【全身美白】全身美白の方法は?美白ボディクリームランキング

全身美白の方法/体の美白はどうすればいい?

全身美白の方法1・美白に効果的なサプリメント

私のおすすめのサプリは、POLAから販売されている美容サプリの「ホワイトショットインナーロック タブレット IXS N」です。エイジングケアのため、6年前から、POLAのエステに毎月通っていますが、ビューティーディレクターさんに勧められて、購入し、毎日服用に至っています。毎日服用してみての感想ですが、まず、背中のニキビ跡がおどろくほどなくなり、目立たなくなったことです。エステの最後に、背中をエステティシャンの方が拭いてくださいますが、「インナーロックを飲むようになってから、きれいになりましたね。」と、お褒めの言葉をいただいたほどです。私も、実際に背中を鏡に映して見てみたところ、悩みの種だったニキビ跡がきれいになっていました。結婚式の前に、ブライダルエステなど利用される方も多いと思いますが、ブライダルエステにいかなくても良いほどになりました。おすすめです。

全身美白の方法2・美白に効果的なドリンク

おすすめのドリンクは、POLAから発売されている「ホワイトショット インナーロック リキッド IXS」です。こちらも、実際にPOLAのビューティーディレクターさんから勧められてお店で試飲して、すごく飲みやすい感じであったため、購入に至りました。飲んだ後の感想ですが、甘くてすごく飲みやすく、続けやすいという感じです。また、飲み続けることで美白の効果も目に見えてきており、思春期の頃に顔のニキビがものすごく多くてニキビ跡の多かった私ですが、ニキビ跡が驚くほど目立たなくなりました。また、背中のニキビ跡もなくなってきました。飲みやすいということが特徴であり、毎日朝ごはんの後にインナーロックのタブレットと併せて服用するほどです。タブレットと併せて服用した方が、より効果が出やすいという印象です。これなら、手軽に続けられそうです。

全身美白の方法3・ボディローション

ボディローションは、油分を含んでおらず、夏場の時期や、吹き出物ができやすい時に使うことをおすすめいたします。私は、美白のためのボディローションは使用したことがありませんが、無印良品のボディローションは、大変好評なようです。添加物フリーで、メラニンの発生を抑えるというのが特徴で、口コミもすごくいいようです。ただ、私が美白以外のローションを使った経験から、さらっとした感じのボディローションは、やや保湿力が乏しいという印象です。冬場に使うと、すぐガサガサになってしまいました。そのため、冬場といった乾燥が激しくなりやすい時期は、ローションよりも油分を多く含むミルク、クリームを使った方がいいのかなという印象です。

全身美白の方法4・ボディミルク

私がよく使っているのは、「ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニング」です。なぜ使用しているかというと、コストパフォーマンスが大変よく、経済的であるということと、クリームの延びかとてもいいのに加え、香りが大変よく、すごく気に入っているからです。もう三年も使っています。3年間使い続けてみての感想ですが、ひざのところの角質が黒ずんでいて、目立つほどでしたが、以前と比べたら目立ちにくくなってきたような感じがします。また、ひざの角質が以前と比べたら滑らかになり、粉が吹いたような皮膚も治ってきました。皮膚の色のトーンも、明るくなってきた感じがして、ニベアのボディクリームを使い続けてきてよかったと思っています。すごくおすすめです。ただ、体のにきびなど吹き出物ができやすいときは、ローションを使うことをおすすめします。

