【ヒゲ脱毛/セルフ】自宅で脱毛/ヒゲに効果的なおすすめ家庭用脱毛器

自宅でヒゲ脱毛をする方法/セルフ髭脱毛について

ヒゲ脱毛セルフ

セルフ髭脱毛1・家庭用脱毛器

お手軽かつ効率的に自宅でセルフ髭脱毛をするなら家庭用脱毛器がおすすめです。出力こそサロンで採用されている本格的な脱毛器に負けるものの、脱毛手法は同じなので回数を重ねればサロンと似たような仕上がりが期待できます。最近はハウツー動画も多く公開されているので、購入したものの使い方が分からずに放置されることもありません。また、業務用の脱毛器に比べて痛みが抑えられているのも魅力的です。痛みが強いとモチベーションを削がれますが、出力が抑えられているので痛みに苦しむことなく脱毛を続けられます。種類も豊富で、脱毛効果が高いものから、痛みを抑えたタイプ、さらには美肌効果が期待できるものまであります。目的に合わせて自分に最適なモデルを選べるでしょう。

家庭用脱毛器のメリット

自分でやるヒゲ脱毛に家庭用脱毛器を利用するメリットは自分のペースでできるところです。全身脱毛ほど時間はかかりませんが、ヒゲ脱毛もツルツルにするには半年以上時間がかかります。もし、定期的に施術ができなければ、さらに長い時間がかかるでしょう。自宅で空いた時間にムダ毛処理ができる家庭用脱毛器なら、仕事で帰りが遅くなる男性でも問題無く脱毛を続けられます。コンスタントにムダ毛を処理することで仕上がりも良くなるでしょう。最新式のものであれば全身を処理するのに20分かからないので、わずかな隙間時間を有効活用できます。自由にできるプライベートタイムが少なくてヒゲ脱毛をあきらめていた人も挑戦可能です。仕上がりにこだわるなら照射する光の強度を上げることができるなど、調整機能も便利です。柔軟なヒゲ脱毛を望むなら家庭用脱毛器で決まりでしょう。

家庭用脱毛器のデメリット

手軽でコスパの高い家庭用脱毛器ですが、いくつか注意したいデメリットもあります。とくに注意して欲しいのは効果が出るまでに時間がかかることです。サロン脱毛に比べて出力が低いため、毛根や発毛器官を十分に熱処理できないことがあります。一度で処理できないムダ毛に関しては2度、3度と照射を繰り返すことになるので、完了するまでサロン脱毛より長い時間が必要です。出力が高いモデルも販売されていますが、価格が高額なので、脱毛サロンの費用とほとんど同額になります。効果は脱毛サロンのほうが上なので、高額な家庭用脱毛器を選ぶ動機はあまりありません。照射面積が狭いのも問題です。出力が低いモデルは照射面積を広くできないため、施術に時間がかかります。照射回数が増えることで肌が受ける負担が増えることも気になるところです。上手に使いこなせるようになれば問題ありませんが、それまでには時間がかかるでしょう。

セルフ髭脱毛2・ワックス

専用の溶剤を肌に塗って、溶剤と一緒にムダ毛を抜き取るのがワックスを使った脱毛です。性別にかかわらず全国各地で利用されているセルフ脱毛手法で、家庭用脱毛器よりも気軽にムダ毛処理ができます。用いるワックスは大きく分けてストリップワックスとハードワックスの2種類があり、それぞれ特徴が異なります。ストリップワックスはワックスを塗った肌の上に不織布を当てて、ワックスに付着したムダ毛と一緒に不織布を剥ぎ取ることで体毛を毛穴から引き抜きます。ハードワックスはワックス自体が固まるタイプで、固まったワックスを肌から剥がすとムダ毛も一緒に付いてきます。いずれのワックスを使う場合も、ムダ毛を毛根ごと引き抜くところは同じです。ムダ毛を引き抜くときの痛みに耐えられるなら、安くキレイにヒゲを処理できるでしょう。

