【若ハゲの原因】薄毛の予防・対策/剥げやすい人の特徴・改善方法

若ハゲの特徴・原因について

若ハゲの原因1・遺伝(AGA)

もしも家族の中で薄毛に悩んでいる人がいるならば、もしかしたら遺伝によって自分も薄毛もしくは若ハゲになってしまうことがあります。祖先で薄毛などで悩んでいる人がいないか、事前に確認しておいてもいいでしょう。これは体内で男性ホルモンが酵素にくっついてしまうと、毛の発育に影響のあるジヒドロテストステロンに変わっていきます。発毛を抑え込んでしまい、発毛が徐々に進まなくなってしまいます。そして脱毛因子となり遺伝子にはめ込まれて、髪の毛が十分に育たず抜け落ちるようになってしまいます。人によっては祖先から遺伝が影響しないこともありますが、受け継がれて若ハゲになってしまうケースは少なくありません。ホルモンバランスなどの改善に努めながら、若ハゲ防止を目指していきましょう。

若ハゲの原因2・ストレス

日頃のストレスが重なると、時には髪の毛に影響を及ぼすことがあります。そして若ハゲにつながってしまう薄毛の状態になってしまい、徐々に髪の毛も抜けていってしまいます。ストレスが与える髪の毛への影響は、蓄積したストレスが自律神経のバランスを崩すことで大きくなります。徐々に毛穴へも流れる血液の循環が悪くなってしまい、髪の毛を成長させる力を失わせてしまいます。これが悪影響を与えて、若ハゲにつながってしまう可能性があります。とりわけ過度なストレスになると、時には集中的に一部が脱毛して円形脱毛症などになってしまうこともあります。一般的に100本程度1日で髪の毛は抜けてしまいますが、それ以上に抜け毛が増えていると感じることもあります。それはストレスの影響が大きいので、健康的な生活習慣やストレス解消するようにしましょう。

若ハゲの原因3・間違ったヘアケア

日々のヘアケアを疎かにしてしまったり、間違えていると髪の毛が徐々に抜けてしまうことがあります。これが若ハゲの原因につながってしまうこともあり、注意しなければあっという間に外見でも見えてきます。ヘアケアの内容によっては、頭皮にヘアワックスなどがくっついて環境を悪化させてしまいます。例えば頭皮をシャンプーなどで洗いすぎて必要な皮脂を失ったり、頭皮にある毛穴をシャンプーなどをちゃんと洗い流せずに皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりやすくなって抜け毛につながると言われています。頭皮の血行も悪化するので、より薄毛になってしまう原因になってしまいます。髪の毛を洗う時には1日1回にしておき、洗った後は綺麗に洗い流して髪の毛を乾かすことが重要です。

若ハゲの原因4・生活習慣の乱れ

髪の毛は生活習慣によって大きく影響を受けて、時には一気に抜けてしまうことがあります。生活習慣に乱れがある時には、しっかりと改善しなければ悪化してしまうことがあるので注意しなければなりません。生活習慣は髪の毛の成長などに直結しており、血行が悪化すれば抜け毛も酷くなり若ハゲへと進んでしまいます。主に睡眠不足や食事の時間が仕事などで不規則になること、そして日々の運動不足などが影響を与えます。それぞれが乱れていくことによって髪の毛に悪影響を与えるので、規則正しい生活を送れるように改善するようにしましょう。睡眠時間を確保したり運動を常に行うなど、成長ホルモンを分泌できるように取り組んでいくことが求められます。

若ハゲの原因となるAGA(男性型脱毛症)について

AGAの主な原因は?

様々なタイプがあるAGAについては、原因は色々とあります。男性ホルモンなどによって、ヘアサイクルが乱れてしまうケースが多いです。発毛について抑制されてしまい、通常は2年から5年程度のヘアサイクルが数ヶ月から1年になってしまいます。これが健康的な髪の毛を作れず、脱毛が激しくなりAGAと診断されてしまいます。また遺伝によってホルモンバランスが崩れて生じた脱毛に関する因子が受け継がれてしまうケースもあるので、家系図から遺伝するか確認もしておきましょう。日常生活では生活習慣に注目し、睡眠不足やバランスのいい食事などを考えておくことが重要です。乱れるとAGAの原因となり、ホルモンがちゃんと分泌されず頭皮の血行不良などを引き起こすことも少なくありません。

AGAの症状1・細く短い毛ばかり生えてくる

AGAを発症していると、全体的に細いだけでなく短い状態の毛が多く生えてしまいます。細くて短い毛は耐久力も低く、簡単に抜けてしまうことがあります。これが徐々に頭皮が見えてしまい、AGAを発症していることを実感してしまうことでしょう。抜けてしまった髪の毛を見た時に、毛根が小さかったり形がいびつだと危険です。自然に脱毛していると髪の毛はまるでマッチ棒のような、丸みを帯び根本は白っぽい色となっています。これ以外は異常脱毛の可能性があるので、AGAが進行しているといえます。毛穴から生えてくる髪の毛も短くて、細い状態となるので違和感を感じることもあります。毛根の状態にも注目しながら、細くて短い髪の毛が多く生えてきたら医療機関に頼りましょう。

AGAの症状2・1日100本以上の抜け毛がある

お風呂で髪の毛を洗っている時などで、急に多くの髪の毛が抜けていることに気づく人もいます。正常な人だと1日あたり100本程度抜け毛が出ることがありますが、細くて短い状態だとそれ以上抜けてしまうことがあります。そのような髪の毛が多く100本以上抜けているようだと、髪の毛がハリや太さを完全に失った状態です。異常脱毛で抜けてしまうと、どんどんAGAは進行していくことでしょう。抜け毛が多くなってきた時にはAGAの可能性が高いので、一度治療を検討するといいでしょう。早めに相談しながら、治療を開始することが重要です。AGAの治療は脱毛防止から治療は開始していくので、時間が経過すれば治療によって改善されていくことがあります。

AGAの症状3・額がM字に後退している

鏡でヘアスタイルをチェックした時に、額が徐々にM字に後退していると感じると危険です。それがAGAのサインであり、徐々に後退していくことでしょう。額がM字になっていることは、鏡でチェックすることができます。目を見開き眉を上げてみて、一番シワをチェックします。そこで指を2本添えてみると、シワより指2本分の間隔で生え際まで距離がある時にはM字型の薄毛となっています。
そして薄毛が気になってくると、AGAの可能性も高くなってしまいます。放置すれば症状は悪化していき、やがてU字になってしまいます。頭頂部の髪の毛も次第に薄くなっていくので、進行状況が速い時には早々に医療機関に相談して治療を始めるようにしましょう。

AGAの症状4・頭頂部(つむじ)が薄くなる

頭頂部をチェックした時に、頭皮が見えている時も注意しなければなりません。つむじがある頭頂部が薄くなっていくのも、AGAの特徴となっています。頭頂部も頭皮の血行も悪化するので、徐々に薄くなって目立ってしまいます。つむじ周辺が大きくなってしまうのもAGAの特徴で、早めの治療を必要とします。どうしても頭頂部、特につむじが薄くなってきたと感じてきたら医療機関を受診するようにしましょう。これはAGAの初期段階となっているので、相談しながら脱毛防止から治療を進めていくことが重要です。相談していく中で、時にはAGAなのか円形脱毛症となっているか悩まされることもあります。皮膚の病気で丸い形の脱毛斑となっているので、しっかりと確認してもらいましょう。

剥げやすい人の特徴

剥げやすい人の特徴1・母方の祖父が剥げている

遺伝によってAGAが進んでしまうことが証明されている中で、剥げやすい人を見ていくと母方の祖父が剥げているケースが多く見られます。体内に存在する性染色体が薄毛になってしまう原因となっており、染色体の構成で母方から受け継いでくる遺伝の中に、薄毛になる情報も含まれてしまいます。男性ホルモンが体内で活発に働くと、AGAが進行してしまうことがあります。
早ければ20代でAGAが進行することがありますが、遺伝の可能性が高いと考えられています。しかし誰もが遺伝でAGAが進行するというわけではなく、個人差があるので時には発症しないこともあります。不安な時には家族や医師にも相談しながら、早めに治療を進めていきましょう。

剥げやすい人の特徴2・ストレスが発散できていない

剥げていく中で自分の生活リズムなどを考えていくと、なかなか日頃からストレスが発散できていないことも少なくありません。AGAが進んでいく中で、ストレスを適宜発散していかなければ剥げやすくなってしまうので注意が必要です。ストレスが蓄積してしまうと自律神経が次第に乱れてしまい、頭皮においても血管の収縮で異常を起こして血流が悪化します。これで頭皮に対してちゃんと栄養を運ばれず、栄養不足となった髪の毛は徐々に抜け落ちてしまいます。栄養不足になると髪の毛は健康的な状態にならず、発毛しても全く育たなくなってしまうことがあります。日頃からストレスや疲れを蓄積しないようにして、健康な状態を保ちましょう。リフレッシュをしながら、適度にストレスを発散することが重要です。

剥げやすい人の特徴3・バランスの悪い食生活

食生活でも頭皮に悪影響を与えてしまうことがあり、特に栄養分が偏るバランスの悪い食生活が続いてしまうと危険です。日々の栄養バランスを注意しなければ、髪の毛に効果的な成分や栄養を行き届かせることができません。
主に髪の毛には必要な成分として、タンパク質やビタミン、そしてミネラルがあります。それぞれ発毛促進や育毛、摂取しながら丈夫にしていくことができます。日頃からバランスのいい食事ができていれば問題ありませんが、外食など偏った食生活が続くと不足してしまうことがあります。糖質などが多くなると髪の毛に栄養分がしっかりと行き届かなくなってしまい、次第に剥げていくことでしょう。どうしても偏る時にはサプリメントなどを服用し、対応していくことを心がけていきましょう。

剥げやすい人の特徴4・髪質(毛量が少ない・毛が細い)

生まれつきの髪質についても注意が必要で、全体的に毛量が少なかったり毛が細い状態だと剥げやすい人と考えられています。血行不良などを引き起こしてしまうと、髪質は悪化していきます。頭皮に対して血流がいい状態であれば、しっかりと発毛に対して効果のある栄養分が行き届いていきます。しかしストレスなどを蓄積してしまうと、時には髪質が悪化して細くなったり毛量が少なくなってしまいます。ストレスや疲れを適宜発散したり休養を取って回復させていかないと、血流の悪化で剥げていきます。
また毛量が少なかったり、生まれつき毛が細いという人もいます。その時には正しいヘアケアの方法を把握しておかないと、髪の毛にダメージを与えてしまうことがあります。情報を仕入れながら、正しいヘアケアを常に行っていきましょう。

剥げやすい人の特徴5・飲酒や喫煙の習慣がある

日頃の習慣で飲み歩いたりタバコを多く吸っている人は危険で、飲酒や喫煙が日常茶飯事という時には剥げやすいといわれています。お酒を飲むのが好きという人は、アルコール服用が続くことで抜け毛がひどくなってしまうことがあります。体内へ摂取したアルコールをみていくと、胃や小腸で一旦吸収されていきます。そこから肝臓に運ばれますが、脱水素酵素で分解していきます。しかし過剰に飲むと分解がアルコールに対して追い付かなくなってアミノ酸を失い、脱毛につながってしまいます。
タバコも危険でニコチンが髪の毛に悪影響を与えてしまいますが、吸うことで血管が収縮してしまいます。血流も悪化してしまうので、栄養分が行き届かないことも増えます。毛細血管もダメージを受けるので、体内に必要な酸素を届けられなくなってしまいます。これが頭皮にも影響し、抜け毛が増えてしまいます。

剥げやすい人の特徴6・ヘルメットなどを被る仕事についている

ある程度日常生活で頭皮は空気に触れることが重要で、汗などで皮脂が毛穴に詰まってしまうと剥げやすい状態になってしまいます。特に工事現場などでヘルメットなどを被って、頭皮が完全に空気に触れない状況が長時間続くと剥げやすいと考えられています。雑菌が頭皮に入り込んでしまうこともあるので、髪の毛に悪影響を与えることも少なくありません。
そしてヘルメットを長時間被って力仕事などを行っていると、時には締め付けがきつくなることもあります。これが頭皮に対して血行不良になってしまうことがあり、髪の毛が抜けてしまうこともあります。血液というのは栄養分を運ぶために必要で、頭皮にも酸素や栄養そして白血球などを届けています。頭皮に悪影響を与えないように、適度に休憩しヘルメットも脱ぎヘアケアも行いながら対応していきましょう。

剥げやすい人の特徴7・睡眠不足など不規則な生活

生活リズムは髪の毛に重要で、睡眠不足や運動など不規則な生活リズムになってしまうと毛穴に悪影響を与えてしまうことがあります。これが抜け毛につながっていき、剥げやすい状態になってしまうことがあります。特に睡眠不足が危険で、頭皮に対して必要な栄養を行き届かせて発毛促進する時間を失ってしまいます。主に深夜帯の睡眠時間中に髪の毛は育っていきますが、不規則な生活が続いていると発毛に使う時間を体内で把握できなくなってしまいます。加えて睡眠不足などで疲労を蓄積してしまうと、頭皮に血流がしっかりと届かなくなってしまうことがあります。こうなると髪の毛や頭皮は栄養分を失っていき、抜け毛が増えてしまいます。これが剥げていく原因となってしまい、早めの改善を必要としてしまうことでしょう。

若ハゲの予防や対策・改善方法について

若ハゲの対策1・正しいシャンプー

抜け毛予防のためには、シャンプーの時に頭皮までしっかり洗うことが大切かと思います。ただ、肌に合わないシャンプーを選んでしまうと、頭皮が荒れて、かえって抜け毛の原因になってしまうこともあります。正しいシャンプーのためには、まずは自分に合ったシャンプーを選ぶこと。また、洗顔のときと同じで、シャンプーの際は頭に乗せる前に、よく泡立てておくこと。そのことで、頭皮の汚れがよく落ちやすくなります。後、シャンプー後は自然乾燥ではなく、すぐにドライヤーで乾燥させることが、抜け毛防止のためには大切です。今は、スカルプDをはじめ、抜け毛用のシャンプーも市販されていますので、必要に応じて適宜、そのようなものを使ってもいいでしょう。

若ハゲの対策2・ストレスの緩和

ストレスが、抜け毛に影響することがあります。その代表例が、円形脱毛症です。女性にも、起こることがあります。メカニズムとしては、ストレスがかかることで頭皮への血流が悪くなり、結果として抜け毛につながっていくものと思われます。また、ストレスが原因で食欲がなくなったりするのも、影響するかなと思います。そのため、ストレスの緩和も、抜け毛予防には必要かも思います。具体的には、今はコロナで難しいですが、カラオケに行って思いっきり歌うことや、長距離ドライブをすることかいいかなと思います。また、山登りやお花見もいいかもですね。なお、メンタルヘルスの疾患が原因で、抜け毛に繋がっている場合は、まずは精神科のドクターに相談し、適切なアドバイスをしていただくことをおすすめします。

若ハゲの対策3・バランスの良い食事

若ハゲ防止のためには、バランスのいい食事が大事だと思います。栄養素については後述する通りですが、髪の毛が作られるにはたんぱく質やビタミンの類い、亜鉛といった栄養素が必要になってきます。これらの栄養素は、一つでも欠けてはいけないと思います。バランスのよい食事を取るには、私としては定食がいいかな、と思います。外食に例えると、一番いいのは、やよい軒だったり、大戸屋ごはん処の定食が一番おすすめです。また、浜勝もいいと思います。これらの外食チェーンでは、定食の場合、白米か雑穀米を選ぶことができ、私は迷わず雑穀米を選びます。そのせいか、以前と比べたら、髪の艶がでてきたのに加え、髪質がよくなってきた感じがしました。

髪に良い栄養素1・タンパク質

たんぱく質は、我々人間の毛髪や爪、皮膚を作り出すために欠かせない栄養素です。特に、髪の毛の8割は、「ケラチン」というたんぱく質にて構成されています。たんぱく質が不足してしまうと、心臓など生命維持に必要な臓器に優先的にたんぱく質が回ってしまい、髪や皮膚に行き渡らなくなってしまいます。すると、髪や皮膚へのたんぱく質が足りなくなり、ニキビや肌荒れはもちろんのこと、枝毛や切れ毛の原因になり、髪質がもろくなってしまうのみならず、薄毛の原因にもなってしまいます。枝毛はもちろん、薄毛を予防するためには、普段からたんぱく質をとることがすごく大切です。たんぱく質が含まれている食品は、卵や納豆、肉類、豆腐です。また、プロテインといったサプリメントからも、たんぱく質はとることが可能です。

髪に良い栄養素2・ビタミン類

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEが、髪の毛を活性化し、抜け毛を予防するためにはいいとされています。まず、ビタミンAは、汗腺を活発にしてくれる働きがあります。ビタミンAが不足してしまうと、汗腺の働きが弱くなり、抜け毛の原因になってしまいます。主に、にんじんなどの緑黄色野菜に含まれています。次に、ビタミンB2は、皮膚を強くしてくれる働きがあります。ビタミンB2が不足してしまうと、フケが増えたり、頭皮の肌荒れの原因になったりします。次に、ビタミンB6は、髪の毛の元となるたんぱく質・ケラチンを作るのを助けてくれる働きがあります。ビタミン類は、毎日の食事での摂取が大切ですが、なかなか取れない方は、野菜ジュースに頼る、ビタミン剤もしくはマルチビタミンのサプリメントを服用するのもよいでしょう。

髪に良い栄養素3・亜鉛

亜鉛は、髪の毛を生成する物質であるケラチンを生成するためには必要なものです。また、抜け毛の原因となる物質「5aリアクターゼ」を、抑えてくれる働きがあります。ただ、過剰に摂取してしまうと、吐き気や下痢などの原因になってしまうため、あまり多く食べ過ぎるのはおすすめいたしません。目安としては、成人男性の場合11g、女性の場合8gです。亜鉛が多く含まれる食べ物は、牡蠣です。体質により牡蠣が食べられないという方は、豚肉やナッツ、卵からとるのもいいでしょう。実は、私も過去に牡蠣で当たってしまったことがあったため、それ以来牡蠣がたべられません。また、サプリメントからも摂取が可能なため、サプリメントからとるのもおすすめします。

若ハゲの対策4・質の良い睡眠

若ハゲ防止のためには、睡眠の質をよくすることが大切です。睡眠時に、我々人間の体からは、様々なホルモンが分泌されます。代表的なホルモンは、健やかな毛髪を育てるための成長ホルモンと、メラトニンです。良質な睡眠をとるためには、寝る前にスマホをいじらないこと、日中によく体を動かすこと、入浴は就寝の3時間前までには済ませることが大切です。また、睡眠をよくするためのメラトニンは、キウイフルーツや豆腐、納豆、牛乳、お肉やお魚に含まれています。後、私個人の経験からですが、白米から雑穀米に変更して以降、ぐっすり眠りやすくなった感じです。もちろん、サプリメントでも、補うことが可能です。たかが睡眠、なんて侮ることはできませんね。

若ハゲの対策5・育毛剤、発毛剤でケア

育毛剤は、医薬部外品であり、薬事法に定められた分類では、医薬品と化粧品の中間に当たり、副作用が比較的緩やかなものです。発毛剤との違いは、髪を生やすと厚生労働省から認可されている「ミノキシジル」という成分が入っているかいないかです。発毛剤の方には入っていて、育毛剤の方には入っていません。つまり、育毛剤とは、頭皮の血行を促進したり、毛穴の汚れを落としたりして、健康な髪の毛が育ちやすいように頭皮の環境を整え、毛髪を健やかに育てる手助けをするためのものです。発毛剤と共に見られる副作用は、頭皮かぶれです。育毛剤には、塗布するタイプの他、内服するタイプのものもあり、ご自分の好みや体質によって、使い分けるといいでしょう。

育毛剤の特徴・薄毛予防なら育毛剤がおすすめ

前の項では、育毛剤と発毛剤のそれぞれの特徴や違いについて述べました。育毛剤は、健やかな毛髪を育てるための手助けをしてくれるものなので、薄毛を予防するためには、育毛剤を使うことをおすすめします。育毛剤は医薬部外品のため、副作用が比較的緩やかな感じのため、まだ禿げていない、薄毛になっていない段階では、育毛剤の方がいいと思います。発毛剤は医薬品であり、育毛剤と比べて副作用のリスクが高くなります。また、発毛剤の場合、心臓疾患など基礎疾患をお持ちの方は、重大な副作用の防止のため、使用の前にお医者さんに相談する必要があります。育毛剤は、薬剤師さんがいないドラッグストアでも気軽に購入することができます。代表的な育毛剤は、花王から発売されている「サクセス」シリーズがあります。

関連ページ:【チャップアップの口コミ】育毛剤の効果と最悪の使い方

関連ページ:【イクオスの口コミ】育毛剤の効果とデメリット

発毛剤の特徴・ハゲには発毛剤がおすすめ

代表的なものは、大正製薬から発売されている「リアップ」と、アンファーから発売されている「スカルプD メディカルミノキ5」です。こちらは、後述する「ミノキシジル」という外用薬の一種であり、第一類医薬品に該当します。第一類医薬品というのは、薬事法にて、効果が強いと厚生労働省から認可が降りている一方、副作用の危険性も高い医薬品とされているため、薬剤師さんがいるドラッグストア、また薬剤師さんがいる時間帯でないと販売することができません。違反すると処罰されます。育毛剤よりも効果が高く、発毛剤に含まれているミノキシジルという成分が、毛乳頭に直接働きかけることで発毛を促進するというしくみです。価格は、7000円くらいです。主な副作用は、発疹やふけ、かゆみなどで、内臓に関わる副作用は頭痛、めまい、循環器系の病気などです。また、他の育毛剤との併用は禁忌です。

関連ページ:【リアップの口コミ】育毛剤の効果はいつから?

若ハゲ・薄毛の治療方法/AGA治療について

AGAの治療方法1・内服薬/治療内容や費用について

学生時代の恩師に、もしかしたら、AGAかもと思われる人がいました。30代にして、禿げていて、さぞ辛かったろうと思います。また、お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司さんは、ハゲをネタにしたコントをされていますが、斎藤さんも恐らくAGAだと思われます。恩師も、トレンディエンジェルの斎藤さんも、お薬を使っていれば違っていたかもしれません。後、昔、爆笑問題のお二人が「だんだんだだん、抜けていく。だんだんだだん、減っていく。30代の抜け毛に薄毛、お医者さんに相談だ。」と、AGAの治療をしきりにコマーシャルしていたのがすごく懐かしいです。AGAは、治療のためのお薬があります。まず、内服薬は、現時点で厚生労働省から認可されているものは、プロペシアとザガーロの2種類、ジェネリック品はフィナステリド錠です。いずれも、AGAの原因物質である5aリアクターゼの働きをブロックし、薄毛を改善するという仕組みです。いずれも、医療用医薬品であり、医師の処方せんが必要なお薬のため、一般のドラッグストアでは購入できません。AGAが命に関わる病気ではないとみなされていることから、保険適用外で1錠あたり290円台のようです。現段階では、円形脱毛症が保険適用ですが、将来的にAGAも保険適用になれば、もっと多くの方々がハゲという悩みから開放され、幸せになれるのではないかと思います。

AGAの治療方法2・外用薬/治療内容や費用について

外用薬は、代表的なものはミノキシジルです。市販品もあり、市販品の代表例は、香取慎吾さん、草なぎ剛さんがコマーシャルしている、アンファーの「スカルプD メディカルミノキ5」も、ミノキシジルの一種です。また、発毛剤の「リアップ」も、これに該当します。ミノキシジルは、病院のみならず、普通のドラッグストアにもよく売ってあります。価格は、5000円~7000円が相場です。ただ、こちらのお薬は、第一類医薬品といい、市販品のものは、副作用の可能性が高いお薬のため、薬剤師さんがいるところ、また薬剤師さんがいる時間帯しか販売できません。また、病院に行かなくとも、手に入るのがいいですが、副作用のリスクもあるため、基本的には病院にて処方してもらうことをおすすめします。AGAの治療は、内服と外用薬を組み合わせて治療するため、治療費は自由診療で10000円~30000円になるようです。

AGAの治療方法3・メソセラピー/治療内容や費用について

メソセラピーとは、医療ダイエット分野のものと、AGA治療におけるものの大きく二種類に分けられます。前者は、「脂肪溶解注射」といい、痩せたい部分に特殊な薬剤を注射し、ダイエット効果を促進するものです。後者の方のメソセラピーは、育毛に有効な成分を頭皮に注射して、発毛を促進するという美容皮膚科分野の治療になります。注射薬の成分は、主に発毛剤に使われているミノキシジルをはじめ、男性ホルモンを抑制する働きがある銅ペプチドなどをブレンドしたものです。こちらも、注射器を使用するため、医師でないと行うことができません。メソセラピーも、自由診療になります。費用は、一回につき大体15000円~80000円前後が相場です。

AGAの治療方法4・植毛/治療内容や費用について

植毛は、毛の残っていない皮膚に穴を開けて、人工毛を埋め込む方法です。これは、美容皮膚科にて行われています。医行為のため、医師しか行うことができません。ちなみに、テレビコマーシャルでお馴染みの、アートネイチャーやアデランスといった類いは、植毛出はなく増毛にあたります。増毛とは、自分の髪に人工の毛髪を結びつけたりして髪のボリュームをアップさせることです。どうやら、一年に一回の定期的なメンテナンスが必要になるようです。植毛は大きく、人工の毛髪を埋め込む人工毛植毛と、自分の髪を埋め込む自毛植毛の二つに分けられます。人工毛は、体にとっては異物となるため、拒絶反応が起こるというデメリットがあります。自毛植毛の場合は、拒絶反応が起こりにくいです。肝心な費用は、植毛術は自由診療となるため、保険適用外で20万~70万が相場のようです。

若ハゲの原因と予防対策のまとめ

今回、AGAの治療を色々調べてみましたが、AGAの治療のほとんどが自由診療ということもあり、高額で大変驚きました。AGAは、注射によってお薬を頭皮に注入するメゾセラピー、ミノキシジルの入った市販薬を購入する方法、また、植毛と治療がたくさんありますが、AGAの治療は、人それぞれだと思います。それぞれの治療のメリットやデメリットを勘案した上で、自分にあった治療を選択してみてはいかがでしょうか。また、根本的なものは、食事を見直すことだと思います。たんぱく質が髪の毛の8割を構成することから、たんぱく質を普段から意識して取ることが、薄毛予防にも大切です。また、亜鉛も薄毛予防に効果的であり、牡蠣が苦手な方は、サプリメントからとってもいいと思います。少しでも、お役に立てれば幸いです。