【シミに効くサプリ】出来てしまったシミに効く!おすすめの市販薬

シミができる原因は?シミの種類と原因

シミの原因1・紫外線

「シミができるから、紫外線を浴びたくない!」なんて言葉、良く聞きますよね。では、なぜ紫外線を浴びるとシミができるのでしょうか?それは、紫外線によって、お肌がメラニン色素を生成してしまうからなのです。紫外線というのは、お肌にとっては刺激の強いものです。お肌は「なにか刺激を受けたな?!」と感じると、自分でメラニン色素を作り出して、お肌の守りを固めようとするのです。だから一日太陽を浴びると全身まっ黒になるわけです。ですが、何日か経つと日焼けは消えますよね。それは、お肌がターンオーバーをして、新しい肌細胞と入れかえることで、メラニン色素を自然と流して排出しているからなのです。ですが、何かの理由でターンオーバーがうまくできなくなると、流されずにたまったメラニン色素が沈着し、シミとなってしまうのです。

メラニンとは?

では、メラニン色素とはなんなのでしょうか?メラニン色素は本来、髪の毛や瞳、ほくろなどを作っている色素です。なんとなく「シミの元になる悪いヤツ」というイメージはあるかもしれませんが、本来メラニン色素はとっても体のためになってくれている成分なのです。紫外線はお肌にとって「強い刺激」となります。紫外線を浴び続けてしまうと炎症を起こしたり、ひどい場合細胞のDNAが破壊され、皮膚がんの原因となる場合もあります。お肌は紫外線を感じると、その刺激からお肌を守るための鎧として、肌の奥にあるメラノサイトから黒いメラニン色素を大量に生成して紫外線を吸収し、体を守ってくれているのです。メラニン色素もがんばってくれてたんだなと、シミを見る目が少し変わってしまいますよね。

シミの原因2・生活習慣の乱れ、ストレス

シミができる原因は、決して紫外線のせいだけではありません。生活習慣やストレスで、お肌のターンオーバーがうまくできなくなると、メラニン色素は沈着し、シミへとなって行きます。生活習慣というのは、睡眠時間や食生活、運動量、飲酒、喫煙などのことです。生活習慣が乱れると、お肌の改善に必要な栄養が足りなくなり、血流も悪くなるのでターンオーバーがしにくくなります。更にストレスはホルモンバランスを崩し、お肌を不安定にします。ストレスで体内に生まれる活性酸素は、メラノサイトに影響しメラニン色素を作らせてしまうので、とても注意が必要です。生活をしていると何かのストレスは感じてしまうものですが、自分に合ったストレス解消法をみつけて改善しましょう。

活性酸素とは?

では、活性酸素とはなんでしょうか?これはその名の通り、酸素の一種です。とても強い力でまわりのものを酸化させてしまう酸素と言われています。酸化というと、サビのこと。つまり体の中をさびつかせてしまう強い成分なのです。通常であれば、体内に入り込んだウィルスや細菌を退治してくれる強い味方なのですが、様々な理由で増えすぎてしまうと、老化を招く上に、元気な細胞やDNAも破壊してしまい、大きな病気の原因ともなってしまいます。活性酸素はいつもの呼吸で取り込んだ酸素からも生まれますが、紫外線、ストレス、煙草、アルコールなど、生活習慣の乱れからも多く発生してしまいますので、気を付けましょう。抗酸化力の高い食品を多くとることで、改善できますよ。

シミの原因3・加齢、ホルモンバランスの乱れ

40代を超えたあたりで、「シミが急に増えた?!」と感じる人はかなり多いと思います。残念ながら加齢も、やはりシミができる見逃せない原因なのです。歳を重ねて、徐々に新陳代謝が悪くなり、お肌のターンオーバーのサイクルは長くなっていきます。そこへ長い年月、排出されずに積み重なったメラニン色素がたまってくると、一気にシミができたように感じてしまうのです。また女性は、加齢や排卵、妊娠などで、女性ホルモンが不安定になることがあります。黄体ホルモン・プロゲステロンは、メラノサイトを刺激して、メラニン色素を生成してしまうことがあります。ホルモンが不安定な排卵後、妊娠期などは、紫外線を浴びすぎないように気を付けておくと良いでしょう。

ターンオーバーとは?