脱毛ワックスのメリット

ワックスでヒゲ脱毛するメリットは安さです。安いものなら1,000円ほどの価格で購入できます。これといって必要な道具はなく、鼻下や顎にワックスを塗って固まるまで待って取り剥がすだけなので、トータルコストも安いです。ヒゲ脱毛だけなら必要なワックスも少なくて済むため、維持費も抑えられるでしょう。お金に余裕がない学生さんが出費を抑えてムダ毛の無いキレイな肌を手に入れるなら最高の脱毛手法と言えます。仕上がりの良さも魅力です。毛根から根こそぎムダ毛を引き抜くので、毛穴にムダ毛の欠片が残りにくく、脱毛サロンでありがちな施術後の黒いスポットに悩まされることはありません。ワックスによっては肌表面にこびりついた角質も一緒に取り除いてくれるので、肌の新陳代謝をサポートする効果も期待できます。

脱毛ワックスのデメリット

ワックスを使ったヒゲ脱毛のデメリットは痛みです。単純に比較はできませんが、痛いと言われているレーザー脱毛に負けないほど刺激が強く、ムダ毛を抜いたあとは3分ほど処理した場所がジンジンすることもあるようです。ただし、ニードル脱毛よりは痛みが軽いと言われています。ニードル脱毛に耐えられた人は、ある程度は安心してワックス脱毛ができるでしょう。ワックス脱毛の痛みが強い理由は毛根を毛母細胞から無理やり引き抜くためです。毛母細胞と毛根の結びつきは強く、ムダ毛を抜こうとすると毛母細胞も引っ張られます。そして2つが引き剥がされる時、激しい痛みが走ります。しかも、毛母細胞は血管とつながっているので、引き抜く力が強いと血管が破れ出血することもあります。ヒゲは太く根が深いので痛みが強くなりやすいので注意が必要です。

セルフ髭脱毛3・毛抜き

シンプルに毛抜きで1本ずつヒゲを処理することもできます。お好みの毛抜きを使い、気になる箇所からムダ毛を抜いていきます。抜きやすさは利用する毛抜きの質に大きく影響されます。100円ショップで売っているような製品は、つまむ部分の噛み合わせが甘いこともあるので細いヒゲを上手くつまめずに作業効率が大きく下がるでしょう。毛抜きは脱毛サービスが提供される前から利用されているだけあって、地方でも難なく入手できます。少なくともブラジリアンワックスよりも簡単に手に入るでしょう。そのため、他の毛よりも異常に長く伸びたヒゲを処理するときに便利です。前述したとおり100円ショップで購入できるので、処理したいヒゲが数本だけの場合に活用することをおすすめします。

毛抜きのメリット

ヒゲを処理するのに毛抜きを使うメリットは確実性です。1本ずつ狙いを定めて抜いていくので、脱毛サロンやクリニックで起こる打ち漏らしはありません。施術した箇所はしばらくムダ毛が生えてこなくなるでしょう。施術費用が安いところも大きなメリットと言えます。必要費用が数百円で済むので、ヒゲを処理した時にどんな印象の顔になるのか安く確かめるのにいいでしょう。仮に自分とは相性が悪い施術方法だったとしても、数百円の損失で終わります。脱毛サロンで失敗するより、はるかに被害が小さいです。脱毛していることがバレにくいのも見逃せません。毛抜きは少しずつヒゲを処理していけるので、外見から脱毛していることを知られるケースは滅多にありません。

毛抜きのデメリット

着実にムダ毛を処理できる毛抜きですが、注意したいデメリットがいくつかあります。無理やりヒゲを引き抜くので肌がダメージを受けやすく、毛根周辺の組織を傷めたり、出血につながります。また、太い毛を抜くと毛穴が閉まらないため、雑菌や皮膚表面のゴミが侵入しやすくなります。雑菌は通気性が悪く湿度の高い毛穴の中で繁殖し、炎症を起こしてニキビなどの原因になるでしょう。内出血すれば、そこだけ黒いシミのようになり目立ちます。抜き方が悪いと埋没毛になる危険性もあります。ヒゲを抜く際に、途中で切れてしまうと、その状態のままヒゲが伸びようとするので毛穴の中で壁に引っかかりやすくなり、上手く毛穴から出られなくなります。この現象が埋没毛で、毛穴の炎症につながったり、肌を暗くするデメリットがあります。