全身美白の方法5・ボディクリーム

ボディクリームとは、ローションやミルクと比較して、油分を一番多く含むものです。冬場といった乾燥が激しい時期に、使うのがおすすめです。私は、美白用のボディクリームを使用したことはありませんが、ボディクリームに近い、「ニベア プレミアムボディミルク ホワイトニング」を愛用しています。ただ、吹き出物ができやすい体質の方は、クリームやミルクよりも、ローションを使うことをおすすめいたします。私は、よく背中に吹き出物ができていて、鏡で自分の背中を見たときに吹き出物の多さに悩まされていました。そのため、吹き出物ができやすい人や、吹き出物のできやすい箇所にはローションをおすすめいたします。また、背中には塗りにくいといった欠点もあり、背中に塗るためには、「軟膏塗りちゃん」という道具を使えば、塗りやすいです。こちらの商品は、元々背中に軟膏が塗れないお年寄りのために開発された商品で、主に病院の売店にて販売されている商品ですが、これをボディクリームを塗るのにも応用できます。例えば、孫の手に似た商品の手の部分にボディクリームをつけ、孫の手で背中を掻くような感じで塗ることをおすすめいたします。

全身美白の方法6・美白効果のある日焼け止め

こちらもまた、POLAのホワイトショットシリーズになりますが、POLAから発売されている、「ホワイトショット スキンプロテクターDX」です。こちらもまた、担当のビューティーディレクターさんに勧められて、購入に至りました。私は毎日のように車を運転するので、日焼けしやすい状況ですが、ホワイトショットの日焼け止めを使うようになってから、紫外線の強い時期でも、メラニンの発生が抑制され、日焼けしにくくなり、シミも目立ちにくくなってきた感じです。ホワイトショットの日焼け止めを使うようになってから、ビューティーディレクターさんに「以前と比べて白くなりましたね。素敵です。」と、お褒めの言葉をいただき、ますます美白を頑張ろうと思うようになった次第です。

全身美白効果を高めるコツ/美白ボディケアの選び方

全身美白効果を高めるコツ1・バランスの良い食事

私は、やはり、栄養のバランスが取れた食事が、美白のためには重要なのではないかと考えています。というのは、エステに通うようになって、担当のエステティシャンの人から、「エステを受けたり、基礎化粧品を使ったりするだけでなく、バランスのよい食事をして、内側から美しくなることが大切だ」ということをお聞きしてきました。というのは、炭水化物の多い食事ばかりしていると、健康によくないのみならず、老化を進めてしまう物質がたまって、それがシミの原因になってしまうそうです。これを、「糖化」といいます。炭水化物を減らす、おやつをほどほどにするということを心がけていけば、糖化を防ぐことができ、より美しい肌になっていくのではないかと思います。

ビタミンAの美白効果

ビタミンAは、主にニンジンやほうれん草、カボチャといった緑黄色野菜の他、うなぎな卵黄、モロヘイヤに含まれていて、目の働きをよくすることはもちろん、美容にもいいとされています。紫外線を浴びると、メラノサイトというシミの卵を刺激して、メラニンがたくさん作られるようになります。また、ガンの原因でもある活性酸素によっても、メラニンが産出されます。ビタミンAは、活性酸素を抑えてくれる役割があり、活性酸素が抑制されることで、ガン予防になるだけでなく、シミの原因になるメラニンまで抑制されることにつながります。なかなか、緑黄色野菜を食べることが少ない状況ですが、なかなか食べられないという方は、野菜ジュースにてカロチンやビタミンAを補うことができます。野菜ジュースにより、手軽に摂取してもいいのではないでしょうか。

ビタミンCの美白効果

ビタミンCは、主に柑橘類に含まれていて、抗酸化作用があったり、メラニンの生成を押さえてくれたりと、シミに対して効果があるとされています。サプリからもとることができます。私の経験からですが、お伝えさせていただきます。7年前の冬に、従来使っていたナイロンタオルが私の皮膚に合わなかったせいか、身体中に湿疹がたくさんできてしまい、その後しばらくの間、色素沈着が残ってしまいました。早く治るにはどうすればいいか…と、一人で悩んでいて、ナイロンタオルを辞める、保湿力のあるボディソープを使うなど、色々考えたところ、ビタミンCにより色素沈着が治るということをメディアで知り、みかんなどの柑橘類を大目にとる、ビタミンCのサプリを服用するなど色々な対策を取りました。すると、湿疹の跡はきれいに治まり、やはり効果があることを実感しました。自分の経験から、ビタミンCは美白効果があることを改めて感じました。