人間のお肌はとてもよくできていて、自然と新しい細胞と古い細胞を入れ替えてくれています。これがお肌のターンオーバーです。お肌の表面「表皮」は、外側から角質層、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層と4層に分かれて積み上がっています。4層目の基底層では、常に細胞分裂が行われており、新しい細胞が少しずつ上へと押し上げられています。古い細胞はどんどん押し出され、最終的には表面の角質層まで到達すると、そこで垢となって剥がれ落ち、外に排出されていくのです。新しい細胞が表面に到達するのに2週間、角質層から剥がれ落ちるのに2週間なので、ターンオーバーは4週間はかかるということになります。スキンケアを試した時に、1ヶ月は様子を見た方が良いと言われるのは、このためなのですね。

シミの種類1・老人性色素斑

40~50代になって、「歳をとったら急にシミが増えたなあ。」と感じている人のほとんどが、このタイプになります。紫外線が原因なので、日光性黒子と言われることもあります。長い期間紫外線の刺激を受けすぎて、お肌の中には大量のメラニン色素が生成されているのに、加齢によってお肌のターンオーバー力が衰えてしまい、メラニン色素を排出できなくなって色素沈着してしまったことで出現する、一般的なタイプのシミです。紫外線のあたりやすい場所にできるので、顔はもちろん腕や脚などにも多く現れます。色はベージュから茶色で、サイズも形も決まっていません。老人性色素斑という名前ではありますが、日焼けが原因ですので、20代などの若い方でも、もちろん該当する場合があります。

シミの種類2・肝斑

CMで時折耳にすることのある「肝斑(かんぱん)」ですが、一般的なシミとは何が違うのでしょうか?肝斑の大きな特徴は、目の下の頬骨あたりや額などに、左右対称に出現するシミということにあります。一般的なシミと言われる老人性色素斑ととてもよく似ていますが、ひとつひとつの形が、ボヤっとした薄い茶色であること、目の周辺には現れないこと、肝臓のような三角形のシミになることなどで見分けられます。30~40代のミドルエイジの人に発症することが多く、高齢になってから出現することはまれ、むしろ治ってしまうことも多いそうです。肝斑は紫外線だけでなく、妊娠や経口避妊薬の服用と関係があることから、原因は女性ホルモンのバランス異常が多いと言われています。

シミの種類3・そばかす

そばかすのある女の子はかわいいものですが、そばかすはシミとは違うのでしょうか?そばかすは、色素沈着を重ねる老人性色素斑などとは大きく違い、小学生から現れることのある色素斑のひとつです。小さな2ミリ程度の点々で、形はそろっていることが多いようです。雀の卵の柄に似ていることから雀卵斑(じゃくらんはん)と言われることもあります。顔だけでなく、背中や腕にも出ることがあります。体質や遺伝によるものが多く、色白で赤毛の人にできやすいようです。大人になると消えるようなので、そばかすを非常に気にしていた赤毛のアンも、大人になってほっとしたことでしょう。日本人にはとても少なく、そばかすだと思って治療を始めたら、老人性色素斑だった、という方はとても多いようです。

シミの種類4・摩擦黒皮症

鏡を見ていたらふと、なんだかもやっとした黒ずみができていたと思ったことのある方は、摩擦黒皮症かもしれません。あまり効きなれない言葉かもしれませんが、かなり身近なものです。摩擦黒皮症は、はっきり輪郭のない茶色から黒のシミで、顔ではなく体にできることが多いです。それもそのはず、この色素班の原因は、お風呂のナイロンタオルなどをこすりすぎた刺激などで、できてしまうシミだからです。タオルだけでなく、洋服とこすれたり、自分の皮膚どおしで摩擦を起こして、その刺激で黒ずんでしまいます。ワキや関節、下着のゴム部分などが黒ずんでいるのに気づいたことがありませんか?それも同じ仕組みです。合成繊維などの刺激は強いので、余り強くこすらない方が良いかもしれませんね。

サプリや飲み薬はできてしまったシミに効果はある?

