【シミに効く食べ物】しみ・肝斑・そばかすに!美白効果のある食べ物

シミに効く食べ物は?シミ・肝斑・そばかすに効果的な栄養素

シミに効果的な栄養素1・ビタミンA

ビタミンAは、肌や粘膜の抵抗力を高め健康な状態を保つ効力がある栄養素です。また、体内の免疫も高める働きがあるため、乳幼児の健やかな成長にも大きな影響をもたらします。しかし、過剰に摂取した場合は、皮膚や粘膜が角質化しやすくなりもろくなるなどの影響があるほか、肌荒れや筋肉の痛みなどのおそれがあります。一方、不足した場合には免疫力や視力の低下、夜間薄暗いところでものが見づらい症状を発症することが考えられるので注意が必要です。ビタミンAは体内に蓄積されやすいビタミンとして知られているため、できるだけ普段の食生活での適量な接種を心掛けるようにし、サプリメントなどでの過剰摂取には慎重になるようにしてください。

シミに効果的な栄養素2・ビタミンB群

ビタミンB群には8種類の栄養素があり、さまざまな酵素を補いながら人々の毎日の生活に必要なエネルギーを生み出す大切な働きを担っています。ビタミンB群の中には名前にビタミンBが付くもの以外にも、ナイアシンや葉酸なども含まれ、どれか一つを取っていれば十分というわけではなくそれぞれの栄養素をバランス良く接種することが望ましいとされています。ビタミンB1とB2は、糖質や脂質をエネルギーに変え、脳や肝臓の機能を助ける役割を担っています。そのため不足すると、太りやすくなったり、疲れやすくなる、または肝機能の低下などが考えられます。ナイアシンやパントテン酸は、粘膜の免疫を高め、健康な皮膚や毛根を作り出す効果があり、葉酸は胎児の成長にも大きな影響を与える栄養素です。日常の食生活で不足しがちな栄養素は積極的にサプリメントなどで接種するのも良いでしょう

シミに効果的な栄養素3・ビタミンC

ビタミンCは、細胞の中でコラーゲンを作るという大切な役割を担っています。食事やサプリメントなどで補うことが可能な栄養素ですが、過剰摂取はあまり好ましくないとされています。不足するとコラーゲン不足につながり、肌荒れや血管がもろくなることから出血しやすくなることが考えられ、ここからさまざまな病気の原因となるおそれもあります。また、ビタミンCの大きな役割の一つにメラニン色素の抑制があり、美白を心掛ける女性にとっては必要不可欠な栄養素と言えるでしょう。ビタミンは、体内で自然に作られる成分ではないため、常に意識をして接種する必要があります。特に喫煙者の方はビタミンCが吸収されにくい状態であるため、積極的な接種を心がけましょう。

シミに効果的な栄養素4・ビタミンE

人間の体内の細胞は、毎日の生活の中で活性酸素が常に作り出されています。活性酸素は老化や疲労、さまざまな病気の原因となるものでこれらの影響を受けることを体が酸化すると言います。ビタミンEは活性酸素から私たちを守ってくれる働きを持ち、老化や疲労などに抵抗する抗酸化作用のあるビタミンとしてサプリメントや美容用品なども活躍しています。食生活の乱れや不規則な生活などの内的要因だけでなく、紫外線や乾燥などの外の環境からも肌を守ってくれる機能があり、肌荒れにお悩みの方などは、積極的にサプリメントで接種するようにすると良いでしょう。しかし、こちらの栄養素も過剰摂取は禁物です。特に妊娠中の方などは推奨されている接種目安量に注意してください。

シミに効果的な栄養素5・抗酸化成分(ポリフェノール、フラボノイドなど)

ビタミンE以外にも抗酸化作用を持つ栄養素はいくつかあり、日焼けやシミを防ぐ効果が高いものとして注目を集めています。ポリフェノールは、抗酸化作用を持つ栄養素の代表的な存在であり、多くの果物や野菜、そして飲み物などに含まれていますから、日常の食事で少し意識をするだけで十分な量を取り入れることが可能です。フラボノイドは、ポリフェノールの一種であり、主に植物に含まれ、私たちの暮らしの中で活躍している栄養素です。抗酸化作用以外にも殺菌効果があり体内のバランスを調整してくれる働きももっています。アンチエイジングなどの美容面だけでなく、動脈硬化を防ぐなどの健康面でも大きな効果がある抗酸化成分なので、積極的に摂取したいものです。

シミに効果的な栄養素6・抗酸化成分(リコピンなど)

トマトと言えば、あの鮮やかな赤色がとても印象的ですが、その赤色はリコピンという栄養素によるものです。リコピンは、他の抗酸化作用を持つ栄養素よりもはるかにその効能が高く、加えて高い美容効果も期待されています。メラニンが作られるのを抑える効果が高いので日焼けが気になる季節には心強い味方です。また、血行を良くし代謝をアップしてくれる効能があり、ダイエットに効果があるとも言われている上に、日常の食生活で取り入れやすいのも大きなメリットです。生のトマトで接種するのも良いですし、トマトソースやその他料理など火を入れて調理したものも効果的です。生のトマトを接種することに抵抗がある場合は、ジュースなどでも問題ありません。

