【すね毛を薄くする方法】濃いすね毛の処理方法/脱毛や除毛クリームなどおすすめの方法

すね毛のセルフ脱毛方法の一覧/自分ですね毛を薄くする方法

すね毛を薄くする方法

すね毛の処理方法1・カミソリ

カミソリはすね毛処理に使用をする方も多いメジャーな存在です。
肌負担が少ないタイプから広範囲に適したものまで、綺麗に仕上げたい方にもピッタリのカミソリから、「レッグトリマー」といって、すね毛を残しながら量を整えるタイプも販売されています。
また、すね毛は水分を含ませることで柔らかくなる性質を持っているため、お風呂上りに処理をしたい方にもピッタリです。ここでは、カミソリですね毛を処理するメリット・デメリットをご紹介します。

カミソリですね毛処理をするメリット

カミソリですね毛を処理するメリットは以下の通りです。

・購入しやすい
カミソリであれば、ドラッグストアやコンビニエンスストアで手軽に購入できます。
価格帯も安価ですので、コスパが良いのがメリットです。

・素早く処理ができる
カミソリは、一度で広範囲を処理できるのが大きな特徴です。
手間をかけずに素早く処理をしたい方も、ストレスを感じずに綺麗に仕上げることができます。

・使用方法が簡単
カミソリを肌にあてて優しく下から上へと剃るだけと使用方法が簡単なのもメリットの1つです。
特別なテクニックを必要としないため、初めてすね毛を処理する方にも不安がありません。

カミソリですね毛処理をするデメリット

カミソリですね毛を処理するデメリットは以下の通りです。

・肌負担のリスクがある
カミソリは、肌の角質を一緒にそぎ落としてしまう可能性があります。
その結果、肌が赤くなってしまったり、乾燥やかゆみを感じるリスクが考えられるのです。

・すね毛が濃く見えてしまう
カミソリはムダ毛の断面をカットする処理方法。
このため、通常であれば先端に行くほど細くなっているムダ毛の断面が大きくなってしまいます。
すね毛そのものが濃くなる事はありませんが、濃く見えてしまう可能性があります。

すね毛の処理方法2・電気シェーバー

電気シェーバーというと、ヒゲ処理に使用をするイメージが強いかもしれません。
しかし今では、ボディ用・フェイス用・VIO用など部位に合わせてさまざまなタイプが販売されています。
すね毛が太く長い場合、事前にハサミでカットをすると、仕上がりが綺麗です。
また、短くカットができるタイプもありますので、すね毛を整えたい場合にもおすすめの処理方法の1つ。
ここでは、電気シェーバーですね毛を処理するメリット・デメリットをご紹介します。

電気シェーバーですね毛処理をするメリット

電気シェーバーですね毛を処理するメリットは以下の通りです。

・失敗する可能性が低い
扱いが簡単で、誤って皮膚を切ってしまうなどのリスクが低いことが電気シェーバーのメリットです。
事前に説明書を読みしっかりと確認しておくとさらに安全性が高くなります。

・肌トラブルが少ない
炎症や謝って肌を切ってしまう可能性が少ないのもメリットの1つ。
刃が直接、皮膚にあたらないため負担が少ない処理方法とも言えます。

・長く使用ができる
製品によって差はありますが、使い切りやカミソリのように短期的に買い替える必要性がありません。
長い目で見ると、コスパの良い方法とも言えます。

電気シェーバーですね毛処理をするデメリット

電気シェーバーですね毛処理をするデメリットは以下の通りです。

・すね毛がすぐに生えやすい
電気シェーバーは、深剃りができません。
特に、ボディ用の電気シェーバーは安全性を考慮しこうした構造になっている事が多いのです。
そのため、処理後は綺麗に仕上がっていても、数日経過するとすね毛が再び伸びてきて目立ってしまいます。

・そり残しの可能性がある
電気シェーバーは太く濃い毛には効果的です。
しかし、細い毛は綺麗に剃り切れない可能性があります。
すね毛の毛質が細い場合には、剃りムラができてしまうかもしれません。

すね毛の処理方法3・除毛クリーム

以前からあるすね毛処理方法の1つが除毛クリームです。
すね毛が隠れる程度に除毛クリームを塗布し、指定された時間そのまま放置。
その後、洗い流したりふき取ります。
毛量と範囲を考え、それに合った用量・個数を購入して下さい。
また、今では敏感肌用なども販売されていますので、肌質に合った製品選びをするのがおすすめです。
アトピー肌の方や日焼けをしている方など、使用を避けた方が良いケースもあるため、事前に製品説明を呼んだうえで使用をするのがポイント。
ここでは、除毛クリームですね毛処理をするメリット・デメリットをご紹介します。

