【シミに効く食べ物】しみ・肝斑・そばかすに!美白効果のある食べ物

シミに効く食べ物レシピ

ビタミンAが豊富・にんじんマリネ

人参はビタミンAが豊富に含まれているので、皮膚の新陳代謝を促進したり、しわやたるみを予防する働きががあります。にんじんマリネは、簡単に作ることができるシミ対策レシピです。にんじんマリネの作り方は、にんじん2本程度をピーラーで剥いておきます。オリーブオイルと酢、塩コショウ、砂糖を混ぜておきます。にんじんマリネは、合わせ調味料を加えて混ぜるだけで簡単に作ることができます。好みでパセリのみじん切りを掛けると、色合いが美しくなります。

ビタミンBが豊富・かつおのカルパッチョ

カツオはビタミンBが豊富に含まれているので、美肌効果が高く、しみやそばかすを予防する働きがあります。スーパーマーケットや百貨店では、カツオのタタキが販売されているので、購入をしておくと良いでしょう。カツオのカルパッチョは、栄養価が高く、しみ、そばかす対策になるのでレシピを知っておくと良いでしょう。オリーブオイルと塩コショウ、酢、にんにくのおろしを混ぜておきます。カツオのタタキは、薄切りにしておき、合わせ調味料を掛けておくと良いでしょう。水菜やオニオンスライス、ミニトマトなどを和えると美味しいです。

ビタミンCが豊富・はちみつゆず茶

ゆずはビタミンCが豊富に含まれており、はちみつは上白糖に比べるとミネラル成分が豊富です。ビタミンCは、優れた抗酸化作用があるため、しみやそばかすを予防します。はちみつゆず茶は、柑橘系の優しい香りが特徴で、甘酸っぱくとても美味しいです。シミ対策レシピでは、ゆずは半分に切っておき、果汁を絞っておきます。皮は細くカットをしておきます。熱湯消毒をした容器を用意しておき、ゆずの皮、果汁、はちみつを加えておきます。はちみつゆず茶は、お茶や水で割って飲むと美味しいです。

ビタミンEが豊富・アボカドとナッツのサラダ
アボカドは、森のミルクと呼ばれており、ビタミンEが豊富に含まれています。アボカドを使ったシミ対策レシピには、アボカドとナッツのサラダがあります。アボカドを食べやすい大きさにカットをして、レモン汁を掛けておきます。キュウリは乱切りにして、レタスをちぎっておきます。オリーブオイルと酢、塩コショウを混ぜて合わせ調味料を作ります。アボカドと野菜、合わせ調味料を加えて、細かく刻んだナッツをトッピングして食べると良いでしょう。

ポリフェノールが豊富・牛肉の赤ワイン煮込み

赤ワインは、ポリフェノールが豊富に含まれているので、しみやそばかすを予防することが出来ます。赤ワインを使ったシミ対策レシピには、牛肉の赤ワイン煮込みがあります。牛肉は食べやすい大きさにカットをして、塩コショウ、小麦粉をまぶしておきます。玉ねぎを炒めてから、牛肉の表面を焼いて赤ワインとトマト缶を加えて煮込んでいきます。固形ブイヨンや塩コショウなどで味付けをします。圧力鍋を使用すると、短時間で調理が出来ます。

リコピンが豊富・トマトジュース

リコピンが豊富トマトには、美肌効果の高いリコピンが含まれているので、しみやそばかす対策になります。トマトを使ったシミ対策レシピには、トマトジューズがあります。市販の商品も美味しいですが、手作りのトマトジューズは絶品です。完熟のトマトをカットして、弱火で10分程度加熱をしたら、ミキサーで攪拌をして濾しておきます。攪拌して濾したトマトを、塩を加えて加熱をしてから、冷まして冷蔵庫で冷やしておきます。減塩をしたい場合は、塩を加えなくても良いです。

エラグ酸が豊富・いちごスムージー

いちごは、甘酸っぱくビタミンやエラグ酸が豊富に含まれているので、美肌効果が高いのが特徴です。いちごを使ったシミ対策レシピには、いちごスムージーがあります。生のいちご、冷凍いちごなどを使用します。ミキサーにいちごと、牛乳、砂糖を加えて、攪拌するだけで簡単に作ることが出来ます。いちごスムージーは、甘酸っぱく、優しい香りが特徴です。冷凍いちごは、一年間を通して、購入することが出来るので常備しておくと便利です。

L-システインが豊富・大豆の煮物

大豆は食物繊維、Lシステインが豊富に含まれているので、畑の肉と呼ばれています。非常に栄養価が高く、しみやそばかす対策にお勧めです。大豆を使ったレシピには、大豆の煮ものがあります。乾燥大豆は、水に8時間ぐらい浸けておくと良いでしょう。昆布は水で戻しておきます。大豆の煮ものは、圧力鍋を使用すると、短時間で調理が出来ます。砂糖とお酒、醤油などの調味料で、大豆と昆布を煮込むことで、美味しいシミ対策レシピが出来ます。

