【産後の抜け毛対策】産後脱毛のピークはいつから?抜け毛・薄毛の原因は?

産後の抜け毛の原因は?ひどい抜け毛の原因

出産後、髪の毛が抜けやすくなったとお悩みの方も多いのではないでしょうか。
お風呂に詰まる髪の毛や、枕についた大量の抜け落ちた毛を見ると気がめいってしまいますよね。
慣れない育児で忙しい中、髪の毛の掃除をするのも面倒くさく感じるでしょう。
このままどんどん抜けてしまって、薄毛になってしまったらどうしよう…と心配になりますよね。

実は、産後の抜け毛は多くの女性が経験する生理現象の一つなのです。なんと出産後の8割以上の方が抜け毛を経験するそうです。
産後の抜け毛はずっと続くわけではありません。出産後3か月~6か月ごろにピークを迎え、そのあとはだんだん落ち着いてくることが多いようです。
産前産後の急激なホルモン変化が主な原因と言われていますが、少しでも抜け毛を抑えたいですよね。
ここでは産後の抜け毛の原因について紹介したいと思います。是非抜け毛対策の参考にしてくださいね。

産後抜け毛の原因1・ホルモンバランスの変化

産後の抜け毛の1番の原因はホルモンバランスの変化です。
妊娠中は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が活発になります。
髪の毛はずっと伸び続けるわけではなく、ある程度伸びると自然に抜けて、新しい髪の毛がはえてきます。
これをヘアサイクルと言いますが、エストロゲンはこのヘアサイクルの期間を延ばす働きがあります。妊娠中はエストロゲンが増大し、ヘアサイクルが延びることで、髪の毛が抜けにくくなるのです。
しかし出産後は、このエストロゲンの分泌が急激に減ります。それにより、ヘアサイクルが大きく乱れます。
妊娠期間中に抜けるはずだった髪の毛と、産後に新しく抜ける予定だった髪の毛が同時に抜けてしまい、普段よりも大量の髪の毛が抜けてしまうのです。

産後抜け毛の原因2・生活環境の変化によるストレス

産後は慣れない赤ちゃんのお世話でとにかく忙しく、生活環境も赤ちゃん中心のなり、これまでとは大きく変わります。このような生活環境の変化によってストレスを感じ、抜け毛の原因のなってしまう可能性があります。
ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱します。
自律神経が乱れると栄養が身体に行き渡りにくくなると言われています。髪の毛に栄養が届かなくなることで、抜け毛の原因になることがあります。
また、産後にせっかく元に戻ろうとしているホルモンバランスが乱れることで、さらに抜け毛を増長させてしまう可能性があります。
さらに、ストレスは頭の血管が収縮させます。血管が収縮することでも、髪の毛に十分な栄養が届かなくなり、抜け毛の原因のひとつになるでしょう。

産後抜け毛の原因3・睡眠不足

出産直後は赤ちゃんの夜泣きや授乳でどうしても睡眠不足になってしまいます。慣れない育児に緊張して、なかなか寝付けないということもあるでしょう。
この睡眠不足も抜け毛の原因のひとつになってしまうようです。
睡眠不足はストレスと同様に、ホルモンバランスや自律神経を大きく乱してしまいます。
また、睡眠不足であること事態がストレスとなり、さらに抜け毛の原因となってしまうこともあります。
産後は赤ちゃんのお世話でなかなかゆっくり睡眠をとることが難しいかと思いますが、赤ちゃんのお昼寝にあわせて一緒に眠るようにしたり、できる限り家族にお世話を手伝ってもらうようにするなど、少しでもたくさん睡眠をとれるよう心がけると良いでしょう。