除毛クリームですね毛処理をするメリット

除毛クリームですね毛処理をするメリットは以下の通りです。

・すぐに除毛ができる
すね毛が気になった時にすぐに処理ができるのが大きなメリット。
時間も手間もかかりませんので、忙しい方でもきれいに仕上げる事ができます。

・チクチク感が無い
除毛クリームは、毛の成分であるたんぱく質に反応をして「溶かす」ように作られています。
ですから、チクチク感がなくすべすべの肌に仕上げることが可能です。

・安価で除毛ができる
除毛クリームは安いものであれば1,000円前後で購入ができます。
1回の除毛にかかるコストがかからないのもメリットです。

除毛クリームですね毛処理をするデメリット

除毛クリームですね毛処理をするデメリットは以下の通りです。

・肌荒れの可能性がある
製品や肌質にもよりますが、肌荒れの原因となる可能性があります。
敏感肌ではない方でも、その時の体調や肌状態などによっては、赤みやかゆみを引き起こす事も考えられるのです。

・何度も購入する必要がある
除毛クリームは、使用するたびに購入する必要があります。
買いに行く手間やその都度購入をするコストが気になる方はデメリットに感じるでしょう。

・製品との相性の問題
除毛クリームといっても、さまざまな製品があります。
製品との相性が悪いと、肌荒れや効果を実感できない可能性も考えられるのです。

すね毛の処理方法4・ワックス

専門店があるほどメジャーな存在となった処理方法がワックスです。

ワックスには大きく分けて「水性」「油性」があります。
水性はソフトワックスと呼ばれるもので、オーガニック成分からできているのが特徴です。
一方、油性はハードワックスと呼ばれ、樹液などが主成分とされているものが多い傾向にあります。
また、水性ワックスは万が一、失敗をしても水で洗い流せるため、初心者の方にもおすすめです。

使い方はいずれも、ワックスを塗布した後、固まったらそのまま剥がして除毛をします。

ここでは、ワックスですね毛処理をするメリット・デメリットをご紹介していきましょう。

脱毛ワックスですね毛処理をするメリット

脱毛ワックスですね毛処理をするメリットは以下の通りです。

・手間をかけずにすべすべ肌になれる
脱毛ワックスが固まれば一気にはがすだけ。
ですから、手間をかけずに毛根まで綺麗に処理ができます。
また、生え始めのチクチク感が無いのもメリットです。

・古い角質も綺麗に除去できる
すね毛ばかりではなく、古い角質も一緒に除去できるのが脱毛ワックスのメリット。
ムダ毛が綺麗に処理できる上に、肌がワントーン明るくなったなどという副次的な効果も期待できます。

脱毛ワックスですね毛処理をするデメリット

脱毛ワックスですね毛処理をするデメリットは以下の通りです。

・ある程度すね毛を伸ばす必要がある
脱毛ワックスは、ムダ毛にワックスを絡ませて剥がす仕組みをもっています。
ですので、すね毛の長さが約1~2cmほどある状態がベスト。
短すぎるとムラができてしまうのです。

・痛みがある
脱毛ワックスを剥がす際、一度にたくさんのすね毛を引き抜きます。
この時、痛みが伴ってしまうのです。

・肌負担がある
すね毛を引き抜く方法のため、肌負担があります。
肌が赤くなってしまったり、腫れてしまう・埋没毛の原因につながるかもしれません。

すね毛の処理方法5・家庭用脱毛器

家電量販店や脱毛サロン・通信販売などで購入できる家庭用脱毛器。
光を使用したタイプが大半で、人気のすね毛処理方法の1つでもあります。

毛周期に合わせて照射を行うのが基本的な使用方法です。
そのことで、毛根にダメージを与え、ムダ毛が生える仕組みを弱らせる効果が期待できます。
一気に除毛ができる方法ではなく、段階的に「生えないようにする」ための方法と考えると分かりやすいかもしれません。

ここでは、家庭用脱毛器ですね毛処理をするメリット・デメリットをご紹介します。

家庭用脱毛器ですね毛処理をするメリット

家庭用脱毛器ですね毛処理ををするメリットは以下の通りです。

・好きな時間に処理ができる
スケジュールやライフスタイルに合わせて好きな時間に本格的な処理ができる点がメリットです。
サロンで使用をしているマシーンと比較をすると、照射力は劣ってしまうものの、効果としては同じものが期待できます。
自分の空いている時間に効果的なすね毛処理をしたい方にも魅力的です。

・すね毛が生えにくくなる
繰り返し使用をすることで、毛根にダメージを与える家庭用脱毛器。
時間はある程度かかりますが、すね毛そのものが生えにくくなるのがメリットの1つ。