ビタミンEの美白効果

ビタミンEは、脂溶性ビタミンのひとつであり、抗酸化作用が強く、老化を防いでくれる効果があります。また、血行をよくし、脳卒中や心筋梗塞といった生活習慣病メラニンを体から追い出してくれる役割があります。ビタミンEが不足してしまうと、血行が悪くなり、肩こりや貧血になりやすくなるだけでなく、抗酸化作用が低くなり、老化やシミ・シワの原因になってしまいます。主に含まれる食品は、カボチャやニンジンといった緑黄色野菜の他、果物ですとキウイフルーツやすもも、もも、バナナです。バナナはコンビニでよく販売されているため、何かのついでに、ちょっとしたおやつに食べることがおすすめです。私も、毎日のようにバナナを食べています。

全身美白効果を高めるコツ2・質の良い睡眠

美白のためには、良質な睡眠を取ることが必要だと思います。睡眠を取ることによって、成長ホルモンと睡眠ホルモンの二種類が分泌されます。特に、メラトニンという睡眠ホルモンがたくさん分泌されると、シミやシワの原因となる活性酸素を除去してくれる役割ががあります。質の高い睡眠のためには、日中よく運動することと、メラトニンのもととなるトリプトファンを多く含む食品をとること、寝る前にカフェインを含むコーヒーなどを摂らないこと、また寝る前のスマートフォンを避けることだと思います。寝る前のスマートフォンから出るブルーライトが肌にダメージを与えるだけでなく、寝付きも悪くなってしまいます。ちなみに、メラトニンのもとになるトリプトファンを多く含む食品は、納豆や豆腐をはじめとする大豆食品、たまご、牛乳です。私も納豆は好きで、毎日食べています。

全身美白ボディケアの選び方1・インナーケアも同時に行う

私も、エステティシャンの人から、「基礎化粧品やボディクリームだけでなく、内側からのケアも行っていくことが大切」と、アドバイスを伺ってきました。具体的に申し上げますと、食事を見直すことと、美白のためのサプリメントを摂取することです。私もエステティシャンの方から言われた通りに、外側からのケアと、サプリメントや食事をはじめとする内側からのケアを同時に行ってきました。納豆やたまごは、毎日食べています。すると、デコルテのところのニキビ跡や背中ニキビの跡が驚くほど薄くなってきて、エステティシャンの方から「わぁ、すごくきれいになりましたね」と、お褒めの言葉をいただいたほどです。そのため、内側からのケアを並行して行っていくことは、すごく重要なのだと実感しました。

サプリメントやドリンクなどのインナーケアを継続して行う

「ホワイトショットのインナーロックを、続けて摂っていくことが大切。」と、エステティシャンの方が、モニター写真を見せてアドバイスをしてくださいました。また、食生活の見直しの大切さも、エステティシャンの方が教えてくださり、私も、もう長くホワイトショットのインナーロックタブレットや、ドリンクを愛用しています。その結果、私も、思春期の頃から悩みの種であった顔ニキビの跡が、驚くほど消えたのに加え、背中ニキビやデコルテのニキビ跡も、びっくりするほど消えていました。背中を鏡に映してみて、私もすごく驚きました。サプリメントに限らず、カフェインの入っているものを少なめに摂るようにする、食物繊維やたんぱく質の多い納豆やたまごを毎日食べることにより、睡眠の質も変わり、吹き出物もできにくくなった感じです。

全身美白ボディケアの選び方2・美白有効成分配合のものを選ぶ

全身美白のためには、美白有効成分が入っているものがいいのかなと思います。美白有効成分が入っているボディクリームなどの一例としては、私がよく愛用している「ニベア プレミアム ボディミルク」です。シミやソバカスのもととなるメラニンの発生を抑えてくれる美白有効成分・安定性ビタミンCが配合されている他、伸びがたいへんよく、安らぐ香りでとても使いやすいです。私もいくつか試してきましたが、「これがいい!」と決めてからは、全身美白の面では、毎回こちらのボディミルクを購入しています。保湿力も比較的高い感じで、すごくおすすめです。ちなみに、Red B.A.ボディクリームの美白有効成分についてはわかりませんが、保湿力がいいことで、色素沈着が起きにくくなるというのが印象です。

医薬部外品とは?