シミサプリ、飲み薬の効果1・シミを薄くする

シミサプリに期待できる大きな効果は、何といってもシミを薄くする効果です。サプリを使うほとんどの人は、これを期待して飲み始めるのだと思います。多くの人のシミは、紫外線などの刺激を受けて作られたメラニン色素が酸化して黒くなり、表皮細胞の中に排出されずにたまって、シミとなったものと思われます。多くのシミサプリに含まれるビタミンCとL-システインという成分は、細胞の中にたまったメラニン色素の残骸を、どんどん外へと排出する手助けをしてくれます。また、様々な理由で出すぎてしまったメラニン色素を、正常な状態へと導き、お肌を落ち着かせてくれます。長く使って行けば、少しずつシミが薄くなり、顔全体のトーンアップも期待できるでしょう。

シミサプリ、飲み薬の効果2・出来てしまったシミを改善する

もうひとつシミサプリに期待できることは、できてしまったシミを目立たなくするという効果です。紫外線などの外部刺激をたくさん受けると、お肌は危険を感じ、表皮細胞の一番底にあるメラノサイトから、メラニンを生成することで皮膚を守ろうとします。そして、そのメラニンがたまって酸化して黒くなり、シミとなってしまうのです。多くのシミサプリに含まれるビタミンCは、とても抗酸化力が強いので、酸化して黒くなってしまったメラニン色素を無色に戻したり、酸化中のメラニン色素をくい止めることができます。だから、使用していけば、徐々にもともと合ったシミも、減って行くと言うわけなのです。またメラノサイトへ直接アプローチして、メラニンの生成量も減らすことができるので、新しくできるシミの数も、減らすことができるのです。

シミサプリ、飲み薬の効果3・ターンオーバーの促進

多くのシミサプリでは、お肌のターンオーバーを促進することで、シミを軽減する効果が期待できます。ターンオーバーとは、お肌が自然におこなっている、細胞の入れ替わりのことです。日焼けして紫外線を浴びたお肌の中には、メラニン色素がたっぷりと生まれています。お肌のターンオーバーを改善してあげることで、たまったメラニン色素を定期的に外へ排出することができるので、シミはなくなってゆきます。特に、ビタミンE、ビタミンB2、B6の入っているものを選びましょう。ビタミンEは血行促進&新陳代謝アップ!ビタミンB2は、新陳代謝アップ&皮脂調整、B6はターンオーバーに直接効果を発揮します。徐々に体の調子も良くなってゆき、本当の健やかさが手に入るでしょう。

シミに効果的な成分1・ビタミンA

お肌に効果のあるビタミンはたくさんありますが、中でもビタミンAは、紫外線からお肌を守るビタミンと言えます。お肌は紫外線を浴びることで刺激を受け、コラーゲンなどの大切な成分が壊れてしまいます。ですが、日焼け止めを塗ると言っても限界があり、汗をかけば知らない間に流れてしまいますよね。そんな時、ビタミンAに含まれるパルミチン酸レチノールという成分が、内側から力を発揮し、紫外線の刺激から守り、メラニンの生成を抑えてくれるのです。メラニンを分散させコントロールできるので、全体的に顔はクリアに明るく、シミが目立ちにくくなると言われています。更に肌を活性化してターンオーバーを促し、メラニンを排出するだけでなく、エイジングケアにも効果バツグンのビタミンです。