産後抜け毛の原因4・出産や授乳による栄養不足

出産や授乳による栄養不足も、産後の抜け毛の原因になります。
妊娠中はもちろん、授乳中も赤ちゃんにたくさんの栄養が使われてしまいます。これまで以上にしっかり栄養を摂らないと、ママの身体が栄養不足になってしまうことがあるようです。
また、赤ちゃんがずっと泣き止まなかったりするとなかなか思うように食事がとれないこともあるかもしれません。これも栄養不足の原因となります。
しかし、髪の毛を作るためには、十分な栄養が必要です。栄養が不足してしまうと、髪の毛に必要な栄養も不足してしまい、髪の毛も栄養不足となってしまいます。
新しい髪の毛がはえにくくなるだけではく、髪の毛のハリやコシが失われてしまい、抜けやすい髪の毛になってしまうのです。

産後抜け毛の原因5・ムリなダイエット

妊娠するとどうしても体重が増えてしまいます。
産後すぐには全然体重が減らず、驚いている方も多いのではないでしょうか。なかなか思うように体重が減らずに焦ってしまい、ダイエットを始める方もいらっしゃるかと思います。
しかし、ムリなダイエットも抜け毛の原因となってしまいます。
ムリなダイエットにより身体が栄養不足になってしまうと、髪の毛にも栄養がきちんと行き届かず、発育や育毛に悪い影響を与えてしまいます。
また、ムリなダイエットは自律神経やホルモンバランスを乱します。
産後の体重が気になる方は多いとは思いますが、決してムリなダイエットをするのではなく、きちんとしっかり栄養を摂りながら体重管理をしていきましょう。

ひどい抜け毛の対策やケア方法/産後脱毛の対策について

産後の抜け毛は多くの女性が経験する生理現象です。妊娠や出産で大きくホルモンバランスが崩れてしまうため、残念ながら産後の抜け毛を完全に防ぐのは難しいでしょう。
しかし、きちんとケアをすることで、抜け毛を最低限に抑えることができます。産後の脱毛は時間がたてば解決することがほとんどですが、やはり髪の毛が大量に抜けてしまうのは悲しく、見た目にも影響してしまうこともあるので、できるだけ抜ける量は少ないに越したことはないですよね。
正しいケア方法や髪に優しい生活習慣を実践することで、産後の抜け毛は軽減することができます。
ここでは少しでもあなたの抜け毛のお悩みが軽減するよう、産後の抜け毛対策について紹介させていただきます。

産後脱毛はいつからいつまで?ピークはいつ?

抜け毛が続くと、このまま抜け続けたらどうしようかと不安になりますよね。もちろん、産後の脱毛はずっと続くわけではありません。
とはいえ、いつまで続くのかはとても気になりますよね。
個人差はありますが、一般的に産後の抜け毛は3ヶ月~6ヶ月でピークを迎えその後は徐々に落ち着いていくと言われています。
妊娠出産により急激に乱れたヘアサイクルが、産後半年くらいかけてようやく元に戻り、抜け毛もだんだん減っていくでしょう。
強いストレスや睡眠不足、ムリなダイエットをしている場合は戻るのに時間がかかるかもしれません。
なるべく規則正しい生活とバランスの良い食事を心掛けることで、産後の抜け毛が早く改善する可能性があります。

産後脱毛の対策1・美髪に効果的な栄養を摂る

髪の毛を発育させるためには栄養が必要になります。ハリやコシのある髪の毛を発育させることは、抜け毛の予防に繋がります。
髪の毛のためにもバランスの良い食事を続け、髪の毛に十分な栄養を届けましょう。
良質なタンパク質やビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、ヨウ素などが発毛に効果があるとされています。
このような栄養素を意識的に食事に取り入れても良いですし、サプリメントなどを使用するのも良いでしょう。
一方で、揚げ物やファストフードなどの脂質の多い物を食べすぎると血流が悪くなり、脱毛の原因になる可能性があります。血流が悪くなることで、脱毛の原因となってしまう可能性があるので脂質の多い食べ物には注意が必要です。

