【20代の薄毛】20代の薄毛の原因・対策/20代のaga治療の効果は?

20代の薄毛の原因/男性・女性の薄毛の原因について

20代の男性・女性の薄毛の原因には大きな違いはない

「最近抜け毛が増えたなあ…。」とうすうす感じていたある日、勇気を出して合わせ鏡をすると明らかに地肌が…!いわゆる薄毛の悩みというのは、30後半~40代で始まるものと思っている方が多いと思いますが、実は20代でも症状が見られることがあります。「まだそんな歳ではないのに!」と、若い方の方がよりショックを感じてしまうでしょう。また、薄毛は男性の悩みと思われてきましたが、最近では女性も増えているようなのです。これは、20代の薄毛は男性も女性も年齢によるものではなく、日々の生活の中に原因がある場合が多いからなのです。20代で薄毛になる仕組みをしっかりと理解して対策を立ててゆけば、きっと頭皮も髪も健やかになれるでしょう。薄毛に焦っていると思いますが、一度リラックスして徐々に改善していきましょう。

女性は出産後に一時的に薄毛(抜け毛)になることがある

20代の薄毛の原因は、男性・女性あまり違いがないとお話ししましたが、明らかに女性だけに起こる場合がひとつだけあります。それが、妊娠出産です。髪の毛は、毛周期というシステムの中で、自然と成長期(育つ)→退行期(衰え抜ける)→休止期(生えていない)を繰り返しています。妊娠中は、女性の体の中で女性ホルモン・エストロゲンが増えます。女性ホルモンは髪の成長期を維持する働きがあるので、出産まで毛は生え続けることになります。ですが出産を終えると女性ホルモンは落ち着き、一気に減ってしまうので、今まで成長期だった毛が一斉に退行期へと入り、抜け毛が増えたと感じてしまうのです。このタイプの抜け毛は出産後2ヶ月くらいで始まりますが、通常ならば半年から1年で元に戻るので、安心してくださいね。

20代の薄毛の原因1・精神的な要因(ストレス)

「ストレスがたまりすぎて、円形脱毛症になった」なんて話を聞いたことがありませんか?日々私たちが受けているストレスは、ためこみすぎると薄毛の原因となります。
「ストレスを感じている」という状態は、「問題に何とか対応しようと構えている」状態なのです。つまり自律神経は交感神経を優位にし、つねに「なんとかしなくちゃ!」とがんばっているということです。がんばっているのは素敵なことですが、あまりその状態が続くと、血管や筋肉が緊張し、頭皮にまで血液が回らなくなってしまいます。すると髪や頭皮に元気がなくなり、薄毛・細毛となってしまうのです。20代は学生から社会人となり、頑張って働いている人がとても多い世代です。なんとか仕事をこなそうと無理をして、ストレスをためすぎないように、気を付けてくださいね。

20代の薄毛の原因2・生活習慣の乱れ(寝不足など)

生活習慣の乱れ、中でも睡眠不足は、大きな薄毛の原因になってしまいます。最近は男性だけでなく女性もどんどん社会に進出し、睡眠時間を削って仕事に追われている人も少なくないのではないでしょうか。髪の毛の成長は、成長ホルモンと大きな関係があります。成長ホルモンは寝ている間に分泌されるものなので、睡眠が足りない、またはしっかり深い眠りにつけていないと、太く長くのびることができず、ボリュームが減って薄毛へと向かってしまうのです。しっかり成長ホルモンが分泌されると、タンパク質が髪に送られ、毛母細胞が活性化します。もちろん髪は長く太く成長していきます。また睡眠で頭の血流も改善するので、頭皮も健康になり、より薄毛改善へと向かうというわけなのです。

20代の薄毛の原因3・食生活の乱れ(栄養不足など)

毎日の食生活が、薄毛を促進させていることも考えられます。髪の毛や頭皮だって細胞です。ご飯を食べなければ大きくなれないように、栄養が足りなれば、髪の毛も成長できないのは当然だと思いませんか?毎日の食事を考えてみてください。髪に必要なビタミン、タンパク質、亜鉛などは含まれていますか?手軽なコンビニ食ばかりではなかなか難しいと思います。また、現代人の大好きな高脂肪、高糖質は、血流低下をまねき、頭皮環境を悪化させます。20代の女性に多い、「○○抜きダイエット」などの極端な食事制限も控えましょう。アルコールの過剰摂取は、AGAの原因になる場合もあるので、ほどほどに。食生活を整えれば、薄毛が改善するだけでなく、体も健康になりきっと快適になると思いますよ。