シミに効果的な栄養素7・抗酸化成分(エラグ酸など)

イチゴなどの赤っぽい色味の果実に主に含まれているエラグ酸は、非常に抗酸化作用が高く特に肌に対する美白作用が注目されています。老化を防ぐ、血行を良くする、免疫力を高めるなどという点は他の抗酸化成分と同じですが、美白などの美容に関する効能は特に高いのではないかと考えられています。脂肪が付きやすくなるのを抑えてくれる効果もあり、さまざまな美容サプリメントが発売されている栄養素でもあります。イチゴなどの果物で摂ることが難しい場合は、サプリの活用を考えてみてはいかがでしょうか。また、抗酸化作用が高いということは、それだけ抗がん性が高いということであり、病気を抑制するという面でも大きな注目を集めている栄養素です。

シミに効果的な栄養素7・アミノ酸(L-システインなど)

アミノ酸の働きの一つとして、細胞の代謝を助けたり、ターンオーバーを活性化させるというものがあります。アミノ酸の一種であるL-システインは、主に肌の健康を保ち本来の再生力を高める力があります。再生力が高ければ、一時期疲れや不規則な生活などで肌が影響を受けてしまっても、徐々に改善され、健やかな肌細胞へと生まれ変わっていくことでしょう。年齢と共に、代謝やターンオーバー力は下がってしまうものですから、積極的にL-システインを接種するようにすると効果的です。サプリメントも多数発売されていますし、身近な食材にも案外多くのL-システインが含まれています。日常の食生活で意識的に摂り入れながら、肌荒れなどの不調を感じた時にサプリなどで補うのが良いでしょう。

シミに効く食べ物は?どんな物を食べればいい?

シミに効果的な食べ物1・ビタミンAを含む食べ物

人参、ほうれん草、レバー、海苔、チーズ、ケール、うなぎ、春菊、卵黄、かぼちゃ

シミに効果的な食べ物2・ビタミンB群を含む食べ物

豚肉、レバー、しいたけ、あさり、まぐろ、ブロッコリー、アーモンド、ほうれん草、納豆、にんにく

シミに効果的な食べ物3・ビタミンCを含む食べ物

アセロラ、レモン、ブロッコリー、かき、キャベツ、イチゴ、ピーマン、オレンジ、パパイヤ、ジャガイモ

シミに効果的な食べ物4・ビタミンEを含む食べ物

アーモンド、ナッツ、かもちゃ、うなぎ、さけ、卵黄、豆乳、たら、はまち、いくら

シミに効果的な食べ物5・ポリフェノール、フラボノイドを含む食べ物

コーヒー、赤ワイン、ココア、チョコレート、玉ねぎ、にら、しょうが、緑茶、なす、玄米

シミに効果的な食べ物6・リコピンを含む食べ物

トマト、マンゴー、アプリコット、人参、グァバ、すいか、ピンクグレープフルーツ、柿、ケチャップ、トマトジュース

シミに効果的な食べ物7・エラグ酸を含む食べ物

ブルーベリー、ラズベリー、ザクロ、イチゴ、ブラックベリー、タラの芽、ピスタチオ、アーモンド、カシューナッツ、マンゴー

シミに効果的な食べ物7・L-システインを含む食べ物

大豆、牛肉、ごま、ニンニク、かつお、いわし、卵、小麦、レバー、鶏肉

シミに効果的な食べ物まとめ

人参、ほうれん草、レバー、海苔、チーズ、ケール、うなぎ、春菊、卵黄、かぼちゃ、豚肉、レバー、しいたけ、あさり、まぐろ、ブロッコリー、アーモンド、ほうれん草、納豆、にんにく、アセロラ、レモン、ブロッコリー、かき、キャベツ、イチゴ、ピーマン、オレンジ、パパイヤ、ジャガイモ、アーモンド、ナッツ、かもちゃ、うなぎ、さけ、卵黄、豆乳、たら、はまち、いくら、コーヒー、赤ワイン、ココア、チョコレート、玉ねぎ、にら、しょうが、緑茶、なす、玄米、トマト、マンゴー、アプリコット、人参、グァバ、すいか、ピンクグレープフルーツ、柿、ケチャップ、トマトジュース、ブルーベリー、ラズベリー、ザクロ、イチゴ、ブラックベリー、タラの芽、ピスタチオ、アーモンド、カシューナッツ、マンゴー、大豆、牛肉、ごま、ニンニク、かつお、いわし、卵、小麦、レバー、鶏肉などがあります。

 

関連ページ:【シミウスの口コミ】オールインワンジェルの効果は最悪?公式はこちら

関連ページ:【シズカゲルの口コミ】オールインワンジェルの悪評で解約?ホンマでっか