産後脱毛の対策2・睡眠の質を高める

上記でも述べたとおり、睡眠不足は脱毛の原因のひとつです。
しかし、産後は赤ちゃんの夜泣きや授乳などでまとまった睡眠時間をとることが難しいかと思います。
短い睡眠時間または細切れの睡眠時間でも、睡眠の質を上げることで睡眠不足を少しでも解消しましょう。
睡眠の質を低下させる原因の一つにスマホのブルーライトがあります。産後は育児の悩みが尽きず、ずっとスマホを手に取っていろいろと検索してしまいたくなりますよね。また、動画サイトやSNSなどを見だすとなかなかやめることができず、気が付いたら1時間たっていた…なんてこともあるかもしれません。
しかし、寝る前にスマホを見てブルーライトを浴びてしまうと、脳がきちんと休まらず浅い眠りになってしまいます。寝る前にはスマホを見ることを控え、しっかり良質な睡眠をとれるような環境を整えましょう。
また、産後うつにより不眠を引き起こすこともあるようです。不眠が気になる場合には、一人で抱え込むことなく、早めに医療機関に相談しましょう。

産後脱毛の対策3・頭皮の状態に適したシャンプーを使う

頭皮の状態に適したシャンプーを使用することも大切です。
頭皮が乾燥しすぎていても、逆に皮脂が多い状態になっていても、脱毛の原因になってしまうことがあるようです。
自分の頭皮の状態にあったシャンプーを使用することが、抜け毛対策にもつながります。
肌が弱い人や頭皮の乾燥が気になる方は、「ラウロイル」「ココイル」などのアミノ酸系、ベタイン系の洗浄成分が入ったシャンプーがおすすめです。弱酸性で低刺激な洗浄成分が、頭皮の乾燥を防いでくれます。
一方、頭皮が脂っぽいという方には、洗浄力が強い「ラウリルアルコール」などの高級アルコール系のシャンプーがおすすめです。やや刺激が強いですが泡立ちが良く、しっかり洗浄してくれます。

スカルプシャンプーで頭皮を健康な状態に保ちましょう

スカルプシャンプーと言えば男性用のイメージが強いですが、最近では女性用のスカルプシャンプーもたくさん販売されています。
スカルプとは「頭皮」という意味で、スカルプシャンプーとは頭皮のケアを重点的に考えられて作られたシャンプーです。
髪の毛の土台となる頭皮の環境を整えることで抜け毛を防ぐことができるため、頭皮のケアは非常に重要です。
スカルプシャンプーには頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分が含まれています。女性は男性に比べて頭皮の皮脂量が少なく、頭皮が乾燥してしまう人が多いため、女性用のスカルプシャンプーは低刺激で保湿成分等を配合されていることが多いです。一方で男性用のスカルプシャンプーには頭皮の皮脂をしっかり落とせるような成分が含まれています。皮膚のトラブルを防ぐため、必ず女性用のスカルプシャンプーを使用するようにしましょう。

保湿成分をたっぷり含むシャンプーを使う

頭皮をしっかりと保湿し、頭皮環境を整えてあげることで抜け毛を軽減させることができます。「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などの頭皮を保湿する成分がたっぷり含まれたシャンプーを使用することで、抜け毛の予防につながります。
また、頭皮が乾燥していては、せっかく育毛成分や発毛成分が含まれたヘアケア製品使用しても、なかなかうまく浸透してくれません。スキンケアと同様で、しっかりと成分を皮膚に浸透させるためにはまずは皮膚の状態を整えてあげることが重要なのです。
頭皮をしっかり保湿してあげることで、有効成分が頭皮に行き渡りやすくなり、育毛シャンプーや育毛剤などのヘアケア製品の効果をより強く実感できるようになります。

低刺激、オーガニックのシャンプーを使う

頭皮への刺激が強いシャンプーは脱毛の原因になってしまう可能性があります。
低刺激で肌に優しいオーガニックのシャンプーを用いることで、頭皮や髪を優しくケアし、抜けにくい髪の毛を作ることができます。
産後でホルモンバランスが安定していない女性の肌は非常にデリケートです。刺激の強い成分が多く含まれたシャンプーを使用すると頭皮環境が悪化してしまう可能性があります。
天然由来成分を多く含むオーガニックシャンプーを用いることで、頭皮への負担を軽減し、健やかな頭皮環境を整えることで脱毛を予防することができます。
またできるだけノンシリコンシャンプーの使用をおすすめします。シリコンは多くのシャンプーに含まれていますが、肌に吸着しやすいために洗い流しにくく、頭皮に残留してしまうことが多いです。シリコンが頭皮に残留することで、肌トラブルを引き起こしたり、有効成分が頭皮に浸透するのを阻害する原因となります。