医薬部外品とは、薬事法で定められている分類のひとつです。医薬品と化粧品の中間に値するような感じで、薬局以外、薬剤師さんや登録販売者でも販売できるものであり、人体への作用が比較的緩やかなものを差します。医薬部外品の具体例を申し上げますと、入浴剤や殺虫剤、マウスウォッシュや練り歯磨き、一部の基礎化粧品がこれに当たります。基礎化粧品の中で医薬部外品に分類できるものと言えば、POLAさんから発売されている、シワ改善美容液「リンクルショット」シリーズがこれに当たります。なお、美白効果のある医薬部外品の代表例と言えば、POLAから発売されている「ホワイトショット」シリーズ、資生堂から発売されている「エリクシール ホワイト」、KOSEから発売されている「雪肌精ホワイト」が該当します。

美白有効成分とは?

美白有効成分とは、厚生労働省によって、メラニンの発生を抑え、シミやソバカスを防ぐと認められた成分のことを主にいいます。美白有効成分は、メラニンの発生を抑えるもの、すでにできたシミを薄くするもの、メラニンを体から追い出してくれるものに分類されます。美白有効成分の具体例は、シミを薄くしてくれる働きがあるビタミンC誘導体、ハイドロキノンです。これらは、美容皮膚科でも利用されています。基礎化粧品によって違ってきますが、POLAから発売されているホワイトショットを例に挙げてみると、他社メーカーさんと比較して、より優れた美白有効成分が入っているとのことです。POLAは、科学的根拠に基づいた画期的な成分が入っているそうです。

全身美白ボディケアの選び方3・高保湿のものを選ぶ

私の経験からでもありますが、保湿力の高いものを選んだ方がいいことはいうまでもありません。ローションよりもミルク、ミルクよりもクリームの方が、水分よりも油分が多く、保湿力も高いです。特に、冬場といった乾燥しやすい時期は、ローションよりもクリームを使うことをおすすめいたします。私がおすすめなのは、ニベアのボディミルクの他、POLAから発売されている「Red B.A.」のボディクリームです。いずれも、伸びがよく、保湿力がすごくいいのにです。また、Red B.A.のボディクリームの香りは、心か安らぐようなフレッシュフローラル香りです。私も、使っていて感触がいいのを実感しているのに加え、とてもリラックスします。

保湿成分・ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸とは、主に、我々人間の皮膚に元々備わっている成分で、保水力の高い成分であり、特徴としては粘り気が強く、高い弾力性があるゼリー状のものです。飲むヒアルロン酸「皇潤」のCMでもヒアルロン酸の映像が流れ、あの映像が今でも焼き付いています。関節の中に入っている液体や、角膜の成分である他、ドライアイの治療のための目薬や、変形性股関節症を治療するための「ヒアルロン注射」としても使用されます。また、美容外科でも多く利用されており、代表される「ヒアルロン注射」は、シワを改善する働きがあります。や主に、鶏の軟骨やうなぎなど、動物性の食べ物に多く含まれています。また、サプリメントからも摂取することが可能です。

保湿成分・セラミドについて

セラミドとは、元々肌に備わっている水分を逃がさず肌を外の刺激から守ってくれる働きがある成分です。肌に影響する外的刺激として、紫外線やPM2.5、黄砂といったものが挙げられます。セラミドが一番多く含まれている食べ物はこんにゃくであり、その他お米、わかめに含まれています。お肌が乾燥し、セラミドの量が少なくなってしまうと、お肌のバリア機能が低下して、お肌が敏感になって、紫外線が侵入しやすくなり、メラニンを刺激してシミやシワはもちろん、湿疹の原因にもなってしまいます。そのため、セラミドを減らさないようにすることは、とても大切だと考えます。日々の保湿はもちろん、セラミドを含む食べ物を多く食べるようにして、体の内側からもセラミドを増やしていくことは、すごく大事なのでないかと感じました。後、セラミドは一部のヘアトリートメントにも含まれています。