シミに効果的な成分2・ビタミンC

言わずと知れた美肌成分・ビタミンCです。ビタミンCには、美白以外にもシワ、整肌、ニキビ対策などの効果もあり、とても万能です。シミの元はメラニン色素です。メラニン色素は、酸化して黒い色になります。ビタミンCは抗酸化力が強いので、メラニン色素が酸化して黒くなる過程を止めたり、酸化してすでに黒くなったメラニン色素を、元に戻す効果があるのです。だから、多くの美白サプリに配合されているのですね。またビタミンCは、血流回復効果のあるビタミンEと合わせて摂ると、ビタミンEの働きの効果を上げてくれますので、お肌の回復もサポートできます。ビタミンCは水溶性なので、すぐ流れ出てしまいますから、毎日定期的に摂取できるサプリメントは理想的かもしれません。

シミに効果的な成分3・ビタミンE

ビタミンCとならんで、シミのために積極的に摂りたいのが、ビタミンEになります。ビタミンEは「若返りのビタミン」とも言われる、とても有能なビタミンです。大きな効果は、血行促進と新陳代謝アップです。血行が促進されれば、体のすみずみの細胞まで酸素や栄養を届けることができます。新陳代謝も促すので、お肌のターンオーバーが改善し、たまったメラニン色素は流されてゆきます。肌細胞が新しくなれば、シミ以外の肌トラブルも改善され、お肌には嬉しい事ばかりというわけです。反対にビタミンEが欠乏すれば、お肌はくすみ、冷えなども起こり始め不健康になってしまいますので、定期的に摂取しましょう。ビタミンEはニコチンで壊れてしまうので、喫煙をしている方は、特に積極的に摂りましょう。

シミに効果的な成分4・L-システイン

L-システインという成分、美容サプリなどでよく耳にしますね。こちらは、体の細胞を作るアミノ酸のひとつになります。L-システインは主に、皮膚や髪の毛、爪などの細胞を作っています。シミができる際に、メラニン色素がメラノサイトから生成されます。その作用を抑えることで、美白へと導くことができます。更に、乱れたお肌のターンオーバーを回復させ、皮膚の中にたまったメラニン色素を外へ排出。抗酸化力も高く、紫外線を浴びてできた活性酸素を除去するので、肌状態がどんどん回復していきます。また、肌細胞の基盤となるコラーゲンは、加齢とともに減少します。L-システインは、コラーゲンの生成もサポートするので、元気な肌細胞づくりに大きな役割を持つ成分なのです。

シミに効くサプリ&飲み薬は3カ月は継続をしましょう

「早くキレイになりたい。美白ケアの効果をアップしたい。」そんなひたむきな思いで、みなさんシミ対策サプリを購入しているのだと思います。ですが、サプリによるシミ対策は、正直なところ、即効性のあるものではありません。直接肌に塗布するようなスキンケアのシミ対策と違って、中から栄養を補給し、徐々に体質ごと変えていくような作業です。直接お肌にするケアでも、短くても28日間のターンオーバーは待たないと効果は感じられません。サプリや飲み薬の効果は、ほとんどの製品が3ヶ月ほど継続することで感じられると言われています。質の良い栄養を定期的に補給しているわけですから、体調も徐々に好調になってくるはずです。それも感じながら、結果を急がず少しじっくりと構えましょう。

美白効果のあるスキンケアと併用すると効果的

「飲むだけでシミがなくなるなら、楽だなあ…。」確かにそうですね。時間がかかったとしても、飲み薬やサプリだけで、お肌が真っ白になるなら、そんな簡単なことはありません。ですが、外側からのシミ対策も、合わせてするのがもちろん効果的です。サプリなどは簡単ですが、少し時間のかかるもの。更に結局のところメラニンを抑え、ターンオーバーを改善するというのが根本的な考え方であることは、外側のスキンケアと変わりません。となると、もっと効果を感じるならば、外からも中からも同じようにアプローチするのが一番ですよね。さらに生活習慣や食事、運動、ストレス解消と、多方面からアプローチして、高い効果を実感しましょう。きっとシミ改善だけでなく、体が健康にもなって、嬉しい事ばかりだと思いますよ。