・痛みが無い
家庭用脱毛器は、すね毛が自然に抜け落ちてくれます。
痛みに弱い方でも、快適に処理ができる方法です。

家庭用脱毛器ですね毛処理をするデメリット

家庭用脱毛器ですね毛処理をするデメリットは以下の通りです。

・時間と手間がかかる
一度の処理ですね毛が無くなるわけではありません。
また、照射も細かく位置をずらしながら行う必要があるため、手間と時間がかかるのです。

・照射ムラの可能性がある
丁寧に照射をしているつもりでも、ムラができてしまう可能性があります。

・即効性は無い
家庭用脱毛器には即効性がありません。
「今すぐに綺麗にすね毛を処理したい」と考えている方にはデメリットに感じるかもしれません。

すね毛の処理方法6・脱色クリーム

脱色クリームはすね毛そのものを抜いたり剃る方法ではありません。
その名前の通り、色を抜く事によって「目立たなくさせる方法」です。
脱色後のすね毛は金色になります。

ドラッグストアなどでも購入できる脱色クリーム。
今では、さまざまなタイプの製品が販売されていますので、肌質や毛質に合わせて選びやすくなっています。
すね毛に塗布し、一定時間を放置したら洗い流すだけととても簡単です。

ここでは、脱色クリームですね毛処理をするメリット・デメリットをご紹介します。

脱色クリームですね毛処理をするメリット

脱色クリームですね毛処理をするメリットは以下の通りです。

・チクチク感やすね毛が生えてくる不快感が無い
すね毛を切る・抜く方法ではないので、すね毛が生えてくるチクチク感や不快感がありません。

・即効性がある
使用をすればすぐにすね毛が目立たなるなるのが脱色クリームのメリットです。
今すぐに目立たなくしたいという方にも満足できる仕上がりが手に入ります。

・持続時間が長め
すね毛が伸びる速さには個人差があります。
脱色クリームの平均持続時間は約1週間と長めなのもメリットの1つです。

脱色クリームですね毛処理をするデメリット

脱色クリームですね毛処理をするデメリットは以下の通りです。

・近くで見るとすね毛が見える
脱色クリームを使用しても、すね毛が減るわけではありません。
遠目やぱっと見では目立たないのですが、近くで見るとすね毛が確認できてしまいます。

・肌トラブルの可能性がある
毛の黒さの要因である「メラニン色素」を抜くのが脱色クリームです。
強い薬剤となっているため、肌が弱い方は肌トラブルの可能性が高くなります。

・キープするためには手間がかかる
常にすね毛を目立たなくするためには、週に1回のペースで使用をする必要性があります。
そのため、手間がかかってしまうのです。

すね毛を薄くする方法/セルフの脱毛方法を紹介します

vio脱毛 恥ずかしい

カミソリですね毛処理をする方法

処理の頻度は2週間に1回

カミソリですね毛を処理する場合、頻度は2週間に1回のペースが推奨されています。
2週間に1度と聞いて驚いた方が多いかもしれませんが、ポツポツと毛が生えてくるすね毛が気になっても1週間しか立っていない状態で剃ってしまうのは非常にリスクが大きいです。肌へのダメージが大きいため赤みや荒れ、黒ずみなどのトラブルにつながりやすく、最悪の場合はカミソリ処理を続けられないほど肌の状態が悪くなる可能性があります。
最悪のケースを避けるためにも、カミソリを使用する場合は2週間の間隔をあけるのがおすすめです。

カミソリでの処理方法1・肌をあたためておく

カミソリですね毛を処理する場合に注意したいポイントの1つが、処理をしたい部位の保温です。
保温が重視される理由は、肌が乾燥しているとカミソリを使用することによるダメージがより大きくなってしまう可能性があるためです。カミソリ負けしやすいと言われており、痒みが出たり痛くなったり、ブツブツができてしまうなどさまざまな症状につながる可能性が高くなります。
これらの点を予防するためにできることの1つが保温です。肌を温めて柔らかくし、カミソリによるダメージをできるだけ抑えられるようにするのがおすすめです。

カミソリでの処理方法2・シェービングクリームを塗布する

カミソリによる肌へのダメージを抑えられる2つ目の方法がシェービングクリームの塗布です。
シェービングクリームの最大の魅力は、カミソリと肌の間の摩擦を軽減できることで、肌にかかるストレスを少なくすることが可能です。
さらにシェービングクリームには、肌を柔らかくしたり摩擦によってダメージを受けた肌をケアする成分が配合されている特徴もあります。
カミソリとシェービングクリームを併用することで、カミソリの滑りが滑らかになり、ダメージを抑えつつ、剃毛効果と肌の保護効果も期待できるでしょう。

カミソリでの処理方法3・毛流れに沿ってシェービングする

カミソリですね毛を処理する場合に注意したいのが、毛の流れに沿ってシェービングをする方法です。
ムダ毛をできるだけ深く剃るために、逆らって剃っていた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。逆手に沿った方が剃った後の感触が良く、満足感を得られやすいと感じる方が多いかもしれません。
しかし、正しい方法は、毛並みに沿ってシェービングする方法です。毛の流れに沿ってカミソリを使用することで肌や毛穴へのダメージが少なくなり、肌トラブルを軽減することができます。

カミソリでの処理方法4・剃り残しがある部分のみ逆剃りに

上記では毛の流れに沿ってシェービングすることをおすすめしましたが、流れに沿ってカミソリを動かす方法では、残念ながら満足いく状態に仕上げられないケースもあります。このような場合に限っては、毛並みとは逆の逆剃りをするのも良いでしょう。部分的にすね毛が残っていると格好悪いため、やむを得ない場合は柔軟に対応するのがおすすめです。
この場合はシェービングクリームの使用やアフターケアに力を入れることに注力してください。

カミソリでの処理方法5・シェービング後はしっかり保湿を

カミソリを使用してすね毛を処理する場合は、処理後のアフターケアも怠っては行けません。上記で紹介してきた正しい方法で剃毛をすすめたとしても、カミソリを使用した剃毛が肌に与えるダメージはゼロではありません。そのため、丁寧に剃毛を行ったことに満足せず、必ず適切なアフターケアを行ってください。
もっとも重点を置くべきは保湿です。保湿効果の高い化粧水や保湿クリーム、ジェルなどを用意し、必ずケアするようにしてください。

電気シェーバーですね毛処理をする方法

処理の頻度は1週間に1回

カミソリですね毛を処理する場合は2週間に1度の頻度が推奨されていますが、電気シェーバーを使用する場合は1週間に1度の頻度でも構わないとされています。
この理由は、カミソリよりも電気シェーバーの方が肌に与えるダメージが少ないとされているためです。昨今の電気シェーバーは刃の形状に丸みをつけるなどの工夫が施されているモデルが多くなり、肌に与えるストレスを少なくできます。この点からシェーバークリームなどを塗布する必要もなく、そのままの状態に電気シェーバーを使用できるとされています。

電気シェーバーでの処理方法1・乾いた肌に使えるシェーバーは準備は不要

電気シェーバーの進化からシェービングクリームの必要性の無さを取り上げましたが、さらに注目したいのが、シェービングクリームを塗布する必要がないということは、剃毛処理をする前の準備が必要ないという点につながることです。クリームを購入する必要がないため、準備の手間がかからずコストも抑えれらるほか、思い立った時に剃毛処理を始められます。
忙しくて日々時間に追われている人でも、電気シェーバーがあれば気軽にすね毛のケアができるでしょう。

電気シェーバーでの処理方法2・長いムダ毛は事前にハサミでカットする

電気シェーバーはカミソリとは異なり剃毛処理前の手間がかかりにくいと紹介しましたが、長さのあるすね毛を処理する場合は少し注意が必要です。というのも、長い毛を電気シェーバーで剃ろうとすると刃に絡まってしまう可能性が高く、痛みが生じたり負担がかかることで肌トラブルにつながる可能性があるためです。
すね毛が長い場合はハサミを使用して事前にカットしておくか、シェーバーに付属しているアタッチメントを使用して短くしておくことをおすすめします。

電気シェーバーでの処理方法3・シェーバーは肌に垂直に当てる

電気シェーバーで処理をする場合に注意したい点は、電気シェーバーの刃を肌に対して垂直になるように当てて使用することです。
電気シェーバーを使用する際に、カミソリを使用する時と同じように扱う方が多いようですが、電気シェーバーは電動で刃を動かすため角度をつけて肌の上で滑らせて毛を切る必要がありません。
電気シェーバーですね毛を処理をする際は肌に対して刃を垂直に当て、角度をキープしながら移動させるのがおすすめです。

除毛クリームですね毛を処理する方法

処理の頻度は1週間に1回

除毛クリームを使用したすね毛の脱毛は、1週間に1度の使用頻度で行うことが推奨されています。
除毛クリームは、除毛するための強い成分が配合している点と、その成分による刺激を和らげるための成分も一緒に配合されている点が大きな魅力です。
肌トラブルが起きにくいとされているため、連日の使用を避け、1週間に1回の使用頻度を守ることで肌トラブルに悩まされることが少なく、安全に理想とする肌を目指すことができるでしょう。

除毛クリームでの処理方法1・処理する場所を清潔にし水分をしっかり拭き取る

では除毛クリームを使用する際の注意点は何かというと、剃毛処理をしたい場所を清潔に保ち、水分を拭き取ってから剃毛処理をはじめることです。
清潔に保たなくてはいけない理由は、肌へのダメージをできるだけ少なくし、負傷した場所から菌が入ったり、炎症を起きにくくするためです。
水分を拭き取ってから処理を始めるのは、水分によって除毛クリームに配合されている除毛成分が薄れないようにするためです。
除毛クリームの効果をしっかり得られるよう、清潔に保つ点と水分を拭き取る点に注意してください。

除毛クリームでの処理方法2・ムダ毛が隠れるように厚く(1㎝ほど)クリームを均等に伸ばす

除毛クリームの効果を最大限に生かすためには、除毛クリームの使用方法を忠実に守るのがおすすめです。
最も重要とされるポイントは、除毛クリームを肌の上に厚く塗ることです。おおよそではありますが1cm程厚くぬり、その厚さをキープしながら均等に伸ばしてください。少し厚めに感じますが、この厚みを意識することで除毛成分をしっかり根元まで届けることが可能とされています。
拭き取った時に毛が抜けにくいという状況にならないよう、妥協せずしっかり厚く塗るのがおすすめです。

除毛クリームでの処理方法3・記載の放置時間を置く

除毛クリームですね毛を脱毛したい場合、分厚く塗ることを注意点として取り上げましたが、時間を置くことも大切です。除毛クリームによる除毛は即効性がなく、数分時間を置くことで効果的なアプローチをしてくれます。
除毛クリームを塗ってから待つ時間は、パッケージに記載されている時間を参考にして下さい。放置時間は最大で15~20分ほどでしょう。
動いてクリームがヨレたりしないよう、安静にして過ごせるタイミングで行うのがおすすめです。

除毛クリームでの処理方法4・ティッシュでクリームを拭き取る

除毛クリームですね毛の脱毛をした時、クリームを拭う場合はティッシュを使用するのがおすすめです。
ティッシュは水分に強い特徴を持つため、クリームを拭ってもある程度の強度が保たれ、扱いやすく拭いやすさも抜群です。肌にやさしい素材を使用していることからこすった時の負担も少なく、擦れによる肌トラブルを起こす心配も少ないでしょう。
ティッシュで拭き取る場合の注意点は、ティッシュではすべて拭いきれない点でしょう。わずかに成分が残っているだけで肌トラブルを引き起こしそうな人は、以下の方法をおすすめします。

除毛クリームでの処理方法5・ぬるま湯で洗い流す

除毛クリームを拭き取る方法には、ティッシュの他にぬるま湯で洗い流すという方法もあります。ティッシュで拭くよりも簡単に除毛クリームを取り除くことが可能で、ティッシュを変えて何度もクリームを拭く必要がありません。一気に洗い流せるためスッキリ感も得やすく、こすらないため肌にかかる負担を最小限に抑えられる点も大きな特徴の1つです。
ぬるま湯で洗い流すため除毛クリームが肌上に残りにくく、肌トラブルを防ぎやすい点でもティッシュよりぬるま湯で洗い流すのがおすすめです。

家庭用脱毛器ですね毛処理をする方法

頻度は1~2週間に1回

家庭用脱毛器をお持ちの方は、家庭用脱毛器ですね毛を処理するのがおすすめです。カミソリや電気シェーバー、除毛クリームと大きく異なる点は使用するほど毛が生えにくくなる点です。効果には時間を要し個人さっもありますが、繰り返し施術を行うことですね毛が生えにくくなり、処理にかかる手間暇が少なくて済みます。
効果的な使用頻度は、1~2週間に1回とされています。家庭用脱毛器のマニュアルに従い、効果的な頻度で使用するのがおすすめです。

家庭用脱毛器での処理方法1・事前にムダ毛を電気シェーバーなどで処理しておく

家庭用脱毛器ですね毛を処理をする場合に必要な準備の1つが、シェーバーによる無駄毛の処理です。家庭用脱毛器の特徴にもよりますが、脱毛器は毛の黒い部分に反応して光を照射するモデルが多いことから、毛が長いと光が広範囲に反応し、火傷のリスクが高くなりやすいとされているためです。
家庭用脱毛器を使用する場合は使用上の注意をよく確認し、指示に従ってムダ毛の処理を進めて起こりかねないトラブルに備えるのがおすすめです。

家庭用脱毛器での処理方法2・照射前に冷却する

家庭用脱毛器を使用してすね毛を処理する場合に必要な準備の2つ目が、脱毛器の光を照射したい部位の冷却です。
冷却が必要な理由は、家庭用脱毛器は専門的な免許を持っていなくても自宅で使用できるとは言え、放たれる光は強く、肌に熱を持たせてしまうためです。冷却しないと肌にかかる負担が大きく、トラブルにつながる可能性も高くなります。冷却をしないと照射時の痛みが強く出やすく、効果的な施術の継続を妨げてしまう可能性もあります。

家庭用脱毛器での処理方法3・照射レベルは弱からスタートする

家庭用脱毛器を使用する場合は、光の照射レベルに注意してみてください。ほとんどのモデルが照射レベルを調節できる機能がついており、肌や毛の質や毛量、痛みの感じやすさ、肌質に合わせることが可能です。痛みに弱い人や敏感肌の方は出力の強さに気をつける方が多いようですが、肌質などに関わらずどなたも照射レベルはまず弱から始めるのがおすすめです。
強い光を当ててしまった場合の感覚や起きてしまった肌トラブルは、完治に時間がかかるだけでなく精神的にも大きなダメージとなって残ることでしょう。後悔しないよう、始めは弱レベルからスタートするのがおすすめです。

家庭用脱毛器での処理方法4・照射後にも冷却する

家庭用脱毛器を使用してムダ毛を処理する場合、すね毛に限らずどの部分においても照射後の部位の冷却は欠かせません。照射した時点で何の痛みも感じないかもしれませんが、時間が経つにつれて炎症し、赤みや痛みといった肌トラブルにつながる可能性が高いです。衣類が肌に擦れるだけで不快な思いをするだけでなく、すね毛の脱毛施術を行う頻度にも影響を与えかねません。
肌トラブルを避けてスムーズなすね毛の処理をすすめるためにも、脱毛器を使用する際はしっかり冷却することをおすすめします。

家庭用脱毛器での処理方法5・照射後はしっかり保湿する

家庭用脱毛器を使用する際の注意点に施術前後の冷却を取り上げましたが、ケアは冷却だけにとどまりません。保湿することも非常に重要です。
脱毛器には肌へのダメージを抑える機能が搭載されていたり、保護成分を配合していたりしますが、それでも施術後の肌は乾燥しやすいとされています。そのため、脱毛器を使用してすね毛を処理した場合は保湿ケアを行うことが推奨されており、脱毛器による肌ストレスを緩和しやすくなるだけでなく、肌を健康に保ちやすくするのに役立ちます。

脱色クリームですね毛を処理する方法

頻度は3週間~1カ月に1回

カミソリ、電気シェーバー、除毛クリーム、家庭用脱毛器を使用する他に、脱色クリームですね毛を目立ちにくくするという方法もあります。ムダ毛の黒色を抜くことができるため、毛が目立たなくなる点が大きな魅力です。
脱色クリームを使用する頻度に言及すると、3週間~1カ月に1回が推奨されています。他の方法に比べて使用できる頻度が低い点が特徴的です。
良い捉え方をすれば、手間がかかりにくい点が高く評価できるでしょう。気になる点をあげるとすれば、次回処理までブランクがあり、黒い毛が目立ちやすくなる点がネックとなりそうです。

脱色クリームでの処理方法1・処理する場所を清潔にし水分をしっかり拭き取る

脱色クリームを使用してすね毛を処理する場合は、使用前に肌の状態を整えることが重要です。脱色をするためクリームに含まれる成分は非常に強い効果を持つとされ、その分肌に与える負担も大きいとされています。肌が乾燥していたり荒れていたりすると痛みが生じるほか、トラブルの悪化につながる可能性があります。
予想されるトラブルを避けるため、そして脱色クリームの効果を最大限に生かすために肌は清潔にし、邪魔となる水分もしっかり拭き取って置くことをおすすめします。

脱色クリームでの処理方法2・ムダ毛が隠れるように厚く(1㎝ほど)クリームを塗る

脱色クリームの効果を最大限に生かすため、塗布する場合はムダ毛が隠れるほどの1cm程の厚さに塗ることをおすすめします。
1cmの厚さで塗ることを強調しているのは、すね毛全体の脱色をしっかり行うためです。この点を適当にこなしてしまうと脱色にムラが出る可能性が高く、期待していた状況を実現するのは難しいでしょう。脱色クリームの推奨使用頻度からすぐにやり直すことができず、しばらくまばらな状態で過ごさなくてはいけません。

脱色クリームでの処理方法3・記載の放置時間を置く

脱色クリームの効果を最大限に生かす2つ目の方法は、クリームを塗った後に放置して待つ時間をしっかり守ることです。使用する脱色クリームの説明書をよく確認し、推奨されている放置時間を忠実に守るようにしてください。
なかには推奨されている放置時間を忠実に守ったのに、思うような色まで脱色できなかったという方がいるかもしれませんが、自己判断で放置時間を長くするのはおすすめできません。放置時間が長くなるほど肌に負担がかかりやすくなります。
脱色するという方法で満足いかない場合は、他の方法ですね毛処理することを検討するのも良いでしょう。

脱色クリームでの処理方法4・ぬるま湯で洗い流す

脱色クリームですね毛をケアした場合、最終的な処理はぬるま湯で洗い流すのがおすすめです。
除毛クリームですね毛を処理する場合はティッシュで拭う方法とぬるま湯で洗い流す方法の2つを紹介しましたが、脱色クリームはぬるま湯で洗い流す方法の一択です。毛の黒い色素を抜くという強い成分が配合されているため、成分が肌に残ってしまうのは危険とされています。そのためティッシュで拭き取るなどの簡易的な処理ではなく、あたたかい流水でしっかり流してしまうのがおすすめです。

サロンやクリニックですね毛を薄くする/おすすめのサロン&クリニック

すね毛脱毛におすすめのサロン・レイロール

脱毛サロン「レイロール」では、すね毛脱毛を1回5,980円と業界最安値クラスの価格で受けられます。光を照射してもらえる範囲は「ひざ小僧より下からくるぶしまで」で、レイロールの脱毛実績をデータ化し、それをもとに開発した男性専用脱毛マシンBRILLIOで施術を行います。

レイロールは独自開発の脱毛器を使用している点が大きな特徴で、その魅力は、IPL脱毛とSHR脱毛の2種類の方法ですね毛にアプローチできる点にあります。
IPLは濃い毛や太い毛の脱毛を得意とする方法で、SHRは産毛や金髪の脱毛も可能とする方法です。部位や人によって異なる毛の太さや濃さに柔軟に対応し、ムラのない脱毛効果へと導いてくれます。

光を照射して脱毛を促すため、痛みが少ない点も大きな魅力です。皮膚が薄く痛みを感じやすいすねでも、安心して脱毛施術を受けられるでしょう。

すね毛脱毛におすすめのサロン・リンクス

脱毛サロン「リンクス」では、すね毛脱毛を1回都度払い15,800円、4回パス46,000円、8回パス92,000円で受けられます。光を照射してもらえる範囲は「ひざ上部からくるぶしまで」で、リンクス独自開発の男性専用脱毛機INNOVATIONで施術を行います。

リンクスも独自開発の脱毛器を使用している点が大きな特徴で、その魅力は、男性特有の太い毛へのアプローチに特化した脱毛器である点です。毛深い方や毛が太い方にとって頼もしいパワーを持ち合わせており、満足いく脱毛効果へと導いてくれます。

照射できる光のパワーを調節できるため、肌や毛の状態を見極めて最適な施術を行ってくれるほか、痛みを感じた場合に弱めてもらうことも可能です。
価格は高くなってしまいますが、ひざもすね毛脱毛の範囲に含まれる点も注目したいポイントです。

関連ページ:【リンクス脱毛の口コミ】RINX・評判とヒゲ脱毛と料金と効果

すね毛脱毛におすすめのクリニック・メンズリゼ

脱毛クリニック「メンズリゼ」では、すね毛脱毛を1回30,800円で受けられます。レーザーを照射してもらえる範囲は「ひざ上部からくるぶしまで」で、ジェントルヤグPro-U、ライトシェアデュエット、メディオスター、ラシャの4種類の脱毛器を使用して施術が行われます。

レーザーを照射して脱毛を促す点が特徴的で、発毛に深く関係している細胞を破壊して高い脱毛効果を追求できる点が大きな魅力です。
メンズリゼは4種類の医療レーザー脱毛機を導入しているため、肌質や毛質によって使い分けて最適な方法で施術を進めて高い脱毛効果を追求してもらえる点も注目したいポイントです。

すね毛脱毛でひざ小僧も含めた範囲を脱毛してくれる点が特徴的ですので、必要かどうかをよく検討してから契約するのがおすすめです。

すね毛脱毛におすすめのクリニック・ゴリラクリニック

脱毛クリニック「ゴリラクリニック」では、すね毛脱毛を1回32,800円、全5回118,800円で受けられます。レーザーを照射してもらえる範囲は「ひざ下からくるぶしまで」で、蓄熱式メディオスターと熱破壊式YAGレーザーの2種類の脱毛器を使用して施術が行われます。

クリニックなので高い出力によるすね毛へのアプローチが可能で、抑毛や減毛とは違い、施術完了後に生えてくる可能性の低い脱毛を実現できる点が大きな魅力です。数年後もムダなすね毛に悩まされにくい、ツルスベ肌を目指したい人におすすめです。

ゴリラクリニックは他のクリニックに比べて実施している割引キャンペーンが多く、お得に契約できる方が多いでしょう。
トライアル脱毛も用意されており、足全体の脱毛を1回29,800円で受けることも可能です。すね毛の脱毛のみ希望する場合は必要ありませんが、1回だけ体験しておくという方法も良いのではないでしょうか。

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・トリアパーソナルレーザー脱毛器4X

「トリア パーソナルレーザー脱毛器 4X」は、トリア・ビューティ・ジャパン株式会社の家庭用脱毛器です。公式ホームページから購入する場合は48,000円で手に入ります。

クリニックで採用されているダイオードレーザー技術の開発に携わった専門家によって開発された脱毛器で、自宅にいながら自分で本格的なレーザー脱毛を行える点が大きな魅力です。