育毛成分が配合されたシャンプーを使う

女性用の育毛シャンプーは、頭皮の汚れを落としつつしっかり保湿し、育毛に最適な頭皮環境を作る効果があります。髪にハリ、コシ、ツヤを与える成分が含まれていることが多く、髪に栄養を与えたり、頭皮の血行を促進することで髪の毛が育ちやすい環境を作ります。
ノンシリコンでオーガニック成分が配合された肌に優しい処方になっている場合が多く、敏感肌の方でも安心して使用することができます。
育毛シャンプーについても、女性用は女性の肌に適した低刺激で保湿成分を多く含む処方になっており、男性用とは成分が若干異なります。女性用の育毛シャンプーを使用するようにしましょう。
育毛成分を肌に残しておきたくなるかもしれませんが、洗髪後はしっかり洗い流しましょう。シャンプーの洗い残しは、頭皮の毛穴を詰まらせて頭皮が不潔になったり、炎症を引き起こす可能性があります。

産後脱毛の対策4・女性用育毛剤を使う

育毛シャンプーは髪の毛を育てるための成分が含まれていますが、発毛を促す効果はありません。発毛を促進させたい場合には、女性用の育毛剤を使用したケアがおすすめです。
産後の脱毛対策で育毛剤を使用する場合は、発毛成分だけでなく、「センブリ」や「シュウキョウ」などの脱毛を予防する成分が配合された育毛剤を選ぶようにしましょう。
育毛剤を数日使っただけではもちろん髪の毛は増えません。ある程度の期間継続して使用することで、育毛剤の効果を実感することができます。しかし、産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、なかなか自分のケアをする時間がとりにくいですよね。スプレータイプなどできるだけ簡単にケアできる製品を選ぶと毎日続けやすいでしょう。

女性用のおすすめ育毛剤1・マイナチュレ

商品名
会社名
価格
容量
有効成分
保湿成分
抗炎症成分
使い方

女性のヘアケアに対するストレスを最小限に抑えるために開発された育毛剤です。薄毛の原因になると言われている危険な成分を含んでいないため安心して使えます。さらに頭皮環境を悪化させるパラペン・シリコン・石油系界面活性剤・合成ポリマーといった成分も慎重に除外されています。危険な成分が気になってヘアケアアイテムを選ぶのに時間がかかる人でもマイナチュレなら大丈夫です。
取得に手間と時間がかかる医薬部外品の申請を行い、問題無く審査に合格しています。第三者機関が厳しい審査の結果、安全性を認めた製品なので健康上のリスクを気にすることなく使えます。
2021年には敏感肌ヘアケア市場で年間売り上げナンバーワンを達成するなど、確かな実績も魅力です。多くの利用者に認められ、ポジティブな口コミが広がっています。
安心安全な女性用育毛剤が欲しいならマイナチュレがおすすめです。

女性用のおすすめ育毛剤2・ルチア

商品名
会社名
価格
容量
有効成分
保湿成分
抗炎症成分
使い方

ルチアは育毛のためのヘアケアは短時間で十分という考え方をベースに作られた、画期的な育毛アイテムです。わずか30秒という極めて短い洗髪時間で必要なヘアケアを行います。市販されているシャンプーは大量の泡を発生させスッキリ感を演出しますが、ルチアは汚れを落とすために本当に必要な成分しか含まれていないので泡立ちが少なく、自然な仕上がりになります。泡をたたせるための成分の多くは化学的に作られた成分で、頭皮に残り頭皮にダメージを与えます。泡立ちにこだわらないルチアなら、こういったリスクを負うことなく汚れをスッキリ流し落とすので、頭皮環境の改善につながります。
頭皮に直接育毛に必要な栄養分を吸収させるためのアイテムもあり、他とは違うヘアケアを体験できます。

