【即効性あり!思春期ニキビの治し方】中学生・高校生のニキビ・ニキビ跡の治し方

中学生・高校生の思春期ニキビの原因や特徴について

原因・成長ホルモンによる皮脂の過剰分泌

10代は成長ホルモンの分泌量も多く、皮脂の分泌にも大きく影響します。その中で思春期ニキビとなるのは、過剰な皮脂の分泌によるケースが多いです。特に女性は10代から20代にかけて皮脂腺より、皮脂の分泌が多くなっていきます。また生理前に出産や妊娠で使うエストロゲンが分泌されなくなり、男性ホルモンが有利に働きます。これがホルモンバランスが崩れた瞬間で、徐々にニキビが発生する原因となります。特にホルモンに対する反応が皮脂腺に与える影響が大きく、皮脂分泌が増えてフェイスラインで大きなニキビが生まれやすいです。これは成長途中で発生することが多くなるので、常にスキンケアを行いながら改善を目指せるように対応していきましょう。

ホルモンバランスが安定する20代前後には思春期ニキビは落ち着く

ホルモンは10代で特に成長するために多く分泌されて、過剰に分泌されることによって思春期ニキビが生まれてしまいます。しかし20代に近づいていくと徐々にホルモンバランスが整っていき、安定すると皮脂の分泌量も正常に戻っていきます。思春期ニキビは皮脂が過剰に分泌して生じるケースが多いため、20代に入ってくると徐々に収まっていきます。ホルモンバランスが整っていくことによって、思春期ニキビが改善されても油断は禁物です。日常生活の中で雑菌が入ったり、皮脂が過剰に分泌していくとニキビが生まれてしまいます。化粧などを施して、時には炎症を起こしてしまうこともあります。日々のスキンケアは、常に怠らずに対応していきましょう。

特徴・思春期ニキビはTゾーンにできやすい

スキンケアを常に行っていく中で、特に注意したいのがおでこから鼻周辺へ構成されるTゾーンです。Tゾーンはスキンケアが疎かになってしまうこともあり、思春期ニキビが生まれやすいポイントといわれています。成長ホルモンから皮脂が過剰に皮膚で分泌されていき、改善していくために肌を清潔な状態に保っていくことが求められます。しかし夏場などはおでこから鼻周辺へ構成されるTゾーンのケアが難しく、皮脂が溜まっていくことも少なくありません。こまめな洗顔を行いながらスキンケアを心がけて、Tゾーンにニキビができないように対応していきましょう。そして特に注意したいのが、無闇に触ってしまうことです。雑菌を繁殖させてしまうので、触らずにスキンケアを行うことを心がけましょう。

皮脂の分泌が多いおでこ・鼻周りに集中する

おでこから鼻周辺へ構成されるTゾーンでも分かるように、思春期ニキビの原因となる皮脂はおでこもしくは鼻周辺で多く分泌されます。ホルモンバランスが崩れて皮脂が過剰に分泌されていき、思春期ニキビが生じてしまいます。体が過剰に分泌された皮脂に対応できておらず、特におでこから鼻周辺で多く分泌されてしまいます。これが毛穴に詰まってしまうことが増えてしまい、おでこから鼻周辺でニキビが生まれてしまいます。対応していくためにはホルモンバランスを整えていくことが重要ですが、日常生活ではスキンケアや洗顔を忘れずに行っていきましょう。また食生活なども見直していきながら、おでこから鼻周辺に過剰に皮脂が分泌されないように過ごしていくことを意識していきましょう。

脂肪分の多い食事で悪化することがある

日常生活でも思春期ニキビを増やしてしまうケースがあり、特に食事には気を配らなければなりません。とりわけ肉類など脂肪分が多い食事は、皮脂を多く体内へ取り込んで思春期ニキビを生み出すことがあります。
継続して脂肪分が多い食事が続いてしまうと、皮脂も徐々に過剰に分泌されていきます。外見からも分かるように、脂が顔に出てきて皮脂に雑菌などが溜まっていくことがあります。脂顔にもなっていき、思春期ニキビに直結していきます。ジャンクフードなどを食べすぎないように配慮しながら、時にはバランス良く野菜やフルーツを食べておきましょう。これで思春期ニキビを改善させることもできるので、効果的なビタミンを接種しながら綺麗な肌にしていきましょう。