保湿成分・コラーゲンについて

コラーゲンとは、我々人間に含まれるたんぱく質の一種であり、繊維状のものです。ゼリーによく用いられるゼラチンの原料でもあります。元々人間の体にあるものですに、年齢を重ねていくごとに減少してしまいます。また、血液中の糖分がコラーゲンと結び付くことを「糖化」といい、コラーゲンが糖化する事によって、お肌が黄色くくすみ、老化が進んでしまうとも言われています。私も、時おりスキンチェックをPOLAのエステにて受けていますが、過去にコラーゲン繊維の細さや糖化を指摘されてしまいました。コラーゲンの糖化を防ぐために、エステティシャンの方から、炭水化物やおやつを減らすことと、おやつの時間を3時にすること、この二つのアドバイスを受けました。また、コラーゲンは食事からも補うことができます。主に、コラーゲンが含まれている食べ物としては、フカヒレ、鶏の手羽先です。また、サプリメントやドリンクからも補うことができます

保湿成分・植物オイル(ホホバオイル、ココナッツオイルなど)について

まず、ホホバオイルとは、メキシコ産の「ホホバ」という、ナデシコ科の木の種から取ったオイルのことをさします。色は、無色透明と黄色の二種類あります。ビタミンEが豊富に含まれていることから、シャンプーをはじめとするヘアケア製品に使われる他、美白にも効果があり、口コミで人気なのが無印良品のホホバオイルのようで、私もいつか買ってみたいです。また、メイク落としにも使用されています。次に、ココナッツオイルとは、ココナッツというヤシの実からとれるオイルのことであり、色は白色です。ホホバオイルとと同様、ビタミンEが含まれており、シミを防いでくれる効果義あります。また、昔、ダイエットに効果があると言われてサプリメントまで発売され、私も買ったことがあります。

全身美白ボディケアの選び方4・続けやすいテクスチャー、香りのものを選ぶ

テクスチャーも、さらっとしたローションタイプやミルクタイプ、クリームと様々です。私にとって、続けやすいテクスチャーは、さらっとした感じのものよりも、ミルク状のものの方かなという考えです。よく購入するのはニベアのしっとりタイプのボディミルクであり、香りがついており、香りもすごく気に入っているため、もう3年も使っています。しかも、コンビニにも売ってあります。ただ、選び方については、人それぞれ好みがあり、一概に「これがいい」とは断定しがたいです。また、自分の肌質に合ったものを選ぶことが一番だと考えています。たとえば、無香料のものを使いたいのであれば、無香料のものをおすすめします。また、さらっとした感じのものがお好みであれば、ローションを選んでいただいて構いません。後、皮膚が乾燥しやすいタイプの方は、さらっとしたものよりも、しっとりしたタイプを選ぶことをおすすめします。

【美白ボディクリーム】全身美白におすすめのボディクリームランキング

薬用ボディ・ピンク/ドクターシーラボ

下着の締め付けや摩擦などによってくすんでしまったバストトップやビキニラインの美白にした注目したクリームです。
注目したい美白成分は次の2つです。
まず普通のビタミンCより浸透性が高く抗酸化作用も高い持続型ビタミンC誘導体です。
肌の内側がらしっかりとケアしてくすみの原因になるメラニン色素の生成を抑えます。
次は肌の炎症を抑えてくれる化粧品や医薬品にも使わてているグリチルリチン酸2Kです。
下着などの外部からの刺激を受けた肌の炎症を防ぎ肌が荒れるのを防ぎます。
さらにシーグラスエキスやハクガイシ加水分解エキス、加水分解コメヌカエキスなどが透明感ある肌に導き、加水分解ヒアルロン酸や水溶性コラーゲン液などががハリと潤いを肌にあたえます。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