セルフ髭脱毛4・除毛クリーム

除毛クリームは塗るだけでムダ毛を処理できる夢のようなアイテムです。どれだけヒゲが濃くても除毛クリームを塗って時間を置いてから洗顔すると、ヒゲを取り除くことができます。除毛クリームはヒゲをはじめとするムダ毛を全て溶かします。毛根には一切アプローチできないため、脱毛効果はなく除毛の効果しかありません。しかし、その効果は絶大で、施術をしたその日に表面上のヒゲを一掃できます。ヒゲを溶かす成分はチオグリコール酸カルシウムと呼ばれるもので、タンパク質を溶かす特徴を持っていますが、肌には作用しないので安全です。最近はスキンケア機能を備えた除毛クリームも販売されているので、施術後に肌に潤いを感じるタイプもあります。

除毛クリームのメリット

除毛クリームのメリットは痛みが無いことです。クリームがムダ毛を安全に溶かすだけなので、痛みを感じることがありません。脱毛で定番になっている痛みとサヨナラできるので、痛みが苦手な方でも何の不安もなく施術ができます。ヒゲは脱毛クリニックやサロンで処理しても痛みが強く、セルフで処理しようとしても痛みが出るやり方が多いので、痛みが全くない除毛クリームは入門用のヒゲ脱毛として最適と言えるでしょう。価格が安いのもありがたいです。ネットで通販する場合でも1本700円ほどで購入できます。もちろん最寄りのドラッグストアでセール期間中に買えば、より安く購入できるでしょう。即効性もあるので、急いでムダ毛処理をしたい時に活用できます。

除毛クリームのデメリット

除毛クリームのデメリットは効果が持続しないことです。毛穴より上に伸びているヒゲを溶剤で溶かすだけなので、大元である毛根には全くダメージが入りません。そのため2、3日経過するとヒゲが伸びてきたことを確認できるでしょう。効果は施術をしたその日しか続かないと思ったほうが賢明です。効果が続かないので、キレイな肌を維持するためには頻繁に除毛クリームを塗る必要があります。少しのムダ毛も気になる場合は、数日に1回のペースで施術することになるでしょう。施術にかかる手間が比較的軽い除毛クリームですが、頻繁に行うのは面倒ですし、お金もかかります。仕上がりがイマイチなのも気になるところです。毛根が残るので、ヒゲが太い人は黒いツブツブが大量に見える肌になるでしょう。

セルフ髭脱毛5・抑毛クリーム

抑毛クリームとはヒゲが生えてくるのを抑えてくれるクリームもしくはローションのことです。大豆由来の発毛を抑える成分が含まれており、この成分が上手く効果を発揮するとヒゲが伸びるペースが落ちたり、ヒゲが細くなる効果があるとされています。残念ながら脱毛効果や除毛効果は無いので、これだけでヒゲの量を減らしたり、ヒゲを無くすことはできません。あくまで目立たなくするだけです。抑毛クリームの多くは男女兼用なので、製品を購入する際に性別を気にする必要はありません。男性ホルモンを抑制することでヒゲの発育を遅らせる製品なので、効果は利用者の男性ホルモンの濃さに大きく影響します。元から男性ホルモンの量が少ない人は多い人より効果を感じやすいでしょう。

抑毛クリームのメリット

抑毛クリームのメリットは副作用が出にくいことです。大豆由来の天然成分を使うので肌に刺激を与えにくいです。男性ホルモンを抑制する効果があるとされていますが、それほど大きな影響力は持っていません。ヒゲを完全に抑制することはできませんが、肌の炎症といった副作用を心配せずに利用できるので手軽に使えます。スキンケアアイテムと組み合わせて使うこともできるでしょう。製品バリエーションが豊富なことにも注目してください。大豆由来の万能タイプだけでなく、男性のヒゲに狙いを絞ったパイナップル由来の成分を持つ製品もあります。ヒゲ脱毛をする場合はヒゲに特化した抑毛クリームを選んで購入しましょう。より高い効果を期待できます。

抑毛クリームのデメリット

抑毛クリームのデメリットは効果が出にくいところです。ヒゲを抜いたり、ヒゲを溶かすような直接的な効果はないので、なんとなく薄くなったような感じで終わることも少なくありません。なんとなく減っただけでも満足できる人なら問題ありませんが、明らかな効果を確認できないと困る人は不満を感じるでしょう。副作用が少ない分、効果も薄いと割り切って使うしかありません。効果が出るまで時間がかかるのも厄介です。除毛クリームのように施術したその日に効果を実感できるタイプではなく、人によっては数週間使い続ける必要があります。急遽行くことになった結婚式のためにヒゲを処理したい場合には力不足でしょう。また、ヒゲのような太くて濃い毛には効果が薄いところも大きなデメリットです。