つぶすとニキビ跡が残ることがある

どうしても外見で思春期ニキビが見えてしまうと、恥ずかしくなってしまうことがあります。その時には見えないように、人知れず思春期ニキビを潰してしまおうと画策する人も多いことでしょう。しかし強引に潰してしまうと、皮膚にニキビ跡が残ってしまうので注意しなければなりません。ニキビは化膿していることが多く、黒かったり赤かったり状態がひどいニキビだと回復しても色味が残ってしまいます。時には炎症を起こして悪化したり、ニキビ痕を医療機関で改善させないといけない事態になってしまいます。時間をかけずに思春期ニキビを消していきたい時には、日々のスキンケアを行いながらホルモンバランスが整うように生活を見直していくことが重要です。無理に潰さず、消えるように努力していきましょう。

即効性のある思春期ニキビの治し方/間違った方法

即効性のある治し方1・抗炎症薬を塗る

すぐにでも思春期ニキビを治していきたい時に、抗炎症薬を塗るのは効果的です。ドラッグストアなどに手頃な値段で化粧水などが販売されていますが、時には医療機関でもらう抗炎症薬が効果を発揮することがあります。炎症を起こしている時には効果が高く、状態を落ち着かせながら皮膚の腫れや痛みを和らげることができます。
そもそも抗炎症剤は体の炎症を抑えていく効果があり、皮脂やホコリなどが溜まって毛穴が詰まったことで炎症を起こして生じるニキビにも効果はあります。医師の処方箋から抗炎症薬をもらうことができ、塗ったり飲んで改善させていきます。ただし過剰に一度に利用すると体にダメージを与えてしまうので、服用したり塗る時には必ず指示を守りながら、ニキビを改善させていきましょう。

即効性のある治し方2・赤ニキビには抗生物質を塗る

顔にポツポツとニキビが生まれてしまうと、どうしても見た目が気になってしまいます。その中で赤ニキビになっている時には、早めに治療を進めたいところです。赤ニキビというのは毛穴が皮脂などで詰まって生じる白いニキビよりも酷い状態で、細菌が繁殖していることが多いです。毛穴が詰まって環境が悪くなったところに雑菌が集まって、時には痛みを生じることもあります。そこで細菌を抑えていくために抗生物質を利用して、赤ニキビを改善することがあります。抗生物質も基本的には塗ったり飲むことで体内で働いていき、ニキビを改善することができます。しかし赤ニキビが過剰にできている時には、体の中から改善させるために飲み薬が中心となることを理解しておきましょう。

即効性のある治し方3・ニキビの芯を抜く

すぐにでもニキビを回復させたい時には、毛穴を開いてニキビの芯を抜くという方法もあります。ニキビの芯というのは黒いニキビができた時に象徴されますが、ワンポイントに黒ずんでいるような状態になっています。皮膚にある角質や皮脂が溜まっていくと生じるのが、ニキビの芯です。内部に溜まっていきながら、次第に肌が盛り上がっていきます。芯も目立っていき、徐々に色味も変わっていくことが多いです。ニキビの芯は硬くなる確率は低いですが、毛穴がしっかり開かないと出口は塞がれた状態のままです。黄色いニキビが生じている時には、炎症が進行している証拠です。化膿した状態になっていることもあるので、時には医療機関に相談することも必要です。

ピンセットで詰まった皮脂や角質を取り除く

ニキビの芯を抜く時にはお風呂上りなどで、しっかりと毛穴が開いた時がベストです。芯を優しく指で押し出していき、清潔なピンセットでつまみ取っていくことが重要です。そしてポッカリと開いている穴に対しては、化粧水などでケアを行っていきましょう。
しかし毛穴がちゃんと開いていないところでピンセットを使ってニキビの芯を抜こうとすると危険ですので、絶対に取り除かないようにしましょう。ニキビが生まれて芯を毛穴が開いていない状況でピンセットを使って無理やり抜くと、皮膚や毛穴を傷つけてダメージを与えてしまいます。これで炎症を拡大させてしまったり、肌に細菌が充満して感染してニキビが悪化してしまうのでタイミングに注意しましょう。