シミ対策は食べ物&紫外線対策で!内側&外側からシミ予防

シミの一番の原因は紫外線

シミはホルモンバランスの乱れ、加齢なども要因になりますが、1番の原因は強い紫外線です。人間の皮膚は、エラスチンやコラーゲンなどが含まれていますが、紫外線を浴びると、エラスチンやコラーゲンが損傷してしまい、皮膚のたるみやしわ、シミなどの原因になってしまいます。紫外線には、UV-AとUV-Bがありますが、UV-Aは、皮膚の深い部分にダメージを受けてしまうので、シミやしわなどの光老化の原因になってしまいます。UV-Bは、日焼けの原因になったり、そばかすが出来やすくなりますが、皮膚の深い部分には届かないのが特徴です。強い紫外線を浴びてしまうと、シミやそばかすが増える原因になるので、外出をする時は日焼け止めをしたり、日傘や帽子を着用しましょう。

メラニンとは?

人間の皮膚や瞳、髪の毛には、メラニンが含まれているので、色が付いているのが特徴です。メラニンは、人間の体を守るために大切な役割をしています。メラニンは、紫外線から人体を守る働きをしていますが、強い紫外線の影響で増えてしまうと、しみやそばかすなどの色素沈着を起こしやすくなります。強い紫外線を浴び続けていると、日焼けをしてしまい、皮膚が黒くなる原因になります。海や山、スキー場などで、紫外線対策をしていないと、しみやそばかすの原因になってしまいます。メラニンの生成を抑えるためには、美白、保湿効果の高い基礎化粧品を使って、スキンケアをすることが大事です。ビタミンCやビタミンE、ビタミンBが豊富に含まれた食品を食べることも大事です。

UVA波とは?

強い紫外線を浴びてしまうと、シミやそばかす、たるみ、しわなどの原因になってしまいます。紫外線の中でも、UVA波は、長時間皮膚に影響を与えてしまうので、コラーゲンやエラスチンが損傷してしまいます。UVA波は、皮膚の表面だけでなく、真皮層に届いてしまうので、光老化の原因になってしまいます。なるべく紫外線の強い昼間は外出をしないようにしたり、外出をする時は、日焼け止めを使用したり、帽子や日傘などを着用することが大事です。海や山、スキー場などに行く時は、SPF数値の高い日焼け止めやファンデーションを塗って、皮膚を保護しておくことが大事です。UVA波は、皮膚の老化の原因になるので、しっかりと対策をしておきましょう。

UVB波とは?

強い紫外線を浴びてしまうと、メラニンが増殖してしまうので、日焼けの原因になってしまいます。UVB波とは?UBA波とは違って、皮膚の真皮層には届きませんが、メラニンが増えてしまい、日焼けをして肌が黒くなってしまいます。しばらくをすると、皮が剥けたり、皮膚が乾燥してしまいます。UVB波は、真皮層には届きませんが、皮膚の表面にダメージを受けてしまいます。外出をする時は、日焼け止めやファンデーションを塗っておくことが大事です。外出をする時は、日傘や帽子などを着用して、紫外線対策をしておきましょう。UVA波ほどは、光老化の原因にはなりませんが、お肌を焼きたくない時は紫外線対策が必要です。1年間を通して、紫外線対策をしておきましょう。

紫外線対策&食事で内側&外側からシミ対策をしましょう

強い紫外線を浴びてしまうと、皮膚の表面だけでなく、真皮層に届いてしまうので光老化の原因になってしまいます。シミ対策をしておくことで、大切なお肌を守り、美肌を維持することが出来ます。紫外線対策&食事で内側&外側からシミ対策をしましょう。外出をする時はもちろんですが、室内で過ごす時でも、日焼け止めやUVカット効果の高いファンデーションを塗って、皮膚を保護しておきましょう。うっかりと日焼けをした時は、保湿、美白効果の高い基礎化粧品を使って、スキンケアをしておくことが大事です。ビタミンCやビタミンB、ポリフェノール、ビタミンEなどが豊富に含まれている食品を、積極的に食べることで、シミやそばかすを予防します。

シミに効果的な食べ物まとめ

シミやそばかすを予防したり、色素沈着を防ぐためには、シミ対策の食材を積極的に食べることが大事です。ビタミンCやビタミンE、ビタミンBが豊富に含まれている野菜や果物がお勧めです。アボカドやトマト、いちご、りんごなどの果物、ほうれん草や小松菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜をしっかりと食べるようにしましょう。加熱をするとビタミンが壊れやすくなるので、生で食べるのがお勧めです。カツオや牛肉などは、豊富な栄養素が含まれているので、シミやそばかす対策に食べると良いでしょう。赤ワインやオリーブオイルなどは、優れた抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。煮込み料理に加えたり、和え物やサラダなどに使用すると良いでしょう。

関連ページ:【シミウスの口コミ】オールインワンジェルの効果は最悪?公式はこちら

関連ページ:【シズカゲルの口コミ】オールインワンジェルの悪評で解約?ホンマでっか