女性用のおすすめ育毛剤3・ルルシア

商品名
会社名
価格
容量
有効成分
保湿成分
抗炎症成分
使い方

髪のボリューム感をキープしたい女性のための育毛アイテムです。毛髪診断士が全面的に監修した効果重視の育毛剤なので、他の製品より結果が期待できます。
積極的に育毛を目指すタイプと頭皮環境の維持・改善を目的とした2種類の製品があり、髪の症状に合わせて製品を選べます。頭皮の健康状態に自信がないなら頭皮環境改善タイプから始めて、育毛重視のタイプに切り替えるような使い方も可能です。
購入する際は適切な商品を選べるようにアンケート調査を行います。WEBアプリが自動で調べてくれるので、画面に表示される質問に答えていくだけで自分の髪質に合った製品がわかるでしょう。育毛アイテムを購入したことが無い人でも短時間で自分に最適な製品を購入できます。

女性用のおすすめ育毛剤4・ミューノアージュ

商品名
会社名
価格
容量
有効成分
保湿成分
抗炎症成分
使い方

ミューノアージュは年齢と共に失われていく髪のハリやコシのケアに力を発揮してくれる育毛剤です。クリニックで実績のあるケアをベースに作り上げたアイテムで、気になる髪のエイジングケアに最適です。乾燥などのトラブルを抱えた頭皮環境を、豊富に含まれるオクタペプチドなどの有用成分が作用して丈夫な髪が生まれてくるのに相応しい環境に近づけます。さらに毛母細胞に作用する成分が毛根の活動を支え、太い髪が生まれるようにバックアップします。頭皮環境が整った状態で、髪の元に作用するので従来の製品よりも健康な髪が生えてくるでしょう。育毛サポートはこれだけに限りません。ヒアルロン酸やカミツレ花エキスといった有名保湿成分が頭皮の潤いを保ち、頭皮環境を良好に維持します。艶やかな髪を取り戻したいなら試したい育毛アイテムです。

産後脱毛の対策5・産後脱毛の原因を知りストレスをためない

産後の抜け毛は大きなストレスを受けたために起きると言われますが、実は複合的な原因により発生します。産後脱毛の原因を確認して、抜け毛予防に役立てましょう。産後脱毛の原因のひとつがホルモンバランスの崩れです。出産すると一時的にエストロゲンやプロゲステロンといった代表的な女性ホルモンの分泌量が減少します。この2つは発毛に大きく関わっており、エストロゲンは髪の成長に欠かせない存在で、プロゲステロンは髪の成長速度を維持する役割を担っています。この2つのホルモンが減ると髪が伸びないか、伸びても非常に脆弱で、すぐ抜けるような頼りない髪になります。さらに髪が抜けることがストレスになって、頭皮環境をさらに悪化させるので髪のボリュームは減ります。この悪循環を断つには、割り切ることが大切です。割り切ることでストレスを溜めずにすみます。

産後脱毛のピークは出産後4~6か月後

産後脱毛は時期によって抜け毛の量が異なります。驚くほど抜ける場合がありますが、ほとんどのケースで時間が経過すると抜け毛のペースは落ちてきます。髪が抜けることが不安でストレスを感じ過ぎないように、出産後の抜け毛のペースを確認しておきましょう。抜け毛は出産後すぐに症状が出ます。しかし出産直後は抜け毛の量が少なくほとんど気づきません。それから時間の経過とともに少しずつ抜け毛の量は増えていき、出産から4カ月から半年後くらいに抜け毛の量は最も多くなります。ストレスが最高潮になるのも、この時期です。「このまま抜け毛が続いたらどうなるんだろう…」と不安になり、人によっては不眠症になるでしょう。この抜け毛はあくまで一時的なものなので、抜け毛の量が人より多くても、あまり気にしないでください。時間が解決してくれます。