20代の薄毛の原因4・AGA(男性型脱毛症)

「生活習慣を改めて健康な生活を送っているつもりなのに、なぜか薄毛が改善しない。なんでだろう?」疑問に思っている人もいると思います。AGAという言葉を聞いたことがありませんか?テレビのCMなどで観て、「自分もAGAという病気なのでは?」と不安になっている人も多いでしょう。これは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンと遺伝が大きく関係しており、男性のみに現れる症状です。実は、成人男性の薄毛は、ほとんどの場合AGAと言われています。早ければ20代の後半でも現れることがあり、50代になると、約40%の人がAGAになっていると言われています。一般的と言っても、放っておくとどんどん進行してしまうものなので、「自分はAGAかも?!」と気になったらすぐにケアを始めましょう。早めに取りくめば、改善することもできますよ。

AGAが発症する原因

AGAが発症する原因には、DHT・ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが大きく関係していると言われています。本来男性ホルモンは、強い体を作ったり男性的な成長を促す、体にとって無くてはならない成分です。活性化しすぎると抜け毛の原因になると言われています。通常ならば、髪は自然な毛周期で、2~6年の成長期に育ち、退行期に抜け落ちます。DHTは、毛母細胞のアンドロゲンレセプター(受容体)に取り込んで、髪が抜け落ちるように指令を出してしまうのです。結果として、十分な成長をしないままの毛がどんどん抜け落ち、薄毛へと向かってしまうのです。AGAは遺伝性も高く、ストレスを感じやすい人、アルコール摂取の多い人も発症しやすいと言われています。薄毛を遺伝だとあきらめずに、適切なケアをすれば、改善するものでもあります。

AGAの症状

AGAは薄毛の一種ですが、症状に特徴がありますので、チェックしてみましょう。AGAの原因となる男性ホルモン、DHT・ジヒドロテストステロンは、毛母細胞のアンドロゲンレセプター(受容体)に取り込み、脱毛指示を出して抜け毛を起こします。アンドロゲンレセプターは、前頭部から頭頂部にかけて多く分布しているため、初期症状として多く見られるのは、おでこの生え際や、つむじのあたりです。「おでこが広くなった」「てっぺんが薄くなった」と感じるようであれば、AGAの可能性があると言えるでしょう。もちろんそれ以外にも「抜け毛が増えた」「ハリやコシがなくなった」「産毛が増えた」という症状もありますので、後頭部や側頭部の毛と比べてチェックしてみてください。AGAは20代後半でも始まりますので、進行しない内に、早めのケアで食い止めましょう。

20代の薄毛の原因5・FAGA(女性男性型脱毛症)

「女性はハゲないんじゃないの…?」と、薄くなった髪を鏡に映して傷ついている女性はきっとたくさんいるでしょう。薄毛のショックは男性よりも女性の方がより大きいのではないでしょうか。過去においては、薄毛の悩みは男性のものと思われてきましたが、近年ではFAGA(女性男性型脱毛症)と言われて、女性の薄毛症状も取り上げられるようになってきました。以前はAGAと同じ症状と思われていましたが、現在では、男性のAGAとはずいぶん仕組みが違うことがわかっています。原因も様々、症状も全体的でとらえどころがなく、判断が難しいものでもあります。40代以上に多く発症しますが、原因によってはまれに20代の女性にも起こりうるものなので、仕組みをしっかり理解して、大切な髪を守って行きましょう。

FAGAが発症する原因

FAGAの原因は、男性のAGAとはちょっと違います。AGAは特定の男性ホルモンが原因となっていますが、FAGAの場合は、頭皮環境の悪化、カラーリングなどによるダメージ、ホルモンバランスなど、様々な原因で発症します。中でも多く見られるのは、加齢による女性ホルモン・エストロゲンの減少です。女性ホルモンは髪の健康に大きく関係しており、髪の毛周期の成長期を維持する働きがあります。更年期になってエストロゲンが分泌されなくなると、毛周期が乱れ、うまく成長できなくなってしまうのです。ただ、FAGAはストレスや栄養、睡眠、ピルの服用などでも起きることがあり原因は様々です。また何か違う病気の合併症として現れることも多いので、余りに多く抜けてしまった場合には、かならず受診をしましょう。