セルフ髭脱毛の中で抑毛・除毛効果があるのは家庭用脱毛器のみ

セルフで髭脱毛する方法は様々ありますが、抑毛・除毛効果が期待できるのは家庭用脱毛器だけです。抑毛クリームは効果があるのか無いのかハッキリ分かりませんし、ヒゲに対しては効果があまり期待できません。除毛クリームは手軽ですが、ヒゲを根っこから処理できるわけではないので効果は薄く、またすぐヒゲが生えてきます。ワックスや毛抜きは即効性があり、ヒゲを一掃できますが、肌や毛穴に与えるダメージが大きすぎて、肌が薄いアゴや鼻下のような皮膚が薄い箇所では使いたくない人も多いでしょう。しかし、家庭用脱毛器なら毛根を狙った脱毛処理が可能です。毛根を熱処理するか、発毛の命令を出している器官の機能を停止できるので、ムダ毛を効果的に減らせます。

家庭用脱毛器は継続することで毛が細く生えにくくなってくる

家庭用脱毛器を勧める理由のひとつは「使い続けるとヒゲが細くなっていく」からです。家庭用脱毛器は出力が抑えられているため、脱毛効果はサロンに比べて低いですが、回数を繰り返すことで太く丈夫なヒゲも処理できます。施術回数が増えることはデメリットのように思えますが、少しずつヒゲを細くすることで、周囲の人が脱毛による変化に気づかないのはメリットです。会社や学校で周囲の人に脱毛していることがバレることは滅多にないでしょう。肌にかかる負担が軽いのも嬉しいです。何度も同じところに照射しますが、肌がダメージを受けにくいので、体に無理をさせることなく最後まで脱毛施術ができます。時間をかけてゆっくり安全にヒゲを処理したい人には、家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛がおすすめです。

家庭用脱毛器は男性のヒゲに効果はある?

家庭用脱毛器の種類・フラッシュ式脱毛器の特徴

家庭用脱毛器の中でもオーソドックスと言えるのは、光を使用したフラッシュ式です。ボタンを押すことで照射部から出てくる光が、毛に含まれているメラニン色素に反応します。そうすることで熱を発生させ、毛が生える仕組みにダメージを与えるわけです。その結果、しっかりとした太い毛を生み出すことができず、髭が細くなったり、生えなくなったりします。そして、フラッシュ式の脱毛器は、威力が弱いのが特徴です。光を照射する方法自体が、脱毛方法の中でも弱めです。そのため、効果を実感できるようになるには、しばらく時間がかかるかもしれません。しかし、威力が弱いということは、それだけダメージが少ないということにもなります。脱毛の際に発生する熱も弱いため、痛みを感じることはほとんどないでしょう。また、肌トラブルのリスクも少ないです。

家庭用脱毛器の種類・レーザー式脱毛器の特徴

家庭用脱毛器には、数こそ少ないものの、レーザーを使用したものもあります。基本的な仕組みはフラッシュ式と同じですが、レーザーの方が威力が強いので、高い脱毛効果が期待できます。男性の中には、毛が非常に濃く、威力が弱いフラッシュ式ではあまり効果を実感できない人もいます。そのような人は、レーザー式を選択した方が良いかもしれません。ただ、レーザーの強い威力は、髭だけでなく、あごや口周りの皮膚にもダメージを与えます。そのため、人によっては痛みを伴うかもしれないということを覚えておきましょう。また、体質的に皮膚が弱い人は、出来物ができたり、炎症が発生したりする恐れがあります。したがって、カミソリ負けするほど肌が弱い人は、レーザー式は避けた方が無難です。

家庭用脱毛器はほとんどがフラッシュ脱毛器

家庭用脱毛器には数多くの製品がありますが、そのほとんどがフラッシュ式を選択しています。家庭用脱毛器は基本的に、自分で脱毛するために使用するものです。つまり、脱毛に関する専門的な知識を持たない、素人が使用しても、問題のない程度に抑えなければなりません。しかし、レーザー脱毛は、非常に強力です。脱毛効果こそ高いですが、同様に肌トラブルを起こすリスクが高いです。もし、威力が強いレーザーでトラブルが多発したら、脱毛器が売れなくなってしまうでしょう。そのような理由で、多くのメーカーは、フラッシュ式の脱毛器を採用しています。また、素人が使っても問題のないレーザー脱毛器を作ることが難しいのも、フラッシュ脱毛器が多い理由です。

家庭用脱毛器では永久脱毛はできない!除毛・抑毛効果のみ

家庭用脱毛器を使用する際に気を付けなければならないのは、永久脱毛はできないということです。永久脱毛というのは、施術をした全ての毛穴から、毛が生えてこない状態にすることです。そのためには、強力なレーザーを使用して、毛が生える仕組みそのものを壊してしまわなければなりません。ただ、そのレーザーを使用できるのは、医師が在籍している医療機関のみに限定されています。素人が使う家庭用脱毛器は、安全のために、永久脱毛ができるほどの威力は出せないようになっています。したがって、いくつかの全ての毛穴ではなく、いくつかの毛穴で毛が生えてこなくなる、あるいは毛が細くなる効果程度だと覚えておきましょう。脱毛器メーカーの中には、使用すれば毛が全てなくなるかのような宣伝をしているものもあります。しかし、それは家庭用脱毛器には不可能なので、鵜呑みにするのは止めておきましょう。

使用を辞めると元に戻ってしまうこともある

家庭用脱毛器は、素人が使っても問題ないほど、弱い光やレーザーを使用します。そして、使用するごとに、毛が生える仕組みに影響を与えていきます。そうすると、次第に毛が生える仕組み自体がダメージを受け、毛が細くなったり、生えなくなったりします。そのため、影響を与え続けるには、使用を続けることが大切です。家庭用脱毛器には、製品ごとに使用頻度が決められています。その頻度通りに継続することで、効果が出ます。もし、決められている頻度を守らず、途中で止めてしまうと、元に戻ってしまう恐れがあります。人体には、自己治癒能力が備わっていて、多少のダメージを受けても元に戻ろうとします。それは毛が生える仕組みも同様で、ダメージが回復したら、元の状態と同じように毛が生えてしまうかもしれません。

使用開始から2カ月ほどで除毛効果を実感するケースが多い

基本的に光やレーザーを使用した脱毛施術は、すぐに効果が出るものではありません。サロンに通ったとしても、効果を実感できるまでには時間がかかります。そして、サロンで使用する脱毛器より、さらに威力が弱い家庭用脱毛器は、効果を実感できるようになるまでの時間がもっと長いです。大抵の場合は、効果を実感できるまでに2ヶ月ほどかかります。さらに、その効果も劇的なものではなく、髭が少し細くなった、あるいは全体的に薄くなったと感じられる程度です。そのため、短い期間使用するだけで一気に毛が抜けるような、大きな期待をしないようにしましょう。また、効果が感じられないからといって、使用を途中で止めてしまうのもいけません。実感しにくくても、効果は出ている可能性があるため、根気よく続けることが大切です。

髭セルフ脱毛におすすめ!メンズ家庭用脱毛器を厳選して紹介します

メンズの髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・トリアパーソナルレーザー脱毛器4X

トリアパーソナルレーザー脱毛器4Xは、トリア・ビューティ・ジャパン株式会社が販売する脱毛器です。レーザー式となっていて、価格は48,000円(税込)です。そして、顔から足の先まで、ほぼ全身が脱毛可能範囲となっています。顔は範囲が限られますが、鼻から下であれば使えるので、髭脱毛に用いても問題はありません。使用する際には、まず本体の電源を入れます。その後、ボタンを使ってレベルを調整します。そうしたら、照射部分を髭に当てます。当てたらまず「ピッ」という音が鳴るため、しばらく待ちます。その後「プッ」という音が鳴ったら完了なので、別の部分に照射部分を移動させます。おすすめのポイントは、レーザー脱毛ができる点です。強力なレーザーを使用することで、しっかりと脱毛をすることが可能です。人によっては、数回の使用だけで効果を実感できるようになるかもしれません。また、照射範囲が狭く、髭脱毛に使いやすい点もおすすめです。

メンズの髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・ケノン

ケノンは、アローエイト株式会社が販売している脱毛器です。フラッシュ式で、価格は69,800円(税込)です。Vラインも含めたほぼ全身が脱毛可能範囲で、顔も目の周りでなければ使用することができます。髭脱毛に使用しても特に問題はありません。使用する際には、本体をコードに接続し、電源を入れます。そして、本体側で照射レベルを設定した後、照射部分を皮膚に当ててボタンを押します。照射の前後には、保冷剤などを使用して、脱毛部分をしっかりと冷やさなければなりません。そのケノンのおすすめのポイントは、照射する光の強さを大幅に変更できる点です。レベルは1から10まであり、肌質や毛質に合わせられます。さらに、カートリッジには、標準とは別のストロングタイプも用意されていて、濃い髭を効率的に脱毛することも可能です。

関連ページ:【ケノンの口コミ】脱毛器・効果の評判と脱毛のレビューについて

メンズの髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・レイボーテメンズフラッシュZERO

レイボーテメンズフラッシュZEROは、ヤーマン株式会社が販売するフラッシュ式の脱毛器で、価格は49,500円(税込)です。顔から足までが脱毛可能範囲で、髭脱毛にも使えます。使用するためには、本体の電源を入れ、皮膚に密着させた状態で照射ボタンを押していく形です。連続照射モードもありますが、髭脱毛は1回ごとの照射が推奨されています。また、モード切替ボタンを押して、肌の色を読み取るモードにした場合、最大レベルを抑えることができます。おすすめポイントは、髭脱毛のために使用する、専用ヘッドが付属することです。標準のヘッドは、広い範囲を照射できるようになっています。しかし、それでは口周りに使用した際、密着が難しく、光が漏れてしまいます。そこで、照射部が小さく作られている髭専用のヘッドを使用すると、光を漏らすことなく照射できます。

メンズの髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・トリア

トリアは、トリア・ビューティ・ジャパン株式会社が販売する、レーザータイプの脱毛器です。持ち運びができるのが特徴で、価格は36800円(税込)です。脇や手の甲など幅広い範囲に使用することができ、口周りへの使用も想定されています。そのため、髭脱毛のために使っても問題はありません。使用するためには、本体の電源を入れ、出力レベルを3段階の内から選択します。最初に使用する場合は、低めに設定します。その後、本体を皮膚に当て、音が鳴ったら次の場所へと移動していきます。その流れを髭全体で繰り返していきます。トリアのおすすめポイントは、本体が小さくて軽い点です。そして、先端が細くなった形状となっているため、鼻下の髭脱毛もしやすいでしょう。

メンズの髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・ホームクリア

ホームクリアは、株式会社クリアが販売している脱毛器です。フラッシュ式で、価格は59,760円(税込)です。脱毛可能範囲は、性器周りを除いたほぼ全身です。顔も目の周り以外であれば使用可能なので、髭脱毛に使用することができます。使用する場合は、前日にシェービングを済ませておきます。そして、本体をコンセントに繋いで電源を入れたら、照射レベルを設定します。その後、サングラスを着用して、照射部をあごに当てながら光を当てていきます。照射方法は、ボタンを毎回押す方法と、オートボタンを押して自動照射する方法があります。ホームクリアのおすすめポイントは、メンズサロンが開発している点です。男性の太くて濃い毛を脱毛することを考えて作られています。

メンズの髭脱毛におすすめの家庭用脱毛器・スムーズスキンbare

スムーズスキンbareは、CyDen株式会社が販売しているフラッシュ式の脱毛器で、価格は30,800円(税込)です。脱毛可能範囲は顔からVラインまで幅広く、髭脱毛に使用することもできます。使用する際にはまず、電気シェーバーやカミソリを使って、肌の表に出ている髭を全部剃っておきます。その後で本体をコンセントと繋いで、皮膚に密着させたら、ボタンを押して照射していきます。1回押すごとに照射されるため、場所を移動させながら使用します。また、ボタンを長押しした状態で本体を移動させると、連続照射モードとなって、ボタンを押すことなく照射を続けられます。そのようにして、あご周りの髭脱毛をスムーズに進められるのがおすすめポイントです。

メンズのセルフ髭脱毛のよくある質問

よくある質問

何回くらいで効果を実感できますか?

髭の脱毛効果ですが、医療系のレーザー脱毛であれば、一回から3回ですでに効果を実感可能で、6回当たりレーザーで脱毛を行えば、青髭という細かな髭ですら脱毛が可能です。なお、永久脱毛という形で完全に髭が生えてこない施術を行った場合、12回当たり施術を受ければ完全に永久脱毛という形で髭が生えなくなります。そのうえで、光脱毛という方式の場合、一時的に髭が抜け落ちて脱毛を実感可能ですが、再度髭が生えてくるため、何回も施術を受ける必要があり、こちらについては、永久に施術を受けないと南海も髭が生えてくるので完全に脱毛をするということはまず不可能となっています。よって、完全に脱毛を希望する場合、レーザーの脱毛であれば12回あたりまで繰り返して施術を行えば、永久脱毛が可能でしょう。

髭脱毛は痛いって本当ですか?

髭の脱毛は痛いかどうかですが、結論を言えば、痛いがゆえ麻酔を使用して痛みを和らげますというのが答えで十分に麻酔が利いてから施術を行うクリニックであれば、髭の脱毛は痛みを感じません。逆に、施術時間が押しているということで急いで施術をするようなクリニックですと、十分に麻酔が利いていない状態で施術に入るため、施術を受けた際、激痛が走ることがあります。この激痛を経験することで2度と施術を受けたくないという考えになり、お金を返してもらって2度と髭の脱毛を受けないという流れになるのです。よって、髭脱毛が痛いかどうかについては、麻酔がきちんと作用していなければ痛いです。レーザーで毛根を焼き切るわけですから痛みがない方がおかしいので、麻酔を使用して痛みを消すのが当たり前で、この作業をサボるようなクリニックで施術を受ければ、光脱毛というものでも十分に痛みを感じてしまいます。

どのくらいの頻度で照射しますか?

光脱毛という方式であれば、12回の施術で光を照射する回数は、一つの部位で2万から3万回の照射が必要となっています。なので、3万という回数を12かいという回数で割ると一回当たりの施術で照射する光エネルギーは一部位について2500回です。それを全身脱毛の場合、30分で行う必要があるという制限化の中行うため、かなり急いで光エネルギーを一部位あたりに2500回照射するという流れになります。では、レーザーの場合どうなるかですが、レーザーの場合、照射する回数は分からないです。なぜなら、一回の照射でどの程度の毛根を破壊できるかが分からないので複数の部位の毛根を破壊可能なレーザーの場合、一回で大量の毛根を破壊し照射回数をものすごく減らせるのですが、どのような医療用レーザー機器を使用しているかわからないため、レーザー脱毛は照射回数は不明となります。

家庭用脱毛器は硬毛化の原因になりますか?

家庭用の脱毛器は、パワーにおいてはかなり不足してくるうえ消耗品である、光エネルギーの照射カートリッジの劣化などを挙げた場合、硬毛化の原因になり得ます。というのも、硬毛化は、毛根が弱ってから、まだ生命力がある場合、さらに毛根自体が生き残りをかけて強くなるという現象なので家庭用の脱毛器の毛根を弱らせてやろうというパワーが経年劣化してきますと簡単に硬毛化が起きます。しかも、光エネルギーを照射するカートリッジ自体の耐久性は、10万回であると仮定した場合完全に脱毛をする場合、2万か3万回を照射するわけですからフル稼働して使用した場合、おおよそ4回フル稼働して使用すればカートリッジは寿命となるのです。よって、寿命を迎えたカートリッジで施術を家庭で行えば、硬毛化が起きますし、そもそも家庭用はそこまでパワーがないので毛根自体が弱り切らず、生き存え硬毛化の原因になりやすいと言ってもよいでしょう。

照射パワーが強い脱毛器の方が脱毛効果が高いですか?