産後脱毛は出産後1年以内に落ち着くケースが多い

人によっては大量の抜け毛に落ち着いていられなくなる産後脱毛ですが、抜け毛のペースは6カ月を過ぎたあたりから少しずつ落ちてきます。そして出産から1年が経過する頃には、髪の量はほとんど出産前の状況に戻るでしょう。女性ホルモンの分泌量が戻ってくるので嫌でも髪の量は増えていきます。ただし、ストレスを感じすぎて心身ともに疲れ果ててしまうと女性ホルモンの分泌や働きが弱まって、本来なら戻るはずだった毛髪量が十分に戻らない可能性もあります。産後脱毛の原因には体の急激な変化もあげられます。脱毛のせいで強いストレスを感じると、その反応が体に出ます。体調不良などの様々な症状が出る危険性があるので、産後脱毛が起きても、「ああ、出たな」くらいに思って気にしないようにしましょう。

ストレスは全身の血流不足を招く!深呼吸をしてストレス発散を

産後脱毛の症状を悪化させる原因のひとつが強いストレスです。抜け毛が増えることに対する不安だけでなく、子供をこれからキチンと差だてられるのかという不安が合わさって、健康に重大な問題を引き起こすレベルのストレスに発展します。ストレスによる健康被害の代表的な症状は血行不良です。人間の体は強いストレスを感じると毛細血管を中心に血管が収縮します。ストレスを感じると手足が冷たくなる女性がいますが、原因はストレスであることも多いです。パニック障害の方も症状が出る際に強いストレスを感じるので手足が冷たくなることがあります。血行不良が頭皮にも生じると、髪に必要な栄養が行かなくなるので、余計に髪が伸びにくくなります。

産後の抜け毛対策のよくある質問 ※導入文300文字以上(このH2タグの概要)

ここでは産後抜け毛の対策をしたい人がよくする質問と、その回答を紹介します。育毛剤の使うタイミングや、実際にどれだけ効果があるかなど、具体的かつ実践的な質問とその答えを学ぶことで、自分が対策する際のヒントを得られるでしょう。
「産後脱毛が起きても1年後には元に戻ると言われているが戻らないケースもあるのか」など、産後脱毛に悩む人が抱える切実な悩みに対する回答も確認できるので、産後脱毛が起きた際にいたずらに悩むことが減ります。覚悟を決めて出産に挑めるでしょう。
産後脱毛と授乳の関係のような、よく語られる噂話レベルの話題も取り上げるので、ネットの噂に心を振り回されることも減ります。産後の抜け毛を気にする人は、ぜひ参考にしてください。

育毛剤は出産前から使用することで産後脱毛を予防できる?

産後脱毛は体内のホルモンバランスが崩れることで発生します。具体的には発毛に必要な女性ホルモンの分泌が減ってしまうことで起きる症状です。そのため育毛剤では対処できない可能性が高いです。育毛剤は頭皮の血行を良くするなど、肌環境の改善をとおして育毛を目指すものがほとんどなので、ホルモンが減ることで生じている薄毛には基本的に無力です。育毛剤をいくら使用しても、エストロゲンやプロゲステロンといった発毛に欠かせない女性ホルモンを体内で増やすことはできません。
しかし、頭皮の環境を良好に維持することで髪が戻ってくる時期の発毛を後押しする効果は期待できます。
毛根に必要な栄養素が十分に送られる環境が整っているなら、以前の毛髪量に戻るために必要な時間は短くなるでしょう。

産後脱毛が原因でそのまま薄毛になる事はある?