FAGAの症状

男性のAGAの症状には、わかりやすい特徴がありますが、女性のFAGAには、そこまではっきりしたパターンはなく、わかりにくいと言われています。症状の現れる部位も男性のようにはっきりしておらず、全体的に現れます。「髪が細くなった」「ボリュームがなくなった」「髪にハリ・コシ・ツヤがなくなった」と感じるようですが、これらは40代以上の女性なら、誰でも少しは感じている症状ともいえますよね?ですが、少しだけ特徴的なのは「地肌が目立っている」という点です。単なる加齢の髪の変化では、なかなか起きないのではないかと思います。AGAは変化が急激ですが、FAGAは速度もとてもゆっくり。一気になくなってしまうことはありませんので、「FAGAかも?!」と思っても、焦らず正しいケアを始めましょう。

20代の薄毛の対策/自宅でできる対策について

20代の薄毛対策1・ストレスの緩和

ストレスで薄毛になる場合、交感神経が優位になり続け、血流が悪くなっているのが原因です。自律神経は、交感神経(活動・攻撃・緊張)と副交感神経(リラックス・休養)を交互に使いつつ、バランスをとって生活しています。つまり、定期的に副交感神経を優位にするタイミングを作ってあげれば、体はリラックスして血流も回復するというわけです。ストレスの原因をなくせれば一番ですが、それはなかなか難しいもの。そんな時は、散歩などの全身運動や入浴、音楽鑑賞や趣味などをとりいれてみましょう。深い呼吸をするヨガや、アロマなどもリラックスに向いています。そんなにお金をかけられない人は、ただ「笑う」のも効果絶大なので、ぜひ試してみてください。見える世界が違ってくるかもしれませんよ。

20代の薄毛対策2・質の良い睡眠

生活習慣の中で、薄毛改善のために比較的とりいれやすいのが、睡眠の質の向上です。髪を育てる成長ホルモンの分泌には、しっかり時間を取って深く眠ることがとてもたいせつ。簡単にとりいれられるコツもありますので、試してみてください。まず眠る時刻を決めて、それまでに体が自然と眠りにつける、入眠体制を作りましょう。睡眠前の食事はできれば3時間前までに、入浴は2時間前には済ませましょう。体温がゆっくり下がり、眠りにつきやすくなります。同時にその時間帯には、スマホやパソコンのブルーライトを浴びないようにし、頭を興奮させないようにしましょう。徐々に明かりも暗くしてゆき、マッサージなども取り入れるとリラックスして眠りにつけるでしょう。眠って3時間あたりで、成長ホルモンが分泌されはじめますよ。

20代の薄毛対策3・食生活の改善

最近はコンビニのお弁当なども、とてもおいしいものが増えましたね。ですが、髪の健康を考えると、やはり頼りすぎてはいけないようです。一般的に髪を育てる栄養素はタンパク質、ビタミン、亜鉛だと言われています。また、コンビニ食・インスタント食の添加物はビタミンを吸収しにくくしますので、とりすぎには注意が必要です。高カロリー高脂質の食品はとてもおいしいですが、血流を妨げ、頭皮環境を悪化させますので控えましょう。20代女子の夢中になりがちな、偏ったダイエットも要注意。栄養不足になり毛が弱弱しくなってしまうかもしれません。20代は忙しく、体も元気で無理もできるため、環境に合わせて偏ってしまいがちな年代ですね。少し気を付けて食事を整えることで、髪の健康を取り戻しましょう。

髪に良い栄養素1・ビタミン類

薄毛を気にしている方は、ビタミンの中でもビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEを積極的にとるように心がけましょう。ビタミンB群は、髪や頭皮の新陳代謝をサポートしてくれます。うなぎ、豚肩ロース、たらこなどでとることができます。ビタミンEは活性酸素の除去や、血行の改善に大きな効果を発揮してくれます。かぼちゃやほうれん草に豊富ですが、ピーナッツやアーモンドなどをちょこちょこつまむだけでも、簡単にとれますよ。一番簡単にとれるのはビタミンCです。抗酸化力が高い上に、頭皮の紫外線ダメージも回復させてくれます。ビタミンC入りの製品はとても多いので、手軽にとれますね。食事に取り入れるのが一番ですが、ビタミン類はドリンクやサプリが充実しているので、上手に利用して摂取しましょう。