基本的に全身に使用できますが、顔の鼻から上の部位やデリケートゾーン、ほくろやしみなど肌の色が濃い部分、日焼けやピーリングなどで肌が敏感な状態になっている部分などへの使用は避けるよう注意書きされています。
照射レベルは5段階で調節できるため肌の状態や痛みの感じ方に合わせて使えるほか、充電式なので照射回数に制限がない点も注目したいポイントです。
ちなみに、内蔵されている電池の充電可能回数は約500回とされています。

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・ケノン

「ケノン」は、アローエイト株式会社と株式会社エムロックから販売されている家庭用脱毛器です。公式ホームページから購入する場合は、69,800円で手に入ります。

ケノンの最大の魅力はカートリッジを交換できる点で、部位に合わせて照射口の大きさを変えられたり出力を強くしたり、美肌ケアができたりもします。自動モードも搭載しており、スピーディーに簡単に脱毛をすすめられるでしょう。

ケノンも基本的に全身に使用可能ですが、顔の鼻より上の部位や粘膜などは避けるよう注意書きされています。
照射レベルは10段階と細かく変えられるほか、スーパープレミアムカートリッジ使用時は最大300万回(レベル1で使用)の照射が可能な仕様が追求されています。

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・レイボーテメンズフラッシュZERO

「レイボーテメンズフラッシュZERO」は、ヤーマン株式会社が発売している家庭用脱毛機です。公式ホームページから購入する場合は、49,500円で手に入ります。

メンズが使用することに特化して作られている点が大きな魅力で、ハイパワーフラッシュで濃い毛や太い毛にしっかりアプローチしてくれます。ムダ毛ケアだけでなく、美肌ケアをサポートしてくれるキセノンフラッシュを採用している点や、スムーズにすね毛脱毛をすすめられるローラーモードがある点も注目したいポイントです。

レイボーテメンズフラッシュZEROも他の家庭用脱毛器同様にほぼ全身に使用できますが、まぶたや目の周り、粘膜などへの使用は避けるよう注意書きされています。
光の照射レベルは5段階で調節可能で、約35万発照射可能な性能が追求されています。

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・ホームクリア

「ホームクリア」は、株式会社クリアが販売している家庭用美容器です。公式ホームページから購入する場合は、59,760円で手に入ります。

ホームクリアはオートボタンを搭載している点が大きな魅力で、ボタンを1回長押しするだけで光が自動で連続照射されます。光を照射するボタンをいちいち押す必要がなく、疲れずスピーディーにすね毛脱毛を終えられるでしょう。

使用できる部位に制限はなくほぼ全身に使用できるとありますが、顔の目より上や粘膜部などには使用しないよう注意書きされています。
照射レベルは肌や毛の状態、痛みの感じ方によって5段階で調節できるほか、冷却機能の搭載、約100万回照射可能などの仕様が追求されています。

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・スムーズスキンbare

「スムーズスキンbare」は、CyDen(サイデン)社が販売している家庭用脱毛器です。公式通販サイトで購入する場合は、30,800円で手に入ります。

他の家庭用脱毛器に比べてリーズナブルな価格で手に入る点が大きな魅力で、出費をできるだけ抑えたい人に注目の家庭用脱毛器です。
もちろん脱毛器としての機能は十分追求されており、1分間に100回光を照射できるスピーディー機能や肌の色を感知して危険な部分への照射を避けられるスキントーンセンサーの搭載、コンセントをつなぐだけですぐに脱毛を始められる点などが注目したい特徴です。

使用できる範囲に関して公式サイトでは言及されていませんが、他メーカーと同様に顔の鼻より上部分や粘膜部などへの照射は避けた方が良いでしょう。
出力調整機能はついていませんが、照射可能回数は100万回と十分な性能を持ち合わせています。

メンズのすね毛を薄くする方法・おすすめのサロン&クリニック&家庭用脱毛器まとめ

すね毛脱毛を希望する場合は、脱毛サロンもしくは脱毛クリニックに通う、家庭用脱毛器を購入するという3つの選択肢があります。

ムラなく丁寧に脱毛をしたい人や脱毛効果をより確かなものにしたい人は、サロンやクリニックに通うのがおすすめです。専門家に任せられるため満足度の高い施術を受けられるほか、自分で行う手間もかからず楽に終えられます。
少しでも出費を抑えたい人やサロンやクリニックに通う時間がない人は、家庭用脱毛器を用意するのがおすすめです。コストを抑えられるため気軽に脱毛を始められるほか、自分の好きなタイミングで脱毛を行えます。人にみられない点を魅力と感じる方もいることでしょう。

昨今は、以前に比べると脱毛方法の選択肢が非常に多くなっているため、ニーズに合った脱毛方法を探しやすいのではないでしょうか。
ここで紹介した情報を参考に、すね毛脱毛をすすめてみてください。