産後脱毛は減少していた女性ホルモンの分泌量が戻ってくると自然と症状が軽くなっていきます。そして最後には元の頭髪量に戻ります。しかし、なかには薄毛が顕著に改善しないケースもあるようです。出産で大きなストレスを感じてしまうと、それが原因で女性ホルモン分泌量が戻らないこともあります。1年過ぎても髪の生えてくる量が減少したままなら、その可能性は高いでしょう。
また、産後脱毛それ自体にストレスを感じてしまって、ホルモンバランスが崩れたままになり、症状が改善しない場合もあります。出産を機にライフスタイルや食の好みが変わって、それが原因で頭皮環境が悪化し、髪が生えにくい状態が続いているケースもあるでしょう。
いずれにせよストレスが問題を引き起こすので、産後は何かしらストレスを発散させる手段を持つべきです。

産後脱毛は授乳をやめると改善する?

SNSなどのママコミュニティでは授乳期になると薄毛になると言われることがありますが、それを科学的に証明するものはありません。それでも授乳期に抜け毛が増えると言われることが多いのは、授乳期にママが感じるストレスが飛躍的に増えるためです。授乳期は赤ちゃんが夜泣きをするので、夜いきなり起こされて生活が不安定になります。女性ホルモンは夜の寝ている間に分泌されるので、赤ちゃんの夜泣きで起こされて眠れないと、すくない女性ホルモンがさらに減って薄毛が進行します。眠れないので慢性的なストレス過多に陥り、血行不良などの抜け毛を悪化させる症状に悩まされるでしょう。根本的な問題は赤ちゃんの夜泣きですから、授乳を止めても抜け毛が改善される可能性は低いです。

産後脱毛対策として出産後に意識して摂りたい栄養はある?

産後の女性は栄養不足に陥りやすいので、脱毛に関係なくしっかり栄養を摂取することが大切です。抜け毛にも効果が期待できるおすすめの栄養素は、タンパク質・ビタミンA/E・亜鉛・大豆イソフラボンの4つです。いずれも出産で著しく失われる栄養素を効率的に補ってくれる優れた食材です。とくに意識して摂取したいのは大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは女性ホルモンによく似た働きを体内でしてくれるので、分泌量が減った女性ホルモンの代役を務めてくれます。髪の元になるタンパク質は乳製品や卵の他、高野豆腐などからも取れます。髪の成長ペースを維持する鉄分と亜鉛はレバーから、頭皮環境改善を助けるビタミンAは人参やモロヘイヤから、それぞれ摂取可能です。この他には鉄分が重要です。慢性的に不足するので、定期的に摂るようにしましょう。

産後脱毛の相談や治療ができる病院はある?

産後脱毛は気にしないのが一番ですが、不安でどうしようもない場合は専門知識を持った医師と話したほうが安心できます。おすすめは、かかりつけの婦人科に相談することです。自分の体のことをよく知っている先生であれば、症状を正しく把握してくれるでしょう。治療としては鉄分を効率的に摂取できるお薬を服用します。症状が抜け毛だけの場合は、それ以外にこれといった治療行為を提案されることはありません。
頭皮の状態が出産前と違う場合は皮膚科の先生に相談してください。フケやかゆみといった症状であれば、改善策を提案してくれます。
もし、婦人科の先生と話しても不安が解消されなくても、病院回りをすることはおすすめできません。産後脱毛はストレスが大敵ですから、先生が問題無いというのなら、思い切って割り切りましょう。

産後の抜け毛対策まとめ

産後脱毛は決して多い症状ではありませんが、一度発症するとしばらく症状が続きます。脱毛症状が強くなるのは産後4カ月~6カ月の時期で、それから半年かけて症状は緩やかに収まっていきます。1年後には脱毛症状は完全に収まり、髪の量も出産前に戻るでしょう。
産後脱毛の原因は女性ホルモンの減少で、これを早急に解決する手段はありません。大豆イソフラボンは女性ホルモンの代役をこなしてくれますが、抜け毛に関しては顕著な効果は見せてくれないでしょう。
残念ながら、産後脱毛に対する有効な治療法は無いので、ストレスを感じないようにして時間が過ぎるのを待ちましょう。髪の量が回復する時期を少しでも早めたいなら、育毛剤などを使って頭皮環境を良い状態に保ちながら、亜鉛やタンパク質など髪の成長に必要な栄養素をキチンと摂取してください。