髪に良い栄養素2・タンパク質(アミノ酸)

髪に良い栄養を考えた時、見逃せないのがタンパク質です。髪の毛はそもそも、たくさんのアミノ酸が結合したケラチンという成分が99%をしめています。アミノ酸は、もちろんタンパク質に多く含まれていますので、しっかりと摂取すれば、髪の土台を作ってくれます。タンパク質には動物性と植物性があるのはご存じかと思います。動物性ではお肉、卵、お魚、牛乳など。植物性なら大豆、お米、麦などです。タンパク質は手に入りやすい食品に多く含まれていますから、摂取は簡単そうですね。ですが、高脂質のものは頭皮環境に良くないので、比較的おすすめなのは植物性タンパク質かもしれません。豆乳などで定期的に生活に取り入れると、簡単で、髪質改善にも効果があるかもしれませんよ。

髪に良い栄養素3・亜鉛

亜鉛という成分は聞いたことがあるとは思いますが、何に入っているかまで知っている人は、少ないのではないでしょうか?亜鉛はミネラルの一種。人間の体では作れないので、外からとるしかありません。細胞を作る働きがあり、髪以外にもとてもたいせつな成分です。亜鉛不足になると薄毛・抜け毛だけでなく、皮膚や爪の異常、免疫力の低下、口内炎などいろいろな症状が出てしまいます。亜鉛はサプリなども多く見かけますが、決して摂取しにくい成分ではなく、生牡蠣や牛肉、卵の黄身、ゴマなどにたくさん含まれています。また、アルコールは体内で分解されるときにたくさんの亜鉛を使ってしまいます。もともとお酒に弱い人などは亜鉛不足の傾向があるので、過剰摂取には注意してくださいね。

20代の薄毛対策4・育毛剤、発毛剤を使用する

生活習慣の改善を取り入れて、ずいぶん生活も整い、「ほかにできることはないのかな?」と思っている方は、市販の育毛剤や発毛剤を利用してみましょう。生活習慣で髪質を整えるのは、体の内側から変えていく効果がありますが、ちょっと時間がかかります。少し積極的にケアしたい場合は、育毛剤や発毛剤に頼ってもいいと思います。では、育毛剤と発毛剤、どっちを買ったらよいのでしょう?育毛剤は「今ある髪の毛を成長させることで薄毛を予防する製品」、発毛剤は「新しい髪の毛を生えさせることで薄毛を改善する製品」になります。つまり、初期の薄毛の方であれば育毛剤、少しすすんで地肌が見え始めているようなら発毛剤がおすすめと言えるでしょう。20代で、まだ薄毛になり始めであれば、育毛剤で十分かもしれませんね。

育毛剤の成分1・薄毛、抜け毛を予防する成分

育毛剤には様々な有効成分が含まれていますが、有名なミノキシジルは医薬成分の為、含むことができません。育毛剤では、毛を太くし健康に育てるという意味で、薄毛や抜け毛を予防する成分が多く含まれています。毛母細胞を活性化するのは、アデノシン、パントテニールエチルエーテル、塩化カルプロニウム、t-フラバノンなど。血行を促進することで改善するものはセンブリエキス、ナイアシンアミド、カプサイシン、L-アルギニンなどになります。特にセンブリエキスやパントテニールエチルエーテルは、現在販売されている人気の育毛剤に数多く配合されている、信頼できる成分です。これらの成分に注意して購入すれば、太くしっかりとした、元気な髪質へと徐々に変わって行くでしょう。

育毛剤の成分2・頭皮環境を改善する成分

薄毛の症状は、頭皮環境が悪いことが原因になっている場合も多いです。薄毛と同時にかゆみがあったり、フケが出るなという人は、頭皮に雑菌がふえて炎症を起こしている可能性が高いようです。頭皮環境を整える育毛剤成分もありますので、購入する際は少し気にしてみてください。頭皮の抗炎症にはグリチルリチン酸ジカリウム、桜葉エキスなど。皮脂を抑えるためにはアスコルビン酸(ビタミンC)、カシュウなど。保湿にはフコダイン、加水分解エラスチン、アセチルグルコサミンなど。殺菌にはイソプロピルメチルフェノール、クジンエキスなどが有効です。これらの成分が入っているものを選べば、炎症のない健やかな頭皮へと改善されるでしょう。頭皮トラブルがなくなれば、髪も成長しやすくなりますよ。