できれば皮膚科での処置がおすすめ

どうしても綺麗にニキビを治したいと考えたり、即効性のある治療方法がいずれも効果がない時には医療機関に相談することも方法の一つです。ニキビを改善したい時には皮膚科に相談すると、処置するためにどうしたらいいかアドバイスをもらったり、専門的な知識などを活用して治療することができます。
治療方法は多々ありますが、費用や効果が異なるので選ぶ際には注意しなければなりません。例えば皮膚科は保険診療によって治療ができますが、美容皮膚科は自費診療になるケースが多いです。内容をしっかりと精査しながら、自分が治療する上で費用なども無理なく検査を受けられる医療機関を探すようにしましょう。時には治療に長い期間が必要になることもあるので、担当医としっかりと相談しながら判断していくことが重要です。

即効性のある治し方4・低刺激の保湿剤をつける

刺激がどうしても辛いという人は、ニキビを改善したい時に低刺激の保湿剤をつけるのも効果的です。ニキビは予防したり改善する時には保湿は必要不可欠で、アクネ菌や皮脂そして毛穴のつまりにしっかりとアプローチしていきます。これがニキビが生まれづらい環境へ整えていくことができます。敏感肌の人は刺激で痛みを感じることもあるので、低刺激の保湿剤で痛みを感じずにケアをしていきましょう。
保湿する時には過剰に塗ってしまうと悪影響を与えてしまうので、必ず使用量を守ることが重要です。配合されている成分が適切に働く量となっており、多く使っても効果が高まる訳ではありません。使用量は事前に確認して、適度な油分を肌に取り入れて潤いを保っていきましょう。

即効性のある治し方5・鎮静作用のある化粧水をつける

痛みが思春期ニキビによって生じている時には、日々利用するスキンケアにも注意しなければなりません。その中で化粧水に着目すると、刺激が強いケースもあります。そこで鎮静作用のある化粧水を活用しながら、痛みなくスキンケアを行いながら思春期ニキビを治していくことも効果的です。
肌が敏感に刺激に対して反応してしまう時や、外出している時に花粉やマスクを着けている時などで肌が赤くなってしまう人もいます。このような摩擦や刺激を外部から受けて、炎症を起こしてニキビになるケースも少なくありません。そこで鎮静作用があるツボクサエキスやヨモギエキスなどが配合されている、化粧水を活用してスキンケアを行いましょう。余裕があれば鎮静作用がある成分とともに、自分に合う美白成分が含まれている化粧水を選ぶと良いでしょう。

洗顔のしすぎは厳禁・ニキビの悪化につながる

毎朝必ず洗顔を行って、皮脂を綺麗にした状態で一日を過ごすケースが多いです。その中で思春期ニキビで悩んでいる時に、過剰に洗顔するのは危険です。洗顔によって皮脂を過剰に水に流してしまうことで、最低限必要な皮脂を失って乾燥することもあります。そうなると体内で必要最低限の皮脂を生み出そうと活発に活動するので、皮脂が時には過剰に生み出されてしまうことがあります。これがニキビの悪化につながってしまうので、適度に洗顔するようにしましょう。化粧を落とす時に、どうしても落ちないと何回も洗顔する人もいます。しかし皮脂を余計に洗い流してしまうので、肌が乾燥してニキビが生まれやすい状況を作ってしまいます。最大でも1日2回程度にして、洗顔は適度に行う習慣をつけましょう。

ニキビを触らない・雑菌の増殖につながる

無闇にニキビに刺激を与えてしまうと、時には悪化してしまうことがあります。その中でも汚れた手でニキビを触ってしまうと、雑菌が余計増えてしまうことがあるので注意が必要です。赤くなっているニキビに対しては特に注意しなければならず、刺激を受けて痛みを生じてしまうことがあります。雑菌が増殖してしまうことで炎症を引き起こしたり、膿が溜まってしまいます。ニキビができている時には、膨らんでいる中で細菌が活発に活動しています。女性の中にはコンシーラーを活用して、ニキビの上から化粧で隠したいと思う人もいます。しかし雑菌の増殖につながってしまうので、定期的に洗顔料を使って綺麗に洗い流したり保湿剤を活用して回復させましょう。

ニキビをつぶさない・ニキビ跡につながる

ニキビは自然に回復させることが基本で、皮膚などにダメージを与えないように刺激を与えないように注意することが重要です。強引にニキビを潰してしまうと、時にはニキビ跡が残るので目立ってしまいます。ニキビは毛穴へ皮脂が徐々に詰まっていき、炎症が起こってしまうと赤くなっていきます。また膿が溜まってもニキビになってしまいますが、そこに皮脂が残れば炎症がどうしても治りません。また雑菌が多くついた不潔な手で、ニキビを思わず潰してしまうと細菌が入り込みます。これで症状が悪化してしまうので、回復してもニキビ跡が残ってしまいます。どうしても人に見せたくないと、時にはニキビを潰したいと思うかもしれません。しかし我慢して、しっかりと薬などで回復するように努めましょう。

歯磨き粉で即効ニキビが治る?