その通りで、照射パワーが強ければ強いほど毛根にダメージを与えるため、脱も効果は高まります。なので、最近の家庭用の脱毛器はパワーを重視した商品は肌がやけどになるため、冷却機構というものを備え肌を冷却することを可能としています。しかも脱毛器自体が高熱になるため、壊れるという問題を回避するために脱毛器自体にファンを搭載して冷却するなどの方式を採用している物もあるため、照射パワーが強ければ強いほど脱毛の効果は高まりますが、それと同時に火傷のリスクも高まります。だから、医療系レーザー脱毛でもレーザー照射後に冷却を行うのは火傷のリスクを恐れるがゆえで、やけどが現れた場合、毛根を火傷がふさぐという事態が起きてもはや施術どころではなくなるため、必ずレーザー治療後は冷却をするもしくは冷却しながらレーザーで治療するという方法がスタンダードとなったのです。

フラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方が髭脱毛には適していますか?

痛みというものに耐えることが可能であれば、フラッシュ脱毛という光エネルギーを照射する脱毛よりもレーザーのほうが脱毛には適しています。なぜなら、奥深くの毛根を破壊できるのがレーザーなので青髭とか見えない毛根を破壊しつくすという施術においてはレーザーのほうが脱毛効果は高いです。しかし、痛みがあるという難点がレーザー脱毛の問題点で麻酔が利かないというケースもあり得ることからフラッシュ脱毛という方式が安全や痛みが少ないという意味においては適しています。よって、痛みを感じない施術が良いか、痛みを感じるかもしれないが脱毛による効果が絶大なレーザー脱毛が良いかを選ぶというのがこの問題の答えになります。そのうえで、麻酔が利かない部位であるという点について理解したうえで、レーザー脱毛を選択することが可能かという点がこの問題の恐らくの重要な部分になります。

冷却機能がついていた方が安心ですか?

冷却機能の必要性は、血管を収縮させて出血を防ぐこと、やけどのダメージを緩和させることが目的なので冷却機能がある家庭用脱毛器や医療用脱毛器のほうが安全です。旧来の脱毛器や旧来の医療脱毛では、出血が起きるや火傷の症状が起きた場合、施術を辞めて治療に専念するということから施術が遅れに遅れるという問題がありました。これを良しとしなかった人物たちがやけどを承知のうえで施術を行ったがゆえ、大惨事になり現在では冷却機能が必要という流れになったのです。しかもレーザー自体が協力になると如何に、毛根をレーザーを発生させるセンサーが感知して毛根だけを狙っても熱によるやけどは防げないので冷却はとても重要になります。したがって、冷却機能がついている方が安心であるかは、冷却機能がついている方が安心でかつ、万が一が起きにくくするという点では理にかなってます。

濃いヒゲでも問題なく使えますか?

光エネルギー照射タイプでも強力なエネルギーを照射するタイプであれば、濃い髭でも申し分なく脱毛の施術を行えます。ただし、注意すべく点は、家庭用の脱毛器でハイパワーな商品というものは日本の家電製品の安全規格に合格しているかどうかが分かりません。もっと言えば、強力な光エネルギーを照射するがゆえ、法律に違反している商品もあり得るため、言い方が悪いのですが、脱毛器の中にはメーカー名や製造減ですらわからないものがあるのです。なお、日本国内の商品はそうした問題がありませんので安心して使用して頂けるうえで来い髭に耐用している光脱毛器を選べば問題はありませんので安心して頂きたいです。ちなみにですが、家庭用の場合、レーザーという商品はよほどのメーカーでない限り存在していませんし安全性に疑問がありますので、家庭用のレーザー脱毛器については触れませんのであしからずお願いいたします。

メンズのセルフ髭脱毛の方法・おすすめの家庭用脱毛器まとめ

メンズの髭脱毛は、レーザーか、光エネルギーのいずれかです。レーザーは痛みが現れるかもしれないのですが、効果は絶大で毛根を根絶やしにするという仕組み情永久脱毛が可能です。一方、光エネルギーは、毛根を弱らせていくタイプなので、痛みはない分、効果は薄く何度も繰り返して施術を受けることで最終的に毛が生えにくくなるというだけで永久脱毛は無理です。そのうえで、お勧めの家庭用脱毛器については、冷却機構を備えた国内メーカーの脱毛器がおすすめで、日本のメーカーの脱毛器であれば、家電の安全規格をクリアしていますので安全に使用することが可能です。逆に、効果重視のよく分からない海外の製品は、安全規格が不明なので、感電や、やけどをしても致し方なしという流れになるうえで、保証もわかりません。よって、家庭用脱毛器は、日本国内で販売している冷却機構を備えたその年の新製品を購入するのが良いでしょう。