育毛剤の成分3・抜け毛を予防する成分

20代の薄毛は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが大きく影響している場合があります。男性ホルモンは男性だけのものではなく、女性の体の中にも少し存在しています。ジヒドロテストステロンは本来とても大切なホルモンなのですが、活性化しすぎると髪に悪影響が出ます。毛根の働きを鈍くして、毛乳頭から脱毛の指示を出し、髪の成長期を短くしてしまうと言われているのです。育毛剤には、このホルモンを不活性化させる成分を含むことで、抜け毛を予防するものがあります。ノコギリヤシ、L-リシン塩酸塩、キャピシル、ヒオウギエキス、オレアノール酸、ビオチンなどが含まれていれば、この効果があります。育毛剤を購入する際には是非チェックしてみてください。

発毛剤の成分1・薄毛、抜け毛を改善する成分(医薬成分)

様々な発毛剤が販売されていますが、価格帯などでチェックするのではなく薄毛や抜け毛をしっかりと改善できる成分がバランス良く配合されているかチェックすることが重要です。抜け毛を予防する成分として代表的なのはプロペシアやデュタステリドなどが有名で、それぞれホルモンバランスを整えながらヘアサイクルを体内で正常な状態へ戻していこうとします。そこにセンブリエキスやニンジンエキスを活用して、発毛を促していくことができます。血行促進や血液から栄養素を届かせる毛母細胞を活性化させるので、次第に薄毛の改善や抜け毛を減らしていくことを期待できます。しかし症状によっては効果が出ない時もあるので、その時は医師にカウンセリングなどを依頼するといいでしょう。

発毛剤の成分2・男性ホルモンDHT抑制成分(医薬成分)

発毛剤の中にはミノキシジルなど髪の毛に効果を発揮する成分が配合されているだけでなく、男性ホルモンDHT抑制成分が配合されていることがあります。発毛剤を選ぶ際にも男性ホルモンDHT抑制成分がちゃんと入っているかどうかで、発毛の仕方が変わっていくことがあります。
DHTと略されるジヒドロテストステロンは、毛母細胞と呼ばれる髪の毛を作りだす部分の機能を低下させます。これが成長サイクルを乱してしまうので、発毛剤を活用して改善していくことを目指します。効果が出てくると薄毛を回避しながら、太くて丈夫な髪の毛が生えてくることでしょう。多くの発毛剤では、フィナステリドやエチニルエストラジオールなどが活躍します。これらが配合されている発毛剤を使って抑制しつつ、ホルモンバランスが整っていきます。健康的な生活に改善することも忘れずに、日々取り入れていきましょう。

20代の薄毛の対策/専門クリニックで行うAGA治療について

AGA治療1・内服治療の内容と費用相場

内服治療によって、AGAに対して効果を発揮します。日常生活で使う発毛剤や育毛剤で効果が出て来ない時には、専門医に頭皮の状態などを確認してもらうようにしましょう。AGA治療を行ってくれるクリニックは全国各地に点在しており、治療を進めることで改善されることもあります。治療を行うクリニックを選ぶ際に把握しておきたいのが、AGA治療は内服治療が主流になっています。ヘアサイクルを正常に戻していくプロペシアやフィナステリドなどを活用し、発毛を徐々に促していくことができます。またおでこの生え際などにザガーロが対応しているので、体内から改善していくことでしょう。内服治療の費用について相場を見ていくと、月々1万円から3万円程度となっています。それ以上になる時にはカウンセリングなどを受けて、本当に治療を行うか判断しましょう。

AGA治療2・外用薬の内容と費用相場

AGA治療において外用薬を活用することもありますが、費用相場なども把握して選択するようにしましょう。外用薬でミノキシジルを含んだものを多く、医療機関だけでなくドラッグストアや薬局などで見かけることができます。ただドラッグストアなどで購入する時も、常駐の薬剤師の説明や状況確認を経て購入することができます。長期間活用することによって、徐々に発毛から育毛まで期待することができます。頭皮に塗っていくことも多いので、時には痒くなってしまうこともあります。カウンセリングで問題ないか確認しながら、外用薬を活用していきましょう。一般的な相場を見ていくと、ミノキシジルなどが配合されている外用薬だと5000円程度となっています。あとは成分や効果をチェックしながら、購入するか検討していきましょう。