関連ページ:【シミウスの口コミ】オールインワンジェルの効果は最悪?公式はこちら

関連ページ:【シズカゲルの口コミ】オールインワンジェルの悪評で解約?ホンマでっか

シミに効くサプリ&飲み薬の選び方

シミに効くサプリ&飲み薬の選び方1・医薬品を選ぶ

様々なシミに効くサプリや飲み薬が販売されていますが、継続して服用することによって効果が出てきます。臨床試験なども実施した上で販売しているので、推奨する期間は最低継続して服用していきましょう。時にはしっかりとシミが消えていることもあり、効果を実感できるかもしれません。
しかし注意したいのがサプリや飲み薬を常に服用していても、全く体に受け入れられない状況です。シミが病気などで生まれてしまうこともあり、サプリや飲み薬に配合されている成分で対応できないこともあります。その時は医薬品にするかどうか判断が必要で、サプリや飲み薬程度で全く改善されないケースもあります。医療機関に相談しながら、ベストな医薬品を選択するようにしましょう。

美白有効成分1・ビタミンC

美白成分の中でコラーゲンは摂り入れることで体内で働いて、徐々に肌に反映されていきます。そのために必須な栄養素が、ビタミンCです。体内でコラーゲンを製造していき、シミにも効果を発揮していきます。そもそもコラーゲンは体内に存在するたんぱく質の一種で、半分近く皮膚に滞在しています。適度にコラーゲンが出ることによって肌にハリなどを作っていきますが、製造する上で必須なのがビタミンCです。
また抗酸化作用がビタミンCにあるので、活性酸素による生活習慣病などの改善や皮脂を酸化を防ぐことができます。健康だけでなく、シミにも効果を発揮していきます。メラニン色素の発生もビタミンCは抑えていくので、日焼け予防にも期待することができます。

美白有効成分2・トラネキサム酸

医療用の医薬品にも配合されている成分の中で、シミに対して効果を発揮するのがトラネキサム酸です。トラネキサム酸は人工的に作り出されるアミノ酸の一つで、必須アミノ酸といわれるリシンを材料に生成されています。市販薬でも少量含まれた薬などが販売されていますが、美容関連ではシミや肝斑などの黒ずみに対して効果を発揮します。黒い色素に反応しながら抑え込んでいき、トラネキサム酸によって美肌を期待することができます。またトラネキサム酸はプラスミンといわれる、シミの原因となるメラニンを抑えられます。
他にもトラネキサム酸は抗炎症作用などもあるので、炎症やアレルギーに対しても効果を発揮します。止血しながら肌にダメージを与えないように働いていき、徐々にターンオーバーを行いながら美肌を期待することができます。

美白有効成分3・L-システイン

美容液などにも含まれるのがL-システインで、シミに効くといわれています。ストレスや紫外線によって活性酸素が生まれて、シミなどを生み出してしまいます。しかしL-システインは皮膚の取替に必要なターンオーバーについて、正常な状態に戻していくことが可能です。これでシミだけでなく、肌荒れやニキビなどの肌トラブルにも効果があります。
そして代謝についても、L-システインはサポートしていきます。L-システインは抗酸化作用を持っているので、シミや肌荒れに対して改善していく働きを持っています。新陳代謝を促す成分なので、体内に必要なエネルギーをスムーズに作り出して行き届かせることも期待できます。エネルギーが不足しないようにL-システインを適度に摂り入れることによって、倦怠感や疲れなどを軽減させることもできます。

シミに効くサプリ&飲み薬の選び方2・配合成分で選ぶ

薄いシミに効果的な成分/ビタミンC・L-システイン・ビタミンB6

シミの改善を行うには、基本的に日頃からのスキンケアが重要です。その中で薄いシミが生まれていることに気づくこともありますが、適度に改善させる栄養分が配合されているサプリを日々服用することによって、薄いシミであれば取り除いていくことを期待できます。
メラニンが増えることで黒いシミが出来上がっていき、徐々に濃くなってしまいます。その中でシミ対策で必要な成分となるビタミンCやB6、L-システインは必要不可欠といえるでしょう。シミになっている部分で黒くなっていくメラニンが、各成分によって体外へ排出されるように促されていきます。肌に溜まることもなくなっていくので、シミの原因を体内から取り除いていくことも期待できます。

出来てしまったシミに効果的な成分/ビタミンC・L-システイン・パントテン酸カルシウム

もしも加齢などでシミが長期間残っている時にも、シミに効くサプリは効果を発揮します。そもそも肌は若い時は1ヶ月程度でターンオーバーが行われますが、加齢とともに2ヶ月程度に伸びてしまうことがあります。既に出来上がってしまったシミについて解消したいと考えた時には、ビタミンなどが配合されたサプリを服用すると効果的です。肌を綺麗にしていくコラーゲンを製造していく中で、必要となるビタミンCなどの栄養分をサプリでしっかりと摂り入れることが重要です。ビタミンC以外にも抗酸化作用やターンオーバーを正常化させるL-システイン、脂質やたんぱく質の代謝をサポートしていくパントテン酸カルシウムをバランス良く配合したサプリを摂取することで、徐々に長期間残っているシミを消していくことができます。

顔のくすみに効果的な成分/ビタミンB6・コラーゲン

顔のくすみで日々困っている時には、サプリの中にビタミンB6やコラーゲンを含んだサプリを服用するといいでしょう。ビタミンB6はターンオーバーを促進させる作用があり、新たな皮膚を生み出していくために必要な代謝を助けていきます。ターンオーバーが乱れてしまうとくすんでしまうことも増えてしまい、肌のハリも失っていきます。その中でビタミンB6をサプリでしっかりと補っていくことによって、皮脂の量を調節しながらくすみを改善させていくことが期待できます。
またコラーゲンもくすみに対して効果があり、サプリによって定期的に摂取することによって改善することができます。くすみの原因の一つに糖化がありますが、これは肌の中に存在しているコラーゲンなどのタンパク質が糖と合体して生じます。新たなコラーゲンを体内へ常に摂り入れることによって、肌の改善を実感することでしょう。

肝斑に効果的な成分/トラネキサム酸

女性ホルモンが乱れることで生じる肝斑に対して、トラネキサム酸は効果がある成分といわれています。サプリでも配合されていることがあり、バランス良く摂取することによって肝斑を改善させることができます。薄茶色のシミが両頬に生まれる肝斑は、女性ホルモンを正常化させることが重要です。特に更年期に入ってくると女性ホルモンのバランスは徐々に崩れていくので、アミノ酸の一つで市販薬などでも活用されているトラネキサム酸によって補っていくと言いでしょう。黒ずみ等に効果を発揮しながら、摂り入れることで黒い色素が徐々に薄れていきます。これで美肌を期待することができますが、肌のターンオーバーについても促進させることができます。適宜サプリで摂り入れながら、肝斑を改善させていくといいでしょう。

ニキビ跡やシミに効果的な成分/ビタミンB6・B12

日頃からニキビなどの肌トラブルに悩み、改善してもニキビ跡やシミがどうしても残ってしまう時にもサプリが効果を発揮します。改善させるためにサプリを選ぶ時には、極力ビタミンB6やB12が配合されているものを選択するといいでしょう。
アミノ酸の代謝を助けるビタミンB6はたんぱく質の合成をサポートし、ターンオーバーの促進にも役立てることができます。酵素反応も起こせるので、新たな皮膚や粘膜を生み出していく際に代謝を促していくことができます。またビタミンB12は肌の健康を保つ効果が大きく、新陳代謝をB6と同じようにサポートしながら血行促進効果も含んでいます。ニキビ跡やシミを改善させつつ、新たな皮膚を作り出す際にも効果を発揮することでしょう。

シミに効くサプリ&飲み薬の選び方3・飲みやすさで選ぶ

様々なシミに効果的なサプリや飲み薬が販売されていますが、サプリによっては飲みづらいものもあるので注意しなければなりません。服用方法はサプリによって異なりますが、時には水などを併せて飲まないと飲み込めないケースもあります。その時も水が少なければサプリが喉に引っかかることがあったり、反対に飲みすぎればお腹がいっぱいになることもあります。特に飲み薬だと、飲み方を間違えてしまうと体に悪影響を与えてしまうことがあります。
シミに効果的なサプリや飲み薬は飲みやすいかどうかを最初にチェックして、本当に自分に合うか判断するようにしましょう。錠剤や粉状など数種類提供されているサプリや飲み薬がある時には、自分が飲みやすいタイプを選択して服用していきましょう。

飲みやすい味・形状

サプリや飲み薬を選ぶ時に、常に飲みやすいだけでなく味わいや形状も考えておくことが重要です。飲んだ時に味わいが自分に合わないケースもあり、時には継続して服用するのが厳しいと思ってしまうこともあります。様々な味が提供されている時には成分などもチェックしつつ、自分に合うサプリもしくは飲み薬を選択しましょう。
また中にはハードカプセルなどに入っているものがありますが、形状によっては喉に引っかかってしまうこともあります。回避できるように普段から飲み慣れている形状を把握して、成分を確認しながらサプリや飲み薬を服用していきましょう。

飲みやすい量(摂取量)

サプリや飲み薬はあくまでも栄養を補うために必要な商品であると、服用する前に認識しておきましょう。摂取量は各サプリによって変わりますが、日々飲みやすい量を推奨しているサプリを選択することが重要です。シミがどうしても消えないと悩んで、時には過剰に服用したいと考える人もいます。しかし摂取量が自分に見合ったものかどうかを事前に把握して、継続して服用することが重要です。個人差もあるので、長期間になることも覚悟しながら服用していきましょう。

飲みやすい回数

1日に何度も服用しなければならないサプリや飲み薬が提供されていますが、回数が自分に合うか判断するようにしましょう。極力サプリだと開封した後はスピーディーに服用を終えることが重要ですが、その回数が自分に合わないと体調を崩してしまうこともあります。長期間保管していると、時には劣化することもあるので注意が必要です。ちゃんと購入した時に指定された回数で飲みきれるかどうかを判断し、自分の体に無理なく取り入れられるかどうかを考えておきましょう。

ドラッグストアで購入できるおすすめのシミサプリ&飲み薬

トランシーノホワイトCクリア

トランシーノホワイトCクリアは1日2回最低服用が必要で、1回あたり2錠が適切です。服用する中でトランシーノホワイトCクリアに配合されているL-システインやビタミンCなど、肌に効果のある成分が体内で働いていきます。体の内側からメラニンを徐々に無色にしていくので、シミが消えていくことに気づくかもしれません。ターンオーバーも改善されていくので、トランシーノホワイトCクリアによって全身の肌が綺麗になっていくのも確認できるかもしれません。
そしてトランシーノホワイトCクリアはシミだけでなく、そばかすや日焼けなどの色素沈着にも対応しています。また服用時期についても妊娠もしくは授乳期でも飲み続けていいので、体にも無理なく服用することができます。

ハイチオールCホワイティア

1日2回服用することでシミを消していく効果を実感できるハイチオールCホワイティアは、医薬品としてシミに対する治療効果がしっかりと認められています。ターンオーバーを正常化させるL-システインが主に働いて、シミになってしまうメラニンを体外へ着実に排出していきます。ターンオーバーが正常になるとともに、配合されているビタミンCがメラニンを抑制しながら肌を綺麗にしていきます。
ハイチオールCホワイティアを服用する時には、朝と夜に継続して服用することが効果的です。これは新しい肌を生み出すサイクルが影響しており、どうしても表面に浮き出る肌へ変わるまで時間がかかってしまいます。代謝のタイミングなどを考慮し、昼と夜に継続して服用していきましょう。

ピュアホワイト

ピュアホワイトは2016年に配合される成分をリニューアルしており、より自然成分を体内に服用できるようになりました。ピュアホワイトはくすみが生まれないように成分が配合されており、味もないので気軽に飲むことができます。ビタミンCなどの成分によって肌を綺麗にしていきながら、疲労回復も期待できるようにクコの実などが配合されています。
健康にも効果があるピュアホワイトですが、服用する上で妊娠中や授乳中では摂取することができません。服用方法でも確認することができるので、あらかじめ内容を確認して自分に合うか判断するようにしましょう。時にはピュアホワイトについて疑問点や悩みなどが出てくることもありますが、気軽に専用のチャットを利用してで相談することもできます。

チョコラBBルーセントC

ホルモン分泌を調整できるビタミンEが含まれるチョコラBBルーセントCは、ターンオーバーなどにも効果を発揮します。ターンオーバーが正常になっていくと新たな皮膚が着実に生まれてシミやそばかす、日焼けなどメラニン色素が黒ずんだ状態を改善していきます。
チョコラBBルーセントCは成人ならば1回2錠で1日3回、子供ならば1錠服用すれば悪影響を与えてしまうことはありません。肉体疲労時にもビタミンCなどが配合されているので、疲労回復も期待できます。ただしビタミンEの働きによっては、時折生理が早く来ることもあります。ホルモンバランスの調整によって生じますが、一時的ならば継続してチョコラBBルーセントCを服用して問題ありません。

トランシーノⅡ

トランシーノⅡは1日の中で朝と夕食後にそれぞれ2錠ずつ服用することによって効果が出てきますが、主にトラネキサム酸の効果がシミに期待できます。シミを改善しながら肌を綺麗にしていきますが、継続して約2ヶ月服用すると改善できるとメーカー側の臨床試験で確認されています。トランシーノⅡのホームページでも臨床試験の内容をチェックすることができるので、検討している時には参考にしておくといいでしょう。
しかしトランシーノⅡの副作用も把握しておかないと、時には体に悪影響を与えてしまうこともあります。主にトラネキサム酸の副作用となり、主に痒みや赤みそして下痢などを引き起こすことがあります。これらの症状がトランシーノⅡを継続して服用する時に頻繁に生じることがあれば、医療機関に相談するといいでしょう。

ホワイティフル

ホワイティフルは錠剤になっており、主にビタミンCやL-システインが含まれています。これらの成分がシミとなっているメラニンに対して着実に働きかけていき、ホワイティフルを継続して服用することによってメラニン色素が分解されてターンオーバーを促進していきます。
ホワイティフルは1日2回、朝晩に飲むと効果が出てきます。特に朝食もしくは夕食後に服用しながら、1ヶ月ほど効果を確認していきましょう。1ヶ月程度服用することによって、シミなどを着実に薄くしたり消していくことができます。もしも効果が全く出ない時には一度ホワイティフルの服用を止めて、医療機関に相談するといいでしょう。副作用も頭痛などが生じることがあるので、過剰摂取などに注意しましょう。

シミに効くサプリ&飲み薬のまとめ

一般的にシミに効果があるサプリや飲み薬は市販で提供されているので、ドラッグストアなどで見かける機会も多いです。継続して服用することによってシミなどに働いて、肌が綺麗になったと情報が出ていることもあります。それはビタミン群やL-システインなど、肌に効果のある成分がしっかりと体内で働いている証拠です。
様々な成分をバランス良く配合しながら、様々なサプリや飲み薬が提供されています。時には数ヶ月単位で服用することもあるので、飲み方や味などを事前に確認して無理なく継続して服用していきましょう。適量を常に服用することが重要で、過剰に一度に服用すると副作用が酷くなってしまうこともあります。どうしても厳しい時には服用を止めたり、医療機関に相談するようにしましょう。