返す必要性があり、どこからもお金を借りることができなかったという証明がないといけません。つまり、どこかの銀行などの金融機関が私がお金を貸しましょうと言われた場合、この制度は無効になり、銀行からお金を借りるという方向で生活資金などの融資を銀行から受けるのです。

ひとり親控除とは

この制度は、親が父親か母親という具合にどちらか一人が子供の親である場合、所得税を一定金額から控除しましょうという仕組みです。なお、祖父とか祖母は、所得税の控除を受ける対象にならないため、この仕組みはあくまで子供の父親か母親である立場にある人物です。そのうえで、一年間の合計所得が500万円以下でないと所得の控除を受けることができないため、所得が500万以上ある人は対象者から外れます。

母子家庭自立支援教育訓練給付とは

この仕組みは、20歳未満の子供の親である人物が職業における訓練を受ける際に支給されるお金を受け取るというものです。申請に際しては自治体などで申請を行い、職業訓練を受ける人物しか支給をしません。つまり、職業訓練を受けずにお金だけを貰うということはできず、雇用保険の時給資格がない人物はこの制度の対象に入りません。つまり、就業意欲があることと会社などに加入して働いていることを条件にさらなるスキルアップをするためにお金を給付するのがこの制度なので、そもそも会社などで働いていない人物に対しては支給をしません。

離婚のデメリット/離婚によってどのようなリスクがある?

 

離婚のデメリット1・生活環境が変わることで子供に少なからず影響が出る(引っ越しや転校など)

離婚におけるデメリットは生活環境の変化にあり、子供側の立場から考えると健全な親子関係が築けない可能性がある点です。つまり、親が仕事に忙しくなり、子供自体が自発的に親が本来行う家事のほかアルバイトなどをして生活を安定させるように努めなければならないなどでストレスを感じる可能性が高くなるのです。もっと言えば、収入が激減することで今までと全く異なる生活環境になることで子供自体が生活に耐えることができなくなり、非行に走る可能性が高くなります。そうなりますと、離婚のデメリットは収入の激減から子供に対するストレスの激増により子供が反社会的になる可能性が高まるというリスクが生まれるのです。無論、すべての子供がストレスによって性格が変貌するわけではありませんがストレスは少なからず健全な成長を妨げるので望ましい子育てになるかは未知数です。

離婚のデメリット2・世帯収入が減るため生活水準が下がることがある

世帯収入が下がれば今までの暮らしができなくなるというデメリットが生まれます。例をあげれば、食費を抑えるために外食の回数が減る、調理する食材の等級が下がるなどがまさに生活水準の低下で、もっと言えば、住んでいる場所すら生活水準の低下があり得ます。たとえば、自宅の中で損傷が大きい場所があったと仮定した場合、メンテナンスをする必要性が生まれますがメンテナンス費用の算出ができないがゆえ、損傷したままの生活環境に住むということが起こり得るのです。他にも自動車のメンテナンス費用が払えなくなり、自動車が使えなくなるという点も生活水準が下がる要因でこうなりますと、自転車という交通手段を使用する必要が生まれ、自転車すら維持できなくなると、歩くという方法しかなくなるのです。

離婚のデメリット3・子育てと仕事の両立が今まで以上に大変になることがある

子育てと仕事の両立というものは離婚をしてしまうとさらに過酷になります。なぜなら、収入を優先しないと生活水準は大きく下がり、かといって子育てを充実させるためには収入が必要になるので、寝る時間を削り仕事と子育てに注力するという方法以外なくなってしまうのです。ここで、一度でも紡機で倒れるという事態が襲うともはや、収入と子育ての両方が機能しなくなるため、離婚した場合、子育てと仕事の両立が不可能な場合、最悪病気になることですべてを失うのです。それは、家庭を失うことでもありますし仕事を失うことでもあり、病気という存在がその身を襲えば代わりになってくれる人がいないため、すべては子供が背負うことになるのですが、子供の年齢が低いとされに事態は悪化してもはや誰も救うことができなくなる可能性すらあるのです。

離婚のデメリット4・男性の場合は養育費、慰謝料、財産分与などの支出が必要になることがある

男性の場合、実はお仕事をしていて収入があるということから教育費に慰謝料、財産など支出が必要になることがあり得ます。ただ、この場合、裁判を起こして慰謝料とか教育費を捻出していくため、時間を掛けることが可能であれば、実は男性側も慰謝料や財産とか、教育費について不服を申し立てることが可能です。ただ、男性の場合、仕事を優先したいため、裁判という流れを取りたくないわけです。だから離婚において男性は裁判を行わずに慰謝料とか教育費を払うという流れで物事を解決するのです。しかも、慰謝料も養育費についても一度払ってしまえばそれ以上の物を要求されないので考え次第では実はお金で相手を切ることもできるという前向きな考えも実は可能だったりします。

離婚のデメリット5・父親は親権が取れる可能性が低い

父親の場合、自分は親であるという親権を取れる可能性が低いです。これは、収入とか慰謝料などを子供に支払うことはできても母親の変わりはできないということから父親が親権を取れる可能性は低いという問題です。ただし、この問題、考え方次第では、実は親権を獲得可能で、要は、母親側がとても自分の子供を育てることができる人物ではないということが表面化すれば、父親側が親権を獲得可能です。ただ、これをする場合、子供側が父親の見方を前面に行い、かつ母親が母親失格であるとまで子供が言い出さないといけないため、子供側もかなり負担がきつく、どちらの親につくかという問題に発展するため、たとえ父親についても父親が母親の代わりをできるという保証がないのです。

離婚のデメリット6・父親と母親の両方の役割を果たすのは難しい

離婚をした場合、母親役と父親役の両方の役割を果たすことは難しいです。このデメリットはどちらか片方しか役割を果たすことができないというもので、女性が父となり、子供を守るだけの力を見せつけることができるか、もしくは男性が母親のように子育てに積極的になれるかという問題を意味します。離婚をした場合、母親や父親の役割という部分が破綻しやすく、子供の成長においてアドバイスを行う人物が不足してしまうのです。つまり、父親の立場でアドバイスをすることができるか、母親という立場でアドバイスを我が子に行えるかという問題がネックになりやすく、どちらか片方の立場からしかわが子にアドバイスできないというわけです。ですが、父親の立場、母親の立場という片側の立場だけでも子供は育つのでこの問題についてはやってみないと分からないという点もあります。

メリット・デメリットを知った上で離婚を検討しましょう

 

なぜ離婚したいのか理由を明確にしましょう

 

パートナーの浮気が原因で離婚したい場合に注意すること

 

パートナー側が浮気をして離婚をする場合、問題となる点は、パートナー側の生活を保障する必要性があるかどうかという問題です。これは、パートナーとの間に子供がいて子供の生活の保護とパートナー自体の生活の保護をする必要性があるかどうかという問題のことです。通常、パートナー側に子供がいる場合、生活費用を支払う義務が生じる場合が多く、パートナー側が働いていない場合、子供だけの養育費を払うか子供を引き取るという形でパートナーの面倒だけを見ないという方法を取ることが一般的です。なので、パートナーの浮気で離婚をする場合、どこまで相手側の生活を保障するかを決めることはとても重要です。特に子供の存在がある場合、家庭裁判所にて、問題を解決し、子供の親権を獲得し、パートナー側には親権を与えないなどの行動をしないとパートナーとなっていた人物が子供と接触して子供の養育費用を奪うことも考えられるため、親権を取り上げ、子供との接触を防ぐということまでを考えで離婚をしなければなりません。

性格の不一致が原因で離婚したい場合に注意すること

 

性格の不一致による離婚の場合、お互いが協議をしたうえで離婚にあり、最も注意すべく問題は財産です。性格の不一致においては、お互いに財産があると想定した場合、自分の財産だけを貰い受けるということになります。問題はこの財産の分割が揉める部分で、どっちがこの財産を所有しているかわからないという場合においては、どちらがこの財産をもらい受けるかという部分で揉めてしまうのです。もちろん、裁判所が関与して財産の分割などを弁護士と相談して行いますのでいずれこの問題は解決します。そして次に問題になるのが、暴力事件関係に地下い性格の不一致による離婚です。この場合、暴行を受けたという事実があれば、相手は慰謝料の請求を行うことが可能で、慰謝料については実はどの程度の金額が望ましいということは存在せず、相手側が支払い能力があればそれが慰謝料となることが多いため、慰謝料の請求という問題についても性格の不一致でどちらかが暴力をふるった場合、考えねばなりません。

他に好きな人ができた・パートナーへの気持ちが冷めたことが原因で離婚したい場合に注意すること

 

相手への気持ちが冷めたので離婚したいという場合、離婚を望む場合において今現在の相手と不仲であり、苦痛を伴うという形でないと離婚できません。つまり、言い方が悪いのですが、他の好きな人と暮らすうえで、今のパートナーとも関係性を持ちたいという考えは通らず、パートナーが嫌いで苦痛を伴うがゆえ、別れたいという関係性でないと離婚は成立しないので注意が必要です。そのうえで、新しくお付き合いをする人物側が別れ話を切り出してきて分かれてしまった場合、前のパートナーの元に戻るという選択が生まれるんですが、この選択もほぼ通らないということを踏まえたうえで、新しいパートナーや好きな人と暮らすことが離婚の前提となります。そうしないと一番得をするのはだれかという点において、別れ話を切り出した人物があまりに有利すぎますので、不公平となり、かつ前のパートナーも同様に不公平を抱えたまま、以前のパートナーと生活できるかという問題が生まれるので好きな人ができたりパートナーへの気持ちが冷めた場合の離婚は、原則今の生活が苦痛でなければ離婚は却下されます。

夫婦関係の改善は不可能なのか?離婚することでしか問題解決できないのか?を考えましょう

 

夫婦関係が改善可能な場合、離婚する必要性はありません。離婚を望む場合、夫婦関係の改善が可能であるか、離婚という方法でしか問題が解決できないかどうかについて考えるのはとても重要です。と言いますのも、離婚は相手と別れるうえでの最終手段であるため、追いそれ簡単に離婚をしてしまうとペナルティも負います。離婚のペナルティについては財産の分割というペナルティのほか、住まいの問題などがあり、もっと言えば、パートナーの収入に頼って生活をしている場合、収入も失う点です。よって、夫婦間が改善できる場合、わざわざ離婚を持ち出さず、生活の改善をすることの方が安定した生活を営めるの考えるのが望ましいです。この方法であれば、離婚時のペナルティについて考えを再度見直すことができます。

離婚する前に別居を試してみましょう/距離を置くことで夫婦関係が改善することもある

離婚する前に別居を試すという方法はかなり離婚というものを考え直す際に有効です。これは、収入というもののほか、家事の必要性について再度見直すことができるのが、別居であり、別居中は、相手側の賃貸料金の支払いについてパートナー側が負担する必要はありません。これをパートナーが負担してしまうと別居における自分で生活費用をねん出するという目的が薄れてしまうのです。別居の目的は、生活費用の算出において相手側に再度認識してもらう点にあるため、働くということを相手に認識してもらうことにあります。逆を返せば、相手側が働いた方がマシ、家事にとらわれる、家にいて命令されるよりも、働いた方がマシであるという考えに至った場合、離婚という流れになるでしょう。

離婚後に必要なお金についてリサーチをしておきましょう

 

離婚をする際、離婚後の自分の生活費用の捻出についてはしっかりリサーチをしておいたほうが良いです。なぜなら、以前の生活においてはパートナー側も生活費用を肩代わりしてねん出していたため、パートナーの力を借りて生活していた部分もあり、一人ですべての生活費を支払っていないはずです。なので、一人になった際に発生する清潔日の捻出については絶対にリサーチをする必要性があります。これを怠ると生活費用が収入を上回り生活苦という流れになるので絶対に避けるべく行為となります。なお、離婚後に入ってくる収入も調べておく必要があり、例えば、働きだしたことで増える収入のほか、慰謝料が入ってくることで収入が増えるなど増える収入についてもしっかりと把握しておくことは重要です。

パートナーの浮気が原因で離婚したい場合は浮気の決定的な証拠が必須です

 

浮気の決定的な証拠にはどのようなものが必要?

 

パートナーの浮気が原因で別れる場合、必要な証拠は浮気の現場写真です。よくありがちなのは、ホテルに入っていく写真があれば十分でこれらについては自ら写真を撮るか、第3者に協力してもらって取得するとよいです。なお、パートナーの電子メールの会話文章とか、パソコンでの通信ログなんかも十分な証拠になるんですが、問題となるのはパートナー和賀もプライバシーを持ち出してくることがあるため、パートナー側のスマホやパソコンのパスワードを解析して電子機器のロックを外して電子メールや通信ログを勝手に入手したという場合は犯罪になるので注意です。特に、相手のパソコンとかスマホのロックを解除するという部分は完全に犯罪になりますので望ましいのは、ドラマなんかでありがちなホテルに入っていく様子を撮影することが望ましいです。

浮気の決定的な証拠を掴みたいなら探偵に依頼するのがおすすめ

浮気の証拠をつかみたいのであれば、探偵に依頼するのが最も安全で確実です。探偵は、浮気の調査においては秘密裏に情報を取得することを得意としており、犯罪行為にならずに必要な情報だけを取得します。ただ、経費が掛かる点と探偵によっては犯罪すれすれの方法で浮気の情報を集めることがありますが、有名な探偵の事務所であればそのようなことはなく、お値段も適正価格で対応しますし、離婚に向けての弁護士の紹介までを行う探偵事務所も存在しますので、弁護士と連携という形で問題解決をしてくれる事務所もあり、すぐにでも離婚したい場合はとても有効な手段です。特に、弁護士と連携している事務所は、法律を守っていて、かつ情報収集能力が高いのでお勧めできる探偵事務所です。

パートナーのDVやモラハラが原因で離婚したい場合は決定的な証拠が必須です

 

DVやモラハラの証拠となるものとは?

 

暴力やモラハラの証拠となる物は音声又は動画です。ちなみに、動画については音声よりも実は証拠品としてみた場合、改変が容易であるという理由から実は証拠品として弱いのですが、動画は裁判になった際、弁護士や、裁判官に見せることで銅見ても暴力であると認識してもらえるため、証拠品としては弱いんですが、印象を操作するうえでとても重要な証拠です。基本的に、暴力系の離婚においては、証拠は、自分の体にある痣や傷が証拠になり、それらを受けたという動画があればなおよいです。モラハラの場合は音声で十分で音声会話で相手を罵倒したり馬鹿にする言葉が含まれていたらすでに証拠として機能します。もちろんモラハラも動画があれば証拠になりますが証拠としては弱い点は同じで、裁判時で印象操作をするためにとても有効なものだという認識でよいです。

弁護士に依頼してしっかりと慰謝料を請求しましょう

 

離婚の調停が始まると弁護士の方に依頼をして慰謝料の請求になります。慰謝料は実はどの程度の金額が望ましいというものは存在しません。もっと言えば、相手側がこの金額であれば払う、払えるだろうというのが慰謝料になるため、弁護士さんと相談してしっかりと相手の収入を調べたうえで慰謝料の請求をするのが望ましいです。間違っても、相手側が支払うことができない金額を慰謝料とするのはお勧めできません。なぜなら、払えないがゆえです。無論払えないと相手もわかっている場合、相手側がそれを飲んだ場合、いつかは慰謝料を全額払うという形になるため、今現在用意できるお金を慰謝料にしてすぐに出せという方向にもっていくのが最も望ましいです。これらのやり取りを可能とするのが弁護士さんで、弁護士さんであれば、今現在支払うことが可能な財産を調べて行動に移して相手に支払わせることができるのです。

離婚のメリット・デメリット/離婚するとどうなる?離婚するべきかチェックのまとめ

 

離婚をした場合、メリットにおいては、暴力とか暴言から解放されますが、デメリットにおいては収入を失う可能性が高い点です。ただ、この問題、実は離婚をしたいと願い出た側も働いている場合収入がありますので、離婚できる可能性は高い上、慰謝料の請求についてもどうでもよいというスタンスを取れるので、自分が働いていて、かつ別れたいと言い出した側である場合、デメリットは実は少ないです。もっと言えば、暴力をふるう側が働いておらず、収入がない場合、見捨てるという選択を離婚という方法で取れるので、状況次第では、相手を見捨てるために離婚を申し出るというのも離婚の利点となります。なので、離婚をするべきである人は、収入があれば、離婚が可能で、かつ収入があり暴力受けている側であればすぐにでも離婚をしたほうが良いということです。

関連ページ:【ペアーズの口コミ】マッチングアプリのpairsの出会いの評判