AGA治療3・メソセラピーの内容と費用相場

AGA治療では時にメソセラピーを行いながら進めていくことがあり、費用も大きく変わっていきます。メソセラピーは効果的な薬を皮下組織へ注入しながら治療を行っていきますが、美容外科などでは一般的です。薄毛治療でも多く活用されているメソセラピーは、頭皮に対して髪の毛の成長に活かせる成分を含んだ薬を注入していきます。
AGA治療は方法が様々ですが、一般的な治療方法と違うのは投薬治療が多くなる点です。AGAは投薬治療のみ対応できないこともあり、頭皮に対して直接対応するメソセラピーは発毛促進や髪の毛を強くすることができます。そんなメソセラピーの一般的な費用は、1ヶ月あたり1万円程度となっています。内容はカウンセリングなどを行いながら、しっかりと精査していきましょう。

AGA治療4・自毛植毛の内容と費用相場

自然に発毛させることを目指すAGA治療ですが、場合によっては自毛植毛という方法を取ることがあります。自分の体に生えている毛を活用するケースですが、費用も把握しておくことで選択幅が広がっていきます。髪の毛がある程度ある時には、頭皮が出ている部分に植え替えてしまうことが自毛植毛では可能です。自分の髪の毛で、特に後頭部や側頭部の状態のいい髪の毛を活用することが多いです。
自毛植毛は一般的な費用は安くて10万円程度、高額になると100万円を超えることがあります。施術方法で大きく変わりますが、事前のカウンセリングなどで内容を把握しておきましょう。場合によっては諦めたり、他の医療機関を頼ってみるのも方法の一つです。

FAGAの治療1・外用薬(ミノキシジル)

女性でもFAGAとして薄毛になっていくことがあり、治療を行わなければならない状況が出てきます。外用薬もドラッグストアなどで販売されていますが、成分を事前に把握しておくといいでしょう。その中でもミノキシジルは髪の毛に働いていく成分で、配合されている外用薬を正しく活用することが重要です。
外用薬としてミノキシジルを活用する時に、ドラッグストアをチェックすると見つけやすいです。ミノキシジルが含まれている商品が市販されているケースは多く、価格帯などもチェックしながら購入する人も多いです。半年ほど利用すると、ミノキシジルが頭皮に働いて発毛する結果も出ています。効果は内服薬よりも遅いですが、かぶれ程度の副作用で着実に髪の毛を育てていくことができます。

FAGAの治療2・内服(サプリメント、ミノキシジル、バンドガールなど)

内服薬もFAGAの治療で服用することがあり、サプリメントなどを摂り入れるケースがあります。主にミノキシジルだけでなく、バンドガールなどもあるので自分に合うものを服用していかなければなりません。
一般的なFAGAの治療で使われる内服薬だと、フィナステリドを配合していたりミノキシジルを配合していることが多いです。いずれも発毛促進を行うことができますが、副作用には注意が必要です。例えばフィナステリドだと性欲の減退や、肝機能障害が発生することがあります。またミノキシジルは動悸やめまい、むくんでしまうことがあります。事前のカウンセリングで体に合わない成分がないか、あらかじめチェックしてもらいましょう。そして自分に見合った内服薬によって、治療を進めることが必要です。

通常のヘアサイクルは2~5年

髪の毛は生え変わるサイクルが一般的に2年から5年とされており、長い年月太く丈夫な髪の毛が毛穴から出ています。ヘアサイクルは通常は成長する時期で2年から5年程度使っていき、1ヶ月で1センチ程度育っていきます。これは新しい髪の毛が産毛の状態からスタートしていき、毛根から出てきたら毛母細胞が何度も分裂していきます。これが育っていく流れで、成長が止まる退行期まで進んでいきます。毛母細胞の活動が弱くなると退行期で、ここから毛球部の萎縮が進んで成長が止まっていきます。その後成長が止まり、3ヶ月ほど毛根に髪の毛が留まっていきます。ここで髪の毛は状態を維持し、新たな髪の毛によって押し出されて抜けていきます。これが脱毛期で、新たな成長期が始まっていくことになります。