薬用ホワイトコンク ウォータリークリームⅡ/マナーコスメチックス

美白しながら保湿も出来るボディクリームです。
水溶性のプラセンタが日焼けやシミの原因となるメラニンの生成を抑えます。
さらに2種類のコラーゲンとヒアルロン酸が肌を潤し紫外線のダメージに負けないみずみずしいハリがある肌に導きます。
それだけではなくビタミンC誘導体などのスキンケアにも使われている美容成分が全体の93%も配合されています。
このボディクリームは美白に優れた成分だけでなく使い心地が良いのも特徴です。
クリームを肌にのせると、まるで水のように変化し伸びもよくベタつきません。
だから季節に関係なく脚や腕、デコルテや背中など気になる場所に快適に使うことが出来ます。
さらにスリムでバックに入れても邪魔になりません。
ベタつかずしっかりと保湿出来るためハンドクリームにもおすすめです。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

ピューレパール/ウィズコスメ

ピュレパールはワキ美白専門のクリームです。
ワキは身体の中でもデリケートな部位です。
しかしムダ毛処理や服の摩擦、汗で蒸れるなど沢山のダメージを受けやすい場所でもあります。
実はそのダメージがワキのくすみの原因なのです。
そのためワキは美白する前に肌を整えてあげるのが大切なのです。
それを叶えてくれるのがピュレパールなのです。
ピュレパールはワキの美白に大切な「整肌」「美白」「保湿」を一度にケアすることが出来ます。
まず漢方にも使わえる甘草由来の成分グリチルリチン酸ジカリウムで肌を整えます。
次に医薬部外品として美容効果が認められた水溶性プラセンタで黒ずみやくすみの原因となるメラニンの生成を抑えます。
最後にトリプルセラミドやトリプルコラーゲン、トリプルヒアルロン酸で肌をしっかりと潤し、トラブルが起きにくい肌に導きます。
デリケートな部位に使うものだから肌への優しさにも妥協はありません。

合成香料や着色料、石油系界面活性剤や紫外線吸収剤は使用していません。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

【美白ボディミルク】全身美白におすすめのボディミルクランキング

ボディミルク ホワイトフローラル /モイスト・ダイアン

ホワイトフローラルが香るベタつきにくいボディミルクです。
日本初の美白注目成分ホワイタミを日本初配合されています。
ブライトニングケアにより肌をトーンアップを促し透明感ある肌を目指すことが出来ます。
さらに肌の炎症を抑えるグリチルリチン酸2K、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑えるプラセンタエキスが配合されています。
もちろん、水溶性コラーゲン液やホホバオイル、シアバターやヒアルロン酸などの保湿成分もたっぷり配合されています。
乾燥した肌をしっとりと潤わせることで紫外線などの外からの刺激に負けない肌にしてくれます。
またベタつかなく伸びのよいクリームのためマッサージクリームとしても使うことも出来ます。
うっとりするようなホワイトフローラルの華やかな香りがスキンケアの時間を癒やしの時間にしてくれます。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

ホワイトニングボディミルク/アルビオン

芸能人の愛用者も多いとてもみずみずしいまるで美容液のような美白ボディミルクです。
美白や透明感だけでなくマシュマロのように弾力がある肌を目指せます。
美白成分であるビタミンC誘導体がシミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を防ぎ、グリチルリチン2Kが肌の炎症を抑えます。
またメドウフォームオイルやアボガドオイルなど様々な植物性の保湿成分やセージやブドウ葉のエキスなど抗酸化作用が高いハープのエキスなど自然由来の成分もふんだんに配合されています。
このクリームの特徴は美容成分だけではありません。
ローズやジャスミン、ライラックなど花の香りが優しく香り心を癒やしてくれるだけでなく、女性ホルモンのエストロゲンを活性化してくます。
そのためコラーゲンの生成を促すエストロゲンが美しく艶やかな肌へとサポートしてくれます。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

ボディミルク美白&エイジングケア/ファンケル

エイジングケアも出来る美白ボディミルクです。
まず美白成分であるトラネキサム酸PTがシミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を防ぎ、高い炎症効果により肌の色素沈着を防ぎます。
さらに肌の潤いが長時間持続するモイストキープ&ヴェール処方を採用しています。
肌のバリア機能を高め外からの刺激に負けない肌に導きます。
そして黒ダイスエキスがハリと弾力を与え若々しい弾むような肌を目指すことが出来ます。
香りは誰でも使いやすい無香料です。
防腐剤や香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は一切使用していません。
敏感肌の方にも優しく使う人や場所を選びません。
また少量でも伸びがいいため毎日のケアに取り入れやすく、マッサージクリームとしても使用することも出来ます。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

【美白サプリメント】全身美白におすすめのサプリメント

ヘリオホワイト/ロート製薬

飲む日焼け止め成分であるフェーンブロックが配合されたサプリです。
普段の日焼け止めと一緒に使うことで塗る日焼け止めの塗り残しや塗れない場所などをカバーしてくれます。
フェーンブロックはシダ植物から抽出された成分のため食品から取ることは出来ずサプリでしか摂取出来ません。
日焼けによる炎症を防ぐなど紫外線によって受ける肌細胞へのダメージを抑えてくれます。
40年にわたって効果が研究されておりその効果は皮膚科学会にも認めれています。
フェーンブロック以外にも肌のターンオーバーをサポートするハトムギエキス、肌の再生を促すやビタミンB6・ビタミンB2が配合されています。
肌の細胞のダメージを軽減するため美白だけではなく、たるみやシワなどを予防するなどエイジングケアにもおすすめです。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

ピュアホワイト/資生堂

世界三大美女である楊貴妃が毎日食べたとされるスーパーフード枸杞の実とビタミンCに注目した美白サプリです。
枸杞の実を始めとして植物由来の美白と美肌成分がたっぷりと配合されています。
まず特徴成分でもある枸杞の実は別名ゴジベリーと呼ばれ、スーパーフードとしてモデルさんの間でも人気です。
高い抗酸化作用があり紫外線などによって増えすぎてしまった活性酸素を抑える働きがあります。
活性酸素はシミやシワの原因になってしまうため、それを抑えることで美白やアンチエンジング効果が期待できます。
ほかにも若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEが豊富なアブラ椰オイル、枸杞の実と同じく楊貴妃に愛されたライチ種子エキスなどが配合されています。
さらにメラニン色素の生成を防ぐビタミンCが500mgしっかりと配合され透明感ある美しい肌に導きます。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

ホワイトフォース/ファンケル

ファンケル独自のヒドロキシチロソールとL−シスチンが組み合わされている内側から透明感をサポートするサプリです。
ヒドロキシチロソールはオリーブの葉由来のポリフェノールの一種です。
肌を白く保つために必要なグルタチオンを増やす働きがあります。
L−シスチンはシミの原因となるメラニン色素をつくるチロシナーゼを抑える効果があります。
またターンオーバーを促進することで出来てしまったシミを早く外に除去しやすい環境を整えます。
さらに同じようにメラニン色素の生成を抑えるビタミンCもしっかりと配合されています。
肌を黒くする働きを抑えるのと肌を白く保つ働きを同時にケア出来るのがこのサプリの特徴です。
合成着色料や香料、保存料が入ってない無添加で安心して飲むことが出来ます。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

【美白ドリンク】全身美白におすすめのドリンク

ヒアルモイスト発酵液/日清食品

ヒアルロン酸を作らせる乳酸菌である「ヒアルモイスト乳酸菌」が世界唯一配合されている美容ドリンクです。
ヒアルモイスト乳酸菌は年齢とともに減少するヒアルロン酸を外から摂取するのではなく、肌自体のヒアルロン酸を生成する力を目覚めさせる働きがあります。
このドリンクにはそのヒアルモイスト乳酸菌がなんと40%も贅沢に配合されています。
だから潤いに満ちた光輝く肌を目指すことが出来るのです。
さらにコラーゲンが5,000mgも含まれています。
潤いだけでなく、コラーゲンがハリや弾力をサポートし肌をピンっと張ることでより光を反射させて艶やかな肌へと導きます。
また毎日飲むのが楽しみになる白ぶどう味でカロリーはたった27カロリーです。
続けやすいのも特徴です。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

ホワイトショットインナーロックリキッドIX/ポーラ

ポーラのオリジナル成分をたっぷりと配合した身体の中から肌の透明感をケアする美容ドリンクです。
ポーラのオリジナル成分を紹介します。
まずパフィアエキスです。
パフィアはブラジルでは万能薬のハーブとして古くから使われてきました。
肌がコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを自ら作り出す力を高める働きがあります。
次はベイベリーバークSです。
ヤマモモの樹皮とローズマリーからとれたエキスを独自にブレンドした成分です。
肌を黒くするメラニンを生成するメラノサイトの移動を活性化し、肌全体のメラニンの量が適正になるようにコントールします。
このメラニンの量が偏ることがシミやくすみの原因になります。
他にも紅花由来のサフラワーQやアーユルヴェーダでも重宝されているハーブのアムラから抽出したコンセントレートアムラなど、このドリンクでしか摂取できない肌の透明感にアプローチする成分が贅沢に配合されてます。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

ピュアコラーゲン10000/アスタリフト

富士フィルムが80年以上の研究し独自のてテクノロジーより誕生したハイクオリティコラーゲンが配合された美容ドリンクです。
ハイクオリティコラーゲンはだだのコラーゲンではありません。
品質にも大変こだわりがあり、一番最初に抽出された透き通るような低分子ピュワコラーゲンのみを使用しています。
そのため劣化が少なくフレッシュな状態で身体の中に届けることが出来ます。
その低分子ピュワコラーゲンを30mlのドリンクになんと10,000mgも高濃度に配合されています。
その証拠にドリンクかかなり濃厚でとろんとした口当たりです。
コラーゲンをしっかりと身体の中に補給出来ている実感がもてます。
こんなにもコラーゲンが入っていますがコラーゲン独特の臭みはなく、味は美味しく続けられるピーチヨーグルト味です。

商品名
メーカー名
容量
価格
使用方法
美白有効成分

全身美白の方法まとめ

全身美白ケアには大きく分けてボディクームやボディミルクなどの外からケアする方法とサプリや美容ドリンクで内側からケアする方法があります。
気になる場所に集中してケアした時や肌の乾燥をいち早く改善させたい時はボディクリームやボディミルクなどの外からのケアがおすすめです。
美白成分はメラニン色素の生成を抑えるビタミンC誘導体とプラエンタエキスや炎症を抑えるグリチルリチン2Kがおおよそ共通して使われています。
またテクスチャ−はみずみずしくベタつかないものが多い傾向です。
他には商品によって香りに特徴があるものや無香料なもの、肌に優しい無添加なものや保湿や整肌成分が多く配合されているなどそれぞれの特徴があります。
好みや使いたい身体の部位によって選ぶとよいでしょう。
全身を全体的に美白をしたい時はサプリや美容ドリンクなどの内側からのケアがおすすめです。
こちらの美白成分はメラニン色素に注目した成分や肌本来の美肌にする力を促す成分が多く配合されています。
またドリンクタイプは一つの成分に特化したタイプが多いのも特徴です。
成分の量はサプリタイプよりドリンクタイプの方が多い傾向にあります。
そのため長く継続してケアした時はサプリ、イベントなどがありこの日までに美白したいなど短期集中ケアには美容ドリンクがおすすめです。

関連ページ:【シミウスの口コミ】オールインワンジェルの効果は最悪?公式はこちら

関連ページ:【シズカゲルの口コミ】オールインワンジェルの悪評で解約?ホンマでっか