歯磨き粉によって、思春期ニキビを治していくことができると噂されることがあります。ネット上などでも評判が高いことがありますが、実際には皮膚に刺激を与えてしまい逆効果です。歯磨き粉にはニキビに効果のある成分は基本的に何も含まれていないので、ニキビの上に塗ったとしても改善させることは期待できません。
歯磨き粉に皮膚が反応していき、痛みなどを生じることがあります。ニキビだけでなく黒ずんでメラニンが多く含まれている時には、肌が敏感になってしまいます。また肌に歯磨き粉が残ってしまうと、火傷を負ったように肌が赤くなってしまうこともあります。乾燥力はありますが、ニキビを乾かしていくと肌もダメージを受けてしまうので注意が必要です。

オロナインで即効ニキビが治る?

様々な医薬品がドラッグストアなどで購入することができますが、皮膚に効果的な医薬品も多数点在しています。その中でオロナインを利用すると、ニキビに効果があるといわれています。そもそもニキビは色々な理由の中で生まれてしまいますが、作り出す原因は皮膚に存在するアクネ菌が影響します。過剰に皮脂を分泌しながら、アクネ菌が増殖するとニキビを悪化させることがあります。その中でオロナインに配合されているクロルヘキシジングルコン酸塩によって、過剰に生まれたアクネ菌が殺菌されることがあります。殺菌されてニキビも改善していき、元の状態へと近づいていきます。その結果として、オロナインがニキビに対して効果を持っていると考えられています。

摩擦は厳禁・ニキビにおすすめのオールインワンジェル/エクラシャルム

商品名 エクラシャルム
会社名
容量
価格
用法
ニキビにおすすめの成分

エクラシャルムとは、岩手県の皮膚科医師・菅原由香子先生が開発された、無添加のオールインワンジェルのことです。お肌の弱い方も安心して使用でき、ニキビ予防の効果もあります。開発された菅原先生は、20年も、手荒れや肌荒れに悩まされてきている他、化粧をするものの肌荒れしてしまい、なかなか続かなかったそうです。そうこうしているうち、肌荒れの原因が、化粧品に含まれている化学物質であることを突き止め、それから無添加のオールインワンジェルを開発されました。特徴は、防腐剤を一切入れていないということ。お肌の本来持っている力を引き出すために、添加物を入れていないということ。それを知って、私は大変驚きました。いつか、自分の使っている基礎化粧品の添加物について、調べてみたいですね。

関連ページ:【エクラシャルムの口コミ】悪化する?効果や評判と使い方

ニキビの種類と治し方

白ニキビの治し方

白ニキビは、炎症を起こしていない状態ですが、放置せず正しい洗顔をした方がいいと思います。つぶしては絶対にいけません。潰してしまうと、ニキビ跡が残ってしまうことになります。また、洗顔後の保湿をしないと、よけい皮脂が分泌されやすくなり、かえってニキビができやすくなります。そのため、化粧水と乳液で、水分と油分を補ってあげることが大切だと思います。後、思春期以後にできたニキビの場合は、月経前にホルモンバランスが乱れたり、クレンジングが十分にできていなかったりして起こりやすいので、食生活を見直してホルモンバランスを整えることと、クレンジングをしっかり行うことによっても防げます。おすすめのクレンジングクリームは、POLAから販売されている「B.A.」のクレンジングクリームです。毛穴の汚れまで、しっかり落としてくれます。さらに、私の場合は顔の産毛をシェーバーで剃ることによって、ニキビができにくくなりました。

白ニキビとは?

白ニキビとは、皮脂が過剰に分泌され、毛穴に詰まった状態のものをいいます。この段階にて、まだ炎症は起こっていません。原因は、思春期においては新陳代謝が活発なことによる過剰な皮脂の分泌はもちろん、ストレスやホルモンバランス、食生活の乱れによって皮脂が過剰に分泌されることです。私も、白ニキビは今でも生理前の時にできやすいです。また、毛穴にメイク汚れが詰まっていて、洗顔前のクレンジングが十分にできていなかったりするときもできます。あと、人間の皮膚に生えている産毛も、ニキビの発生に少なからず影響しているのではないかと、私の経験からは考えます。私も、ニキビができやすいときは、産毛が生えていないか必ず確認します。その後、産毛を剃ってしまうと、ニキビができにくくなります。

黒ニキビの治し方

まず、花王さんやKOSEから市販されている「毛穴すっきりパック」は、私もよく使っていましたが、あれはあまりおすすめすることができません。というのは、私の経験からですが、毛穴がよけい広がってしまったのはもちろん、肌荒れしやすくなったからです。そのため、基本的には、白ニキビと同じように、ニキビのお薬を使うことをおすすめいたします。具体的には、クレアラシルが一番おすすめです。また、普段の洗顔をしっかりすることも大切で、洗顔ネットで泡を立てて洗顔すること、また、薬用の洗顔フォームを使うこともいいかもしれません。ただ、どうしても市販のお薬で治らない場合は、以前コマーシャルにてしきりに言われていたように、皮膚科の先生の力を借りることもひとつの方法です。ニキビの症状によっては、抗生物質の塗り薬を処方してくださることもあります。

黒ニキビとは?

黒ニキビとは、毛穴が盛り上がったように見えて、実は毛穴に皮脂や角質が詰まって、中が空気に触れて黒く酸化してしまったニキビのことをいいます。一見、毛穴の汚れのように見えるため、毛穴の汚れと誤解しやすい感じですが、れっきとしたニキビです。できやすい場所は、主に小鼻です。白ニキビと同様、この段階にて炎症は起こってはいません。本当は潰したらいけませんが…私も、興味本意で潰したことが何度もあります。潰す、というよりは押し出すということを感じですが、押し出すとヌッと脂の塊が出てきて、出てきた脂は先っぽの方が黒くなっていました。ただ…よい子の皆さんは、絶対に真似をしないでください。後々、より目立つ黒ニキビになったり、頬や小鼻が月のクレーターのようになったりしまいますので。ちなみに、毛穴すっきりパックというものが花王さんやKOSEさんから販売されていますが、余計毛穴が広がってしまうため、あれはあまりおすすめできません。

赤ニキビの治し方

赤ニキビは、アクネ菌が侵入して炎症を起こしているものであるため、私は皮膚科を受診することをおすすめします。赤ニキビは、治った後にニキビ跡が残りやすいです。私も、頬によくできていたのは赤ニキビでした。今考えてみれば、病院に行った方がよかったのではと思っています。抗生物質の塗り薬を処方してくれるのに加え、適切なアドバイスをお医者さんから頂けるからです。後、テレビでしきりにコマーシャルされているプロアクティブやクレアラシルといった、アクネ菌殺菌成分の入った洗顔フォームを使うことをおすすめします。洗顔にて大事なことは、ブラシでこすらないことです。私は以前、洗顔の時にブラシを使っていましたが、かえってニキビがひどくなってしまいました。

赤ニキビとは?

赤ニキビとは、ストレスやホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌され、それに伴い我々皮膚に存在する常在菌であるアクネ菌が増殖して、赤く炎症を起こしたものをいいます。痛みやかゆみを伴うことが多く、つい手でいじりたくなります。しかし、いじることは基本的にはおすすめしません。私も、赤ニキビが出来やすかったです。赤ニキビができたときは、かゆくてたまらなくなり、つい掻いたり、潰したりしていました。本当に、鏡を見ていられないほどで、卒業アルバムの写真も、ニキビ跡が多い顔でした。また、大人になった今でも、生理前になるとニキビができやすくなります。そのため、睡眠を十分にとることと、栄養バランスの取れた食事が、ホルモンバランスを整えるために大切だと思います。

黄ニキビの治し方

黄ニキビは、赤ニキビよりも炎症がひどい状態であるため、基本的に皮膚科にて治療してもらうことをおすすめします。昔、お笑いタレントの柳原可奈子さんが、「ニキビはお肌の病気だから、皮膚科に行った方がいい」というコマーシャルをされていました。私は、それを見て、「なぜ、病院に行かなかったのだろう」と、高校生までの自分を悔いていました。また、かゆいから、わずらわしいからといって、潰してしまうのはもっての外です。あと、私の経験からですが、ハウスダストをはじめとする埃により、ニキビができてしまうことも考えられるため、家の掃除を十分にして清潔にすること、また、掃除をした後は、クレンジングをしっかり行うことをおすすめいたします。

黄ニキビとは?

黄ニキビとは、赤ニキビがさらに炎症を起こして、膿をもっている状態のことをいいます。赤ニキビと同様、痛みやかゆみを伴うことがありますが、決して手でいじってはいけません。いじって潰してしまうと、ニキビ跡の原因になってしまいます。月のクレーターのようになります。私もよく、黄ニキビがよく、思春期の頃も含め、できていました。後、今でも稀に黄ニキビができることがありますが、ハウスダストをはじめとする埃も影響しているのではないかと思います。職場にて、埃の多いところの掃除をしたところ、翌日に顔やデコルテの部分に、黄色のニキビがポツポツできていました。そのため、洗顔の前にはしっかりとクレンジングは必要なのではと思います。

ニキビ跡の治し方

ニキビ跡は、お肌のターンオーバー、つまりお肌の生まれ変わりを促進することで治すことができます。具体的には、お肌のターンオーバーを促進するビタミンCがもっとも効果的だと思います。そのためには、ビタミンCを食事から摂ることはもちろん、ビタミンC配合の美容液を使うことがおすすめです。また、私の通っているエステにて、エステティシャンの方から聞きましたが、ニキビ跡に紫外線が当たったりすると、後々シミの原因になってしまうので、ニキビ跡に紫外線が当たらないよう、紫外線対策をしっかり行った方がそうです。具体的には、日焼け止めを毎日こまめに塗ることと、日傘や帽子を適宜使うことです。そのようにしていくことで、時間はかかりますがニキビ跡は薄くなっていくとのことです。

ビタミンC配合の美容液を使う

ビタミンCが配合されている美容液の代表例として、ドクターシーラボから発売されているVC100エッセンスローションが挙げられます。ドクターシーラボのビタミンC美容液は、私はサンプルの美容液を使用したのみですが、ローションタイプでさらっとした感じです。ニキビに効果があるのかはわかりかねますが、ビタミンCを補給できるのがいいかなと思っています。ちなみに、テレビコマーシャルにてよく目にするほど有名なプロアクティブの美容液は、テレビコマーシャルにてよく目にするほど有名で、ニキビ菌を殺菌する薬用の美容液であり、中学生高校生も購入しやすいほどの価格となっていますが、ビタミンCの配合については、よくわかりませんでした。

美容皮膚科の治療・フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは、顔に特殊な光を当てることで、シミやソバカスを改善するという美容皮膚科にて行われている治療のことです。特殊な光を当てることで、肌全体が活性化するのに加え、シミやソバカスに当てると、メラニンにダメージを与えて浮き上がらせ、シミやソバカスが薄くなる効果があります。代表的な美容クリニックは、城本クリニックです。できてしまったニキビ跡を薄くする効果も、期待されます。もちろん、背中ニキビにも効果的です。ただ、費用は、大体10000円から15000円くらいが相場であり、中高生にはやや高いかな、という印象です。プロアクティブの美容液等のように、学割ができれば、もっと中高生も通いやすくなるかもしれません。

思春期ニキビの予防法/中学生・高校生の繰り返すニキビを予防する

ニキビの予防方法1・バランスの良い食事

私は、栄養のバランスが取れた食事が、ニキビを予防するためには重要なのではないかと考えています。元々私は脂っこい食事が好きであり、それも原因で、思春期の頃に顔のニキビにすごく悩まされていました。特に、高校生の頃は、売店にてご飯と唐揚げのみの弁当が販売されていて、よくそれを買っていましたが、今考えてみれば、そのような食事はもうできないなと思っています。一番おすすめなのは、一汁三菜かなと思います。まず、私はさらだから先に、ゆっくりよく噛んで食べるようにしています。その後、メインディッシュ、最後に雑穀米といった順番で食べるようになったところ、顔ニキビはもちろん、体のニキビもできにくくなりました。やはり、皮膚をはじめ、人間の体は自分の食べたもので作られていくというのは痛感しています。

ニキビに効果的な栄養素1・ビタミンA

ビタミンAは、主にニンジンやほうれん草、カボチャといった緑黄色野菜に含まれていることは皆承知の通りですが、うなぎな卵といった動物性食物にも含まれています。主に、私たち人間の体内で発生する活性酸素を抑えてくれる働きがあります。そのため、活性酸素が原因で発生するガンの他、年齢を重ねることで増加する病気である白内障、また、ニキビをはじめとする肌荒れを抑えてくれる効果があります。カボチャはなかなか料理する機会がないですが、私は手軽にビタミンAがとれる野菜ジュースを毎日飲んでいます。特に、KAGOMEの野菜生活100は、スーパーマーケットやコンビニエンスストアにてよく目にする機会が多く、飲みやすくてすごくおいしいです。

ニキビに効果的な栄養素2・ビタミンB1、B2、B6

ビタミンB1とは、炭水化物や糖質を代謝し、エネルギーを生み出してくれる栄養素のことを差します。主に含まれる食品は豚肉の他、うなぎです。私はよく、豚肉のしょうが焼きにして食べます。ビタミンB2とは、脂質を代謝し、エネルギーを生み出してくれる栄養素のことを言います。皮脂の分泌を抑え、にきび予防に効果的です。主に含まれる食品は、牛レバーや豚レバー、鶏レバーです。ビタミンB6とは、アミノ酸を分解し、吸収してくれる栄養素のことをいいます。いずれも、ニキビ予防にはもちろん、必要不可欠な栄養素です。主に含まれる食品は、にんにくやかつお、鶏肉です。これらの栄養素は、サプリメントからも摂ることが可能であり、代表的なサプリメントは、Eisaiから発売されている「チョコラBBプラス」です。

ニキビに効果的な栄養素3・ビタミンC

ビタミンCは、主にみかんなどの柑橘類や、春が旬であるいちごに多く含まれていますが、お肌のターンオーバー、つまりお肌の新陳代謝を活性化してくれる役割を持っています。そのため、できてしまったニキビ跡を、薄くしてくれる効果があります。また、サプリメントからも摂ることが可能です。代表的なものは、エスエス製薬から販売されているハイチオールCです。私は、中学生高校生の頃とニキビができやすく、また、よく手でいじって、つぶしてばかりいました。そのため、顔のニキビ跡が多く、20代の半ばくらいまでできていて、すごく悩まされていました。そこで、ビタミンCを多く含む柑橘類やいちご、野菜ジュースを毎日飲むようにしたところ、ニキビ跡が薄くなっていきました。

ニキビに効果的な栄養素4・タンパク質(アミノ酸)

たんぱく質は、ニキビを予防するためのものの一つです。たんぱく質とは、我々人間の爪や毛髪、筋肉や皮膚などを作り、免疫力を高めるための大切なものです。無理なダイエットなどでたんぱく質が不足してしまうと、免疫力が低下するのはもちろん、皮膚のバリア機能も低下し、ニキビをはじめとする肌荒れの原因になってしまいます。私も実は、食事を制限するといった無理なダイエットをしたところ、過去にたんぱく質が不足してしまい、ニキビはもちろん、体中にひどい湿疹ができてしまったという苦い出来事がありました。たんぱく質は、胃や腸にてペプチドやアミノ酸に分解され、分解されたアミノ酸は小腸にて吸収されます。ちなみに、たんぱく質を多く含む食品は、納豆や豆腐、たまご、お肉です。

ニキビに効果的な栄養素5・食物繊維

ニキビ予防のためには、食物繊維を多めにとって、便秘をしないようにすることが大切だと考えます。便秘がちの状況だと、ニキビをはじめ肌荒れの原因となってしまう活性酸素が体の中で発生しやすくなります。また、活性酸素はガンや白内障の原因にもなります。そのため、食物繊維をとることは、ニキビ予防に重要だなと思います。食物繊維が多く含まれる食品は、キャベツやレタスです。また、なかなか摂るのが難しいという方は、小林製薬から販売されている「イージーファイバー」が、おすすめです。イージーファイバーは、ジュースや味噌汁に混ぜて摂ることができ。私も毎朝イージーファイバーを入れて味噌汁を飲んでいます。後、白米から雑穀米に変えることもおすすめです。私は、必ず雑穀米を炊いているのに加え、外食でも雑穀米が選べるメニューにしています。

ニキビの予防方法2・質の良い睡眠

良質な睡眠は、ニキビを予防するためには大切なことと思います。私たちの体からは寝ている間に、様々なホルモンが分泌されます。代表例としては、成長ホルモンと睡眠ホルモンの二種類です。特に、メラトニンという睡眠ホルモンは、活性酸素を除去してくれる役割があります。質の高い睡眠のためには、毎日よく運動することと、メラトニンのもととなるトリプトファンを多く含む食品をとること、寝る前3時間は食べない、おやすみ前にコーヒーや緑茶を摂らないこと、おやすみ前にスマートフォンやパソコンを見ることを避けることだと思います。パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトによって、寝付きが浅くなってしまいやすいです。私も、学生の頃に運動不足なために、なかなか寝付けないことがよくありました。ちなみに、トリプトファンがたくさん含まれている食べ物は、豆腐や納豆な、たまご、牛乳、牛肉などの赤身肉です。ちなみに私は、三度の飯よりも納豆は好きなほどです。

ニキビの予防方法3・ストレスの緩和

これは、大人になってからできるニキビによく当てはまることですが、ストレスをなるべくためないようにすることが大切だと感じています。私は、今は思春期の頃に比べて少ないですが、月経前になるとイライラして怒りっぽくなり、よく顔だけでなく、首の回りによくニキビができていました。また、月経以外の時でも、何か職場などでイライラすることがあった時に、よくニキビができていました。そのため、ニキビとストレスは、密接に関係することを痛感しました。したがって、ストレスをためないことは、ニキビ予防のために必要ではないかと感じました。ストレス緩和の具体例を申し上げますと、今はコロナ禍でなかなか難しいですがカラオケに行くこと、思いきってドライブすること、買い物に行くこと、それでも難しい場合は寄り添いホットラインをはじめとした相談電話に電話することです。

ニキビの予防方法4・ニキビを触らない

手には、雑菌がついているため、できてしまったニキビは、決して手でいじらないことが大切かと思います。私はよく、ニキビがすごく気になってしまって、よく手でさわり、潰してしまっていました。今考えてみれば、それはかえって逆効果であったと思います。つぶしてしまったことで、皮膚に傷がついてしまうことは言うまでもありませんが、かさぶたが取れたとしても、月のクレーターのようにボコボコな状態になってしまいました。そのため、ニキビができたときは、決して手でさわらないことが大切です。また、手でさわらず、市販のニキビ治療薬を使用することはもちろんですが、どうしても気になって仕方がない場合は、皮膚科を受診し、お医者さんのアドバイスを受けることも重要かと思います。ちなみに、ニキビができたとき、私は病院に行ったことがありません。

ニキビの予防方法5・しっかり保湿

ニキビを予防するためには、保湿が重要になってきます。お肌がガサガサで、保湿されていない状況だと、皮膚は砂漠地帯のような状態になっています。そのような状態だと、皮膚から皮脂が過剰に分泌されやすくなり、かえってニキビや吹き出物ができやすくなってしまいます。保湿のためには、化粧水を使い、乳液にて蓋をすることが重要です。また、冬場は乳液にプラスして、クリームを使うことをおすすめいたします。夏場は、皮脂が分泌されて天然のクリームの働きをするのに加え、クリームまで使うとかえってニキビができやすくなるので、クリームは冬場でいいかと思います。私も、クリームを使いすぎたがために、かえってニキビができやすくなった苦い思い出があるので、クリームは冬場のみにとどめています。ただ、お肌の状態は人それぞれなので、それぞれに合った保湿のやり方でいいかと思います。

即効性のある思春期ニキビの治し方まとめ

これまで、私の思春期などの経験を含め、思春期ニキビの治し方について述べてきました。まず大切なことは、食生活を見直すことです。具体的には、皮脂の分泌を過剰に促す脂っこいものを減らし、食物繊維を多めにとることです。ニキビの発生には、人体から発生する活性酸素が影響するため、活性酸素の元となる便秘をしないようにすることが大事です。また、洗顔をしっかりして、保湿も十分に行うこと。後、どうしてもニキビが治らない時は、一人で悩まず皮膚科の先生の力を借りることです。皮膚科にいけば、ドクターからの適切なアドバイスをいただくことができます。また、必要に応じて、抗生物質の入った塗り薬を処方してもらうことも可能です。以上、ニキビのないみずみずしいお肌になり、充実した学生生活が送れますように。