AGAの方のヘアサイクルは1年

健康的な髪の毛だとヘアサイクルが2年から5年程度ですが、AGAになると大きくヘアサイクルが変わってしまいます。抜け毛が激しくなってしまうことがあり、ヘアサイクルもAGAだと1年で抜けてしまうので注意しなければなりません。
原因は体内で増殖する髪の毛に悪影響を与える、男性ホルモンの一種となるジヒドロテストステロンが増える点です。この成分が増えることによって本来ならば5年程度最長ある成長期を含んだヘアサイクルが、次第に短縮していって髪の毛は1年持つかどうかわからない状態になってしまいます。このようにヘアサイクルが短くなって、薄毛は自然と症状が進行していくことになります。
AGAはヘアサイクルを短くしていきながら、抜け毛の量が1日あたりで倍になっていきます。これが初期症状になって、回復しなければ薄くなっていくことでしょう。自然と髪が抜けたところから、新たに毛根より髪の毛をは痩せるように環境を整えることが重要です。

AGA治療は原則1年間は継続するのが望ましい

AGA治療は長期に渡って治療を進めなければならず、ヘアサイクルを正常化させていかなければなりません。その中でAGA治療では少なくても1年間は必要で、健康な状態を取り戻していくことになります。ヘアサイクルを正常にすることで髪の毛が徐々に育っていき、長期間に渡って抜けずに健康な状態へと戻っていきます。AGAとなると1年程度で抜けてしまうほど短期間しか絶えられず、発毛する際にも時間がかかってしまうことがあります。これが剥げてしまう要因になってしまい、前頭部と頭頂部がどうしても気になってしまうことでしょう。改善しないと前頭部や頭頂部だけでなく広範囲に剥げていってしまうので、ヘアサイクルを健康な状態に戻すために1年以上は継続して治療を行っていきましょう。

AGA治療には「脱毛防止」と「発毛」の2つの治療が必要

AGA治療では個人差があるものの、最初に脱毛を防ぐ治療からスタートしていきます。カウンセリングなどを行いながら治療について方針を決めていき、内服薬や塗り薬、メソセラピーそして植毛といった方法で治療を進めていきます。そしてAGAの進行度を常にチェックしていきながら、脱毛が防げているかなどを確認します。
ある程度脱毛を防止することができれば、どのくらい発毛させるか考えていきながら髪の毛を増やす治療に進んでいきます。医師が個々の希望に合わせながら、AGAに関する治療方法を提案していきます。そして発毛していることをある程度確認できたところで、継続してヘアサイクルが悪化しないように確認して治療を終えるか判断することになります。

20代のAGAは比較的に早く治療が完了するケースが多い

AGAは若い人でも発症することがあり、時には数年単位で治療を進めなければなりません。その中でAGA治療を行っていく年代を見ていくと、20代だと早く治療が終えるケースが多いといわれています。治療期間は個人差があるものの、1年程度治療を継続していくことになります。ヘアサイクルが20代になると年齢的にも改善する傾向が強く、脱毛予防から発毛までの時間もさほどかかりません。加えて規則正しい生活に戻していくことによって、より正常なヘアサイクルに戻していくことができます。成長して抜けてしまうまで、本来ならば2年から5年程度といわれています。脱毛予防するだけでも、しっかりと育っていくので治療スピードも早くなっていくことでしょう。

20代の薄毛の原因や対策まとめ

どんなに若くても生活習慣の乱れやホルモンバランスなどによって、外見で気になってしまうほどの薄毛に悩まされてしまうことがあります。それは20代でも同様で、日頃からリズムを整えたりヘアケアを正しく行うことが重要です。ヘアサイクルも個人差はありますが、AGAになるとサイクルが短くなってしまうことがあります。それが薄毛や抜け毛を増やす要因になってしまい、取り返しのつかない状況になってしまうこともあるので注意しなければなりません。
どうしても薄毛対策を一刻も早く行いたい時には、ドラッグストアなどで販売されている発毛剤や育毛剤だけでなく専門医に相談するといいでしょう。徐々に改善しながら、自分の髪の毛を守っていく習慣をつけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました